まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1426回 アニメ暦物語(4)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 アニメ「暦物語 第四話こよみウォーター」

 あいかわらずOPに記憶がない。なんでバックに“百合”の花が(笑)
 KOYOMI04-001.jpg
 KOYOMI04-002.jpg

 原作小説を直前に読んで予習しておいた。カット量が半端ではないな。
 晩餐をあっさり承諾しちゃった暦くん。
 KOYOMI04-003.jpg
 
 こんなお風呂が家の中にあるなんて、神原家はどんなお金持ちなんだ!
 KOYOMI04-004.jpg
 KOYOMI04-005.jpg

 なんで貴女まで脱ぎ出すんですか? 神原さん。
 シャフトはここを描くことに力を入れたのか。
 KOYOMI04-006.jpg
 KOYOMI04-007.jpg
 KOYOMI04-008.jpg

 英語の「お湯」に関する話はカット。
 まあ、雑学である。
 KOYOMI04-009.jpg

  ひたぎさんは中学生の頃、駿河と一緒にあのお風呂に入っていたようだが、まさか数ヵ月後、このお風呂で暦くんが駿河のお母さんに背中を流されることになるとは、現時点では誰も想像できなかったのである。

 え?「業物語 かれんオウガ」が8ビットゲームに!!

関連記事
スポンサーサイト

第1425回 黒の手塚治虫(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

手塚治虫「アラバスター」 ALABASTER since 1970

 コンビニで見つけた「黒の手塚治虫」シリーズ。
 「アラバスター」か。懐かしいな、って文庫版を昔買ったのだが内容をまるで覚えていなかった。(笑)

 1970年の作品ですか~。
 女の子の透明人間というエロス!
 FBIの捜査官ロックがゲスの極みである。
 亜美ちゃんが可哀想すぎる!
          アラバスター

 これをリメイクで誰か描けば、けっこう売れそうな気がするのだが・・・

関連記事

第1424回 赤・黒

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

石田衣良 「赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝」

 買い置きの山から掘り出す。 これだけ読んでなかったんだよな~

 時給1億円の仕事。そんなうまい話には落とし穴があるのが当たり前である。
 本伝7巻「Gボーイズ冬戦争」の次に発売された作品で、語り部は小峰というギャンブルにはまった映像ディレクター。相棒は氷高組のサルこと斉藤富士夫。
 莫大な借金をどうやって返すのか?

 カジノの場面が面白い。
 「賭博黙示録カイジ」や「マルドゥック・スクランブル」、「今出川ルヴォワール」のようにギャンブルで白熱する場面が好きだ。
 巻末の国際博打打ち兼業作家・森巣博さんの解説が面白い。やはりパチンコ業界と警察のやり方は許せん。
 
              赤・黒

 「憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI」の文庫化を待つ。

関連記事

第1423回 まるせい 完結

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

花見沢Q太郎「まるせい」2、3巻
 まるせい2 まるせい3

 1巻を紹介したのが2年前だが、それっきり忘れていた(笑)
 いつの間にか完結してるじゃないか!
 花見沢先生、すいません! m(o・ω・o)mゴメンヨ 
 チェックが足りなかったようだ。今後気をつけます。
 
 やはり原稿作成はデジタルへと移行していくんですな。
 62%が実話だったはずだが、グレート富山先生がマジでタイに移住してしまったとは!(笑)
               

関連記事

第1422回 DUNE

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

フランク・ハーバート「砂の惑星 [新訳版]」(上) DUNE

 懐かしい。もう一度読み返したいシリーズだったが、新訳版全3巻で発売されたので非常に嬉しい。
 今年創立70周年を迎える早川書房が、これまでに出版してきた名作・傑作70点を新訳・復刊・新版で刊行する企画「ハヤカワ文庫補完計画」の1作である。

 ほう、ポウル・アトレイデス(Paul Atreides)、ムアッディブ(Muad'Dib)、クイサッツ・ハデラック(Kwisatz Haderach)と読みが変わっていますな。

 このシリーズは前に紹介したので、参照していただきたい。
 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-entry-576.html

 壮大な物語の序章というべき部分なので、じっくりと味わいたい。
                 砂の惑星 上

関連記事

第1421回 ぼくの、マシン

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

大森 望 編「ゼロ年代日本SFベスト集成〈S〉ぼくの、マシン」
       JAPAN'S BEST SF OF THE DECADE:2000-2009/S


            ぼくのマシン

 西暦2000年~2009年の国内SF短編から宇宙と未来、人間とテクノロジーをテーマにした短編集。

 野尻抱介「大風呂敷と蜘蛛の糸」
 これは短編集「沈黙のフライバイ」に収められた作品。
 有人凧による高度80kmの中間圏界面到達。その苦難の道程と危機。成層圏を超えた世界で遭遇した生物。
 これぞ野尻SFですねえ。久々に読み返せて面白かったです。

 小川一水「幸せになる箱庭」
 これはすごい。ラプラスの魔物の創るVR世界。
 あらゆる願望を叶える世界でも、500億年もいたら飽きちゃうよね。
 この物語の主人公と同じ行動はヒッターは取らないでしょう。

 上遠野浩平「鉄仮面をめぐる論議」 Controversy about Iron Mask
 《ナイト・ウォッチ》シリーズのスピンオフ。
 《虚空牙》によって2千億いた人類が3億にまで減少した時代。
 触れた生命体をすべて破壊不能な結晶体にしてしまう男がいた。
 このシリーズを読み返したいなあ。

 田中啓文「嘔吐した宇宙飛行士」
 元ネタはJ.G.バラードの「死亡した宇宙飛行士」だそうだが、これは食事しながら読むものではない。(笑)
 「イリヤの空、UFOの夏」の3巻目に通ずるものがある。

 管浩江「五人姉妹」
 臓器採取用として作られたクローン。
 それぞれの人生を歩んできた彼女らは、自分がクローンだと知ったとき、オリジナルに対してどう接するのか。
 人は環境で変わるものなのですね。

 上田早夕里「魚舟・獣舟」
 《オーシャンクロニクル》シリーズの始まりとなる有名な作品。
 人類が人類ではない何者かに進化していく過渡期の世界。その予兆を孕んだ短編ですね。
 ああ、買ってある「華竜の宮」(上)(下)を読まなければ・・・
 
 桜庭一樹「A」
 アイドルとはなにか? 男たちはアイドルのために使いもしないグッズを買い込み、女たちはアイドルの着ている服屋化粧品を買い込む。
 一大消費文化の象徴だったアイドルは2006年を最後に消滅した。
 50年後、アイドルを知らない若者たちの間に再誕した彼女は?

