まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第635回 悲報伝

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 伝説シリーズ 4「悲報伝」Hi Four Den

悲報伝おび

 四国四部作第三作。

 高知・愛媛編
 敵よりも味方を多く殺す英雄<醜悪(グロテスク)>・空々空(そらから くう)たちは高知県・桂浜にいた。同行は不思議幼女・酒々井(しすい)かんづめと、チーム<ウィンター>の魔法少女<ジャイアントインパクト>
 
 この時点で魔法少女たちの動静は
 チーム《サマー》:香川県担当
 魔法少女<メタファー>- ルールに触れて死亡
 魔法少女<パトス>- ルールに触れて死亡
 魔法少女<コラーゲン>- <ストローク>殺害に失敗して反撃され殺される
 魔法少女<ストローク>- 逃走中
 魔法少女<パンプキン>- 空々空たちと別行動中

 チーム《ウィンター》:徳島県担当
 魔法少女<ジャイアントインパクト>- 空々空と行動中
 ほか4名- ルールに触れて死亡

 謎の黒衣のチーム
 魔法少女<スペース>:”風使い”- 空々空が魔女・酒々井かんづめと接触したと知り、一時撤退
 魔法少女<シャトル>:”水使い”- <パンプキン>に殺害される

 自分で切ってしまった一週間のタイムリミットの5日目の夕方。
 空たちの前に太平洋を平泳ぎで泳いできた素っ裸の少女。
 それはタイムリミット前に発射されてしまった<四国破壊兵器>、人造人間・悲恋だった。
 そして攻撃してきたのはチーム《スプリング》の魔法少女<ベリファイ>。
 その戦いを観察していた黒衣の魔法少女<スクラップ>。彼女・”土使い”は自分たちのチーム<白夜>はこの一見「四国脱出ゲーム」に見えるゲームの主催者側だと言う。
 彼女が空々空に依頼したのは、進行役である彼女たちの仕事の邪魔となっている高知チーム《スプリング》と愛媛チーム《オータム》の足の引っ張り合い「春秋戦争」の打開であった。

 一方、チーム《オータム》のリーダー・魔法少女<クリーンナップ>は魔法少女<パンプキン>と接触していた。
 チーム《オータム》は魔法少女<クリーンナップ>、双子の魔法少女<カーテンレール>、<カーテンコール>、魔法少女<ロビー>、魔法少女<ワイヤーストリッパー>、プラス魔法少女<パンプキン>の6名。

 空々空はチーム《スプリング》のリーダー・魔法少女<アスファルト>と接触する。
 チーム《スプリング》は<ベリファイ>、<デシメーション>を失い、残りは魔法少女<アスファルト>、魔法少女<フローズン>、魔法少女<ベリーロール>、プラス空々空、偽魔法少女<ニューフェイス>(実は人造人間・悲恋)、魔法少女<ジャイアントインパクト>の6人。

 二つのチームの魔法少女たちの削り合いが始まる。
 生き残るのは誰か?
 幼稚園児に見える魔女・酒々井かんづめはどんな役割を持っているのか?
 残る黒衣のチーム《白夜》の4人<スペース>、<スクラップ>、<スパート>、<スタンバイ>は誰にゲームクリアして欲しいのか。

 <つづく>


 西尾維新先生はすっぽんぽんの少女が好きらしい。いや、ヒッターも好きですが。
 次巻は四国編完結編の「悲業伝」ですが、四国を一周したので香川県にもどる模様。

 さて、まだ地球との対決が残っているはずなので、「悲録伝」は期待していいのだろうか?
 1巻では終わらない気もするが7に該当するタイトルが思いつかない。
 巻末に2014年は「りぽぐら!」という本を出すアナウンスがあったが、どんなものだろうか・・・。

関連記事
スポンサーサイト

第634回 パロの暗黒

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

五代ゆう グイン・サーガ 131「パロの暗黒」 Plutonian Parros

パロの暗黒

 買ってきてからしばらく手に取らなかった。読み出す決心がなかなかつかなかった。
 栗本薫さんの死去のショックはかなり大きかったので、それを払拭できるか?
 外伝、トリビュートならともかく正伝の続編である。
 ひとつの物語のプロットを用いて複数の作家が書くというのは他にもいろいろあり、ヒッターも慣れてはいるが、グイン・サーガはどうだろうか?

 とりあえず12月には続けて132巻 宵野ゆめ「サイロンの挽歌」が出ることだし、読まねばなるまい。

 ・・・。
 さて、読み終わった感想。
 栗本グインとは違う雰囲気は確かにある。だが、面白い!

 ヤガへ向かうと見せかけ、ヴァレリウスの監視を欺いてパロに戻るイシュトヴァーン。
 リギアさんの性格設定は変わらずということで嬉しい。
 結構、重要な脇役もお亡くなりになったな。

 魔道王国パロの陥落!
 なんと”あの方”の復活!!
 あとがきでも作者が書いているように「ベルセルク」のグリフィス復活のようなものか。
 これはこれで”有り”だと思う。
 現在、正伝執筆者は2名だが、ペリー・ローダンのようにプロットをしっかり設定し、監修をしっかりやればもう何人か実力のある作家の参入も”有り”だろう。


 本巻もグイン・サーガの伝統に則り、英語タイトルは頭文字を揃えている。
 参照 タイトル一覧

関連記事

第633回 万能鑑定士Qの事件簿(4)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 本屋さんに行ったら新作が出ていた。
 え? またタイトルが変わってるじゃないか! 「万能鑑定士Qの推理劇」は全4巻で終わってしまったのか! こりゃ、まずい、早く読み進めないと!! ということで読み出す。

松岡 圭祐「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅸ」 Case Files of All-Round Appraiser Q Part Ⅸ
万能鑑定士Qの事件簿IX

 日本で公開されることになった名画「La Gioconda(ラ・ジョコンダ)」。今回、凜田莉子はこの絵の鑑定をすることになります。
 ヒッターは昔、これが日本で「モナ・リザの微笑み」と呼ばれることを知りました。雑誌「ビックリハウス」のスピンオフといえるJPC展「モナ・リザ」からです。(どこかに仕舞っているはず)
 なぜ「モナ・リザ」と呼ばれることになったのかは諸説あり、モデルがいる、いないという話もあってよく判っていないようです。
 「御教訓カレンダー」を何冊か持っているが、読み返したくてもかなり奥のダンボールに入っているな。
 ”石橋くんを叩いて殺す”というのが記憶に残っている。 

 閑話休題。 
 ほほう、この絵は木板に描かれていたのですか。長い年月の間に板が乾燥で反ってひび割れが生じたのですね。

 ルーブル美術館での100名の鑑定家によるテストをクリアしたのはたった二人、凜田莉子と流泉寺里桜だけ。
 日本に戻った彼女たちに課せられた過酷な授業に、その感性は磨き上げられていく。だが、それは莉子の鑑定業に重大なマイナス影響を与えていた。
 小笠原と莉子に仕掛けられた遠大な罠。

 問題
 ゴッホの「ひまわり」が偽物のとき、ムンクの「叫び」は本物。
 では、「叫び」が偽物だったとき、「ひまわり」は?

 なるほど、消去法で考えればいいのか。
 
 失意のうちに引き籠った莉子を引っ張り出したのは、小笠原が服役中の万能贋作師・雨森華蓮から預かってきた一言だった。

 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅹ」 Case Files of All-Round Appraiser Q Part Ⅹ
万能鑑定士Qの事件簿X

 これはⅠ、Ⅱ巻の20歳の莉子が独立して店を開いた頃の話。
 莉子を指導した店長が教えたくなかったテクニック。たとえ、それが自分の首を絞めることになろうと、当時の莉子はまだ未熟だった。
 有機的自問自答と無機的検証。なるほど、万能鑑定士と一流の詐欺師は紙一重ということですな。
 牛込書の葉山警部補との腐れ縁が出きた事件。
 Ⅰ、Ⅱ巻が書かれたのが民主党政権の時代だったので、いまさら当時の政権を非難しているのが鼻につく。

 
 さて、第1部「~事件簿」は残り2冊。早々に読みたいが、ちょっと回り道するか。
 

関連記事

第632回 古典部シリーズ(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

米澤穂信 「古典部シリーズ」

 4.遠まわりする雛 - Little birds can remember
遠まわりする雛

 短編集ですね。読みやすいのはいいが、今月は長編小説を読むはずだったのに、もう残すところ3日しかないな。

 ・やるべきことなら手短に
  4月。主人公たちが古典部を廃部から掬い上げてから数日目の出来事。
  「学校の七不思議」にまつわる話。

  これはアニメの「氷菓」のパートに入れられた話か。
  アニメの方は何か解りづらい話でアニメオリジナルなのかと思っていたが、ちゃんと詳細が書かれていたので納得できた。こんな短編小説でも、シナリオがまずいアニメにすると話が混乱するという一例。

 ・大罪を犯す
  1学期。
  「大罪」の話だが、数が七つになったのは「七美徳」に対応させるためで、もともとは九つあったはず。”憤怒”は昔から”ふんぬ”と読んでいたのだが、”ふんど”と読む人が多いなぁ。まあ、どちらも間違いではないのだが違和感がある。
  ちなみにヒッターも筆記体が苦手である。なんか数字の書き方も人と違うらしい。銀行で撥ねつけられたことがあるなぁ。
  煩悩の数は108ではなくて20だか36じゃなかったか? 除夜の鐘で108回打つのは前世、現世、来世の分で三十六煩悩を3倍するから。 

 ・正体見たり
  夏休み。
  読んでる間に実の姉妹ではないのではないかと穿った見方をしたが、そうではなかったようだ。
  温泉に入りたくなったな。冬場は自宅の風呂じゃなくスーパー銭湯に行く機会が増える。早朝6時からの風呂は空いていて気分がいい。

 ・心あたりのある者は
  2学期。
  千反田えると折木奉太郎の真剣勝負。
  えるさん、キナの匂いってなんですか(笑) キニーネの原料と言われても化学畑出身のヒッターには解るが、一般人には解らないぞ。
  たった1回の校内放送から行われる演繹法推理。奉太郎くんは墓穴を掘ったような気がしますが・・・

 ・あきましておめでとう
  冬休み。
  十文字かほさんはここで出てくるのか。そういえば神社の娘だったな。
  ”凶”のおみくじを引いた奉太郎に不幸が襲いかかる。うっかり、えると共に納屋に閉じ込められた二人。
  うかつに人を呼べば、納屋で何をしていたおかと、あらぬ疑いを招く。さて、携帯電話も持たぬふたりの脱出の方法は?
  <思考機械>ですか(笑)。・・・ああ、あきましたな。

  設定が西暦2000年なのだが、この当時の高校生の携帯電話普及率は多かったのだろうか、少なかったのだろうか?

 ・手作りチョコレート事件
  遡って去年の2月14日。伊原摩耶花は福部里史はバレンタイン・チョコレートの受け取りを拒否された。 そして1年後の今年の2月14日。盗まれた伊原摩耶花のチョコレートはどこに? そんなことは解っている。
  ほほう、漫研部は分裂の危機になりましたか。まあ、あれだけ思想の違いがあればしょうがないでしょう。 え? 嘘なの!
  そうだ、お団子頭の沢木口さんは天文部でしたね。無関係な容疑をかけられた天文部。
  4人の古典部部員は、それぞれが自分の思惑で行動していく。

  ヒッターはビター・チョコレートが好きです。  

 ・遠回りする雛
  4月-春休み。旧暦の雛祭り。
  ほほう、入須冬美嬢が男雛。千反田嬢が女雛ですか。折木奉太郎は見てはいけないものを見てしまいました。
  さて、生き雛の行列を遠回りさせたのは誰だったのか? はどうでもいいですが、このふたりはもっと遠回りしそうですね。
 このあと奉太郎くんは風邪をひいたようです。

 次巻からは2年生編ですか。
 ここまでがアニメ化された部分だったので、借りてあるDVDの残りを観る。

 第六話「大罪を犯す」
 やっぱり「憤怒」を”ふんど”と言っているではないか(怒)
 ヒッターは読んでいる間にこれを予想していたのか? 
 
 第七話「正体見たり」
 おお、このラストの付け足しは良いではないか。兄弟姉妹は仲が良いほうがよろしい。

 第十九話「心あたりのある者は」
 ヒッターが一番気に入っていたセリフが変えられている。
 やはりキニーネはまずかったのだろうか。
 
 第二十話「あきましておめでとう」
 すごく内容が省かれているな。元ネタを読んだばかりなので、なんか腹が立つ。
 これ、アニメだけじゃ説明不足過ぎるだろう。

 第二十一話「手作りチョコレート事件」
 原作とちょっと変えられている。かなり説明を省いている。催淫薬のくだりはやらないのか(笑)
 うーん、アニメの方がラストの部分が良いな。
 ビターチョコを買ってこよう。

 最終話「遠回りする雛」
 摩耶花と入須先輩のセリフが増えているだけで、詳細説明はカット。
 原作の勝ち。

関連記事

第631回 ログ・ホライズン(4)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 橙乃ままれ「ログ・ホライズン」 LOG HORIZON

 以下、ネタバレが含まれています。タイトル通り、3巻の続き。

 第4巻 ゲームの終わり(下)
ログ・ホライズン4 ゲームの終わり(下)

 海岸でマリエールや小竜たちが水棲緑鬼(サファギン)と戦っている頃、山中では直継、にゃん太、レザリックたちと合宿参加者11名は移動中の数千単位の緑小鬼(ゴブリン)、鉄躰緑鬼(ホブゴブリン)、灰色大鬼(トロール)の集団に遭遇していた。
 キャンプ地であるザントリーフ半島は包囲されつつある。
 緑小鬼の軍勢の情報は緊急招集された臨時「領主会合」でツクバの領主から報告されたが、シロエたちは呼ばれなかった。ひとつには、まだ正式に「領主会合」のメンバーに入っていないこと。もうひとつは、領主たちは<冒険者>たちの陰謀ではないかと疑ったのである。
 だが1万を超える緑小鬼の軍勢は3日もあれば「マイハマの都」に攻め込むだろう。

 領主たちが頼りにしていたのは、<冒険者>を超える戦闘力を持つ<イズモ騎士団>。
 <古来種>で構成された<全界十三騎士団>のひとつは、なぜか消失していた。こうなると<イースタル>の各領主単独では勝ち目はない。
 どこかの都市が防備を固め、そこに敵を集めて残り領主たちの戦力で包囲殲滅する戦法をとるか、正式に参加を認められていないアキバの街の<冒険者>に協力を求めるかだが、それは諸刃の剣である。
 その戦力が暴走したらどうなるのか。亜人間族の蜂起どころの災厄では済まないだろう。

 シロエはこれが地球時間で2ヶ月ごとに起こるイベント「ゴブリン王の帰還」を放置した結果ではないかと推測する。通常ならば中堅クラスの<冒険者>グループが、ドロップアイテム狙いで挑戦するイベントだが、この2ヶ月はそんな事をやっている暇はなかった。
 今まで「エルダー・テイル」と地球時間の差は12倍で設定されていたが、この世界では2年間放置されていたことになる。これは放置しておくと、どんどんゴブリン王の力がエスカレートするイベントであったが、ここまで大規模になったことはない。
 <イズモ騎士団>がいないのは、同様に西の「古王朝ウェストランデ」で起こる<スザクモンの鬼祭り>に対応しているのかもしれない。あちらの<冒険者>たちの統制が取れていなければ対応は難しいだろう。

 「円卓会議」は、この侵攻に<冒険者>だけで対応するか協議する。原因の一因は<冒険者>にある。
 シロエはリ=ガンの説からの推測を提議する。そして、シロエの<冒険者>の”死”のリスクへの懸念は狂戦士・クラスティが裏付けしてしまった。
 <大災害>以降、この世界への適応訓練をしたクラスティは2度の”死”を経験した。その結果、元の世界の記憶をいくつか剥落したらしい。飼っていたはずの猫の名前と姿形を思い出せないのだ。
 それは何度も”死”を繰り返し、元の世界の記憶を失えば復活が不可能になるということだ。簡単に戦闘に出向くわけにはいかない。

 シロエたちを交えた「領主会合」は紛糾を極めた。領主たちの間でも対応が決まっていない<冒険者>への、亜人間族侵攻対策をどう切り出すか。
 アキバの街としても、うっかり応ずれば今後の立場が悪くなる。亜人間軍の進路にある「ツクバの街」の領主の逆上で、ミチタカもブチキレてしまう。
 果てしない討論の最中、会議場に登場したのは「マイハマの都」の領主の孫娘・レイネシアだった。
 彼女はひとりの<大地人>としてアキバの街で<冒険者>を集うと言う。本来、侵攻対策を支援するつもりだったシロエたちは、会議の落としどころを探していた。
 いったいなにが”なまけ者”のレイネシア姫を駆り立てたのだろうか。ミチタカを会議に残してクラスティとシロエは鷲獅子(グリフォン)を呼び出し、アキバの街へ向かう。、

 合流したマリエールと直継たちは、緑小鬼(ゴブリン)の略奪中隊が「チョウシの町」に向かっているのに気づく。防壁のない町はあっという間に侵略されるだろう。全員で「チョウシの町」に向かうが、途中でミノリは敵への浸透攻撃を進言する。
 敵が夜間、森林部にいる間に各個撃破するのだ。それで一斉攻撃のタイミングがずらせれば、防備側も対処できる。圧倒的に戦力が足りないからだ。
 直継、にゃん太、小竜たち高レベル戦闘班が中央に進撃し、漏れてくる小隊をミノリたちが討ち取っていく。このため、「チョウシの町」にたどり着いた小隊は防衛班に各個撃破されていく。
 ほぼ同レベルの敵に対応できたミノリたちは、なんとか無事に朝を迎えることができた。

