まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第847回 蔵書管理2014年6月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2014.06

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。6月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2014年6月30日で 21,469冊(先月増+47冊)となった。
 これから暑くなるので、読書量が減りそうだ。

 内訳は
 小説  6,759冊
 コミックス 14,271冊
 エッセイ、NF他 439冊 である。

 ・7月の予定
 
 いつもどおりペリーローダン消化。
 アンソロジー系が溜まりすぎているので読まなきゃ。
 買い置きの山を減らすのが優先だな。

----------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第11回

 ジェラール・ド・ヴィリエ SASシリーズ S.A.S. (série littéraire)
  SAS 49 Naufrage aux Seychelles

 別名プリンス・マルコ シリーズ。オーストリア人の王子にしてCIAエージェント、プリンス・マルコことマルコ・リンゲ(Malko Linge)の冒険を描いたシリーズ。
 1話完結のスパイ小説である。
 イギリス陸軍の特殊空挺部隊「SAS(Special Air Service)」とイギリス王室の「His Royal Highness(HRH、「殿下」の敬称)」のフランス語表記「Son Altesse Sérénissime」を掛けている。
 学生時代に集めたが、なにせお金のない頃だったので21冊しか持っていない。
 今からでも集めたいところであるが、ちと無理っぽい。創元推理文庫から50巻まで出たが、ヒッターが持っているのは1~15巻、45~50巻だけだ。
 また出してくれないかな。
 シリーズは本国フランスで2008年までに174巻まで出版されている。

 主人公マルコ・リンゲは神聖ローマ帝国第18代大公殿下であるが、その居城は老朽化が激しく補修費を捻出するためにCIAの雇われ工作員をしている。
 驚異的な記憶力と語学力を武器に毎回、世界を飛び回り現地の美女としっぽりと事件解決に立ち向かう色男である。
  ジェームズ・ボンドのような特殊装備を使わず、ゴルゴ13をもっと面白くしたストーリーですな。
 (こっちの方が先に始まっている)
 座がしらけた時、「沈黙の天使が通り過ぎた」という表現をするというのはこのシリーズで覚えました。
 50巻目以外はすべてセクシーなお姉さんが表紙でしたな~

 既刊(創元推理文庫版)太字は持っているもの
 1.セーシェル沖暗礁地帯(Naufrage aux Seychelles)
 2.イスタンブール潜水艦消失(SAS à Istanbul)
 3.イランCIA対マルコ(SAS contre C.I.A.) 
 4.ソマリア人質奪回作戦(Mission impossible en Somalie)
 5.ニューヨーク大追跡(Marathon à Spanish Harlem)
 6.日本連合赤軍の挑戦(Les otages de Tokyo)
 7.ヨルダン国王の危機(Massacre à Amman) 
 8.ブルンジ スパイ衛星墜落(SAS broie du noir) 
 9.SAS 怒りのベルファスト(Furie à Belfast) 
10.登小平の密命(Shangaï Express)
11.リオ マンガン鉱争奪戦(Samba pour SAS) 
12.シンガポール華僑の秘密(Le disparu de Singapour)
13.ロンドンスパイ連合作戦(Protection pour Teddy Bear) 
14.クワイ河の黄金(L'or de la rivière Kwaï) 
15.ケネディ秘密文書(Dossier Kennedy) 
 
16.エチオピア皇帝の宝(Le trésor du Négus) 
17.ローデシアの陰謀(Compte à rebours en Rhodésie) 
18.ワルシャワ 同志を売る男(Le printemps de Varsovie)
19.カリブ海ハリケーン作戦(SAS aux Caraïbes)
20.モンテビデオの天使(L'ange de Montevideo) 
21.インディアン狩り(La panthère de Hollywood)
22.伯爵夫人の舞踏会(Le bal de la Comtesse Adler) 
23.カンボジア式ルーレット(Roulette cambodgienne) 
24.バグダッドの黒豹(Les pendus de Bagdad)
25.北極圏の逃亡者(Rendez-vous à Boris Gleb) 
26.アンゴラ独立前夜(Guêpier en Angola) 
27.サイゴンサンライズ作戦(Mission à Saïgon) 
28.寄港地パゴ・パゴ(Escale à Pago Pago)
29.香港三人の未亡人(Les trois veuves de Hong Kong)
30.アメリカ石油封鎖ショック(Embargo) 
31.リスボン KGB秘密計画(Les sorciers du Tage) 
32.バリ島の狂気(Amok à Bali) 
33.ゲバラ万歳(Que viva Guevara) 
34.ザイール レッド・アイ・ミサイル(Panique au Zaïre)
35.ラオス黄金の三角地帯(L'héroïne de Vientiane)
36.ハイチ 黒犬に化けた男(Requiem pour Tontons Macoutes)
37.ニカラグアの十字軍(Croisade à Managua) 
38.ボリビアのナチ狩り(Safari à La Paz)
39.ベイルートの連続殺人(Mort à Beyrouth) 
40.セイロン舎利塔の秘宝(Les parias de Ceylan) 
41.チェックポイント・チャーリー(Berlin : Check-point Charlie) 
42.ハワイ CIA危機一髪(Opération Matador) 
43.ザンジバルのために死す(Mourir pour Zanzibar) 
44.コロンビアの決闘(Duel à Barranquilla) 
45.イスラエル嘆きの壁の女(Le gardien d'Israël)
46.サンチアゴ 冷たい手の男(L'ordre règne à Santiago) 
47.ハンガリー我が祖国(Piège à Budapest) 
48.アブダビ王宮の陰謀(Carnage à Abu Dhabi)
49.マルタを見て死ね(Voir Malte et mourir)
50.エル・サルバドル殺人指令(Terreur à San Salvador) 

  プリンス・マルコ 50

 (立風書房版)
 1.CIA長官の自殺 ( A L'ouest de Jerusalem)
 2.いとしのサブリナ ( Magie noire a New York)
 3.キッシンジャー暗殺 (Kill Henry Kissinger!)
 4.林彪誘拐 ( L'homme de Kabul)
 5.ベガスの殺人会社 (Murder Inc. Las Vegas)
 6.ヒロシマの復讐 (Operation apocalypse) 
 7.シスコの女豹 ( Rendez-vous a San Francisco) 
 8.日本情報部対CIA (Cyclone a l'ONU )
 9.白夜の魔女 ( L'abominable sirene)
10.アテネ殺人事件 (Meurtre a Athenese)

 (扶桑社版)
 ・ビンラディンの剣(サーベル) (Le Sabr de Bin Laden)
 ・中国の秘密を握る男 (Li Sha-Tin doit mourir)
 ・アルカイダの金塊を追え (L'or d'Al-Qaida)

関連記事
スポンサーサイト

第846回 艦隊これくしょん

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

MMD 艦隊これくしょん
 
 艦これMMDにハマっているヒッターです。

 【第12回MMD杯本選】艦隊これくしょん 序章~Overture~
 

 【第12回MMD杯本選】威風堂々【艦娘総出撃】
 

 【第12回MMD杯本選遅刻組】各艦のGirlsを検証してみ
 
 
 【第12回MMD杯本選】艦これヤンマーニ!
 

 【MMD艦これ】『Lamb.』(艦娘10人)【1080p】
 
 
 【MMD艦これ】脳漿炸裂ガール【高速姉妹】
 

 【MMD艦これ】 Girls 【伊8・伊19改変】
 https://www.youtube.com/watch?v=JKeqIRNW7Ao

 【艦これ】ビスマルクの「Lamb.」、見せてあげるわ!【MMD】
 https://www.youtube.com/watch?v=OiTKSEc12P8

 【艦これ】金剛4姉妹でGirls(修正版)【MMD】
 https://www.youtube.com/embed/YBsUCC1ItyM

 【MMD】空母部隊に「Lamb」踊っ・トもらった【艦これ】
 https://www.youtube.com/watch?v=kSbUWcrZnu0

 MMD すげえ。 うう、キリがないのでここまで・・・

関連記事

第845回 シュレディンガーのチョコパフェ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山本弘 「シュレディンガーのチョコパフェ」 Schrödinger's Chocolate Parfait

    シュレディンガーのチョコパフェ
 けっこう作品を出している作家さんだが、ヒッターはずいぶん久しぶりである。
 「ギャラクシー・トリッパー美葉」、「妖魔夜行」以来か。山本弘はエロいという印象が残っている。

 「シュレディンガーのチョコパフェ」
 表題作。初稿から20年ぶりに改稿したもので、80年代の「超時空要塞マクロス」全盛期のネタを2005年の「リリカルなのは」ネタに入れ替えている。
 可愛い子と賢い子のどっちを彼女にするかの問題はさておいて、ウィンクラーの「夢事象理論」、ヒュー・エバレットの「多世界解釈」がメインネタですな。
 魔改造(女の子フィギュアの服を削って裸に改造する)は良い趣味と言えるでしょう。熱意と邪心の賜物です。
 「コータローまかりとおる」はヒッターも全巻持っています! 「ファントム無頼」も全巻あります!
 内規格化と外規格化の「意味論」はなんかで読んだような。
 もし先進波で過去に信号を送れるなら、どのようなパラドックスが発生するのか?
 やはり素っ裸に男物のYシャツとスリッパだけのの彼女は素晴らしい!
 「ウルトラQ」のケムール人がキーワードでしたね。
 PC-9801のブラウン管モニター映る破滅の言葉。先進波はどこまで過去に到達するのか。

 すいません、ヒッターと趣味がかぶり過ぎています・・・

 「奥歯のスイッチを入れろ」
 モチーフは「サイボーグ009」ですが、加速状態の描写がすごい。
 加速時は当然ながら空気抵抗や慣性質量、作用反作用、摩擦力を考慮しなければならない。
 短時間ながら最大秒速300メートルで移動可能な剛性ボディと金属繊維筋肉。400倍に加速された思考力。
 同等の能力を持った加速状態のサイボーグ同士の戦い。
 一方はかつての恋人を守りながら戦い、一方はその脆弱な人間の体を利用しながら有利な戦いを進めていく。

 短編ながら面白い作品でした。平井和正さんの「サイボーグブルース」を彷彿させます。

 「バイオシップ・ハンター」
 人類が宇宙に広がり始め、様々な種族と出会う時代。
 バイオシップと言われる生体宇宙船群に、人類の貨物宇宙船が襲われる事件が頻発する。
 バイオシップを操船できるのは数百万年前に、落ちてきたバイオシップを飼い慣らしたパイロット種族のイ・ムロック族だけだ。
 地球人記者《崖から飛び降りる者(クリフ・ダイバー)》は、嫌疑を晴らしたいと主張するイ・ムロック族に同行する。
 おそらく野生のバイオシップの群れではないかとイ・ムロック族は言うのだが、彼らの歴史にも伝説としてしか伝わっていない。

 判明する事件の全容。不死のウォッチャー種族が人類をアクティベーター(活性化)種族と名づけた真意が問われる。

 バイオシップの描写がいいですね~。「鉄腕バーディ」の生体宇宙船より緻密な描写です。
 蛇に手足のついたようなイ・ムロック族との機械式翻訳機と手話による会話。「銀河標準語」と呼ばれる800ほど単語でだいたい意思が通じるのは、外人さんたちとMMO-RPGをやっているヒッターには感覚的に解ります。
 
 「メデューサの呪文」
 人類が遭遇したインチワーム族。数万年前に複数の惑星に植民し、繁栄を極めたが今は衰退しているらしい。
 高い言語機能を持つらしい彼らは地球人とコンタクトはするものの、その歴史や文化を明かそうとしない。
 詩人ならば話をするというインチワーム族のため、会見に訪れた詩を趣味にする機関部員に語られる恐ろしい秘密。
 言葉の中にある情報(インフォメーション)には、それ自体ではなく、背景である外情報(アウトフォーメーション)も付随する。
 圧縮された単語や文節が脳内で解けたとき、それは脳をオーバーフローさせる。
 言語兵器を発達させたインチワーム族は、その危険性を地球人に知らせようとするが?

