まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第697回 蔵書管理2014年1月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2014.01

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。1月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2014年1月31日で 21,286冊(先月増+40冊)となった。
 いつもより小説系を頑張った感がある。

 内訳は
 小説  6,679冊
 コミックス 14,168冊
 エッセイ、NF他 439冊 である。

・2月の予定
 
 ペリーローダンを10冊ほど進めたい。
 守り人シリーズのこり6冊を完了させる。
 厚めの本が溜まっているので消化。

----------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第6回

ヴァーナー・S・ヴィンジ Zones of Thought シリーズ

 鶴田謙二さんの装画に惹かれて買ったのだが、内容も面白い。
 「思考領域」とでも訳すのか?

 《この宇宙の世界設定》
 銀河系中心部では思考速度がきわめて低速になり、生物は思考停止状態になり、コンピュータも処理速度が落ちる。
 その外側が「低速圏」になり、地球もこの領域に含まれる。光速以下でしか移動も通信もできないため、各種族は孤立した状態にある。
 さらにその外側「際涯圏」。超光速飛行、超光速通信が可能な空間で、知的生物の思考速度、コンピュータの処理速度がかなり早くなる。
 この「際涯圏」は上位、下位に別れて銀河系の外側(上位)に行くほど思考速度が早くなり、中心(下位)に向かうほど思考速度は遅くなる
 そして銀河系最外縁から外部は「超越界」。「際涯圏」の生物には想像もできない超高速世界。そこには超高速な思考能力を持つ「神仙」が住んでいるという。

 移動のために「低速圏」を通過せざるを得ない場合は、生物は仮死状態になり慣性航行した宇宙船が「際涯圏」に戻るまで何もできなくなる。
 このあたりの設定が物語を面白くしています。

 「遠き神々の炎」A FIRE UPEN THE DEEP 1993年ヒューゴー賞、SFクロニクル読者賞受賞
遠き神々の炎〈上〉遠き神々の炎〈下〉

 様々なエイリアン種族が構成する、遠未来の情報ネットワーク銀河。
 その片隅の星で人類は50億年前のアーカイヴを発見し、喜びにわきたつ。
 しかし、そこから目覚めたのは、人知を超えた強大で邪悪な意識だった。
 解き放たれた<思念>は恐怖と混乱を呼び起こしつつ、恐るべき規模で銀河中枢を蝕んでゆく。
 一方、この遺跡の星から、最後の希望となる手掛りを積んで脱出した船があった。
 どうにか緑の星に不時着し命拾いしたかと思ったが、彼らは原住の奇妙な<犬形集合知性体>が繰りひろげる抗争に巻きこまれてしまう。
 生き延びたのは子供二人だけ。これを察知した銀河世界は、彼らを救出せんと一隻の人類エイリアン共同船を送るが?
 刻々と銀河系に最後の時が迫る。


 「最果ての銀河船団」A Deepness in the Sky 2000年ヒューゴー賞、ジョン・W・キャンベル記念賞、プロメテウス賞受賞
最果ての銀河船団〈上〉最果ての銀河船団〈下〉

 250年のうち35年間だけ光を放つ奇妙な恒星。
 この星系には知性を有する蜘蛛型生命のすむ惑星があり、そこからもたらされる莫大な利益を求めて二つの人類商船団が進出した。
 だが軌道上で睨みあいを続けるうち戦闘の火蓋が切られ、双方とも航行不能になる。
 彼らは地上の種族が冬眠から目覚め、高度な文明を築くのを待つしかなくなるが。
 戦争を繰り返しつつ近代化への道を歩む蜘蛛族世界に一人の天才科学者が現れ、いまや原子の火をも発見しようとしていた。
 一方、軌道上で新興文明船団の制圧下にある主人公たちは長い雌伏のときを過ごす。
 蜘蛛族の星への侵攻の時が迫るなか、宇宙の深淵で3000年を生きてきた伝説の男が反撃に立ち上がった。


 「星の涯の空〈上・下〉」The Children of the Sky
 来月発売。19年ぶりの「遠き神々の炎」の続編でシリーズ第3作。
 ハードカバー上下巻なので早く文庫化して欲しいな。

 鉄爪族の星に疫病体の魔手が再び迫る中、惑星内にも数々の陰謀が渦巻く。
 女王となったラヴナは危機を救えるか?
 疫病体対策を最優先するラヴナに不満を募らせる過激な若者グループ。
 さらに鉄爪族の間にも、地球の技術や特殊な種族の力を利用した陰謀が。
 ラヴナたちは危機を脱せるか?

関連記事
スポンサーサイト

第696回 彷徨える艦隊 9

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ジャック・キャンベル 「彷徨える艦隊 9 戦艦ガーディアン」
The Lost Fleet:Beyond the Frontier:Gurdian

 彷徨える艦隊9 戦艦ガーディアン

 舞台は引き続きミッドウェイ星系。
 シンディック政府の支配から独立宣言を起こした、ハイパーネット・ゲートの集まる要所であるミッドウェイ星系をシンディックが放っておくわけがない、
 自由独立ミッドウェイ艦隊に対しパイパーネット・ゲート前に布陣したシンディック艦隊は数量的に3倍に達する。
 そして逆側のゲートからベア=カウ族の巨大戦艦を鹵獲し、友好的なスパイダー=ウルフ(ダンサー)族の宇宙船を伴って到着したアライアンス艦隊。
 さらに人類同士の戦争を画策した謎の異星人艦隊が襲来する、というのが前巻。
 
 この状況が「外伝1反逆の騎士」とオーバーラップしています。そしてここからの展開が「外伝2」でミッドウェイ独立政府視点で書かれるようです。

 さて、アライアンス(星系同盟)政府とシンディック(惑星連合)政府は休戦締結を結んでいるので、ギアリー元帥は正面切って独立戦争に介入できない。
 しかしアライアンス宙域に向かうハイパーネット・ゲートは押さえられ、ミッドウェイ星系がシンディック政府に戻るとダンサー族の宙域への道が閉ざされる。
 頭を悩ますギアリーにミッドウェイ新政府が持ち込んだ要件とは?

 ソベク星系 
 無敵戦艦<インビンシブル>に、核融合爆弾を持って侵入したシンディックのステルス部隊を襲うベア=カウ族の亡霊。
 <ブラック・ジャック>ギアリーの下した決断は、ついに彼が今まで自制していた一線を超えてしまう。

 シマー星系
 アライアンス艦隊を狙う新造の自動戦闘艦隊。前代未聞のアルマジロ球形防陣を展開するギアリー。
 そしてアライアンス捕虜6000人を使った惑星規模の巨大な罠。捕虜救出作戦は成功するのか。

 パドロニクス星系からアタリア星系、そしてアライアンス領域のヴァランダル星系へ。
 そして故郷へ戻ったギアリーにさらにいくつもの難関が降りかかる。

 ダンサー族は古くから人類を観察していたのか? なるほど、「観察者効果」とはアシモフのファウンデーション・シリーズの”心理歴史学”にも関わってきますね。
 観察対象には観察者がいることを知られてはいけない。ハイゼンブルグの「不確定性原理」、”シュレディンガーの猫”ですね。観察者の”視線”が観察対象の”動き”を変えてしまう。
 ファウンデーション・シリーズでは謎の<第二ファウンデーション>をも囮とした<人類の庇護者>の観察が行われていました。

 さてギアリー元帥の旗艦<ド-ントレス>はダンサー族を連れて人類発祥の地、太陽系地球へ向かいますが、そこには・・・
 人類は太陽系からあらゆる方向へ進出したが、大きく二つの流れがあった。
 一つは銀河系の渦状腕に沿って中心方向へ向かい、アライアンス・コロニー群とその向こうにシンディック・コロニー群を作った。
 もう一方は逆に銀河系外縁方向へ進出したのだ。明らかに人類起源の特徴を持つ艦隊と遭遇したギアリーたちは? 
 