 シロエから連絡を受けたアキバ側の「円卓会議」メンバーは用意を整えていた。
 シロエの策謀により恥ずかしい格好(本人談)に着替えさせられたレイネシアは、広場で<冒険者>たちに窮状を訴える。敵は2万体の亜人間の部隊。応募資格レベル40以上、「円卓会議」からのクエストという名目で無報酬の作戦が始まる。
 遠征作戦に乗った1200人の<冒険者>たち。先行打撃大隊はギルド「D.D.D.」を主軸とする編成で、試作型蒸気機関搭載輸送船<オキュペティ>でマイハマに向かう。
 なんとこの外輪船(パドルシップ)の燃料は、召喚師(サモナー)が呼び出す火竜(サラマンダー)である。
ばるきりい

 通常、<冒険者>は6人の小隊(パーティ)を組む。鷲獅子(グリフォン)を取得するような難易度の高い戦闘は、これを4組編成して中隊戦闘(フル・レイド)で行われる。各小隊ごとに別々の役割を与える中隊の指揮はかなり難易度が高く、今でも鷲獅子所持者は200名に満たない。
 そしてこの中隊を4つ合わせた96名編成の大隊戦闘(レギオン・レイド)を指揮できるのはヤマト・サーバーでも20人といない。狂戦士・クラスティはそのひとりである。
 一方、遠征軍本隊のシロエは移動しながら遠征軍の編成を行っていた。その作業は大隊戦闘の指揮の比ではなかった。作戦範囲は馬で2~3日かかる広さ。参加者は約1200名。そしてレベル帯、職業ごとに小隊(パーティ)を決めなければならない。ギルド単位で参加した者は任せられるが、ソロでの参加者は割り振らなければならない。
 そして重要なのは通信網の構築である。ただ亜人間軍を個別撃破すればいいわけではない。統制を失った亜人間軍が散り散りになり、山間部の村を襲ったのでは対応しきれない。
 倒していく順番があり、包囲網を完成させる連携が肝心だ。いままで行われたことのない大規模戦闘が幕を開ける。

 「エターナルアイスの古宮廷」での会議はうやむやに解散した。こうなったら結果待ちである。
 割り当ての部屋に戻るミチタカの下へ、ひとりでやって来たセルジアッド公爵は夜食を持ってきたヘンリエッタとミチタカに私見を語る。
 孫娘のレイネシアが独断行動を起こしたため、「マイハマの都」と「アキバの街」の協力体制が生まれたと取られると「自由都市同盟イースタル」は崩壊する。だから「円卓会議」は「自由都市同盟イースタル」には入れない。内側から食い破られるようなものだ。隣人と言う立場で付き合うのが一番良いのではないか。
 相互不可侵条約と通商条約の案をミチタカは持ち帰り、検討すると約束する。「円卓会議」には領地的野心は無い。元の世界へ帰る道を探したいだけなのだから。
セルジアッド レイネシア

 「チョウシの町」の局地戦。広い海岸線からの水棲緑鬼の侵攻と、山岳部からの緑小鬼との2正面作戦を支えるのは、ほとんどがレベル30以下の夏季合宿組だ。マリエール、直継ら引率するレベル90の5人をいれて総勢60人に対し、侵攻軍は最低で1000を超え、さらに山側と海側に戦力配分しなければならない。
 連日の戦闘で急成長する新人たちの中で、ずば抜けた才能の片鱗を見せる者がいた。シロエの薫陶なのか、ミノリはその理論を実戦に展開し、完全統制戦闘(フル・コントロール・エンカウント)を模倣し始めている。それもミノリのレベルでは、まず不可能と思われる域に達していた。
 だが、激闘の中で<妖術師(ソーサラー)>・ルンデルハウスが命を落とす。彼は<冒険者>に憧れた<大地人>だった。<大地人>は死んでも復活しない。ミノリの必死の依頼で駆けつけるシロエ。
 リ=ガンの言う「魂魄理論(スピリット・セオリー)」での<冒険者>と<大地人>の違いを考える。
 そして「魂魄理論」から推測される(<付与術師(エンチャンター)>しか持たないアビリティと最高レベルの<筆写師>にによる技能、現在ではほぼ手に入らないレア・アイテム、<妖精王の紙>と<刻竜瞳のインク>による新開発魔法。
 死亡した<大地人>の蘇生と復活がシロエによって行われる。シロエが開発してしまった魔法は”禁断の秘術”となるのか。
 <冒険者>として「大神殿」で目覚めたルンデルハウスに駆け寄る五十鈴。
 後に「東の外記(げき)」の二つ名を持つシロエの誕生でもあった。

 先行打撃大隊に同行したレイネシア姫は<冒険者>に間近に接し、その特異さに目を見張る。
 貴族社会で育った少女から見ても、各人の知性は高く、理解力、行動力も半端ではない。
 レイネシア姫の護衛班兼観測班(フィールド・モニター)を率いる三佐は高所に陣取り、大規模戦闘部隊(レイド・フォース)周辺の索敵監視をしながらレイネシアに戦況を語る。
 狂戦士・クラスティの率いる96名の大隊は圧倒的殲滅力の方陣だった。方陣の進む方向の亜人間軍に奈落の穴が開いていく。
 今回の目標は<七つ滝城砦(セブンス・フォール)>の<ゴブリン王>討伐ではない。そこまで侵攻する準備は出来ていない。周辺の部族を削ってくことで、<ゴブリン王>の力を弱めるのが原則である。
 <緑小鬼の将軍(ゴブリン・ジェネラル)>の近衛部隊と激突するクラスティの大隊から、召喚された4羽の不死鳥(フェニックス)が飛び立つ。
 その馬鹿げた戦闘力に、レイネシアは(これは反則じゃない?)と思った。
高山三佐
 
 包囲作戦による徹底的な殲滅が行われ、1週間後、東の討伐軍による「ゴブリン王の帰還」事変は終わった。
 同時期に西ヤマトでも、西の討伐軍と呼ばれる部隊によって「スザクモンの鬼祭り」事変が終了したようだ。
遠征軍MAP

 1ヶ月後、<灰姫城(キャッスル・シンデレラ)>で「アキバの街」は「自由都市同盟イースタル」と基本条約、相互通行通商条約、平和条約を結び、独断行動をとった罰としてレイネシアを駐在「アキバ」大使として派遣することが決定する。
 シロエは「何も知らない深窓の姫君を言葉巧みに丸め込み、戦場に送り出した謀略の男」として人気を下げることになったようだ(笑)


 さて、5巻以降を買うか、無料で読むか悩むところだが4巻まで買ったしな。
 ↓ 作品そのものは、ここで無料公開していますが、イラストは無いです。
 http://ncode.syosetu.com/n8725k/

関連記事

第630回 ウルフガイ・シリーズ

Posted by ヒッター7777 on   4 comments   0 trackback

平井和正 「ウルフガイ・シリーズ」Wolf Guy

 Kindle版「狼のレクイエム 第三部 黄金の少女」(全5巻)発売開始ということで、このまま「犬神明」(全10巻)まで発売されればいいなと思うこのごろ。
 泉谷あゆみさんのコミック「ウルフガイ」(全12巻)は第1作「狼の紋章(エンブレム)」までしかコミカライズされなかったので残念でした。
 最後に犬神明が生き返ってましたが、あれは第2作「狼の怨歌」の分ですね。

 第28回でネタにしたときはまだ映画版を見ていなかったのですが、DVDを買って観ました。
 犬神明:志垣太郎、羽黒獰:松田優作(デビュー作!)、青鹿晶子:安芸晶子(この女優さんは知らない)という配役で、まあ、1973年当時の作品としては人狼化のところがイマイチですが仕方ないでしょう。
         狼の紋章

  「BOOK」データベースを参考にしています。(トクマノベルス版) 

 1.狼の紋章(エンブレム)
狼の紋章 kindle

  私立中学博徳学園の美人教師・青鹿晶子は、ある夜、1人の少年が3人の不良高校生にナイフで刺されるのを目撃した。
 よく光る目、獣のように上端がぴんととがった耳、ほっそりと痩せぎすの体躯から、一種独特の精気を発散するその少年に彼女は意外な場所で再会する。
 荒廃した学園に現れた一人の転校生。彼の名は“犬神明”。
 学園を支配する非行少年たちの暴力をものともせず、無抵抗主義を貫き通す犬神明は、翌日には無傷でけろりと現れる“特異体質”を持っていた。

 「おれは狼だ。だから、おまえたちのような性悪なひねた野犬どもには牙をむかない。その気になれないんだよ」
 犬神明の強烈な狼の誇りを打ち破るべく、ついに若く美しい女教師・青鹿晶子が狂犬のターゲットになった。
 危機に直面する女教師を救う大自然の精霊、不死身のウルフガイ!。
 人間どもの卑劣なやり口に、狼の怒りの咆哮が轟きわたる!

 2.狼の怨歌
狼の怨歌

 苦悶でねじまがった顔が恐ろしい変貌をはじめた。口がねじれながら裂け、ふとい犬歯がみるまに伸びる。
 金色の獣毛が微速度撮影さながらに密生してきて、全身を覆っていく、―獣人現象だ。
 致死量の5倍にも相当する青酸カリが少年の腕に注射されたのだ。羽黒獰との闘いに斃れたはずの犬神明が生きていた。

 「きみは新しい医学の夜明けに立ちあっているのだ。わかるか? われわれはいままさに、人類の不死という輝かしい医学の勝利にむかって、第一歩を踏みだしたのだ!
 見るがいい、この少年は、完全なる〈死〉から脱出した!」

 死の淵から甦った犬神明は、医学のモルモットとして拘束されていた。
 そして、不死身人間の秘密を手にしようとする、”不死鳥作戦(フェニックス・オペレーション)”が不気味な影をあらわしはじめる。
 犬神明の血を輸血された看護婦の恐るべき変貌。
 CIAの非合法(イリーガル)工作員・西城恵も不死身人間の謎を追う。
 CIAの魔手に落ちた青鹿晶子を救うため、犬神明、神明、中国の虎部隊の少女・虎4(フー・スー)が凄絶な闘いを繰り広げる。

 3.狼のレクイエム 第一部 虎精の里
狼のレクイエム 第一部 虎精の里

 地獄の淵から甦った西城恵は、“不死鳥計画”の殲滅を決意する。
 幼少期に、戦時中のアメリカで日系市民強制収容所にぶち込まれた西城は、凄惨な迫害を受け、白人種への憎悪を募らせていった。
 奴らの“有色人種絶滅計画”など許しておけるわけがない! CIAに反旗を翻した西城の、復讐行が始まった。

 狼男の不死身の秘密を解明し、人間を不死の存在にすべく発動された“不死鳥作戦(フェニックス・オペレーション)”。
 しかしそれは、一部特権階級のみが不死を得て、不要な人類を絶滅させようという“P計画”と結びついていた!! 自由とは戦い取るもので、座して与えられるものじゃない。戦い取った自由にだけ価値があるということだ。

 狼人間の不死の血清を狙う“不死鳥グループ”に捕われた青鹿晶子は、犬神明によって救出されたものの、強力な麻薬で意志を失った廃人となってしまった。
 さらにあろうことか、監禁中に凌辱された彼女は妊娠し、その中毒症との合併症で死に瀕していた。
 「ナルコティック800」の解毒剤は存在するのか。犬神明は愛する者のために反撃を開始する。

 一方、犬神明の血清により”疑似狼人間”と化した西城恵もインディアンの血を引くチーフスン、整形により青鹿明子の貌を持った沢恵子らと破壊行動を開始した。

 4.狼のレクイエム第2部 ブーステッドマン
狼のレクイエム 第二部 ブーステッドマン

 CIAの投与した強力な麻薬で瀕死に陥った青鹿晶子を救うため、犬神明は虎4と共に解毒剤を求めて、核シェルターにも等しいCIA日本支局に潜入する。
 侵入者をことごとく粉砕する殺人装置がひしめく保安システムをかいくぐり、支局長ハンターを追いつめる2人。
 しかし、破壊したはずの保安システムが予備装置により復活し、2人は退路を断たれてしまう。
 パワーでは狼人間の犬神明を凌ぐ虎人間の少女・虎4(フー・スー)がとった手段は、己の命を賭けたものだった。

 人工的な“不死”を与えられた特殊コマンド部隊“Mグループ”が、狼人間を狩るため信州伊那谷の虎の里を襲う。「ナルコティック800」の後遺症で瀕死の床にある青鹿晶子を、犬神明は救うことができるのか?
 一方、Mグループを追う西城恵も、”疑似狼人間”と化した沢恵子と共に虎の里を目指すが、西城の”擬似狼人間”の力は失われつつあった。 

 5~9.狼のレクイエム第3部 黄金の少女 (全5巻)
黄金の少女1
 リープピューマ湖畔の山荘に住む謎の少女、キム・アラーヤ。彼女は美しさはあたかも春の妖精、黄金のニンフであった。
 その魅惑を孕んだしなやかな動作は、野生動物の神秘性と大自然の持つ巨大な力を内包していた。
 彼女は、大切にしていた黄金のロケットをとりもどすため、自分の体にも匹敵するような巨大鱒をいとも簡単に殺してしまった。
 ふたたび手にしたハート型のロケットの中には、彼女が“アキラ”と呼ぶ、東洋人の少年の写真があった。
 
 “オオカミ人間”が合衆国南部の町々を俳徊しているという剣呑な噂が流れるなか、神明と虎2(フー・リャン)はチェンバーズへやってきていた。
 彼らは白人主義の兇暴な暴走集団”セイタン・エンジェルズ”に狙われていたのだ。背後には“不死鳥作戦”の不気味な影が。
 一方、法と正義の男、チェンバーズ警察署長キンケイドは、スーパーマーケットを襲い人質を殺した暴走族の鎮圧に赴いた。
 町に迫った破壊の大部隊への対応に人々は混迷するばかりだった。
 暴虐を極める破壊の大部隊”セイタン・エンジェルズ”に対して逃げ腰だった人々も“老いたる妖精”ジム・パットンの破天荒な働きにより、町を自らの手で守ろうと決起した。
 彼らの陽動作戦を頼みにキンケイド署長は、一人、暴走族の本隊に襲撃をかけるべく、道なき道へオフロードバイクを駆る。
 しかし、英雄キンケイドといえども、一人の普通の人間であることにかわりはなかった。彼は心臓を病んでいたのだ。
 単騎、キンケイド署長が目指すのは、暴走族の首領グランド・セイタンの帷幕であった。
 神の子を僣称するグランド・セイタンは、地上の汚穢を聖なる神の火で焼き尽くすことによる“浄化”を標榜していたのだ。
 「チェンバーズが焼き打ちにあう!」心臓の病をおして闘いに赴く真の戦士の姿がそこにあった。
 髑髏のマスクを被り、異能のサイキックをあやつるゾンビ“待童”の追撃をかわし、最後の決戦の火蓋が切って落とされようとしていた。
 
 在郷軍人会の老兵たちは朝鮮戦争いらいの闘いに興奮し、黒人警官ピートは軍用ジープと武器を手に暴走族をなぎ倒していた。
 そしてKKK(クー・クラックス・クラン)の白い三角頭巾があらわれた。妖怪じみた男たちは殺人集団と化した。
 ジム・パットンのの巨大戦車XM4Sは圧倒的な殺戮兵器の威力を発揮してする。
 そして新聞記者ダニー・ハワードが無線装置で外部との連絡をとろうとしたが、すべて遮断されていた。
 街は孤立していたのだ。
 
 10~19.犬神明(全10巻)
犬神明〈1〉

 アリゾナの酷烈な陽光にさらされて、少年・パーミターは憔悴しきった体を横たえていた。
 生きる気力はすでに消失してしまったかのようだった。かたわらに毒蜥蝪があらわれ、彼にむかって言うのだ、「帰れ、帰れ!」と。
 ジョッシュ・パーミターこと犬神明は絶望の死の病にあった。
 一方、覚醒し強靱な体力と超常能力を身につけたキム・アラーヤは“アキラ”を追う。そして、アラーヤを育てた組織も、その巨大な組織力をもって少女の行き先を追う。
 牧場主の美しい娘エリー・ハンターも東洋人の若い男を探していた。
 また、西城恵も銀髪の男の護衛で田舎道を進んでいたが、その車に突然、無灯火の車が突つ込んで来た。
 運転手兼護衛が発砲するが、その生物・BEEは何事もなく運転手を車外へ引きずり出し破砕。銀髪の男も首から上を千切り取られてしまう。
 BEEの顔を見た西城は、それがかつての宿敵・虎4だと知る。
 だが虎4はバイオテクノロジーと機械化によっとロボット化され、過去の記憶を抹消されていた。

 取り憑かれたように、“アキラ”を追いつづけるキム・アラーヤは、まるで体内に方向探知機を内包しているように、一路アリゾナを目指していた。
 同行するミリアムは、キムの中にもう一人別の人格が存在していることを知る。
 一方、エリー・ハンターと同居するジョッシュ・パーミター/アキラは、内なる激情から自らの肉体を痛めつけた結果、精神と肉体に変調をきたしてしまう。
 衰弱しきった身体で砂漠をさまよって彼を、エリーの旧友、カレン・フォックスが、大口径のコルト・ガヴァメントを構え待ち受けていた。

 容赦ない烈日に晒されながらアリゾナ砂漠をさまようジョッシュ・パーミター/アキラとエリー・ハンター。
 極度に体力の衰えた二人は、水場を探すとともに、窮地を救ってくれたインディアンの魔法使いポペイを探し求めていた―。
 
 アキラを追いつづけるBEE(虎4)と西城恵、”オオカミ人間”事件の謎を追いアキラに近づいたホークとカレンは、同じアリゾナ砂漠で、それぞれ正体不明の戦闘集団と交戦状態に陥っていた。
 累々たる死体が転がるなか、広大な砂漠に、バイオロボット化された二頭の武装犬が解き放たれた。
 殺戮を繰り広げ、アリゾナ砂漠を血の海に染めていく武装バイオドッグを、何の苦も、躊躇もなく破壊していくBEE(虎4)も、アキラへと近づく。
 だが、次第にアキラへと追る者たちを一掃するかのように“不死鳥作戦”の魔手が降りかかってくる。
 イコライザーを用い、跡形もなく抹殺してしまう謎の兵器から、果たして誰が生き残れるのか。

