まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第909回 蔵書管理2014年8月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2014.08

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。8月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2014年8月31日で 21,531冊(先月増+23冊)となった。
 やはり8月はいつも読書が進まない。エアコンが欲しい。

 内訳は
 小説  6,785冊
 コミックス 14,307冊
 エッセイ、NF他 439冊 である。

 ・9月の予定
 8月に買い込んだ小説が12冊で読んだのが4冊。
 あとは買い置きの山の消化ということで溜まる一方だ。
 やはり山を崩していくしかあるまい。

 夢枕獏、ペリー・ローダン、小川一水などから手をつけるべきか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 昔読んだ本ネタ 第13回

 リン・カーター 《レムリアン・サーガ》 Lin Carter :Thongor

 前回に引き続いてヒロイック・ファンタジー。
 大西洋にあったというアトランティス大陸。太平洋上にあったというムー大陸と並ぶ謎の大陸。
 インド洋に存在したと言われるレムリア大陸が舞台の《レムリアン・サーガ》である。
 continent_03_pop.jpg

 50万年前、レムリア大陸に発生した人類文明。しかし、そこには人類と敵対する邪悪な竜族もいた。
 神々の力を借りた1千年に渡る戦いの末、人類は勝利するが、人類の中にも邪悪な神を信奉する者が現れる。
 神々に選ばれた蛮族の剣士ゾンガーは、数々の冒険を経てレムリア大陸の覇者への道を進む。

 全6巻(ハヤカワ文庫)
 1.ゾンガーと魔道師の王 Thongor and the Wizard of Lemuria
 2.ゾンガーと竜の都 Thongor and the Dragon City
 3.邪神と戦うゾンガー Thongor Against the Gods
 4.ゾンガーと魔道師の都 Thongor in the City of Magicians
 5.時の果てに立つゾンガー Thongor at the End of Time
 6.海賊と戦うゾンガー Thongor fights the Pirates of Tarakus

 ゾンガーと魔道師の王 ゾンガーと竜の都 邪神と戦うゾンガー
 ゾンガーと魔道師の都 時の果てに立つゾンガー 海賊と戦うゾンガー

関連記事
スポンサーサイト

第908回 シャア専用ザクⅡ(7)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0

 背部ジェネレーターとスラスターを作って取り付け。
 フレーム部が出来上がったので組み立ててみる。

 前面
 ザクⅡ 仮組み1

 背面
 ザクⅡ 仮組み2

 片足立ちしてもバランスが取れる。
 ザクⅡ 仮組み3

 動力パイプ挿入口にもデカールがついている。
 芸が細かいなと思ってやっていたら、切り出しに手間取ってえらい時間がかかったので今日はここまで。 
 ザクⅡ 仮組み4

関連記事

第907回 彷徨える艦隊 外伝2

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ジャック・キャンベル 「彷徨える艦隊 外伝2 星々を守る盾」
              The Lost Stars:Perilous Shield


          彷徨える艦隊 外伝 2 星々を守る盾

 正伝9巻の時系列でミッドウェイ星系では何が起こっていたのか?
 謎の種族の再度の侵攻。惑星連合(シンディック)艦隊のハイパーネット封鎖。
 イケニ大統領とドレイコン将軍には艤装の済んでいない戦艦が1隻とわずかな巡航艦しか残されていない。
 だが、そこにブラック・ジャックの星系同盟(アライアンス)艦隊まで到着した。

 前半までは正伝9巻で語られたお話の、ミッドウェイ星系側の対応。
 面白いのはイケニもドレイコンも、ジョン・ギアリー元帥を狡猾な政治センスを持っていると誤解していること。
 シンディックとアライアンスの百年以上にわたる戦争は、まだ互いに信頼関係を築けないくらい深い不信を残している。
 だが、シンディックから独立したミッドウェイ星系首脳部は、この段階を上手く生き延びねばならない。 

 アライアンス艦隊の置き土産。連絡係としてプラダモント大佐がミッドウェイ星系に駐留することになる。
 ”白い魔女”、”カマキリ”というコードネームを持つプラダモントの提案した、シンディック予備艦隊の捕虜救出作戦。
 目標はアライアンスの領域にあるヴァランダル星系の捕虜収容所。
 だが数少ないミッドウェイ艦隊の半数が救出作戦に向かうと同時に、手薄となった隙をついて他星系からの侵攻が始まる。

 この辺はアイザック・アシモフの「ファウンデーション」シリーズにおける、銀河帝国の崩壊が始まると同時に辺境区から独立勢力が凌ぎを削る段階に入ったことを示唆していますね。

 後半は難問続出の救出作戦です。
 アライアンスのプラダモント大佐とシンディックのマルフィッサ代将。
 数ヶ月前なら殺し合いをしていただろう、二人の女性士官が酒を飲みながら悪態をついて話し合っている場面が好きだな。そしてラストで意外な二つの事実が!

 すでに外伝3「Imperfect Sword」は奏上されているようだ。
      Imperfect Sword

関連記事

第906回 天使たちの国境

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

作・高見広春 画・大西実生子/小熊陽平 「バトル・ロワイヤル 天使たちの国境」
                    Battle Royale : Angel's Border. Episode 1&2


 1999年、「バトル・ロワイヤル」が刊行され、あの分厚い小説を一晩で読んだことをヒッターは忘れていない。
 読むのを止められなかったのである。朝までかかって読み通した。
 あれくらいパワー溢れる小説を読んだのは久しぶりだった。
 よって映画版は全く評価に値しないものだった。

 この本を買い置きの山から探し出したのは、先日の「ブラック・ジョーク」の田口雅之さんがコミカライズしていたからである。(全15巻)
 映画版よりはコミック版の方が原作寄りで素晴らしかったな。

 本作は帯にあるよう小説版で深く語られなかった、6人の女子が立て篭もる「灯台組」の2つのエピソードを、二人の漫画家さんが描くインサイド・ストーリーです。

 あとがきに高見広春さんの「まだ生きてます」のメッセージが(笑)
 もっと作品を出して欲しい。
  
            天使たちの国境

関連記事

第905回 泡影のバルカローレ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 ソードアート・オンライン プログレッシブ「泡影のバルカローレ」