 しかし、ときどきストーリーに関係ない艦名がタイトルに付くのはなんなんだろう。

 解説にあったが、ミッドウェイ自由独立政府は「アーサー王伝説」がモチーフなのですね。
 アルトゥル・ドレイコン将軍⇒アーサー王
 グウェン・イケニ大統領⇒王妃グゥネビア
 マーリン大佐⇒魔術師マーリン
 モルガン・フェイ大佐⇒妖女モルガーナ
 
 外伝2巻は今年の夏に翻訳本発売だそうです。
  The Lost Stars Perilous Shield

関連記事

第695回 にせウルトラマン

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

にせウルトラマン

 新商品の案内などのメールが来ていたのでプレミアム・バンダイのサイトへ。

 なんじゃあ? にせウルトラマンって?
 調べてみると本当にいたんか!
 

 まさかこんなものまでフィギュアに・・・・ おそるべしバンダイ。
nise01.jpg
 にせケロロ小隊はこれが元ネタだったのか・・・

 こちらは本物。
honmono.jpg

「ソードアート・オンラインⅡ」製作決定でシノンの対物狙撃銃ウルティマラティオ・ヘカートⅡのモデルガンが作られるようだが、いままでなかったらしい。
PGM_Hecate.jpg
800px-Scrome_LTE_J10_F1_scope_2007_07_14.jpg
 死の女神ヘカテーの名を冠する約1,800m以上での射撃を想定して設計された全長1,380mmのスナイパーライフルのモデルガン。
 お値段はいくらだろう?

 「AVALON」で使っていたのはドラグノフ狙撃銃(Snajperskaja Vintovka Dragunova、SVD)らしい。
http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-entry-681.html
 全長 1,225mm 重量 4,310g
800px-SVD_Dragunov.jpg

関連記事

第694回 蟲師 続章

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

「蟲師 特別篇 日蝕む翳(The Shadow that Devours the Sun)」 海外の感想

 海外配信版の結果がようやく上がってきたので読む。
 概ね評判はいいようだ。1期もちゃんと見られていたのね。吹き替えだったようだが。
 http://blog.livedoor.jp/kaigai_no/archives/36165077.html

 蟲師 特別篇「日蝕む翳」のコミックスは4月23日発売予定。

 さてアニメ「蟲師 続章」だが、分割2クールのようだ。
 第1期:2014年4月 - 2014年6月(予定)
 第2期:2014年10月 - 2014年12月(予定)

 前回アニメ化されたのは(丸数字は放映話数)
 蟲師1巻
 収録話:①緑の座 ③柔らかい角 ④枕小路 ②瞼の光 ⑤旅をする沼

 蟲師2巻
 収録話:⑪やまねむる ⑳筆の海 ⑥露を吸う群 ⑦雨が来る虹がたつ ㉑綿胞子

 蟲師3巻
 収録話:㉓錆の鳴く聲 ⑧海境より ⑨重い実 ⑩硯に棲む白 ⑫眇の魚

 蟲師4巻
 収録話:⑰虚繭取り ⑬一夜橋 ⑮春と嘯く ⑭籠のなか ㉖草を踏む音

 蟲師5巻
 収録話:㉒沖つ宮 ㉕眼福眼禍 ⑱山抱く衣 ㉔篝野行 ⑯暁の蛇

 蟲師6巻
 収録話:⑲天辺の糸 囀る貝 夜を撫でる手 雪の下 野末の宴

 蟲師7巻
 収録話:花惑い 鏡が淵 雷の袂 棘の道前編 棘の道後編

 蟲師8巻
 収録話:潮わく谷 冬の底 隠り江 日照る雨 泥の草

 蟲師9巻
 収録話:残り紅 風巻き立つ 壺天の星 水碧む 草の茵

 蟲師10巻(完)
 収録話:光の緒 常の樹 香る闇 鈴の雫前編 鈴の雫後編

 一応、未アニメ化分が24話あるな。オリジナルも入るのだろうか。


 今月の月刊アフタヌーンに「寄生獣」アニメ化記念で原作の第2話が掲載されたが、懐かしかったなあ。
 全巻読み返したいが、かなり奥の方に仕舞ってあるはず・・・
               ミギー

関連記事

第693回 アルフハイムのゲーム

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ジャスティナ・ロブソン 特務探査官リーナ・ブラック「アルフハイムのゲーム」 Keeping it REAL
Quantum Gravity Book 1 2015年、テキサスでの超伝導粒子大爆発事故により、その事故現場の時空間損傷のため出現した巨大な時空の穴が、五つの異界に通じていることが判明した。
 事故後5年間で我々の“現実界(オートピア)”と繋がっていると発見されたのは

 第一異世界 元素精霊の支配する“野生界(ズーメノン)”
 人間に似た形態を取ることも可能な大気、火、水、土、木、金属を人格化した精霊たちの住まう世界。
 他にもまだいるかもしれないが、人間には認識不可能なのか未遭遇なのかも知れない。

 第二異世界 魔法を操るエルフたちの“高妖精界(アルフハイム)”
 この世界では“現実界(オートピア)”のテクノロジーはほとんど機能しない。
 ”エルフ”と称する住民たちは“現実界”を”地球”という名で古くから知っていたという。
 魔法、霊体(エーテル)優位の世界で、長大な年月のうちに興亡を繰り返した複雑な歴史を持つ。

 第三異世界 魔物が闊歩する“魔世界(デーモニア)”
 “現実界”に最も貢献する世界。この世界の魔物たちはエルフたちのように魔術に適した形態をとる。
 なぜか魔物族もエルフ族と同様に“現実界”との遭遇は超伝導粒子爆発説を否定し、”地球(アース)”の存在を長年おなじみだったという。

 第四異世界 探査不能の“死世界(タナトピア)”
 “現実界”の者が越境すれば直ちに死が訪れる。霊体系各種族なら可能だが変質を免れずに帰って来たものはほぼ皆無だという。

 第五異世界 フェアリーが暮らす“小妖精界(フェアリー)”
 短期間で国交樹立した交渉が盛んな世界。
 独自で複雑なフェアリー文化を有する彼らは、人類史の一番興味深い部分に関係してしてきたと言う。

 次元外領域 “隙間界(iスペース)”
 魔物やエルフに《エーテルストリーム界》として知られる、信じがたいほどの力と活性を備えた世界。

 5年の間に各世界で人口移動と交流が行われたが、1年前、突如“高妖精界”が国交断絶に踏み切った。
 エルフの諜報機関から魔法の脅迫文を送りつけられたエルフのロックスター・ザル。しかし”Z”で始まるエルフ名は存在しない。レアステーキを平然と食べる彼は本当にエルフなのか?
 護衛についたヒロインは数千万ドルをかけて作られたプロトタイプ・サイボーグ第1号。
 開錠装置など100以上のギミックと武器格納庫、両足にはジェット推進装置、赤外線暗視装置、内蔵カメラを仕込んだ完全鏡面の銀色の瞳、緋色の髪、生体の半分以上をサイボーグ化し、サポートAIを搭載した国家安全保障局の特務探査官リーラ・ブラック
 メカ部分と生体部分の強度が違うため、戦うたびのボロボロになるヒロイン。魔法貫通不可能な電磁バリアを展開し、トランスフォーメーションして鋼鉄巨像モードに。いやー、トカマク型核反応炉で動くサイボーグははまずいのでは?
 ”地球”よりも長い歴史を持つ異世界で、人類と異種族は魂や全財産を賭けた《ゲーム》をしてきたという。
 ほとんどの場合、人類が敗れる死闘に巻き込まれた美貌のサイボーグの運命は?