 アリゾナ砂漠の聖地で新たな目的を見出した犬神明。
 同行していたエリー・ハンターとも離れ、次なる世界へ歩み出した直後、虎4の細胞から製造されたバイオロボットに猛襲される。
 しかも、ようやく犬神明に辿り着いたキム・アラーヤも、バイオロボットの標的にされ、二人とも四肢を打ち砕かれてしまう。
 絶体絶命の危機に陥った彼らだが、同じ虎4の細胞から生まれたバイオロボット・BEEに救出される。
 強靱な意思と非情さを併せ持つ殺人兵器・BEEと対峙した時、犬神明の胸裡には、思わぬ激情が生じていた。
 神明、虎2、キム・アラーヤとともに、大虐殺が繰り広げられているアリゾナ砂漠から脱出を始めた犬神明。
 目標地点に近づいた時、彼らの面前に突然、言葉を喋る巨大兎“ドードー”が現れる。
 声の主は“不死鳥結社”の首魁ジム・パットンであったが、攻撃する姿勢は見せず、むしろ犬神明に多大な興味を示した。
 犬神明は単身、闇の女王“マー”に会うため、巨大兎について砂漠を走破していく。
 だが、アリゾナに展開していた特殊部隊と遭遇し、危機回避を試みるが、甲冑をまとった武装バイオドッグに急襲されてしまう。

 巨大兎・ドードーとともに闇の女王“マー”のもとへ向かった犬神明。
 ドードーは不死鳥結社が分裂・崩壊し、“聖母結社”に変貌した事実を打ち明け、犬神明を不死鳥結社の秘密研究施設へと導く。
 人間から生まれた類猿人、虎4の肉体組織から創造したバイオニクス、恩師・青鹿晶子のクローンを犬神明に目撃させるが、その後、施設ともども爆破してしまう。
 一方、世界の全コンピュータを掌握したBEEは不死鳥結社幹部を招集し、女王“マー”の所在に迫るが、突然のコンピュータの反乱により、幹部たちは抹殺されてしまう。

 聖母結社の女王“マー”に引き寄せられるように、極寒のアラスカを猛進する犬神明。
 獰猛なグリズリーを狩ることで野性の本能を剥き出しにした犬神明は、巨大兎“ドードー”とともに、不可思議な力が渦巻く氷原の縦断を試みる。
 覇権の掌握を狙うスーパーバイオニクス・BEEも、西城恵らを従えて、”マー”のいるアラスカへと急追する。
 宿命に駆り立てられていくかのような犬神明とBEE。
 ”マー”を追う者たちすべての想念がアラスカの地を奔り、最後の戦場へと集約されていく―。

 ブリザードが吹き荒れる極寒のアラスカ。
 犬神明は“聖母結社”の女王・マーに引き寄せられるように雪原を走破し、マーの目前にまで迫っていた。
 だが、近づくにつれ”マー”の放つ精神支配の力に見舞われ、幻影に捉われるようになってしまう。
 同行していた巨大兎・ドードーは、犬神明と別れた直後、マーによるスーパー・ウェポンによって抹殺されてしまう。
 満月の夜を数日後に控え、次第に強靱になっていく精神と肉体。
 ”マー”との遭遇は犬神明の抱えていたあらゆる謎を、”マー”の正体とともに解き明かせるのか?。


 さて、ウルフガイ・シリーズはこの19冊で一旦、幕を閉じます。
 犬神明が再び姿を現すまで、時間がかかりました。
 この続きは後回しにして、次回はアダルト・ウルフガイ・シリーズを紹介しよう。

関連記事

第629回 恋物語

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「恋物語」其ノ壱

 通常放映版「セカンド・シーズン」の最後は「恋物語」。
 詐欺師・貝木泥舟の別の側面が見られる物語。
 この物語の結末が「ファイナル・シーズン」へと繋がっていくわけですが、今回はその発端だけですね。

KOI01.jpg
KOI02.jpg
KOI03.jpg

 ひたぎの依頼を受けるために葛藤する貝木が、無理矢理、自分を納得させる理由を探すのが泣かせます。
KOI04.jpg

 本当に「終物語(下)」は12月に出るのだろうか?
 
 来週は「悲報伝」の発売である。
    悲報伝

関連記事

第628回 ログ・ホライズン(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 橙乃ままれ「ログ・ホライズン」 LOG HORIZON

 1巻と2巻はWeb小説時代は「異世界の始まり(上)、(下)」だったそうで、まあ、ひと続きの話だというよく解る。
 まず足元の確保ということですな。
 3巻からは、この異世界の仕組みについて調査が始まります。

 以下、ネタバレが含まれています。

 第3巻 ゲームの終わり(上)
ログ・ホライズン3 ゲームの終わり(上)

 「エルダー・テイル」のヤマトサーバーからこの異世界にやって来た<冒険者>は約3万人。しかし、この世界の住人・<大地人>は200万人ほどいるらしい。
 弓状列島ヤマトの東半分に位置する<自由都市同盟イースタル>は、その領域にある大小40の都市の内、24の都市が集まった都市国家である。
 自治機構「円卓会議」発足から約2ヶ月。アキバの街も25番目の都市として参加することに「円卓会議」は決定した。今後、<大地人>との交流が不可欠だからである。
 年に1度、10日間開かれるという「領主会合」に招かれた「円卓会議」のメンバーは代表として議長のクラスティ、2名の副使としてミチタカ、シロエ、そしてヘンリエッタ、アカツキら護衛や随行員も合わせて10名の代表団が出発する。
 クラスティ ミチタカ

 アキバが「大神殿」を持つ最大のプレイヤー・タウンであるのに対し、3万人の<大地人>によるイースタル最大の街「マイハマの都」は灰姫城(キャッスル・シンデレラ)を擁する。
 「エターナルアイスの古宮廷」での<冒険者>と<大地人>の初会談は、互いに相手の情報を持っていないので腹の探り合いとなる。
 「マイハマの都」以外は大きくて1万人前後の各都市の中で、<大地人>を含めて2万人規模のアキバはそれだけ五指に入る大勢力になるのだ。
 さらに身体能力の高い<冒険者>たちの戦闘力は、どの都市でも太刀打ちできないだろう。経済力、発明力で圧倒的優位にあるアキバの参加は重大問題だ。
 7千人以上のレベル90の<冒険者>のいるアキバと、レベル30クラスの少人数の騎士団、農民兵しか持たない都市がいくつ連合しようと戦争では勝ち目はない。
 すでにアキバから発信された”調理”や”蒸気機関”などの発明という情報は<大地人>社会に革命を起こした。各領主は自分の領地の特産品を探し、産業を拡大させて勢力拡大を目指し始めたのだ。
 10日間の「領主会合」といえど本番は最後の数日で、それまでは各都市間の思惑の絡む個別面談と派閥工作、根回しが行われるらしい。

 だが、アキバの街も新体制が出来てまだ2ヶ月。この世界の探索も始まったばかりで個別のギルドやソロの<冒険者>が、<大地人>の依頼やクエストを受けるのを禁止はできない。一枚岩ではないのだ。
 この世界には亜人種やモンスターの脅威にさらされている村落があるが、交通手段の限られている山間部などでは近隣の領主の庇護も受けられない。
 各都市間で活発になった生産拡大と輸出入に関わる輸送の安全の問題に、モンスター対策は<大地人>だけでは対応が難しくなってきている。個別依頼を受けるギルドも出てくるだろう。

 いやいや、戦闘系ギルド「D.D.D.」の狂戦士・クラスティさんも、シロエに劣らず腹ぐろ性格ですなあ(笑)
 レイネシア姫に完全に悪者扱いされてますな。本巻のメインヒロインですな。

 一方、「円卓会議」主催の低レベル<冒険者>の長期夏季強化合宿にマリエール、直継、にゃん太たちは引率者として参加していた。
 各ギルドから指導員、回復役など含め、総勢60名ほどがレベル帯ごとに個別指導、パーティ戦闘、生産系技術訓練を行う3週間のハードな合宿である。

 シロエはかつての「エルダー・テイル」の重要人物、魔法研究者の「ミラルレイクの賢者」リ=ガンと接触した。
 彼が研究している魔法の分類で動作級、戦闘級、作戦級、戦術級、戦略級、国防級、大陸級、世界級のクラス分けで通常使われるのは、せいぜい作戦級までが最高だろう。
 ダンジョンひとつ吹き飛ばす戦術級魔法など聞いたことがない。だが、過去に世界級魔法が3度使われたことがあるとリ=ガンは言う。
 「森羅変転(ワールド・フラクション)」と呼ばれる魔法。それは<大災害>を引き起こしたものなのか。
   リ・ガン

 <神代>と言われる現在の地球文明崩壊後の時代、ヒューマン、アルヴ、エルフ、ドワーフの4種族時代に魔法技術を独占したアルヴ種族は他の3種族に滅ぼされた。
 しかし、その魔法技術の取得を争い3種族の間に争いが起こる。そしてアルヴ族の生き残り、<六傾姫(ルークインジェ)>の復讐が始まる。
 だが、<六傾姫>は追い詰められ、ここで発動した「第一の森羅変転」により、世界に緑小鬼(ゴブリン)、醜豚鬼(オーク)たち亜人間(サブ・ヒューマン)が出現し、その攻撃で多くの都市が滅び、人口は大激減した。
 残された人々はアルヴ系技術で猫人族(ワーキャット)、狼牙族(ウルフファング)、狐尾族(フォックステイル)、法儀族という人造種族(ハイブリッド)を作り出し、対抗した。
 その後の60年は戦争に明け暮れる人類の暗黒期だった。だが、「第二の森羅変転」により転機が訪れる。
 <冒険者>の出現である。これがおよそ240年前の出来事であった。(「エルダー・テイル」の時間は地球時間の12倍で流れていた)

 そして歴史は現在に至るのだが、シロエにとって重大な問題があった。
 リ=ガンがシロエの名前を知っていたのは、アキバの街から来た副使の一人だからではなかった。
 シロエの名前は大魔術師として98年前から歴史に綴られていると言うのだ。
 さらに「魂魄理論(スピリット・セオリー)」問題がある。<冒険者>が「大神殿」で生き返るように、亜人間も時間はかかるが復活する。完全な駆逐は不可能であり、両者の違いは生前の記憶量の差だけなのだ。
 <冒険者>は無条件で復活するわけではない。この世界での”死”にはリスクが存在するのだ。そして<大地人>は死んでも復活することはない。

 夏季合宿に参加したトウヤ、ミノリたちは、参加した同レベル帯の5人パーティで苦戦していた。各自の職業の役割がよく分からず、ダンジョン内でかろうじて死なずに済む程度の戦闘しかできない。
 それぞれ何が悪いのか悩むが突破口が見えない。一番レベルの低いミノリは意を決してメンバーに話しかける。みんな、自分は何ができるのか教え合おうと。
 インターネットで情報検索できない新人プレイヤーは、圧倒的にシステム情報が不足しているのだ。各自の能力を知った上で、警戒隊列(パトロール・ファイル)、戦闘陣形(フォーメーション)、情報監視(オペレーター)、戦域哨戒(フィールド・モニター)を組み合わせなければならない。
 シロエに教わった時は理解できなかったことが、実戦でミノリには理解できた。トウヤ、ミノリ、五十鈴、セララ、ルンデルハウスは初めてパーティの連携戦闘に勝利する。

 急速に上達していくパーティ戦はメンバーの中のわだかまりも溶かしていく。合宿1週間目の夜、五十鈴はルンデルハウスをフレンド登録したいと申し出るが、なぜか出来なかった。
 五十鈴 ルンデルハウス

 ミノリがシロエにその合宿の報告をした翌日、海岸でさらに低いレベルの<冒険者>を指導していたマリエールから合宿本部に救援要請が入る。
 海から水棲緑鬼(サファギン)の大群が襲来したのだ。

 <つづく>


 この世界の秘密の一端が明かされてきましたね~。このまま、下巻を読もうと思います。

関連記事

第627回 デスティニーインパルスガンダムR

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

MG 1/100 デスティニーインパルスガンダムR(リジェネス)

 またプレミアム・バンダイから案内が来る。
 なんだとぉ? なんでいまさらディスティニーとインパルスをくっつけるんだ!
 ストライクとフリーダムは作中でハイブリッドしていたから許せるが。
 さらに追加パーツが別売されるというから、どこまで儲けるつもりだ、バンダイ! 買ってしまうじゃないか!!
DIR010.jpg

 マーキングは印刷中とあるので情報はない。続報を待つか。
DIR020.jpg

関連記事

第626回 岸辺露伴は動かない

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

荒木飛呂彦 「岸辺露伴は動かない」

岸辺露伴は動かない

 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部からのスピンオフ。短編集である。

 ・エピソード#16 懺悔室
  これは雑誌掲載時に読んだ記憶がある。読み切りの条件である「外伝、スピンオフ作品禁止」を真っ向から無視してっ描いていたのか(笑)


 ・エピソード#02 六壁坂
  うう、これは怖い話だった。妖怪ものはこれくらい怖い方がいいな。作者がこのネーミングをどうやって思いついたのか判らないって・・・

 ・エピソード#05 富豪村
  これもまた不気味な作品。でも、一度は行ってみたい村ですな。マナーに自信はまったくありませんが。
  
 ・エピソード#06 密猟海岸
  この辺のちょっと北の海岸で密猟したアワビを食したことがあります。(獲ったのはヒッターではありませんが)
  トニオさんの料理がぜひ食べたい。

 ・岸辺露伴 グッチへ行く
  長編「岸辺露伴 ルーブルへ行く」は読んでいないのだが、その流れなのかな?
  露伴のお祖母さんにもスタンド能力があったのか、バッグ製作職人の能力なのか。

 長編のほうも読んでみたいが、フルカラー愛蔵版なので高いんだよな。




 さて、一緒に買ってきた「嘘喰い」31巻と「テラ・フォーマーズ」7巻と一緒にレジに持っていくと、レジのお姉さんがこれをくれた。
 先着何名になのか判らないが、非売品の小冊子である。
TF07-00.jpg

 アネックス1号の第1~第6班の班長腕相撲ランキング決定戦というおまけマンガが面白い。
 出発前にこんなことやっていたのか(笑)
TF07-000.jpgTF07-01.jpgTF07-02.jpgTF07-03.jpg




関連記事

第625回 ログ・ホライズン(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 橙乃ままれ「ログ・ホライズン」 LOG HORIZON

 アニメ7話まで見たところで2~4巻を買ってくる。12月には7巻が出るので、それまでには6巻まで読みたい。原作1巻を読んで、録画したアニメをもう一度見直したが、登場場人物のセリフがだいぶカットされているというか、NHKアニメなので不適切な表現を避けているというか、原作読んでる方がお面白かったりする。
 
 第2巻 キャメロットの騎士たち
ログ・ホライズン2 キャメロットの騎士たち

 1,2巻の話を整理しよう

 登場人物
 ギルド:「記録の地平線」
 ・シロエ: 種族:ハーフ・アルヴ 職業:付与術師(エンチャンター)/筆写師
  腹ぐろ眼鏡の異名をとる参謀。現実では卒業間近な大学生というから22歳くらい。
 
 ・直継 :種族:ヒューマン  職業:守護戦士(ガーディアン)/? 
  かねてからゲーム世界でも現実世界でもシロエの友人。社会人でシロエより2~3歳上か。
  おパンツ至上主義者。
 
 ・アカツキ: 種族:ヒューマン 職業:暗殺者(アサシン)/追跡者
  その背格好からかなり若いと思われたが、年齢はシロエと大して変わらないというので驚かれる美少女暗殺者。剣道をやっていたらしい。

 ・にゃん太:種族:猫人族(ワーキャット) 職業:盗剣士(スワッシュバックラー)/料理人
  かつて「放蕩者の茶会」でシロエや直継と一緒に冒険した仲間。自分を年寄りと称するので40代くらいかとシロエは予想する。
   シロエ 直継 アカツキ にゃん太

 ギルド「三日月同盟」
 ・マリエール:種族:エルフ 職業:施療神官(クレリック)/木工職人
  「三日月同盟」のギルドマスター。おっぱいを揉ませたがる癖がある。直継より3歳年上らしい。現実では家事手伝い。

 ・ヘンリエッタ:種族:ヒューマン 職業:吟遊詩人(バード)/会計士
  ギルドのNo.2。現実でもマリエールの友人らしいから年も同じくらいか。本名は梅子というらしい。
  経済学部の修士をとって会計事務の仕事をしているOLさん。

 ・セララ : 種族:ヒューマン 職業:森呪遣い(ドルイド)/家政婦
  エッゾ帝国のススキノから救出された少女。現実では高校2年生。

 その他大勢。
  マリエール  ヘンリエッタ セララ

 1巻でセララ急出作戦は成功。一行はアキバの街に戻ってくる。
 しかし、ススキノ程ではないがアキバの街の雰囲気も悪くなってきていた。
 大手ギルドの横行、低レベルプレイヤーのアイテムの搾取、シロエはこの雰囲気が気に入らなかった。
 この世界に法はない。誰も非合法なことをしても咎められることはない。知り合いの双子も搾取されている。
 シロエは「三日月同盟」の力を借りて、このアキバを気分よく住める街にしようとギルド「記録の地平線」を立ち上げた。
 
 この世界の食べ物はすべて湿気ったせんべいの味しかせず、飲み物は色が付いてジュースと書かれていようが水道水の味しかしない。
 しかし高レベルの料理人であるにゃん太がそれをブレイクスルーした。
 素材をそのまま普通に調理すればいいのだ。まともな食べ物に住人たちは大喜びするが、重要な問題があった。
 素材の調達、調理、販売は20人しかいない中小ギルドの「三日月同盟」では1日1000食の販売が限界だった。
 それも5日後には材料が尽きる。