 "ノ(-________-;)ウゥーム・・・ たしかにAKB48は多すぎるな。

 飛浩隆「ラギッド・ガール」
 これは面白いな。《廃園の天使》シリーズか、注文しなきゃ。
 「攻殻機動隊」原作で全身義体を作るよりも計算リソースは必要だよね。
 多重現実は技術の壁が低くなっているが本書の「幸せになる箱庭」もそうだが、仮想現実(VR)世界の創造の難しさがよくわかる。

 円城塔「Yade」
 「Self-Reference ENGINE」の1篇。これは「Self-Reference ENGINE」を全部読んでもらいたい。
 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-entry-876.html

 伊藤計劃×新間大悟「A.T.D Automatic Death Episode:0 NO DISTANCE BUT INTERFACE」
 こういうのも手がけていたんですね、伊藤さん。「虐殺器官」の原型のようなものですか。

 神林長平「ぼくの、マシン」
 「戦闘妖精 雪風」シリーズからのスピンオフ。
 深井零大尉が愛機「雪風」を撃墜されて、意識不明の重体で発見されてから3ヶ月。
 リハビリ中の零はエディス・フォス軍医に少年時代のことを語る。

 そうですね~、パーソナル・コンピュータがネットワーク化されてから久しいですが、昔はマイコンと呼ばれ、スタンドアローンなものだったんだよな。
 これはもうパーソナル(個人の)コンピュータではなく、ネットワーク端末にしか過ぎないということだよね。


 5年前に編纂されたSFアンソロジーだが、非常に面白い作品ばかりだ。
 30年以上も日本SFアンソロジーが編纂されていなかったというが、「SFバカ本」は集めていたなあ。
 続いて「「ゼロ年代日本SFベスト集成〈F〉」を読もう。

関連記事

第1420回 翔んで埼玉

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

魔夜峰央「翔んで埼玉」
                翔んで埼玉C

 コンビニに置いてあったので購入。
 埼玉県民激怒マンがである。

 埼玉県民といえど下には下があるようで茨木県民よりは地位が上のようだ。
 初出が1980年代前半だが、やはり諸般の事情で出版できなかったのであろう。(笑)
 翔んで埼玉F 翔んで埼玉B

 短編「時の流れに」は何かで読んだような記憶があるのだが、元ネタはなんだっけ?
 「夏への扉(The Door into Summer)」? いや「たんぽぽ娘(The Dandelion Girl)」かな?

 「パタリロ!」を数巻買ってないな。何巻まで読んだんだっけ・・・
 

関連記事

第1419回 アニメ暦物語(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「暦物語 第三話こよみサンド」

 このOPが全く記憶がない(笑) 1回しか見てないしな。
 KOYOMI03-001.jpg
 KOYOMI03-002.jpg

 月影先生!
 KOYOMI03-003.jpg

 借金王!
 KOYOMI03-004.jpg

 やっぱり八九寺は可愛いなあー
 KOYOMI03-005.jpg
 KOYOMI03-006.jpg

 砂場に浮き上がる謎の鬼の顔。これはオーガが寝転んだんですね。
 KOYOMI03-007.jpg

 羽川さんはこの時点で髪を切っていたんだっけ? 記憶があやふやだな。
 KOYOMI03-008.jpg

 このお話は原作を読んだ時からオチが弱いと思っていた。
 ほかの話への伏線もないしな。
 ひたぎさんがバサ姉に定時報告をしていることが判明(笑)

-----------------
劇場版「傷物語」来場特典
 第4弾は「美少年」シリーズから、瞳島眉美の「第眼話 まゆみレッドアイ」
 だそうです。

関連記事

第1418回 真マジンガーZERO vs暗黒大将軍

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

余湖裕輝 永井豪 田畑由秋 (著) 「真マジンガーZERO vs暗黒大将軍」全8巻

                    真マジンガーZERO VS 暗黒大将軍8

 「真マジンガーZERO 」全9巻の続編「真マジンガーZERO vs暗黒大将軍」がついに完結した。
 このような結末を迎えるとは考えましたね~
 たしかに「マジンガーZ」は日本のロボットアニメを飛躍させた作品で、ここから多くの派生作品が巣立ちました。
 ライディーンやダイターンやコンバトラーやガンバスターなんかはわかるんですが、すいません、わからないロボットもいっぱい出てきてます。(笑)

 やはりあんこを食わねばならんのですね!

