まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第756回 蔵書管理2014年3月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2014.03

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。3月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2014年3月31日で 21,347冊(先月増+19冊)となった。
 先月の反動か、過去最悪の読書数である。
 原因は解っている。
 手元に読みかけの本が6冊(いつも数冊同時に読む癖がある)あるのと、MMO-RPG「FFXI」をやっていたのと、2冊の本のまとめにやたら時間がかかったのと、大雪のための雪かきのせいである。
 4月に挽回しなければならない。

 内訳は
 小説  6,709冊
 コミックス 14,199冊
 エッセイ、NF他 439冊 である。

・4月の予定
 
 ちょっと読みやすそうなのを優先。
 ペリーローダン翻訳版の読み進め。
 今月は1冊(456)しか読まなかったが、また2冊追加(468,469)まで買ってきちゃった。

----------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第8回

スティーヴン・バクスター ジーリー・シリーズ  Xeelee

 この宇宙が誕生してから最初に発生した知性体ジーリー。
 バリオン物質(陽子や中性子などから成る通常物質)世界の王として君臨する存在。
 人類文明はこの存在の高度な技術を様々な場所で発見し、利用して発展していく。
 その過程で様々な異星種族から支配を受けつつも銀河有数の文明へと躍進し、ついにはジーリーに匹敵する高度な文明を築いてジーリーとの対決に至る。
 宇宙開闢から終末までの遠大な年代記である。

 ジーリーの宿敵、フォティーノ・バード。
 バリオン物質と背中合わせに存在する暗黒物質世界の覇者たる、光子の超対称性粒子・フォティーノを主体とした存在。
 ジーリーはフォティーノ生命体がこの宇宙の寿命を短縮させていることに気付いていた。
 フォティーノ・バードは生存のために冷えて安定した重力井戸を必要としており、恒星進化に伴う巨星化や超新星化は望ましくなく、恒星内部の核融合反応を阻害していた。
 だが、ジーリーの超技術、銀河それ自体を投射する銀河ミサイルすら重力以外にほとんどフォティーノ・バードに相互作用することなく、正面からの対抗は不可能であった。

 ・天の筏  Raft
 天の筏
 重力定数が10億倍の宇宙に迷いこんだ宇宙船乗組員の末裔たちは、呼吸可能な大気に満たされた〈星雲〉で生き延びていた。
 彼らは宇宙船の残骸である円盤状の筏〈ラフト〉を中心にして社会を形成し、過酷な環境に耐えてきたのだが〈星雲〉の寿命が残り少なくなったいま、人々の命運も尽きようとしている。
 この危機を打開すべく、勇気と好奇心にあふれる少年リースの冒険が始まった。

 ・時間的無限大 Timelike Infinity
 時間的無限大
 人類は、木星軌道上に設置したワームホールをタイムマシンに転換すべく奮闘していた。
 そんな時、そのワームホールから未来人の船が現れた。
 乗っていたのは〈ウィグナーの友人〉と名乗る人々で1500年未来の地球を支配する異星種属クワックスを滅ぼすためにやって来たのだという。
 だが、その裏には途方もない意図が。
 1500年の時に隔てられた二つの太陽系の抗争を壮大に描いた傑作長篇。

 ・フラックス  Flux
フラックス
 強力な磁場を持つ中性子星「スター」の内部では、体長約10ミクロンの微小な人類が驚くべき都市を形成していた。
 だが近年、グリッチと呼ばれる星震現象が頻発し、人類の居住域は徐々に崩壊しつつあった。
 想像もつかないほど強大な何かが「スター」を騒がせているのか。その陰には宇宙の支配的種属ジーリーに関わる重大な秘密があった。
 
 ・虚空のリング Ring
虚空のリング〈上〉虚空のリング〈下〉
 3953年。人類はワームホール・テクノロジーの開発により、着々と版図を拡大しつつあった。
 ところが、太陽をはじめとする主系列星に思わぬ異常が発見された。
 恒星の進化過程が何百倍にも加速され、恐るべきスピードで銀河が老化しているのだ。このままでは、遠からず宇宙は死滅してしまう。
 この異変の謎を探るべく、最新鋭の宇宙船「グレート・ノーザン」が、ワームホールを利用して500万年後の未来へと旅立つ。
 未来の太陽系に到着した「グレート・ノーザン」の一行は、太陽の中に住まう女性リゼールから驚くべき事実を告げられた。
 恒星を抹殺しているのは、人類とは全く異質な暗黒物質生命だと言う・
 これに対抗できるのは宇宙の支配的種属ジーリーのみ。
 かくして一行は一縷の望みを託し、宇宙の彼方にあるジーリーの拠点、謎の建造物「リング」へと赴く。

 ・プランク・ゼロ <ジーリー・クロニクル1> Vacuum Diagrams 1/2
 ・真空ダイヤグラム <ジーリー・クロニクル2> Vacuum Diagrams 2/2

プランク・ゼロ真空ダイヤグラム
 プロローグ:イヴ
 連作短篇集の導入部。地球人大使ジャック・ラウールの前に、死んだ妻イヴの姿を持った何かが現れる。
 《イヴ》はジャックに、人類と宇宙の関わりを様々なエピソードを通じて提示し始めた。

 第1部:人類、拡張の時代
 人類が太陽系外の知的種族と接触し、ジーリーの存在を知るより前の時代。
 「太陽人」、「論理プール」、「グース・サマー」、「黄金の繊毛」、「リゼール」

 第2部:スクウィームによる人類支配の時代
 人類が太陽系外知性体とファーストコンタクトした時代。
 無防備な人類を魚群型種族スクウィームが征服し、支配下に収めた時代。
 「パイロット」、「ジーリー・フラワー」、「時間も距離も」、「スイッチ」

 第3部:クワックスによる人類支配の時代
 スクウィームによる支配が終わったが、再び人類は別の異星人・クワックスに征服される。
 「青方偏移」、「クォグマ・データ」、「プランク・ゼロ」

 第4部:同化の時代
 人類は2度にわたる異星人による支配を経験した。
 今後、他種族に征服されることのないように、接触した異星人文化を同化もしくは破壊するという形で勢力を広げていく。
 「ゲーデルのヒマワリ」、「真空ダイアグラム」
 
 第5部:ジーリーとの闘争の時代
 異種族文明との同化を続けた地球人類は、遂にジーリーに継ぐ位置に達する。
 しかし、人類はジーリーに対し敵意を抱き、、戦いを挑んでいく。
 「密航者」、「天の勝利」、「ヒーロー」

 第6部:ジーリーとフォティーノ・バードの闘争
 ジーリーはタイムシップを開発して五十億年前の過去へと戻り、自らの進化過程に介入して壮大な事業に耐えられるように改造した。
 その事業とはこの宇宙の相転移の際に線状欠陥として取り残された「宇宙ひも」を組み合わせた直径1千万光年の《リング》。
 《リング》はあまりにも莫大な質量から、周囲の銀河を引き込んで物質を吸収していた。
 人間が文明を持ってから宇宙を観測した際に発見した、銀河を吸い寄せる《グレート・アトラクター》の正体。
 フォティーノ・バードの存在を知らない人類はジーリーと敵対し、その目的もわからず《リング》を破壊しようと中性子星を砲弾として投射したが果たせず、逆にジーリーに滅ぼされる。
 「秘史」

 第7部:宇宙の終幕 
 星々が急激に寒冷化し、あらゆるバリオン生命が死に絶えていく中、地球に生き残った人類の末裔は・・・
 「〈殻〉」、「八番目の部屋」、「バリオンの支配者たち」

 エピローグ:イヴ
 宇宙が終焉を迎える未来まで物語を《イヴ》から聞かされたャック・ラウール。
 彼がこれからとる行動とは?


 未訳の「Destiny's Children」を早く翻訳してほしいな、早川書房さん。

関連記事
スポンサーサイト

第755回 アル中病棟

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

吾妻ひでお 「失踪日記2 アル中病棟」

  アル中病棟

 前作「失踪日記」から8年の時をかけて綴られた、アルコール中毒症となった作者の自虐伝第2弾。
 ヒッターもアル中気味と言われるので、身につまされる話だ。
 酒を飲めなくなる薬・抗酒剤(シアナマイド)でも処方してもらおうか。


 作中でも出てきた電気ブランは一度飲んでみたい。取り寄せようかな。
 やはり酒飲みは死ぬまで酒飲みだ。

関連記事

第754回 這いよれ!ニャル子さん 完結

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

逢空 万太「這いよれ!ニャル子さん 12」
 這いよれ! ニャル子さん 12

 とりあえず12巻で完結したようだ。
 前巻のラストの翌朝から始まるいつもの邪悪な日常にさらにひとり増えてしまった真尋くんの家。
 クリーンエネルギー「性力発電」ってなんですかクー子さん!
 謎の食材を調理するニャル子でさえ危機を感じて封印するという暮井珠緒の料理とは!!
 物語の中ではニャル子が来てから4週間しか経っていないのか!!!