 なんとなくラノベにありそうな設定ですが、欧米SF界がジャパニメーションやラノベの影響を受けているのか?
 第95回で取り上げた「グランド・セントラル・アリーナ」がモロにそうだったが。

 原作がそうなのか、翻訳が合わなかったのか、どうも作品世界に入るリズムがつかめなかった。
 ナワ跳びの輪には入るタイミングがつかめないというか、とっつきにくいが、一旦、中に入って跳びだすリズムをつかんだ後半からは安定して読みすすめた。
 霊体や魔法はに人類に感知できない周波帯で存在する物理法則に従っている。少し周波帯をずらすだけで人類にも理解可能なものだ。
 科学と魔術の交差する後半部は某・不幸な男のハーレムシリーズよりも面白かったりする。
 リーラはサイボーグ化させる原因となった闇エルフとともに、光と闇のエルフの戦いに介入する。剣と魔法と魔獣の闊歩するアルフヘイムで、核融合炉搭載のサイボーグは生き残れるのか。

アルフハイムのゲーム
 現在までにシリーズ5冊が発行されているとのこと。次の翻訳、出るのかな?
1.Keeping it REAL
2.Selling Out
3.Going Under
4.Chasing the Dragon
5.Down to the Bone

関連記事

第692回 のうりん

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「のうりん」

 友人が今期冬アニメで面白いものがあるというので1~2話まで見せてもらった。
 農業系高校の話だというので「銀の匙」系かと思って観たら・・・
 これは! 18禁一歩手前アニメか?!  R-15指定してもいいのではないか?
 「鬼灯の冷徹」を上回るパロアニメではないか。
 すげー、ヒッター・ハートを直撃しました。
 生殖者、いや聖職者ベッキーさん、らめぇはやばいです。いや、オイルプレイ、これはアウトでしょうw
 黒くて太いナスはセーフなのか。イボイボきゅうりはいいのか? チ、チン・・って!
 岐阜県だったのか。岐阜県立田茂農林高等学校。
 無精卵はゴムをつけた時の卵なのか? 未使用パンツはアウトで使用済みはセーフなのか?
 花澤さんこえーー!

 ということで、昨日第3話放映だったので録画。
 
 ハイレグアーマー? 女子高生がコマネチするな!
nou0301.jpg
 
 このシーンはセーフなのか?
nou0302.jpg

 これはアウト!!
nou0303.jpg

 バイト先は「凱旋門」って、ガイ専門?
nou0304.jpg

 今のご時世でブルマーはアウトなのでは。
nou0305.jpg

 お父さん、お母さんと一緒に見られない発言が多かった第3話だった。
 エンディング曲がモロに「うる星やつら」だった。
 これは原作を読むべきなのだろうか?

関連記事

第691回 ビブリア古書堂の事件手帖(4)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」
ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~

 プロローグ リチャード・プローティガン「愛のゆくえ」(新潮文庫)
 前巻からの間に大輔と栞子の関係に進展があったかと思いきや、進んでいない(笑)
 大輔くん、可哀想・゜・(ノД`)・゜・
 
 第一話 「彷書月刊」(弘隆社・彷徨舎)
 断章Ⅰ 小山清「落穂拾い・聖アンデルセン」(新潮文庫)


 5月の末までに返事をすると言う栞子さん。
 まだ4月半ばなのだが・・・
 ますます栞子さんの腹黒さがお母さんに似てきましたね。
 いや、まだお母さんに先回りされてますね。

 第二話 手塚治虫「ブラック・ジャック」(秋田書店)
 断章Ⅱ 小沼丹「黒いハンカチ」(創元推理文庫


 GW最終日。ついに登場、滝野リュウ嬢。
 栞子をおっぱいメガネと呼ぶ親友は大輔を品定めに来たのか。

 いやこの話の内容はすごい。
 ヒッターの蔵書リストには25巻は入っているが、あとは文庫版しかない。

 栞子も知らなかった鎌倉の謎の古書店とは?

 第三話 寺山修司「われに五月を」(作品社)

 母・千恵子から、”会いたければ自分の出す問題を解け”という伝言をもらった栞子。
 数十年前に仕掛けられた因縁とは?
 
 断章Ⅲ 木津豊太郎「詩集 普通の鶏」(書肆季節社)

 三十年前、千恵子が栞子の父と交際を始めた時に言った言葉。
 それが栞子を驚かせる。

 エピローグ リチャード・プローティガン「愛のゆくえ」(新潮文庫)

 自分が母と同じ行動をとるのではと恐れていた栞子。
 しかし大輔の言葉は、栞子の予想もしていない言葉だった。
 

 さて、まだ謎の解明は一歩も進んでいません。そしてあの男の出現で次巻に続く。
 折り返しを過ぎて終盤に入ったシリーズ。
 あと2冊くらい?

関連記事

第690回 虚空の旅人

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上橋 菜穂子「旅人編1 虚空の旅人」

虚空の旅人

 本巻の主人公はチャグム。

 《新ヨゴ皇国》の南西の隣国、《サンガル王国》。
 漁師の家の娘エーシャナは、海の中の世界ナユーグルの民ナユーグル・ライタの<目>となる。
 <ナユーグル・ライタの目>は人の世で悪しきものを見るとそれを神に告げ、神の怒りに触れれば滅びが訪れるという。
 代々、《サンガル王国》の王家は<ナユーグル・ライタの目>が現れると、それをもてなし、海へ返していた。
 しかし、いま《サンガル王国》では新王が即位し、その影で陰謀が進行していた。

 チャグムが皇太子に就いて3年。一度、民の間に降り、バルサと共に旅をしたチャグムの性格は父王とそりが合わなかった。
 そして<三ノ妃>が新たに王子を産み、チャグムの立場は微妙なものになっている。

 海賊あがりの王国、《サンガル王国》は大小数百の島を支配下に置く貿易国であり、尚武の国でもあった。
 しかし、その実権は12名の島守りの夫を立てている様に見せた王族の女たちが握っていた。
 近年増えてきた南の大陸からの商人たち。不穏な行動を取る島守りの夫たちに、妻たちは密かに警戒の目を向ける。

 南の大陸の《ヨゴ皇国》、《カラル王国》を征服した《タルシュ帝国》の手が《サンガル王国》にも伸びてきている。
 斥候隊に襲われたラッシャロー(海をただよう民)の娘スリナァは、唯一の王族の知人であるタルサン王子のもとへ向かう。

 ああ、同い年のタルサン王子と親交を深めるチャグム。タルサンの姉サルーナが美し声の歌い手から聞いたチャグムと女用心棒の歌語り。
 前作と繋がってきましたね。
 そして宴の席に到着する<ナユーグル・ライタの目>の娘。宴が終われば海へ還される。それは崖から海へ落とされ殺されること。
 かつて<精霊の卵>を宿し、殺されかかったチャグムと同じ運命の、わずか五歳の娘にチャグムは<ナユグ>の水の匂いを嗅ぐ。
 チャグムに随従してきた<星読博士>シュガは錯乱したタルサン王子に呪術の匂いを嗅ぐ。
 それは《新ヨゴ皇国》では既に失われた<ヨゴの呪術師>の技。背後にはやはり《ヨゴ皇国》を吸収した《タルシュ帝国》がいる。

 現在、<新王即位の儀>に《ロタ王国》、《カンバル王国》を含め諸国の重鎮が集まっている。
 北の大陸の入口となる《サンガル王国》が敗れれば、一気に北の諸国は戦火にまみれる。
 そのためにチャグムが取った決断は?