 次回作を楽しみにしております。

関連記事

第1417回 星の涯の空 (下)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ヴァーナー・S・ヴィンジ「星の涯の空 (下)」The Children of the Sky

 裏切りによって熱帯種の《合唱集団》の中に取り残されたヨハンナ。
 しかし、数年前にやらかした脱走事件がここに来て功を奏した。あの時、脱走した数百匹の断片体が熱帯まで逃げてきていたのだ。
 ヨハンナを知る断片体は彼女を殺さないように《合唱集団》に伝えた。

 2千体の熱帯種が操縦する筏船団を乗っ取ったヨハンナは木彫師領へ出港するが、旅の間に熱帯種の特性を研究する。
 《群れ》をほとんど作らない熱帯種は《合唱集団》という局所的最適化で行動する。
 《群れ》は数個体で超知性を形成するが、《合唱集団》は数百個体単位で意識のうねりを持つ。

 ファム・ヌウェンが10年前に実行した境界面の圏界変動は終わりに近づいている。《鉄爪族》の惑星は「低速圏」と「中位際涯圏」の間を193秒間行き来した。
 物理法則の光速の壁という制限は解除され、30光年先で停止を食らっていた「疫病体」艦隊は、時速数十光年の超推進で193秒の間に10光年近づいたのだ。
 しかし境界面は「低速圏」で再び安定した。

 イカ型知性体の驚くべき正体。
 人間族を凌ぐ《鉄爪族》の指導者たちの権謀術数。
 ラブナの1千年計画の予想を超えて、この不幸な争いは一気に技術を飛躍させた。

 本巻では銀河で唯一の人類の生き残りかも知れないグループは2つに分裂し、「疫病体」艦隊の襲来を信じない者たちと、対抗する文明を育てようとする者たち分かれてしまいます。
 次巻の予定は立っていないようですが、おそらく数十年後の《鉄爪族》世界に飛ぶような気がします。

 この犬型集合知性体の文化がとてもユニークです。
 《群れ》に新しい子供が生まれたり、古い個体が死ぬと新しい個体を迎え入れることがあり、性格が徐々に変わっていく。記憶は古ぼけながらも《群れ》に受け継がれていき、“死”の概念が個体で生きる人間とは違っています。
 ぜひシリーズを再開していただきたい。、
                                   星の崖の空 下

関連記事

第1416回 絶対可憐チルドレン(7)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

椎名高志 「絶対可憐 チルドレン」44巻 ZETTAI KAREN CHILDREN

 松風くんの部屋にはエロゲもエロゲ雑誌も、あまつさえ1冊のエロ本もエロ画像データも無いんですね!
 さすがわ完全記憶能力者です!!

 今巻ではついに悠理ちゃんが4人目のチルドレンとして帰ってきました。
 松風くんにライバル登場というか、オヤジギャルVS百合ギャルが同じ家に住んじゃイカンよ(笑)
 少佐、ロリ度が増してますよ!? とりあえず女子小学生がご希望ですか?

 次巻予告で「暴走するパティの腐女子力」とあるが、悠理ちゃん、何しに帰ってきたんだ?
              絶チル 44

関連記事

第1415回 キマイラ・吼(9)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

夢枕 獏 キマイラ吼・シリーズ 9 玄象編

 ソノラマノベルス版は角川文庫版2冊を合本しているので、この9巻は通算17巻目となる。
              キマイラ9

 哀しみの王、苦しみの母。もののけと人を繋ぐもの。
 チベットの地で“狂仏(ニョンバ)”となった日本人がいた。
 異形の獣に変化する子供・真蓮。キマイラ化した真蓮を救った黄金の翼を持つ光り輝く天使。
 悪魔と天使を造り出す「外法」。

 殺された馬垣勘九郎の葬式の日に現れた息子の勘十郎と、「キマイラの腕」を追うアレクサンドルの死闘。
 “ルシフェルの座”を使い、獣に肉体を変化させるアレクサンドル。
 若き日の九鬼玄造はその謎に惹かれた。そして、その謎を解かねばならないと誓ったのが30年前である。
 30代になっていた玄造は妹の智恵子とともに大陸へ渡った。
 玄造は「雪蓮の一族」と出会い、智恵子は巫炎との間に二人の子をなす。

 
 いやー、長い話だった。ここまで、この巻の8割程費やしていた。
 ここからやっと物語が動き出しました。
 キマイラ化した九鬼麗一と対峙した龍王院弘。
 天空を舞う翼あるキマイラを待ち受ける玄造、九十九三蔵、巫炎ら一行。

 次巻へつづく。 

関連記事

第1414回 瑠璃と料理の王様と 1巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

きくち正太「瑠璃と料理の王様と」1巻

            瑠璃と料理の王様と 1

 「おせん」全16巻、「おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。」全11巻からのスピンオフですね。
 すいません。昨年、出ているのに気がつきませんでした。(笑)
 「おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。」の最終巻の紹介以来ですが、単行本で楽しむため連載の方は読んでいなかったので気づくのが遅れました。

 きくち正太さんの料理の絵はいつも美味しそうです。
 いやいや、設定が面白いですね~
 料理バトルはこうでなくちゃ(これから始まるんだが)いけませんね。
 ぜひ、すっぽんラーメンを食ってみたいです!
 

関連記事

第1413回 無傷姫事件

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上遠野浩平 戦地調停士シリーズ6「無傷姫事件」 Injustise of Innocent Princess

              無傷姫事件

 待望の戦地調停士シリーズ最新作ですね~
 このシリーズについては第1303回で紹介しました。
 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-entry-1306.html


 「究極の武装」とはなにか?
 《戦地調停士》エドワース・シーズワークス・マークウィッスル(ED)が少年で、まだその顔に仮面を付けていなかった頃、老教師に出された命題である。

 第1章 姫と敗残者
 かつて世界を二分する魔法戦争があった。
 10億人を生贄とし、竜に匹敵する魔力で世界を滅ぼしかけた魔女リ・カーズ。
 究極の破壊と殺戮を実現する人造人間オリセ・クォルト。
 この二人の戦いの結果、《大規模魔導時代》は終焉を迎えてから200年が経っていた。

 ヒッシバル共和国とリゴーン連邦間の戦争の隙間に取り残された土地カラ・カリヤに突然出現した少女ハリカ・クォルト。
 《無傷姫》とあだ名される超級魔道兵器ハリカ(オリセ2号)がこの時期に目覚めたのは、世界で7個体しか観測されていない守護者《竜》の采配なのだろうか。
 