 まあ、ラストなので詳しいことは書きませんが、ついに真尋くんが言ってしまう”あの言葉”。
 そしてその本体を顕現するニャルラトホテプ。
 良いクトゥルフ神話でした。

 円盤が売れなかったからアニメの3期はないだろうな~

 たしかに2話は危ないネタだったな


 関連記事
 第110回 這いよれ!ニャル子さん
 第413回 這いよれ!ニャル子さん W
 第466回 ニャル子

関連記事

第753回 超時空要塞マクロス

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

超時空要塞マクロス

 TV新シリーズが始まるというが、詳細がまだ不明だ。
 今年はヤマト、ガンダム、マクロスと長命シリーズ作品ラッシュか。
 845583410.jpg

 マクロスといえば可変戦闘機(ヴァリアヴル・ファイター)バルキリーが人気だが、ヒッターは超長距離砲撃型デストロイド、HWR-00-Mk.II モンスターが好きであった。
 「異星人の巨大兵器を大火力によって撃退する」という大時代的発想のもと、約五年の歳月を費やし開発に固執した史上最大の非軌道陸戦兵器。
 統合軍本部が本機をいったいどのような局面で使用するつもりだったのか、開発目的が不明確で、保有したいがために開発した感が強いという設定が面白い。
 むかし作ったのは壊れてしまったので、また買おうかな~
デストロイドモンスター

 アーマード・バルキリー「VF-25F」を買ってあるのだが、いつもどおり手をつけていない。
VF-25F 01

 完成予想図
アーマードバルキリー

 板野サーカスは見ごたえがあるのだが、宇宙空間でのあのミサイル機動は本体にスラスターでも付いているのだろうか?


 ともかく新作に期待である。

関連記事

第752回 ショートアニメ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ショートアニメ

 ノイタミナ 深夜枠10周年記念ショートアニメ「ポレットのイス」


 海外の反応で紹介されていたのだが、ほのぼのする作品である。

 もう一つ紹介されていたのが「フミコの告白」


 どちらも良い出来で、ついでにショートアニメを検索してみる。
 いろいろあったが興味を惹かれたのが
 「武装中学生 バスケット・アーミー#1」
 

 全5話が作られた。

 しかしショートアニメの白眉といえばガンソードさん「うぎゃ」である。


 いや~、「ガンXゾード」もう一度観たいな。名作であった。やはりこの曲がいいね。最終回がすごかった


 ガンソード 童貞宣言シーンまとめ
 http://nicoviewer.net/sm147273

 GUN×SWORD ガンソード  名シーン集
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8769089

関連記事

第751回 星界の断章Ⅲ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

森岡浩之 「星界の断章Ⅲ」

 第385回で紹介した「星界の戦旗Ⅴ」以来、1年ぶり出版された第3短編集。7つの短編が収録された。
星界の断章III600px-Iac_fadr_945.png

 野営
 皇族(ファサンゼール)の章
 一生の大部分を宇宙船の中で暮らすアーヴにとって、隔壁のない地上世界は空気漏れの恐怖に襲われる世界であった。
 その地上でのサバイバル訓練は星界軍(ラプール)修技館訓練生に必須のものであった。
 のちの第28代皇帝となるアブリアル・ネイ=ラムサール・アブリアル伯爵(ドリュー・アブリアルサル)・ドゥサーニュ。
 のちの星界軍元帥となるアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・クリューヴ王(ラルス・クリュブ)・ドゥビュース。
 ふたりの若い皇族の王子が1日交代の衛旗士となった夜、「八頸竜(ガフトノーシュ)の紋章」の帝国旗が盗まれるという事件が起こる。
 残されたメモに従い、山に登ったふたりはその夜のうちに取り戻したのだが、いったい誰が盗んであっさり返したのか?

 貴族(スィーフ)の章
 のちの星界軍大提督、スポール・アロン=セクパト・レトパーニュ大公爵(ニーフ・レトパン)・ペネージュ。
 スポールの中のスポール、スポール氏族が千年にわたって洗練してきた婉曲な罵倒の技術を芸術の域まで高めた人物も、当時はまだ訓練生だった。
 大公爵家の次期当主である公女と、スファグノーフ侯爵公子リュトレーが衛旗士の当番だった夜、帝国旗(ルエ・ニグラー)が盗まれるという事件が起こる。
 残されたメモに従い、山に登ったリュトレーは無事に帝国旗を取り戻すが、ペネージュは犯人を捕まえるまで戻らないという。
 掲揚式の時間までに旗を持って戻らなければならないのだが?

 士族(リューク)の章
 衛旗士(グラポリア)は身分の高い者か成績優秀な者が1日ずつ担当する。
 訓練後の後納式で帝国旗を引き継ぎ、翌朝、訓練前に掲揚式で旗を掲げ、後納式後に次の担当へ引き継ぐ。
 夜間は二人が交代で帝国旗のある天幕で仮眠を取り、一人は立哨に立つ。
 深夜、訓練生ノールは物音で目覚めた。誰かが天幕に侵入しようとしている。立哨のサガージュは司令に報告に行くが、戻ると帝国旗は盗まれ、ノールは眠らされていた。

 さて、現場にやって来た司令のとった行動は?そして真実は?

 皇族、貴族、士族、それぞれの対応が面白い。この話はそれぞれDVDのおまけの小冊子だったのか。

 出奔
 アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・ウェムダイス子爵(ベール・ウェムダイサル)・ドゥヒールが13歳の時、彼は家出を決意した。
 第27代皇帝(スピュネージュ)アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・アブリアル伯爵(ドリュー・アブリアルサル)・ラマージュの孫、クリューブ王(ラルス・クリュブ)ドゥビュースの息子、アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵(ベール・パリュン)・ラフィールの弟である少年はクリューブ王宮から叔母ラムリューヌの船に密航し、帝都(アローシュ)ラクファカールの帝宮へ向かう。
 しかし隠れ潜んだ庭園匣は途中でラクファカールから恒星間移民船に積み替えられてしまう。
 目的地まで八十年かかる移民船に救助は来るのか?

 介入
 「アーヴによる人類帝国」が建国された時代。
 ベリサリア星系惑星モメンタの政府は苦境に立たされていた。
 八十三年前、スーメイ人と取引した超光速航法の支払い期限が訪れたのだが、返済に充てる植民惑星が準備できなかったのだ。
 代わりに星系政府のあるモメンタの1大陸を要請され、軌道上にスーメイ人の艦隊が押し寄せている。
 さらにアーヴの艦隊が帝国を造ったからよろしくと挨拶に来た。
 鳩首会議の結果、アーヴ艦隊へ特使と交渉官が送られるが?

 《星たちの眷属(カルサール・グリューラク)》アーヴの帝国拡大期に立ち会った地上人の哀歌。いや、アーヴと交渉するのはアーヴでなければ無理なんじゃない?(笑)

 誘引
 はた迷惑なスポール氏族のお話(笑) ろくな性格の人物がいないな~

 海嘯
 アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・ゲムファーズ子爵(ベール・ゲムファド)・ラムリューヌ。
 帝国(フリューバル)に八人いる王(ラルス)は帝都(アローシュ)の《門(ソード)》を管理し、皇帝(スピュネージュ)の名代を果たす。
 しかし皇族(ファサンゼール)は皆、王になるのを嫌がり、なんとか逃れようと押し付けあう。面倒くさいからだ。
 ラムリューヌは兄のドゥビュースにクリューブ王を譲ることに成功した。そして子爵領である惑星スィルメーの改造・有人化で伯爵領化し、ゲムファーズ伯爵(ドリュー・ゲムファド)への準備を始めた。
 帝国の惑星改造(テラ・フォーミング)技術は進み、現在は約30年で完了する。しかし、ラムリューヌが領地を訪れたとき、重大問題が持ち上がっていた。
 対応を間違えれば改造計画は10年遅れる。タイムリミットは27時間。今から業者を呼んでいては間に合わない。
 緊急事態にラムリューヌがとった策は?