 面白い物語を読ませてもらった。この巻からシリーズの枠が大きく膨らんでいくことになる。
 解説にもあるが、夫を立てている様で裏で首根っこを抑えている《サンガル王国》の王家の女たち。
 王家に反乱を企てれば夫だろうと容赦をしない彼女たちは、「デューン 砂の惑星」シリーズに登場する結社《ベネ・ゲセリット》のようですね~
 
 次は上下巻か。

関連記事

第689回 なんと孫六

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

さだやす圭 「なんと孫六」第80巻

なんと孫六(80)

 週刊連載ならこんくらいの巻数のものは多いが、月刊誌もので80巻台に達したものはこれ以外に無いのではなかろうか。
 初期からずーーと買っているのだが、銃で撃たれても復活する孫六はまだまだ元気いっぱいである。
 野球場面も面白いのだが、やはり真骨頂はどっちかが死ぬかも知れないド突き合いだろう。

 
「ああ播磨灘」、「ああ播磨灘外伝 ISAO」も非常に気に入っている作品である。
 なんか「孫六」と共通する登場人物がいるような気がするが、同じ世界設定なのだろうか?
 そうなら、ぜひ対決を見たいものだ。
ああ播磨灘外伝

関連記事

第688回 機龍警察

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

月村了衛 「機龍警察」POLICE DRAGOON

 早川書房の2月の発売情報を調べていたら「機龍警察」の第四部「未亡旅団」が今月発売される。
 まだハードカバーの発売だし、第三部「機龍警察 暗黒市場」も文庫化されていないので焦らなくていいが、第二部「機龍警察 自爆条項(上・下)」を買ってきて未読の山に放り込んだままだ。
 第33回日本SF大賞受賞作品になったので、早めに読もうとしていたのに忘れ去っていた。
 いや、その前に第一部はどんな話だったか思い出さなければならない。
 記憶があやふやだと調べなおす。

 異形の未来兵器が活躍する“至近未来”を描いた警察小説。
 大量破壊兵器の衰退に伴い台頭した近接戦闘兵器体系・機甲兵装。
 警視庁特捜部はそれに対抗するため「龍機兵(ドラグーン)」と呼ばれる新型機を導入した。
 その特殊な兵装のため警察官を起用できず、警視庁は搭乗要員として傭兵、元ロシア警察刑事、元テロリストの女性の3人と契約した。
 しかしそれは閉鎖的な警察組織内に大きな軋轢をもたらした。
 密造機甲兵装による立て篭もり事件の現場で、特捜部はSAT(特殊急襲部隊)と激しく対立する。

 まだ二足歩行型対人兵装「龍騎兵」の性能がほとんど明らかにされていない。
 警察小説大好きな人でも読める近未来SF。
 ということで第二部「自爆条項」を掘り出さなければならない・・・

機龍警察01

関連記事

第687回 大宇宙を継ぐ者(14)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 第450巻「隻眼のライレ」
隻眼のライレ 宇宙英雄ローダン・シリーズ 450

 やっと450巻(899話、900話収録)まで読む。
 前半「ハイパー空間嵐(Orkan im Hyperraum )」で第14サイクル「PAN-THAU-RA 《パン・タウ・ラ》」が終了。
 後半「 隻眼のライレ(Laire)」から第15サイクル「Die Kosmischen Burgen 宇宙の城」が始まる。

 第13サイクル「 BARDIOC バルディオク」から始まる800話~999話の情報は、長年、資料を集めてきたがほとんどストーリー情報がなかった。
 前にダイジェストで紹介したが、やはり1話ずつ読んでいくしかない。

 本来なら800話~999話という3つのサイクルにまたがる話はラージ・サイクルとしてまとめられるのだろうが、この概念が出てくるのは1600話以降である。
 もともとのストーリー設定は1200話台の「クロノフォシル/ヴィーロノート」あたりまでだったらしい。

 確かに「超越知性体」を超える《秩序の勢力(コスモクラート)》と《混沌の勢力(カオターク)》の戦い。それに抗う下位の生命体の図式はこの辺で公にされる。
 そしてどちらにも与しないと決めたローダンの運命はここで大きく変わっていく。
 まだ300話以上(翻訳版で150冊以上)あるが、年に48話(24冊)なので数年でたどり着くだろう。

 読むのが間に合わないが・・・。今月は465巻まで出版されちゃうしな。

Rhodan 899Rhodan 900

関連記事

第686回 不思議の扉

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

大森 望 編集「不思議の扉 時をかける恋」 The Door into Wander
不思議の扉 時をかける恋

 時間テーマの短編集。タイムトラベルものはSFのテーマの中でも人気があり、様々な手法で時間の流れを行き来し、タイム・パラドクスと戦うアイディアをひねり出す。
 今回は短編なので、その辺の理屈はさておいている。
 読んでいて懐かしいものや、初見のものもあり楽しめた。

 ・梶尾真治 「美亜へ贈る真珠」
 ・恩田陸 「エアハート嬢の到着」
 ・乙一 「Calling You」
 ・貴子潤一郎 「眠り姫」
 ・太宰治 「浦島さん」
 ・ジャック・フィニイ 「机の中のラブレター」

 太宰治がこんなSFを書いていたとは!

大森 望 編集「不思議の扉 時間がいっぱい」The Door into Wander 2
不思議の扉 時間がいっぱい

 第2弾は同じく時間テーマでラブストーリーものを抜いた作品。
 
 ・筒井康隆 「しゃっくり」
 ・大槻ケンヂ 「戦国バレンタインデー」
 ・牧野修 「おもひで女」
 ・谷川流 「エンドレスエイト」
 ・星新一 「時の渦」
 ・大井三重子 「めもあある美術館」
 ・フィッツジェラルド 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

 最後の「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」はなんかストーリーに覚えがある。
 いつ読んだんだろうと考えても思い当たらない。解説を見て、ああ、映画化されていたのかと納得。

関連記事

第685回 鬼灯さん家のアネキ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

五十嵐藍「鬼灯さん家のアネキ」(全4巻)

 「鬼灯の冷徹」を買ってきて蔵書リストに登録する際、上の行に出てくるコミックス。
 「琴浦さん」や「殺し屋さん」などの4コマがアニメ化されるのだから、これもアニメ化して欲しいものだ。
 先に実写化されそうだが、アネキが剛力彩芽でないことを祈る。
鬼灯さん家のアネキ (1)
 主人公・鬼灯吾朗は根暗な引き籠もりの高校生。
 しかし、親の再婚により突然、義姉のハルが現れ同居する。弟想いで悪戯好きのハルに、吾朗は徐々に心を開いていく。いや、なんか奴隷的に・・・

 進路希望:姉と同じ大学 
 好きな食べ物:姉を視界に入れつつ食べるご飯
 好きな色:姉の髪の色 
 好きな異性のタイプ:姉そのもの

 鬼灯ハル:赤髪。ちびっこ。小悪魔。 吾朗に 色仕掛けをする際には一切の羞恥も躊躇も無い。
 全裸だったり半裸だったりベロチューしたりと、深夜アニメでないと放送できない。

 さらに登場するもう一人の実姉・楓(かえで)。黒髪ロング。
 両親が離婚した際、離ればなれになった巨乳の姉ちゃん。吾朗の事を気にかけており、ハルとはそりが合わない。

 クラスメイトの水野麻衣。サブヒロイン。一つ後ろの席に座っている。テンションが低く、冷静。胸を揉まれても動じない。

 さらに数名のキャラクターを加えた吾朗のハイスクール・ライフ。とても面白いのでオススメです。

アネキ 実写

関連記事

第684回 アニメ 鬼灯の冷徹

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「鬼灯の冷徹」

 先週から始まった「鬼灯の冷徹」。録画した分を2週分、続けて視聴した。

 こ、これはセーフなのか!? すごいパロディの嵐ではないか(笑)

 オープニングを見ると座敷わらしがいない。出てこないのか~
HZ0101.jpg

 住所が地獄って(笑)
HZ0102.jpg

 最大の物議を醸し出した第1話ED曲「大きな金魚の樹の下で」
 アウトラインギリギリというか、セーフなのか?
HZ0103.jpg

 第2話、いきなりアウトの予感
HZ0201.jpg

 これは鬼灯さまがアウト宣言! まさか本物の声優を引っ張り出すとは。
HZ0202.jpg

 金魚草解体ショー。包丁に銘が入っていますね。
HZ0203.jpg

 これは・・・セイy・・
HZ0204.jpg

 うる星やつら声優陣祭りか! サクラの声を久々に聞いた気がする。

 第二話はED曲が変わっている。大槻ケンヂ?(笑)。毎回変えるのか?
 来週は白澤さま登場。

関連記事

第683回 真・仮面ライダー 序章

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

「真・仮面ライダー 序章(プロローグ)」

 プレミアム・バンダイからの案内を見ていて発見。
 平成版仮面ライダーは全く見ていない。もう、何人目の仮面ライダーなんだろう?
真・仮面ライダー
 なんか「テラ・フォーマーズ」に出てきそうだ・・・
 こちらは、よりリアルな仮面ライダーをと、1992年に「仮面ライダー誕生20周年記念」として石ノ森章太郎肝いりで製作されたもの。
 石ノ森章太郎本人も出演している。
 大人向けとして製作された故にグロテスクな描写があったり、ハードなストーリーが展開された。