 アインクラッド第4層攻略「泡影のバルカローレ」の連載が始まっていた。
 夏休み特別企画って、もう終わりかけてから始めるの遅くないか(笑)

  泡影のバルカローレ

 バルカローレって舟歌か。
 第4層では泳げるようになることが必要だそうです。
 浮き輪の実を使って水泳の練習をアスナにさせようと画策するキリトくん。君の目的はいったい何ですか?
 重量を減らすため、アスナの装備を剥がそうとするキリトくん。水濡れエフェクトで重量が増すからと誤魔化すキリトくん。
 一足先にクリムゾンレッドのトランクス一丁になったキリトくんの尻には、眩いゴールドに輝く《牛印》がプリントしてあった!
 なんとこれが第2層セカンドボス、バラン・ザ・ジェネラルトーラスのラスト・アタック・ボーナスだったとは。下着がボーナスドロップで出るなんてすげぇ!
 性能的にも低レベル帯には良い装備じゃないですか。

 さて、初っ端から作者は大サービスですね。
 アスナは水濡れエフェクトで衣服が透けているのに気がつきません。キリトも注意してあげません。

 ベータテスト時とちょっと様相が違う第4層の主街区に到着した二人はどうなる?

 12月発売に間に合うのか?

 北米版は第2巻が発売されたようだ。
   Sword Art Online 2

 

関連記事

第904回 うみねこのなく頃に散 Episode8-5

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

竜騎士07 (著), 夏海 ケイ (画)「うみねこのなく頃に散」
                  Episode8:Twilight of the golden witch (5)

 
 前巻で良い改変をしてくれたEpisode8ですが、5巻に入っても原作とは違うギミックが放り込まれました。
 六軒島の謎の発端となった2本のワインボトルのメッセージ。
 Episode1の元となった「Legend」とEpisode2の元となった「Turn」の2本しか発見されていないはず。

 「尊厳なる観劇と戯曲と傍観の魔女により厳選されし名誉ある図書の都」(略称:図書館)で縁寿が見つけた大魔女フェザリーヌのワインボトルのコレクション。
 その中の1本にあった赤い紙に記された「Conf****」の文字。
 これは原作にないシーンです。

 そして右代宮絵羽の封印された日記、「一なる真実の書」で1986年10月4日から5日の六軒島の真実を知る縁寿。
 それを受け入れられない縁寿は開示された「真実」さえも否定する。

 「右代宮縁寿は1998年に必ず死ぬ」

 Episode4の未来は縁寿の死で終わる。
 それを確定させないための戦人の「魔法」は、縁寿自身の選択により無に帰した。
 名前も目的も魂の記憶さえ失い、バラバラの肉片となった縁寿の亡骸は忘却の海へと捨てられる。


 いつの頃か、雨の降りしきる道路に倒れていた人間を拾い、手当した女性・八城幾子。
 記憶を失い自分の名前も思い出せない拾われ者は、自分の歳が18だということは覚えていた。
 なぜかミステリーに知識があり、批評とプロット作りに才能を見せる。
 十八(とおや)と名付けられた拾われ者と、推理小説を趣味で書いている幾子のコンビが誕生する。
 
 ネットで反響を呼び始めた「六軒島事件」に興味を持った幾子は、ある日、ネットで六軒島の惨劇の資料を漁っていた。
 十八はそのディスプレイに右代宮縁寿の名を見つけ、記憶の洪水に襲われる。
 そして幾子の机には次回作のタイトルが・・・
 
 次の6巻にはオリジナル・エピソード「Confession of the golden witch(黄金の魔女の自白)」を収録だそうです。
 こういう変化をつけてくれるのは楽しみだなあ。
            うみねこのなく頃に散8-5

関連記事

第903回 虐殺器官

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

伊藤計劃 「虐殺器官(新板)」 Project Itoh:GENOCIDAL ORGAN

 早世した伊藤計劃さんの長編第1作。
 ベストSF2007、国内編第1位。ゼロ年代SFベストの第1位の作品。
 第1回月刊PLAYBOYミステリー大賞受賞。
 2010年に文庫化されたが、この度、新版がでた。
 長編第2作「ハーモニー」と共に劇場版アニメ化するようだ。

 

 年代は西暦2020年前後。
 20世紀にフォード大統領が暗殺の放棄宣言した合衆国は、2001年9月11日のテロ行為に対してその方針を転回した。
 陸軍(アーミー)、海軍(ネイヴィー)、空軍(エアフォース)、海兵隊(マリーン)と並ぶ情報軍(インフォメーションズ)の設立。
 その中で暗殺(ウェットワークス)を受け持つ、特殊検索群i分遣隊のクレヴィス・シェパード大尉たちは、最先端技術装備で目標暗殺に向かう。

 ほう、内乱を起こした武装勢力はニッポンから中古のピックアップ・トラックを買ったらしい。
 側面に漢字でフジワラというトーフ・ショップの文字が書いてあるままだ。
 標的A,Bの同時暗殺は、Bが現れなかったため失敗するが、シェパードが聞き出した国防大臣Aの「なぜこうなってしまったのだ」という発言は何を意味するのか?
 
 2年後。世界のありとあらゆる場所で民族紛争と内戦が起こる。
 この2年間で虐殺された非戦闘員の数はマスコミでもフォローしきれない。
 幾度もミッションを行ったクレヴィスの標的には、ある人物の名が何度も浮かび上がる。
 2年前に補足できなかった標的B。ジョン・ポールと名乗るアメリカ人は、この個人認証(ID)システムの整備された世界で、どうやって世界中の紛争地帯へ移動しているのか?
 国家間の戦争ではなく紛争というレベルでは、民間業者がビジネスとして入り込む余地がある。戦地でも人々は生活をしていかなければならない。
 戦略戦術をプレゼンするシンクタンクや、調査・訓練業務。捕虜収容所の建設・警備まで民間に委託する国家不在の狂った世界。
 数万人の虐殺を行った軍部指導者は尋問に「なぜかこうなってしまった」と答える。
 戦争をプロデュースする男、ジョン・ポール。
 シェパードたちに与えられた任務はジョン・ポールの追跡行(トレース)であった。


 「言語」とはヒトに発生した新たな器官(オーガン)である。ヒトはこの器官を特化させ、牙や爪の代わりとして進化する。
 だが、一部の器官だけ肥大していくのは、サーベルタイガーと同じ運命をたどるのではないか?