 離合
 「アーヴによる人類帝国(フリューバル・グレール・ゴル・バーリ)」が、「人類統合体」、「人民主権星系連合」、「拡大アルコント共和国」、「ハニア連邦」の4カ国連合(ブルーヴォス・ゴス・スュン)と戦争状態に入った時代。
 4カ国連合の強襲により、帝都(アローシュ)ラクファカール陥落の危機が迫る。
 クリューブ《門》前線では皇帝ラマージュが近衛艦隊を率いて戦いに赴き、皇太子ドゥビュースは遷都のために帝都を離れた。
 大小の宇宙船の集合都市であるラクファカールは脱出組を分離し、防衛要塞と化していた。
 ラフィールの友人エクリュア・ウェフ=トリュズ・ノールの遺伝子提供者、コリュア・ウェフ=ボーザク・コンサ千翔長は、かつての想人エクリュア・ウェフ=トリュズ・ナースと十数年ぶりに出会う。
 交易商人になるため一度退役したナースは帝都防衛団(ソブレラク・アロク)に入り、ラクファカールと運命を共にした。
 
 人気の高いノールの父と母に当たる二人。軍人としてナースと別の道を進んできた母・コンサはいつかノールに会うことがあるのだろうか。

 来遊
 アーヴが都市船《アブリアル》で星ぼしの間を交易していた時代、ひとりの地上人が冷凍睡眠をしながら《アブリアル》を追ってきた。
 彼の理論とアーヴの持つ「源泉粒子」の展開実験により、新航法の実験が始まる。
 最初の《門(ソード)》の開口。新開発の時空泡発生機関(フラサテイフ)搭載機による《門》通過実験。そして有人突入実験。
 アーヴより短命な地上人は、それを見届ける頃にはもう余命幾ばくもなかった。
 彼は最後に「土の下に埋めてくれ」と遺言する。アーヴの1代限りの30番目の氏族として。

 短編もいいけど「星界の戦旗」第2部を早く再開してほしいな~。


 アーブ(Abh)根源29氏族
 1.アブリアル(Ablïarsec):語源は「天照(アマテラス)」。建国帝アブリアル・ドゥネーの兄弟子女の直系八王家(ガ・ラルティエ)のみがアブリアルの姓を名乗る。
   家徴:アブリアルの耳(ヌイ・アブリアルサル)と呼ばれる上部が尖った耳。
 2.イーデフ(Idaimh):語源は「牛(いなみ)」。
   家徴:イーデフの氷の瞳(キレーフ・ソニナ・イーブム)と呼ばれる銀色の虹彩。
 3.エスレル(Aislairec):語源は「尾(あしたれ)」。
   家徴:エスレルの鼻(カーニュ・エスレラル)と呼ばれる美しい曲線を描く鼻梁を持つ鼻。
 4.エーフ(Aimh):語源は「亢(あみ)」。
   家徴:エーフの銀髪(リナージュ・エム)と呼ばれるひと房の白い髪。
 5.エミュール(Aimemyrh):語源は「畢(あめふり)」。 
   家徴: エミュールの髪(フィス・エミュール)と呼ばれるグラデーションのある髪。毛先の色素が退色。
 6.カリュー(Calyc):語源は「室(はつい)」。
   家徴:共通するものはないが、一般に痩せ形で長身。
 7.キリーシュ(Cilych):語源は「斗(ひきつ)」。
   家徴:キリューシュの目(ネ・キリュク)と呼ばれる眦が裂けたような独特な形の目。
 8.コトポニー(Cotponic):語源は「星(ほとほり)」。
   家徴:コトポニーの鮮血の唇(ピュール・シュリラ・コトポニール)と呼ばれる毒々しいまでに紅い唇。
 9.サリーシュ(Sarrych):語源は「参(からすき)」。
   家徴:サリューシュの冠(ソピュール・サリク)と呼ばれる内側にはねる癖毛。
10.スネーシュ(Snœch):語源は「觜(とろき)」。
   家徴:スネーシュの星(コス・スネク)と呼ばれる虹彩にある銀色の斑点。
11.スポール(Spaurh):語源は「昴(すばる)」。主機関子の末裔。
   家徴:スポールの紅瞳(キレーフ・ピアナ・スポル)と呼ばれる赤色巨星のように暗い紅色の虹彩。
12.ソスィエ(Sosïéc):語源は「胃(こきえ)」。
   家徴:ソスィエの冠(ソビュール・ソスィエル)と呼ばれる光沢のある髪。
13.ダーショ(Dachoc):語源は「心(なかご)」。
   家徴:ダーショの眉(ボーイ・ダーショール)と呼ばれる細くくっきりした眉。
14.ダベーム(Dabaimec):語源は「壁(なまめ)」。
   家徴:ダベームの菱(キュス・ダベーマル)と呼ばれる空識覚器官の赤い縁取り。普段は頭環で見えない。
15.ドゥニューク(Duneucec):語源は「柳(ぬりこ)」。
   家徴:黒檀のごとく黒い肌。
16.トリーシュ(Tlirh):語源は「井(ちちり)」。
   家徴:共通のものはない。
17.トレーフ(Tlaimfh):語源は「婁(たたら)」。
   家徴:トレーフの星(コス・トレム)と呼ばれる爪の中央に浮き出た赤い斑点。
18.ニューシュ(Nych):語源は「女(うるき)」。
   家徴:ニューシュの牙(セーヴ・ニュク)と呼ばれる発達した犬歯。
19.ビボース(Biboth):語源は「箕(みぼし)」。主観測子の末裔。
   家徴:ビボースの冠(ソピュール・ビボト)と呼ばれる柔らかい巻き毛。
20.ビュセーク(Beussaicec):語源は「軫(みつかけ)」。
   家徴:ビュセークの鬣(レセーフ・ビュセーカル)と呼ばれる濃淡二色になった髪。
21.フィムゲーム(Fimegaimec):語源は「危(うみやめ)」。 
   家徴:フィムゲームの星(コス・フィムゲーマル)と呼ばれる眉間にある黒子。
22.ラムケーム(Lamcœmec):語源は「鬼(たまほめ)」。
   家徴:ラムケームの冠(ソピュール・ラムケーマル)と呼ばれる毛の長さが不ぞろいな独特の髪型。
23.ラリューシュ(Larych):語源は「翼(たすき)」。
   家徴:ラリューシュの紋章(アージュ・ラリュク)と呼ばれる手の甲にある菱形の痣。
24.リニューク(Lineucec):語源は「張(ちりこ)」。
   家徴:リニュークの額(ズューク・リニュク)と呼ばれる秀でた額。
25.ルー(Ruc):語源は「角(す)」。
   家徴:ルーの鼻(カーニュ・ルール)と呼ばれる丸みを帯びた鼻。
26.レペス(Rœpœss):語源は「房(そいぼし)」。
   家徴:レペスの指(ギューヴ・レペト)と呼ばれる細く繊細な指。
27.ローフ(Lomh):語源は「氐(とも)」。
   家徴:ローフの金瞳(キリーフ・エンピュカ・ロム)と呼ばれる、黄金を湛えたような瞳。
28.ロセーシュ(Losaich):語源は「奎(とかき)」。
   家徴:セーシュの目(ネ・ロセク)と呼ばれる茶褐色の虹彩に青い縁取りのある目。
29.ロビート(Lobitec):語源は「虚(とみて)」。
   家徴:ロビートの髪(ヒュス・ロビータル)と呼ばれる緑色の髪。

関連記事

第750回 「花物語」放映決定

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

「花物語」放映決定

花物語 放映

 意外と早かったね。5月31日放映開始ですか。
 忍野メメの”甥”の忍野扇くん登場。
 「恋物語」で名前だけ登場した沼地蠟花(ぬまち ろうか)の役割は?
 貝木泥舟が焼き肉を食っている場面が描かれるのか、描かれないのかが興味ある。
 ヒッターは食えば生きている、食わなければ死んでいると予想する。

 しかし中途半端な時期に始めるものだ。
 6月中に終わるのは夏アニメ前にという意向だろうが、前枠はなんなのだろう。





関連記事

第749回 Boa

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

Boa

 アニメ「Serial Experiments Lain」のOP曲を歌ったBoa。
 大韓民国京畿道出身の歌手ではありませんよ(笑) 
 アルバムを数枚集めていました。

 「Duvet(デューベイ)」


 「Fool 」


 「LITTLE MISS 」


 「Anna Maria」


 「Devut(Cyberia Remix )」


 この動画を集めながら、3日ほどiPodで聴きまくっていました。

関連記事

第748回 ログ・ホライズン 第2期

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「ログ・ホライズン」 LOG HORIZON

 昨日、最終回を迎えた「ログ・ホライズン」。
 最後にびっくりお知らせが。
 なんと、今秋に第2期放映が決定したという!

