まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1000回 ソロモンの偽証(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

宮部みゆき 「ソロモンの偽証 第Ⅱ部 決意(上)」
 
 城東第三中学校は呪われているのか。新学期に入ってから元2年A組の浅井松子が車に飛び込み事故死した。これも自殺と判断されるが、嘘の告発状を出した心痛のためと判断される。
 さらに大出俊次の仲間の井口充が同じ仲間だった橋田祐太郎に3階の窓から突き落とされる。告発状のことで因縁をつけたことが原因だった。
 またマスコミが来そうなので緊急下校を指示された帰路。いつの間にか不安にかられた藤野涼子ら元2年A組の生徒たちが図書館に集まり始めていた。
 元担任の森内教諭と津崎校長は辞任し、教師たちは事態を満足に収束させていない。
 柏木拓也が死んだのは何故なのか。自殺なのか、殺されたのか。真犯人は本当に大出俊次たちなのか。元2年A組メンバーたちは真相究明を始めようとする。

 放火され全焼した大出俊次宅。数日前から脅迫電話が数度有り、火事では祖母が焼死した。その数日後、藤野涼子の接触してきたのは、混乱の原因の一翼を担う茂木記者だった。
 
 というのが前巻までですね。書かないつもりだったが書いちゃった。この部分が無いと繋がらないものね。
 では、第Ⅱ部前半。ネタバレが含まれています。
  ソロモンの偽証 3
 城東第三中学校では高校入試のため成績順に編成した三年時のクラス別けではなく、二年時のクラス編成で卒業制作を行う。 そのほうが気心が知れているので受験勉強に早く取り掛かれるからだ。
1991年7月21日。夏休みの直前に体育館に集まった元・二年A組の生徒たちに波紋が広がる。それはクラス委員だった藤野涼子の提案だった。 
 柏木拓也の死の真実を解明する。その提案を止めさせようとする教師たち。だが涼子の計画は妨害を念頭に入れた、周到なものだった。
 刑事である父親、司法書士である母親を相手にシミュレートを繰り返した。激昂した教師の体罰を逆手に、教育委員会に提訴しないことを条件に調査を認めさせたのだ。
 しかし、思ったようにメンバーは集まらない。やはり、学校側の目と、高校受験のため余計なことをしたくないというのが実情だ。そんな状況に転機が訪れる。

 大出俊次と去年のクリスマス前まで付き合っていたという不良少女、3年D組の勝木恵子。彼女の呼び掛けで大出俊次本人に会いに行く涼子。
 今更、調査して何になると憤り、どうせ自分を犯人扱いして終わるのだろうと言う俊次に、そこまで崖っ淵にいるのなら、もう怖いものは無いだろう、裁判をやって身の証を立てろと涼子は言う。
 大出俊次の弁護人役は涼子がやる。判決は12人の陪審員制度で行う。
 この「学校内裁判」の素案に沿って生徒と学校側に働きかける。

 準備期間は8月1日から14日まで。
 開廷は8月15日。審理は5日間。判決言い渡しは8月20日。
 被告人:大出俊次の罪状は柏木拓也に対する殺人罪。
 陪審員による評決不成立でのやり直しは認めない。


 7月31日
 「学校内裁判」の説明会が行なわれる。冷やかし半分や興味を持った生徒、参加するなという教師に反発した生徒。こんなものは裁判ごっこだと揶揄する生徒の意見が交錯する中、メンバーが決まっていくが、顔を腫らした当の大出俊次の登場で雲行きが一転する。
 警察、マスコミ不信の大出の父親は、刑事の娘である藤野涼子の弁護人役を信用しなかった。従って涼子は弁護士役から検事側に移行。新たな弁護人役に立候補したのは、意外な人物であった。

 突然の乱入者、井上康夫、藤野涼子、大出俊次が唖然とする論客・神原和彦の登場によって陪審員・野田健一が弁護人助手に移行。
 野田健一は柏木拓也の遺体を発見した通用門で出会った神原和彦を今ひとつ、信用していなかったが妙にウマが合う。
 大出俊次も何としてでも濡れ衣を晴らしたかった。そして謎の脅迫電話と放火事件がある。それは今回の裁判と関係あるのだろうか?
 二人を信用した俊次も次第に心を開いていく。

 判事:井上康夫 元2年A組副委員長。成績は学年トップ。理論武装派だが公正。
 廷吏:山崎晋吾 3年C組。空手有段者。粗暴な大出俊次を実力で抑えられる。
 検事:藤野涼子 元2年A組委員長。「学校内裁判」提唱者。
 検察事務官:佐々木吾郎 1年時から生徒会で藤野涼子の知り合い。
         萩尾一美 元2年A組。佐々木吾郎のおまけ。
 弁護人:神原和彦 柏木拓也の友人だった他校生。
         柏木拓也の性格からして深夜に大出俊次に呼び出されたとは考えにくいと考察。
         そこから逆に大出俊次の無罪を弁証する。
 弁護人助手-野田健一 元2年A組。柏木拓也の遺体の第一発見者。

 陪審員 立候補者が少ないため8人に変更
 ・竹田和利-バスケ部代表。教師の不参加命令に反発したOB会の命令で参加。
        高校はスポーツ推薦枠なので、教師の脅しは逆効果。
 ・小山田修-将棋部主将。参加したら内申書を書かないと言われて反発。
       将棋連盟希望なので高校など何処でもいいと思っている。竹田の幼馴染。
 ・勝木恵子-3年D組の不良少女。高校進学は考えていない。
 ・山埜かなめ-音楽部。二人目の死者・浅井松子の友人。
 ・蒲田教子-元2年D組だった転校生。柏木拓也のことを他人事とは思えず参加。
 ・溝口弥生-元2年D組だった不登校児。柏木拓也のことを他人事とは思えず参加。
 ・倉田まり子-元2年A組。藤野涼子の友人。太目の天然女子。
 ・向坂行夫-元2年A組。野田健一の友人で倉田まり子の幼馴染。

 藤野涼子は困惑していた。弁護側での方針は十分に立てて、無実の証明で裁判に勝つつもりでいたが、今度は検事側としてそれを崩さなければならない。そのためには訴追されないようにしていた”告発状”を引き合いに出さなければならない。
 明らかに「偽証」であると判かるものを書いた本人を特定し、証言台に引っ張り出して事実だと証言させねばならない。
 急造チームであった涼子と佐々木吾郎と萩尾一美も、一から戦略を練り直す必要がある。物証がない以上、推測だけでは論理が破綻する。

 8月1日。
 元二年A組の担任であった森内恵美子は、身に覚えのない”告発状”破棄の調査を河野探偵事務所に依頼する。そして逆恨み犯人は物証と共に特定された。調査結果報告に同席した津崎(元)校長は”告発状”を送った人物を知っていると告白する。
 そして今回の事件の発端である「柏木拓也の死」について、「学校内裁判」が行われると告げた。さらに城東第三中学校側から証人喚問などの要請に協力するなと予防線を張られていることも。

 城東署少年課の佐々木礼子刑事は藤野涼子と佐々木吾郎の急襲を受け、嫌々ながら協力する羽目になる。柏木拓也の死については、検事側も弁護側も勝ち負けには重きを置いていない。目的は”真実”を知ることだと言われ、中学生に説得されてしまう(笑)


 読書メモ、上巻の半分で結構な量だな~。
 さて、新たな登場人物・神原和彦がなんとなく微妙に怪しい少年だとヒッターは思いました。
 死んだ柏木少年を知る人物として怪しさのランクがひとつ上ですが?

 非常に面白いので次回に続くにしよう(笑)
 まだ、この先を読んでません。

関連記事
スポンサーサイト

第999回 岳飛伝(11)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

北方謙三「岳飛伝(11) 烽燧(ほうすい)の章」

 韓世忠の南宋水軍は梁山泊水軍に敗れ壊滅したが、梁紅玉の交易艦隊は無傷で残った。梁山泊が日本海を北上し十三湊へ向かう航路と離れた太平洋側の島々を拠点とする。
 海賊狩りをし、都に多くの手下を従える炳成世と結び、金国-日本-南宋の交易網は梁山泊と競合することになるのか。

 北京大名府の北部で長らく呼延凌と対峙状態だった兀朮は戦機を計る。梁山泊が密かに金国内の麦を買い占めたことにより各地で民の蜂起が起き、さらに太子・海凌王が独自に禁軍の兵を集め始めたため、兀朮は今後、戦力を補充できない。

 辛晃の南宋軍を退けた岳飛の岳都は二万人規模に膨れ上がった。小梁山の方は地元の民も多いが同様の規模になっている。蒲甘(バガン)に接する阮黎の軍も六千余りに増え、水軍を鍛え始めた。
 森を切り開かれ、梁岳道と名付けられた道と水運でさらに密接に連携し合う。
 小梁山を訪れた岳飛は秦容に北進する意思はあるかと問う。その問いに秦容は頷く。秦容にも決着をつけなければならない戦いの場があるのだ。
 大理国の景朧に引き返した辛晃はそこを固めている。まず景朧の南宋軍壊滅が目標である。