 視聴上の注意
 ※この作品は子供向けではありません。
 子供に見させると、トラウマとなってしまう子供が多いはずです。
『真・仮面ライダー序章』のご視聴は、勇気がある人のみお願いします。

 とあったとか。

 もし続編が製作されるのであれば、その醜い姿を隠す為にスーツ、ヘルメット、マフラー、グローブ、ブーツを装着し、「仮面ライダー」となる過程が描かれる予定であったという。
 
 冒頭10分間紹介
 http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000085758/

真・仮面ライダーDVD

関連記事

第682回 ブルーホール

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

星野之宣「ブルーホール」「ブルーワールド」

 本屋に立ち寄ったところ、今週の週刊モーニングに掲載されていた星野之宣さんの「REGALO 雷鳴」が目に付いた。

 これは人類が恐竜全盛時代にタイムスリップするものか? と読んでみる。
 まあ、内容は置いといて、思い出すのはこの2作である。

 ・ブルーホール 全2巻
 ・ブルーワールド 全4巻(新装版は全3巻)

 アフリカ東南部・マダガスカル北東。、シーラカンスの密猟者ガイアが発見したブルーホールは、約5000万年前の中生代白亜紀の北米大陸とつながっていた。
 この発見で人類はブルーホールを通して現代の汚染された水と大気を白亜紀世界のそれと交換しようとする。
 しかし、白亜紀は大量絶滅の時代でもある。絶滅の原因ともされる超巨大隕石が地球に迫り、その衝突エネルギーがブルーホールを通じて現代世界へ噴き出す危険があった。
 地質時代に何度も起きた大絶滅の原因のひとつに、スーパー・プルームによる巨大噴火の影響がある。
 新たに発見されたブルーホールは、5億7000万年前の古生代カンブリア紀につながっていた。
 時空のネットワークは生命誕生の真相など多くの謎を解明し、人類の活動範囲を無限に広げる壮大な可能性をはらんでいた。

 どの時代にもエマノンがいたんだろうなあ。
 非常に面白い2部作で、こういう話は好きですねえ。
 「ベムハンター・ソード」は再開しないのか?

新装版 ブルーホール新装版ブルー・ワールド

関連記事

第681回 キマイラ・吼(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

夢枕 獏 キマイラ吼・シリーズ
「キマイラ 3 餓狼変」「キマイラ 4 魔王変」


 キマイラ 3 餓狼変キマイラ 4 魔王変

 キマイラの正体を求めて台湾へ飛ぶ真壁雲斎。10年前、雲斎と三蔵の兄・乱蔵が捕らえた第3のキマイラ・巫炎がそこにいる。
 友人の猩々から雲斎は謎の外人の話を聞く。その外人は八番目のチャクラ・鬼骨の情報を探しているという。
 猩々の求める「八位の外法」はキマイラと関係があるのか?

 そのころ、異相の外人フリードリッヒ・ボックは西条学園と円空山に現れていた。
 鬼勁を遣うボックに敗れる九十九三蔵。
 自分はこんなに弱かったのかと、酒に溺れ、喧嘩に明け暮れ、織部深雪を呼び出して犯そうとする九十九。
 そんな弱りきった九十九を愛おしく想う深雪。大鳳 吼より先にこの巨人に出会えていたのなら・・・
 師・雲斎と深雪の前で泣きじゃくる九十九三蔵。

 そして大鳳吼の居場所を知っていると龍王院弘が連絡をしてくる。
 東京へ向かった九十九は龍王院弘との交渉を決裂。徐々に本来の力を取り戻していく九十九に、巻き込まれた脇田涼子を人質に取ろうとした龍王院弘は敗れる。
 気絶から覚めた龍王院弘の前に現れたのは、フリードリッヒ・ボックだった。

 西城学園に別れを告げに来た久鬼麗一。
 キマイラを制御する術を身につけた久鬼麗一と、いまだキマイラの影に怯える大鳳吼。
 九鬼は亜室由魅と寝た大鳳に嫉妬の黒い炎を燃やし、織部深雪を陵辱する。
 九鬼が小田原に戻ったと聞き、不安にかられて深雪の家へ向かう九十九。
 深雪を犯したと言いキマイラ化した九鬼と壮絶な死闘を繰り広げる九十九の前に現れたのは、兄・乱造の服を着て台湾から来た班猛であった。

 肉欲と情念に身を焦がす若者たち。
 そして小田原の地に、龍王院弘の師・宇名月典善まで現れる。


 うーん、いまだにこの小説のパワーはすごいと思う。
 ソノラマ文庫版はしまいこんで取り出せないので、続きは刊行を待つしかないな。 
 

関連記事

第680回 復刻 さすらいエマノン

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

梶尾真治 「さすらいエマノン」

 復刻版2冊目。
 読み直して思い出してきた。
 20年以上前の作品なのに、現代社会の問題を取り上げているのはさすがSF作家だな。
 というか、未だに問題が解決されていないのは政治が悪いだけではなく、人類の意識が解決に向かおうとしていないからだろうか。


 ・さすらいビヒモス
 狂象ビヒモスに父親を殺され、復讐に猛る少年。その少年に同行する少女・エマノン。
 ビヒモスとはヨブ記に書かれる陸を統べる獣だが、エマノンは自分がヨブにビヒモスのことを話したと言う。
 五千万年前、人類の祖先を救ったビヒモスは、今、再び人間を救おうとしている。 

 ・まじろぎクリィチャー
 USA、メイン州。UMA(未確認生物)が現れるという噂の禁忌区。
 アメリカがベトナム戦争に負けた時代から10年。
 そこへ行きたいという少女が酒場に現れる。
 少女は20年前の約束を果たしに来たと言う。エマノンは交わした約束は必ず守る。それがどれだけの年月を経ていようとも。
 人類の作り出した汚染兵器。自然は人類の過ちを許すのだろうか。

 エマノンって真っ暗闇でも目が見えるんですね。

 ・あやかしホルネリア
 突然発生した異常な赤潮。エマノンの永い記憶にもない呪われた生物。
 人間の生み出した悪魔のスープに対し、自然の”怨念”の反撃が始まる。

 エマノンって人間に聞こえない低周音波が聞こえるんですね。

 ・まほろばジュルバリ
 南米ブラジル。エマノンは正体のわからない”場の力”に引かれてアマゾン川の源流を目ざす
 乱開発が進むアマゾンの奥地。エマノンが目指す”精霊(ジュルバリ)の地”に何がるのか?
 6億年前にも同じことがあった。地球外生命体によるレイライン暴走によって起こったカンブリア爆発と言われる生命進化への介入。
 現代にそれが起きたら現生種の滅亡を招くだろう。

 ・いくたびザナハラード
 生活に疲れた独身女性、倫子。彼女の脳裏に浮かぶザナハラードという言葉と、中学生のとき、仲の良かったエマちゃんの面影。
 エマちゃんは倫子に巫女(シャーマン)の才能があると言った。
 古書店で偶然見つけた「おもいでエマノン」という文庫本。そこには、何も言わずに転校していったエマちゃんがいた。
 倫子の前に顕現するザナハラードの意識。突然目覚めた治癒(ヒーリング)能力。
 ザナハラードは地球に人類は必要かと聞き、倫子に人類を滅ぼす終末装置を作らせる。

さすらいエマノン  文庫

関連記事

第679回 Avalon

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

映画 「Avalon」

 {ソードアートオンラインⅡ」の予告を見て思い出したのがこれ。「GGO」はこんな世界だろう。
 押井守監督作品で2001年に日本公開。
 なんと全編ポーランド語です。
 近未来、「アヴァロン」という名のオンラインゲームが若者の間で熱狂的な支持を得ていた。
 プレイヤー達は専用端末を介して仮想現実空間に接続し、単独またはパーティを組んで実在の武器や兵器を用いて戦う。
 ゲーム中でランクに応じたミッションをこなすことで、現実世界で使える報酬を得ることが出来るが、ゲームから抜け出せずに「未帰還者」となる人間を生み出すこともあるため、過激な非合法ゲームとされていた。
 ある時、挑発的にもアッシュと同じ戦法で、アッシュよりも速いクリアタイムを記録したプレイヤー・ビショップが現れる。