 原作はのこり2巻しかないはずだが、1クールだけやるのだろうか?
 秋までにもう1冊くらい出る?
 NHKはあんまり話数に拘らないからなあ。

 原作は6巻まで買って読んだが、7巻は未購入だ。
 「小説家になろう」でさわりをざっと読んだが、買うまで我慢していたのだが・・・
 金欠なので、とりあえずストーリーは掴んでおきたい。
 
 しばらく腹黒メガネは見れないな
ログホラ25-1

 最後のアイキャッチ
ログホラ25-2

 「Plant Hwyaden(みにくいアヒルの子)」のギルマス。 ”西の納言” 濡羽さま! 尻尾の影がが9本!! サブ職業:娼姫 !!!
ログホラ25-3

 ログ・ホライズンのメンバーは当分増えないらしい
ログホラ25-4

 北への旅となる第7部を読まなきゃな
ログホラ25-5

 新作を入れて2クールはやって欲しい
ログホラ25-6

 海外の反応も上々のようだ。
http://kaigaianime.blog.fc2.com/blog-entry-190.html

関連記事

第747回 Monty Python and the Holy Grail

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

MontyPython
モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル

 「鬼灯の冷徹」に登場するウサギの芥子さんが好きなのであるが(声がカワイイ)、思い出すのがこれである。

 Killer Rabbit


 「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」(Monty Python and the Holy Grail)
 1974年公開のイギリス映画である。しばらく「モンティ・パイソン」にハマっていた頃に観た「アーサー王伝説」をもとにしたパロディ作品。
 日本語吹き替えは:山田康雄さん、納谷悟朗さんがやっていた。当時から「ルパン三世」で人気を博していたな。
 吹き替え版
 

 Black Knight

 翻訳
 http://ameblo.jp/mpfc/entry-10200708323.html

 聖杯に近づいた一行に立ちはだかる最後の難関は、番人の「3つの質問」に答えられなければ即死という、恐ろしい「死の橋」。
 The Bridge of Death

 翻訳
 http://pythonline.blogspot.jp/2009/11/blog-post_7561.html

 この他に若き日の関根勤さんも出演した「エリック・ザ・バイキング」が面白かったな。

関連記事

第746回 万能鑑定士Qの推理劇 Ⅲ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

松岡 圭祐「万能鑑定士Qの推理劇 Ⅲ」 The Mystery Featuring of All-Round Appraiser Q Part3
万能鑑定士Qの推理劇III

 今回は凜田莉子は朝倉彩奈や小笠原悠斗と行動をともにしない。

 偶然から知り合った贋作師・錦織英樹は雨森華蓮のかつての弟子であった。
 更生しようとする錦織英樹の元へ届いた不可解な招待状。
 8人の贋作師を招待した地中海沿岸都市ツアー。
 莉子は英樹の婚約者・恵玲梨と共に足取りを追う。

 最初のツアー航路の説明で、これは最終目的地が決まっていると読むのは簡単ですね。
 第1から第8のポイントまでどういう順路を選ぼうと、行き先はほぼ固定される。
 しかし、このツアーの目的は?

 ああ座布団の四隅の房は意味があったのか。
 莉子さんは「進撃の巨人」を読んでいるのですね。

 《移動ルール》
 ・地図係を一人選び、地図係は最初の目的地(第1チェックポイント)を任意に選ぶ。
 ・第1CPに着いたら、地図係はその都市名の文字数だけ航路地図上を移動し、第2CPを選ぶ。
 ・第2CPに着いた時、その都市名の頭文字がGならそのまま。そうでないなら航路から頭文字Gの都市を消す。
 その後、地図係は地図上を自由に4回移動し、第3CPを決める。
 ・第3CPに着いた時、そこがブルガリアのソフィア(SOFIA)ならばそのまま。そうでなければ航路からソフィアを消す。
 その後、地図係は地図上を自由に4回移動し、第4CPを決める。
 ・第4CPに着いた時、そこがイタリアの首都ならばそのまま。そうでなければ航路からイタリアの首都を消す。
 その後、地図係は地図上を自由に4回移動し、第5CPを決める。
 ・第5CPに着いた時、都市名の頭文字がKならならばそのまま。そうでなければ航路から頭文字がKの都市名を消す。
 その後、地図係は地図上を自由に3回移動し、第6CPを決める。
 ・第6CPに着いた時、航路からトルコの空港が利用可能ならばそのまま。そうでなければ航路からトルコに最も近い都市名を消す。
 その後、地図係は地図上を自由に3回移動し、第7CPを決める。
 ・第7CPに着いた時、孤島またはアルバニアの首都に居るならばそのまま。そうでなければ航路から孤島またはアルバニアの首都を消す。
 その後、地図係は地図上を自由に3回移動し、第8CPを決める。
 ・第8CPに着いた時、スペインまたはギリシャに居るならばそのまま。そうでなければ航路から両国の都市をひとつずつ消す。
 その後、地図係は地図上を自由に1回移動し、最終CPを決める。

ROUTO MAP

 ジャンケンで地図係りとなった錦織英樹が最初に選んだ都市は?
 スペインの食堂はタベルナというのか。
 イタリアでも「ドラゴンボール」は人気なのね。
 ギリシャの国歌って158番まであるのか。ギリシャ国民はみんな歌えるのだろうか?

 さて、最終目的地を莉子は推理できるのか?

 次巻が「推理劇」の最後だ。
 謎の贋作師「コピア」との戦いの前に「特等添乗員α Ⅳ」を読もう。

関連記事

第745回 デスティニーインパルスガンダムR(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

MG 1/100 デスティニーインパルスガンダムR(リジェネス)

 注文していたブツが届く。
 箱はセピア仕様だ。一般には非売品だからなのか?
 とりあえず中身をチェックしておく。
DI01.jpg

 またデカールがメンドくさそうだな。
 細長いデカールは苦手だ。
裏表紙
didc.jpgデカール図012

 そろそろまた何かを作り始めよう。
 このあいだ考えていたのはWガンダムだったな。

関連記事

第744回 おざなりダンジョンTACTICS

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

こやま基夫「おざなりダンジョンTACTICS」全6巻
おざなりダンジョンTACTICS 6(創世の掟編)

 完結したのを知らないでいたので最終巻を慌てて注文する。
 初出が1987年なので息の長いシリーズだった。
 掲載誌の「月刊コミックNORA」は好きだったのになあ。休刊が惜しまれた。
 連載される雑誌が次々と休刊になるという不幸を乗り越えて、やっとここまでたどり着きましたね。

 連載当初はRPGの草分け「Wizardry」をモチーフにした画期的な漫画として登場した。
 戦士のモカ、盗賊のブルマン(ブルー・マンジェロ)、魔法使いのキリマン(キリー・マウンテン)の三人組が剣と魔法の世界で冒険をするという設定。
 しかし、その設定にはかなり壮大な謎が隠されていた。
 最初に三人組が登場する大陸ゴンドワナ。そしてもうひとつの大陸ローラシアとくればウェゲナーの大陸移動(プレートテクニクス)説ですな。
 超大陸パンゲア滅亡から始まる、アカシック・レコードに記載されない存在モカの活躍はとりあえず一段落。
ぱんげあ

 つぎなるモカの活躍を望む。

 既刊
 ・「おざなりダンジョン」全17巻
 ・「なりゆきダンジョン」全3巻
 ・復刻版「おざなりダンジョン」全3巻
 ・「おざなりダンジョンSpecial」全1巻
 ・「なおざりダンジョン」全8巻
 ・「おざなりダンジョンTACTICS」全6巻
  

関連記事

第743回 PSYCHO-PASS

Posted by ヒッター7777 on   6 comments   0 trackback

アニメ「PSYCHO-PASS」

 第711回で予告した「PSYCHO-PASS」を視聴した。

 遅ればせながら友人から借りた全22話を4日かけて観る。
 これをなぜ放映中に見なかったのだろう。いや、今回、まとめて観ることを喜ぶべきか。
 これは深夜アニメでもR指定がかかりそうな作品ですね。
 ちょっと感動してメモを書き散らかしたので、個人的感想をなるべく抑えて収拾に3日かけてまとめる。

 前半は物語の主軸を貫く設定と敵の登場、後半の最初は公安メンバーの個別のプローフィールを語りながら進んでいく。
 公安メンバーの過去の設定も素晴らしい。回を追うごとに明かされていく謎。

 公安警察課というから「攻殻機動隊」を目指したのかと思ったら、当初の企画は「機動警察パトレイバー」だったのですな。
 PSYCO-PASS 01

 西暦2112年。世界は2020年頃から始まった新自由主義経済の歪みによる貧富の差の拡大から、世界的な倫理道徳感の崩壊を招き、紛争・犯罪の激化による政情不安のため政府や国の崩壊が起こった。
 この間、新資源開発によるエネルギー自給の道を見出した日本は、海外の紛争の余波を食い止めるための鎖国を開始。
 そして国あげて食料自給に力を注ぎ、国内経済の立て直しを図り、企業の国営化と大量の失業者支援のための「職業適性考査」を行う。
 この「職業適性考査」がやがて発展し、シビュラシステムへの開発とつながり、さらなる進化と試行期間を経て、2070年頃には社会システムの隅々までを包括的に管理するために本格的に社会へ導入された。
 この頃には食料自給も確立。経済成長と社会安定に成功し、世界で唯一の法治国家としての体裁を成すに至った。

 シビュラ・システム。サイマティックスキャンによって計測した生体力場から市民の精神状態を科学的に分析し、得られるデータをサイコパスとして数値化。
 そこから導かれた深層心理から職業適性や欲求実現のための手段などを提供する包括的生涯福祉支援システム。
 犯罪係数が規定値以上になると潜在犯として認定され、社会から隔離・治療・排除の対象となる。
 シヴィラシステムによって裁判そのものがなくなった社会。 しかし、このシステムに反応しない「免罪体質者」が存在した。
 物語の転回点となる第15話、第16話からこのシビュラ・システムの正体が明かされていく。