 主人公は自分の母親を殺したことを語る。
 ここはヒッターには堪えた。同じ状況でヒッターも父親を殺しているからである。
 脳死状態で人工呼吸器に繋がれているだけの肉体を開放してあげるのに同意するのは、死に水を取ると言ってもいいのだろうか。
 機械のスイッチを切った時、自分は父親を殺したことになるのだろうか。
 いまだにあの決断をした時のことを思い出すと、気分が悪くなる。
           虐殺器官〔新版〕

 このまま「ハーモニー」を読もう。

関連記事

第902回 うみねこのなく頃に散 Episode7-7

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

竜騎士07 (著), 水野永多 (画)「うみねこのなく頃に散」
                  Episode7:Requiem of the golden witch (7)


  「碑文の謎」を解き、新しい「黄金の魔女」ベアトリーチェが誕生した。
 1984年11月29日。1129は魔女の誕生した日。
 そして告げられるのは、罪の子として生まれた時に付けられるはずだった本当の右代宮の名前。
 右代宮家の黄金と家督を相続した真なる当主・ベアトリーチェは、その正体を隠したまま1986年の10月を迎える。
 
 異端審問官ウィラード・H・ライトが「真実」と「虚実」を切り裂く剣によって暴く第1から第4のゲーム。
 第1のゲーム
 第1の晩 「薔薇庭園の倉庫の六体の死体」
 主犯による殺害。共犯者は3人いる。
 第2の晩 「本館の絵羽・秀吉の部屋」
 共犯者2人が殺され、さらに複数の共犯者がいる。
 第4、第5の晩 「ボイラー室」
 幻の事件
 第6、7、8の事件 「客間」
 密室幻想。主犯による殺害。
 第9の晩 「玄関ホール」「後日談」
 主犯による殺害。時間切れ。主犯(殺人者)は最初から一人である。

 第2のゲーム。クレル=ベアトリーチェは「赤き真実」の剣を構える。
 第1の晩 「開かずの礼拝堂」
 ベアトリーチェは正体を明かす。共犯者は4名。
 第2の晩 「朱志香の部屋」
 主犯による殺害。
 第4,5,6の晩 「夏妃の部屋」
 主犯による殺害。その後、主犯は自殺。
 第7、第8の晩 「使用人室」
 共犯者による殺害。
 第9、第10の晩 「魔女の宴」
 時間切れ。全員死亡。殺人者は二人である。

 第3のゲーム
 第1の晩 「六重密室」
 主犯による連鎖密室殺人。共犯者がいる。
 第2の晩 「薔薇庭園」
 絵羽による殺人。
 第4、第5、第6の晩 「本館」
 3人の殺し合い。
 第7、第8の晩「ゲストハウス1F ? 薔薇庭園の東屋」
 絵羽による殺人。
 第9、第10の晩 「.魔女幻想、散る」
 時間切れ。生存者1名。

 第4のゲーム
 ここはネタバレ多すぎて書けない(ヒッター)
 第9の晩
 土は土に。幻は幻に。虚実は猫箱に閉ざされる事で真実となる。
 第10の晩
 「私はだぁれ・・・?」
 「幻は幻に。約束された死神は、魔女の意思を問わずに、物語に幕を下ろす」
 (私は《魔女》であると同時に《死神》である。時間切れ。)


 さて、ここまでで魔女幻想(ファンタジー)は探偵によってミステリーの勝利となりました。
 しかし、閉ざされた猫箱。1986年10月4日から5日の「真実」の謎が残されています。
 「奇跡の魔女」ベルンカステルが、右代宮縁寿と右代宮理御に見せる「猫箱」の真実とは?
 Episode7 最終巻を待て!
         うみねこEp7-7

関連記事

第901回 ブラック・ジョーク

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

田口雅之 「ブラック・ジョーク」 BLACK JOKE

 なんか久々にでたような気がする9巻。月刊誌連載だから仕方ないか。

 田口雅之さんの絵は気に入っている。
 あかりちゃんは色っぽくていいですね~

 「人類幼形成熟(ネオテニー)説」は昔からあり、SFのネタにされていたりしますね。
 どうも最近、クローンネタ、臓器移植ネタの本が続くな。
 ハイテク武装集団VS人類最強生物の戦いが楽しみである。

           ブラック・ジョーク9

関連記事

第900回 プランク・ダイヴ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

グレッグ・イーガン 「プランク・ダイヴ」 THE PLANK DINE AND OTHER STORIES

 日本オリジナルのグレッグ・イーガンの短編集。

 ・クリスタルの夜 CRYSTAL NIGHTS
 5センチ角、厚さ5ミリの三次元フォトニック結晶。光学的に構成されたシングルタスクのプロセッサー・ユニット。
 意識を持つ人間レベルにまで進化するAI(人工知能)計画《プロジェクト・サファイア》
 人工環境「サファイア」で敵対する二つの勢力。食糧危機などによる負荷試験により、その能力を高めていく実験体たち。
 交配を繰り返し、新たな形質を世代ごとに得て増えていく者たちを、創造主たる研究者は進化の段階で淘汰される存在をどこまで無慈悲に扱えるのか。

 ボトムアップ型のAIたちが”生”、”死”、”セックス”、”食べ物”、”天気”を話題にして語り合うのを目にした時、創造主はついに実験体ファイトを間引いていくのが嫌になった。
 被創造物が明確な意識を持っているのなら、「サファイア」の外部世界とのコミュニケイトと物理法則を教えなければならない。
 人口抑制と思想警察の導入。人間の時間の数百万倍で稼働している「サファイア」内のファイトたちは、コンピュータを自作し始め、やがて創造主にも理解できない存在と化していく。

 「アリシゼーション」とよく似た設定の短編だが、2007年に二人の作家が同じような物語を描いているのが面白い。
 どちらも元ネタはエドモンド・ハミルトンの古典SF「フェッセンデンの宇宙」のようだ。(読んだことがないな)

 ・エキストラ THE EXTRA
 富裕層の人間が自分のクローンの所持を認められた社会。
 持ち主の臓器交換や若返りのために、最低限の機能を残して先天的脳障害のまま生み出されたクローンには人権はあるのか。
 あらゆる快楽をむさぼった男は、自分の脳を若かった頃の自分の体を持つクローンに移し替えようとする。
 脳機能のマッピングはほとんど完成していると思われたが、実際に脳を移植した男が体験したものとは?