 「まだ見ぬ冬の悲しみも」
 過去への時間旅行によるタイム・パラドクスは起こるのか?
 パラレルワールドは未来に行くほど増殖する。では過去に向かった時は?

 情報だけでも過去に送って危険を回避しようとするのは、J.P.ホーガンの「未来からのホットライン」でもありましたが、どっちにせよアンハッピーエンドになるようです。

 「七パーセントのテンムー」
 人類の七パーセントに存在するらしい、「何かが欠けている」人間。
 I 因子と名付けられたものがない人間は「自意識」が欠落している。「人工無能」に対し「天然無能(テンムー)」と呼ばれる。
 こんな奴ら、世間に溢れてるよな。うんうん。

 明かされる I 因子の真実。人間の心とは、意識とは何なのかに触れる一編でした。

 「闇からの衝動」
 おお! キャサリン・ルシル・ムーアさん登場!
 なぜ彼女はノースウェスト・スミスや処女戦士ジレルの物語が書けたのか?
 これはSFじゃなくてホラーじゃないのか?

 参照
 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-date-20131101.html


 面白い作品集でした。他のにも手をつけてみよう。

関連記事

第844回 続・数寄です! 壱

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山下和美「続・数寄です!」(壱)

 新章「くらし編」開幕。
 まだ出来上がっていないのに住み始めた山下さん。
 庭造りや4匹の飼い猫対策に大わらわ。
 住んでみてわかる様々な改良点。
 柳沢教授のモデルとなったお父さんの話。若き日のお母さんの話。自らの黒歴史が語られていきます。

 「風流とは寒きものなり」-斎藤緑雨-
 うーん、春になって部屋の窓ガラスがなかったことに気づいた春巻先生のようですね。

 いよいよ、家だけでなく本人も数寄者に!
 床の間に飾る掛け軸を自ら作るべく、表装教室に入門するが?

        続・数寄です 1

関連記事

第843回 Hi-νガンダム

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

MG 1/100 RX-93-v2 Hi-vガンダム Ver.Ka
 HNG.jpg

 前回の続き。
 ナイチンゲールの対となるのは当然、この機体ですね。
 「ベルトーチカ・チルドレン」でアムロ・レイ最後の乗機となったHi-v ガンダム。
 実は人気は今ひとつだったりしますが(笑)
 HNG フロント
 HNG リア

 ストライクフリーダムのほうがカッコイイじゃん(と思う)。
 まあ、ナイチンゲールを買う場合はセットで買う必要はあるな。


 そろそろウィングゼロを完成させるか・・・

関連記事

第842回 頭文字D Final Stage

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ 「頭文字(イニシャル)D Final Stage」

 アニメ版も、とうとう完結した。ひとつの時代が終わったようだ。

 ACT.01「ナチュラル」
 チーム「サイドワインダー」北条豪のNSX VS 「プロジェクトD」高橋啓介のRX-7のヒルクライム・バトル。
 タイヤのグリップを失ったNSXはスピンで敗北。
 IDFS011.jpg

 最終バトル、ダウンヒル。
 藤原拓海:AE86 スプリンタートレノ GT-APEX 3doorハッチバック 前期型
 乾 信司:AE86 スプリンタートレノ GT-APEX 2doorセダン 後期型
 先行は信司。ブレーキもアクセルもほとんど踏まず、ハンドリングだけで走るノーブレーキ走法は異常に早かった。
 IDFS012.jpg

 ACT.02「最強の敵」 
 真子ちゃんにかっこいいとこを見せようとする信司は、あることを考えていた。
 IDFS021.jpg

 ドリフト走法の拓海。グリップ走法の信司。
 コーナーで離され焦る拓海にハザードをつけて道を譲り、拓海の走りを見るために先行させる信司。
 IDFS022.jpg

 ACT.03「危険な匂い」
 先行を譲られ戸惑ってリズムを崩す拓海、鼻歌交じりで追う信司。
 展望台前のコーナーの真子の目前で、拓海を抜き返す信司。だが車をぶつけられた拓海の闘争心に火がつく。
 IDFS031.jpg

 ACT.04「ドリーム」
  ブラインドアタックで抜き返す拓海。そして自分の奢りに気がついた信司に余裕はなくなった。
 ふたりの走法の違いはタイヤのグリップ力に出た。
 フロントタイヤにダメージの溜まった拓海匠のハチロクは、ふたたび信司に抜かれる。
 IDFS041.jpg

 2度目のブラインドアタック。最終コーナで封印したエンジンの高回転ゾーンの力を搾り出す拓海。
 ここは興奮しましたね~
 拓海のハチロクのエンジンブローによる衝撃の結末。
 IDFS043.jpg

 エンディング曲は懐かしき「Rage Your Dream」
 真子ちゃんもプロドライバーになったのね。

 ラストで拓海の乗るインプレッサとすれ違うライトニングレッドのハチロク。
 IDFS044.jpg
 これ、欲しいんだがなー(笑)
 http://toyota.jp/86/001_p_003/exterior/three-d/flashpc/index.html

関連記事

第841回 大宇宙を継ぐ者(18)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

  ペリー・ローダン
 
 なかなか追いつかない。今月は474、475巻が出てしまう。
 ということは、あと1年で500巻(Nr.1000)に達するのか。

 Nr.921~930
 461巻「シャルツォでのコンタクト」
 462巻「ハイパー空間パニック」
 463巻「謀略のサイコド」
 464巻「パラテンダーの円舞」
 465巻「解体屋たち」


 セドアー種族の斥候船《カルマ》でガヌール銀河を脱出した〈二重コンセプト〉・エラート=アシュドン。
 救難信号を発し、行方不明となった「超越知性体Es(それ)」を求めて、謎のテレパシー・インパルスを発するクレホール銀河へ進路を取った。
 しかし、銀河間空間で異常な発光現象に遭遇した後、コンセプトに異常が生じ始める。ひとつの肉体に二人の意識が入っている〈二重コンセプト〉から、もともと超能力者(パラ・ノーマル)のエルンスト・エラートの力が増大し始めたのだ。
 地球の20世紀文明に相当する惑星シャルツォに緊急着陸をしたエラート=アシュドンは、シャルツォ人から信仰されている「光の基地」と呼ばれる天体のことを聞く。
 それは〈二重コンセプト〉にパラ・エネルギーを充填したあの天体なのか。ゴルスティ・アシュドンに肉体を預けて離脱したエラートは「光の基地」探索に向かう。
 直径が数光週もある光源は通常の天体ではない。そしてエラートのようなプシ・エネルギー存在を引きつける知性があるのか?
 「Es(それ)」は半球惑星〈エデンⅡ〉を何の目的で造ったのか?

 地球(テラ)に突然現れた探知不能のUFO(未確認飛行物体)。数箇所で子供を誘拐する行為に、ティフラーはルーワー種族の関与を疑う。
 火星の九本塔構造物を訪れたティフラーは、ヘルク=ニストルの帰還とパヤ・ゲレルが”目”を持って超空間に消えたことを知る。
 果たしてUFOの目的はなんなのか? 過去のニュースから、20世紀代に地球に訪れているらしい報告が多く発見される。
 地球(テラ)は太古から何者かに監視されていたのか。UFOの乗員らしい仏像のような表情のヒューマノイドと、謎の指揮官は何者なのか?
 元〈へトソンの告知者〉ホトレノル=タァクはこの謎の解明に向かう。しかし無敵だった《SVE艦》は地球近傍でついにエネルギーが尽きた。

 エルトルス人の植民星を脱出したパヤ・ゲレルは、ハイパー空間泡に置き去りにしたボイト・マルゴルとパラテンダーたちを救出に向かった。
 あのままでは餓死するか、空気がなくなってしまう。だが、パヤが到着したとき、ハイパー空間泡は崩壊しようとしていた。
 《SVE艦》はエネルギーを補給するため、ハイパー空間泡を吸収しだしたらしい。《SVE艦》を超能力で奪取したマルゴルだが、”目”は再びとパヤともに消え、九本塔の塔主に手渡された。
 ”目”を諦めざるを得なくなったマルゴルは方針を転換し、生まれ故郷の暗黒星雲プロヴコン・ファウスト、惑星ツォッタートラクトを目指す。
 (はて? 原作Nr.923の表紙の女性は誰だろう。パヤには見えないが、テンペスターのゴータかな?)
  Nr923.jpg

 先ツォッター文明の遺産《サイコド》。マルゴルの父親はその研究者で《サイコド》の収集家でもあった。プシオン波で知性体を魅了する《サイコド》は、母親の胎内にいたマルゴルに影響を与え、プシ親近感の超能力を与えた。
 テラナーのいなくなった惑星ガイアを拠点に、《サイコド》を使ったマルゴルの侵略が始まる。
 パラプラズマから作られた多くの《サイコド》の中で特別な力を持つ《ラドニア・サイコド》で、ハルト人艦隊を支配下に置くべく行動を開始する。

 《光の守護者》テングリ・レトスは、異銀河で強力な催眠暗示で絶滅したルリア人の惑星を発見する。
 そしてオクストーン人オマール・ホークから、テラナーの銀河でも超心理操作で知性体を操る存在の情報を得る。
 〈永遠の船〉で銀河級のブラックホール密集地帯を突破し、テラナーの銀河へ到達したテングリ・レトスは混乱状態のハルト人の基地惑星から《ラドニア・サイコド》を奪取する。

 ”目”を取り戻したルーワーたちは《泉のマスター》パンカ=スクリンの捜索隊を編成しようとする。
 ヘルク=ニストルはこの遠征にシガ星人6名を編入するため、惑星ツァルテルテペへ向かった。
 (あいかわらずエルトルス人とシガ星人の出てくる話は面白い)

 ボイト・マルゴルの《サイコド》の支配下に落ちた暗黒星雲プロヴコン・ファウスト。
 それにまだ気がついていない内に、《サイコド》の1体が地球(テラ)のジュリアン・ティフラーのもとへ運び込まれる。
 メンタル安定化処置をされているティフラーにさえ影響を与える《サイコド》。かろうじてガイア・ミュータントが《サイコド》を破壊する。

 《ラドニア・サイコド》の秘密を探るテングリ・レトスは惑星トオルグスの《幻影結晶体ツァファルス》の力を借りる。
 圧縮パラプラズマでできた《ラドニア・サイコド》は本来の性質の上に、なにか邪悪な意思が覆い被さっている。
 進化を導く触媒である《ラドニア・サイコド》で《幻影結晶体ツァファルス》を新たなる進化段階へ移行させるため、テングリ・レトスはともにこの宇宙から旅立つ。

 不死者ロナルド・テケナーとジェニファー・ティロンは麻薬商人に偽装し、暗黒星雲プロヴコン・ファウストに潜入するが見破られる。
 プロヴコン・ファウスト最大の謎とされる、先ツォッター文明の「ラキクラス」の古代神殿都市の遺跡。謎の力でテケナーとジェニファーを救ったのは何者なのか?
 