 ちょうど読んでいた「連環宇宙」の大脳辺縁系民主主義ネットワーク社会のようですな。

 監視官(シェパード)と呼ばれる正規の公安警察官。
 執行官(ハウンド)と呼ばれる犯罪潜在係数の高い(シビュラ・Sでは潜在犯)刑事たち。
 犯罪者と同じ思考をする刑事たちと、免罪属性を持つ犯罪者が巨大な社会管理システムに反抗するとき何が起こるのか。
 社会崩壊を狙う免罪者と、それを追う刑事、そして免罪者を擁護するシステム。
 ひじょーーーに面白い展開で楽しめました。
PSYCO-PASS 02
PSYCO-PASS 03
PSYCO-PASS 04

 携帯型心理診断鎮圧執行システム:ドミネーターがカッコイイね。
 対象によって基本モードのパラライザー(麻痺銃/ノン・リーサル)と、最大威力であるデコンポーザー(分子分解銃/デストロイ)モードに切り替わるところがいいね。


 TVシリーズ第二期制作と劇場版が予定されているようですが、楽しみです。


関連記事

第742回 連環宇宙

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ロバート・チャールズ・ウィルスン 「連環宇宙」VORTEX

 読もう読もうと思いながら買い置きの山に置いてあった「時間封鎖」三部作の第三部を読む。
 第二部を読んだのが、もう三年くらい前なのでほぼ忘れかけてた。
 巻末に第一部と第二部の紹介があったので、ようやく内容を思い出す。

第一部「時間封鎖」SPIN
時間封鎖
 2006年度ヒューゴー賞受賞、2009年度星雲賞海外長編部門賞受賞。
 ある夜、突然、地球はスピン膜と呼ばれる漆黒の界面に覆われた。
 この内部では、外部の時間の流れの1億分の1になっていることが判明する。
 人類は何者か--仮想体と名付けられる--に、時間をほとんど止められた状態で、地球に閉じ込められたのである。
 ぎりぎりで火星に植民者を送り出した人類は、数億年かかる火星の地球化(テラフォーミング)を成功させた。
 数年で緑の惑星となった火星で植民者の文明が発展していく。
 そして、スピン膜を突破して火星からの訪問者がやってきた。
 人間の寿命をさらに「第四期」として数十年付け加える、寿命延長処置。(幼年期、青年期、老年期の次への人工的形態変更)
 仮定体の謎を解明するためのレプリケーター計画。
 増殖するフォン・ノイマン・マシンを送り出し、コロニーを作りながら近傍の宇宙を探査し、その情報を発信しつつ銀河系に拡散していく計画は、驚くべき情報をもたらした。

 スピン膜発生から40年。突如、地球に星空がもどる。40億年後の太陽は、まだ膨張して地球を飲み込んでおらず、インド洋上に直径1000kmの巨大な”アーチ”が出現する。
 その”アーチ”の先には、人類が居住可能な未知の惑星《新世界(イクウェイトリア)》があった。

 第二部「無限記憶」AXIS
無限記憶
 前作のラストから30年後。
 人類は《新世界》への植民を続けていた。
 「第四期」処置を受けた人々のコロニーで、ある人体実験が行われた。
 仮定体に通じる何かを感じ取れる少年、アイザック。
 ある日、突然、《新世界》に降り始めた不気味な宇宙からの灰。
 降り積もった灰の中から、眼のある薔薇のような生命体が現れる。
 アイザックは惑星を繋ぐ”アーチ”より小さい構造物”暫定アーチ”に踏み込む。
 その中は仮定体が築いた広大な宇宙情報ネットワークだった。

 ということで、第三部はここから1万年後の世界として始まります。


 第三部「連環宇宙」VORTEX
 連環宇宙

 物語は二つの時間軸で語られていく。

 スピン膜解除後の地球、合衆国テキサス州ヒューストンでの「サンドラとボース」の物語。
 そして、第二部に登場したタークが仮定体に取り込まれてから約1万年後の「ターク・フィンドリー」の物語と、二人の女性の複合人格「トレイヤ/アリスン」の物語。
 章ごとに交互に語られる物語は読み進めるほど、もつれては絡み合っていきます。

 仮定体の構築した”アーチ”で火星を含む12の惑星が繋ぎ合わされた「連環世界(リング・オブ・ワールズ)」。
 他惑星に移住し、大脳皮質系民主主義と大脳辺縁系民主主義に分かれたネットワーク社会で戦争を続ける人類と、人の住めなくなった地球。
 その1万年後の未来を自動初期する青年オーリン。
 21世紀の地球では仮定体の”アーチ”によって《新世界》の砂漠で発見された油田により、地球温暖化現象が加速していく。

 タークが拾われた亜大陸級移動都市体《ヴォックス》の大脳辺縁系民主主義ネットワークの発想は面白いね。
 誕生時から社会的ネットワーク形成のため、脊髄と結合する生物学的端末(ノード)をインターフェイスとして埋め込まれ、個人であるとともに「総体」としてに感情を持つ。
 「赤信号 みんなで渡れば 怖くない」的なものですね。

 タークと同じように”暫定アーチ”から出現したアイザックは《ヴォックス・コア》が核攻撃を受けた時、肉体の大半を失った。
 再生されたアイザックは《ヴォックス》の中枢(コリュパイオス)を侵食し、タークとトレイヤ/アリスンを脱出させようとする。

 氷層がすべて溶け去った南極大陸を踏査する仮定体の巨大構造物郡。
 仮定体との接触を目指し、いくつもの惑星を数百年かけて航海してきた巨大都市《ヴォックス》。
 その悲劇的な接触は地球の”アーチ”の崩壊を招く。

 明かされる仮定体の進化の実態と目的。
 「アイザックの物語」と「オーリンの物語」が重ね合わされた世界とは?


 面白かった。これから三部作に接する人はまとめて読める幸運(ラック)を持っているね。
 さて、次は買ってある「クロノリス -時の碑-」に手をつけようか。
 

関連記事

第741回 うみねこのなく頃に散 Episode 6(上)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

竜騎士07「うみねこのなく頃に散」
展開編 Episode6 『Dawn of the golden witch(上)』

うみねこのなく頃に散 Episode6(上)


 原作者によるノベライズ版、やっとEpisode6登場。
 まあ上巻はいいのだが、問題は後半の下巻がどうなるかだ。

 上巻では第6のゲームの始まりを告げ、いままで疑問だった「2本しか発見されなかったワインボトルのメッセージ」の謎が解ける。
 この重要人物の登場で、メタフィクション構造の物語はさらに1つ上のレベルにあがる。
 こまかいところは第263回に書いたので、そちらを見てほしい、

 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-entry-265.html

 ヒッターの気になるあの部分が、どういうふうに下巻で書かれるのか納得のいく説明を期待する。

関連記事

第740回 飯島真理(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

飯島真理

 かなり削ったので今回で終了。
 MDにアルバムを落としていたのだが、MDプレイヤーがもう・・・
 iPodに落としたいのだが、古いCDは仕舞いこんだので取り出せない。いつか掘り出さねば。

 名曲です。セシールの雨傘


 I love you



 瞳はエンジェル


 いつものパーティー


 最後にこの曲で締めよう。 これを聞いていていていつの間にか涙を流していたことを思い出した。ヒッターの青春です。
 「今は・・・」

関連記事

第739回 ドズル・ザビ専用ザクⅡ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ドズル・ザビ専用ザクⅡ

 いつものようにプレミアムバンダイから案内が来る。
 ドズル・ザビ中将専用ザクだと?
 この色はグフと間違えるだろうが!
 もうちょっと別の色は考えなかったのか、バンダイ!!
dz01.jpg
dz02.jpg
dz03.jpg
dz04.jpg

 中将機なら派手目な色合いでもいいと思うが、シャア嫌いなドズルはその辺を控えたのだろうか。
 ビグザムみたいに黄色っぽくてもいいともうが・・・

 そろそろ何か作るか。

 ついでにこんなのを見つけたが、昭和仮面ライダー世代としては、こんなの仮面ライダーとは認めん!!
drian.jpg

 これは欲しい気がする。「量産型ザクッション」
ザククッション

関連記事

第738回 ボヘミアンガラス・ストリート

Posted by ヒッター7777 on   4 comments   0 trackback

平井和正 「ボヘミアンガラス・ストリート」 Bohemian Glass Street

 1994年から発表され、電子書籍の先駆けとなった作品。
 ストーリーは少年ジャンプで連載され、アニメ化されたまつもと泉「きまぐれオレンジ☆ロード」にインスパイアされたという異色作品で、Kindle版はイラストをまつもと泉が担当している。
 ウルフガイを書いていた頃からライフワークは「ルシファー伝」だと言っていたが、期せずしてアットホーム版「幻魔大戦」と言われるこの作品で「ルシファー伝」が完成してしまったようだ。

 第1部 発熱少年
 第2部 やさしい嘘つき
 第3部 リハーサル
 第4部 ランデヴー
 第5部 廃墟の花
 第6部 ラヴレター
 第7部 闇の中の蛍
 第8部 ウィンドウズ
 第9部 さよならが言えない


 大上円(おおがみ えん)は、29日周期で42度の高熱を発する虚弱で特異体質の持ち主。
 新都心・東京ウィング・シティに引っ越してきた途端、暴走族に襲われている少女・百合川蛍(ゆりかわ ほたる)を救う。
 大上円と百合川蛍との出会いが“世界の変化”の始まりだった。
 