 ・暗黒整数 DARK INTEGERS
 前の短編集「ひとりっ子」収録の数学SF「ルミナス」の続編ということで、それ読んでないやと思いつつ読む。
 「ルミナス」の10年後という設定のようだ。

 宇宙開闢の時の揺らぎから生まれた、この世界と重なり合うが知覚できない別の物理法則に従う世界。
 そこでは異なる数学体系があり、別の生物が存在する。
 ちょっとした思い付きでその世界を探り当ててしまった大学生たちは、その生物とコンタクトを取ったが、あちらの世界はこちらより豊かな生物相と進んだ科学を持っていた。
 「過疎界」とこちらの世界を呼ぶ彼らは最初のコンタクトを攻撃と受け取ったらしい。
 異なる数学体系の強要は物理的な侵略攻撃となる。
 10年後の本作では、新たな数学者がある思い付きを実行した結果、二つの世界の境界を越えて向こうの世界のクラスターを直撃してしまったらしい。
 誤解から始まる物理的破壊力を持った情報のぶつけ合いの結果は?

 もともと理系であるし、SF者歴も長いヒッターであるからニュアンスは理解できるが、この翻訳は失敗ではなかろうか?
 まあ、適切な日本語を創作せねばないだろうが。

 ・グローリー GROLY
  銀河系諸種族は融合世界と呼ばれる落ち着いた文明社会を築きあげた。
 ナノマシン技術による複数のバックアップを各個人が有し、各惑星の生態系に属した肉体に転生して数十、数百の生涯を体験する。
 異星数学者の個体2名は惑星ヌーダーの遺跡に、100万年前滅んだニア人の数学的証明を発掘している現場へ調査に訪れた。
 11の国家に別れたヌーダー人は一触即発の冷戦状態にあり、訪れた異星人の科学技術に興味を持つ。
 《拡張者)としてテリトリーを広げようとするヌーダー人。
 この銀河内で知識を求めて放浪する融合世界の住人は《探究者)として滅びたニア人の道を進むのか。

 グローリーとは後光を指し、転じてブラックホールの降着円盤の輝きを意味する。

 こういう異星人文化物は面白いな。訪れる惑星の生物に完璧に擬態するというアイディアも面白い。
 急に足が3本、腕が6本になったら動かせるのだろうか。

 ・ワンの絨毯 WANG'S CARPETS
 長編「ディアスボラ」を読んだのがだいぶ前なので記憶が定かでない。
 この短編の一部を削って、そのまま組み込んだようだ。

 仮想現実であらゆるシミュレーションができ、肉体を捨てた人る。
 しかし、それに我慢できないい一派は100体の自分のクローンを作り、1000の星系に向かって異生命体を探しに送り出す《ディアスボラ計画》。
 その最初の異星生物の発見は人類に何をもたらすのか?

 読んでいるうちに内容を思い出した。これは長編の途中のエピソードだったな。  

 ・プランク ダイブ THE PLANCK DIVE 
 ディアスボラ計画によって、ブラックホール軌道上を周回しているポリス《カルタン》。
 時間と空間が入れ替わる10のマイナス35乗メートルのプランク・スケール空間では、無限に近い時間で無限の計算を行える。
 5人のクローン・ダイブチームが挑戦 をしようとしたとき、地球のポリス《アテネ》から片道97光年をかけて二人の父娘が転送されてきた。
 人格分離をせず本体をパッケージして移送してきた二人の目的は一体なんなのか?

 これだけブラックホールの時空構造理論をネタにしたものは珍しいハードSF短編だな。                                                                                            <  ・伝搬 INDUCTION  
 西暦2099年の最後の夜。
 新年に切り替わるタイミングで月面の全長10kmのレールガンから、光速の20%で発射されたプローブ《蘭の種子》。
 120年後、20光年離れたプロスペリティ星系へ送り込まれたナノマシン群は、現地の材料でナノマシンロボットを建造した。
 かつて《蘭の種子》を送り出した技術者たちは、脳を細分化スキャンし、データをレーザーパルスに乗せて異惑星のロボットへと転送する。

 この本の作品群の根幹に関わるアイディアですね。
 脳スキャンしたデータは移送もコピーも可能。
 クローン体として分化した個人は、短時間の分離なら意識同調で記憶を共有できるが、長期にわたると別個の人格になっていく。
 これは「アリシゼーション」でネタ振りしたやつだな。
 基本的なSFテーマだからこそ、上手くまとめるのが難しい。

 良い短編集でした。
         プランク・ダイヴ

関連記事

第899回 シャア専用ザクⅡ(6)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0

 左手の作成。
 やっぱり30分ほどかかる。指先が痛い。
 ザクⅡ 両手

 腰部核反応炉。シルバーを吹いてみた。
 ☢マークのデカールをペタペタ。
 腰部 核反応炉

 背面から見る。どうせ装甲で見えなくなるのだが。
 腰部 核反応炉2

 ザクマシンガンの仕上げにデカール。カートリッジは取り外して腰に装着できる。
 ザクマシンガン 04

 レーザー照準器(サイト)の色はどうしようかと考え、蛍光レッドを取り出す。
 いざ塗ろうとしたらうすめ液が全部蒸発している!
 蛍光レッド
 原液のまま塗る(笑)
 ザクマシンガン 03

 ザクバズーカ完成。
 ザクバズーカ 03

 マーキング。
 ザクバズーカ 04

 同じくレーザー照準器に着色。
 ザクバズーカ 05ザクバズーカ 06

 今日はここまで。

関連記事

第898回 モーレツ宇宙海賊

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ 「モーレツ宇宙海賊」

 お盆中に(いまさらながら)全26話視聴した。
 原作は出るたびに買っているのだが、例のごとく読んでいない。
 前から気にしていたのだが「ARIEL 完全版」をまだ読み終わっていないので、その後にと思っていたら、今月12巻が出てしまった。
 早く読まなければならない。