 相打ちになったと言われるリ・カーズ(クラスタティーン・フィルファスラート)と戦鬼オリセ・クォルトの名は「紫骸城事件」に出てきましたな。
 カッタータのバーンズ・リスカッセ大佐は第1作から登場のレーゼ・リスカッセ特務大尉のお祖父さんか。
 「界面干渉学」の始祖、クラングルターク博士も登場。
 この後、「《無傷姫》の天敵」と言われることになるユルラン・ヤルタードは、まだ10代のリゴーン連合の魔導士官であった。

 第2章 姫と独裁者
 30年後。弱小といえど国家として成立したカラ・カリヤの二代目《無傷姫》を襲名したミリカ・エントウィッスル。
 彼女は「オピオンの子供たち」のひとりらしい。
 先代から受け継がれた”竜の委任状”の秘密。
 大陸の半分に被害を与えた火山の噴火に乗じ、リゴーン連邦を滅ぼした不滅帝国ザキザの“人食い皇帝”との対面。
 人類の突然変異体「終末期の救世主」マーマジャール・ティクタムが登場したのもこの時代である。

 第3章 姫と亡命者
 三代目《無傷姫》はミリカ・エントウィッスルの娘・マリカ。
 マーマジャールの蜂起によって滅びた不滅帝国ザキザの後をダイキ帝国が継いだ時代。
 建国20年となる超大国ダイキ帝国建国式典を境に、小国カラ・カリヤは大きな方向転換を行う。
 表向き「《無傷姫》の天敵」として、実はカラ・カリヤを裏側から支えてきたユルラン・ヤルタードはマリカ姫との密約を果たすべく、ある行動に移る。
 彼こそが《世界調停士》を名乗った男であり、《七海連合》の創設者となる。

 第4章 姫と犯罪者
 マリカ姫を襲った悲劇から32年。何の血縁も無く、見栄えだけで選ばれた4代目《無傷姫》ヨリカは、初代ハリカ姫の日記を心の頼りに《無傷姫》在位最長記録を積み上げてきた。
 その彼女の死を賭して犯した全世界に知れ渡った最悪の犯行を調査に、悪名高き《戦地調停士》ミラル・キラルがカラ・カリヤを訪れるが、つまらないと調査を放棄。
 後任として《風の騎士》ヒースロゥ・クリストフとレーゼ・リスカッセ特務大尉、仮面の《戦地調停士》EDという、いつもの三人組が着任する。
 ミラル・キラルとEDが見抜いた5代目《無傷姫》の正体とは?

 第5章 姫と研究者
 かつて起きたリ・カーズと戦鬼オリセの戦い。突然の初代ハリカ姫の失踪。”竜の委任状”の継承者。
 EDと同じ出自を持つ5代目《無傷姫》***は問う。
 「世界とは救うだけの価値があるとはお思いですか?」

 「界面干渉学」サロン“水面のむこうがわ”のナーニャ・ミンカフリーキィも登場で、第1作「殺竜事件」以降の登場人物を調べ直しました。(笑)
 誰がどの場面に出てきたか? 最初にものすごい設定をしてから書き続けてるんですね。

 第6章 姫と追従者
 《無傷姫》の伝説は5代目を持って終り、国としてのカラ・カリヤは滅びた。


 口絵の部分にある詩文
 「未来は無限に延々と見渡せて、
 憧憬は空の彼方へ飛んでいき、
 退屈は挫けない明日に続いて、
 想いは果てしなく流れていく。」


 各行の脇に初代から4代目までの《無傷姫》の姿があります。
 人にあらざる“injustice”な存在でありながら、人として“innocent”であることを求められた存在。
 果たしてEDは老教師の命題の答えを見つけられたのだろうか。

 喜ばしいことに次巻「彼方に竜がいるならば」と「奇帝国事件」の予告がある。早く読みたいな~♪

関連記事

第1412回 アニメ暦物語(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「暦物語 第二話こよみフラワー」

 このOPは懐かしいな~。「staple stable」ですな。
 KOYOMI02-001.jpg
 KOYOMI02-002.jpg

 序盤から息が合ってますね~、お二人さん(笑)
 KOYOMI02-003.jpg

  ガハラさん、どこから扇子を?
 KOYOMI02-004.jpg
 
 アホ毛だよね、それ。
 KOYOMI02-005.jpg

 良い子は校舎をよじ登ってはいけません。
 KOYOMI02-006.jpg

 屋上に置かれた謎の花束。その意味は?
 KOYOMI02-0065.jpg

 これは円盤では削除されるのだろうか?
 KOYOMI02-007.jpg

 今回のオチ。この話はなかったことに・・・
 次回は八九寺真宵回ですな。
 
 ---------------------
 劇場版「傷物語」来場特典
 第2弾は「戯言使い」シリーズ、「最強」シリーズから哀川潤の「第強話 じゅんビルド」
 第3弾は「伝説シリーズ」から“あの”地濃鑿が登場。「第法話 のみルール」
 だそうです。

関連記事

第1411回 レベレーション

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山岸凉子「レベレーション ー啓示-」1巻

 イギリスとフランスの百年戦争に終止符を打った「オルレアンの乙女」ジャンヌ・ダルク。
 彼女はいかに神の啓示を受け、フランスのために立ち上がったのか。

 ヒッターは西欧史ものが好きですが、この「百年戦争」というのがものすごく家系が入り乱れていてめんどくさくて、よく覚えられない。
 概略だけ知っているという感じで、このあとのイギリスの「薔薇戦争」の方に興味が行っていました。
 ざっとおさらいをしようかと資料を探したが、良い物が見つからなかったのでそのまま本書を読み進めるしかないか。
 まだ世間というものを知らない農家の娘が、男社会の軍隊で信奉を得ていくのか。
 ジャンヌ・ダルクものの作品は多いが、山岸凉子さんがいかにこの素材を使っていくかに興味があります。

                 レベレーション 1

関連記事

第1410回 業物語

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新「業物語」

 かいるさん、買ってきましたよ! やはり一日早く出版されたようです。
         業物語

 ・残酷童話-うつくし姫
 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードが人間で貴族の娘だった頃の物語。
 驚異的な美貌の上に心の美しさまで兼ね備えた彼女は神々しすぎて、彼女を見た人間はすべて己の一番大切なものを捧げていく。すなわち、「命」。
 これは触れたものがすべて黄金に変わってしまうマイダス王よりも救いが無いですねえ。
 このまま続いていれば「続・終物語」のようになっていたんですか?