 ほぼ15000人と思われるアキバの住人は「戦闘系ギルド」、「相互互助ギルド」、「生産系ギルド」の大中小様々な規模のギルドに属している。 
 三大生産系ギルド「海洋機構」、「ロデリック商会」、「第8商店街」だけで5000人のメンバーを抱えている。この三大ギルドとの交渉により、シロエはあっという間に金貨500万枚を手中にした。

 人はものを食べないと生きていけない。シロエの真っ黒な計画は、着地点をマリエールたちにも知らせないまま遂行されていく。
 その効果はアキバの経済にも影響を与え始めていた。標準の数倍する値段の「三日月同盟」製の食料を買うには、金を稼がなければならないのである。
 狩りに出かけるプレイヤーたちが増えてきて、「生産系ギルド」と中小の「戦闘系ギルド」が手を結び、大規模な素材調達班が組織されていく。
 
 また、シロエは大手の「戦闘系ギルド」に戦力的には匹敵する中堅ギルド「西風の旅団」と接触する。
 かつての「放蕩者の茶会」のメンバーであった「西風の旅団」のギルドマスター・ソウジロウ(職業:武士/剣聖)はハーレム体質だった。
 シロエはソウジロウにアキバの街である噂を流すように頼む。

 数日後、自治機構「円卓会議」の設立会議が開かれる。古くからのプレイヤーには”腹ぐろ眼鏡”シロエを知る者も数名いる。
 三大生産ギルドのマスターたち、五大戦闘系ギルド「黒剣騎士団」、「D.D.D.」、「ホネスティ」、「シルバーソード」、「西風の旅団」、中小ギルド連合を作ろうとした「三日月同盟」、「グランデール」、「RADIOマーケット」、そして初めて聞くものが多い「記録の地平線」
 このギルドのメンバーだけでアキバの人口の40%を抱え、その影響力からして住民の80%を代表するかもしれない。
 アキバに自治組織を作ろうというシロエの提案に反対者、離脱者が出る中、シロエは出席者たちにとって致命的な一言を放った。それはシロエがどのギルドの運営に対しても、ルールに則った合法的な生殺与奪の権限を持っているということ。
           円卓1円卓3円卓4円卓5円卓6円卓2

 真っ黒な一言で会議を支配したシロエは提案を続ける。
 調理に限らず、すべての職業で新しいものが作り出せること。既に生産系ギルドで 蒸気機関の試作品は完成した。
 これから周囲のゾーンの探索には「戦闘系ギルド」の護衛が必要だろう。
 そして緩やかであるが法律の整備。低レベルプレイヤーへのPK(プレイヤー・キル)の禁止、女性プレイヤーへの性行為の強要(できるのか!)など。
 最大の衝撃を与えたのは<大地人>の擁護である。彼らはNPC(ノンプレイヤー・キャラクター)ではない。この世界に生きている人間で、<冒険者>の方がお客さんなのだ。
 「円卓会議」に招かれた古強者のギルド・マスターにとって、それは足元をすくわれたような価値観の変換であった。 
 活気を呈してくるアキバの街に自治機構「円卓会議」の発足、調理方法の情報の開示、税の導入が知らされる。
 宣言どおり、悪徳ギルド「ハーメルン」を本当にアキバの街から叩き出してしまったシロエのギルドに、新たに二人のメンバーが加わることになる。
 ミノリ トウヤ

 第2巻、終了。カレーが食いたくなってきた。
 ヒッターのやっている「FFXI」では調理ギルドでスキル93の師範クラスなのだが、このあたりからスキル上げするには素材が高級になって手に入りにくい。
 スキル100を超える高級職人になれるのはいつの日か。

関連記事

第624回 金田一少年の事件簿

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

さとうふみや「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ」全5巻 完結

金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ

 買い逃していた4,5巻を買ってきたので読む。

 もうシリーズが多くて3巻がどんな内容だったか忘れていた・゜・(ノД`)・゜・

 「探偵学園Q」の方は面白かったが、「金田一少年シリーズ」はもう飽きた感があるな。
 なんか島田荘司さんの御手洗潔「占星術殺人事件」と、同じトリックを使ったものがあったと記憶している。

 とりあえず集めていたのでこれで一件落着。
 だが、20周年記念シリーズのラスト「薔薇十字館殺人事件」の最後は「次のシリーズに続く・・・」だった。

 蔵書リスト見ると結構集めたな~。列記すると懐かしいな。

 既刊
 金田一少年の事件簿 FILEシリーズ 全27巻
 ファイル 1 オペラ座館殺人事件 ファイル 2 異人館村殺人事件
 ファイル 3 雪夜叉伝説殺人事件 ファイル 4 学園七不思議殺人事件
 ファイル 5 秘宝島殺人事件   ファイル 6 悲恋湖伝説殺人事件
 ファイル 7 異人館ホテル殺人事件 ファイル 8 首吊り学園殺人事件
 ファイル 9 飛騨からくり屋敷殺人事件 ファイル10 金田一少年の殺人
 ファイル11 タロット山荘殺人事件 ファイル12 蝋人形城殺人事件
 ファイル13 怪盗紳士の殺人    ファイル14 墓場島殺人事件
 ファイル15 魔術列車殺人事件   ファイル16 黒死蝶殺人事件
 ファイル17 仏蘭西銀貨殺人事件  ファイル18 魔神遺跡殺人事件
 ファイル19 速水玲香誘拐殺人事件

 金田一少年の事件簿 CASEシリーズ 全10巻
 ファイル20 / Case1 魔犬の森の殺人    ファイル21 / Case2 銀幕の殺人鬼
 ファイル22 / Case3 天草財宝伝説殺人事件 ファイル23 / Case4 雪影村殺人事件
 ファイル24 / Case5 露西亜人形殺人事件  ファイル25 / Case6 怪奇サーカスの殺人
 ファイル26 / Case7 金田一少年の決死行

 金田一少年の事件簿 新シリーズ 全13巻
 ファイル27 吸血鬼(ヴァンパイア)伝説殺人事件
 ファイル28 オペラ座館・第三の殺人  ファイル29 獄門塾殺人事
 ファイル30 雪霊伝説殺人事件     ファイル31 黒魔術殺人事件
 ファイル32 剣持警部の殺人      ファイル33 錬金術殺人事件
 ファイル34 ゲームの館殺人事件

 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 全5巻
 ファイル35 人喰い研究所(ラボ)殺人事件
 ファイル36 香港九龍財宝殺人事件
 ファイル37 薔薇十字館殺人事件

 Akechi Fileシリーズ
 ・明智少年の華麗なる事件簿
 ・明智警視の優雅なる事件簿

 Short Fileシリーズ
 ・金田一少年の挑戦  ・金田一少年の推理
 ・金田一少年の冒険  ・金田一少年の疾走
 ・金田一少年の対決  ・金田一少年の回想

関連記事

第623回 古典部シリーズ(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

米澤穂信 「古典部シリーズ」

クドリャフカの順番

 3巻目を買ってくる。近所の本屋さんにこれしかなかったので4,5巻目はAmazonに注文。

 3.クドリャフカの順番 Welcome to KANYA FESTA 

 全部読んでからの印象。
 「これはほぼフェアな推理小説(ミステリー)です!」

 ここで「完璧な」と書こうと思ったのですが、不確定要素が一つあり、見送りました。
 本作ではいよいよ神山高校の「カンヤ祭」が始まります。

 フロル・ベリチェリ・フロル?
 なんか引っかかったので検索すると、あーーー、あれか
 萩尾望都さんの「11人いる!」じゃないか。
 あまりに古すぎて、コスプレしても判る人がいるとは思えない(笑)

 竹宮恵子さんの「地球(テラ)へ」も出てきたな。

 漫画研究会部長・湯浅尚子さんの機を見るに敏な行動力はすごい!
 ”女帝”入須冬実さんの腹黒人身操作術の心得がすごい!!
 供恵姉さんの壊れた万年筆に始まる”わらしべプロトコル”は本当に古典部のお守りになったようだ。
 姉貴はなぜ「夕べには骸に」を持っていったのだろうか?

 「ABC殺人事件」が出てきたところで大まかなネタ組みは掴みましたが、推理する暇もなく最後まで読んでしまいました。
 はたして本当の「クドリャフカの順番」はどんな話だったのだろう。
 「うみねこのなく頃に」の失われたストーリー「Land of the golden witch」を読みたかった気分を思い出した。

 さて、4巻以降がまだ来ないので、アニメDVDを借りてくる。
 調べると4巻までの内容をアニメ化したようだが、4巻の部分を見ないように6,7話と19話以降を除く。

 全体に上手くまとめて作っているな。尺の関係で細かい説明はカットされているが、原作を読んでいれば問題ない。
 だが、読んでいないでアニメだけで話が解るのかなと思ってしまう。
 ミステリーものは説明が不十分だと読者が納得しないぞ。
 
 

 アニメ放映と同じ2012年に設定したため。叔父の関谷純や高校教師兼司書の糸魚川養子さんの年齢が60歳くらいになってしまった。上げ過ぎだろう。
 総合評価で原作の勝ち。

関連記事

第622回 幻魔大戦シリーズ(2)

Posted by ヒッター7777 on   4 comments   0 trackback

 第2次幻魔大戦開始

 ハルマゲドン 全3巻(トクマノベルス版)
ハルマゲドン

 1.ハルマゲドン1 人類復興
 東丈失踪後、数カ月振りに「GENKEN」本部を訪れた東三千子は、すっかり様変わりし、不気味な精神の荒廃を見せる有様を目の当たりにすることになった。
 新旧会員の入れ替わりと井沢郁江のカリスマ化。平山圭子や木村市枝にとってもそれは同じらしい。
  急激に増大する会員にも関らず、「GENKEN」は何か大事なものを失ってしまったかに見えるのだ。
 これでは『幻魔の標的』を書いた東丈の気持ちが報われない。市枝は東丈の心を生かせるのは三千子しかいないと訴える。
 一方、東丈の著書『幻魔の標的』は大ベストセラーを記録し、世間の注目はますます「GENKEN」に集中していた。

 2.ハルマゲドン2 万霊の主 
 東丈を”洗礼者ヨハネ”と規定し、自らこそ”真の救世主”だと主張する高鳥慶輔は強大な霊力を発揮し、ますます勢力を拡大していった。
 今やポスト東丈として教団の拡大化を図り“現人神”の如き存在となった高鳥慶輔。
 弟子たちはこの上ない畏怖を抱かせる師の姿に、常に緊張を強いられ、少しでも気に入られようと派閥争いに明け暮れていた。
 しかし、すべては高鳥の思いのままのはずだったが、なぜかいい知れぬ不安に捕らわれるのだ。。
 その予感は的中した。高鳥が弟子の中でも特に忠誠心篤い者に“霊の主の指輪”を授ける式を行なっていた最中、野沢緑が霊的トランス状態に入った。
 「・・・が来る」彼女の口を借りて”大天使ガブリエル”が告げた恐ろしい予言とは。

3.ハルマゲドン3 破壊王 
 ”大天使ガブリエル”の「破壊王」の予言は高鳥慶輔を衝撃で貫いた。
 弟子たちの無能さ、放縦さすら「破壊王」が意図的に作り出したものだというのだ。
 ”霊の主”たる自分がまったくそれに気付かなかったとは。“これでは真の救世主となることはできない”と退行現象を起こしかける彼の目前に、突然、井沢郁江が現れた。
 「なぜここに・・・」声も出ないほど驚く高鳥に郁江は囁いた。
 「あなたを救けに来てあげたのよ、高鳥くん」。郁江が高鳥に申し出た取引とは何か?

  第2次幻魔大戦「ハルマゲドン」興奮の完結篇。

 「幻魔大戦」と「真・幻魔大戦」をつなぐシリーズ!
 ハルマゲドンの少女 全3巻
ハルマゲドンの少女

 1.ハルマゲドンの少女1
 ニューヨークへ向かう機上の人となった東三千子と木村市枝を、幻魔の衝撃波が突然襲った。
 ついにハルマゲドンの日が訪れたのか。気絶した三千子の前に現われたのは、異邦の地に佇む金髪の美丈夫アポロと、“たった一人の弟”卓を持つ17歳の少女・三千子であった。
 三千子を“母”と呼ぶアポロの導きにより、三千子とクロノスは時空を超えた覚醒の旅へと赴く―。
 三千子は、ギリシャ世界へと旅立ち、太陽神アポロやクロノスと出会う。
 アポロの導きにより、三千子とクロノスは古代都市アリエスの時の関門から時空を超えた覚醒の旅へと赴く―。
 三千子に課せられた真の使命とは何か。

 2.ハルマゲドンの少女2 異次元彷徨
 超空間に辿り着いた東三千子とクロノスは、亜由、ジョージ・ドナーら『真・幻魔大戦』の人物や、マザーと呼ばれる神の如きものと出会う。
 クロノスは時の関門を抜けて、ムウへと辿り着く。
 孤独な運命を背負うクロノスと共に、時の関門を探して超空間を彷徨う三千子を”幻魔”は見逃さなかった。
 窮地に陥る二人を助けたのは“創造主の力を付与された”少女だった。
 幻魔すら恐れる力を持つ彼女は何者なのか。
 謎の少女に案内されて、クロノスはソル王女の招きでムウ大陸へ、三千子の霊体は、ミスタ・メインら仲間の待つニューヨークへと向かった。
 ついに”幻魔”との戦いは開始されようとしていた。
 「真・幻魔大戦」クロノス編の前日譚。

 3.ハルマゲドンの少女3 ビッグアップル壊滅
 アメリカに着いた東三千子は、杉村由紀、ミスタ・メインら小説決定版『幻魔大戦』の人物と出会う。
 希望を失い失意のルナにも会う。”幻魔”の侵攻が本格化し、大地震により日本とは連絡が途絶。
 隕石が降り注ぎ、2時間20分後にニューヨークが壊滅することが明らかになる。
 硝煙を上げる瓦礫の山、炸裂する火柱。ニューヨークは暗黒の街へと恐るべき変貌を遂げていた。
 ”幻魔”の侵攻が火蓋を切ったのだ。州軍隊はおろか、ミスタ・メイン率いる超能力者たちによる必死の抵抗も”幻魔”の圧倒的な力の前には無力だった。
 地球は終焉の時を迎えようとしているのか。部屋から姿を現さぬルナ王女、東丈の失踪と、一筋の希望すら見えぬ中、東三千子だけがその輝きを増していった。
 ついに救世主の存在が明らかになる。
 小説決定版「幻魔大戦」「ハルマゲドン」の後日譚。

 「幻魔大戦」最終章突入
 幻魔大戦deep 全8巻
幻魔大戦deep8

 幻魔の襲来を免れた平行宇宙の世界で、超能力が顕現することもなく50代を迎えた作家・東丈は、伴侶を得ぬまま、姉の三千子と暮らしていた。
 丈は人生の途を過り、本来なすべき役割を果たしていないのではとの思いに捕らわれる。
 ニューヨークで失踪した弟・東卓の娘、東美叡は、自らのサイキック能力を活かし警視庁で活躍するが、その職を辞したことを丈に報告する。
 美叡の抱えるトラブルを解決するため、二人は伊勢の霊能力者を頼ってクルマを西に走らせた。
 それが、間違った迷路に入り込んだ東丈の人生を修復する転機となっていく。

 丈に思いを寄せる姪の美叡は、父親・東卓が実父ではない疑いを抱き、DNA鑑定に踏み切る。
 自分は母親の不貞による子かもしれない。しかし、もしそれが事実であれば、東丈との血縁は解消し、妻となる資格が得られる。

 東家に派遣された家政婦・雛崎みゆきに”振り子使い”としての才能を発見された東丈は、振り子(ペンデュラム)を通じて[宇宙意志]と会話する。
 会話を通じて、東丈は[宇宙意志]の力を行使する存在であることを知り、超自然の力を我が物とすることに成功する。
 その夜、夢の世界で雛崎みゆきの家を訪ね、みゆきの子供たちと戯れる中で、丈は高校時代に出会った少女・井沢郁江との不可解なエピソードを想い出し、その力が以前から身近にあったことを自覚するのだった。
 復活したサイキック能力で、雛崎みゆきの娘・みちるの命を救った東丈は、“斎天大聖”に対抗すべく、自らの力を最大に発揮できる“世界”へと旅立つことを決意する。

 意識が戻ったとき、東丈は学生服姿で児童公園のベンチにいた。パラレルワールドへ移動した東丈は、自らの真の力を発揮できる17歳の姿形へと変じていた。
 この世界の丈と三千子は20年前に謎の失踪を遂げており、身寄りのない中、東丈は、別の世界の記憶を持つ旧知の人々に出会っていく。
 サンシャイン・ボーイのマジックにより与えられたイリュージョンで、丈は”髑髏の月”と高校時代の同級生・井沢郁江のイメージを得た。

 東丈の持つ「次元移動能力」を、雛崎みゆきの13歳の娘・みちるが獲得した。
 みちるは、この世界で2年前に他界した東丈の姪・東美恵に出会い、東丈に引き合わせる。
 さらに、世界的スター、サンシャイン・ボーイと面会したみちるは、自分を“17歳”にして欲しいと依頼し、受け容れられた。

 「――1967年、秋。恐ろしいほどの粘着力をもって居すわった夏がようやく腰を上げて立ち去った秋だった。」
 17歳の雛崎みちるは同じ高校に通う友人、井沢郁江から東丈を紹介される。
 雛崎みちるの歴史介入により、17歳の東丈は偽・救世主となり、それに気がついて逃げ出すことになる未来を回避した。
 明らかにされた東丈失踪の謎。そして、このやり直しの世界で東丈の担う役割はなんなのか?

 幻魔大戦deepトルテック 全3巻
幻魔大戦deep トルテック
 雛崎みゆきという伴侶を得た東丈のもとに、オトナのような喋り方をする謎の幼女”セタ”が衝撃的な報せを届ける。
 半年以内に15億人が消滅する巨大災害が起きるというのだ。
 東丈の14歳の“娘”雛崎みちるは再び次元を跳躍し、東西南北の風の性質をそなえた四人の女トルテックを探す旅に出る。
 巨大災害の情報を得た中国の虎部隊のリーダー・虎1は東丈を追う。彼は林石隆の後を継いだ男だった。
 みちるが出会った二人の“犬神明”と、東丈の秘書・青鹿晶子との邂逅。
 不思議少年”ミスティ”との出会い。“無限”に導かれたみちるが垣間見る世界の”真の姿”とは!