 何者かに追われ、転居を繰り返す大上円の家族は、皆、特異能力の持ち主だった。
 その能力ゆえに逃亡を続ける大上円と貿易業をしているらしい父親、妹のくるす、すばる、ななこ。

 螢は妹分の白山小雪が大上円に思いを寄せていることを知る。
 円が蛍を好きなことを気取られ、小雪を傷つけないように蛍は身を引くことを決意する。
 しかし円君は、詩人・立原道造を愛する少女、伊福部晶子からのアプローチを受け始めた。
 円、蛍、小雪のトライアングルに、伊福部晶子まで加わってしまった。
 その伊福部まで“発熱少女”のメンバー入りする。大上円に想いを寄せる少女だけに“伝染”する異常な発熱現象は、いったい何を意味するのだろうか。
 ますますほつれる網のような関係にからめとられてしまった円は、蛍への想いもハングアップしたまま、ついには蛍の抱える秘密まで知ってしまう。

 だが、この世界でも大上ファミリーに追っ手が迫っていた。
 世界の歪みは予想以上に進行し、浅間山、富士山が不穏な動きを見せる。追っ手はこの世界ごと”ファミリー”を消去しようとしているのか?
 そして家出して押しかけてきた不良少女・小杉杏子の面倒を見るうちに、円は彼女の健気さにうたれ、強い憐憫を覚えていく。
 けれど憐憫とは愛情と勘違いしやすいもの。さらに大人の女性・るり子サンの部屋を訪れた円は、あまりに官能的な事態に出会ってしまう。
 モテまくる円に「あたし、挫けないよ。10回でも20回でもやり直すから」。その蛍の台詞は強力なフォースを発揮し、ボヘミアン・円の放浪は”世界を変更”して続く。

 謎の黒衣の貴婦人・ステラさんのフォースの助けを借りて、大上円は遂にこの世界の謎を次々に解き明かしていく。
 妹だと思っていたくるす、すばる、ななこは何者だったのか。
 円の父親に課せられた使命とは。
 円の目から見た世界の構造はいかなるものか。
 “ウィンドウズ”に秘められた世界の真実とは?
 崩壊していく世界の中で、次元の彼方へと失ってしまった蛍を探すため、大上円は世界を修復するフォースを発動させる!
 壊れていく世界の中に、“ファミリー”を離れてただ一人残った大上円は、愛する女性たちと共に新しい“ファミリー”を作り上げる。
 ボヘミアンガラス・ストリート〈第9部〉さよならが言えない

 巻末には「何よりも私はこの最終巻を真っ先に書きたかった!」(平井和正)とあります。

 この作品が発表されたのはパソコンのプラットフォームが「Windows 95」のころなんだよね。すごいね。
 ステラさんは他の作品にもチラチラと登場していますが、その正体は?
 書籍版が1巻ずつ発行されるたびに買って読んでいたが、次巻が出るのが待ちきれなかったな~
 平井和正作品として比較的早く完結したのは、上記のように作者が早く最終巻を書きたかったからなのね。

 「Wiki」より
 「ボヘミアンガラス・ストリート」は、少年時代から「いつか最高のラブストーリーを書きたい」という願望のあった平井が、病床でテレビアニメ「きまぐれオレンジ☆ロード」の再放送を見たことがきっかけで誕生した。
 平井は自身で単行本一冊分の「きまぐれオレンジ☆ロード」のストーリーをイメージしてしまったが著作権上発表することができないため、設定を置き換え自分の作品として作り直したことを単行本のあとがきで語っている。

関連記事

第737回 終物語(下) 予告

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback


西尾維新 「終物語(下)」

 意外に早かった「終物語(下)」。
 いよいよ忍野扇との決着ですか。
終物語(下)


『終物語 (下) オワリモノガタリ』
 著:西尾維新 Illustration:VOFAN
 発売:4月3日(木)



 「伝説シリーズ」最終話の「非業伝」はいつになるのだろうか?

関連記事

第736回 万能鑑定士Qの推理劇 Ⅱ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

松岡 圭祐「万能鑑定士Qの推理劇 Ⅱ」 The Mystery Featuring of All-Round Appraiser Q Part2

 「特等添乗員αの難事件 Ⅴ」が出ていたので買ってくる。早く追いつかなきゃ。
 前巻の「万能鑑定士Qの推理劇 Ⅰ」が「特等添乗員αの難事件 Ⅰ」とリンクしていたのね。
 先に「α」のⅡ、Ⅲを読んじゃったが、あまり「Q」とは関係ない話だったな。

 期さずして「屍者の帝国」からのホームズネタが続く。
 コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズは小学生の時に読破したままなので記憶が薄れている。

 なるほど。「初歩的なことだよ、ワトソン君」というフレーズは聞き覚えがあるが、現行出版されている本には存在しなかったのか。
 では、このフレーズはどこから現れたのか?
 
 莉子のマンションは他人が見たらゴミ屋敷ですか。猫のヨゾラも逃げ出すわけだ。本が積み重なって、それが崩れて、目的のものを掘り出さなきゃならんというのはヒッターの部屋と同じか。
 これはビブリア古書堂から栞子さんを鑑定家として呼んだほうが良いのでは?

 いつの間に浅倉絢奈と親しくなったのだろう。そのへんは書かれていたっけ? ふたりの連携は見事。
 ところで凜田莉子の知名度というのが各巻でバラバラなのだが、今までの事件でマスコミには十分に名が売れていたはずなのに、知らない人物が多すぎる。

 とりあえず「万能鑑定士Q」はリニューアル開店ですな。
万能鑑定士Qの推理劇II

関連記事

第735回 飯島真理(1)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

飯島真理

  MMDネタからマクロスネタを探していたらいつの間にかこんなのが集まっていた。
 懐かしいなー。
 リン・ミンメイ役だったシンガーソングライター飯島真理さんのアルバムは集めまくったな。
 歌声に透明感が有り、ヒジョーーーに好きです。
 紹介曲を削りきれなかった。何回かに分けよう。

 My Best Friend


 飯島真理の真骨頂だと思っている「BLUEBERRY JAM」


 神曲、シンデレラ

 「超時空要塞マクロス」バージョンは歌詞が違いましたね。
 マクロス20周年記念~シンデレラ~飯島真理
 http://www.nicovideo.jp/watch/nm8723471
 

 ガラスのこびん


 タイト・ロープ


関連記事

第734回 屍者の帝国

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 伊藤 計劃 ×円成 塔「屍者の帝国」 The Empire of Corpses

 「SFが読みたい! 2013」国内第1位。第31回日本SF大賞・特別賞、第44回星雲賞日本長編部門受賞。
 急逝した伊藤計劃さんの遺稿を元に円成塔さんが完成させた作品。
屍者の帝国

 人間は死ぬと生前より21グラムほど体重が減少する。
 これが霊素(スピりット)の重さである。


 十八世紀末、ヴィクター・フランケンシュタインは死者の脳に擬似霊素を上書き(インストール)することで「被造物(クリーチャー)」を創り出した。
 それから約100年。ネクロウェアの基本制御エンジンをインストールした死体に様々な職種のアプリをプラグインすることで労働力、兵士として使用され、社会の重要なインフラを担い必要不可欠な存在と化していた。
 しかし、戦争に使われる死なない兵士の存在は、戦争のあり方を根本から変えてゆく。

 クリミア戦争に看護婦として従軍したフローレンス・ナイチンゲールの提唱した「フランケンシュタインの三原則」
 1.生者と区別のつかない屍者の製造はこれを禁ずる。
 2.生者の能力を超えた屍者の製造はこれを禁ずる。
 3.生者への霊素の書き込みはこれを禁ずる。


 吸血鬼の専門家と言われるエイブラハム・ヴァン・ヘルシング教授にスカウトされた医学生 ジョン・H・ワトソンは、<ウォルシンガム機関>と呼ばれる政府の諜報機関に属する「M」に引き合わされる。
 ベイカー街に弟が居るという「M」はワトソンを軍事探偵として採用した。
 世界は大英帝国、ロシア帝国、大清帝国のグレート・ゲームの中で屍体制御プログラムをブラッシュアップさせていく。
 アレクセイ・カラマーゾフという男が大量の新型の屍者をロシア軍から奪って脱走し、「屍者の王国」を造ろうととしているという情報を<ウォルシンガム機関>がつかむ。
 ワトソンは軍人フレデリック・バーナビー陸軍大尉、ロシアの情報報員クラソートスキン、Q部門の最新鋭実験体屍者フライデー(Noble_Savage_007)とともにアフガニスタンへ潜入する。
 そこはかつて楽園エデンが存在し、最初の生者アダムが誕生した場所。そして最初の死者アダムの墓がある場所。