 ・第零話 あせろらボナペティ
 元貴族の娘だったローラ姫。即位(アセンション)してアセロラ姫。
 彼女をキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードとした吸血鬼がいた。
 その名は《死体城》の主、《決死にして必死にして万死》の吸血鬼、デストピア・ヴィルトゥオーゾ・スーサイドマスター。
 吸血鬼の食料である人間の枯渇。亡国(国を滅ぼした)の大量虐殺プリンセス「うつくし姫」はたどり着いた国をつ次々と滅ぼして行くため、デストピアは一度、餓死したくらいである。
 第一であり唯一の眷属、トロピカレスク・ホームアウェイヴ・ドッグストリングスから「うつくし姫」の噂を聞いたデストピアは、餓死から復活後の最初の食事として「うつくし姫」を探すのだが?

 右眼は銀色、左眼は銅色のアセロラ姫が、両金眼のキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードとなる物語でした。
 えええつ!!、ラストの一行が!!!(笑)

 ・第零話 かれんオウガ
 阿良々木火憐、16歳。高校一年生。
 無骨で骨太な空手の師匠に「もう、教えるものはない」と免許皆伝を言い渡される。
 己を知るために次なるステージに挑戦する時だという。
 かくして阿良々木火憐は夏休みのある日、山籠りに向かった。

 火憐ちゃん、瓦を割ったような性格って言わないから。粉々になってるだろう。

 目標は逢我三山を縦走した先にある逢我滝での滝行。全行程一週間の旅に 心配性の兄が勝手に付けた安全策とは?
 
 すいません、西尾先生、面白すぎます! 笑いの涙でページをめくる速度がダウンしました。
 火憐ちゃんに刺さっていた「囲い火蜂」の針はやっと抜けたようですね。

 ・第零話 つばさスリーピング
 羽川翼が忍野メメを探す旅の途中、ドイツの古城に幽閉された時のお話。
 ちょうど神様になった撫子に暦が何度も何度も殺され続けていた頃、ある情報を追って翼はドイツへ飛んだ。
 しかし、そこには忍野メメではなく、潜入調査中の吸血鬼ハンター・ドラマツルギーがいた。
 有害指定された“ハイウェスト”と“ロ-ライズ”という双子の吸血鬼に共同作戦を取ったふたりは?

 ははあ、「傷物語」でのあの行為は羽川翼に“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの因子(ファクター)を組み込んでいたのですね。
 潜在力として眠っていた、真性吸血鬼を凌駕する、金髪金眼のブラック羽川ならぬゴールド羽川の次の出番はあるのだろうか?
  

 オフシーズンはあと2冊と書いてあるが、西尾維新予告ほど信用できないものはないな。(笑)
 「撫物語」はタイトルから撫子ものだろう。
 「結物語」がどうなるか、びみょう~~。
 6冊くらいになる気がする。
 オフシーズン 予告

関連記事

第1409回 星の涯の空 (上)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ヴァーナー・S・ヴィンジ「星の涯の空 (上)」The Children of the Sky

 買ってから2年近く埋めておいたので、程よく発酵しただろうか(笑)
 「Zones of Thought'(思考圏)」シリーズの第3作目。

 このシリーズの設定については第697回の「昔読んだ本ネタ 第6回」に書きました。
 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-entry-699.html

 第1作「遠き神々の炎 A FIRE UPEN THE DEEP」の《星間船の丘》での戦いから2年後。
 「低速圏」に属する犬型集合知性体《鉄爪族》の住む惑星では、人類の子供たちが冷凍睡眠から目覚め始めていた。
 ラヴナ・バークスヌトは「疫病体」がまだこの星を目指していることを憂慮する。彼我の距離はたった30光年でしかない。
 再び物理法則が変化して光速の限界がなくなれば、すぐにでも「疫病体」艦隊はやってくるだろう。
 ヨハンナとイェフリのウルスヌト姉弟の友人も目覚めていたが、《星間船の丘》での戦いでは半数の151人の子供が目覚めることなく焼き殺されていた。
 東海岸に数年ごとに流れ着く熱帯種の《鉄爪族》は、この年、200体以上に及び、ヨハンナによってある事件が引き起こされる。

 《星間船の丘》での戦いから3年後。
 「大富豪」による熱帯種の調査が知能をもつイカ(単独《鉄爪族》よりも知能は高い)によって行われるが失敗する。

 《星間船の丘》での戦いから10年後。
 ヨハンナは24歳になった。難民である人間族も第二世代が生まれ始めている。第一世代は医学的処置を受けており、200年は生きられるだろうが、第二世代に処置を施す技術はここにはない。
 ラヴナは子供たちが成長したことで《鉄爪族》の「木彫師」との共同女王を降りて「疫病体」艦隊問題に専念しようとしていたが、解凍された年長組は両親たちの研究が銀河文明の大半を破壊した《災厄》への疑問を持ち始めていた。
 
 《鉄爪族》の方も知恵をつけ始めた熱帯種問題が緊張を孕んでいく。


 かなり設定を忘れているな~
 《鉄爪族》は集合するほど知性が増し、最大でも8体で群れを作る。3体ほどだと雑用ができるくらいのレベルまで知性の低下が見られる。
 熱帯種は個体活動を好み、ほとんど群れを作らない。

 《災厄》に時にライブラリ司書だったラブナは20代半ば。しかし「中層際涯圏」から「低速圏」に落ちてきて10年の間にほとんどのハイテク機器は使えなくなった。
 幼いヨハンナとイェフリとともに《鉄爪族》同士の争いに巻き込まれながらも、追跡してくる「疫病体」艦隊に対抗しようと努力したが、その彼女は10年後、守ってきた同じ人類の若者たちに裏切られる。
 再び動乱の時代に入った《鉄爪族》世界。迫り来る「疫病体」艦隊。
 下巻も楽しみです。
  星の果ての空 上

関連記事

第1408回 信長協奏曲 13巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

石井あゆみ「信長協奏曲(コンチェルト)」13巻

 前回取り上げたのはアニメ化の時だったな。
 ドラマの方はさっぱり見ていないのだが、実写映画も公開ということで、どんな最後になるんだろうか。

 原作の方は松永弾正久秀が御退場。好きなキャラだったんだがなあ~
 なんでみんな三郎くんに拳銃を残していくんだろうね。(笑)
 弥助って史実ではどうなったんだっけ?