 金国から西遼までの梁山泊の飛脚網に簫炫材の轟交買の商隊が重なり、交易路を太くしていった。
 甘蔗糖と昆布の扱いも梁山泊と轟交買で運び、南宋の梁興が中心となって差配するシステムに変貌してゆく。これは利の分散化であり、独占した糧道を断ち切られない複合案となる。
 さらに鳩を使った通信の実験が始められた。

 機は熟した。金国軍騎馬隊十万と梁山泊軍歩騎八万。双方のほぼ全軍が激突した。
 兀朮、呼延凌、史進、胡土児らの死闘。互いの首を狙う兀朮と呼延凌。多くの将が散っていく。

 秦容の小梁山で造られた甘蔗の酒を呷る簫炫材と兀朮。国が人の体ならば物流は血流なのだ。
 人は心の中に祖国を抱いて戦う。
 この場面が好きですね~

 今巻では多くの人物が死んでいき、死に損ねた人はブツブツ文句を言っています。
 南宋を挟み、北には金国、南には岳家軍、秦容軍。
 金国の中に居座る梁山泊。北から圧力をかけ、南宋と結んでいる蒙古。
 致死軍の侯真は北でなにかが起きそうだと統括・宣凱に告げる。
 東海で策動し始める韓世忠。死に場所を探し求めるかのように出立する李俊の梁山泊南方水軍。
 西方では侵攻する蒙古軍十五万に対し、執政・顧大嫂の檄を受けて西遼軍四万が迎え撃つ。

 さあ、時代が動き始めましたね~~
       岳飛伝11

 

関連記事

第998回 大宇宙を継ぐ者(20)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

  ペリー・ローダン
 
 やっと475巻まで読む。
 Nr.941~950
 471巻「マルゴルの大波」
 472巻「人形惑星」
 473巻「ノラン・ハンター」
 474巻「マタツェマ計画」
 475巻「獣の支配者」

 マルゴルの大波 人形惑星 ノラン・ハンター マタツェマ計画 獣の支配者
 
 残りの《サイコド》をボイト・マルゴルに渡すまいと、ロナルド・テケナーとホトレノル=タアクはそれぞれの思惑で惑星ツォッタートラクトへ向かう。
 だが、自分たちの使命を知った3人のガイア・ミュータントはボイト・マルゴルに《王のサイコド》に渡してしまう。
 本来の調整役だった3人の目的はマルゴルの軌道修正だった。《王のサイコド》に戻ったテツォールの導きでマルゴルは肉体を捨ててメタモルフォーゼする。
 パラプラズマ球体の最後のピース。精神存在となったマルゴルによって星間物質カバー内のパラプラズマ乱流は収まっていく。百万人のレアンダー人を吸収したパラプラズマ球体は「銀河の標識灯」となった。
 暗黒星雲プロヴゴン・ファウスト内の航行は、これからは案内人を必要としないだろう。
 だが、この「標識灯」から発せられるプシオン波《マルゴルの大波》は銀河外でも観測されるものだった。十万年前の計画が今、実ったわけだが、当時、レアンダー人と接触したペトロニアー船団は銀河外からの脅威と戦っていたらしい。
 その相手はガルペシュ軍団ということはわかったが、第1次人類であるレムール興勢期にはその存在は確認されなかった。銀河は防衛されたわけだが、「超越知性体Es(それ)」が関与したのだろうか?
 Nr941.jpg
 ジュリアン・ティフラーにとっては難問がひとつ片付いて、新たな謎が増えただけだった。
 逮捕されたフィリバスターのドッペルゲンガーたちの謎。かつてガルペシュ軍団から銀河系を防衛したオービターとは何者で、なぜテラナーを敵視するのか。
 レムール-ハルト戦争よりも古い時代。”ハープーンのアルマダン”とは何者なのか。

 4つの<宇宙城>の”鍵”を入手した《バジス》では、宇宙航行士に時々発症するキプスーン症候群が蔓延していた。乗員の25%が罹患し、航行不能に陥る。
 古くから知られていたアレルギー症状だが、これほどの規模で発生したことはない。対処は惑星上でしばらく過ごせば快癒する。選ばれたのはクリニックと名付けられた惑星だが、特殊な5次元放射がウィンガー人デメテルの封印された記憶を呼び起こしてしまった。
 数千年前に”目”の搜索に旅立ったデメテルたちに何が起こったのだろう。

 アラスカ=シェーデレーアとかつての《強者》ガネルク=カリブソは<時間の井戸>に向かうが、幾つもの銀河を結ぶ謎の転送システムは機能を停止していた。《コスモクラート》は<宇宙城>の撤収と同時に、このシステムも止めたようだ。不死の力を失ったカリブソは老化が始まっている。
 ガネルク=カリブソが自分の”鍵”を惑星デログヴェニアンに取りに行くには、宇宙船《光細胞》を使うしかない。6年前、アラスカは<時間の井戸>を通ってデログヴェニアンで、ガネルクの本当の肉体を殺した人形カリブソを倒したが、ガネルクの超自我を吸収して復活した。
 この時、アラスカは《大群》の監視者だったガネルクに<殲滅服>を返却したのだ。その後、ガネルク=カリブソに何があったのか、デログヴェニアンに行くのを忌避している。
 かつての《時間超越者の同盟》の7人の《強者》は、長く続く使命のため精神的に病んでいた。ガネルクも例外ではなく、6年前、創造した人形たちに自分の超自我を分け与えた。そのため大きく力を失い、人形の体から出られなくなったのだ。
 <殲滅服>を破壊したエネルギーを利用してガネルクはカリブソの肉体から離れ、かつての失敗を修正しようとする。
 第5の”鍵”を手に入れたアラスカにガネルクが語る、宇宙に生命の元を頒種し知性を宿らせる《コスモクラート》の謎の目的とは。

 デログヴェニアンで消滅したガネルクから譲り受けた”鍵”と宇宙船《光細胞》で、アラスカは《バジス》との会合ポイントであるバルディオクの<宇宙城>へ向かう。
 だがアラスカより先に到達していた《コスモクラート》の解体コマンドは、<宇宙城>のドルゲン移送機を起動させていた。《バジス》の到着が遅れたため、アラスカは単独で<宇宙城>に潜入する。
 この星系には反物質を内蔵する宇宙クジラ<ノラン>が生息していた。その放射エネルギーでドルゲン移送機が不調になるが、第6の”鍵”を探すアラスカもバルディオクの<宇宙城>の時間迷宮に行く手を阻まれていた。
 その頃、テラナーの少女パヤを乗せたルーワーの宇宙船もこの星系に近づきつつあった。

 バルディオクの<宇宙城>から脱出した解体コマンドの宇宙船を追跡する《バジス》。
 最後の<宇宙城>。《時間超越者の同盟》のリーダーであった《強者》ケモアウクの<城>に侵入した解体コマンドは、そこに存在するはずのない完成されたドルゲン移送機を発見する。
 各<宇宙城>用に設計されたドルゲン移送機は数万のパーツに分けて隠されている。そのデータは解体部隊が出動時に与えられる。いったい誰が設計図もなしに組み上げたのか。ケモアウクはまだ生きているのか?
 コマンドリーダー・ジャグルが起動させたドルゲン移送機はカタストロフを引き起こした。<城>中のロボットが攻撃をかけてくる。そして接近中のローダンの《バジス》では、ハルト人イホ・トロトに異変が起きていた。トロトの《細胞活性装置》は機能を停止し、治療しようとしたアトランの《細胞活性装置》をも拒絶する。
 ケモアウクの<城>のシュプールを追い、氷惑星マタツェマに着陸した<城>に潜入したローダン、アトラン、ブリーは生き残っていたジャグルと手を結ぶ。
 その間に《バジス》ではPEW金属メダルに宿ったミュータントたちに異常が起き、ほかのミュータントたちも倒れ始めていた。
 ケモアウクの<城>そのものが、ケモアウクの仕掛けた罠だったのだ。

 7人のフィリバスターたちは、レムール人の末裔ををガルベシュ軍団だと思い込んでいるオービターたちの目標が、全銀河系搬送網の中心である惑星オリンプだと知る。無数のオービター艦隊にオリンプの防衛網は勝ち目はないだろう。
 警告を送ろうとするが、すでに数十人のドッペルゲンガーを逮捕しているTFL(自由テラナー連盟)は取り合わなかった。その間にボシック星系は一万七千隻のオービター艦隊に封鎖され、オリンプには戒厳令が敷かれてしまった。
 コンテナ街道による物資の補給が止まったテラでは、ジュリアン・ティフラーがホトレノル=タアクの派遣を決め、オリンプでは皇帝アーガイリスが地下帝国から反抗を始める。


 ここまでで第15サイクル「宇宙の城 Die kosmischen Burgen」の前半部が終了。後半に取り掛からねばならない。すでに485巻までが買い置きの本の山に積まれている。
 原作の表紙は1巻から現在の2779巻までコレクションしているが、その中から《強者》の<城>をピックアップしてみる。
 左からムルコン、アリオルク、バルディオク、ケモアウクの<城>。
 ムルコン アリオルク バルディオク
 ケモアウク