 カラマーゾフは事件の発端を語る。
 V.フランケンシュタインが創り出した「ザ・ワン」と呼ばれた最初の「被造物(クリーチャー)」。
 高い知性を持ち、言葉を話す屍者は現在の技術でも造れない。そこにはまだ発見されていない秘密がある。
 始まりのアダム、屍者たちの王。はたして「ザ・ワン」は本当に北極海に沈んだのか? 
 「Fの三原則」が破られたとき、何が起こるのか?
 バベルの塔崩壊以降、失われた言語。ノストラティック上位祖語とは。

 江戸幕府(ショーグネイト)解体から西南戦争(サツマ・リベリオン)の鎮圧を持って落ち着き、明治政府へ移行した日本帝国の首都・東京。
 日本へ流出したらしい新型ネクロウェアと「ヴィクターの手記」を追うワトスン、バーナビー、そして図書館並みの知識と翻訳能力を持つ屍者フライデー。
 鎖国政策(ナショナル・アイソレーション)を解いた新興国である日本帝国には、ロシア製、英国製、フランス製の旧いヴァージョンのネクロウェア技術が雑多に流入している。
 しかしワトソンたちの前には、達人級の動きを持つ二体の日本刀使いの屍者が現れる。そのネクロウェアには屍者のアダム・「ザ・ワン」誕生の秘密があるのか?
 合衆国の調査組織ピンカートンに属する女性、計算者(カリキュレイター)ハダリー・リリス(・アイリーン・アドラー)は何を探しているのか。「ザ・ワン」を追っているのはワトソンたちだけではない。
 「ザ・ワン」を追跡する秘密結社「アララト」、「ザ・ワン」製造に関わったベンジャミン・フランクリンの属した「ルナ協会」、そして謎の組織「スペクター」。
 
 アメリカ西海岸の世界最大の解析機関(ポール・バニヤン)。
 全球通信網(ウェブ)に接続する、蒸気と電気で可動する巨大な思考機械が拾い上げた基礎情報集積と、世界各地で起こる屍者の暴動のパターン解析はワトソンらに提示された「ザ・ワン」の招待状か。
 かつてチャールズ・ダーウィンとも呼ばれ、、<ウォルシンガム機関>に属したという「ザ・ワン(Noble_Savage_001)」は大英帝国のために何を行っていたのか?
 そもそも、V.フランケンシュタインたちが創造した「被造物(クリーチャー)」の素体はどこから現れたのか?

 倫敦から英国領印度へ、アフガニスタン、日本帝国を経て太平洋を渡り、合衆国を西から東へ大陸横断鉄道で渡り、潜水艦「ノーチラス」号で大西洋を渡り、再び倫敦へと戻る大活劇。
 「ザ・ワン」の肋骨から造られた「花嫁」を巡るヘルシング教授と「ザ・ワン」の倫敦塔での対決。

  ワトソンはこの後、医師として開業してあの男の相棒となるのか・・・、そしてフライデーは・・・
 はからずも、先日の「 [映]アムリタ」と一部似たようなネタが登場しますが、アイディアの処理はこちらが遥かに上だった。さすが第1位。
 昔の山田正紀さんの「崑崙遊撃隊」をちょっと思い出したり。(水脈コンピューターだったか?)
 皆川亮二「ARMS」、ブライアン W.オールディス「地球の長い午後」など頭をかすめた基礎アイディアだいくつか浮かびました。
 というか、これ、「インディ・ジョーンズ」か「007」ものとして読んでもいいよね!
 好きなキャラはバーナビー大尉でした。
 ワトソン「生命とは何だと思う」
 バーナビー「性交渉によって感染する致死性の病」

関連記事

第733回 銀の匙11巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」⑪
銀の匙 Silver Spoon 11

 いよいよ八軒くんにもやりたいことがおぼろげに見え始めてきた。
 しかし、形にするまでには程遠い。
 アキちゃんとの距離は少しは詰まってきたのか?

 しかし、八軒とアキの父親’sの邂逅は恐ろしそうだ(笑)

 いよいよ本巻では「銀の匙」の意味が説明されます。

 「銀の匙」の言い伝えでは、子供が生まれたら、銀食器作りの職人に頼んでオリジナルの銀の食器(スプーン、ナイフ、フォーク)をひとつ作ってもらう。
誕生日が来るたびに1本ずつプレゼントする。
 1年間、節約しながらこつこつと買い足していき、子供はその食器セットを持って旅立ち、新たな家庭を作っていく。
 食器職人はそういう人のために専用のデザインを変えず、出来うるかぎりの技術を使って、そのプレゼントを毎年つくる。

 食器職人は学校、教師たち。送られるのは生徒たち。
 「銀の匙」(知識、技術)は、それを継続して伝えていくものであり、口を賭すものであり、売ればお金になるものである。

 これが蝦夷農の理念につながっているのですね。

 次巻からは2年生に進級。
 新たに後輩たちが登場するのか?

関連記事

第732回 ボーカロイド

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

マイケル MMD

 昨日買った「こち亀」189巻がボカロの話だった。「初音ミクの消失」をカラオケで歌えるとうのがすごい(笑)
、最近、MMDネタを出してないなと思っていたのでネタは溜まっていた。
 いつもながらMMD製作者はすごいと思う。
 ボーカロイドものの中で好きなマイケル・ジャクソンのダンスMMDを上げておこう。

 【MMD】2012年 初音ミク マイケルジャクソン誕生日合作動画 参加 作品


 【MMD】☆Tda式ALLでThriller【Michael Jackson】完全版《ホラーVer》☆


 【MMD】 Michael Jackson[Miku Jackson]BAD.


 【MMD】 SMOOTH CRIMINAL


 【第8回MMD杯本選】本気の BEAT IT



 「初音ミクの消失」、これのカラオケがあるのが信じられない。歌えるのか?

関連記事

第731回 プ~ねこ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

北道 正幸 「プーねこ」5巻

 いつの間にか出ていた5巻。
 4巻が出てから2年10ヶ月ぶりの発刊である。
 
 このまったりとしたテンポが好きなのである。
 だが漫画の内容はそれでいいのだが、コミックスはもっと出してくれい。

 「ぽちょむきん」の最終巻が出るのを10年以上待っているのだがなぁ・・・

 プーねこ 5

関連記事

第730回  [映]アムリタ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

野崎まど [映]アムリタ

 「SFが読みたい! 2014」国内編第5位の「know」のレヴューに、野崎まどの小説には読む順番があるというので、とりあえず1冊目を買う。
 デビュー作であり、第十六回電撃小説大賞部門賞受賞作品。
[映]アムリタ

 井の頭芸術大学映画学科役者コース2年二見遭一は、映画学科2年の華と呼ばれる画素(かくそ)はこびに自主制作の映画「月の海」に主演男優としてスカウトされる。
 兼ねてから画素の撮影技術を評価していた二見は、あわよくばお近づきになろうと映画サークル「キネマ・マグラ」に足を運んだ。
 そこで撮ろうとする映画の絵コンテを渡される。
 持ち帰って読み始めたら信じられないくらい時間(56時間)が経っていた謎の絵コンテ。
 気がついたら飲まず食わずで座りっぱなしで居たため立つことすら困難な状態に陥った二見は、映画制作に参加することを決意する。
 
 音響担当は撮影コース3年兼森、カメラ担当は撮影コース2年画素、そして監督兼主演女優は天才と呼ばれる1年最原最早(さいはらもはや)。
 最原最早は一芸入試に自主制作映画を送りつけて合格した異能の持ち主だ。

 絵コンテは天才監督が描いたという。
 女優としても、まさしく天才にふさわしい完璧な演技をする彼女が風邪をひいて休んだ時に、見舞いに行った二見が彼女の部屋で見つけた「アムリタ」と表紙に書かれた絵コンテ。
 撮影中の「月の海」のオリジナル絵コンテらしいそれを見た二見は恐慌状態になり、コンテを壁に投げつける。 

 二見がスカウトされたのは、事故で死んだ定本由来というこの映画の発起人に似ていたからなのか? いや、つっこみの才能があるからなのか?
 本来、主演男優兼監督兼シナリオライターだった定本は主演女優として最原最早をスカウトし、それから恋人関係になり始めたところで事故に遭ったという。
 定本の友人であった兼森は、撮影終了後、しばらくして二見の様子を心配してこう言う。

 「君が殺されていたりしたら、どうしようかと思ってね。」

 定本が付き合い始めた最原は天才だ。映画の編集にしても魔法使いのようだ。いや、・・・魔女のようだ、と。
 そして西医大で生理学を研究している院生・篠目ねむが二見に観せた、最原最早が一芸入試に送った映画は、神が創った、いや悪魔が造ったような映画だった。
 心に残るのは「感謝」と「恐怖」。
 では、今回撮った映画「月の海」は何だったのか?
 謎の絵コンテ「アムリタ」とは?