 銀河系各地で観測され始めた、四次元・五次元時空連続体そのものを振動させる未知の力場《宇宙震》。
 そして地球(テラ)ではUFOの乗員プレケエルが保護された。アンドロイド・プレケエルは銀河系宙域は破滅に進んでいると告げる。
 原因は《物質の泉》への介入者が現れたため。そのために、このままでは銀河系の全生命体が絶滅する運命にある。

 ”補完鍵”を2つ手に入れたペリー・ローダンの《バジス》は《強者》バルトクの<宇宙城>へ接近する。
 だが、《コスモクラート》の勢力がバルトクの<城>の解体移送作業を行っていた。地球(テラに現れたアンドロイドと同じ外見をした解体者たち。
 <宇宙城>を《物質の泉》の彼岸へ移送しようとする解体コマンドの指揮官は、百万年前に死んだバルトクが<城>に仕掛けた罠に手こずっていた。
 指揮官の種族は太古から<宇宙城>の移送任務を受け、アンドロイドたちを率いる。《コスモクラート》に<大群>建造を命じられた種族はルーワーを除いて衰退した。
 別の任務に就いていた《監視騎士団》の<深淵の騎士>ももういないようだ。
  Nr930.jpg

 <宇宙城>に潜入したローダン、アトラン、ライレ、アラスカ。ローダンとアトランはバルトクの”鍵”を発見するが、直後、謎のエネルギー流に飲み込まれる。

 461 シャルツォでのコンタクト  462 ハイパー空間パニック  463 謀略のサイコド  464 パラテンダーの円舞  465 解体屋たち

関連記事

第840回 魔聖の迷宮

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

五代ゆう グイン・サーガ 133「魔聖の迷宮」 THE MAZE OF MYSTIQUE
  魔聖の迷宮

 五代ゆうさんはプロットを書けない人だったのか(笑)
 いや、栗本薫さんもそうだったようなので問題ないです。
 登場人物が勝手に動き出して、プロット無視してしまうくらいにならなければグイン・サーガは書けないですよ。

 舞台はパロからミロク教徒の町、ヤガへ。
 <新しきミロク>教徒のため、変貌した聖都ヤガ。
 「七人の魔道師」のひとり、ババヤガの攫われたフロリー。
 同じく、草原の民を皆殺しにした《聖姫》ジャミーラに攫われたヨナ・ハンゼ。
 幼いスーティを守りながら、黒太子スカール、ドライドンの騎士ブラン、<ドールに追われる男>イェライシャは奪還の策を練る。

 リンダを手中にしたイシュトヴァーン。それを諌めに出立するカメロン。
 
 ケイロニア駐留軍とともにパロを脱出したマリウス、リギア、ヴァレリウスたちは、ゴーラ軍を避けながらケイロニアを目指す。
 だが、キタイの魔道師の魔手が追いつこうとしていた。作者すら知らなかった(笑)異能の力を秘めた少女、アッシャの謎。

 《黄昏の国の女王》大鴉ザザと狼王ウーラ、お久しぶりです!
 〈黒き魔女タミヤ〉、〈石の目のルールバ〉、〈矮人エイラハ〉、〈ひづめあるイグ=ソッグ〉、〈長舌のババヤガ〉の処遇が判ったところで、ブランは〈大魔導師アグリッパ〉の創造物に身をやつす。
 〈北の豹〉に対する〈南の鷹〉は《魔都フェラ-ラ》に誘われる。


 懐かしい人々(?)の登場とキーワードで、なんだったっけと検索しながら読んでました。
 (;´д`)

 次巻は宵野ゆめさんの134巻「売国妃シルヴィア(仮題)」です。

関連記事

第839回 ~があるシリーズ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原泉 「~があるシリーズ」

 買ってなかった・・・。ジェッツコミックスだったのか。「ブレーメンⅡ」以降が出ていたのか。
 「本日のお言葉」を座右の書とするヒッターですが、これはチェック不足である。
  本日のお言葉
 2冊まとめて購入。

 舞台は超・進学校の私立彰英高校。入学時に理系(A~D組)、文系(E~H組)に別れ、そのまま3年間同じクラスとなる。
 各話の登場人物はこの高校に通う生徒であるが、1話ごとに主役が変わる。
 前の主役たちは脇役に回るのである。

 「レナード現象には理由(わけ)がある」
  レナード現象には理由がある

 収録
 ・レナード現象には理由がある
 3年A組の秀才・飛島穂高くんの隣の席の劣等生・蕨よもぎさんには不思議な能力があった。
 両親に医者に向かない性格だと言われ、進路に悩む穂高くんはよもぎさんの非科学的な能力(ハンドパワー)で癒されるのか?

 ・ドングリにもほどがある
 3年E組38人中19位、学年152人中76位の亘理美咲さん。
 とても平均的な亘利さんは同じ順位だった友成真一郎くんに親近感を抱くが、彼には平均的でない秘密があった。
 高校生覆面小説家としてスランプに陥っていた真一郎くんに、美咲さんが及ぼした影響は?

 ・あの子の背中に羽がある
 超・進学校で柔道に専念してきた文武両道の3年E組保科聡真くん。夏休みに隣に引っ越してきた若宮遥ちゃん(小6)の背中に天使の羽根を見る。
 相談したクラスメイト・友成真一郎は、それは一目惚れだと言う。
 自分はロリコンだったのか? と悩む聡真くん。
 実は、遥ちゃんも隣の高校生のお兄ちゃんに密かな恋心を抱いていたのだ!
 微妙な二人の運命は?

 ・真面目な人には裏がある
 二学期になって席替えが行われた3年F組。日夏晶さんは警察犬並に鼻が良かった。
 遅刻してきて隣の席になった塔宮拓斗くんの口元には口紅の跡が!
 「タラシのタッくん」とあだ名される拓斗くん。彼には人に言えない性癖を持つ兄・雅斗がいた。
 そして晶さんの家では兄の葵くんが衝撃の告白をした。
 友人からBL本を借りて読んでいた晶さんには、多少なりとも耐性があったのだが?

 「コメットさんにも華がある」
  コメットさんにも華がある

 収録
 ・その理屈には無理がある
 1年E組、佐倉水樹さんは、2年生の先輩を差し置いて文芸部部長となった花村瑞紀くんと仲良しだった。
 春の身体測定で同身長同体重で名前の読みが同じだったからである。
 「魔性の少年」と一部で噂されるキュートな瑞紀くんは、サッカー部キャプテンと水泳部副部長の想われ人であった。
 その噂に興味を持った生徒会長、2年A組不破一晟くんはどんな後輩か確かめに行く。
 アクシデントでずぶ濡れになった水樹さんは、原因となった瑞紀くんの学生服を着ていて一晟くんに瑞紀くんと勘違いされる。
 一晟くんは水樹さんを瑞紀くんと思ったまま意気投合していくのだが? (趣味がまるっきり同じだった!)

・その科白には嘘がある
 3年A組、月島水音さんは霊能力の持ち主だった。同じクラスの蕨よもぎさんにも直せない霊障を抱えるが、特に怖くはないようである。
 地縛霊から守護霊まで視える水音さんは、ある日、神々しい光を放つ守護霊を持つ神城理人と出会う。
 浄霊能力を持つが不幸な目にばかり会う神城理人は、産休代理の副担任として赴任してきた。
 大学院まで行って研究生活をして有望視されていた理人が、母校の化学教師になったのはなぜか?
 アパートの隣り同士となった水音さんは、理人の過去に触れていく。

・グレシャムには罠がある
 3年E組、山吹みちるさんは前日から何も食べていないほど貧乏だった。
 入学時は社長令嬢だったのだが、父親の会社倒産で両親は夜逃げ。なんとか奨学金で通っているのである。
 塩入り砂糖水をすすりながら登校するみちるさんに、高級松坂牛ステーキ弁当で条件付き勧誘をするのは隣の席の財閥御曹司・陣内斎くん。
 財閥総帥後継者候補の部下になれと、両親の借金帳消しを提示されたみちるさんは金に魂を売るのか?
 いつのまにかみちるさんに弁当を貢ぎ、パシリにされている陣内くん。
 「悪貨は良貨を駆逐する」というグレシャムの法則。さあ、「悪貨」なのは誰?

・コメットさんにも華がある
 3年E組の席替えで真島紗矢さんの前の席になった彬良航くんは芸能人だった。
 3年間、同じクラスなのにTVドラマなど見ない紗矢さん(ゾンビ映画好き)は、そのことを知らなかった。(ちなみに紗矢さん以外はみんな知っていた)
 芸能人として今ひとつパッとしない彬良(あきら)くんと、ツタンカーメンと言われる無表情な紗矢さんが交差する時、映画界に彗星が現れる。


 各話の出だしが「パタリロ!」風である。
 やはり川原泉さんのほんわかニヤリ感は素晴らしい!

 未収録が3話あるが、あと1話書いてくれれば1冊になるじゃないか!
 早めにお願いします!!
 未収録
 ・バーナム効果であるあるがある
 ・アルマジロにも意地がある
 ・これから私は武士になる

関連記事

第838回 万能鑑定士Qの探偵譚

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

松岡 圭祐「万能鑑定士Qの探偵譚」Detective Works of All-Round Appraiser Q
 万能鑑定士Qの探偵譚

 前作で東京神楽坂の店をたたみ、波照間島へ逃げ帰ってきた凜田莉子。
 挫折した莉子は島で店を開けるが、こんなところに客が来るわけもない。
 まったく事件記事のない八重山オフィスただ一人の記者、小笠原悠斗も撤退命令が出る。

 人目を避けるように波照間島にやって来た樫栗芽依(かしぐり めい)。
 偽札を所持していた彼女は警察に追われていた。
 波照間島から芽依は姿を消し、記事にしなければならない小笠原は莉子の協力を得て追跡にかかる。
 
 アンデスメロンは何処のメロン? 