 カルロス・カスタネダのトルテック呪術を題材に書き起こされた、巨匠平井和正の最終到達点!!

 以上で「幻魔大戦」、堂々の完結です。

関連記事

第621回 逆ポーランド記法

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

逆ポーランド記法 Reverse Polish Notation

 昨日の記事で出てきた「逆ポーランド記法(RPN)」であるが「逆」とある以上、「正」の「ポーランド記法」もあるわけです。
 「逆ポーランド記法」は後置記法、「ポーランド記法」は前置記法と呼ばれていますが、通常、日本人が使うのはそのどちらでもない中置記法です。

 1、+、1 というように数字の中間に演算子を入れる計算方法です。

 RPNの説明で行うと
 1_1+ という書き方になります。 

 中置記法で(2+3)*(4+5)はRPNでは、2_3 + 4_5 +* となります。
 (電卓の場合、上記の数字の間の”_”はENTERキーを使用します。)

 この方法で計算する電卓があります。
 ヒッターが使っていたヒューレット・パッカード社のものはもう売っていないので、最近のものを調べると「HP-35s 」という機種が安いですね。
 「hp Prime Graphing Calculator グラフ電卓」という上級者向けのものもあります。
 昔はプログラマブルなものは20万円近く、ヒッターの使っていたものでも5万円くらいしましたが、実売価格で1万円を切っているの1台買ってみようかと思っています。

 左がHP社の「HP-35s 」、右はヒッターが10年以上使っているCASIO「fx-991w」です。
HP-35s.pngFX--991w.png


 違いはわかりますね。「HP-35s 」には”=”キーが無いのです。

 さて、なぜRPNを使うのかというと、日本語で数式を考えてみましょう。

 (2+3)*(4+5)というのは「2と3を足したものと、4と5を足したものを掛ける」という数式です。
 あ~~ら、これはRPNで「2_3+4_5+* 」と同じ配列ですね。

 一応、括弧記号(デリミタ)を使う場合は
 ((2_3+)(4_5+)*)となり、かえって煩雑です。

 コンピューター・プログラミングをする人にはわかると思いますが、レジスター内で計算する際の簡略化ができるのです。

 y=ax+b というを数式を日本語にすると「yはaとxを掛けたものにbを足した総和である」
 RPNにすると「yax*b+=」となります。

 
 プログラミングや情報処理に興味のある方は、ネット上に色々とアルゴリズムに関する話が載っているので検索してみましょう(^^

関連記事

第620回 女子高生、リフトオフ!

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

野尻抱介 ロケットガール・シリーズ 1「女子高生、リフトオフ!」 Rocket Girl

女子高生、リフトオフ!

 1995年に 富士見ファンタジア文庫から出版されていたシリーズが、今回、ハヤカワ文庫から再販される。
 ハードSF「太陽の簒奪者」、「沈黙のフライバイ」も好きだが、クレギオン・シリーズなどの方に近いユーモアSFである。

 太平洋、ソロモン諸島で日本の「ソロモン宇宙協会」が打ち上げているロケットは、打ち上げに失敗続きだった。
 今度失敗すれば予算打ち切り。回避するにはタイムリミットは4ヶ月。スタッフは頭を抱えていた。

 16年前に新婚旅行の途中で失踪した父親を探しに、夏休みを利用してやって来た女子高生・森田ゆかりは、いいアルバイトがあると緊急スカウトされる。
 理由は小柄・軽量なパイロットの方がコンパクトなロケットの設計に最適だから。
 いきなりハードな宇宙飛行士訓練に晒されたゆかりは、密林でのサバイバル訓練中にタリホ族の娘・マツリと出会う。
 そして、タリホ族の酋長であるマツリの父親こそ、ゆかりの行方不明の父親・森田寛だった。マツリは数ヶ月違いで生まれた腹違いの妹だったのだ。
 父は新婚旅行の最中、魔術により酋長になるように呼ばれてこの村に来て就任した。
 タリホ族はロケットが花火のように爆発するよう、発射時に呪いをかけて喜んでいたそうである。

 いやー、懐かしいな。ヒッターも使っていた逆ポーランド記法の電卓。
 ヒューレット・パッカード社のものを使っていました。これを使うと普通の電卓が使えなくなります(笑)
 これはまたネタにしよう。

 ほぼ同じ体型のマツリはバックアップ・クルーとして訓練に参加する。
 新開発の固形燃料、規格変更によるロケットの改造、様子を見に来たゆかりの母親の提言によって1号機の無人テストロケット「パスファインダー」、ゆかりの乗る2号機「タンポポ」、予備機「ココナツ」が製作される。

 世界中のマスコミの注目の中、史上最年少の宇宙飛行士ゆかりの発進の日が近ずく。
 マツリは当日までロケットに呪いをかけないように酋長や魔術師の母親に頼んでいた。
 しかし、マシントラブルによる2度の発射延期。3回目、キレたゆかりの脅迫により無事に発射されるが、マツリは発射延期のことを村に伝えていなかった。
 悪戯好きの精霊の呪いなのか、ジャイロの故障による軌道のずれ、デプリによる機体の破損、初飛行での船外活動、そして、大気圏再突入は無理だとの結論が出る。
 
 船内酸素も残り少ない。ゆかりは地球に戻れるのか?

 この後も大波乱のエピソードが続きますが、1巻はここまで。
 いろいろとアイディアが盛り込まれていますが、現実での開発を期待したいのが新素材の宇宙服(スキンスーツ)ですね。
 作中では皮膚との間に隙間を作らない厚さ2mmの宇宙服は、ボディラインをくっきりと浮かび上がらせてくれます。(下着は付けない!)
 解説にあったMIT(マサチューセッツ工科大学)で開発中のものを見ると、アポロ計画の頃より素材や技術の進歩が見られます。
宇宙服の変遷
                      space-suit.jpg

 既刊(富士見書房版)

 1.ロケットガール 1 女子高生、リフトオフ!
 2.ロケットガール 2 天使は結果オーライ
 3.ロケットガール 3 私と月につきあって
 4.ロケットガール 4 魔法使いとランデヴー

 クレギオン・シリーズ(ハヤカワ文庫版)
 1.ヴェイスの盲点
 2.フェイダーリンクの鯨
 3.アンクスの海賊
 4.サリバン家のお引っ越し
 5.タリファの子守唄
 6.アフナスの貴石
 7.ベクフッドの虜

関連記事

第619回 無限のリヴァイアス

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「無限のリヴァイアス」 Infinite Ryvius

 第607回で書いた宇宙英雄ペリー・ローダンの搭乗する宇宙船「ミクル=ジョン」は意識ある宇宙船である。
 その意識体は船内に投影体としてウロウロしている。
 モトネタかと思われるものは1990年代のアニメでヒッターの中でベスト5に入る「無限のリヴァイアス」ではないかと思っている。
 ストーリー、OP曲が好きだったのでDVD、CDは集めていた。
 いろいろ調べていると、このサイクルは「涼宮ハルヒ」の影響を受けているという人もいて、ドイツ人作家にもオタクがいるのかと思わせる。

 西暦2177年、大規模な太陽フレアによって出現した高密度のプラズマ雲が、黄道面を境に太陽系の南半分を覆いつくす。
 地球も南半球が壊滅し、大被害を受ける。このフレアは「ゲドゥルト・フェノメーン」、プラズマ雲は「ゲドゥルトの海」と名付けられた。
 2225年、地球の衛星軌道にあった航宙士養成所リーベ・デルタは、何者かの襲撃によって制御不能になる。
 教官たちは全員殉職し、リヴァイアスに避難できたのは少年少女ばかり487人。
 自分たちを救助してくれるはずの軌道保安庁から攻撃を受け、「ゲドゥルトの海」へ突入した時、リーベ・デルタ内部に隠されていた外洋型航宙可潜艦「黒のリヴァイアス」が起動した。
 なぜ攻撃されたかも解らず、閉鎖された極限状態にある艦内では、艦の指揮権や物資の配給を巡って、少年少女同士が陰惨な争いを繰り広げながら、火星圏から土星圏、天王星圏へと当てのない逃避行を続けていく。

 「黒のリヴァイアス(RYVIUS)」と同じヴァイア艦は「ゲドゥルトの海」に住む、イカのような姿をした謎の生物「ヴァイア」をベースに建造された航宙可潜艦で、重力制御能力を持つ。
 同系統の艦は全6艦。「青のインプルス (IMPULSE)」、「真紅のディカスティア(DIKASTIA)」、「灰のゲシュペンスト(GESPENST)」、「深緑のヴァイスハイト(WEIS=HEIT)」、「山吹のディプロマーター(DIPLOMATER)」である。
 各艦に1体のスフィクス(S-fix)が同乗し、乗組員たち、特に艦長と精神的にリンクして艦を操る。
 だが、航行が長期間に渡ると「バックヤード」と呼ばれるスフィクスからのフィードバックを受けて乗員は精神に異常をきたす。、

 第1話のスフィクス(S-fix)が目覚めるシーン


 この曲が好きだった 「Infinite Ryvius - Dis」


 リメイクバージョン 2006

関連記事

第618回 幻魔大戦シリーズ(1)

Posted by ヒッター7777 on   8 comments   0 trackback

平井和正「幻魔大戦シリーズ」

 ちょうど1年前に知恵ノートに投稿したメモが閲覧数4000を超えていた。
 「幻魔大戦Deep」Kindle版も出たので、こっちに移しておこう。
 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n131317

 幻魔大戦って終わったの? まだ終わってないんじゃない? という人が多いです。
 未完の帝王と言われた平井さんですが、いちおう、完結してます。
 コミック版、アニメ映画版と大きく異なる展開をする本家幻魔大戦を紹介しよう。
 (BOOKデータベースを参照してます)
 
 幻魔大戦 全20巻 (角川文庫版)

 1.幻魔宇宙 2. 超戦士 3.最初の戦闘
 ヨーロッパの小国トランシルヴァニアの姫・ルナは、強力なテレパシーと予知能力の持ち主だった。旅客機で飛行中に侵略者”幻魔”に抹殺されかかるが宇宙意識・フロイに救われ、自身の使命に覚醒する。
 共に戦う仲間を探すプリンセス・ルナは ”幻魔”に敗れた異星のサイボーグ戦士・ベガ、テレポート能力を持つ黒人少年ソニー・リンクスを見出す。
 東京では聖書の預言者に匹敵する巨大な超能力を獲得した高校生・東丈が“幻魔”に狙われていた。
 ”幻魔”の誘惑を振り切った東丈の身辺に、新たな魔手が及ぶ。
 ニューヨークでソニー・リンクスを捕らえた”幻魔”・ザメディは、ニューヨークを大混乱に陥れる。
 ルナからの救援を求めるテレパシーを受信した東丈は、大空を飛び、一瞬にしてニューヨークに現れた!

 ここまではコミック版、アニメ版と同じ流れです。

 4.救世主への道 5.巡り逢い 6.悪霊教団 7.浄化の時代
 ”幻魔”との戦いに勝利した東丈は、安易にスポンサーに頼る王女ルナと別れ、姉・三千子の待つ東京に戻る。
 超能力による“力”では人間の心を変えることはできず、世界は救えないと自覚した丈は、言葉で人々に訴え始めた。
 高校の文化祭での講演会に成功した東丈は、支持者を増やし始め、活動を校外に発展させる。
 しかし、東丈が主宰する組織「GENKEN」は、宗教好きの大人たちに蹂躙されつつあった。

 丈のかつての親友・江田四朗は、近隣の不良たちを集め、丈に対抗すべく勢力を蓄えていた。
 その“悪霊教団”とも呼ぶべき内情を知った東丈は、「GENKEN」会員に危険が及ぶことを危惧し、会の解散を決意する?!
 初めての対外的なイベント、クリスマス講演会を控えて盛り上がる「GENKEN」。
 しかしその前夜、丈の片腕の久保陽子が行方不明になる。
 陽子奪還のため江田四朗の本拠に向かう東丈だが、陽子は四朗の仕掛けた“爆弾”と化していた。

 8.集結の時 9.青い暗黒 10.超能力戦争
 待望の超能力者、杉村由紀が秘書として丈のスタッフに加わることになった。
 しかし、それと入れ代わるように、井沢郁江が姿を見せなくなる。
 単なる風邪と言い張り、面会を拒む彼女に、何が起きたのか。
 重い病に冒された井沢郁江を救うため、“午前二時の訪問者”と対峙する東丈。
 その正体は大きな衝撃と苦痛をもたらすものだった。

 巨大な超能力をもってしても自由にならない“人間の心”を前に、東丈の苦闘は続く。
 新年を迎えた「GENKEN」に東丈の姿はなかった。
 丈の不在をついて「GENKEN」内に入り込んだ高鳥慶輔は、江田四朗に狙われる有名女優の護衛をかってでる。
 しかしそこには、二重三重の陥穽が仕掛けられていた。

 11.闇の波動 12.大変動への道 13.魔王の誕生 14.幻魔との接触
 自らの超能力に自信を深めた高鳥慶輔は、野心家の素地を露わにしつつあった。
 東丈の新年講演会に、高鳥は久保陽子を伴って来場し、「GENKEN」は大激震に見舞われる。
 東丈の講演を聴いて超能力に目覚める者は急増を遂げるが、前世記憶を取り戻した田崎宏たちは、口外できない秘密を抱えてしまうのだった。
 ストイックに反省や努力を要求する東丈に対して、欲望と快楽を肯定し、人間的弱点を許容する高鳥慶輔の奔放な明るさは、着実に支持者を拡大していった。
 東丈を”洗礼者ヨハネ”と規定する高鳥は、自らが救世主として羽ばたこうと策動する。
 美人女優と久保陽子を手に入れた高鳥の次なるターゲットは杉村由紀だった。

 15.幻魔の標的 16.光の記憶 17.光のネットワーク
 失踪した丈の代理を務めた井沢郁江は、前世の記憶を取り戻した者が多数に上ると発表。
 多くの参加者が前世記憶を復活させ、セミナーは衝撃的な結末を迎える。
金髪女性と黒人幼児の幽霊騒ぎがその鍵を握るのだろうか。
 何も知らされず、疎外感を覚える杉村由紀は、東丈への疑惑が湧き上がるのを抑えきれず、高鳥の術中にはまっていく。
 一方、盟主を失って動揺する「GENKEN」の主導権を握ったのは、井沢郁江だった。
 東丈不在のGENKENは、井沢郁江の指導力によってより活発に活動していたが、離れてゆく者もいた。
 一方、高鳥慶輔は傷心の東丈の秘書・杉村由紀の攻略を狙う。
 失踪した盟主・東丈の後を引き継いだ井沢郁江は、マスコミ取材を一部解禁するなど、次々と組織の革新を計っていった。

 18.ハルマゲドン幻視 19.暗黒の奇蹟 20.光芒の宇宙
 郁江の実力に疑いの余地はなかったが、会のあまりに急激な変貌ぶりに、東丈を慕う旧くからの会員たちから反発の声が上がる。
 目指す理想の違いゆえに、会は分裂の危機を迎えてしまうのか。
 井沢郁江の独断専行ぶりは、会の様々な場所で不協和音を呼んでいた。
 他方、高鳥慶輔は着々と勢力を増大。理想むなしく、「GENKEN」は内部から崩壊しつつあった。

 東丈の不在に乗じて、高鳥慶輔はマスコミデビューを果たし、着々と勢力を拡大していった。
 一方、理想に向かって性急に突き進む井沢郁江は、会員の“意識統一”をはかり、狂信を加速させていく。
 宗教はいかに人心を腐敗させるのか?
 若者たちの純粋な理想の追求と、その挫折を描く第一期「幻魔大戦」、堂々完結。


 新・幻魔大戦 全1巻 (トクマノベルス版)

  1999年、突如来寇した“幻魔”の前に、人類は終末を迎えた。
 世界はかつてない巨大な天変地異に襲われ、文明は崩れ去った。
 女子大生、香川千波は超能力に目覚め、人が人を食う生き地獄にどうにか生き延びていた。
 その千波の前にトランシルバニア王国のベアトリス王女が、江戸時代からタイムリープ(時間跳躍移動)してきた町娘・お蝶を伴って現れた。
 王女は千波へ使命を与える。お蝶の肉体に千波の精神を移植し、時を遡って”幻魔”に対抗できる超能力者の一族を生み出すこと。

 江戸時代へタイムリープした千波は”お時”と名乗る。
 人狼である犬神一族の”月影”、東丈の前世である由井正雪、拷問によって転向したクリストファー・フェレイラ(沢野忠庵)たちと出会う。
 だが、お時を追ってきた”幻魔”は、幕府の浪人政策に悩む由井正雪と一体化してしまった。

 すべての幻魔ワールドを産み出す起点となる作品。

 真・幻魔大戦 全15巻 (トクマノベルス版)

 1.超意識との邂逅 2.超能力戦略 3.魔の標的
 没落の一途を辿る、ヨーロッパ随一の小王国ジーベンビュルゲン王家。
 この王室の第3王女リア姫は、超国家的帝国クェーサーの帝王カトーにその超常能力を買われ、一路アメリカへと旅立った。
 異変は飛行中のボーイング747の機上に起きた。数年前にこの世を去った姉ルナの降霊によって、リアの眼前に異次元への幕が開く。
 異能の力を持て余し、アルコールに依存していた姉とは違うルナ。
 プリンセス・ルナの知った大宇宙の真の姿を、常闇の虚空に瞬く星群の煌きを、慈愛に満ちた生命の摂理をリアに体験させる。
 そして同時に、虚無の咆哮を聴いた。これこそが、宇宙にある全ての邪悪なる波動の根源的存在“幻魔”であった。