 アニメの方は原作3巻までと、アニメオリジナルで終えたようだ。
 なかなか良い出来である。原作と比べてみたい。

 なんか劇場版もあるようなので、そのうち見る機会があるだろう。
 モーレツ宇宙海賊

 既刊
 1.ミニスカ宇宙海賊 (パイレーツ)
 2.黄金の幽霊船
 3.コスプレ見習海賊
 4.漆黒の難破船
 5.白銀の救難船
 6.真紅の海賊船
 7.蒼白の髑髏星(スカルスター)
 8.紫紺の戦魔女
 9.無法の御免状(ライセンス)
10.二隻の白鳥(オデット)号
11.モーレツ時間海賊
12.モーレツ終戦工作

関連記事

第897回 銀の匙12巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」⑫

 八軒くんたちは2年生に進級。
 馬術部にも新入部員が入ってきた。
 夢を叶えるため着々と準備を進めたいが、何から始めればいいのかわからない。
 手探りで一歩ずつ進むしかないのだ。

 大川先輩には仕事を与えておけばちゃんとやる人ですね~
 山の向こうを見に行くことに決めた駒場くん。
 起業して出資者を募ろうと努力する八軒くんたち。

 そして3年に進級した八軒くん。
 次巻では卒業してしまうのか。アキちゃんは大学に入れるのか?

 豚の放牧飼いはいいですね~。
 ストレスなさそうで、ヒッターもああいう生活に憧れます。(玉は抜かないでください)

 後輩ちゃんの名前がいまだにわからない(笑)
     銀の匙 12

関連記事

第896回 「続・終物語」予告

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新「続・終物語」

 9月19日発売(予定)のファイナルシーズン最終作「続・終物語」(初回出荷限定付録「西尾通信特別号」)
 「終物語(下)」の直後のエピソードとなり、暦が直江津高校を卒業した翌朝から話は始まるらしい。
   end_zoku.jpg

 10月には西尾維新×VOFANの最新小説「掟上今日子の備忘録」が出るという。
 楽しみであるなぁ。
    nt_h4_ad.jpg

関連記事

第895回 花物語

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ『花物語』

 一挙5話放映!
 これでセカンドシーズンも終わりか。
 ファイナルシーズンはやらないだろうな~
 花物語 1-1

 忍野扇くん(♂)登場
 花物語 1-2

 沼地蠟花さん登場
 花物語 1-3

 いや、駿河さん。そんなこと報告しなくていいからw
 花物語 1-4

 いや、暦くん。オイラも混ざりたいのだが・・・
 花物語 1-5

 駿河さん、あんた家ではいつも素っ裸なのか?
 花物語 2-1
 
 貝木さん、ヒゲも似合うじゃないですかw
 花物語 2-2

 暦くん、髪切れよな
 花物語 4-1

 女の子の髪を切るのは3人目か、暦くん。
 花物語 5-1

 多少、ストーリーは省いていましたが3ヶ月待った甲斐はあったな。
 良い出来です。

 やはり、ファイナルシーズンもやらないと悶々とするファンは多いだろうなぁ。


 

関連記事

第894回 星降る草原

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

久美沙織 グイン・サーガ外伝 23「星降る草原」 THE STARRY STEPPE

 買い置きの山を崩す。
 前から買ってあったのだが、なかなか読み出すきっかけを掴めなかった。
 まだ抵抗があるのだろう。

 アルゴスの黒太子スカールの誕生秘話、少年時代、暗殺の危機、リー・ファとの出会いを描く連作。
 スカールさんは本編の方でも活躍しそうだが、あちらは五代ゆうさんに任せておけばいいか。
  
 まあ、シェアード・ワールドと化したグイン・ワールドの質を落とさない出来上がりです。
 久美沙織さんというと、ヒッターは「半熟せりかの探偵ごっこ」シリーズしか持っていないな。
 
 「グインサーガ・ワールド」は2期で終わりなのだろうか?

     星降る草原

関連記事

第893回 ANNA BANANA(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ANNA BANANA(2)

 ANNA BANANA(1)を出したまま忘れていたので、この辺で出さないとな。

 BAMBOULA
 

 SMILE
 

 トパーズのラビット
 

 Kiss Me Goodbye
 

関連記事

第892回 シャア専用ザクⅡ(5)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0

 両手の組立を始めたのだが難航。
 不器用なヒッターの苦手とする細かい部品の組立。
 パーツが小さいくせに、はめ込むのに力が必要で1時間かかって右手が完成・・・
 指先が痛くなって、左手は中止。
 ザク 右手01

 ぐわし!
 ザク 右手022

 代わりにバズーカとマシンガンを組み立てる。
 元のグレーのままでもいいかと思ったが、つや消しブラックを噴いてみた。 
 ザク バズーカ

 保持する指のグリップ力はそこそこ大丈夫なようだ。
 ザク バズーカ 02

関連記事

第891回 貴族グレイランサー

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

菊地秀行 吸血鬼ハンター/アナザー 「貴族グレイランサー」

 買い置きの山を毎日崩しつつある。・・でも減らない。

 吸血鬼ハンターDの時代より五千年前。
 地球は外宇宙生命体(OSB)の侵略を受け、三千年にわたる戦争を続けていた。
 そして貴族の支配に抵抗する人間たちの反乱軍も、少なくない数の貴族を斃していた。

 辺境北部を統べる大貴族グレイランサーの視点から、この時代を語る「吸血鬼ハンターD」の姉妹編シリーズである。
 
 「吸血鬼ハンターD」でも様々な貴族が登場するが、グレイランサーは人間側に組するタイプである。
 しかし、人に情を寄せた貴族には必ず悲壮な結末が訪れる。
 やはり菊地秀行さんの小説では吸血鬼にハッピーエンドは訪れないようだ。

 ちょうどこの2巻で良い終わり方をしたので、主役を変えて別の物語を書いて欲しい。


 既刊
 1.貴族グレイランサー
 2.貴族グレイランサー 英傑の血

         吸血鬼ハンター/アナザー 貴族グレイランサー   吸血鬼ハンター/アナザー 貴族グレイランサー 英傑の血


 

関連記事

第890回 魔境の女王陛下

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

田中芳樹 「魔境の女王陛下 薬師寺涼子の怪奇事件簿」
      魔境の女王陛下

 読まなきゃなあと思いながら積んでおいた作品。
 奥付を見ると2012年6月とあるから、2年ほど熟成させていたようだ。
 調べると、この後のシリーズは出ていないらしい。良いタイミングであろう。

 まあ内容はいつものワガママお嬢様アドベンチャーで楽しく読めたので省く。
 「創竜伝」の小早川奈津子と戦わせてみたいものである。退治できるのであろうか?