 莉子の策略で始めて警察に捕まった万能贋作師・コピア:孤比類巻修。
 過去の犯罪を暴こうとする警察は、アリバイが崩せず手こずっていた。
 父親の話す修の少年時代の証言。同業者・雨森華蓮が伝説的存在として信奉していた男。
 異なる人格を持つコピア。捕まった男とコピアは同一人物なのか?

 「兄より優れた弟はいない!」
 華蓮さん、見事です!! 嫁にはしたくないタイプです。浮気が一発で見抜かれますね。
 ((((;゚Д゚))))
 ”贋作界の帝王”コピアが華蓮に依頼したこととは?

 すっかり自信を失った莉子は、かつての勘を取り戻せるのか?
 小学生の時に体験した「マーペーの目」の恐怖は覆せるのか?

 やっぱり値段表は付けないとね。これは父ちゃんが正しいと誰でも思うだろう。 
 
 シリーズ名、ナンバリングはつけずに続くようだが、順番がわからなくなるじゃないか!
 次は「特等添乗員α」のⅤ巻を読もう。

関連記事

第837回 人類は衰退しました 9巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

田中ロミオ 「人類は衰退しました」⑨ (完結)

  人類はは衰退しました 9
 8巻との前後編となり、ついに完結となってしまった。
 「妖精さんたちの、ちきゅう」。これ、第1巻の第1話と同じタイトルじゃないか!

 妖精さん、ダンボールでオスプレイ的なものを作らないでください(笑) いきなり墜落しました。ゴム動力ですか!
 わたしちゃんは15mくらい落ちても受け身で無事なんですね。
 謎めいた一流の殺し屋のような眉毛になったわたしちゃんは、散弾銃で狙い撃ちという技を!

 月旅行に行って行方不明になったおじいさん。
 わたしちゃんはなんとか月に行く方法を模索します。
 ついにやって来た巻き毛ちゃん、思いっきり無視されてますね(笑)

 夢の中の世界で人類の集合意識蒸気機関車型検索エンジンで辿る地球の歴史と生物の進化。
 「はくせんのそとがわにだいぶしてくださーい」
 これに乗る人間は二人目だと言う妖精さん。
 わたしちゃんは人類の歴史を追体験していきます。
 いつから地球に妖精さんが現れ始めたのか。いつから人類は衰退し始めたのか。
 二つの種族の気持ちが通じ合った最初の出来事。これはどうやら20世紀らしい。時代が進むに連れて両種族の接触例が増えていく。
 人口は増え続け、活気はあるが科学技術が頭打ちになった人類は袋小路にはまり込み、逆に進化していく妖精さん。
 歴史の転換点。それは妖精さんの力を借りて完成した軌道エレベーターにあった。
 国連が影響力を持ち始めた理由。宇宙開発に貢献する魔法科学の水準が上がるにつれ、衰退していく人類。
 出生率が減り、技術の伝承が出来なくなり、貨幣経済システムが崩壊する。農地はあるが働く人間がいない。国家は消滅し、国連は妖精さんを新しい人類と認める。
 数世紀、数十世紀におよぶ衰退の歴史。そして最後にわたしちゃんが見たのは、やさしく赤ん坊の自分を抱き上げる20年前の両親の姿。
 物心つく前に流行り病で死んだ両親。妖精の取り替え子と疑われていたわたしちゃん。チャペルで柩に取りすがって泣いているおじいさん。
 (いかん、涙腺が決壊した・・・)

 蒸気機関車型検索エンジンが到着した終点は、廃墟となった月面基地だった。
 そしておじいさんと繋がった通信は、無事だから月へ来るなという嘘っぽいものだった。

 なるほど、背後に立たれるのを嫌がる太眉わたしちゃんは、この検索中に潜在力フル覚醒の体を預かっていた妖精さんが動かしていたのね。
 数十世紀ぶりに(原住民をこき使って)修復された(詐欺的に)軌道エレベーターで、止めるY嬢を振り切って出発するわたしちゃん。


 後半は宇宙サバイバル小説です。
 わたしちゃんは美少女ではなく美長女(大盛)なのですね。(170cmオーバー)
 人として生まれたからには、人として腐って土に帰りたいですよね。
 プチモニがわたしちゃんの人格を受け継いでいるので、言動がブラックです。
 月に行く方法を人類の集合意識蒸気機関車型検索エンジンで検索したわたしちゃんは、最後まで人類の歴史を見ていませんでした。
 先に人類史(風俗がメインか? エロジジイ!)を辿ったおじいさんが見たものとは?
 新しい人類である妖精さんの正体とは? 人間にあって妖精さんにないもの。それは「モラル」。
 「真相」に気づいたわたしちゃん。
 助手くん:ジョシュア・コートニーとはいったい何者だったのか?
 ハムスターは大繁殖したようだ。
 わたし(マーゴ)ちゃんに子作りフラグが立った! ひ孫の写真をおじいさんに送らなければならない!!


 この小説を購入して読む人は、涙を拭うハンカチをご用意ください。 

 メインストーリーはこれで終わりですが、このあとは、短編集(最低1冊は)が出るそうです。

関連記事

第836回 ナイチンゲール

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

RE/100 1/100 MSN-04II ナイチンゲール Ver.Ka

 バンダイの新ブランド「RE/100」の第1弾として、小説版「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」から。
 サザビーの強化発展機。”夜鳴きうぐいす”の名を付けられた「ナイチンゲール Nightingale」。
 Nightingale.jpg

 9月30日発売なので予約しようと思っている。
 これはぜひ欲しかった機体だ。
 当然、これと対になるものも発売されるが、それはまたのネタにしよう。
 パーツ数が少ないということだが、機体の諸元では頭頂高27.5mなので両翼のバインダー部は40mを超えるものとみられる。
 1/100でも40cmの威容があるな。前後も30cm以上になりそうだ。
  NIG FRONT NIG BUCK
 10基のファンネル、5基のプロペランとタンク。Ver.Kaならデカールもいっぱい付いてきそうだな・・・

 永野護氏デザインの原案「MAN-104 ナハトガル Nahatgall」は全高45.5m。
 さすがにこれはでかい。
 Nachtgal.gif
 名前通りウグイス色である。
 「ファイヴスター物語 リブート」2巻には「NIGHTINGALE」として設定画が載っている。

 画像を探している時、見つけたのだが、こんなのを自作なさってる方がいる! すげえ!!
 メタリックカラー塗装しようかな!!
 すげえ0 すげえ1

関連記事

第835回 ラン迷宮

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

二階堂黎人 「ラン迷宮 二階堂蘭子探偵集」 Labyrinth of Orchids

 ラン迷宮 二階堂蘭子探偵集
 3冊目の短編集だが「ユリ迷宮」が1995年、「バラ迷宮」が1997年に出ていたので17年ぶりの短編集である。

 「人狼城の恐怖 解決編」のあと、数年間、失踪していた蘭子は前作「覇王の死」で復活しました。
 そしてその腕には1歳にも満たない金銀妖瞳(ヘテロクロミア)でハーフの子供、亜蘭(アラン)が! 誰の子だ!!
 ということで、日本に戻ってきた二階堂蘭子の江戸川乱歩テイストを出した推理小説、探偵物語の再開です。

 「泥具根博士の悪夢」
 昭和44年12月ということで、蘭子がヨーロッパへ行く前の事件。
 青森県の十和田市に隠棲し、密室で殺されたオカルト科学者。第一発見者の助手は、殺したのは霊能者だと証言する。
 博士は失った妻を蘇らせる「死者再生」の研究をしていたという。
 困り果てた警察は二階堂蘭子に相談するが、”五重密室殺人事件”を蘭子は解明できるのか?

 こんな探偵は「六軒島」には来て欲しくないですな。

 「蘭の家の殺人」
 昭和51年10月。二階堂蘭子が日本に戻ってから約1年半後。二階堂黎人が結婚してから1ヶ月。
 兄妹で画廊の経営をしながら蘭子は子育てをし、難事件に関してだけ警察の依頼で探偵業を再開させる。(退屈に飽きたのね)
 そして昭和52年3月。黎人の妻の友人が持ち込んだ事件。
 12年前に自殺したという芸術家とその妻。十三回忌に集まった当時の関係者の中に殺害者、”洋蘭に化けたハナカマキリ”はいるのか?

 これは読者が推理するのは無理では?

 「青い魔物」
 鎌倉で起こった連続猟奇殺人。目撃された犯人は野獣のような顔で、全身が青い肌をしていたという。
 ”青い魔物”の正体とは?


 昭和テイストを残し、乱歩風のミステリ仕立ての作風でファンの好みが分かれるシリーズである。
 なんか長編は10部作だと最初の頃、読んだ気がするのだが、あと1冊で終わりなのだろうか?

 長編
 ・悪霊の館 (シリーズ4作目)
  昭和43年8月 
・地獄の奇術師 (作者のデビュー作 女子高生探偵・二階堂蘭子初登場)
  昭和43年12月
・吸血の家 (シリーズ2作目) 
  昭和44年1月
・聖アウスラ修道院の惨劇(シリーズ3作目)
  昭和44年6月
・悪魔のラビリンス(2篇の中編からなるシリーズ6作目 ラビリンス・サーガ1)
  昭和44年11月
・魔術王事件(シリーズ7作目 ラビリンス・サーガ2)
  昭和45年1月
・双面獣事件(シリーズ8作目 ラビリンス・サーガ3)
  「魔術王事件」と同時期に起こったもうひとつの事件。
・人狼城の恐怖(シリーズ5作目 第一部・ドイツ編、第二部・フランス編、第三部・探偵編、第四部・解決編)
  昭和45年8月~昭和46年5月
 ・覇王の死 二階堂蘭子の帰還(シリーズ9作目 ラビリンス・サーガ 完結編)
  昭和49年6月

 短編
 ・ユリ迷宮 Labyrinth of Lilics
 ・バラ迷宮 Labyrinth of Roses
 ・ラン迷宮 Labyrinth of Orchids

関連記事

第834回 エルフを狩るモノたち2 第3巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

矢上 裕「エルフを狩るモノたち2」第3巻 Those Who Hunt Elves Two
   エルフを狩るモノたち2 3巻

 書店を散策していて見つけたので速攻でレジに持っていったら、財布入りポーチを車に忘れていたので慌てて取りに行って恥をかく。
 (;´д`)

 前にもネタにしたことがあったなと思い返すと、第451回で第1巻の紹介をしているな。

 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-entry-453.html

 約1年前だ。半年に1冊ペースはなかなか良いではないか。
 通算26巻目となる本書は、過去最高のラブコメ度である。
  エルフを狩るモノたち2 3帯

 最後はセルシアが美味しいところを持っていった。
 順調に4巻以降も続きそうなので楽しみだ。

 やはりこれをまたアニメ化するとなると、深夜アニメになるのだろうか?
 堂々と大義名分を持って女の子を脱がすアニメとなるとなぁ~
 まだまだ帰還呪文集めは終わりそうもないので、数年待たなければならないだろう。