 曲はヒッターの好きな川井憲次さんの「LOG IN」
 

 プレイヤーがVR-MMOにダイブするという「ソードアート・オンライン」の数年前に作られた作品である。
 ゲーム世界では無敵の女戦士。現実では普通の女性でしかないアッシュ。
 ヒロインのアッシュ役のマウゴジャタ・フォレムニャックは草薙素子のイメージか。
 スナイパーライフルを使うのはSAOファントムバレット編のシノンの原型ですね。また、ゴースト:アヴァロンの管理者、「未帰還者」の謎となると<妖精王>オベイロンの原型なのか。
 

 押井守作品の小道具といえば、犬ですね。
 ここは「イノセンス」のバトーに通じるシーンですね。



 まあSAOの原型となった作品のひとつとも言えるでしょう。
 この映画を作ったのが日本人だというのが、やはりすごいですね。
 最上位のゲーム世界「クラス・リアル」。この世界で死んだものは現実でも死んでしまうのか?
 
 

 LOG OFF
 http://www.youtube.com/watch?v=CG_fTBBvtKM

関連記事

第678回 新約 とある魔術の禁書目録 9巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

鎌地和馬「新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)」9巻
新約9

 世界は破壊された。
 オティヌスと上条当麻を除いて。

 オティヌスが見せる上条当麻の真実。
 気に食わないものに片っ端から牙を剥き、少しでも目に付いた女は横から奪い取り、抵抗するものには容赦なく拳を振るって納得させる。
 問題の可決に拳を振るう暴力の化身。世界中から憎まれる存在。
 上条当麻のため学園都市は崩壊し、日本は多国籍連合軍に攻撃され、食料自給率の低い日本は餓死者にまみれる。
 学園都市からの疎開者も攻撃の的にされ、上条当麻はクラスメイトだった吹寄制理に腹を刺され、青髪ピアスに襲われ、両親は敵にまわり、月詠小萌先生に背中から刺され・・・

 オティヌスが見せる上条当麻の側面。
 寝ぼけて吹寄制理の身体を触りまくり、雲川芹亜・鞠亜姉妹のヤンデレ攻撃にさらされ、インデックスに噛み付かれ、御坂美琴と偶然出会うハーレム世界。
 しかし、これは上条当麻ではなく、他の誰かでも構わなかったのではないか?

 オティヌスの作る完璧な世界。
 「上条当麻がいないことを大前提に計算した黄金比」の世界。
 上条当麻がいるだけで誤作動を起こし、崩壊していく世界。
 
 自分さえ居なくなれば誰もが幸せになれる世界で、己を消し去ろうとする当麻。
 (いやー、今まで出てきたキャラ、仲良すぎじゃないですかw フレンダ、フレメア姉妹にアイテムの新たな下っ端、駒場と半蔵って)
 魔術サイドも科学サイドもすべての争いがなくなった世界。
 二万人の”妹達(シスターズ)”を救い出した「一方通行(アクセラレーター)」のいる世界。
 そして、当麻の目の前を脇目も振らずに駆けていくインデックスの姿。
 この世界には上条当麻は要らない。かつて上条当麻が救えなかった人間までが幸福に暮らしている世界。
 自分は今まで何をしてきたのか? 
 イギリスのクーデター鎮圧も、第三次世界大戦の終結も、”世界”を上条当麻が守ってしまったために「グレムリン」の登場を招き、オティヌスは”世界”を敵に回して”世界”を壊した。
 当麻はビルの屋上から最後の一歩を踏み出す・・・・
 オティヌストと当麻


 というのが前半ですね~。あらゆる可能性の世界がたくさん登場して面白かった。

 後半はミサカ・ネットワークの”中の人”登場。
 生と死を司る”魔神”オティヌスは、術式「死者の軍勢(エインペリアル)」で明確にその二つを分けて管理する。
 だが「総体」としてのミサカ・ネットワークは死んだ”妹達”の情報と生きた物理的末端の”妹達”の情報を、ほぼ半分ずつ持つ。
 ”魔神”ですら消せない”世界の基準点”と、”魔神”ですら想像しなかった”生と死が同居する存在”。

 ”元の世界(イマジンブレイカー)”と”次の世界(グングニル)”の戦いの結果は・・・
 当麻xオティヌス

 次巻に続く。
 次はオティヌスのために”世界”を敵に回した上条当麻と、かつて関わってきた怪物ボスキャラ総登場だそうです。

関連記事

第677回 万能鑑定士Qの事件簿(5)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 やっと第1部を読み終わった。


松岡 圭祐「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅺ」 Case Files of All-Round Appraiser Q Part Ⅺ
万能鑑定士Qの事件簿 XI

 高校時代まで落ちこぼれであった水無施 瞬は、リサイクルショップ「チープグッズ」の経営者・瀬戸内店長の薫陶を受け、”有機的自問自答”と”無機的検証”の思考法を身につけた。
 実家である単立の寺を継ぐことで、彼は神社仏閣がひしめく京都でその頭脳を生かし、勢力を伸ばしていく。

 角川グループの社長さんは「報道はATフィールドに守られた不可侵の領域」だとおっしゃってるんですか(笑)

 凜田莉子にとって兄弟子ともいえる水無施瞬の仕掛けたトリック。
 同じ思考法を用いる詐欺師の手法には、瀬戸内店長の信念が欠けている。
 信者を並べると儲かるとはこれ如何に。

 おお、この計算式のマジックが江戸時代にも知られていたとは!
 和算の技術はやはり世界最高水準だったな。これは雑学カテネタにしよう。

 安倍晴明の六壬式盤の行方を探す瞬と莉子。
 明かされる瞬の真の意図とは?


 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅻ」 Case Files of All-Round Appraiser Q Part Ⅻ
万能鑑定士Qの事件簿XII

 ちょっと悩んで読み進めなくなった。
 問題
 □□×1000=□  すべての□には同じ文字が入る。

 数字ではなく文字という点に引っかかる。太陽の塔に関係あるのかな? 数字は最初から除外。漢字か?
 20分ほど考えて、まあ後で考えようとページをめくる。・・・・orz

 万能贋作者・雨森華蓮の力を借りて罠を仕掛ける莉子。
 ラストはなんか唐突に終わったな。
 莉子の面識がないが知っている思いがけない人物?
 いままで登場したが、名前だけの人物ってことか。思い出せんからパス。


 では第2部で会おう。

関連記事

第676回 アニメ銀の匙 2期

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「銀の匙 Silver Spoon」2期

 ということで始まったアニメ2期。

 実写で校長先生を上島竜兵がやるとは思わなかったなあ(笑)
SS02-01001.jpg

 これを見てにやりと笑う八軒だが?
SS02-01002.jpg

 御影の涙の理由は?
SS02-01003.jpg

 ここは笑ったな、バッサリ!
SS02-01004.jpg

 さて幸運の蹄鉄となるのか?
SS02-01005.jpg


 女子の風呂場の話はカットされていたな。そのせいで前後の話のつながりが悪い。
 今期はいよいよ八軒パパが登場するが、常識の通じない父と気持ちの通じない母にどう立ち向かっていくのか、八軒くん!
 
 1期は「海外の反応」も良かったし、2期で終わらず続けて欲しいがDVDの売上はどうなんだろう。

関連記事

第675回 銀の匙10巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」⑩

銀の匙 Silver Spoon 10

 アニメ二期も始まるので楽しみ。

 いよいよ2回目の豚肉調理はベーコンとソーセージ。ううぅ、食いたくなってきた。
 ドイツのソーセージは世界一ィィィィ!!
 やはりヒッターは焼いたほうが好きだ。
 肉食系(文字通り)女子にも大好評!!!