 最初に読んだのは講談社文庫の第1作「魔天楼」であった。
 この作品は文庫から新書へ出世した珍作である。
 第2作「東京ナイトメア」が講談社ノベルスから出たので装丁を揃えようとしたのだろうが、次々と出る新作は光文社カッパ・ノベルスだったり、祥伝社ノン・ノベルスだったりするへそ曲がりであった(笑)
 文庫化に際しては講談社文庫に統一されている。

 既刊
 1.魔天楼 (講談社文庫)→(講談社ノベルス)→再文庫化
 2.東京ナイトメア (講談社ノベルス)
 3.巴里・妖都変 (光文社カッパ・ノベルス)
 4.クレオパトラの葬送 (講談社ノベルス)
 5.黒蜘蛛島 (光文社カッパ・ノベルス)
 6、夜光曲 (祥伝社ノン・ノベルス)
 7.霧の訪問者(講談社ノベルス)
 8.水妖日にご用心(祥伝社ノン・ノベルス)
 9.魔境の女王陛下(講談社ノベルス)

 さて、あれも読まねば・・・

関連記事

第889回 ソードアート・オンライン(15)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原 礫 「ソードアート・オンライン15 アリシゼーション・インベーディング」

   ソードアート・オンライン15 アリシゼーション・インベーディング

 ついにアンダーワールド全図が公開されたな。
 もっと人界は中央側にあると思っていたのに。

 第十四章 魂を盗む者(サトライザー) 西暦二〇二六年六月~七月

 Web版第四章+オリジナルの章。
 ガブリエルの設定が良くなっている。
 シノンとサトライザーのアンダーワールドでの決闘の前振りですね。

 第十五章 北の地にて 人界暦三八〇年十月
 
 Web版 転章Ⅱ+第八章アリス編を加筆改稿。
 ここで右目を取り戻すんですか! アリスさん。
 あんた《心意》を使えなかったんじゃ? こりゃうれしい改稿だ。
 (ああ、Web版では黄金の鎧だけ顕現させてるな)

 第十六章 オーシャン・タートル襲撃 西暦二〇二六年七月

 Web版 第八章冒頭のラース襲撃編を改稿。
 あの人(地獄の王子)も登場。だいぶ「フェアリィダンス」と関わり合いが強まっていていい感じ。
 ”コード871”が生きてくるな。

 第十七章 ダークテリトリー 人界暦三八〇年十一月

 Web版 第八章 ダークテリトリー編+開戦前編の加筆改稿。
 うーん、Web版より言葉使いが良くなっているじゃないか暗黒騎士団長!
 拳闘士チャンピオンはイスカーンに名前を変えた。

 ああ、やはりロニエちゃんとティーゼちゃんのあのシーンが来たか。(´д`、)ウウウ

 《無音》のシェータさん、早くも登場。レンリはシンセシス・トゥエニセブンになったか。
 リゼルとフィゼルも参戦。
 整合騎士16名というのはWeb版とほぼ変わらず。
 
 というわけで、開戦編、アスナ降臨は次巻ですね。
 リーファとシノンの突入は次々巻か。
 そしてキリト復活は次々々巻だな(笑) 

 裏表紙。
 ついにシノンとリーファも「MOREDEBAN村」に! (笑)
  MOREDEBAN.jpg
 10月は「アクセルワールド 17」、12月は「プログレッシブ 3」ということは、16巻は来年2月かな?

関連記事

第888回 拷問者の影

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ジーン・ウルフ 新しい太陽の書 1「拷問者の影」
 The Book of the New Sun 1 : The Shadow of the Torturer


 拷問者の影
 
 買い置きの本の山を崩す。
 5作からなる長編の第1作。

 数万年の未来。太陽の光は衰え、寒冷化した地球は「Urth(ウールス)」と呼ばれていた。
 〈完全な記憶を持つ男〉セヴェリアンは、都市ネッソスの拷問者ギルドに所属する拷問者の徒弟だった。
 だが、囚人である高貴人セクラを愛し、自殺させたことでネッソスを追放される羽目になる。
 師匠から名剣《テルミヌス・エスト》を与えられたセヴェリアンは、都市スラックスで警士となるべく旅に出る。

 荒廃したウールスは北部の〈アスキア〉をはじめとする国家群と、南部の〈独裁者〉に統治される〈共和国〉と長い戦争を続けていた。
 本書はセヴェリアンが著した『新しい太陽の書』で語られる物語である。

 スラックスを目指し「剣舞(マタチン)の塔」を出たセヴェリアンは、アギルスとアギアの兄妹に名剣《テルミヌス・エスト》を狙われるトラブルに見舞われるが、途中でドルカスという女を助け、共に旅することになる。
 アギアがセヴェリアンの荷物に隠した盗品の宝石《調停者の鉤爪》を手に、不滅の都市ネッソスの門から外界へ出る。

 なかなか読み応えのある第1部だった。読むのに2日かかった。
 読書メモを全部載せると長くなりすぎたので、新たに短く書き直した。

 セヴェリアンの持つ剣《テルミヌス・エスト(ここより境界線という意味のラテン語)》は、斬首剣(エクスキューショナーズ・ソード)である。
 剣先は真っ平らで突き刺すことはできない。しかし側面は恐るべき切れ味の刃。
 中子の内に走る溝に仕込まれた水銀により、掲げたときは柄側に重心があるが、振った時には剣先側に重心が移動して威力を増す。
  Terminus Est