関連記事

第833回 荒野に獣 慟哭す

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

夢枕獏「荒野に獣 慟哭す」全5巻
 荒野に獣 慟哭す

 徳間書店から文庫版発売が開始された。
 当初のジョイ・ノベルス新書判で全巻持っているのだが、買おうかどうか迷っているところだ。
 コミック版も同時発売なのでそっちを買おうかと調べたら 文庫サイズで1冊1,080円ですか! 
 (´ヘ`;)ウーム…
 こちらも全5巻予定で未収録分をまとめるという。
 コミック版は原作小説とかなり変わっていたという記憶があるが、「月刊マガジンZ」が休刊したので途中までしか読んでないしな。
 ラストがどうなったのか確認したい。
 【コミック版】荒野に獣 慟哭す

 ニューギニアで発見された奇病ウイルス独覚菌。
 人体実験により、脳に独覚菌を植えつけられた人間は生ける殺人兵器とも言うべき「獣化兵」に変貌する。

 記憶を失って目覚めた御門周平は、どこかの山中の屋敷に幽閉されていることに気づく。
 超人的な能力で屋敷を脱出した御門は、失われた記憶を求め都内に潜伏するが、複数の組織が彼を追っていた。
 独覚菌を接種された者は獣の姿に変貌する。
 御門は人間の姿のままで、その力を使えるニュータイプの「獣化兵」なのか?
 獣人化した11人の「獣化兵」は12人目の彼に嫉妬し、組織は成功サンプルである御門を追う。

 夢枕獏さん、お得意のアクション伝奇小説ですな。
 「HunterXHunter」の十二支んはここから?

 全5巻
 1.荒野に獣 慟哭す 獣化の章
 2・荒野に獣 慟哭す 凶獣の章
 3.荒野に獣 慟哭す 獣王の章
 4.荒野に獣 慟哭す 鬼獣の章 
 5.荒野に獣 慟哭す 完結編・獣神の章

関連記事

第832回 ジャイアントロボ バベルの籠城

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

原作:横山光輝・漫画:戸田泰成「ジャイアントロボ バベルの籠城」全6巻
 ジャイアントロボ~バベルの篭城~ 6

 90年代のアニメ「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日」全7話の世界観を踏襲したちょっと異なるコミック版。
 前作「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日」全9巻から10年後、死んだと思われていた梁山泊頭領・草間大作は当時と変わらない姿で現れる。
 10年前にBF団と国際警察機構が相打ちになった後、何があったのか?
 謎の扉がここに開かれる。

 ついに登場したビッグファイアと3つの護衛団・ガルーダ、アキレス、ネプチューン。
 真の「GR計画」とは?
      護衛団


 いいところで終わってるんだよな~、続きを描いてほしいな。
 これではストレスが溜まっちまう。


 これ好きだったなー、BDほしいなー
 

関連記事

第831回 境界線上のホライゾンⅦ(下)・後編

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅶ(下)」
  Horizon on the Middle of Nowhere Episode Ⅶ-Part 3


 いつものように厚さを測る。
   境ホラ7下
 これ、手を離しても立ってるんだよね・・・

 ネタバレいっぱい。
 ホライゾンの両腕はもう自律駆動してますね~。腕だけで朝風呂につかるんですか。
 表現力がすごいのか? それが判る外道どもが凄いのか?

 関東解放の後始末。
 「里見」教導院《第三特務》正木・時茂は《副長》兼《副会長》として、復興役を押し付けられる。
 「正史」では里見義康の実弟であり、正木家に跡取りとして養子に出された人物。大久保長安とも縁を持つ。
 やはり小西・行長が出会ったのはトーリの父ちゃん、小野・忠明だったようだ。
 (「境ホラⅣ下」では小野・忠常だったが、御子神・典膳という名もあり同一人物である) 

 いよいよ始まる「ネルトリンゲンの戦い」。
 《帝》のいる不可侵の「京」。円形の市壁に囲まれた「京」の南門前の丘を挟んで東側に皇帝派、旧派(カトリック)勢。率いるのは神聖ローマ皇帝フェルディナント二世・マティアスと《情報生命体》石田・三成。
 西側に反皇帝派、改派(プロテスタント)勢。率いるのは開祖司教ルター・巴・御前と天竜傭兵ベルンハルト。
 最初の激突から改派勢は「京」の市壁沿いに北方向へ逃走しながら応戦する。「聖譜記述」によれば、この戦いは改派の敗北で終わる必要があるが、ただで負ける気はない。 

 石田・三成の肝いり、初陣の島・左近が初装備する《機動殻・鬼武丸》。ずいぶん上から目線の《OS:源・頼朝》が搭載されていますねぇ。
 そして巴・御前の因縁の相手、源・義仲が前田・利家の《加賀百万獄(カガ・ミリオネンガイスト)》で《機動殻・駒王丸》として蘇る。

 関東から《重力航行》で急行してくる「武蔵」。
 本多パパ、夏休みの密輸の相談しないように! コニタン、娘の行長ちゃん可愛がりすぎ!!
 「武蔵」勢に拉致された長太、もとい長岡・忠興少年に迫る脅威。今度はスカイブルーに塗られておりました。

 緩衝術式の解除偽装で戦力の投下を目論むが、《五大頂》二番、丹羽・長秀に見抜かれる。
 「武蔵」の取った急停止方法は今までを上回る災害的なものであった。左右一番艦のロングバウを地面側に向け、全長8キロメートルを超す「武蔵」の艦尾側に《仮想海》を出して半倒立していく。
 そのまま両バウを起点に倒立多重旋回する「武蔵」は、戦場に重層竜巻を起こしながら減速。
 旋回中心の台風の目の中を輸送船が降下する中、「武蔵」から周囲にアナウンスされる暴風圏警報。この「武蔵」到着だけで皇帝派艦隊が一気に吹き飛ばされる。

 傭兵ベルンハルトは五百の群体に別れ、西の森で皇帝派第一隊1千名との消耗戦に突入する。郡竜は流体エネルギーを食えば回復するので、なんか卑怯である。
 口からビームを吐く義仲との五百年ぶりの夫婦喧嘩の中、巴・御前に疑問を語るクリスティーネ。それを傍受する「武蔵」勢。
 百六十年前の《重奏統合騒乱》以来、世界は変わった。では《黎明の時代》は今より良かったのか?
 「歴史再現」を遵守させる勢力、または個人が《内裏》の中にいるのではないか?
 それは五百年前の巴・御前の時も、今の長岡・忠興の妻にも迫る理不尽である。「歴史再現」が今のように人を追い込むように変質していった原因があるはずだ。
 クリスティーネにはもう時間がない。だが、この会話を巴・御前経由で聞いている「武蔵」勢なら解いてくれるかもしれない。

 円形の「京=ネルトリンゲン」を南から西回りに北門へ向かう巴・御前と反皇帝派。逆回りに東から回る石田・三成とマティアス。
 「武蔵」勢は南門正面から「京=ネルトリンゲン」縦断突破を行い北門の先、長岡屋敷へ向かう。
 爆破時間は午前七時。時間は十七分しかない。
 二代さん、巴ですよ! 内股・御前じゃないですよ!
 《王賜剣一型(Ex.カリバーン)》もとんでもない技名を付けられたものだ。《T.S.H.(点蔵様.好き好き.ホームラン)》とか《F.L.B.(二人の.ラブラブ.ブーメラン)》とか辞書登録するんじゃない!
 巴・御前を横から蹴り飛ばし(どこかで見たような?)、《機動殻・駒王丸》を纏う源・義仲と対峙するのは、緑と黒の《機動殻・不転百足》に身を包む伊達・成実。

 反皇帝派を追う皇帝派《機動殻》部隊に迫る《銀狼》ネイト・ミトツダイラ。その前に立つ島・左近。
 対艦砲の直撃を2発受け、今、《銀狼》の攻撃を全て受けきった左近は奇妙な動きをした。
 本来、装着者を守る装甲を持つ《機動殻》に被害が及ばぬよう、生身の部分で攻撃を受けている。痛みとともに突き刺さった剣を抜いていく左近。
 さらに1発の砲撃を受けて散った五体が血煙とともに元に戻っていく。
 ネイトはこの能力を知っている。ルドルフ二世と同じ《再生能力》だ。違うのは左近が痛覚を持っていることだけ。
 《元・鎌倉将軍》源・頼朝の魂をOSとした《機動殻・鬼武丸》を不死身に近い肉体に纏う島・左近VS未来の《天下の副将軍》ネイト・ミトツダイラ(水戸松平)の激闘!

 市街を突破し北門前で迎撃を受けた「武蔵」突入部隊。
 立ち塞がったのは《五大頂》二番、丹羽・長秀と三千人の劇団部隊が掛けた劇場術式。
 午前七時前なのに”夜”に覆われ眠りに落ちる市壁の内部。聴覚保護術式が掛かっていた長岡・忠興少年は目覚め、大先輩の丹羽・長秀に挑む。
 さらに一週間完徹の睡魔などものともしない同人作家の白魔女(ヴァイス・ヘクセン)が立ち上がる。
 三千人の都市級劇場術式”沙羅双樹”VS《白嬢(ヴァイス・フローレン)》を十二弦ベースにして歌うマルガ・ナルゼ。
 眠りを誘う制御された集団術式と、眠りを覚ます魔女(テクノヘクセン)の歪んだ術式の演奏による打撃戦が始まる。

 演奏と歌唱攻撃の上に”舞い”による加圧を加える丹羽・長秀。そして「武蔵」側でも夜間行動用覚醒術式”夜遊び誘い”によって《踊り子》と《女装》と《両腕》が目覚める。
 地脈を蹴って「ネルトリンゲン」全域を揺らす”大椿の天岩戸開き”の踊り。目覚めた黒魔女(シュバルツ・ヘクセン)が参戦した時、時刻は六時五十七分だった。

 半周してきた北門の東西で皇帝派、反皇帝派の最後の激闘が行われる中、長岡屋敷に向かう忠興少年。
 「瑞典(スウェーデン)」が戦線復帰すれば、文化や画像や動画が検索し放題だという原動力で踏ん張る反皇帝派。
 発禁王国復活を許すまじと押し返す皇帝派。
 箪笥を下から順に開けて下着を検分しないでください、大谷・吉継くん。
 本人確認のため眠る長岡夫人の毛布をはだけ、胸元の合わせに手をかけた大谷を目撃した忠興少年は!