 冷光放つ湖水の淵に忽然と聳えたつ広壮な古城。
 超多国籍企業「クェーサー」の支配者として、底知れぬ権力を振るい世界を掌握せんとする帝王カトーの大邸宅で、いましも王女リアはその穢れなき魂と肉体とを蹂躪されんとしていた。
 欲望の徒ドクター・タイガーマンの毒念の渦中にリア姫は堕ちるのか。が、その刹那、青年ジョージ・ドナーの意識体を中継して“ムーンライト”の精神波が光の奔流となってリア姫へと流入された。
 同時に、そこには白光にも似た王女ルナの高貴な姿があった。”幻魔”の邪悪にして強大なる脈動を前に、幾つもの”意識”が運命の絵図を紡ぎだす。

 作家、超常現象研究家である東丈(29歳)は、「クェーサー極秘資料」をムーンライトの手により託された時、すでに”幻魔”との大いなる闘いに一歩踏み出していた。
 「クェーサー」独立を目論み、その超能力戦略に対抗せんとするムーンライトの最終的目標とは一体何なのか。
 やがて東丈の姉・三千子さえもが潜在的超能力を揺り動かされ覚醒し、遂には未来に待ち構える敵を予知するに至る。
 しかし、「クェーサー」の魔手とは別時空で、強大な力を駆使する“彼”の出現に東丈は翻弄され続け、そして想像を遥か超えた殺戮の嵐の到来を悟ってゆく。

 4.太陽の戦士 5.超空間への侵攻
 「クェーサー」の極秘計画をマスコミに曝露するべく奔走する丈。
 彼の下に世界でも名を知られた超大物プロデューサー、石室義輝から依頼がくる。
 無名時代に丈が発表した、メシアを扱った短編小説を100億円をかけて映画化しようというのだ。
 しかし、ニューヨークへ出張していた弟の卓が疾走したと義妹の洋子から連絡が入る。
 さらに秘書の杉村優里から電話で、姉の三千子がマンションから行方不明になったという。

 永劫の光と闇の戦いを描き、「真の救世主」の降臨を告げる預言映画『太陽の戦士』プロジェクトが発動された。
 原作者である東丈は、衆目を集める華やかなレセプションの席上、ムーンライトを連れ去った美少年・風間亜土と思いがけない形で再会する。
 ムーンライトの行方をつきとめるべく亜土と会見する丈だが、亜土は不可解にも初対面であると主張し、ムーンライトを知らないと否定する。
 順調だったはずの「クェーサー極秘資料」の暴露計画も突然に暗礁に乗り上げ、丈の身辺には、全てを失脚させようとする不気味な現象が波動する。
 無自覚なるままに”覚醒”へと誘われる東丈は、魂の縁が織りなす運命の渦潮へと飛び込んだのだ。

風間亜土との会見の結果にうちひしがれた東丈は、新たなショックに次々と襲われる。
 “ムーンライト”の痕跡が、人の記憶も含めて、抹殺されていたのだ。
 救いを求めて訪れた風間蘭も、“ベアトリスの釵”を残して、いずこかへ姿を隠してしまっていた…。
 一方、高次元意識体”アル・クラウド”、”リアリー”らは、真の救世主誕生に向って、周到な計画を練り上げ、着々と実行にうつしていた。
 その間も“幻魔”の侵冦は休むことなく、緊張は、刻一刻と高まっていく。

 6.幻魔目覚める時 7.不死蝶は燃えて
 救世主映画のレセプションのため、東丈は中田亜由や義妹の洋子とニューヨークに来た。
 だが、失踪した姉・三千子と弟・卓の消息は知れない。
 丈は、姉の友人の翻訳家が三千子を見かけたというイタリア料理店で聞き込みをし、ブラッドリーという人物の存在を知る。
 しかし、それはCIAの仕掛けた罠だった。
 「クェーサー」の凄腕サイキック、トマス・カッシングの部下の超能力者美女軍団に拉致された東丈。
 しかし、ドナー、マリア、リア王女も、テレパシーで状況を追っていた。
 アス トラル体のリア王女の他に現れた暗黒の門を感じ取った丈は、九字を切り、入り込もうとしていた”幻魔”を追い払う。
 だが、映画のレセプションのために、ハリウッドへ向かう丈の搭乗する飛び立つDC-8機内には異変が起こり始める。
 ついに丈は覚醒し、上位次元でルナ王女と再会して、おのれの運命と、”幻魔”に対抗する壮大な計画、をすべて思い出す。

 東丈は忽然とこの地上から消えた。
 洋子や亜由とともに、搭乗名簿からも痕跡が消え失せたのだ。異変を知った優里は八方に探索のつてを求めたが、結果は空しかった。
 そして、優里は次々と暴漢に襲われ始めた。”ベアトリスの釵”を振るって何度か難を避けたものの、ついに囚われた。
 だが向精神薬が引金となり、優里の中に”お時”が甦る。
 “時を継ぐ者”として覚醒した優里をめぐり幻魔大戦は新たな様相で苛烈さを増す!

 第二部 役小角篇
 8.超霊媒 9.犬神一族 10.超絶の死闘

 雨の日曜日、東丈を探す杉村優里は渋谷道玄坂に預言教団「CRA(宇宙再生協会)」を訪問した。
 会員の前でスピーチを始めた優里は、やがて例の覚醒感にとらわれ、居並ぶ会員たちの中に、かつて丈を盟主として活動した「GENKEN」のメンバーを発見したのだった。
 そんな時、憔悴したプロデューサーの石室義輝が風間亜土の失踪を知らせてきた。
 優里は木村一枝とともに”継ぐ者”・風間蘭の住む生田家へ向うが、そこは結界の張られた異次元への入口でもあった。

 結界を破り、生田邸の庭の時空の亀裂に落ちた杉村優里が現われたのは七世紀の吉野大峰山中だった。
 そして優里を襲う異形の鬼・幻魔の眷属の前に立ちはだかった白い浄衣の行者──この若者こそが空海と並び謳われた古代の大超能力者・役優婆塞・小角であり、優里が求めてやまない東丈その人の分身でもあったのだ。
 谷川に転落した優里は、おみちに酷似した神秘的な女・雪野に助けられ蘇生したが、記憶を失っていた。
 ある日、「あかい」と「うさぎ」の幼い兄妹らと大峰山中を渉猟していた優里は大怪蛇と遭遇、己れが「くろの」だと知らされた。が、その瘴気にうさぎは昏睡し、役行者小角の助力を求めて、「くろの」は山岳深く分け入った。
 
 ついに小角は自ら樹てた誓言を破り、里に下りてきた。
 雪野を辱め、唐渡りの妖魔に憑依された修験者の”大足”を放逐するためだった。
 しかし、“見張る者”の努めを忘れて傲る犬神一族と対決した小角は、深傷を負いながらも彼らの聖地を焼き払ってしまった。
 夜空を焦がす劫火の底で、超時空へ意識を飛翔させる小角に昔日の面影はなく、“創る者”の使命に目覚める東丈がそこにいた。
 第三部への胎動を秘めて、第二部完結

 第三部 クロノス篇
 11.破滅世界のクロノス 12.超空間での誕生 13.犬の帝国 14.幻魔書 15.黄金の獣神

 クロノスはアポロとの心安らぐ少女時代を送ったギリシャの地を去り、超古代世界ムウの金狼ナルが守護するマリ・ソル神殿にその身を預けていた。
 ある日、神殿に仕える美しき盲目のソル王女に降った高次元霊”エルリア”は、クロノスに向かい“時を超える者”として目覚めよと告げ、クロノスは神殿の禁域“門”の内へ入った。
 そしてそこには出産間近いミチコがいた。

 ミチコは無事に出産したが、新生児の放射する膨大なエネルギーは“超空間”の均衡を揺るがし、”幻魔”の暗黒波動までも引き込んでしまった。
 もし“超空間”が侵略されれば、“門”で繋がるムウの地も滅亡する。
 ”幻魔”の侵寇を阻止するべく、クロノス、金狼ナル、ソル王女らは時空の亀裂を探しに出立した。
 だが超能力者ソニー・リンクスが一行を転送した異世界、そこは魔神アースラが放つ、瘴気にも似た波動に充ち充ちていく。
 ”幻魔”の暗黒波動が充満する異空間に迷いこみ、“門”を捜し求めるクロノス、ジョージ・ドナー、ソル王女ら一行は“審く者”に捉えられてしまう。
 「犬の帝国」の洞窟基地に収監され、虐待を受けたクロノスは高熱を発して倒れるが、ついに“犬の法廷”に引出されることになった。
 そしてその法廷も、すでに暗黒波動に侵されていた。一行は「地下帝国」の“悪しき者”と誤解され、“犬の法廷”で八裂き刑を宣告された。

 全身麻痺に陥ったクロノスは、魔女裁判官ギリグリヨの凌辱を受け、その魂は現身から遊離してしまった。
 一方、“暗黒神の密儀”を主宰する僧侶メルムクワール、ギリグリヨらは生贄に供すべくソル王女に迫り、太古から伝わる“幻魔書”を収めた宝櫃を持ち出す。
 “幻魔書”に呼び出され、ソル王女と対峙した“暗黒の王”堕天使ルキフェルは、なぜか倦怠の底に沈んでいた。
 一方、洞窟基地への外敵来襲に乗じて鉄檻を脱したドナーは、ウサギ人少女・ラチルが虐殺されたことを知ると、憎悪と復讐に狂う超戦士と化し、ギリグリヨらを追って疾しる。
 だが、すでに洞窟基地は空間の異常震動で崩壊を始め、暗黒の亀裂を見せていた…。

 これにて第1次幻魔大戦、終結! 続きは次回で!

真幻魔大戦

関連記事

第617回 極北ラプソディ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

海堂尊「極北ラプソディ」

              極北ラプソディ

 桜宮サーガ極北編。「極北クレイマー」の続編です。
 極北市民病院は大規模リストラをし、入院患者0、医師は新任の病院長・世良雅志と副院長の今中医師だけ。

 世良雅志のスタンスはバブル三部作の2作を読んだ後では、天城雪彦の生き様を踏襲したものに思えます。
 世良の乗っているスリジエ(桜)の紋章(エンブレム)のハーレー・ダビットソンはあのハーレーだったのか。

 バブル三部作の最後、「スリジエセンター1992」はまだ読んでいないが、なにが世良をあそこまで変えてしまったのか。早く文庫化して欲しい。

 作中で出てきたヒプノス社は「モルフェウスの領域」の関連か。買ってあるが、まだ読んでないや。早速、読まねば。

 やっと登場するのは「ジェネラル・ルージュの凱旋」の終盤で極北救命救急センターに飛ばされた速水先生。相変わらずの問題児です(笑)
 花房看護師長も頑張ってますね。
 その将軍を頭ごなしに怒鳴りつける桃倉センター長もすごい。

 スキーのインターハイ会場で起こった表層雪崩。
 息子の出場を見に行って巻き込まれた桃倉センター長を救うため、ドクターヘリで爆弾低気圧の中を飛ぶ速水。

 うーん、円卓裁判のシーンは良かった。上には上がいると将軍様も思い知ったことでしょう(笑)

 ドクタージェット構想に加わった世良と花房看護師の運命の再会。
 後藤先生と梢ちゃんはこんなところにいたのか。離れ小島で立派にやっているようだ。
 トライアル飛行でまさかのパイロットの緊急手術。
 医者が4人もいるのに手術可能なのは今中だけという事態に。(世良も後藤も外科手術できんのか!)

 世良は恩師・久世医師の言葉に自分の驕りを悟る。
 再建不可能と言われた極北市民病院を、たった1年で黒字にした再生請負人・世良は本当に一人で戦ってきたのだろうか。自分は多くの人に支えられていたのではないか。

 速水と一緒に北海道まで来た花房美和の心には、まだ、桜宮を捨てた世良雅志が住んでいた。
 18年の歳月を二人は取り戻せるのか。(やはり、早く「スリジエセンター」を読みたいな)

 
 この後の極北編の続編の話は聞いていないから、「クレイマー」、「ラプソディ」の2編で終わりだろうか。
 まだまだ読んでいない桜宮サーガがあるので頑張って読みたい。

 登場人物が入り組んでいるので関連表を作ろうとしているが、なかなか難しい。
 もっと読み込まねば。

 

関連記事

第616回 ログ・ホライズン(1)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

橙乃ままれ「ログ・ホライズン」 LOG HORIZON

 アニメが面白いので原作を買ってくる。とりあえず1巻を買ってきたのだが、ちょうどアニメの第4話までの内容だったようだ。
 既刊6冊なので1冊で4話分。ちょうど2クールに収まるわけだな。

 アニメの話は第580回でやったので割愛。

 第1巻 異世界のはじまり
ログ・ホライズン1 異世界のはじまり

 突如、生身のまま異世界に転送されたプレイヤーたち。
 熟練プレイヤーであるシロエはある理由からギルドへの入会を拒んでいた。
 だが、知り合いの<三日月同盟>のギルドマスターからの依頼で、エッゾ帝国の街、ススキノへ一人のプレイヤーを救出に行くことになる。

 主人公のシロエと相棒の直継はレベル上限の90のようだが、拡張パック「ノウアスフィアの開墾」の追加によりレベル100まで解放されたようだ。  

 この世界には8つの種族、12のメイン職業と多くのサブ職業が存在する。
 メイン職業
  戦士系    -守護騎士(ガーディアン)、侍(サムライ)、武闘家(モンク)
  武器攻撃系職業-暗殺者(アサシン)、盗剣士(スラッシュバックラー)、吟遊詩人(バード)
  回復系職業  -施療神官(クレリック)、森呪遣い(ドルイド)、神祇官(カンナギ)
  魔法攻撃系職業-妖術師(ソーサラー)、召喚術師(サモナー)、付与術師(エンチャンター)

 サブ職業
  生産系 -鍛冶屋、裁縫師、料理人、錬金術師など 
  ロール系-医者、ダンサー、学者、ちんどん屋など
  称号系 -竜殺し(ドラゴンスレイヤー)、剣聖、貴族など

  ジョブ表

 ストーリーも文章で説明されるとわかりやすい。イラストも良いな。
 この世界に閉じ込められた彼らは強化された肉体を持つが、食事、排泄、睡眠については通常と同じに行わなければならない。トイレットペーパーなどのアイテムは作り出さないとならんのだろうな。
 エリア区分は北海道・青森を「エッゾ帝国」、四国を「フォーアンド公爵領」、九州を「ナインテイル自治領」、本州の東半分は「自由都市同盟イースタル」、西半分を「神聖皇国ウェストランデ」となっている。

 問題はこの世界には法律がなく、「アキバの街」そのものが売りに出されていること。
 購入金額は金貨7億枚。維持費は月に金貨120万枚。所有者になれば、それはアキバの王として法律を自在に作れることを意味する。(ここはアニメには出てこなかったな)

 ううむ、戦闘描写などアニメより原作のほうが良いではないか。これは「ソードアートオンライン」も同じだったな。視覚効果があるアニメより文章だけの小説のほうが動きに勢いがあるのはどういう理由か?
 設定にはMMO-RPG経験者にしか判らないものが多くあり、未経験者でもストーリーが解るようにアニメは再構成されたのだろう。

 評価:原作10に対してアニメ7.5くらい。(アニメ4話まで) 
----------------------------------------------------------------
 ここから下はちょっと話がずれます。

 ヒッターが11年プレイしている「FFXI(ファイナル・ファンタジー・イレヴン)」は現在レベル上限が99。当初はレベルの上限が50であったがゲーム進行につれて5レベルずつ解放されていった。
 「ログ・ホライズン」は同じMMO-RPGでも「リネージュⅡ」の系統だろうか。PK(プレイヤー・キル)を認めているからな。あれはヒッターは1年でやめました。
 「FFXI」ではプレイヤーはジョブの切り替えが可能なため、すべてのジョブで最高レベルに達するのは結構しんどい作業である。
 ジョブはメインが22もある。
 スタンダードジョブ(最初に選択可能な職業)
  戦士、モンク、シーフ、白魔道士、黒魔道士、赤魔道士

 エキストラジョブ(クエストをこなして取得するジョブ)
  狩人、吟遊詩人、ナイト、暗黒騎士、獣使い

 拡張パック「ジラートの幻影」導入後
  侍、忍者、竜騎士、召喚士

 拡張パック「アトルガンの秘宝」導入後
  コルセア、からくり士、青魔道士

 拡張パック「アルタナの神兵」導入後
  踊り子、学者

 拡張パック「アドゥリンの魔境」導入後
  風水士、魔法剣士
  
 「ログ・ホライズン」の職業と重なるものもあり、設定に親しみやすい。
 サブ職業にあたるのは各商工ギルドのスキルになり上限はレベル110。
 昇級試験(素人、見習い、徒弟、下級職人、名取、目録、印可、高弟、皆伝、師範、高級職人)がある
 高級職人になれるのは木工ギルド、彫金ギルド、鍛冶ギルド、錬金術ギルド、調理ギルド、骨工ギルド、革工ギルド、織工ギルドからひとつだけ。
 漁師ギルドは上記以外でもレベルを極められる。(ゲームの中で延々と釣りをしていないとならないが) 

 関連記事
 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-date-20130328.html

関連記事

第615回 パタリロ!