 さて、いよいよあちこちに三郎くんとミッチーの顔がそっくりだということがバレ始めてきました。
 そしてあの戦国武将の訃報も舞い込んできます。
 作中では天正6年3月(1578年)だから、「本能寺の変」まで、あと4年と3ヶ月あるのだな。
 まだまだ終わりませんね。楽しみです。

                 信長協奏曲13

関連記事

第1407回 海街diary 7

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

吉田秋生「海街diary 7 あの日の青空」

 またいつの間にか1年半も経っていたな。待望の新刊です。

 同じ月を見ている
 パンと女子と海日和
 あの日の青空
 遠い雷鳴

 珠玉の4篇です。

 4姉妹の上の2人には新しい恋が。
 すずは遂に自分の進路をを決断する。
 だが、すずが見つけてしまったゴミ袋に捨てられていた物は!?


 あのコロッケパンはどれだけ売れてるんだ(笑)
 肉食のシカがいたら、うっかり奈良に行けませんな。
 「月の道」って検索すると、けっこう写真が出てきます。直に観たいですねえ。
             海街dairy 7

関連記事

第1406回 アニメ暦物語(1)

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

アニメ「暦物語 第一話こよみストーン」

 OP、ED込みで13分とは。
 時系列では高校三年の1学期が始まったばかり。
 このOPは「猫物語 黒」からですね。次は「化物語」から持ってくるんだろうか。
 KOYOMI 01-001

 眼鏡に三つ編みの羽川さんが懐かしい!
 KOYOMI 01-002

 何を強調しているんだ、スタッフ!!(笑)
 KOYOMI 01-003

 お久しぶりです~。映画出演はどうですか~。
 KOYOMI 01-004

 すねてた頃の忍ちゃん。夜なのに眠たい話ばかりなので、コロリン。
  KOYOMI 01-005

 忍野の一言で謎が解けました!!!
 KOYOMI 01-006


 そしてもうひとりも真相に気がつきました!!(笑)
 KOYOMI 01-0065

 今回の元凶。
  KOYOMI 01-007

 ちょうどいい長さですね。原作と読み比べましたが、合格点です。
 思えばこれと第2話の記憶があったから「おうぎフォーミュラ」が出来てるんだよな。
 第2話も期待しよう。

関連記事

第1405回 桜花忍法帳 下

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山田正紀「桜花忍法帳 バジリスク新章 下」

 寛永九年、春。甲賀八郎、伊賀響、共に数え十八歳。
 《成尋五人衆》によって 《甲賀五宝蓮》、《伊賀五花撰》が壊滅してから六年の歳月が経った。

 駿河大納言・徳川忠長に謀反を囁きかけ、その財力で高野山に現出せしめた移動城《大鳳輦車》。
 《成尋五人衆》の目的は徳川家康の復活により、戦乱の時代を再び起こすことなのか?
 天海大僧正は4人の忍法僧を遣わし甲賀八郎に助力を求めるが断られる。
 しかし《成尋五人衆》は甲賀八郎と双子の妹・響こそを求めていた。

 《新・甲賀五宝蓮》
 「有情」という異空間を創りだす《矛眼術》の使い手・甲賀八郎
 「阿修羅」という機械(からくり)を操る四肢の動かない忍者・根来転寝
 異常発達した筋肉を押さえ込むため《犀防具》に身を固める忍者・甲羅式部
 忍法「百目」の使い手・碁石才蔵
 忍法「松籟」の使い手・蜩七弦

 《新・伊賀五花撰》
 「桜花」という異空間を創りだす《盾眼術》の使い手・伊賀響
 忍法「羽衣」の使い手・滑婆
 二丁の蓮根銃の使い手・蓮
 忍法「夢うつつ」の使い手・現
 忍法「胡蝶」の使い手・涙
 
 《大鳳輦車》を止めんと繰り出す尾張紀州藩武士団に立ち塞がる《大鳳輦車》防衛軍、抜刀隊「驟雨」、鉄砲隊「雷雨」、別働隊「霖雨」。

 五層の《大鳳輦車》最上階に出現した《成尋五人衆》を足下に置く大魔王とは。


 ということで上下巻の完結です。
 やはり本家・山田風太郎には一歩及ばすという感想です。
 しかし山田正紀テイストは端々に見られたので、それはそれでということでしょうか(笑)
 菊池秀行さんとはまた違う味わいですね。
 エンターティメントとして楽しめたのでOKです。
             桜花忍法帳 下

関連記事

第1404回 アニメ GATE第2シーズン

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 炎龍編」

 待ちに待った第2シーズン、始まりです。
 GATE 13-001

  すげー、微妙な現地正装(笑)
 GATE 13-002

 このシーンは飛ばされると思っていたが、セーフな範囲でやっちゃいましたね。
 GATE 13-003

 この少女がのちに運命の歯車を一気に回す事になるとは。
 GATE 13-004

 ゾルザルのキャラデザはなかなか良いかも。
 GATE 13-005
 マヌガ肉マスタードかけは気に入ったようだ。
 GATE 13-006

 ピニャさま、錯乱(笑)
 GATE 13-007

 これは自衛隊による現地人虐殺ですよね?
 GATE 13-008

 現地人との性交渉は禁止です。
 GATE 13-009

 次回は女戦士(アマゾネス)狂乱ですな。
 GATE 13-010

 すごいテンポが速いような気がするが、炎龍戦に時間を取るのだろうか?
 それとも第3部「動乱編」への布石を打つのか?
 ぜひ2期も続けて第5部までやって欲しいな。

関連記事

第1403回 GUNDAMぐいのみ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 GUNDAM 錫製ぐいのみ ガンダム&シャア専用ザクセット