 《傲慢の光臨》と《虚栄の降臨》をインストールして目覚めたホライゾンは、ついに《悲嘆の怠惰》:宗茂砲の一撃で敵艦三隻を沈める。
 しかし、鈴は《悲嘆の怠惰》の威力と射程距離が前より伸びているのを見逃さなかった。
 そして負け逃げを許さないと、神聖ローマ皇帝マティウスの《飽食の一撃(フィオゴス・ガストリマルジア)》が「武蔵」を狙う。
 
 めでたく戦利品《飽食の一撃》を奪った「武蔵」傭兵部隊は敗北宣言を高らかに放って夏休みに突入する。

 途中で何回か涙腺決壊しました・゜・(ノД`)・゜・
 さて、これで4月から始まった世界征服は7月まで終了した。
 ヴェストファーレン会議が11月だから半分ということか。
 「本能寺の変」は夏休みに起こるようなので、どう介入していくかが思案のしどころ。
 次巻は「二境紋」の謎にも迫って欲しい。
 ラスト近くで解法という誤字を発見、解放ですね。第2版で直してください。

関連記事

第830回 超時空要塞マクロスⅡ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「超時空要塞マクロスⅡ」

 マクロス新作の情報を探していたのだが、先日、これを見つけた。
 マクロスシリーズの「黒歴史」と呼ばれる「超時空要塞マクロスⅡ」だが、なぜ、そのように言われるのか?
 まあ、見た人にはわかるが、キャラクターデザイン・美樹本晴彦などで良かったのだが、確かにいまひとつ、何かが足りない作品であったな。

 

 今回、BD-BOX発売ということで公式サイトができた。
 「ゼントランでもわかるマクロスⅡ」でどんなものか理解できるだろう。

 http://www.bandaivisual.co.jp/macrossII/

 
 ・・・で、新作の情報はまだ出ないのか!!

関連記事

第829回 境界線上のホライゾンⅦ(下)・前編

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅶ(下)」
  Horizon on the Middle of Nowhere Episode Ⅶ-Part 3


 表紙は丹羽・長秀さんでした。踊り子姿だったので喜美ねーちゃんかと思ってました。
  境界線上のホライゾンVII〈下〉

 今回も分厚いので2回に分けよう。関東解放戦CLIMAX!
 カラー見開きがエロくなっていくのは嬉しい!

 いきなりだが、デカすぎるだろう! 島・左近、身長3メートルって!! しかも女子(中等部三年)!!!
 「三顧の礼」の意味が違うぞ! 長身じゃなくて超身ですね。
 島左近

 二つの「大罪武装(ロイズモイ・オブロ)」《傲慢の光臨(フォス・ハイペリファニア)》、《虚栄の降臨(フォス・ケノドクシア)》を得たホライゾンのOSの秘密。
 ホライゾンが「大罪武装」を使用する場合、該当する「大罪」を否定する感情が引鉄(トリガー)となっている。
 《悲嘆の怠惰(リピ・カタスリプシ)》、《憤怒の閃撃(マスカ・オルジィ)》、《拒絶の強欲(アスピザ・フィラルジア)》を使用した際、その感情に対する忌避感を原動力として該当する感情を敵にぶつけているのだ。
 ホライゾンが「悲嘆」したくない時、「悲嘆」という「大罪」はこういうものですよと「罰」を与える、要は感情呼応型説教武装である。
 最大の「大罪」《焦がれの全域(オロス・フトーノス)》が統御する「八大罪」は、ホライゾンの失った感情と結びついている。
 もしホライゾンが拒否ではなく、欲した感情で「大罪武装」を使用したらどうなるのか?
 ひょっとしたら松平・元信公の「末世解決」から想定外の方向へ事態が変わっているのではないか?
 (まあ、娘が父親の思い通りに育たないのは当然ですな・・・)

 房総半島防衛ラインを敷く九鬼艦隊に対し、艦首を向けたまま毛利艦隊を江戸湾を南回りにスライドさせる村上・元吉。
 挟み撃つように東へ前進する最上・義光の《山形城》だが、九鬼・嘉隆の打った手は意表を突くが「聖譜記述」に則ったものだった。
 毛利艦隊旗艦に迫る白魔女(ヴァイス・ヘクセン)加藤・嘉明の《白姫(ヴァイス・フェルスタイン)》。
 さらに戦局に間に合った黒魔女(シュヴァルツ・ヘクセン)脇坂・安治。
 最終特攻形態に組み変わる毛利艦隊を迎え撃つ鈴木・孫市の《対都市破壊用ヤタガラス》。
 ここに艦隊戦の読み合いの決着がつこうとしていた。

 房総半島東部。直政の四聖武神「地摺朱雀」が相対するのは、「里見教導院」第三特務、正木・時茂の空中戦を得意とする八犬武神”信”。
 「北条」の機鳳隊に対応するための鉈砲攻撃に苦戦する直政。
 だが里見・義頼が残した情報は正しかった。「里見」には「地摺朱雀」の飛翔器の設計情報がある。それはもっとも空中戦に特化した”信”の飛翔器。
 「道行白虎」との対戦以来のOSの同期起動により、「山川道澤」の《澤》を司る「四聖式武神三型・地摺朱雀」の”無限に落下加速する平面空間”《矛盾の湖沼》が発動する。

 江戸郊外の年増ばかりで運営しているテーマパークってどこですか(笑)

 房総半島南部。里見・義康の八犬武神”義”と小西・行長の金に飽かせて改造した術式特化型八犬武神”孝(改)”の攻防が行われる。
 ともに滅ぶ運命を持つ「里見」と「羽柴」の代表として戦う中、里見・義康は「歴史」とは何かと問う。
 マルガ・ナルゼの代わりに成瀬・正義として逝った里見・義頼は何を残したか。
 「安心しろ、私は死ににいくのではない―――。私はこれからようやく、何も諦めず、生きにいくのだ。」
 なぜ自分に”八房”が動かせないのか。自分はまだ”入り口”に立っただけなのだ。
 ”貧乏人(義康)”と”金持ち(行長)”の激闘の結末とは?

 北から迫る「里見」解放隊を率いる大久保・長安/忠隣と「六護式仏蘭西」仏式旧派(ガリカン)山陰部隊。
 「里見」の北門を守る防御結界に対するは立花・誾の攻城武装《四つ角十字(クワトロ・クロス)》、初の零距離射撃。
 
 この時点で三河湾で「武蔵」とすれ違った「安土」が西の空に近づく姿を見せた。残り時間は30分。
 九鬼艦隊は3割の戦力を失い、防戦に徹する構えを見せる。
 だが全長7キロメートル超の6艦編成「安土」艦長の”安土”は問題を抱えていた。加速して時間ギリギリに到達できそうだが、それを”到着”と判断するには止まらなければならない。
 巨大艦で近似する「武蔵」も「英国」到着時には周囲を2周して減速してやっと止まったのだ。しかし、今回のような加速状態からの急制動を「武蔵」が一度、やって見せたことがある。
 「武蔵」に負けまいと”安土”の考案した直上大側転に大気が揺れる。しかし、この瞬間を狙ったように襲撃がかかる。
 「安土」到着が成立すれば全てが終わる。大久保・長安/忠隣が出した、「羽柴」が関東と引き換えにしてもいい最後の切り札とは?
 (小西・行長が出会ったのはトーリ・パパ?)

 関東解放編、これにて終結で本巻の5分の2終了。

関連記事

第828回 うみねこのなく頃に散 Episode 6(下)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

竜騎士07「うみねこのなく頃に散」
展開編 Episode6 『Dawn of the golden witch(下)』


 うみねこのなく頃に散 Episode6(下)

 さて問題の下巻。
 ぶ厚いな、上巻の1.3倍くらいある。
 前から気になっていたポイントはどう処理されているのか。

 第1の晩
 ・譲治が殺した絵羽の死体はなぜ貴賓室にあったのか
 ・朱志香が霧江を殺した密室トリック
 ・嘉音と紗音による楼座と真里亞の密室殺人
 ・ベアトリーチェによる夏妃の殺害

 いったい、戦人はこれをどう推理させるつもりだったのか?
 それぞれから魔法要素を抜き取った、ニンゲンの手で可能な殺害方法は設定されていた。
 どれもラムダデルタが保証する「完璧な密室殺人」の構築だったはず。
 まあ、古戸ヱリカ古戸エリカは「探偵権限」を放棄したので、ろくに推理すらしませんでしたな。
 まあ、そこは置いといて、ここでの右代宮戦人と古戸ヱリカに戦いは、ヱリカも気がつかずに「うみねこのなく頃に」という物語のひとつの核心に迫っていました。

 「ノックス第七条 探偵は犯人であることを禁ず」
 うむ、いい言葉ですね~

 そしてEpisode6の最大の謎。問題の「出入り不可能な部屋からの右代宮戦人の死体消失」。
 この密室ロジック・エラーの解除が、ヒッターの悩みどころでした。
 古戸ヱリカの罠で構築されたロジック・エラーからの脱出方法は、ヱリカが先ほど真相に近づいていながら、罠を張るために見逃した部分。
 
 ラムダデルタがここで株を上げていますね。
 かつて地獄のような世界(ひぐらし世界)から這い上がってきた魔女は二人のみ。
 起こりうる事象の可能性が“ゼロでない限り”必ず成就させる力を持つ「奇跡の魔女」ベルンカステル。
 1人を“絶対に”殺す力を持つ「努力の結実」を象徴する魔女・ラムダデルタ。
 ラムダデルタはかつて推理小説を愛し、密室トリックを魔法大系に昇華した少女の後見人となった。
 だから「絶対の魔女」の名で保証する。ベアトリーチェがこの脱出不可能な密室の謎を解くことを。

 この時点での死亡者は、右代宮絵羽、右代宮夏希、右代宮霧絵、右代宮楼座、右代宮真里亞、右代宮戦人の6人。
 いとこ部屋にいるのは右代宮蔵臼、右代宮朱志香、嘉音、右代宮留弗夫、呂ノ上、郷田の6人。
 隣部屋にいるのは右代宮秀吉、右代宮譲治、紗音、熊沢、南條の5人。
 ロジック・エラー後、戦人の部屋の封印を破れる可能性は隣部屋の窓のみ。
 そして、その解除方法はベアトリーチェの「心臓」を曝け出すもの。


 ああ! ここまで読み返しながら書いていてやっと理解した。
 愛がなければ見えないってそういうことか!
 長年、悩んでいたEp6の不満がなんか解(溶)けた。
 Ep8まで読み終わっていたのに、ここで引っかかっていたとは不明を恥じるばかりだ。

 すっきりしたおかげで、財布をはたいた価値があった。
 つーか、これはEp7を読まないと理解できない話なのだが・・・、先にこれを持ってきていたとは。
 ついでにガァプは何の依代だろうと思っていたのだが、ドラノールとの論戦を読み返し考えてみると「密室」の概念の依代なのね。

 さて、本書ですが原作ゲーム版よりも手が加えられています。これは、この先書かれるEp7、Ep8のノベライズへの布石でしょう。
 小説版で「うみねこ~」に接する人への物語全体をちょっと見直す修正ですね。

---------------------------------
「ソードアート・オンライン 15 アリシゼーション・インベーディング」が8月9日発売になるようだ。
「アクセル・ワールド 17」は10月か。

インベーディング(侵略)というと、やはりWeb版6章と転章Ⅱと8章の頭までだろうな。
最後まで「~ング」はやめないつもりのようだ(笑)

関連記事

第827回 小説家の作り方

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

野崎まど 「小説家の作り方」

   小説家の作り方

 ”小説”の作り方ではない。”小説家”の作り方である。

 二年前、大学卒業前に「大賞」を受賞してデビューした駆け出しの小説家・物美。
 彼が三年目にして初めてもらったファンレターには、とんでもないことが書いてあった。

 大学2年生だという紫依代(むらさき いよ)は、小説の書き方を教えて欲しいと言う。
 彼女が思いついたという”この世で一番面白い小説”とは?