 いよいよロシア人義姉登場ですが、ロシア恐るべしっ! でした。
 -20℃であったかいんですか? ソ連崩壊って1991年だっけ。


 次巻はバレンタイン編ですか・・・

 
 タマコがスゲー
 http://ginsaji-movie.com/yokoku.html

関連記事

第674回 十二国記 7 華胥の幽夢

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

小野不由美 十二国記7「華胥の幽夢」

 短編集です。

 冬栄
 十二国のうち、北東に位置する戴極国。
 まだ幼い黒麒麟の泰麒・蒿里は蓬莱からこの世界に来る手助けをした廉麟へ帰還の際のお礼を兼ねて、南西の漣極国へ使節として出される。
 半月をかけて柳北国、恭州国、範西国を経て漣国重嶺に到着した一行。
 戴極国から最も遠く、親交もなく、先ごろまで内乱のあったの漣極国。漣王・鴨世卓(おう せいたく)は破天荒な人物であった。
 後宮の庭に果樹園を作り、農夫の姿で果物を育てている。
 まだ11歳の子供で自分の為すべきことが解らないでいる蒿里に、世卓は仕事と役目の違いについて存念を語る。
 王を選ぶことで自分の麒麟としての役目は終わってしまったのではないか?
 台甫としての仕事はまだ教えられているばかりで、何の役にも立っていない。
 世卓は、王は国の番人であり、麒麟は王の番人である。番人とは悪い事の先触れがないか見守る者だと意を語る。

 「風の海 迷宮の岸」の直後から始まる物語ですね。
冬栄

 乗月
 「風の万里 黎明の空」の後の物語。

 四年前、芳極国の先王・健仲韃を討ち取った恵州侯・月渓は、次の峯王が立つまでの仮王として推されるが頑としてそれを拒み、恵州城に戻っていた。
 本来、王が亡くなれば冢宰が仮王に就く。しかし冢宰・小庸はこれを拒んだ。
  現在、新しい峯王は空位のまま百官が国権を侵さぬ範囲で切り盛りしているが、やはり朝を束ねる者として月渓が推される。
 そこへ慶東国・からの親書が届く。芳極国と慶東国とは交流がなかった。しかしそれは月渓を名指しで使者、禁軍将軍・青辛が携えてきたという。
 景王・陽子は先王を討った盟主・月渓が仮王の席に就いたのではと親書を送ったのだが、月渓は自分は州公であって国官ではないと親書の受け取りを拒否し、青辛を困惑させる。
 だが青辛が携えてきた書状は親書の他にもう一通、慶国下官・祥瓊から月渓へ宛てたものがあった。

 月渓がその行く末を気にかけていた公主・祥瓊。
 その祥瓊からの自分の罪を悔いる書簡が月渓の背中を押す。

 うーん、アニメ2期があればこの話は是非やって欲しいですね。
 恭王・蔡晶の性格は変わってないようです(笑)
 
 書簡
 景王・陽子から雁国の大学の学寮にいる楽俊への書簡。
 巧州国で塙麟が亡くなり錯王も長くないだろう。これから巧国は傾いていく。
 巧国の楽俊の家に寄り、母親に会って話をしてきたこと。
 新しい元号に楽俊の名から一字をもらったこと。

 楽俊から陽子への書簡
 延王も延麒もよく遊びに来るが、いつ仕事をしているのだろう?(笑)
 母ちゃんの事が心配だったが、見てきてくれて助かった。奨学金で学費や生活のことは心配なくなたので雁国へ呼ぼうかと思っている。
 雇われ仕事なら巧国でやらなくても良いのだから。
 元号を赤楽にするのはよく考えろ。

 陽子も楽俊も書簡には揉め事はないと綴るが、実はどちらにも問題があり、そして二人とも相手が巧くいっているとは思っていない。
 友人だからこそ相手の心配事が判り、自分のことは心配させないように気を遣う。
 こういう友人関係はいいですねぇ。楽俊は無事に大学を卒業できるのか?一番の成績で入学した者で卒業できた者はいないという伝説が・・・

 このヴォイス・レコーダーのような鳥は何と言うのだろう。
 銀しか食わないって(笑)

 華胥
 才州国の宝重・華胥華佗。それは宝玉でできた桃の枝。枕辺に挿して眠れば華胥の夢を見せてくれるという。
 わずか八歳の采麟・揺籃は先代の采王・砥尚(ぎしょう)から華胥華佗を下賜され失道に陥る。
 冢宰の栄祝、地官長大司徒の朱夏たち、砥尚と共に先王・扶王を倒しに立ち上がり、理想と正道を求めて才国を立て直そうとした者たちの夢は、わずか20年で潰えようとしていた。
 しかし朱夏たちにも砥尚にも、何が悪かったのか解らない。
 正道を求め賊吏を排除しようとしたが、罪を憎んで人を憎んだわけではない。
 なぜ采麟は失道したのか。華胥華佗とは何のために在るのか。

 責難は成事にあらず。うーん、確かにそうかも。
 人を責めるのは容易い。だがそれで何かが正されるわけではない。
 自民党から政権を奪った民主党のような感じかな?

 ああ、書簡を運ぶ鳥は青鳥というのか。

 帰山
 柳北国、劉王・助露峰の治世百二十年。柳国は傾きつつあった。
 六百年に治世を誇る奏南国、五百年の雁州国は破格として、範西国の氾王の治世が三百年、それに次ぐのが恭州国の供王・蔡晶の九十年。
 多くの国の衰退を見てきた奏国の放蕩者・利広(また会いましたねぇ)は、同じように数十年ごとに傾きつつある国で出会う雁国の風漢(また出歩いてるんですか、王様)とこの国の分析をする。
 今の劉王登極の時期、何かがおかしかったが国の滅亡にはある程度、山や流れのようなものが見える。
 だが、数百年の間に幾多の王朝の衰亡を見てきた二人にも、今の柳国の倒れ方は見慣れないものだった。
 王朝はいつか必ず滅びる。奏も雁も例外ではない。

 各国を見て回った利広は奏国に戻る。
 卓朗君・利広を迎えるのは家族たち。父の宗王・櫨先新(ろ せんしん)、母の宗后妃・明嬉、兄の英清君・利達、妹の公主・文姫、宗麟・昭彰。
 他国の状況を利広が語る。(これで読者にも状況がわかりますね)

華胥の幽夢 十二国記

関連記事

第673回 高千穂 遥

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

高千穂遙 

 このところ「ソンビーハンター」、「エマノン」、「魔界都市<新宿>」など80年代作品を思い起こすネタが多かったので思い出したのが高千穂遥さんである。
 この頃に始まった高千穂遙さんの「クラッシャージョウ」、「ダーティペア」シリーズ、その後、スピンオフの「神拳 李酔竜シリーズ」などが発表されていく80年代日本SF復興期に当たる時代のことである。
 映画「スターウォーズ」、「E.T」など公開されSFブーム到来。
 「月刊OUT」や「アニメージュ」などの雑誌が発売されたあたりですな。
 「ダーティペア」はアニメより断然、原作小説の方が面白い。
ダーティペアの大帝国
 「ダーティペアの大征服」「ダーティペアの大帝国」の2部作はMMO-RPGワールドにユリとケイが乗り込むとどういう結末を迎えるかという・・・以下略。(もお、乗り込まれた時点で判りそうなものだ)

 80年代当時の高千穂遙さんは自らSF小説を書く傍ら、株式会社「スタジオぬえ」の代表を務め、漫画の原作もこなし、SFというものに一家言持つ『SFマインド』を語る論客でした。
 初期の「宇宙戦艦ヤマト」がTVアニメ放映されたとき制作にも携わったし、この人がいなければ、現在まで続く機動戦士ガンダム・ブームはなかったかもしれません。
 栗本薫さんがグイン・サーガを書こうとしたのは、高千穂さんの「美獣」が書かれたのにインスパイアされたからです。
 
 最近はクラッシャージョウの新作をポツポツ出すだけで、新作があまり出ませんなぁ

 暗黒拳聖伝シリーズやザ・ドラゴンカンフーシリーズのようなものをもっと書いて欲しい。
 暗黒拳聖伝〈1〉闇の覇王

関連記事

第672回 狂戦士伝説

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

菊地秀行 魔界都市<新宿> 6「狂戦士伝説」 
狂戦士伝説

 久々の十六夜京也の魔界都市<新宿>。
 これ、第1作が作者のデビュー作なんだよな。
 ドクター・メフィスト、羅摩さやかちゃんも健在です。
 あいかわらず、割り箸でタンメンをすする<魔界医師>メフィストは絶景です。

 蘇る狂戦士バラキと彼を守る”剣”、”鎧”、”護衛獣”、”医師”、”戦車”。
 そしてバラキが転生の依代としたのは?