関連記事

第997回 後藤さんのこと

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

円城塔「後藤さんのこと」

            後藤さんのこと
 短編集である。

「後藤さんのこと」

 これはどうやって説明すればいいのか(笑) 赤黒緑青4色刷りの文章で構成された短編。
 後藤さん一般は、目の前に未来の後藤さんが現れたらまず”刺す”そうです(笑) 
 後藤さんは後藤さんの皮をかむったなにか別のものである。
 後藤さんは赤い帽子をかぶっているが、最大一人は白い帽子をかぶっていることがある。周りを見渡して後藤さん一般が赤い帽子をかぶっていれば、後藤さんは白い帽子をかぶっていると推測できるが、最大一人というのは誰も白い帽子をかぶっていない可能性もある。推測を間違えた後藤さんはバツとして死ぬ。
 後藤さんは粒子か波動かはっきりしないが、プリズムで7人の分後藤さんになることがわかっている。後藤さん後藤さん後藤さんを重ね合わせると後藤さんになる。
 カンブリア紀のパージェス頁岩から発見された後藤さんの化石に、絶滅した後藤さんの名残りがある。
 後藤さんは後藤さんの皮をかむっているだけなので、心穏やかに見ると普通に死んでいる。♂と♀があるらしい。
 地球から最も遠い後藤さんは56億7千万光年の彼方にいる。宇宙にどれだけの後藤さんがいるのか分からないが、光学観測される後藤さんよりはるかに多いダーク後藤さんがいるようである。
 次世代エネルギーとして注目される後藤さん発電は、1人の後藤さんで全世界の1日のエネルギー消費の200分の1を賄える。
 ある日突然、全宇宙から後藤さんが消失した。どこかの子供が「後藤さんは素っ裸だ!」と発言したのが原因と言われている。

 ありがとう、後藤さん。おやすみ、後藤さん。
 さようなら、後藤さん。(ヒッター)

「さかしま」
「考速」
「The History of the Decline and Fail of the Galactic Enpire」
「ガベージコレクション」
「墓標天球」

 を収録。

 巻末に添付されたINDEX小説。
 ポイントが小さすぎて読めません(笑)

関連記事

第996回 今日のテラフォーマーズはお休みです

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

服部昇大「今日のテラフォーマーズはお休みです」第1巻

 謎のウィルスのワクチン製造のため火星に向かったアネックス1号。
 しかし、謎の故障のため「緊急プランΣ」で最寄りの惑星に着陸した。
 修理に40日ほどかかるため、小型だが地球タイプの惑星で休暇を取ることになる。
 不時着したアネックス1号の周囲を調査するうちに、林の中で発見される(ちょっと古い)エロ本。
 いきなり襲われてオッ○イをしこたま揉まれるシーラ。
 ミッシェルたちの女湯を覗き、下着を盗むGたちはエロフォーマーズと名付けられ、アネックス1号の面々はこの星で40日間生き抜かねばならないのであった。


 「TERRA FORMERS」の11巻のとなりに置いてあったのでついでに買ってくる。
 パロディ・スピンオフで、本編を読んでいないとウケないネタばかりである。
 ヒッターは笑い転げていました。
 アニメの方は撃沈しそうな勢いで不評ですね~
本日の

関連記事

第995回 吸血鬼ハンターD(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

菊地秀行 「吸血鬼ハンターD」シリーズ

 新刊を買ってくる。あとがきから読む生き物であるヒッターは、これがシリーズ28冊目で前作「D-貴族祭」の続きだということを知るが、あれ? どんな話だっけ。ひょっとして読んでない?
 でもタイトルに記憶があるので、買い置きの本の山を探すと出てきました。
 しかも2冊も! (´;ω;`)
 仕方ない。よくあることなので、後で1冊売り飛ばそう。

 シリーズ27.D-貴族祭
  吸血鬼ハンター D 27

 人間の知る限り三千年の間、《辺境》北部の大牢獄バシューシャに保管されていた石棺。その石棺の中の貴族は毎夜、零時から1時間ほど叫び声をあげ、内側から石棺を叩いていた。
 石棺はある目的地へと護送されていくが、その護送団を襲う様々な怪異。
 対象物をコピーして入れ替わる魔物。さまよえる貴族の城。貴族の飼い犬・黒犬獣。半日で十一人の護衛のうち二人を失う。
 貴族の”叫び”に呼び寄せられたというリャガンと、偶然に通りかかったという”D”は同行することになる。さらに雨宿りした村で処刑されようとしたギキシランを救けた”D”の意図は?
 ”D”も認める技量を持つ二人は何者なのか。さらに第三の男グリフィンが現れる。
 次々と現れる腕利きたちの夢に現れる貴族”ベアトリス・ローランジェ公爵夫人”。

 五千年前、騙されて石棺に閉じ込められたと”D”に語る公爵夫人。
 一万年前、貴族が”神”と戦い退けた土地《神々の工場》。そしてギャラザン・ローランジェ公爵の遺灰が眠る《貴族の墓所》。
 そして現れた4人目の男メネマー。かつて”D”が彼らと交わした約束とは?

 シリーズ28.D-夜会煉獄
  吸血鬼ハンター D 28

 ついに目的地・ダルマラス村に到着した護送団。
 《貴族祭》に続々と現れる公爵の配下《四天王》と”D”の死闘。
 ローランジェ公爵の元・部下だった裏切り者4人の転生体の中には、さらに公爵夫人の作り出した裏切り者がいた。
 石棺を運んできた護送団は生きて《貴族祭》から脱出できるのか。
 午前零時に円舞曲(ワルツ)を踊る公爵夫人と”D”。


 うーん、3時間で2冊読むほど集中して読んでしまった。
 不老不死の貴族を殺すもの。それは”倦怠”である。生きていくのに飽きた貴族は永遠なる”滅び”を望む。然るべきかな。
 次は吸血鬼ハンター姉妹篇を準備しているそうで、”D”とは異なる女性ハンターの物語だそうである。

関連記事

第994回 探偵の探偵(1)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

松岡 圭祐「探偵の探偵」 Detective versus Detective 

 昨日、FFXIゲーム中にキーボードにコーヒーをぶちまけ、しばらく大丈夫だったが夕食後に反応しなくなり、急いで買いに行く羽目に。
 まあ、NキーとAキーの表示が消えてなくなるほど使い込んだから、換え時だったのだろう。

 さて、新作である。
 株式会社スマ・リサーチの経営者・須磨康臣の副業でやっている「スマPI(プライベートアイ)スクール」。2年間の訓練と高額な授業料を取る探偵養成学校だが、卒業後の就職斡旋は行わない。
 そんな学校の入学面接にやってきた高校を卒業したばかりの少女・紗崎玲奈(ささき れな)。
 細身の体に化粧っ気のない容貌。黒いストレートヘアの彼女は妙に人目を引いた。面接した須磨は彼女に探偵に向かないと告げるが、玲奈はどうしても探偵の全てを知りたいと言う。だが、探偵にはなりたくないのだと。
 不審を感じた須磨は紗崎玲奈自身を調査する。
 果たして玲奈が入校を希望した理由とは?

 3年後。同居していた姉の結婚により住処を失った峰森琴葉は、寮のあるスマ・リサーチに就職した。社長の須磨は雑務系社員のつもりで雇用したのだが、現場の仕事を希望する琴葉に興味を持ち配属を決めたのは「探偵課」ではなく「対探偵課」だった。
 
 なるほど、ここまで業界の裏事情や探偵術を書いちゃっていいのだろうか(笑)
 探偵の倫理とはなんなのか? 探偵業法という法律はあるが、所詮はザル法律である。
 グレーゾーン、ブラックゾーンの探偵を実力で潰すために存在する探偵。

 次作「探偵の探偵Ⅱ」は12月発売って2ヶ月連続かよ! 嬉しいじゃなか!!

            探偵の探偵

関連記事

第993回 ソロモンの偽証(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

宮部みゆき 「ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件(下)」

                       ソロモンの偽証Ⅰ(下)

 第Ⅰ部後半。ネタバレが含まれています。

 二月の末。城東第四中学の生徒に暴行し、カツアゲをしたと補導された大出俊次たちは示談が済んだということで解放された。
 城東署少年課の佐々木刑事らの調査により、告発状の投函者はほぼ特定される。だが、確認を行う前に告発状がマスコミに漏れてしまった。
 (豆ダヌキ校長先生は好感が持てるな)

 3通目の告発状は2年A組の担任・森内恵美子宛のものだった。だが、どうしてそれがマスコミに届けらたのか。森内教諭はそんな手紙の存在自体、知らなかったと抗弁する。
 テレビ報道番組の記者・茂木は、城東三中生徒の聞き込みにまわり、ターゲットを告発状を受け取ったはずの森内教諭と藤野涼子、そして告発されている大出俊次ら三人に絞る。
 マスコミの記者が調査に入ったことを知った告発状の投函者は、さらなる偽証を重ねようと画策する。
 混乱に陥る城東三中の教師たち。自殺説を覆さない警察関係者。学校側の隠蔽工作に憤る自殺した少年の家族。冤罪を主張する告発された子供の親。報道取材に手段を選ばない事件記者。
 この時点で告発状を出した生徒を特定し、知っているのは津崎校長と尾崎養護教諭、少年課の佐々木礼子刑事ほか数名である。その証言は偽証であることは判りきっているのだが、それを覆すことができない。
 そして年度が変わり、季節は春に移る。
 新学期が始まると同時に柏木少年の自殺に関する報道番組の第1弾が放映され、城東第三中学校に衝撃が走る。