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

魔夜峰央「パタリロ!」

 91巻が出ているのを見て、あれ? 何巻まで買ったっけと一度帰って蔵書リストを見る。
 89巻まであったので90、91巻と「パパ!? パタリロ!」の3冊を買ってきた。
 ときどき、思い出したように集めているので、これで買い逃しはないはずだ。
 パタリロ! 91

 連載開始が1978年という長寿漫画である。
 80年代の3大少佐といえばバンコラン少佐、エーベルバッハ少佐、シャア少佐であった。(シャア少佐と10回言う早口言葉があったが、大佐に昇進したのは声優さんが言いずらかったためという噂がある)
 どちらかというと、その前の「ラシャーヌ!」が好きだったな。ラシャーヌが「神様はどこにいるんですか?」と聞くギャグが今でも思い出せる。
 まあ、内容はいつもどおりなので特に書く必要はないのだが、スピンオフシリーズの方の「パパ!? パタリロ!」は面白かった。

 母のエトランジュ王妃から預かった赤ん坊。
 パタリロの弟だという赤ん坊は目の周りにアイシャドーが! まさか父親は?
 パパ パタリロ

 これでまた2年くらいは買わなくてもいいだろう。

 既刊
 パタリロ! 1~91巻 以下続刊
 家政夫パタリロ!シリーズ:借金返済のために働く家政夫・越後屋波多利郎(えちごやぱたりろう)の物語
  ・「家政夫パタリロ!」
  ・「奥様はパタリロ!」
  ・「ビストロ温泉パタリロ!」、
  ・「出もどり家政夫パタリロ!」
  ・「仁義なき家政夫パタリロ!」
 パタリロ西遊記! 全8巻+外伝1巻
 パタリロ源氏物語! 全5巻
 パパ!?パタリロ! 全1巻

関連記事

第614回 キウイγ(ガンマ)は時計仕掛け

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

森博嗣 Gシリーズ⑨「キウイγ(ガンマ)は時計仕掛け」 Kiwi γ in Clockwork

 前回、第267回「ジグβ(ベータ)は神ですか」から1年を待たず新作である。
 全12巻予定の9巻目ということで、物語の進展を期待する。

 「ジグβ」から1年後。
 加部谷恵美は三重県庁の職員、雨宮純はTVレポーター、山吹早月はM大の助教授、犀川創平はN大の准教授、西之園萌絵はW大の准教授、海月及介はW大に転入(萌絵を追って)、国枝桃子はC大の准教授。
 このメンバが一堂に会するのに事件が起こらないはずがない(笑)。 
 三日間行われる日本建築学会の発表会。その前日から現れた「γ」の文字とキウイの謎。そして学長の射殺事件。 
 また出てきましたね~、島本文子女史。「すべてがF」から登場の古株が犀川創平、西之園萌絵と遭遇。

 「目薬α」から雨宮さんのファンなのだが、今回もいい味を出している。
 ヒッターは名古屋生まれなので、幼い頃はこんな喋り方をしていたのだろう。
 この登場人物たちの会話の妙こそ、森博嗣さんの小説を読んでいるのだと実感させます。

 いや~、犀川さんと西之園さん。あんたらは何をやっとるんですか(笑)
 年季の入った夫婦なのか、新婚さんなのか判らん関係ですな。
 雨宮さん、もっと突っ込んでインタビューを!!

 事件は二日目、二人目の被害者が出る。
 久々の同窓会に集まった萌絵、恵美、純、早月、及介。
 その席で海月及介は、またも犀川創平と同じ疑問を呈した。

 エピローグがなかなか良いですね。
 世界が真賀田四季の手に落ちるのは<百年シリーズ>で確定しているが、その過程の一端を「目薬α」あたりから徐々に出していると思う
 物語の中では時系列を確認すると2008年らしい。
 ↓列挙したがこれだけ読んでたんだなぁ。「すべてがFになる」では西之園萌絵は大学1年生(1994年の夏)だったのになぁ。
 加部谷恵美が西之園萌絵に出会ったのは中学生の時のはずだが、どれに書いてあっただろう?
                キウイγは時計仕掛け

 既刊
 Gシリーズ
 ①「φ(ファイ)は壊れたね」 Path connected φ broke 
 ②「θ(シータ)は遊んでくれたよ」 Another Playmate θ 
 ③「τ(タウ)になるまで待って」 Please stay until τ 
 ④「ε(イプシロン)に誓って」 Swearing on Solemn ε 
 ⑤「λ(ラムダ)に歯がない」 λ has no teeth
 ⑥「η(イータ)なのに夢のよう」 Dreamily in spite of η 
 ⑦「目薬α(アルファ)で殺菌します」 Disinfectant α for the eyes 
 ⑧「ジグβ(ベータ)は神ですか」Jig β knows Heaven 
 ⑨「キウイγ(ガンマ)は時計仕掛け」Kiwi γ in Clockwork
 全12巻予定

 S&Mシリーズ
 ①「すべてがFになる」 The Perfect Insider 
 ②「冷たい密室と博士たち」 Doctors in Isolated Room 
 ③「笑わない数学者」 Mathematical Goodbye 
 ④「詩的私的ジャック」Jack the Poetical Private 
 ⑤「封印再度」 Who Inside 
 ⑥「幻惑の死と使途」Illusion Acts Like Magic 
 ⑦「夏のレプリカ 」Replaceable Summer 
 ⑧「今はもうない」 Switch Back 
 ⑨「数奇にして模型」 Numerical Models 
 ⑩「有限と微小のパン」 The Perfect Outsider 
 全10巻

 Vシリーズ
 ①「黒猫の三角」 Delta in the Darkness 
 ②「人形式モナリザ」 Shape of Things Human 
 ③「月は幽咽のデバイス」 The Sound Walks When the Moon Talks 
 ④「夢・出逢い・魔性」 You May Die in My Show 
 ⑤「魔剣天翔」 Cockpit on Knife Edge  
 ⑥「恋恋蓮歩の演習」 A Sea of Deceits 
 ⑦「六人の超音波科学者」Six Supersonic Scientists 
 ⑧「捩れ屋敷の利鈍」 The Riddle in Torsional Nest 
 ⑨「朽ちる散る落ちる」 Rot off and Drop away 
 ⑩「赤緑黒白」 Red Green Black and White 
 全10巻

 四季シリーズ
 ①「四季 春」 The Four Seasons Green Spring
 ②「四季 夏」The Four Seasons Red Summer
 ③「四季 秋」 The Four Seasons White Autumn
 ④「四季 冬」 The Four Seasons Black Winter
 全4巻

 Xシリーズ(Gシリーズ⑤から分岐)
 ①「イナイ×イナイ」 Peekaboo 
 ②「キラレ×キラレ」 Cutthroat
 ③「タカイ×タカイ」 Crucifixion
 全6巻予定

 百年シリーズ
 ①「女王の百年密室」God save The Queen
 ②「迷宮百年の睡魔」 Labyrinth in Arm of Morpheus
 (③「赤目姫の潮解」 Lady Scarlet Eyes and Her Deliquescence)
 全3巻予定

 関連短編集
 ・「まどろみ消去」Missing Under The Mistletoe 1997年7月
 ・「地球儀のスライス」A Slice of Terrestrial Globe 1998年
 ・「今夜はパラシュート博物館へ」The Last dive to Parachute Museum
 ・「虚空の逆マトリクス」Inverse of Void Matrix
 ・「レタス・フライ」LETTUCE FRY  

関連記事

第613回 夢の守り人

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上橋 菜穂子「夢の守り人」

 《カンバル王国》から《新ヨゴ皇国》へ戻る途中、バルサは奴隷商人に追われるリー・トゥ・ルエン(木霊の思い人)のユグノを救う。
 リー(木霊)に気に入られたユグノは二十歳過ぎにしか見えないのに、もう五十二になると言い、その真の歌声を聴いた者にも長命を与える仙薬のような男であった。
 バルサは追われているユグノを連れて、幼馴染のタンダのもとへ連れて行く。

 その頃、タンダは眠り続ける姪のカヤを診ていた。どうやら魂が抜けているらしい。

 52年前、子を失い心を病んだ女・トムカ。やがて大呪術師<大地を歩む者>トロガイへとなる前の若き娘の見た<花番>の男の夢。
 眠りから目覚めない<一ノ妃>のため、情報交換をする星読博士シュガとトロガイ師。
 バルサやタンダのことを思い出して涙ぐむチャグム。そしてチャグムも眠りから覚めなくなった。
 <花>に魂を捉えられたカヤのため、<魂呼ばい>を行ったタンダは奸計に掛かり<花守り>とされてしまう。
 魔性と化したタンダから、<花番>とトロガイ師の<息子>ユグノを守るバルサの死闘。

 肉体を<花>に奪われたタンダは<夢>の中で因われていたチャグムと出会う。
 3日後の半月の夜、<花>を散らす<風>が吹くまでに人々を目覚めさせないと、<夢>と一緒に因われた人の命も散ってしまう。

 星読博士のシュガは過去の記録から、今回の相が約50年の周期を持つ<人の夢を誘う花>の開花と気付く。
 この世<サグ>と重なる異世界<ナユグ>はひとつではない。いくつもの<ナユグ>が潮流のように<サグ>に近づいたり離れたりしているのだ。
 戻ってきたチャグムと共に、シュガとバルサは一計を図る。

 <花守り>となったタンダの追跡を交わし、<山ノ離宮>を目指すバルサ、トロガイ師、ユグノ。
 シュガと共に現れたチャグムとの再会。
 そして滅びの<風>が吹き始める中、リー・トゥ・ルエン(木霊の思い人)とリー(木霊)は生命の<風>を<夢>に吹き込む。
夢の守り人

 なんでも屋のトーヤとサヤの若夫婦ぶりが初々しい、って、たった1年で結婚してるなよ(羨)
 なかなか良いエピソードでした。
 タンダの長兄ノシルは短編集の時から好きではなかったが、今回もロクな男ではない性格だったな。
 次はチャグムがメインの話か。


関連記事

第612回 万能鑑定士Qの事件簿(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

松岡 圭祐「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅶ」 Case Files of All-Round Appraiser Q Part Ⅶ

万能鑑定士Qの事件簿VII

 買い置きの山を崩していたら出てきたので、そろそろ後半を読もうと手に取る。

 書いた小説と同じ内容のものが数週間前に出版されている謎。
 金無垢のインゴットが無残な合金の塊に変わる逆錬金術の謎。
 本業を休業してマルサ依頼を受けた凜田莉子は、時価5億円のアクセサリー消失の謎に挑む。

 なるほど、ピアノの弾ける子は各クラスに一人ずつ配分されるのね。
 逆錬金術の方はトリックがあまりに稚拙だ。
 最初の分析結果にも一致しない。金メッキは出来ないと書いてあったはずだ。
 大体、レーザーの切断面を入れ替えたぐらい解るだろう。

 もちょっと、考えたトリックを望む。


 「万能鑑定士Qの事件簿 Ⅷ」 Case Files of All-Round Appraiser Q Part Ⅷ

万能鑑定士Qの事件簿VIII

 波照間島の渇水対策が解決されるという手紙を受け、島に帰郷した莉子。

 莉子さんの鑑定料は血塗られたものだったんですか(笑)
 地元でのリコの学業成績を知っている者ばかりの中で苦戦する莉子。
 海水淡水化技術に12億円を供出して、詐欺だった場合は波照間島を含む経済圏は崩壊する。
 莉子は同級生だった葵と結愛と共に台湾へ飛ぶ。
 フランス語はなんとか覚えた莉子も、中国語は想定外。莉子の記憶術にはケロロ軍曹が不可欠だったのか。


 ヒッターは化学畑出身なので、あんなトリックには引っかかりません。
 東大の教授まで引っかかたという点で怪しい。
 この2作とも作者の科学知識が低いのか、読者のレベルを低く見てるのか不可解な作品だったが、ストーリーは面白かったので両方共70点というところか。

関連記事

第611回 Key the Metal Idol

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「Key the Metal Idol 」

 上遠野浩平デビュー作「ブギーポップは笑わない」の頃を思い出していたら、この頃好きだったアニメをいくつか浮かんだ。

 このアニメは好きだったなー。曲が好きでCDを買っていた。
 リメイクするなら観るぞ!

 OP「In the Night」


 ED「私がそばにいる」


 「キィのララバイ」


 しかし第553回でも載せたが、アニメ絵のの変遷というのはすごいな。
変遷

関連記事

第610回 ブギーポップ・シリーズ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

上遠野浩平 「ブギーポップ・ウィズイン 錆まみれのバビロン」
 Boogiepop Within :"Paradigm Rust"


 ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン

 人が人生で一番美しい時に命を奪っていく死神・ブギーポップ。
 「世界の敵」の敵。誰の味方でもなく、ただ殺しに来るだけの不気味な泡。
 少年とも少女ともつかない左右非対称の笑み。黒い筒のようなシルエット。
 かつて”黒ずくめの死神”に追い詰められたイマジネーター・水乃星透子(みなほし すいこ)が残した残響。

 導かれたのは、記憶を失った合成人間らしい少女・不破明日那、《統和機構》の戦闘用合成人間・成城沙依子(フットプリンツ)、ブギーポップを探す少女・狭間由紀子。
 謎の動く鴉や犬の死体は彼女たちをどこへ連れて行くのか。

 ”忘却”を操る能力「パラダイム・ラスト」がイマジネーターの記憶を”忘却”から呼び覚ます。

 懐かしい名前が登場する、というか、調べ直さないと誰だったのかヒッターが忘却している(笑)
 水乃星透子は他のシリーズにも登場するキー・パースンですね。
 なるほど、この話は「ビートのディシプリン」の前日譚になるわけか。


 様々な能力を持つ合成人間たちや、「世界の敵」であるMPLS(人間を超えた能力を持った人間)たち。そのネーミングは荒木飛呂彦さんの「ジョジョの奇妙な冒険」へのオマージュであると作者は明かしている。
 更に西尾維新さんの「戯言シリーズ」が「ブギーポップ」への、「人間シリーズ」が「ビートのディシプリン」へのオマージュであると言っており、「ジョジョ」の影響はすごいものがある。
 さて、買い置きの本の山から読み忘れていたあれを探し出すか・・・

 ブギーポップ・シリーズ 既刊

 1.ブギーポップは笑わない
   Boogiepop and Others
 2.ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター Part1
   Boogiepop Returns:VS Imaginator Part I “SIGN”
 3.ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター Part2
   Boogiepop Returns:VS Imaginator Part II “PARADE”
 4.ブギーポップ・イン・ザ・ミラー 「パンドラ」
   Boogiepop in the Mirror:Does anybody really know what time it is?
 5.ブギーポップ・オーバードライブ 歪曲王
   Boogiepop Overdrive:Heartbreaker II(Heartbreaker Ⅰ は「ブギーポップは笑わない」に収録)
 6.夜明けのブギーポップ 
   Boogiepop at Dawn
 7.ブギーポップ・ミッシング ペパーミントの魔術師
   Boogiepop Missing:Peppermint wizard, or Rize and fall of poor innocent puppet
 8.ブギーポップ・カウントダウン エンブリオ 侵蝕
    Boogiepop Countdown:“THE EMBRYO” 1st half -erosion-
 9.ブギーポップ・ウィキッド エンブリオ 炎生
   Boogiepop Wicked:“THE EMBRYO” 2nd half -erupsion-
10.ブギーポップ・パラドックス ハートレス・レッド
   Boogiepop Paradox:Heartless Red - The Unusual contact of Vermilion Hurt & Fire Witch
11.ブギーポップ・アンバランス ホーリィ&ゴースト
   Boogiepop Unbalance:Holy and Ghost are steeped in plastic crimes
12.ブギーポップ・スタッカート  ジンクス・ショップへようこそ 
   Boogiepop Staccato:Welcome To Jinx Shop
13.ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス
   Boogiepop Bounding:Lost in Moebius
14.ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟 
   Boogiepop Intolerance:Ark of Orpheus
15.ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド
   Boogiepop Question:The Pyramid in Silence
16.ブギーポップ・ダークリー 化け猫とめまいのスキャット
  Boogiepop Darkly:The Scat Singing Cat
17.ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト
   Boogiepop Unknown:Into The Lunar Rainbow
 

 やはりこれは名曲だな。
 

関連記事

第609回 世界の果てでも漫画描き(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 第590回の続き。注文していたのが届いたので読む。

 ヤマザキ マリ「世界の果てでも漫画描き 2 エジプト・シリア編」
世界の果てでも漫画描き 2 エジプト・シリア編

 エジプト編
 14歳でひとりでヨーロッパ旅行をしていた時に出会ったイタリア人のじいさんの孫ベッピーノ。
 古代ギリシャ、ローマの話で盛り上がり、結婚することに。
 留学先のエジプト・カイロのイタリア領事館で結婚式。しばらくカイロで暮らしたあとシリア・ダマスカスに引越し。
 飛行機や各国の航空会社の話が面白い。日本やシンガポールの航空会社は良心的なようだ。
 こんどはアラビア語ですか。シリアでも漫画の締切に追われてたんですね(笑)

 Tバックのパンツに携帯電話をつけてどうするのか? アラビア文化は謎である。
 
 シカゴでの西原理恵子さんと画力バトルの話アリ。

 ヤマザキ マリ「世界の果てでも漫画描き 3 チベット編」
世界の果てでも漫画描き 3 チベット編

 シリア編の続きから。
 シリアからヨルダンへの旅。死海というところには一度行ってみたいが、暑いのは嫌いだ。
 二度目のシリア旅行にはイタリアと日本の家族らも参加。大移動となる。

 ルッカ&パリ編
 「テルマエ・ロマエ」のイタリア語版プロモーションをイタリアのルッカで、フランス語版の取材をパリで行う。
 語学の堪能な人はうらやましいな。

 チベット編
 なにか別の本で読んだことがあるが、チベット高原にいきなり行くと高山病になるのは確からしい。
 本物のバター茶は飲みたくないな。絶対、ヒッターの口には合わないだろう
 中国のニイハオトイレは嫌だなあ(笑)

 台湾編
 台湾のマッサージ師は「テルマエ」の鉄蔵じいさんのモデルだろうか。
 「テルマエ・ロマエ」台湾語版まであったのか。作者も知らなかったようだ。

 このあとシカゴからイタリアに引っ越すらしい。
 4巻に続く。


 こういう旅物語の漫画が好きで、西原理恵子さんの「鳥頭紀行」も愛読していた。
 「水曜どうでしょう」的行き当たりばったりの旅をしてみたいものだ。

 本の中で「情熱大陸」の取材を受けたというので動画を探してみた。
 http://www.mbs.jp/jounetsu/2012/07_08.shtml

 なかなかリアルの漫画家さんの生活に触れる事はないので面白く観させてもらった。
 実物の旦那と息子がリアルである。(当たり前だ)

関連記事

第608回 古典部シリーズ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

米澤穂信 「古典部シリーズ」

 前から気になっていたのだが、ちょっと敬遠していた。
 なぜなら薄いからである(笑) 読み応えがないと思ったのだ。厚い本好きのヒッターには物足りない。
 しかも、ミステリーでこの薄さはなんなのか?
 比べてみると、う、薄い・・・。200Pちょっとしかない。「インシテミル」が500P超えていたので2冊分である。
 ということで第2部「愚者のエンドロール」も買ってくる。
古典部


 1.氷菓 The niece of time. (時の姪)
  氷菓

 平成12年(西暦2000年)4月。 
 主人公・折木奉太郎の姉・供恵から、神山高校へ入学したなら古典部へ入れという手紙が来る。
 古典部のOGである姉は新入部員が入らなければ廃部になってしまうと心配していた。

 省エネ主義者の奉太郎は大した熱意もなく、部の存続のためだけ入部をするため部室へ向かう。
 部室は神山高校の辺境・地学講義室。そこで出会ったのは隣のクラスの女子・千反田えるであった。
 中学時代からの友人・福部里志と、小学生時代からの腐れ縁・伊原麻耶花が加わり、4人によって古典部の廃部は回避された。

 ・千反田える 1年A組 古典部部長 依頼者役
 ・折木奉太郎 1年B組 古典部部員 ホームズ役
 ・福部里志 1年B組 手芸部・古典部掛持ち 総務委員会 ワトスン役 
 ・伊原麻耶花 1年?組 漫研部・古典部掛持ち 図書委員会 レストレード警部役  
 
 「閉ざされた部室の扉の謎」、「毎週金曜日に別人が借りていく学校史の謎」を解いた奉太郎にえるはある依頼をする。
 33年前の千反田えるの伯父・関谷純は神山高校に古典部を作った。

 33年前から続く古典部の文集「氷菓」の謎。失われた創刊号。そもそも”古典部”とは何をする部活動だったのか。
 初代・古典部部長は何らかの理由で学校を去った。

 幼い頃、その時の話を聞かされたえるは、恐ろしさのため泣きだしたという。
 七年前に行方不明になった伯父が、その時、語った話が思い出せない。
 えるの依頼で古典部メンバーは調査を開始した。
 その結果、奉太郎はある推測を展開し、皆はそれで納得をする。
 しかし、それを姉・供恵の一言がひっくり返してしまった。
 
 果たして33年前の真実は・・・ 
 なぜ、文集のタイトルは「氷菓」だったのか?