 20歳にして5万冊の小説を読んだというが、書く方は全くダメであった。
 物見に送ったファンレターが人生で初めて書いた文章だと言う。
 莫大な知識というライブラリがありながら、それを外に出すメソッドを持たない彼女の指導を行うことになった物見。
 週一でマン・ツー・マンの小説教室を行うのだが・・・

 早々にネタバレしていますな。ちょっとあれを出すのは早すぎた感があります。
 「バベル」のスーパー・クラッカー7人衆の名前がすごい。
 しかし依代ちゃんに劣らず、編集部デスク・付白詩作子(つくしろ しすこ)27歳のキャラが映えている。
 「バキ」ネタが入っているぞ。
 
 ヒッターだって5千冊は軽く読んでいるぞ。なにか小説が書けるんじゃないだろうか?
 これを読んで思い出したのは松崎有理「あがり!」(第1回 創元SF短編賞受賞作)である。
 この世には到達してはいけないものがあるのだ。
 ターニング・ポイント。それ以前と以後に分かれる契機となるもの。二度と前の世界に戻れなくなる小説。
 「エヴァ」ネタが入っているぞ。

 いや~、変な人が変な所へ行くと変なことになるぞ。
 まさかこんな展開になるとは!
 「バベル」のクラッカー【答えをもつ者 Answer Answer】・在原露(ありわら あらわ)の登場で事態は終末に向かう。

 ”この世で一番面白い小説”を読むにはどうすればいいのか?
 ボトムアップ型の【人工知能 Artificial Intelligence】。
 J.P.ホーガンの「未来の二つの顔」を思い起こしますね~。
 「ソードアートオンライン」のアリシゼーションの終盤がここに!!

 これホラーだったの? SFではなくクトゥルーもの?
 ”この世で一番面白い小説”を書く小説家を作る物語でした。


 買い置きがあと1冊あるが、まだほかに読む本が山積みなので間をあけよう。

関連記事

第826回 ムカシXムカシ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

森博嗣 Xシリーズ④「ムカシXムカシ」 Reminiscence

 ムカシXムカシ

 全6巻予定だから全体の後半に入ったのだが、前巻から開き過ぎて人間関係がしばらく思い出せなかった。
 前作のレヴュー読んでやっと思い出したよ(笑)

 資産家の老夫婦が殺され、数百億の遺産が残った。
 鑑定とオークションを請け負った探偵兼美術鑑定家・椙田泰男と助手の小川令子、バイトの芸大生・真鍋瞬市、臨時雇いの真鍋の同級生・永田絵理子。
 その広大な敷地の屋敷の古井戸には、河童が出るという噂があった。

 いや、永田さん。あんた、相変わらずおもしろいよ! すごい好きだよ!!
 やはり登場人物たちの掛け合いの妙が、森ミステリィの楽しみだな。
 真鍋くんにはヒッターの部屋を掃除させられないな。全部捨てられそうだ。神原駿河の部屋の掃除に行ってもらおう。
 いや、解るよ真鍋くん。夕食後に女の子が一人でアパートに来たらねえ・・・。そして状況は更に悪化に向かう。(大笑)

 件の古井戸で発見された親族の男性の死体。さらに起こる密室殺人で、被害者は頭に皿を乗せられていた。
 鍵を握る「河童の日記」とは?

 そうだよね。密室の謎なんて犯人を捕まえて白状させればいいんだよね。
 依頼を受けてないし、そんなところに頭を悩ませてもしょうがないしね。

 で・・・結局、得をしたのは誰? (笑)
 さて椙田泰男(すぎたやすお)というのは当然偽名で、もう一つの偽名はあの人だと思いますが、Gシリーズの探偵・赤柳初朗さんとの関係は?

 ラストであの天才の影が見えたが、そういうカラクリだったのね。
 ひょっとすると犯人はあの人のもとへ?

 今回は西之園萌絵さんは出てきませんね~。このシリーズの本当の主人公は小川さんなのかな。

 既刊
 Xシリーズ(Gシリーズ⑤から分岐)
 ①イナイ×イナイ Peekaboo 
 ②キラレ×キラレ Cutthroat
 ③タカイ×タカイ Crucifixion
 

関連記事

第825回 花咲ける青少年 特別編 第5巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 樹なつみ「花咲ける青少年 特別編」第5巻(完)

   花咲ける青少年 特別編5

 最終巻はまるまる本編の続編となる「STRAY SHEEP編」

 立人(リーレン)が倣(ファン)グループの総帥を降りてから4年。
 花鹿は豹のムスターファを失い、倣グループは崩壊しようとしていた。
 そしてバーンズワースのキャピタル石油にも暗雲が立ち込めていた。
 肉食魚(バラクーダ)と異名をとる実業家に狙われていることを知った立人は・・・

 寅之介は結婚するのね(笑)
 感動の最終巻でした。

 次作は明治時代初頭を舞台にした、元新選組隊士・斎藤一を主人公とした「明治ことはじめ サスペンス・ロマン 一の食卓(はじめのしょくたく)」
 謎の多い斎藤一の裏の顔と、女性西洋料理人との運命的出会いとは!?

 楽しみです!!

関連記事

第824回 ネオ・ジオング

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

HGUC 1/144 ネオ・ジオング

 NZ-999 ネオ・ジオングの案内がついに来た。
 
 全高860mm・・・ですか・・・・
 hguc_neozeong.jpg

 もう言うことないな。

 そしてこんなものまで売り出すのか? という
 HGUC 1/144 ネオ・ジオング用 拡張エフェクトユニット“サイコシャード”
 http://p-bandai.jp/hobby/special-1000003745/

 1/144で660mm!!! これ付けるときは脚部は外すのか?

関連記事

第823回 キルラキル

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「キルラキル」Kill la Kill

 

 先日、  北米版  を紹介したが、あらためて録画したものを全部、見直した。
 昨年の10月から今年の3月までの放送で、もう北米版DVDが出るというのはすごいことである。
 英語の勉強のために小学校で教材化をしても良いのではないかと思うが、PTAの反撃が怖い。

 魔法少女モノの変身シーンでときめく男子は多いが、意表をつくシーンが多かった。
 ヌーディスト・ビーチの設定もすごいな。

 なんといっても主人公たちの着る神衣(カムイ)の布面積がなぜあんなに少ないのか?
 生命繊維(Life Fiver)との接触面積を最小にするためなのだ!

 
 さすがに「天元突破グレンガラン」を越えられなかったが、別の意味で超えたアニメーションでしたね。
 全員全裸になっての大団円でした。
 第16話のアニメ史上最速の総集編が見事であった。なんと15話分を1分50秒にまとめるとは!
 


 物議をかもし出したシーンであるが、あれは乳首ではなく血の滴る瞬間らしい。
 キラルキル22

関連記事

第822回 「悲業伝」予告

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新「悲業伝」の発売日が7月3日(出版情報)と4日発売(公式)の二つ情報が流れているが、なぜなんだろう?

 《紹介文》
 少女よ、生き抜け。英雄には、作れない伝説もある。
 強い自意識を抱え続けてきた十三歳の少女・手袋鵬喜(てぶくろ ほうき)。
 魔法少女製造課課長・酸ヶ湯原作に才能を見出され、変人揃いのチーム『サマー』に配属されることに。
 しかし、四国全住民失踪事件の捜査に訪れた英雄・空々空により、彼女の世界と自己愛は、粉々に破壊されてしまう。
 特別な自分に返り咲くために必要なのは、究極魔法――!?
 一方、地球撲滅軍の才女・氷上竝生(ひがみ なみうみ)と最凶科学者・左右左危(ひだり うさぎ)は
 暴走した最終兵器『悲恋』を追って四国を目指す。
 魔法と科学、相反する力の一騎打ちが始まる!

 
 7月にこれが出るということは「続・終物語」は8月だろうか?
 「花物語」の放送延期も8月だしな。
 値段が税込1404円というのは、相変わらず財布にきついな。

 四国編で主人公は果たして予告どうり死ぬのだろうか。
 ぜひ、「悲録伝」も書いて欲しい。
 

 悲業伝

関連記事

第821回 ヘルマン革命(5)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 Rance Ⅸ -ヘルマン革命-

 5周目。
 もうX4モードでは楽勝で進む。

 戦姫イベント「山菜摘み」、「戦の真実」発生。
 ピグイベント「大地の栄養」発生。
 第15章ラストで全ルート解放。
 ランス9FINAL

 ピグ・ルートから攻める。エンディングをゲットしてからシーラ・ルートへ。
 ピグ クリア

 2周目で2時間かけて倒せなかったバレンタインを7ターンで撃破。
 エンディング回収。このエンディングは良いなー。
 むう、ここで隠しイベントがあることが判明。
 シーラクリア

 最後に戦姫ルートに移行。運命武具《銀杏吹雪》をゲット。
 戦姫クリア

 全ルートクリアで本ゲームの真・エピローグ完成! 最終目的が達成された。
 シィルちゃんの氷がついに溶かされ、復帰するのである。
 シイル

 ここまでのCG回収数は183/188である。

 未回収のBAD ENDがあるので6周目はめちゃくちゃルートを試してみるか。
 熟練P、GOLDは8倍になるが敵の強さも8倍に。
 目的は達したので、レビューはここまでにしよう
 

関連記事

第820回 ゆきずりエマノン

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

梶尾真治 「ゆきずりエマノン」

 ゆきずりエマノン
 3月に徳間文庫版が出たのだが買っていない。
 なぜなら新書判が買い置きの山に埋まっているからだ(笑)
 帯に9年ぶりの新作と書いてあるが、発行は2011年5月31日とある。
 3年間寝かせてあったのだな~

 ・おもいでレガシー
 人に近づくとその人の記憶が入ってくる。成長するにつれて強くなる能力に水野香澄はとうとう拒人症状を発し引き篭るようになった。
 人とほとんど接触しないという、墓地のの手入れをする仕事に生きがいを見つける内に、隣接する老人ホームから、車椅子に座った老人の視線を感じる。
 危篤になった浦川老人が香澄に渡した銀色のボトル。流れ込んでくる浦川老人の記憶の中で、エマノンという少女からボトルを預かる約束をした少年の頃の約束。