  ガンダムぐい呑

 いや~、高岡鋳物さんのGUNDAM錫製ぐいのみですか!
 しかも大河原邦男デザイン・監修って・・・

 1個¥8,424(税込)ですと!!
 シャアザクとセットで¥16,848(税込)じゃないか。(´;ω;`)
 ほとんど版権?
 酒飲みのヒッターとしても悩む値段だ。

 公式サイト
 http://p-bandai.jp/item/item-1000101510/
 

関連記事

第1402回 紅殻のパンドラ 7巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

原案:士郎正宗 漫画:六道紳士 「紅殻のパンドラ」 07巻 pandora in the crimson shell

       紅殻のパンドラ 7

 劇場映画化、TVアニメ化ということでおめでたいのだが、これは東京都条例に触れないのだろうか?
 ゛パンドーラ・デバイス”の解放には、ちょっとヤバいシーンがあるのですが(笑)

 しかし、TVアニメ版だとどこで区切るのだろうか?
 最新刊の7巻でやっと《ブエル》の防壁が攻略され、内部にアクセス可能となったばかりなのに。
 へんな脚本で作らないで欲しいなあ。

 

 

関連記事

第1401回 反逆航路

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アン・レッキー「反逆航路」 Ancillary Justice

 「Imperial Radch Trilogy」の第一部。
 すでに本国では第三部まで出版されているが、まだ2冊ほどでるらしい。

 人類が銀河に進出し、その発祥地すら忘れられた遠未来。
 とある巨大な《ダイソン球》を発祥地とする人類世界最大の星間勢力「ラドチ」が覇権を握っていた。
 3千年前に絶対的支配者アナーンダ・ミアナーイを戴いた専制国家は、積極的に他の人類国家を侵略・併呑していった。

 兵員母艦〈ト-レンの正義〉が建造されて2千年。
 その艦載AI《ブレク》は併呑された人類世界の個体を戦闘用に改造し、脳に艦載AIの人格を上書きした〈属躰(アンシラリー)〉最大4千体と共に一体として行動してきた。(必要分以外は冷凍されている)
 だが、数百年前から「ラドチ」が穏健路線へ舵を切ると共に併呑は収束し、〈属躰(アンシラリー)〉の製造も禁止されて人間の兵士に置き換わっていった。

 19年前。
 兵員母艦〈ト-レンの正義〉と艦載AI《ブレク》はある裏切りによって破壊され、1体の〈属躰(アンシラリー)〉ブレクだけが生存していた。
 復讐の旅に出たブレクはとある辺境の星でかつての知り合いと出会う。

 1千年前に艦と共に消息を絶ったセイヴァーデン・ヴェンダーイ。
 酒場の側で気温マイナス15度の中に全裸で倒れている彼女を発見したブレクは、なぜか彼女を救助する。
 《ブレク》の副官として彼女が最初に任務に就いたときは、まだ新任の17歳だった。
 脱出ポッドで凍っていたセイヴァーデンが目覚めた時、世界は変わっていた。併呑の時代は終わり、自分を覚えているものは誰もいない。いや、2千年の記憶を持つブレク以外は。

 ブレクは麻薬に溺れたセイヴァーデンを見捨てられず、復讐行に同行させるのだが・・・
                  反逆航路


 デビュー作にしてヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞、アーサー・C・クラーク賞、英国SF協会賞、英国幻想文学大賞、キッチーズ賞の7冠獲得した異色作である。
 死人兵と言われる生体兵器ブレクと、お荷物のセイヴァーデンの関係が面白い。
 「ラドチ」は多神教国家で、男女の区別を一切しない文化を持ち、三人称の代名詞は男性でも女性でもすべて「彼女」となる。
 SFで復讐譚というとジャック・ヴァンスの「魔王子」シリーズを思い出すのだが、ブレクの敵は1帝国の支配者である。セイヴァーデンとのコンビは続くようだが、1千年の眠りから目覚めた彼女はどのような役割を果たしていくのだろうか。
 世界設定が詳細になっていくらしい第2巻「亡霊星域」も半年位で出版されるようなので楽しみですね~。

関連記事

第1400回 きょうこバランス

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

西尾維新「混物語」第忘話 きょうこバランス

 劇場公開「傷物語」来場特典が西尾維新先生書き下ろし小説「混物語」に決定!
 西尾先生の小説のキャラクターたちが<物語>とコラボ。
 第1週は『忘却探偵シリーズ』より掟上今日子!
    混物語 第1週

 って、おい! 第2週以降も毎週変わるのか!?
 何回見に行けばいいんだ! 悪どいぞ、シャフト!!

 釣られて観に行く奴らが居るんだろうな~

関連記事

第1399回 こち亀 999巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

秋本修 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」999巻 13誌出張版

 前々から気になっていたのだが、なぜか購入する機会がなく、年末に意を決して注文した。

 ・「りぼん」編 「檸檬の遠足の巻」
 女子小学生読者が多いということで、檸檬の通う幼稚園の先生に赤ちゃんができる話。

 ・「マーガレット」編

 なんで少女漫画雑誌になんでロボット物を(笑)
 「超ブリキ合金」って・・・
 エントリープラグって使ってもいいの?