 絵コンテ→撮影→編集→試写→試写Ⅱ→スタッフロール、という章立てで物語は進んでいきます。
 「沈黙の艦隊」ネタは読んでないと解らんだろう!
 「HUNTERXHUNTER」の続きを自分で描くんじゃない!
 完全に西尾維新さんの小説を読んでいる気分になりました。

 これはミステリー小説であり、ホラー小説であり、恋愛小説である。
 次の作品を買ってこなくちゃ。

関連記事

第729回 岳飛伝(8)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

北方謙三「岳飛伝(8)龍蟠(りゅうばん)の章」
岳飛伝 八 龍蟠の章

 金国の大商人・簫炫材は国内の交易網の整備を進めていた。
 梁山泊の交易隊は平然と金国の交易網を使い、その規模は簫炫材の扱う荷の半分以上を占める。
 簫炫材の扱うものは国内で集まり国内で消費されるが、梁山泊の荷は国外から国外へも動いている。
 簫炫材はそこに梁山泊の弱点があるように思えた。
 梁山泊は南宋でも同じような動きをしているが、簫炫材は大量の甘蔗糖を扱っている南宋の商人、梁興に目をつける。
 中華では採れない昆布や甘蔗糖、西域の商品は蒙古、日本、西域と交易を行う梁山泊の差配で出荷元が判らない。
 簫炫材は金国の闇の組織の風玄に調査を依頼する。

 西遼では耶律大石が没し、顧大嫂が執政に就く。

 岳飛はさらに5百の兵がやって来るというので頭を悩ましていた。
 総勢1千の兵を養っていかなければならない。だが、田を作り、森や川から食料を手に入れるために労力を使えば、それはもう軍とは言えない。
 屯田は守りの態勢であり、そのために兵たちはここへ来るわけではない。あくまで抗金の軍でなければならない。
 山岳戦の訓練を行っているうちに、大理国(現・雲南省北西部)を拠点に湄公(メコン)河上流の蒲甘(バガン)近郊への南宋軍の侵攻が始まる。

 秦容の小梁山計画が端初につくが、再興した岳家軍が南宋軍を打ち破ったことで大規模な戦が近いと考える。
 岳家軍は襲撃を受けた地元民を訓練し軍を編成させ、山岳戦訓練と梁山泊水軍の訓練にも加わらせる。
 岳雲の連れてきた兵を合わせて3千に達した岳家軍は、大里国以南への南宋の進出を阻止し、逆に北進しようとしていた。
 そして梁興と狼牙・秦容の出会いは、再び、秦容を戦場へ誘うことになる。秦容軍の誕生である。
 
 張朔は韓世忠の妻となった梁紅玉を難破した船から救う。それが南宋水軍との開戦の契機となった。
 南宋宰相・秦槽は南方への進出を食い止められたため、梁山泊水軍からの長江輸送路と制海権の奪取を目論んでいた。
 この二つを抑えれらていては、経済力をほとんどを梁山泊に持って行かれてしまう。秦容の甘蔗糖は南宋の国力にさえ影響を与える利を上げ始めている。
 そして金国への牽制として蒙古の動向を探っていた。彼の地は纏まっていないが、どの部族かが力をつければ金国を南北から揺さぶることができる。
 秦槽は対岳家軍に備え、大理国駐留の5万の軍に加え戦闘力の高い吐蕃(チベット)高地の傭兵を雇うことにし、秦容の甘蔗園には蒲甘(バガン)王国経由で圧力をかける。
 さらに金国と同盟してでも梁山泊を叩かなければならない。

 金国元帥・兀朮(ウジュ)の養子・胡土児(コトジ)は蒙古国境の耶立越里の軍に参じた。
 蒙古軍は統一されていないように見えるが、徐々に有力な部族が育ちつつあり、その侵攻は南宋と密約があるのではないかと推察されている。
 兀朮も開戦の勅許を持ち、対梁山泊軍との距離を伺う。
 梁山泊も戦に備えて金国内の麦を密かに買い集め始めた。簫炫材は物流の動きに異変を覚えるが、一商人の立場ではこれ以上の対策を立てられない。もう、国と国の経済戦に突入しているのだ。
 そして小梁山の地で、岳飛は戦場以外で初めて秦容と相見える。遂に岳飛は梁山泊との連合を決意していた。


 いよいよ南宋水軍VS梁山泊水軍、金国軍VS梁山泊軍、そして南方でも戦いが始まろうとしていますね。
 地図を見るとこの先の時代は蒙古にチンギス・ハーンが誕生し、ユーラシア世界を席巻する前の東アジアの情勢というのを理解してこの物語を書いているのだと理解しやすいな。
13世紀 東アジア

この後の地図
モンゴル帝国


関連記事

第728回 天と地の守り人 第3部

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上橋 菜穂子「天と地の守り人 第3部 新ヨゴ皇国編」

 最終巻である。
 いつものようにメモをとってあるのだが、直前になって書き込みを取りやめることにした。
 この最終巻を読んだ感想を、内容紹介だけではうまく伝えられないだろう。

 作者の上橋さんも、当初はこんな壮大な物語に成長するとは思っていなかったようだ。

 この巻の後日談の短篇「春の光」、タンダとバルサのその後を読みたい。

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編

関連記事

第727回 ペリーローダンの宇宙船

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ペリーローダンシリーズ宇宙船

 1~999話に登場するテラナーの宇宙船で最新ものは《バジス》ですが、どれくらい大きいかという図面を探したら、同じような考えで比較された方の絵があったので拝借。
 とてもすごいグラフィックです。
宇宙船 ローダン

 ○銀河間長距離飛行用母艦《バジス》
 月面(ルナ)の「ゲルミア・セクター」で密かに建造されていた謎の多い宇宙船。テラナーに未知のさまざな技術が使用されており、超越知性体Es(それ)の「成就の計画」に使用するために完成させた。
 幾度かの改修がされたが建造当初の仕様は

 円盤直径12キロメートル、長さ14キロメートル、エンジン・セクター直径6キロメートル、エンジン・セクター辺の長さ5キロメートル、“エプロン”前面の辺の長さ約五キロメートル。

 ・反応炉
 ニューガス=シュヴァルツシルト反応炉 21基
 ワリング・リニア・コンヴァーター 10基
 銀河間飛行用トランスファーディム・エンジン 1基

 搭載艦
 ・ギャラクシス級戦闘母艦(直径2500メートル)×1隻
 ・テーベ級戦艦(直径1200メートル)×16隻
 ・スターダスト級戦艦(直径800メートル)×4隻
 ・軽巡(直径100メートル)×50隻
 ・コルヴェット(直径60メートル)×50隻
 ・複座駆逐機×100機

 ○超長距離世代宇宙船《ソル》
 全長および直径1500メートルの転子状中央船体《ソル》と、両端に直径2500メートルの球型艦《SZ=1》《SZ=2》が合体し、全長6500メートルの亜鈴型宇宙船を形成する。
 中央船体にはハイパーインポトロニクスの《セネカ》が搭載されている。

 ○ギャラクシス級ウルトラ戦艦
 直径2500メートル、赤道環の幅350メートル。乗員5000名。
 搭載艇コルヴェット50隻。代々、旗艦として使用される。

 ○インペリウム級超弩級戦艦
 直径1500メートル。搭載艇40隻。乗員2000人。
 原形はアルコンから奪取したウニヴェルズム級戦艦。太陽系帝国1500年の間、主力級の戦艦だった。
 
 ○テーベ級戦艦
 直径1200メートル。赤道環の他に、下極部に漏斗状の張り出しが有る。かつてレムール人が建造した戦艦「ファラオ級」の発展改良型。

 ○スターダスト級戦艦
 直径800m。、搭載艇12隻など。乗員1400人。
 アルコンのインペリウム級戦艦を手本にして開発された。

 ○ソラー級巡洋戦艦
 直径500m。搭載艇8隻。乗員800人。

 ○重巡洋艦
 直径200m。乗員400人。
 アルコン戦艦を手本にテラで最初に建造されたクラス。

 ○軽巡洋艦
 直径100m。乗員150人。
 国名クラス、都市名クラスがあり警備巡洋艦、偵察任務に多く使用される。

 ○グッド・ホープ級搭載艇、コルヴェット
 直径60m。グッドホープは最初にローダンが地球を統一したときの艦名。
 コルヴェットは初代ギャラクシス級ウルトラ戦艦が建造された時に、同時に開発された戦力を重視した搭載艇。

 ○エクスプローラー船
 戦闘仕様ではない科学調査船。直径500メートル、800メートルなど数種類のクラスがある。


 ○要塞《オールド・マン》
 直径200キロメートルのキャリアドームと呼ばれる半球型本体と、縦横50キロメートル、厚さ10キロメートルの分離航行可能なプラットフォーム12基で構成される。
 ギャラクシス級超弩級戦艦15080隻を搭載し、超光速飛行可能な宇宙要塞。


 1000話以降はもっと巨大な要塞や高性能の宇宙船が登場しますね。

 ほかに比較対象にしたのは、超時空要塞マクロスが全長1200m。宇宙船ではないが準バハムート級都市艦「武蔵」が全長8700m。
 マクロスがすごく小さい(笑) 八艦構成の「武蔵」は第7部で八艦直列形態にトランスフォームして全長30kmを超える長大な流体カタパルトを形成しましたが、あんあものが空に浮かんでいたら怖いですな。

関連記事