 世界設定はまだ完全に明かされておらず、人類の衰退の経緯や異星の生命体のことも詳しく解らない。
 ゆっくり読んでいこう。

関連記事

第887回 シャア専用ザクⅡ(4)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0

 足首とつま先の油圧シリンダー部を塗装して組立。
 少し見栄えが良くなったな。どうせ見えなくなるのだが。
 ザクⅡ 足首03

 膝の二重関節部と太ももの油圧シリンダー部、前面カバーを塗装する。
 ザクⅡ 両脚01
 
 正座できるくらい曲がるな。
 ザクⅡ 両脚02

 足首とくっつける。なかなか油圧作動部のギミックが上手く出来ている。
 ザクⅡ 両脚03
 
 早くも二時間たった。・・・って塗装して乾くまでがほとんど。 

関連記事

第886回 本日のお言葉

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原 泉「名言365日の本 本日のお言葉2」(旧「続・本日のお言葉」)
  本日のお言葉 2

 2010年に改題して文庫版が出たのを知らなかったので注文する。
 これを読んでいると飽きないな。
 365の名言至言ことわざを毎日読んでいれば、ヒッターも賢くなるだろうか?

 ・心機一転の一月
  1月1日 人民は優しく手懐けるか、さもなくば抹殺してしまうかだ。なぜなら、軽く傷つけれだ復讐してくるが、重ければそれができないから」 マキャベリ「君主論」

 ・短期決戦の二月
  2月2日 商売はごまかしの学校だ。  ヴォーヴィナグル「省察と箴言」

 ・栄枯盛衰の三月
  3月3日 男のいのちは野心であり、女のいのちは男である。 「マハーバーラタ」

 ・身構えの四月
  4月4日 君子は器ならず 「論語」

 ・弛緩する五月
  5月5日 少年志気を負えば、道を信じて時に従わず -中国の名言

 ・ひと休みの六月
  6月6日 結婚前は目をしっかり開けておき、結婚後は閉じていなければならない。 フランクリン「貧しいリチャードの暦」

 ・折り返しの七月
  7月7日 見初めたが因果 -日本のことわざ

 ・耐え忍ぶ八月 
  8月8日 言わなくてもいいことを黙っていれば、いつも得をする -中国のことわざ

 ・待望の九月
  9月9日 女は男にとって心地よい災いである。 メナンドロス「断片」

 ・ご褒美の十月
  10月10日 人々が友情と名付けたものは、単なる付き合い、利益の折り合い、親切のやりとりに過ぎない。ラ・ロシュフーコー「箴言集」

 ・無常なる十一月
  11月11日 鞭で打たれない者はよく育たない メナンドロス「断片」

 ・忙しそうな十二月
  12月12日 ありがたいときゃ、ありがたい。何もないときゃ、なんともない。 「東洋的な見方」


 3冊目、出してくれんかな。

関連記事

第885回 万能鑑定士Qの謎解き

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

松岡 圭祐「万能鑑定士Qの謎解き」 Solving Mystery by All-Round Appraiser Q

 復帰した凛田莉子は中国で3ヶ月にわたり、贋作製作組織の摘発に協力していた。
 主犯格の逮捕に協力した功績で、日本と中国の間で問題となっている美術品の鑑定を依頼される。

 すべてを見通すかのような天才贋作士コピアの意図とは?

 莉子さんは四人の海賊のひとりとして名前を上げられてしまいました。
 「四皇」ですか(笑)

 詰将棋のように莉子を巻き込んでいく罠。

 「のろまを自覚しているペンギンを、すばしこさに自信のあるシロクマは決して捕まえられない。」
 莉子のロジカル・シンキングの欠点を指摘したコピアによって、新たな視点を得る莉子。

 265Pに「読者への挑戦状」あり。

 本物と偽物がそれぞれあるのではなく、両方とも本物だったら?
                 万能鑑定士Qの謎解き

  やっと出版されているとこまで追いついたが、今月は新刊が出てしまうなあ・・・

関連記事

第884回 こちら葛飾区亀有公園前派出所

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

秋本修 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」191巻
 
      こち亀 191

 今巻からリニューアル増ページ。(これからも?)
 通常、9話収録を+5話で1.5倍に!

 どうも1年分以上、単行本未収録話があるらしい。
 200巻ぐらいまで増ページするのだろうか。

 作品のクォリティが落ちないのはすごいな。
 今回好きな作品は

 ・北海道の旅
 両さんのサバイバビリティは乳幼児の頃からすごかったのか!

 ・秋の修学旅行
 両さんの人情味あふれる部分が出ていて好き!

 ・三人バスの旅
 中川と麗子のギャグ回。中川のおいなりさんに危機が!

 他の話も両津パワーが溢れるものばかり。
 めざせ、200巻!
 

関連記事

第883回 超絶加速バーストリンカー

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原礫 Web小説版「アクセルワールド」

 10月まで新刊が出ないのでさみしい。
 よって、もともとはどういう設定だったのか、過去を振り返ってみよう。

 小説投稿サイト「Arcadia」へ2007年10月~12月に「超絶加速バーストリンカー」というタイトルで発表された作品。
 このタイトルを「アクセルワールド」に改題して第15回電撃小説大賞に応募し、大賞を受賞した。

 内容は「アクセルワールド」1巻と若干異なる。
 黒雪姫先輩1

 ハルユキがいじめられていて、昼休みは完全ダイブでスカッシュゲームでハイスコアをたたき出しているところへ黒雪姫(スノー・ブラック)が現れるあたりは同じ。
 「もっと先へ――《加速》したくはないか、少年」

 そして直リンクで送り込まれてきたのは
 『BB2039.exeを実行しますか? はい / いいえ』
 の文字。
 インストールされた《BRAIN BURST》。

 後は1巻のストーリーと大して差がないので、違う部分を拾っていこう。

 黒雪姫の家に招かれたハルユキは、真っ白い部屋のリフトアップ機構を備えた介護用ベッドに横たわった少年に引合される。
 周囲には用途のわからない大きな機械がいくつも設置され、まるで病室だ。
 黒雪姫の二人いる兄の下の方だという少年は、あきらかにハルユキよりも幼く見える。
 兄ではなく弟ではないのかと疑問に思うハルユキ。