 さて、ここまでが下巻の半分。第1部の7割を超えた状況です。
 ある別事件(と思われる部分)の詳細はメモしてあるがここでの掲載は省きました。
 ここまでで、ある登場人物が重要な台詞を言います。これは前回、ヒッターが怪しいと思っていたMの台詞です。これは偽証事件ではなく、そもそもの発端である柏木少年の自殺事件に言及するものではないだろうか?
 ということで下巻の後半を読んでいきます。

 ここから先は読書メモを掲載しないので、「第Ⅱ部 決意」で会いましょう。
                関係図 事件

関連記事

第992回 謎の彼女X 完結

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

植芝理一 「謎の彼女X」第12巻(完結) Mysterious Girlfriend X
   
 ついに最終巻となった。10年間の連載、お疲れ様です。
 当初の構想は、パンツ履いてない回があったそうだが、それは是非やってもらいたかった(笑)
 まあ、お姉さんとの銭湯シーンで満足しておこう。
 もうひとつ、まだ高校生のふたりが最後まで行っちゃうような構想もあったようだが、それはそれで無くて正解だね。
 これ読んで思い出したのは、いま話題の「寄生獣」の完全版を読んで、当時は連載も読んでいたのに途中からどうなったか記憶がなくて、ラストシーンのとこだけ覚えていたのだが、新一と里美が結ばれるシーンがあって、ヒッターは驚いたことですね~
 ああ、「寄生獣」にこのシーンは有って良いんだと思い、そして「謎の彼女X」にはふさわしくないシーンだと思います。

 次回作にも期待しております。
            謎の彼女X12

 北米版も人気あるようだ。
 アニメ北米版BDは吹き替えもあるようだが、一度見たいものである。
       Mysterious Girlfriend X manga 1 81mlwpAoC6L.jpg

関連記事

第991回 ソロモンの偽証(1)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

宮部みゆき 「ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件(上)」

 宮部みゆきさんの作品は過去に「レベル7」を読んだくらいで、それもかなり前で内容を全く覚えていない(笑) 縁のない作家さんである。
 一昨年、本屋さんで分厚いハードカバーの三部作を見たとき、これはじっくりと読みたいと思ったものだ。ヒッターは分厚い本フェチである。
 3ヶ月連続で文庫化発売ということで買っていたら、読み出す前に3ヶ月経って全部揃ってしまった。
 では読み始めよう。ネタバレが含まれます。

  ソロモンの偽証Ⅰ(上)

 1990年12月25日。世はバブルがはじける直前の時代。城東第三中学校の二学期の終業式の朝、中学二年生の柏木拓也(14)の死体が中学校の裏庭で発見された。
 前日から降り出した雪にほとんど埋まり、その手だけが吹き溜まりの雪からつき出していた。発見したのは校舎脇の通用口を乗り越えて入った同級生の野田健一である。
 柏木少年はこのひと月ほど前、不良たちと問題を起こして不登校になっていた。

 12月26日。PTAの要請により緊急の2年生父兄への説明会が開かれる。

 ・前日の夕方、ショッピング・モール「ライブラ・ロード」内のマクドナルドで柏木少年が一人で食事しているのを、同級生の野田健一と向坂行夫が目撃している。
 ・12月24日は休校で生徒は誰も登校しておらず、数人の教員も午後5時には退出し正門、通用門は施錠。宿直が午後9時に通用門を巡回した時に異常はなかった。深夜0時の巡回は校内のみであった。
 ・窓ガラスが割られたような形跡はないが、学校の屋上に通じる階段から鍵を開けて屋上に誰かが出た痕跡がある。ただし一面が降った雪に覆われて、足跡など残っていない。扉は普通の南京錠で、鍵は保管場所のキーボックスにあった。
 ・柏木少年の遺書などは見つかっておらず、毎日つけていたという日記も見つかっていない。死因は打撲傷と骨折。他に外傷はない。
 ・柏木少年が不登校になった原因は、他クラスの生徒3人との椅子を振り回しての喧嘩である。学年主任の教師が止めに入り、職員室で説教をした。誰も怪我はしなかったが、翌日から柏木少年は投稿しなくなった。
 ・校長と学年主任が家庭訪問に行ったが本人は自室に引きこもり、「もうどうしようもない」と言ったという。
 ・喧嘩相手の大出俊次たちは父兄の間でも知られる不良たちで、何度か不問にされた事件を起こしている。

 学校側の答弁に荒れる保護者集会。
 だが、柏木拓也の死は理由もわからないまま「自殺」という形で決着されようとしていた。

 年内に葬儀も終わり、年が明けて新学期が始まろうとしたとき、3通の匿名の告発状が流れを変える。柏木拓也が大出俊次たち3人に殺されるところを目撃したという手紙は波紋を呼んだ。
 柏木拓也、野田健一と同級のクラス委員・藤野涼子の父親は、警視庁の刑事であることが知られている。告発状はその藤野涼子宛と中学校の津崎校長宛に送られていた。
 定規を使って筆跡がわからないようになっている手紙を不審に思い、娘宛の手紙を先に見てしまった藤野刑事は城東三中に乗り込み、告発状を黙殺しようとした学校側に先手を打つ。この告発内容はデタラメの可能性が高いが、告発されているのは城東警察署少年課でもマークされている非行少年たちである。
 少年課の女性刑事・佐々木礼子は、大出たちが柏木少年の死には関係ないだろうと言うが、話をした時に柏木少年のことを「薄気味悪い奴」だと言っていたと藤田に告げる。
 そして3通目の告発状は意外な人物の手に渡っていた。


 というところが第Ⅰ部の前半の9割くらい。ツカミの部分ですね。
 上巻の最後の部分まで読んでも、まだまだ情報が十分ではありません。
 いくつかの家族の家庭事情が明かされています。現状ではこの家族たちはミスリードっぽいので除外してもいいんじゃないかな。
 クリスマス・イヴの夜にその柏木少年らしき子供が、町内の電器店前の公衆電話で誰かに電話を掛けていたことが目撃されている。ひどく疲れ果てているような印象だった。
 怪しいと疑っているのが一人(仮にMとしておこう)いますが、柏木少年が電話をかけていた相手は誰だったのかが焦点になるのかな?

 ~つづく。

関連記事

第990回 溶暗のデカダント・ブラック

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上遠野浩平 「ブギーポップ・チェンジリング 溶暗のデカダント・ブラック」
 Boogiepop Changeling :"Stalking in Decadant Black"

  
          溶暗のデカダント・ブラック

 「善」が白く「悪」が黒いと誰が決めたのか?
 もとより世の中に「善」など無く、よって、白い部分も無い。
 あるのは黒さの濃い部分と薄い部分だけだ。

 人の心の闇、”デカダント・ブラック”を視る力と、その濃淡を操る力を持つ少年・岸森由羽樹。
 ブギーポップの”死神”の地位を狙うMPLS”フラッシュ・フォワード”甘利勇人。
 ”ブギーポップ”の正体を知っている風紀委員長・新刻敬は、元・恋敵にまとわりつくストーカーを追ううちに、常人の数百倍の”デカダント・ブラック”を植え付けられる。

 岸森由羽樹が支配する幡山高校を舞台に行われる「統和機構」の大規模人体実験。
 ”未来を視る”少年と”心の闇を操る”少年の共同戦線は、対MPLS組織「統和機構」を利用してブギーポップを排除しようとする。
 未来に必ず立ちふさがる”死神”。人の心を持たない”自動的”な漆黒の”死神”。
 人の隠された”歪み”を映す”歪曲王”は、「鍵」となる二人の少女を引き合わせる。


 ひさびさに「自動的存在」である3名の一人、”歪曲王”が登場しましたね。
 ちびブギーの姿が可愛いです。
 人間って心に闇を持っていないと抜け殻になってしまうんですね~
 八つの「枢要罪」とされた暴食、色欲、強欲、憂鬱、憤怒、怠惰、虚飾、傲慢。
 色の濃さの濃淡はあれ、心の闇は人間の生きる力の源になるもんですな。ただ、「恐怖」には敵わなかった様です。

 前回、あれを読まなきゃと書いていたが、まだ読んでないや。ほんとに読まなきゃ。

関連記事

第989回 スーパーシルフ 雪風(6)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

EXモデル 「戦闘妖精雪風」スーパーシルフ雪風 Ver.1.5
    SUPER SYLPH

 塗装は概ね終わったので、ちまちまとデカールを貼りにかかる。
 サイドラインはもっと白いのが良かったな。さすがにこのラインを塗装で出そうとは思わないので諦める。
 P1000643.jpg