 葬儀から数日後、香澄の前に現れたのは浦川老人の記憶と変わっていないエマノン。
 70年前に預けられたボトルが、浦川アツシの存命中にエマノンに渡されない場合の保険。
 数百年ごとに起こる、致死率の高い正体不明の病気に対抗する生物界の防御システム。
 その元となる植物の種子が入った銀色のボトルを、エマノンに渡すためだけに香澄に備わった能力。
 それは香澄を苦しめたが、しかし、エマノンの膨大な記憶の重圧には敵わないだろう。

 そしてエマノンは、重大な使命を果たし終えた香澄は誇りを持って普通に生きていけると言う。
 エマノンがこのボトルを取りに来たのは、その種子を蒔く時期が近づいているのだろうか。

 ・ぬばたまガーディアン
 なんだか判らない”衝動”に導かれ、山間の村落跡を訪れたエマノン。
 エマノンが次世代に移行するときの”衝動”とは違う、数十万年、数百万年サイクルで生物の進化の節目に訪れる”感覚”。
 そこには精神生命体により、まだ人類には開放されていない能力を引き出された人間たちが居た。
 彼らはなぜエマノンを呼んだのか。それは地球の生物の進化の歴史を記憶するエマノンに、これから起こることを記憶してもらうため。
 そして数千年、数十万年後に再び起こるかも知れない災禍に、人類が立ち向かう能力を持っていることを覚えていてもらうため。
 その時、自分たちが間に合うかどうか判らないからだ。そしてエマノンが目にしたものは・・・

 ・いにしえウィアム
 千五百年前、遣隋使に同行して向かいの半島に渡った時以来、何度、ここに来たのか。本能に導かれるまま博多湾から船に乗るエマノン。
 同じ船に何かに導かれるように失業者、毛谷村研一も同乗していた。ふたりの韓国・釜山(プサン)の旅が始まる。
 旅慣れた様子のエマノンは、どこの言葉も自然に覚えたと気怠げに語り、研一との約束を果たすと言う
 どうやら無銭旅行をしているらしいエマノン。支払いは全部、研一持ちである。
 翌日、釜山から蔚山(ウルサン)へ向かうふたり。
 人間に生まれ変わりなど無いと言うエマノンと、4百年前の記憶を蘇らせる研一。
 義岩(ウィアム)の地で、さらに千年以上前に交わされたエマノンとの約束とは?

 エマノンはこの約束に生物界の進化の一助を感じていたのか?

 ・あさやけエクソダス
 エマノンに不定期に突然、起こる”呼び掛け”。
 それは人間と限らず、種としての臨終を迎えるもの、新しい種へ進化するものの戸惑い。
 その”呼び掛け”の真実を知るため、孤島に渡ったエマノンの前に現れた生物とは?



 これであと未読なのは、昨年出版された「うたかたエマノン」だな。
 これは文庫化を待とう。またいつの日にかエマノンに会えるという希望を残しておかねば。

関連記事

第819回 吾妻ひでお

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

総特集「吾妻ひでお」 美少女・SF・不条理ギャグ そして失踪
 吾妻ひでお おもて

 「アル中病棟」を読んで、たしか途中まで読んだ特集本があったはずだと探し出す。
 やはりこのムックはお宝になりそうだ。
 
 フルカラー8P「SF玉手箱」
 対談は吉田秋生、山本直樹
 特別寄稿に諸星大二郎、坂本龍一、高橋留美子、危機地成孔、すがやみつる、ゆうきまさみ、まつもと泉、とり・みき、竹本泉。赤井孝美、いしかわじゅん、新井素子、大塚英志、。
 萩尾望都との特別描き下ろし合作マンガ「愛のネリマ・サルマタケ・ゾーン」
 単行本未収録作品の掲載
 カラーイラスト・ギャラリー

 が掲載されている。


 半年の失踪から家に戻ったとき
 娘「どこに行ってたのっ!」
 父「取材旅行に行ってた」
 娘「ウソつけ!!!」

 12年後、「失踪日記」発売
 娘「本当だったのか(ある意味)」

 巻末の全430作品リストがありがたい。
 「パラレル教室」、「不条理日記」、「贋作ひでお八犬伝」、「ひでお童話集」、「狂乱星雲記」、「メチル・メタフィジーク」、「スクラップ学園」、「ひでおと素子の愛の交換日記」。
 懐かしいタイトルだ。かなり押入れの奥の方に入っているな。
 吾妻ひでお うら

 「アル中病棟」を語る
 http://matogrosso.jp/aruchu/aruchu-01.html

関連記事

第818回 蔵書管理2014年5月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2014.05

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。5月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2014年5月31日で 21,422冊(先月増+34冊)となった。
 まあ、ゲームにハマっていたので、よく読んだほうだろう。
 6月はもっと頑張りたい。

 内訳は
 小説  6,743冊
 コミックス 14,240冊
 エッセイ、NF他 439冊 である。

 ・6月の予定
  ペリーローダンがまた溜まってきたので消化。
 万能鑑定士Qなどを処理できなかったので読むこと。あと3冊だ。
 ともかく、買い置きの山を減らす。数年放置してあるものを読もう。
----------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第10回

 ラリー・ニーヴン ノウンスペース(既知宇宙)シリーズ  Known Space

 多くの短編と長編からなる小説群。
 かなりハマったので、あらためて纏めてみると感慨深い。未訳のものも多い。

 宇宙に進出した人類は徐々に生活圏を広げていくが、当然、他の知的生命体との遭遇、衝突も起こる。
 次第に明らかになる宇宙史と人類の秘密。謎の構造物「リングワールド」。

 ・太陽系(ソル)辺境空域 Tales of Known Space
 太陽系辺境空域

 好戦的で巨大な猫に似たエイリアン・クジン人との初遭遇。
 ノウンスペース・シリーズの重要人物ベーオウルフ・シェイファー、ルイス・ウーが登場する。。
 その他、人類が出会うさまざまな種族との物語を紡いだ短編集。

 収録
 (20世紀)
 「いちばん寒い場所」 The Coldest Place 
 「地獄で立往生」 Becalmed in Hell 
  「待ちぼうけ」 Wait It Out 
 「並行進化」 Eye of an Octopus 
 (21世紀)
 「英雄{ヒーロー}たちの死」 How the Heroes Die 
 「ジグソー・マン」 The Jigsaw Man 
 (22世紀)
 「穴の底の記録」 At the Bottom of a Hole
 「詐欺計画罪」 Intent to Deceive 
 「無政府公園{アナーキー・パーク}にて」 Cloak of Anarchy 
 「戦士たち」 The Warriors 
 (27世紀)
 「太陽系(ソル)辺境空域」 The Borderland of Sol 
 (29世紀)
 「退き潮」 There is a Tide
 (32世紀)
 「安全欠陥車」 Safe at Any Speed 

 ・プタヴの世界  World of Ptavvs
 プタヴの世界
 22世紀。イルカたちが深海で発見した奇妙な姿の〈海の像〉。
 事故によって15億年間“停滞状態”にあったスリント人は強力なテレパシー能力全銀河を支配していた種族だった。
 “スレイヴァー(奴隷使い)”とも呼ばれたスリント人はなぜ滅びたのか。
 15億年後の世界でスリント人クザノールはその謎を解こうとし人類と対立するが、それは太陽系に拡大した人類同士の確執に進んでいく。

 ・プロテクター Protector
 プロテクター

 3つの中編からなる連作物。
 「フスツポク」
 22世紀。放射能鉱石採掘を生業とする小惑星帯人ジャック・ブレナンは、トロヤ群でモノポール採掘中に謎の物体の接近を探知した。
 彼の目前に姿を現したのはパク人のプロテクターであるフスツポクが乗る異形の宇宙船。
 人類にとって異形なエイリアンとの初遭遇と、その目的は?
 「ヴァンダーヴェッケン」
 24世紀。パク人は動物と変わり無い“幼年期”から“ブリーダー期”を経て”プロテクター”へ肉体が変化する。
 強靭な肉体と永遠に近い寿命を持ち、人類を遥かに凌駕する明晰な思考と高い知性を備えたプロテクター。
 だが、プロテクトとは「何」から「何」を守るためのものなのか? 密かなる人類の存亡を賭けた戦いが起こる。
 「プロテクター」
 明かされる衝撃の事実。

 ・中性子星  Neutron Star
 中性子星

 8編の短編からなる連作集。ベーオウルフ・シェイファーがこのうち4編に登場する。
 (25世紀)
 「狂気の倫理」 The Ethics of Madness
 (27世紀)
 「中性子星」 Neutron Star
 「帝国の遺物」 A Relic of Empire
 「銀河の〈核〉へ」 At the Core
 「ソフト・ウェポン」 The Soft Weapon
 「フラットランダー」 Flatlander
 「恵まれざる者」 The Handicapped
 「グレンデル」 Grendel

 ・リングワールド Ringworld
 リングワールド
 ベーオウルフ・シェイファーの義理の息子、ルイス・ウーが200歳の誕生日に、パペッティア人のネサスに見せられた1枚の写真。
 恒星の周囲を取り巻く薄いリボンの輪のような構造物《リングワールド》の謎を解くべく、ルイス、ネサス、クジン人の〈獣への話し手(スピーカー・トゥ・アニマルズ)〉、そして、なぜ参加したのかわからない謎の女性、ティーラ・ブラウン。
 苦難の末、たどり着いた《リングワールド》とは?

 ・リングワールドふたたび The Ringworld Engineers
 リングワールドふたたび

 謎の人工世界《リングワールド》探険の旅から23年経った。ルイス・ウーはパペッティア人の〈至後者(ハインドモースト)〉の依頼でふたたび《リングワールド》に向かう。
 《リングワールド》の〈建設者〉の秘密とは? ふたたび訪れた巨大な環状世界は破滅寸前だった。
 中心がずれたため、あと1年半で太陽と接触し、すべてが粉々に崩壊するというのだ。
 ルイスたちは必死でこの危機を防ごうとするが・・・。 
 衝撃の結末を迎える第2部。

 ・リングワールドの玉座 The Ringworld Throne
 リングワールドの玉座

 G2型矮星の周囲をめぐる、地球の公転軌道よりわずかに大きい直径の厚さ数マイルのリボン状人工世界《リングワールド》。
 この広大な世界に暮らすさまざまな種族は異種族間の性交が重視されていた。
 三度目の冒険に旅立つルイス・ウーはリングワールド》に近づく宇宙船を攻撃する防衛機構と、大量発生した〈吸血鬼〉の謎に直面する。


 未読なので紹介できないもの
 ・「地球からの贈り物」 A Gift form Earth
 ・「不完全な死体」 The Long ARM of Gil Hamilton
 ・「パッチワーク・ガール」 The Patchwork Girl
 ・リングワールドの子供たち Ringworld's Children(早く文庫化してくれ~)

関連記事