 黒雪姫より2歳年上だという彼は黒雪姫にとって《ブレイン・バースト》の「親」。コピー元だという。
 そして4年前、彼は12歳で時間を止めた。

 4年前、最強の《純色の七王》と言われたレベル9の一人だった少年。
 レベル9同士の闘いによって他の6人を屠った少年はレベル10に達した。
 そのアバターは対戦を観戦していた黒雪姫の前に、まるで天使のように白く輝いていて……、空中に留まったまま見下ろして言った。
 『そうか、そうだったのか。すごいよ、ロータス。僕は、無限だ』……と。
 そして、少年の意識は、この非加速世界から去った。
 現実に戻った黒雪姫の隣でダイブしていた少年は、何時までたっても目を覚まさなかった。

 黒雪姫は《ブレイン・バースト》の事を大人に言う事が出来なかった。
 正式名称《Brain Burst 2039》が世に出てもう七年以上になる。しかし、この恐るべきプログラムの存在を知る《大人》たちはいまだほぼ間違いなく存在しない。
 理由は《適性》の問題。インストールした人間すべてが《加速》できるわけではない。
 新生児の頃からニューロリンカーを装着していたこと、そして異常とも言えるレベルの大脳量子接続活性を持っていること。
 だから理論上は加速適性を持つ人間は、最年長でも十八歳ということになる。
 ニューロリンカーが出回り始めたのが、その頃だからだ。

 黒雪姫が恐れたのは《純色の七王》とそのレギオン(軍団)が定めた《掟》と《報復》。
 『加速できぬ者に加速を語るな』
 それを破ったバーストリンカーは、軍団に集中的に対戦を挑まれ、全ポイントを失い強制アンインストールされるまで徹底的に叩きのめされる。
 そして一夜にして、そのカリスマ性を持ってレギオンを統括していた《純色の七王》を壊滅させた《白の王》と、その「子」であるブラック・ロータスも、リアルアタックも辞さない《報復》の対象となった。

 《帝宮の虐殺(カルネージ・オブ・インペリアル・パレス)》と名付けられた初代の七王が全滅後、後を継いだ2代目の《純色の六王》は2つ目の《掟》を作った。彼ら以外の何者であろうとも、『レベル9になってはいけない』という《掟》を。
 そして六王が保身のための『レベル9禁止令』と引き換えに打ち出したのが『ポイント安定供給システム』。
 加速の《適性》がある少年少女を組織的効率的に探し出し、ブレイン・バーストをインストールさせる。しかし「親」の責務である指導説明は一切せず、それどころか通常のニューロリンカー用新作ゲームのロケテストと偽って即座に十回の対戦を行い、初期ポイントを根こそぎ奪い取る。
 《収獲》された「子」たちにも無限の可能性があったのに、それを知る機会すら与えられぬまま、もう二度と《ブレイン・バースト)をインストールできない。

 この停滞した世界に風穴を開けなければならない。 
 3年間の潜伏を経た黒雪姫/ブラック・ロータスはレベル8。同レベル対戦で20勝分のポイントでレベル9に上がれる。
 すでに17勝したが、ここで邪魔が入った。《紫の王》ことパープル・ソーンの介入でブラック・ロータスが《掟》を破るつもりだ、という情報がネットワークを駆け巡った。
 以来、1年間の雌伏を余儀なくされたが、ここで学内でブラック・ロータスが目を付けられるという緊急事態が生じた。
 黒雪姫がハルユキを仲間に引き入れようとしたのには、ある打算があったのだ。


 後の展開は1巻とまあ同じですね。
 ラストで黒雪姫の生徒手帳に書かれた本名が明かされ、ふたりはくちびる同士のチューをして《完》。

 ラノベ化されるときに大いに設定をいじったようだな。
  黒雪姫先輩2

関連記事

第882回 シャア専用ザクⅡ(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0

 胴体部仮組み。左右どちらのハッチからでもパイロットは搭乗できる。
 ハッチを閉めたあとは、座席がスライドして中央に。
 シャア専用ザク 胴01
 シャア専用ザク 胴02

 胸部装甲ハッチ取付
 ハッチは上下にスライド。
 装甲ハッチ取付

 足首部の仮組み。
 シャア専用ザク 足首仮組
 一度バラして油圧シリンダー部を塗装する。


 ここまで1時間40分。
 暑さでモチベーションが上がらないのでここまで。

関連記事

第881回 電波の城

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

細野不二彦 「電波の城」23巻(完結)

 電波の城 23

 この作品が好きで、毎週立ち読みしていた。
 あの衝撃のラストが忘れらない。
 あれだけ利発な彼女が、なぜあんな自滅する方法を取ったのか?
 時間を掛ければもっと有効な手は打てたはずなのに、自分の正体を知られ、警察のマークがついたために焦ったためか。
 エンディングはアンハッピーエンドになるだろうと予想はしていたが、あまりにも不幸な人生だった。

 天宮詩織嬢にリンドウの花を捧げたいと思います。


 同時発売だった「細野不二彦短編集」はお買い得。
 細野不二彦短編集

関連記事

第880回 風雲児たち 幕末編 第24巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 みなもと太郎「風雲児たち 幕末編」(24)

 風雲児たち 幕末編 24

 表紙は「風雲児たち コスプレ美女コンテスト」第1位のシーボルト・イネさん。
 2位 千葉さな子:北辰一刀流桶町千葉道場主・千葉定吉の二女。北辰一刀流小太刀免許皆伝、長刀師範。学習院女子部舎監。
 3位 愛加那:西郷隆盛の島女房。一男一女をもうけ、ふたりとも西郷本家に引き取られる。
 4位は高須久子:吉田松陰が投獄された牢には一人の囚人女性がいた。松陰が最初で最後の恋をしたという女性。
 5位は堀川紀子:岩倉具視の実妹。孝明天皇暗殺に関与した疑いが。

 幕末編は本巻で折り返しのようだ。
 え~!、作者、死ぬまでに描きあげられるのか?(笑)

 ついに水戸斉昭公がお亡くなりになり、幕府も目の上のこぶが無くなったと喜ぶのは早かった。
 斉昭公が睨みを利かせていた水戸浪士の抑えが外れてしまったのである。

 この時代の小笠原諸島の実態も予想外であった。
 朝鮮半島との間にある対馬も、ものすごい微妙な地勢なのね。
 勉強になります。

関連記事