 なんの意味があるのかわからないものもあるが、とりあえず貼る。
 SSD001.jpg

 この1mm単位のデカールが勘弁して欲しいものだ。
 SSD003.jpg
 SSD002.jpg

 上部のデコイ発射口(?)かなにか。01~08を一個ずつ貼るのに力尽きる。
 P100066.jpg

関連記事

第988回 タイタニア(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

田中芳樹 「タイタニア2 暴風篇」 Tytania vol.2

 反タイタニアの中枢頭脳となる二人の男が邂逅し、宇宙に変革の予兆が訪れる。
 特にタイタニアに恨みの無い”非(ナル)”タイタニアだった青年を、”反(アンチ)”タイタニアに変貌させたのは、一人の少女の死によって呼び起こされた「怒り」だった。
 そしてタイタニアは外敵にも内敵にも苛烈だった。タイタニアの主流はタイタニアの名を辱めるものは、一族であろうと許しはしない。
 一人のタイタニアの眷属の死は運命の輪を回し始める。

 「タイタニアの五家族」を成す”無地藩王(ランドレス・クランナー)”と四公爵。
 勇将アリアバート・タイタニアを破ってタイタニアの歴史に初めて黒星を付け、烈将イドリス・タイタニアの罠を翻弄して復讐を果たしたファン・ヒューリック。
 だが豪将ザーリッシュ・タイタニアは嫌っていた弟アルセスの不甲斐なさと同時に、タイタニアの威信をかけて”公敵”ファン・ヒューリックと「流星旗(ブレイズ・フラッグ)」軍を追う。

 一方、賞金首となったファン・ヒューリックは復讐という目的を失い、自分の首に掛かった賞金の0の数を数え、歓楽街で過ごしていた。
 「ファン・ヒューリック提督は何処にいる?」「天井の下、女の上」
 パックス・タイタニアーナ(タイタニアによる平和)は、人類史上、最も安定した秩序を与えたとも言える。宇宙は支配する人間と支配される人間でできているとタイタニアは言う。
 しかし、もう一種類の人間も存在するのだ。支配されるのが嫌な人間である。

 だが惑星バルガシュにおいてファン・ヒューリックはあっさりザーリッシュの手に落ちた。タイタニアの人的豊富さ、有能さが遺憾無く発揮された結果である。
 しかしファン・ヒューリックの二度目の脱走事件は、多くの勢力図が書き変わる一石となる。
 ザーリッシュ・タイタニアの横死により、四公爵の一角が崩れたのである。

 やはり齢10歳のリディア姫は鋭い意見を述べたまふな。子供の目は核心を見抜く。10年後が楽しみである。
 タイタニアの滅びを予見する知将ジュスラン・タイタニアの今後の動静は?

 いや~、アニメはこの2巻までだったようですが、これ観てないんだよね~(笑)
 続けて第3巻分に進まなきゃ。
    tytania A01

関連記事

第987回 戦闘妖精少女

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ 「戦闘妖精少女 たすけてメイヴちゃん」

 最近思い出したのだが、こんなのあったよな~というアニメーション。
 2005年の『戦闘妖精雪風』のスピンオフOVAなので探してみたが、近所のレンタルショップにない。
 本編製作スタッフが描いたただの落書きだったものが、なぜか人気が出てアニメ化、フィギュア化されたようだ。やるな、バンダイ!
  logo.gif
  メイヴちゃん01
 ・メイヴちゃん
 メイヴちゃん
 両手に2本の短刀が前進翼を表している。
 眼球はモチーフのエンジン回転計を模しており、稼動する

 ・スーパーシルフちゃん
 スーパーシルフちゃん
 パンツには神林長平の直筆「雪風」マークとサインが書いてあるそうだ。
 巨乳なナイスバディ。

 ・シルフィードちゃん
 シルフィードちゃん
 フェアリィ空軍(FAF)の主力制空戦闘機。
 ブーメラン戦隊で特別扱いで運用されるスーパーシルフのことを嫌っている。
 スカート内からミサイルを多数発射できる。

 一度視聴してみたいものだ。
 バンシィちゃん

関連記事

第986回 軍師 黒田官兵衛伝

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

重野なおき 「軍師 黒田官兵衛伝」1、2巻

 今年の1月に1巻が出ていたのだが、NHKの大河ドラマのミーハーかと思われるのが嫌で買っていなかった。重野なおきファンとしては許されないことだが、先月出た2巻と合わせて買ったので勘弁してもらいたい。
 連載は2013年3月からだから、やはり今年の大河ドラマに焦点を当てていたのかな?
 
 掲載サイト 「ヤングアニマル Densi」
 http://www.younganimal-densi.com/ttop?id=4

 歴史物語で好きなのは武将ものもいいけど、やはり知略を尽くす軍師ものですな。
 「三国志演技」の孔明、周瑜の騙し合いから、「封神演義」の壮大な謀(はかりごと)まで、”敵を騙すにはまず味方から”的な話が好きです。

   軍師官兵衛伝1 軍師官兵衛伝2


 

関連記事

第985回 宿命の宝冠

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

宵野ゆめ グイン・サーガ外伝25「宿命の宝冠」 THE CROWN OF CHAOS

            宿命の宝冠
   
 これが宵野ゆめさんの処女作ということですか。読む順番が逆になったな。
 正伝134巻で登場した沿海州レンティアの第一王女アウロラ。
 時代は正伝34巻「愛の嵐」の頃。旧モンゴール領に戦旗が上がり、ユラニアはケイロニアと和平交渉中。クムは対モンゴールと戦火を交えていた。

 レンティアの港に向かう船の中で、パロから来た遊学生タム・エンゾは太陽神ルアーのような美しさを持つ人物と関わりを持った。港に到着するやいなや、夜盗に全財産と大切なメダルを奪われ、悲嘆に暮れて身投げを図ろうとした彼を救ったのもその人物・アウロラだった。

 設定忘れたけどゾルード(死を司る女神)とティア(災厄の女神)は運命神ヤーンの娘だったのか。調べたら三姉妹なのね。憎悪と不和と死と嫉妬と陰謀の三姉妹。もうひとりはエリス(不和、不信、疑惑の女神)。

 謎の事情で祖国レンティアを勘当同然で去ったアウロラは、グインという豹頭の戦士がいると聞いてケイロニアに向かい、そこで三年を過ごした。
 だが「まじない小路」の《世捨て人》ルカの予言で、母である女王ヨオ・イロナが死の床にあるのを知り、急ぎ戻ってきたのだ。
 ヨオ・イロナ・レンティアーナの四人の子。それぞれ父親の違う兄妹たち。
 パロ王族の血を引く皇太子の第一王子イーゴ・ネアン。実務家の摂政であった二人目の夫の子、第二王子イロン・バウム。クム人の三人目の夫との子、第二王女ティエラ。そして自分の父を知らない第一王女アウロラ・イラナ。
 《世捨て人》ルカに出会ったアウロラは末の妹であり、白子(アルピノ)で病弱なのに智力に優れたティエラから魔導の力を感じる。
 アウロラが出奔していた三年の間に、王宮の重鎮たちが次々と他界していた。
 そして新王の戴冠の儀式には《レントの宝冠》を懐くため《ドライドンの王笏》と《ニンフの指輪》が必要なのだが、ヨオ・イロナが戴冠した時に《ニンフの指輪》を紛失してしまっていた。
 ここでパロ王室学問所の優等生タム・エンゾ学士が引っ張り出される。王室大図書館の古代文字で書かれた「儀式大全」から対処法を紐解かねばならない。だが、この時期に前・図書館司書が亡くなっていたのは偶然なのだろうか。

 三年前、アウロラは王家の者としての禁忌を破り出奔した。激情に駆られると《狂戦士》と化す彼女の犯した罪とは。
 沿海州に名だたる女王の死と、その後継者争いに纏わる陰謀。その中でアウロラは己れの出自を知る。


 というわけで、ここから正伝134巻に続くのですな。
 いやはや、ライゴールのアンダヌス議長がこんな好漢に見えるとは(笑)
 買ったときに読んでおくんだった。いや、この前に買った外伝24をまだ読んでいないのだが、あちらは正伝に続きそうもないので、もうちょっと買い置きの山の肥やしになってもらおう。

関連記事

第984回 バーニアタンブラー チタニウム

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

Gundamバーニアタンブラー チタニウム

  1000094114_1.jpg

 昨日届いたプレミアムバンダイのお知らせ。
 「機動戦士ガンダム35周年記念特別企画」である。
 あらゆる金属の中で人体に最も無害なチタンTP270で加工したというタンブラー。
 (外径79mm×高さ86mm 容量約180mℓ)。
 ガンダムのランドセルのバーニアを模したという形状である。
 お値段は7,800円なり。(買う人いるのか?)
  1000094114_8.jpg

 新潟県燕市の工場で作られた品質保証のロゴマークが刻印されている。
  1000094114_4.jpg

 なんでも商品化するんだな・・・

関連記事

第983回 スーパーシルフ 雪風(5)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

EXモデル 「戦闘妖精雪風」スーパーシルフ雪風 Ver.1.5
    SUPER SYLPH

 デカール貼りに入ったところで、どうもイマイチな感じに気づく。
 やはり辺縁部は塗装したほうがいいようだ。
 
 デカール時
 SS05001.jpg
 SS05005.jpg

 塗装時
 SS05001-2.jpg
 SS05005-2.jpg

 ついでに上面の色か濃すぎてデカールやスミ入れが目立たないので、塗りなおすことにする。
 上下分離するのに一苦労。
 下面とはちょっと違うミディアムシーグレイにして、前回、見送ったカウンターシェイド迷彩を行ってみる。
 SS05002.jpg
 SS05003.jpg