 後日、十六夜京也の元へ届いたのは餃子1人前、チャーシューメン、帰りのバス賃の請求書であった。 

 コミック版「魔界都市<新宿>」の漫画家、細馬信一さんは今どうしているのだろう?
 結構、コミックス集めてたんだがなぁ。

 既刊
 1.魔界都市<新宿>
 2.魔宮バビロン
 3.騙し屋ジョニー
 4.牙一族の狩人
 5.地底都市<新宿>

関連記事

第671回 うみねこのなく頃に散 Episode8-4

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

竜騎士07 (著), 夏海 ケイ (画)「うみねこのなく頃に散」
                  Episode8:Twilight of the golden witch (4)


    うみねこ散EP8-4

 新たな視点で読み解く「うみねこのなく頃に散」Episode8。
 霜島ケイさんの絵も好きですが、このEp8は原作と違う展開で面白い。

 特にこの4巻はまだ中盤ながら原作を超えているのではないか?

 敗北したEp5、Ep6を再構築する古戸ヱリカの推理。
 「一なる真実の書」と呼ばれる右代宮絵羽の日記には、1986年の六軒島の真実が記されているのか?
 魔女ベアトリーチェの最大の秘密を解き明かすこの展開は原作にはなかったものです。

 相変わらずベルンカステルとラムダデルタが邪悪だ。

 5巻は8月発売ですか~、長いな。

関連記事

第670回 おもいでエマノン

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

梶尾真治 「おもいでエマノン」

 復刻版刊行開始。
 読んでいて懐かしかった。ああ、こんなエピソードがあったなぁと思い出す。
 すっかり忘れていた設定もあった。
おもいでエマノン 〈新装版〉

 地球に生命が誕生して三十億年。
 総ての記憶を持ち続ける美少女。
 何のため、彼女は果てしない旅を続けるのか?

 「名前なんて記号よ。エマノンでいいじゃない。NO NAMEの逆さ綴りよ。」

 ・おもいでエマノン
 1967年。九州北部へ向かうフェリーの中で、ぼくは不思議な少女・エマノンと出会った。
 彼女は自分の年齢を30億歳くらいだと言う。
 いつの間にか船から消えていた彼女が残したメッセージを、ぼくはずっと定期入れに入れて持っていた。
 そして13年後、僕が出会ったのは・・・

 ・さかしまエングラム 
 家族とともに交通事故に会い、一人だけ生き延びた少年。自己以来、彼は生前から始まる膨大な記憶を持っていた。
 「エングラム」と呼ばれる精神疾患。事故の際に少年を助けたエマノンという女性は彼に輸血をしていた。
 精神科医は催眠療法で少年を過去の記憶へ導いていく。

 ・ゆきずりアムネジア
 これはコミックス「續さすらいエマノン」の元ネタ。
 1990年。八十歳近い老人が良三を訪ねてくる。亡くなった奥さんのことを話してくれ、と。
 昭和47年、構成作家の良三は九州の山岳地帯で、記憶喪失の少女・荏麻(エマ)と出会う。
 そして荏麻は娘の荏衣子(エイコ)を出産する。
 老人は良三に告げる。自分は荏麻と名付けられた少女の父親だと。


 ・とまどいマクトゥーヴ
 1988年、高校生のエマノンは不思議な少年と出会う。
 彼はひと目でエマノンが三十億年の記憶を持つ歴史の生き証人だと見抜く。
 驚異的な肉体再生力と未来視を行う彼は新人類なのか?

 1994年、カルフォルニアでエマノンは意外な人物と出会う。
 生命の進化のプログラムの中で、彼が担った役割とは?

 ・うらぎりガリオン
 アリゾナの砂漠でエマノンを拾った母子。彼女らはエマノンをガリオン研究所へ導く。
 隕石から抽出されたDNA。それをバクテリアに埋め込み進化させたバイオ・チップ素子。
 200万年前に生物の進化に関わった”ガリオン”と、当時のことを覚えているエマノンが対決する。

 ・たそがれコンタクト
 事故によってテレパシー能力を得たヨシフミ。予知能力を持つヒデノブ。
 数年前からヒデノブは”エマノン”という女性が、自分の人生のターニング・ポイントになることを予知していた。
 ”永遠の未来の記憶”を持つヒデノブと、”永遠の過去の記憶”を持つエマノン。
 二人の記憶がヨシフミの中継で交差する時・・・

 ・しおかぜエヴォリューション
 九州の天草で起きた奇妙な事件。
 エマノンの分身のような存在にエマノンは呼び寄せられる。
 動物界へ進出したエマノンと同様に、植物界にも30数億年の記憶を持つもの「アイオン」がいた。

 ・あしびきデイドリーム
 ああ、暉里(ヒカリ)はここが初登場だったのか。
 
 1994年、突然、布川輝良(アキラ)の部屋の前に立っていた少女。いつの間にか輝良はヒカリと暮らし始めていた。
 ある日、アキラはヒカルが同世代の少女といっしょにいるところを見かける。
 その少女の名はエマノンと言った。何かを頼んだり頼まれたりしたようだが、数日後、ヒカリはアキラの前から消えた。
 彼女がここに住んでいた形跡はすっぱりと消えていた。

 6年ぶりに大学時代を過ごした街に戻ってきたアキラは、当時、自分は一人で過ごしていて、ヒカリという女性のことは誰も覚えていないことを知る。
 ヒカリを求めて、彼女の故郷だと言っていた山岳部の集落を訪れたアキラの前に現れたのは、あのエマノンという少女だった。

関連記事

第669回 風邪を引く

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

風邪を引く

 昨日から調子がわるい。微熱とめまい、喉の痛み。これは風邪だ。
 2年前に肺炎をこじらせて死にかけたので、昨夜は早々に寝た。

 途中、2回ほど目を覚ましたのだが、気がつけばもう3日の夕方である。
 20時間近く寝ていたのだ。
 まだ喉が痛く、咳の衝動が来る。病院が休みの時に限って体調が悪くなるなぁ。


 人類は未だかつて風邪の治療薬を発見していない。
 風邪のウィルスをやっつけるのは体内の白血球たちなのだ。
 風邪薬と称するのは対症療法の薬に過ぎない。
 熱が出たら解熱剤を、喉の痛みには鎮痛効果のあるものを、咳が出たら咳止めを。
 究極の風邪薬を早く作って欲しいな。

 ちなみに風邪とインフルエンザは違うものです。

関連記事

第668回 サイロンの挽歌

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

宵野ゆめ グイン・サーガ 132「サイロンの挽歌」 Creepers in Cylon

 前巻と舞台は変わって豹頭王グインの治める大国ケイロニア、その首都サイロンで起こり始めた怪事件。
 黒死病の大禍が過ぎ、<七人の魔道士>の戦いが終結して復興へ向かう途上にサイロンに大量のトルク(ねずみ)が発生した。
 対策を練るグインは<まじない小路>を尋ねるが、そこはもぬけの殻であった。

 栗本薫さんの短編の方ではこのあとの時代が書かれていますが、そこにたどり着くまではまだ時間がかかりそうです。
 とりあえず作品の質は落ちていないので良し。

 このまま五代ゆうさんはパロ-ゴーラ編、宵野ゆめさんはケイロニア編と書き分けるのかな?

  サイロンの挽歌

関連記事