 いやー、薄いけど面白いじゃないか。伏線は全部回収しましたね。
 読まず嫌いだったようだ。


 2.愚者のエンドロール Why didon't she ask EBA? (なぜ、彼女はエバに聞かなかったのか?)

 はて? このサブタイトルはなんだろうと調べてみる。
 アガサ・クリスティの「Why Didn't They Ask Evans?」のもじりか。
愚者のエンドロール

 平成12年(西暦2000年)8月。
 神山高校の文化祭用に2年生の作ったビデオ映画。
 素人の作ったミステリー作品の試写会に招かれた古典部の4人。
 しかし、映像は廃村の館内で殺人事件が起こった問題編だけで終り、解答編はまだ作られていないという。
 脚本担当の生徒がプレッシャーに倒れてリタイアし、解答編のシナリオが完成せず困ってるという。
 脚本家はミステリーを勉強し、「ノックスの十戒」などを元に問題編にすべてのヒントを込めたらしい。

 知り合いの千反田えるを利用してこの事件に引き込んだのは2年の入瀬冬実。あだ名はテレジア(女帝)だという。
 人を手駒に使うのが上手い女帝(エンプレス)・入瀬に対抗しようと、古典部の面々にもシンボルが付けられる。
 
 ・伊原麻耶花:正義(ジャスティス)
 ・福部里志 :魔術師(マジシャン)
 ・千反田える:愚者(フール)
 ・折木奉太郎:力(ストレングス)

 タイトルさえ決まっていない映画の解答編を推理できるのか?
 果たして里志の決めたタロットカードの暗示の意味は?
 「力」VS「女帝」の対決は如何に。


 タロットカードの暗示は面白いですね~。ジョジョみたいです。
 あと3冊も買って読んでみよう。

関連記事

第607回 大宇宙を継ぐ者(13)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

第37サイクル「ニューロバース Newroversum 」 2600-2699巻
新銀河歴1469年―1470年


2600.jpg

 「超越知性体Es(それ)」から分離した「超越知性体タリン」は、人工惑星《ペレグリヌス》で「Es」のもうひとつの《力の球形体》に向かい、それから6年が経った。
 スターダスト星系の霧ドーム上空に浮かぶ「八天宮」からはテラ、マルカヌ、スターダスト星系の4惑星に通じているが、人工惑星《ワンダラー》と《ペレグリヌス》とは不通になっている。
 アンドロメダ銀河では銀河系の《ギャラクティカム》のような組織を創設しようという動きがあり、ローダンは二つの銀河の《汎・ギャラティカム》を夢想していた。
 ポリポート駅網のある11の銀河は、なぜか2つの銀河が最初から繋がらなかったが、いつの間にかその表示さえ消えてしまった。
 老朽化した《バジス》は改装され、アンスレスタ銀河と通商関係を結ぶ商船として活用すると、ローダンが記者会見しているさなか、テラ全域でシステムダウン現象が生ずる。その後、《バジス》内で連続不審死が発生し、その原因は異宇宙が通常宇宙に定着しようするストレンジネス効果らしい。
 超巨大な宇宙震とともに、直径1光年の紫色に光るエネルギー泡がソル星系を包み込み、どこかに転送した。
《バジス》に乗り込んだローダンとモンドラ・ダイアモンドは、謎の隠し部屋でふたりの息子、デロリアン・ローダンと再会する。彼は「タナトス=プログラム」を発動すると言って消えてしまう。それは《バジス》の最後を意味するのか。謎の隠し部屋で隠されていた〈多宇宙服〉を手に入れたローダンは、《バジス》と共にドサ銀河とザソア銀河の間の物質の橋へ転送される。

 一方、ソル星系ごと誘拐されたテラは、未知の直径150光年の空間泡に閉じ込められていた。恒星ソルの中に安置されている「超越知性体アルケティム」の遺体を狙うスペンタ種族。ソルと六次元的に結びついているために取り出すことができず、スペンタ種族は恒星ソルの消灯を画策。
 恒星ソルは直径3500万kmの黒い球体になってしまう。

 《コスモクラート》の使者サンブリ・ユラは「ネガティヴ超越知性体キン・シ」の罠に落ちた。アラスカ・シェーデレーアは宇宙船《光力》で「調和の帝国」が支配する銀河へ向かう。サンブリ・ユラは宇宙船《光力》の中に〈搬死素〉を持ち込んでいた。彼女の目的は何だったのか。
 980万年前、二つ銀河が交差し、大部分が突き抜けて新たに二つの小銀河を生み出した。それ以来、この宙域ではハイパー物理学的な大異変が荒れ狂っている。そして、この時代は「周波王国」にも異変があった頃だ。交差部の物質の橋にある「調和の帝国」はどのような種族が支配しているのか。

 ローダンは〈多宇宙服〉と<ポリポート駅・制御システム>を身に付け、30万年前に破損した<ポリポート駅>で情報を得る。「周波王国」のヴァトロクス=ヴァムが「パラロクス武器庫」に手を出した時に破損したらしい。
だが、まだ7基の<ポリポート駅>に繋がっている。銀河系に戻るチャンスは残っていた。
{ ペリー・ローダンが搭乗する《ミクル=ジョン》は意識を持つ宇宙船。操縦者を選ぶらしい。意識体の名前はミクルといって、ヒューマノイドの少女の投影像で船内をうろついているそうな。「無限のリヴァイアス」のス・フィクス・ファンが作家陣にいるのか?}

 サンブリ・ユラを探すアラスカは3番目の探索地〈歌うブラックホール〉で「調和の帝国」の歴史を知ることになる。
 交差した二つの銀河と、新たに生まれた二つの小銀河。それぞれの銀河で派生した4体の「精神存在」は「超越知性体タネドラル」として四銀河の住民を教導し、「調和の帝国」を築いた。
 分離・合体が可能な「タネドラル」は《コスモクラート》ら高次勢力の争いに巻き込まれ、コスモヌクレオチド〈トリュクラウ3〉事件で、1体がネガティヴ因子を植えつけられる。

 一方、誘拐されたソル星系ではスペンタ種族の目的が明かされていた。
 太古、コーク銀河で発生した「超越知性体アルダール」は7つの銀河を《力の球形体》としていたが、超重量級ブラックホールがクェーサー化する際に死亡した。スペンタ種族=サイボラン人は48体もの「超越知性体」の遺骸をアンカーとして利用した特異空間「神経の通った宇宙(ニューロナイズド・ユニバース)」:「ニューロバース」を構築しようとしていた。
 そのため、恒星ソルに安置されている「超越知性体アルケティム」の遺骸を狙っていたのだ。

 ソル星系が行方不明になった宙域は《セクター・ゼロ》と呼ばれ、銀河系ではアルコン帝国、自由テラナー同盟、新・USOが調査を始めていた。
 ジュリアン・ティフラーは<アルケティム至聖所>で〈アルケティムの精髄〉を探し、帰還したあと引き篭って音信不通。アトランは「恒星転送機専任ギャラクティカム特使」とかで何をやっているのか判らない。
 政情が不穏になった銀河で、自由テラナー同盟の第1テラナーとなったプレアデス同盟の執政官アルン・ジョシャナンはボスティク1世と会合を開く。その惑星はかつて超ヘテロダイン存在=スープラヘトが《大群》と遭遇しないようにオールドタイマー=クエリオン人が罠を張った「惑星障壁」の一つ。超古代技術の宝庫がある場所であった。
 銀河系イーストサイドでロナルド・テケナーとアルン・ジョシャナンはサイボラン人の謎に迫る。

 ローダンは接収され分解・再構築されている《バジス》奪還に向かう。
2651.jpg

 直径12.5kmの球体と直径5.9kmの球体が合体したような新生《バジス》で、ローダンはラファエルと遭遇する。アフィリカーが「超越知性体Es」に対抗するために建造した《バジス》は、もともと「Es(それ)」の計画の一つだった。最初から《バジス》隠されていた〈多宇宙接眼〉は新銀河歴当初、「異宇宙アレズム」が<アプルーゼ禍>に遭ったとき、「Es」は吸収した200億のコンセプトを「アレズム」に送り込んだが、本来、〈多宇宙接眼〉はこの異宇宙に侵入するためのものだった。
 しかし、《サンプラー惑星》が機能したために〈多宇宙接眼〉は使用されなかった。
 新銀河歴448年の<ドリフェル・ショック>で《バジス》が分解された時から最近まで、〈多宇宙接眼〉は機能停止していたが、デロリアン・ローダンの「タナトス=プログラム」始動により再起動を始めたのだ。
 「超越知性体キン・シ」が狙っているのは《バジス》の〈多宇宙接眼〉とローダンの装備している〈多宇宙服〉。「キン・シ」は特異空間「ニューロバーズ」を作ろうとしている。それは高次勢力の影響を受けない《絶対真空》。
 ローダンは気付く。それは《トレゴン計画》のようなものではないか、と。さらにデロリアンと《コスモクラート》の使者だったサンブリ・ユラの秘密会談がローダンに知れる。
 若き「超越知性体キン・シ」はかつて「超越知性体ペレグリン」の《力の球形体》で戦って敗退した。しかし、「ペレグリン=Es(それ)」は高次勢力や《コスモクラート》の事を若い「キン・シ」に教えたらしい。そして「キン・シ」はかつて自分の参加を拒んだ4つの意識体が集合して「調和の帝国」という《力の球形体》を作ったのを知り、その内、一体が《コスモクラート》の命令で作った超兵器を狙っている。
ローダンは「キン・シ」は「Es(それ)」に騙されているのではないかと疑う。 

 ホーマー・G・アダムズの秘密組織〈姿なき友人の会〉と、デロリアン・ローダンの〈星を讃える同盟〉の手で、テラはサイボラン人から解放されたが、恒星研究ステーション《アマテラス》の観測では「アルケティム」の遺骸は取り出しに成功しそうだ。
 しかし、恒星ソルの封印は「アルケティム」埋葬の前から仕掛けられていたらしい。いったい、何者が仕掛けたものなのか。そしてソル星系はまだ特異空間に囚われたままだ。
 遺骸が摘出された瞬間、星系のテラナーの精神を《アルケティム・ショック》が襲う。
 そしてデロリアン・ローダンはその真の目的をテラナーたちに明かす。新設される《ニューロバース》に、肉体を捨てた精神存在として参加するか?と。 

 「調和の帝国」の艦隊と「キン・シ」の侵攻艦隊の戦いが始まる中、ローダンと《バジス》が到着する。同時に未完成の特異空間「ニューロバース」内でも自由テラナー同盟艦隊と「キン・シ」の補助種族艦隊が戦闘を始めた。
 「タネドラル」VS「キン・シ」の戦いは4体の精神体を個別撃破され、「タネドラル」の敗北に終ったように見えた。

 2696話「デロリアン」
2696.jpg

 さて、ここでペリー・ローダン、モンドラ・ダイアモンドたちに「超越知性体Es(それ)の年代記作者」である三男坊・デロリアンから語られるのは、2200万年前の《最初のトレゴン》の発生から今回の顛末までの話の説明。
 《コスモクラート》と「Es(それ)」の裏取引。「アルケティム」死亡と、それによる「Es(それ)」誕生時のパラドックスの解除。「Es」から分離した「エスタルトゥ」。「Es」の作った2つ目の《力の球形体》と「周波王国」の発生と「キン・シ」の誕生。「エスタルトゥ」の作った新たな乙女座宙域の《力の球形体》。
 「超越知性体アルダール」の死を利用した今回の計画と、《大群》の製作者・クエリオン人に作らせた〈多宇宙服〉のこと。サンブリ・ユラを説得して《コスモクラート》を裏切らせたこと。「キン・シ」をソル星系に向かわせる手引きをしたこと。
 父親の細胞活性装置をくれという息子に怒ったローダンは息子を捕らえようとしますが、モンドラの妨害で取り逃がします。そして〈多宇宙服〉は本来の持ち主・サンブリ・ユラの手に。
 サンブリ・ユラは《コスモクラート》製の宇宙船《光力》に積み込んだ〈搬死素〉を「調和の帝国」と太陽系にばらまくと脅しをかける。

 「ネガティヴ超越知性体キン・シ」との決着。六次元灯台「アルケティム」を失った恒星ソル。ビッグ・バン視点から見た「ニューロバース」の誕生の映像を見るローダン。アラスカ・シェーデレーアの運命が翻訳されるのは37年後ですね・・・

 2013年10月31日現在で、本国版は第38サイクル「アトピック法廷」に入り、今週で2723話です。

関連記事

第606回 蔵書管理2013年10月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2013.10

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。10月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2013年10月31日で 21,157冊(先月増+53冊)となった。
 ペースが通常に戻ったようだ。

 内訳は
 小説  6,625冊
 コミックス 14,093冊
 エッセイ、NF他 439冊 である。
  
・11月の予定

 いくつかのシリーズを買い込んでいるが、どれから手をつけるか悩んでいる。
 アヴァタール・チューナー
 バチカン奇跡調査官
 英国パラソル奇譚
 天冥の標
 ボスリーン・ウォー

 手をつけ始めたのが
 守り人シリーズ

 進行中
 いっぱいありすぎる。買い置きの山が減らない。
 ペリーローダンが445巻から進まない。買い置きが459巻・・・。

 10月は分厚い本に挑戦する予定だったが、読めなかった。だが読まないと片付かない。
 11月は何冊か読もう。

-------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第3回

 C.L.ムーア(Catherine Lucille Moore)。
 幻想的な作風と全盛期の松本零士のイラストが見事にマッチしていた。
 ノースウェスト・スミスシリーズは今でもファンが多い。
 太陽系を渡り歩くアウトロー、ノースウエスト・スミス。相棒の金星人・ヤロール。
 スミスはとても美しい人間の女に似た禁断の生物・シャンブロウ、異次元の超古代の種族・ジュリたちと出会う。

 ・大宇宙の魔女 SHAMBLEAU AND OTHER STORIES
大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス
・シャンブロウ Shambleau
・黒い乾き Black Thirst
・真紅の夢 Scarlet Dream
・神々の塵 Dust of the Gods

 ・異次元の女王 JULHI AND OTHER STORIES
異次元の女王―ノースウェスト・スミス
・異次元の女王 Julhi
・冷たい灰色の神 The Cold Gray God
・炎の美女 Yvala
・失われた楽園 Lost Paradise

 ・暗黒界の妖精 NYMPH OF DARKNESS AND OTHER STORIES
暗黒界の妖精―ノースウェスト・スミス
・生命の樹 The Tree of Life
・スターストーンを求めて Quest of the Starstone
・暗黒界の妖精 Nymph of Darkness
・幻の狼女 Werewoman
・短調の歌 Song in a Minor Key


 上記とは別シリーズだが、スミスとジレルを結ぶ短編もある。
 ・処女戦士ジレル 暗黒神のくちづけ BLACK GOD'S KISS AND OTHER STORIES
 十四世紀フランス西部の架空の小国・ジョイリーの女領主ジレルの異界への彷徨を描く短編集。
BLACK GODS KISS AND OTHER STORIES
Jirel of Joiry
・暗黒神のくちづけ Black God's Kiss
・暗黒神の幻影 Black God's Shadow
・魔法の国 Jirel Meets Magic
・暗黒の国 The Dark Land
・ヘルズガルド城 Hellsgarde

 復刻してもいいんじゃね? 早川書房さん。

関連記事