 いくらか重要な部分のデカールを貼ってしまっていたので、デカールだけ注文した。そのため間があいてしまった。
 デカールだけで600円(送料200円)で注文できる。
 (部品注文カードが組立図に付いている)

関連記事

第982回 堀田

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山本直樹 「堀田」全4巻

 先日の沙村広明さんの「ブラッドハーレーの馬車」、「春風のスネグラチカ」を出しているF・COMICS(太田出版)の後ろの広告に「堀田」4巻の絵が。
 あれ?「堀田」は持っているが、いつの間に4巻まで!
 かなり昔からこの作者さんのものは買っているが、最近、ご無沙汰だったなぁと思い2~4巻を注文しようとしたら3巻が手に入らない。
 なんと東京都から有害図書指定されたようだ(笑) しまった、買っておくんだった・・・
 まあ、電子書籍で購入できたからいいか。仕方あるまい。


 謎の少女が住む「お城世界」。現実の仕事場。過去の世界。
 主人公の堀田春男と堀田の兄はトポロジカルな世界を往復する。
 あらゆる可能性の世界は本当に実在していて干渉可能なのか?
 過去に起こった事象は本当に実在したのか?
 
 作者が量子力学やら宇宙ひも理論やらブルーバックス本やら息子から借りたライトノベルやらの影響を考慮しつつ描かれた作品である。

         堀田4

 山本直樹さんの著書は調べたらまだ買い逃しているものが多いな~、集めなきゃ。

 ヒッターの蔵書リストにあるのは
 山本直樹 名義
 ・堀田 全4巻
 ・あさってDANCE 全7巻 (1991年、2001年 映画化)
 ・ありがとう 全4巻 (1996年 映画化)
 ・極めてかもしだ 全6巻
 ・山本直樹短編集 フラグメンツⅠ~Ⅳ
 ・僕らはみんな生きている 全4巻 (1993年 映画化)
 ・安住の地 全2巻
 ・ビリーバーズ 全2巻
 ・はっぱ64 全3巻
 ・BLUE(1994年「BLUE ある女子校生たちの物語」映画化)
 ・YOUNG&FINE (1995年「YOUNG&FINE ある女子高生の過激な学園生活 」映画化)
 ・お家につくまでが遠足です   ・こけティッシュ  ・フレイクス   ・まかせなさいっ! 
 ・夢で逢いましょう   
 ・君といつまでも(1995年 映画化)
 ・テレビばかり見てると馬鹿になる (2007年 映画化)

関連記事

第981回 境界線上のホライゾン ガールズトーク

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂」
  Horizon on the Middle of Nowhere Girls Talk

           狼と魂

 ミト子さん、あなたの朝食は主食が豚で、主菜が牛で、野菜がラム肉で鶏が飲み物なんですか!
 そしてハンバーグがデザートなんですか!!
 昨夜は肉を食いすぎて調子悪いので、迎え肉ですか?

 今回は銀狼さんの回想をベースに、あれこれ外道どもの記憶を付け足していく番外編。

 奥州諸家から空域型定着霊の祓禊(みそぎ)を依頼された「武蔵」勢。数年おきにやっていた作業だが、今年は通常よりも早く大規模になって数百隻の霊体船団が吹き溜まっている。
 《副会長》本多・正純は祓禊の指揮をとるのは初めてだが、祓禊の主役はトーリとネイト・ミトツダイラらしい。夜中までかかった祓禊の打ち上げの席で、正純に三年前の遠江での祓禊(大部分非公式)の実態が外道どもから語られる。 

 三年梅組の外道どもがまだ中等部三年に上がったばかりの頃。聖譜的には「P.A.Oda」が「今川」を破り、「明」で政変がおこり、「三征西班牙(トレス・イスパニア)」が新大陸開拓に乗り出す時代。
 三河東の遠江に来た「武蔵」を襲う幽霊船団。結界を張ってあるはずの浅間神社の裏手に現れた亡霊たち。
 ネイトと同様に欧州は「三征葡萄牙(トレス・ポルトガル)」から極東の襲名者として派遣された朝比奈・元智。「今川」本隊に先行攻撃をかけた熱田神宮大宮司、千秋・四郎。
 「桶狭間の戦い」に纏わる因縁がネイトを通して解明された。


 今回は薄かった。いや、これが普通の文庫サイズの厚さだろう(笑)
 それでも369ページである。
 夏休み編は「本能寺の変」に突入のようだから「P.A.Oda」の時代は終焉になるのだろう。楽しみにしております。

   ookami_to_tamashii.jpg

関連記事

第980回 パーフェクトフレンド

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

野崎まど 「パーフェクトフレンド」Perfect Friend

 小学4年生に進級した新学期が始まる。
 ちょっと大人びた理桜(りざくら)ちゃんと3年間、同級だったややや(親に想像力がなかったらしい)ちゃんと柊子(ひいらぎこ)ちゃん。
 担任の千里子(ちりこ)先生(20代後半。独身)にある用事を頼まれました。3年生の3学期に転校してきて、今年から同じクラスになるというさなかちゃんは不登校児でした。前の学校でも不登校だったらしい。
 3年連続クラス委員で今年もそうなりそうな理桜ちゃんは、先生に頼み込まれてさなかちゃんの家に行ってみることになります。

 「血を見るより明らか」という表現を初めて知りました(笑)
 義務教育とは子供が学校に行く義務があるのではなく、親が子供を学校に行かせる義務なのですよ?
 さなかちゃんのプロフィールの備考欄に書かれていた文字。「数学者」とは?
 
 さて、さなかちゃんの住む井の頭の新築高層マンションに向かった理桜ちゃんたち。適当にプリントを渡して帰る予定だった理桜ちゃんは、予定外の精神攻撃を受けて心にダメージを負い、手負いの獣となってプライドをかなぐり捨てるが、超高度な小学4年生とは思えない心理戦に結局敗北する。
 なんとさなかちゃんは9歳にしてすでにイギリスの大学を卒業してしまった、応用数学研究所の外部研究員だったのです。

 頭の良さでは敵わないと見た今年もクラス委員(になるだろう)理桜ちゃんはこう言います。
 学校とは勉強だけする場所ではない。友達を作って社会生活を学ぶところなのだ。だから登校しなさい、と。
 しかし優等生の理桜ちゃんにとって、最も友達になりたくないタイプがさなかちゃんでした。

 犬の名前が「サーモン」ですか? ははあ、カナダ生まれですか。
 「大日本大国語大辞典」って松本零士:監修ですか?
 お父さんはサラリーマンで、お母さんは人妻ですか? それ、職業じゃねえだろう! 女子小学生が淫猥な話をするな!!

 さなかちゃんが登校を初めてから3ヶ月。多大な迷惑を被ったクラス委員の理桜ちゃんはさなかちゃんに”友達”というものが理解できたかと尋ねる。
 さなかちゃんはこの3ヶ月の観察の結果、”友達”とは非論理的で反利害的で超経済的なものだと理解したと言う。そして、なぜ人には”友達”が必要なのか。《友達の作り方》の”解”を得たと。
 
 大勢の人間の行動シミュレーションをした場合、最も効率的な社会システム。全体として動くよりもバラバラに動くよりも効率的なのは、3~7人のグループ単位で行動することだった。
 そこには個人の気持ちという利己的なものは存在せず、自分の不利益になる行動、自分の危険を顧みない行動を取る場合もある。自分がいなくなっても所属する人間関係が残ればいい。
 これが”友達”システムだと言う。
 ここから導き出された《友達定数(=3.323018)》と《友達方程式》。一般式ではなく学校という条件下の特殊解だという《特殊友達理論》。
 この理論からシミュレートされた四年一組の人間関係と未来(友達予報)は?