 ・「別冊マーガレット」編 「勘吉青春恋語り」
 中学時代の両さんは植物係だったのね。
 まあ、掲載誌の購買層に合わせた感じだが、少年ジャンプでも違和感はないと思う。

 ・「コーラス」編
 同じものを見ても男と女では目の付け所が違う。
 「密着24時!ある婦警の一日」&コミックスカバー・コレクション&「こち亀年代記」。

 ・「BJ(ビジネスジャンプ)」編
 ビジネスマンに転職した両さん。やってる「少年ジャンプ」と変わらず(笑)

 ・「スーパージャンプ」編
 青年誌だからと言って局部露出はいけませんよ両さん(笑)
 マリアって女湯に入っていいんだっけ?

 ・「ウルトラジャンプ」編
 タイムスリップ&パラレルワールド編。
 どの時代でも、どの世界でも両さんは変わらないということか。

 ・「Vジャンプ」編
 ヒッターは「Vジャンプ」の読者層が良く解らん(笑)

 ・「YJ(ヤングジャンプ)」編
 しかし両さんのプロデュース力の高さはいつも凄いな。
 ヤンジャンがAKBとコラボしたのか。

 ・「YOU」編
 森本梢子さん、これに描いてたのね。
 「デカワンコ」とのコラボレーション。

 ・「ジャンプSQ」編
 「Mr.クリス」とのコラボ。新作でないかな~

 ・「ザ・マーガレット」編 
 これは「こち亀」だが「こち亀」ではない!(笑)

 ・「Cookie」編
 すいません。一番笑いました!!
 リョーツDXは好いですねー
                 こち亀 999
 
 「少年ジャンプ」版とは一味違う「こち亀」でした。

関連記事

第1398回 出番ですよ!カグヤさま

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

逢空万太「出番ですよ!カグヤさま」1巻

 「這いよれ!ニャル子さん」で一世を風靡した逢空万太さんの新作。
 10月に買っていたのだが、今月に2巻が出るらしいので読みだす。
 
 カグヤ・∀・ハインライン。
 月の女王をリコールされて地球へ追放された黒科学(ブラックアート)のマッドサイエンティスト。
 やっぱり、月には人が住んでいたんですね! ヒッターは子供の頃、手塚治虫先生の「ノーマン」を読んで知っていました!!
 しかし、頭のおかしい(ルナティック)子をそのまんまヒロインにしてしまいましたねえ(笑)
 善行を一定数積まないと地球への流刑は解除されない。
 首には外せない「咎人の証(ギアス)」が付いていて、外そうとすると爆発する。

 「打ち出の小槌」ってトール・ハンマーでいいのね。
 「十二単」はマーク・トゥエレヴなのね。
 「黄昏流星群(トワイライトヴェノム)」って先史文明の残した衛星兵器だったんですか!弘兼先生!!
 
 第一章 月に捨てられた女
 第二章 地球の長い夜
 第三章 授業を制止する日
 第四章 幼年期の終わり、始まる侵略
 第五章 奴は無慈悲な月の女王

 なかなか古典SF好きな章タイトルですな。
 SF三大カッコいいタイトル(翻訳版)には
 ジェイムズ・ティプトリー・Jr.「たった一つの冴えたやり方(The Only Neat Thing to Do)」
 ロバート・A・ハインライン「月は無慈悲な夜の女王(The Moon Is a Harsh Mistress)」
 フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか(Do Androids Dream of Electric Sheep?)」
 が揚げられるが、他にもヒッターの好きなタイトルはあるんだよね。

 ハーラン・エリスン
 「世界の中心で愛を叫んだけもの(The Beast that Shouted Love at the Heart of the World)」
 「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった(“Repent, Harlequin!” Said the Ticktockman)」
 フィリップ・K・ディック
 「流れよ我が涙、と警官は言った(Flow My Tears,The Policeman Said )」
 ブライアン・W・オールディス
 「地球の長い午後(The Long Afternoon of Earth)」
 ラリー・ニーヴン
 「マンホールの蓋に塗られたチョコレートについて何がいえるか?(What Can You Say about Chocolate Covered Manhole Covers?)」(これは高校生の頃に原題を覚えて、いまだに忘れていない(笑))
                  出番ですよ! カグヤさま 1

 あとがきを読むと、3巻まで原稿は編集部に上げてあるそうだ。

関連記事

第1397回 戦場のプロローグ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

マクロスΔ(デルタ) 第1話先取りエディション「Mission 0.89 戦場のプロローグ」

先取りエディションを視聴しましたが、これは「マクロス」であり、「マクロス」ではない!(絶対!!)という印象を受けましたね~。「マクロス」シリーズにする意味あるの?
 まあ、第1話先行版の印象なので初代からの視聴者であるヒッターにはちょっと魔法少女ものへ偏向しすぎている感があります。
 マクロスD 001-01

 歌によるテロリズム《ヴァール・シンドローム》
 それに立ち向かうユニット《ワルキューレ》と、それを守護する《デルタ小隊》。
 露骨になんか狙いすぎ感がある。(この時代でも人類にはおにぎりは欠かせないのね)
 マクロスD 001-02

 とりあえずヒロインらしいフレイア・ヴィオン(すいません、どこの方言ですか?)
 マクロスD 001-021

 美雲・ギンヌメール。もう一方のヒロイン?
 マクロスD 001-03

 メカオタク?マキナ・中島
 マクロスD 001-04

 クラゲは丸飲みがいい。(笑) レイナ・プラウアー
 マクロスD 001-05

 どう見ても婦女暴行シーンですな。
 マクロスD 001-06

 マックスとミリアの孫? ミラージュ・ファリーナ・ジーナス
 マクロスD 001-07

 ここまでが前半15分ですが、後半は差し控えましょう。
 ちょっとマクロス初代世代には新年早々付いていけなかったです。(笑)
 どんなピンポイント・バリア使ってるんや。
 マクロスD 001-08

 敵対関係にあるらしいバルキリー同士の戦闘はなかなか良いな。
 1クールくらい経ってからレビューするかな。
 マクロスD 001-09

関連記事