 まあ、ここまでが物語の3分の2くらいですね。
 アイザック・アシモフの「ファウンデーション」シリーズで登場する《心理歴史学》が一般式というところでしょか。 
 このあと、悲しい運命が彼女たちを待ち受けています。ヒッターはマジで泣いてしまいました。
 《心理歴史学》に大きな落とし穴があったように、《友達理論》にも決定的な見落としがありました。
 ここから先は魔法使い(どうてい)の登場です。(やややちゃん、おとうさんに”どうてい”の事を聞いてはダメですよ)

 
 予定の冊数+2冊を読んだので、次はいよいよ「本命」に取り掛かろう。
 本書でピースが一つ繋がったようです。

                パーフェクトフレンド

関連記事

第979回 荒野に獣 慟哭す(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

伊藤勢 (著, イラスト), 夢枕獏 (原著)「【コミック版】荒野に獣 慟哭す」

             荒野に獣 慟哭す5
 小説版の最終巻を読む。10年以上前に読んだ本で、ほとんど内容を忘れていたので新鮮な感動を味わえた。
 これはこれでよし。本題は伊藤勢さんのコミック版の方である。昨日、4巻を読み終えた。

 かつて月刊誌に連載されていたときは読んでいなかったし、コミックスも買っていなかったので初見である。試しに1巻を買って読んだらすげー面白かったので続けて買ってくる。
 原作をベースにしているのだが、ほぼオリジナルに近い進行である。絵が上手い。ギャグセンスが光る。登場人物が魅力的だ。
 原作の獣化兵は独覚兵に変更されている。これ、もともと「強殖装甲ガイバー」に登場する獣化兵という単語があり、そちらを考慮したためとのこと。
 実は夢枕獏さんも「ガイバー」を読んでおり、獣化兵という単語は知っていたが小説では無意識に使ってしまったらしい。今でも小説版は変更されていない。

 12人の独覚兵のデザインがいいな。寅の迷企羅、申の摩虎羅は女性に変更されていてセクシーである。夢枕獏、伊藤勢本人のキャラクターも登場。何よりも薬師丸法山の存在感が原作よりもある。
 雑誌連載は掲載誌「マガジンZ」休刊でコミックス9冊で終了したものを、3冊ずつ合本にしたものが今回のコミック版1~3巻に収められた。
 4、5巻はその続編としてWeb上で発表されたものをまとめたもの。
 まだ5巻が発売されていないが年内には読めるだろう。原作の最後とどう変わっているか楽しみである。

              コミック版 4
 

関連記事

第978回 サイタXサイタ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

森博嗣 Xシリーズ⑤「サイタXサイタ」Explosive

 SYアート&リサーチに舞い込んだ奇妙な依頼。依頼自体はただの素行調査なのだが、依頼人は直接会うことを拒否し、本名も住所も明かさずに匿名のままメールでやりとりをしたいと希望している。
 所長の椙田泰男の許可を得た小川玲子と真鍋瞬市はとりあえず予備調査に入る。さらに真鍋がうっかりこぼした「張り込み」という言葉に永田絵理子が食いついてきた。
 この頃、都内では謎の爆発事件が頻発していた。<チューリップ>と名乗る犯人からのメッセージ、「サイタサイタ」、「キレイニサイタ」は何を目的としているのか。
 過去の事件からの関連が同業の探偵・鷹知裕一郎も巻き込み重大事件へと発展していく。
 不可解な連続殺人事件と、謎の依頼料を振り込む依頼人。
 爆弾事件と関係者が交錯しているのに、何故か関連性がしっくりと噛み合わない。

 いや~、意外な展開でヒッターはビックリしました。
 森ミステリィは時々こういう事をするので面白い。やはりミステリィは「発端の不可思議性」「中途のサスペンス」「結末の意外性」ですな。

 作中で鷹知と真鍋が推理小説について語るシーンがある。
 ヒッターはどうやら小川&永田タイプのようだ。登場人物を全員疑うタイプである。
 よってページをめくる手が進まず、状況が進むごとに推理しようとする。尚且つメモを取るので読むのが遅くなる。
 いや、お金出して買った本なのだからじっくり楽しまないとね。(笑)

 Xシリーズは全6作予定だから、次巻で終わるはずだがどうなるのだろう。一旦分離したGシリーズに戻っていくのかな?

                  Explosive.jpg

関連記事

第977回 タイタニア(1)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

田中芳樹 「タイタニア1 疾風篇」 Tytania vol.1

 「アルスラーン戦記」のアニメ化で思い出したが、1年以上前に買った「タイタニア4 烈風編」
をまだ読んでいない。
 一度、読み始めたのだが前の話はどんなんだっけ? 1巻を読んだのは1988年だぞ! と話が見えなくなっていたので1~3の合本を購入したのだが、なにせ3冊分なので手をつけるのをこまねいていた。
 そろそろ読み始めるかと、まず第1部「疾風篇」をまとめよう。

 人類文明が宇宙に進出し、各地に植民していった時代から数世紀。人類社会の本拠は地球から他の天体へ移っていった。
 西暦2530年、爆発的に増え、整理淘汰された300以上の星間都市の一部が《星間都市連盟》を創り、西暦(BC)から星歴(SY)に移行する。
 200年以上にわたって《星間都市連盟》は拡大発展していったが、人類は1枚岩ではなく、敵対勢力として《ヴァルダナ帝国》という勢力が存在した。
 戦力的には7対3で《連盟(リーグ》が優勢であったが、星歴228年、破局が訪れる。
 タイタニアという有力な一族が《連盟》を離脱し、すべての資産と宇宙船団を持って《ヴァルダナ帝国》に寝返ったのである。この事件によって社会的、政治的、経済的、軍事的なバランスが崩れ、《連盟》の力は半減し、《帝国》の力は倍加したと言われる。
 この功績によってタイタニア一族は帝国貴族に列せられるが、領地を持つのを固辞して「無地藩王(ランドレス・クランナー)」の称号を得る。ときの一族の長ネヴィル・タイタニアは言った。
 「自分たちは皇帝の臣下にあらず、対等の同盟者である。タイタニアなくして帝国なし」と。
 その不遜さは多くの敵を作ったが、《帝国》内には彼らに抗すべき実力を持った者はいなかった。皇帝さえもタイタニアを恐れたのである。
 一方、《連盟》も黙ってはいなかった。総力を挙げて《帝国》との戦端を開くが、それは「我々が戦うのは《帝国》ではなく、タイタニアである」との宣言で、タイタニアの孤立を図ったものである。
 《帝国》としてはタイタニアと《連盟》が共倒れになれば願ってもなかったが、ネヴィル・タイタニアは数にして2倍の《連盟》に完勝してしまう。
 こうして人類の歴史の中で《連盟》の時代は終わり、タイタニアの覇権時代が始まる。
 力によって自分たちの権利と利益を守るタイタニアたちは、彼らに反する者を徹底的に排除した。そして初代ネヴィルの息子ヌーリィの時代は殺戮の時代だった。第二代当主としてタイタニア一族内の不満分子の粛清を始め、死者の数は6万5千人に及んだという。皮肉なことにヌーリィの時代にはタイタニア一族は一般市民に憎まれなかったらしい。
 ヌーリィには5人の息子が有り、それぞれ一家をなして「タイタニアの五家族」としてタイタニアの姓を名乗ることが許され、この中から当主が選ばれる。有能な三代、四代、五代目の当主たちは受け継いだ権勢を強固にしていった。

 だが星歴446年。第八代当主アジェマーン・タイタニアの時代。《連盟》の有力都市エウリアで齟齬が生じた。
 タイタニアの無茶な要求に、形だけの抵抗をするはずだったエウリア市が適当に任命した都市艦隊司令官がタイタニアの艦隊に勝ってしまったのである。

 というところが第1部の開幕部分ですね~、思い出してきました(笑)

 タイタニアとの裏取引が出来上がっていたエウリア市は、タイタニアの怒りを恐れて司令官ファン・ヒューリック(28歳)を追放した。
 「無地藩王」アジェマーン(40歳)、アリアバート(27歳)、ジュスラン(27歳)、ザーリッシュ(26歳)、イドリス(24歳)。タイタニアを名乗る五家族の長が若いのは、この4年でアジェマーン以外が続けざまに代替わりしたからであり、最年少だった「無地藩王」の見えざる手が動いたとも噂される。
 会議にてアリアバート・タイタニアを奇策で破ったファン・ヒューリックの処断が検討されるが?

 逃亡中の”宇宙で最も英雄的な失業者”ファン・ヒューリックはいままで不運な人生を歩んできた。やることが全て裏目にでるが、リラ・フローレンとの出会いがさらなる不運を呼び込む。ザーリッシュの弟アルセス・タイタニアとの対立により、ファン・ヒューリックは完全なる「タイタニアの敵」とされてしまった。

 第2部へ続く

          Tytania.jpg

関連記事

第976回 ガンプラ用メタルバーニア セット

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ガンプラ用メタルバーニア セット

 MG 1/100 RX-93-v2 Hi-vガンダム Ver.Ka用 メタルバーニア セット
 10,000円である。本体が7,560円(税込)。Amazonでは37%引きで4,800円なので2倍以上のお値段。
 マニアなら買うのだろうな。ヒッターは半額なら考えたかも?
 メタルパーツ01 メタルパーツ02 メタルパーツ03
 メタルパーツ04 メタルパーツ05

 これを発売しているJAOPARTSではRE 1/100 MSN-04II ナイチンゲール用 メタルバーニア セットも出している。
 こちらは12,800円円である!
 メタルパーツ07

 もう1社。STARWORKSHOP製でだしているのは
 MG 1/100 MSN-06S シナンジュ用 メタルバーニア セット 8,400円
 メタルパーツ08 メタルパーツ09 メタルパーツ10

 MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Ka用 メタルバーニア セット 7,000円
 メタルパーツ11 メタルパーツ12 メタルパーツ13 メタルパーツ14 

 MG 1/100 MSN-04 サザビーVer.Ka用 メタルバーニア フルセット 9,800円
 メタルパーツ15 メタルパーツ16

 これ、一度型を取ってしまえば、原価はすごく安いのではないか?

関連記事

第975回 アニメ化 アルスラーン戦記

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ 「アルスラーン戦記」

  アルスラーン戦記 アニメ化
 2度目のアニメ化になるが、今回は荒川弘版のようだ。
 コミカライズはまだ原作の2巻あたりではなかったろうか。
 やるなら第1部(全7巻)までやって欲しいが、最近のアニメは中途半端な作り方をするからなあ。
 つーか、原作完結させてよ、田中先生・・・(´;ω;`)

 

関連記事

第974回 修道士ファルコ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

青池保子「修道士ファルコ」既刊4冊

 ひさびさに本屋さんで少女漫画の棚を閲覧していると記憶にある題名が。
 「修道士ファルコ」4巻だと?
 むかし大判の1巻(1992年)と2巻(2001年)を買って、それで終わったと思っていたのに、いつの間に!
 完結した「アルカサル-王城-」のスピンオフだった作品だが、再開して秋田書店から新装版と続編が出たのか。
 とりあえずお揃いの4冊を購入。

 1巻を読み直して、 ああ!ドン・ペドロ王、懐かしいな~。
 時代は14世紀後半。《ファルケハイム・フォン・ナバーラ(ナバーラの鷹)》と異名を取った騎士だったが、故あって修道僧となったドイツ系スペイン人のファルコ。
 イベリア半島のカスティリア王国の修道院に居たが、ドン・ペドロとの縁でドイツのリリエンタール修道院に身を寄せることになる。
 彼にはいくつかの秘密があった。修道僧ならかならず頭頂部の髪の毛を剃る「トンスラ」を行わなければならないのだが、彼の頭頂部には背徳的な形のアザがあったのだ。
 周りの修道僧を惑わすやもしれないアザを隠すため、彼はトンスラを許されない修道僧となった。
 このリリエンタール修道院の面々が面白い人物ばかりだ。
 様々な事件をファルコたちは解決していく。

 新装版1巻にはChapter1~5-Ⅰまで収録と講談社の猫マンガ・アンソロジーに掲載された「笑い猫の肖像」が収録されていてお買い得である。

            修道士ファルコ

関連記事

第973回 宇宙戦艦ヤマト2199 「星巡る方舟」 続報

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

劇場版「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」
                宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

 約1ヶ月後に公開される劇場版。
 物語は第7章24話と25話の間の話となるサイドストーリー。
 イスカンダルからの帰途、未知の機動部隊と遭遇したヤマト。新たなる敵ガトランティスは、地球を救うためのコスモリバースシステムそのものであるヤマトの船体の引き渡しを要求する。
 ガトランティスの最新兵器「火焔直撃砲」による猛攻からかろうじて逃れたヤマトは、何らかの意志により謎の惑星に誘導される。
 その惑星の上陸したヤマトの面々が見たものとは?

 
 ちくしょう! 市内のシアターでは上映しないのか。下田まで行くのめんどくさいんだよな~
 円盤になるまで待つかな?

 

関連記事

第972回 魔界都市ブルース(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

菊地秀行 魔界都市ブルース「「美女祭奇譚」
     マンサーチャー・シリーズ13「鬼郷の章」


 本屋さんで2冊購入。
 魔界都市ブルース・シリーズは大きく二つの系統、秋せつらの副業をメインとした短編集マン・サーチャー・シリーズと長編ものに別れる。
 マン・サーチャー・シリーズは第576回で紹介したので説明はいいか。
 12巻を読んだのは1年前だが、12巻と13巻の間は3年も空いていたのか。

 長編の方。今作は《魔界都市・新宿》で開催される美女コンテストのお話。
 審査員は秋せつらとドクター・メフィスト。優勝者には二人からキスが送られるという。
 梶原区長さん、商売がうまいですな。外谷良子さんもご出場ですか?
 当然ながら優勝を目指した有象無象の魔戦が始まる。

 メフィストさん、せんべいをぼりぼり食べながらお茶をすするのはいいけど、先客に出したティーパックの使い古しを出されて美味しいですか?
 せつらくんはメフィストさんをからかうのが趣味らしい。

 美女祭奇譚 魔界都市ブルース13

 既刊
 ・魔王伝 全3巻
 ・双貌鬼 全1巻
 ・夜叉姫伝 全8巻
 ・鬼去来 全3巻
 ・死人機士団 全4巻
 ・緋の天使 全1巻
 ・ブルー・マスク 全2巻
 ・〈魔震〉戦線 全2巻
 ・シャドー "X" 全1巻
 ・魔剣街 全1巻
 ・紅秘宝団 全2巻
 ・青春鬼 全1巻
 ・青春鬼 魔人同盟 全2巻
 ・闇の恋歌 全1巻
 ・青春鬼 夏の羅刹 全1巻
 ・妖婚宮 全1巻。
 ・〈魔法街〉戦譜 全1巻
 ・狂絵師サガン 全1巻

関連記事

第971回 蔵書管理2014年10月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2014.10

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。10月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2014年10月31日で 21,583冊(先月増+26冊)となった。
 先月と同じペースだ。
 やはりプラモとゲームは読書の大敵だが仕方あるまい。

 内訳は
 小説  6,804冊
 コミックス 14,340冊
 エッセイ、NF他 439冊 である。

・11月の予定

 予定していたものが読めなかったので挑戦。
 「ソロモンの偽証」に手をつけない間に全巻揃ってしまった。
 ローダンも480巻まで進めたい。

----------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第15回

 マイクル・P・キュービー=マクダウエル 宇宙三部作

 1.アースライズ  Emprise
 アースライズ (上)アースライズ (下)

  1980年代中頃、核戦争防止の目的で開発されていた〈核の毛布〉。核反応を永遠に停止させる装置の発動は人類に苛酷なエネルギー危機をもたらした。
 全世界が疲弊し、文明は中世にまで退行し、人々が科学よりも糧を求めた結果、科学者たちは社会から追放された。
 暗黒時代が1世紀も続いたが、そんな時代にも星空に耳を傾けることを忘れない一人の天文学者がいた。そしてある日、彼ができあいの個人天文台で受信した天空からの信号。それは地球からの放送電波を受信した異星人からのメッセージだった。
 ふたたび科学技術を復興させ、地球に向かってくる異星人を迎えようとする機運が高まる。
 人類は極秘裡に全地球的組織〈パンゲア・コンソーシアム〉を組織し、地球軌道上でまったく新しい駆動システム《AVLOドライヴ》を搭載したコンタクト用宇宙船〈地球の誇り〉を建造する。
 刻々と近づいてくる異星人とのファースト・コンタクト。
 だが異星人の驚くべき正体とは? 

 2.エニグマ Enigma
 エニグマ (上)エニグマ (下)

 異星人宇宙船〈ジアドゥール〉は地球に向かい、人類の恒星間航行宇宙船〈地球の誇り〉は異星人の母星ジョウルナに向かった。
 それから数百年後。秘密組織〈パンゲア・コンソーシアム〉は〈世界評議会〉となり、地球はいま空前の規模で星々に船を送り、異星探査計画を推進していた。
 統一宇宙機構(USS)の調査員たちは超光速宇宙船で百数十年に及ぶ調査を行っていた。相対論効果で恒星間航行をしている間に地球との時間差が開いていく。帰ってきても身よりも知り合いもいなくなっているのだ。
 それでも彼らは星々の間を駆け巡った。だが行く先々で発見されるのはすべて人類と寸分たがわぬ種族ばかり。しかも皆、地球人を“祖先”と呼んだのだ。
 太古の銀河に一体何があったのか?
 宇宙に魅入られた青年、メリット・ザッカリーは人類以外の知的生命体を探し求める。これまで発見されたコロニーには、奇妙な共通点があった。ただひとつ、地球人類が初めてコンタクトした惑星ジョウルナを例外として、いずれも宇宙旅行技術を発達させていない。
 長期探査計画に身を投じたコンタクト技術者ザッカリーは、かすかな糸をたどるうちにひとつの仮説にゆきつく。

 3.トライアッド Empery
 トライアッド (上)トライアッド (下)

 前作より150年後。人類の生活圏は半径五十光年に広がったが、そこで拡張は止まってしまった。ザッカリーが予想したように、大熊座の方角には人類の仇敵〈ミザリ〉存在していたのだ。
 6万年前に地球人類を絶滅の危機に陥れた、恐るべき異種族〈ミザリ〉。
 奴らは今も銀河の一角で、人類種と遭遇するや抹殺せんと待ち構えている。ならば人類は宇宙の片隅でなりを潜めているしかないのか。宇宙機構防衛省長官はこの未だ見ぬ敵を前に、先制攻撃こそがわれわれの唯一の選択であると主張し、究極の戦闘艦隊〈トライアッド〉の建造を提案する。
 そして、惑星一個を楽に粉砕してしまう恐るべき最終兵器を搭載した戦闘鑑隊が、まさに完成されんとしていた。だがこの艦隊が人類にもたらすものは、疑いなく繁栄の道だと言えるのか。艦隊の起動を目前に、委員会の主戦派、反戦派は各々の信じる道を選んで動きはじめ、二重三重の策謀が張り巡らされる。
 そしで刻一刻と近づく〈ミザリ〉攻撃のとき。


 シリーズ名がはっきりしないので、ヒッターの蔵書リストには《宇宙三部作》と記入してある。時間があれば、もう一度読み直したいところだ。結末をよく覚えていないが、痛快だったという思い出があるな。

関連記事