まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第240回 ソードアート・オンライン(9)

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

九里史生(川原礫)「ソードアート・オンライン マテリアル・エディション 総集編」
 Sword Art Online - Material edition:The Assemblage

 マンガ家を目指していたという川原礫さんの同人誌ですね。
 総集編に収められたのは(全78P)
 SAO:ME1 攻略者たち
 SAO:ME2 アーリーキャラクターズ
 SAO:ME3 セラミックハート
 SAO:ME4 コールドハンド・ウォームハート
 SAO:ME5 サルビア
 SAO:ME6 アルゲードの決斗
 SAO:外伝X2 たったひとつの究極的なやりかた

 収められていないのは
 SAO:ME7 続・星なき夜のアリア(「SAOP001」収録のアルゴのヒゲの話)
 SAO:ME8 儚き剣のロンド(これは「SAOP001」に収録された元ネタかな)
 SAO:ME9 黒白のコンチェルト(「SAOP002」に入る第3層攻略かな)

 SAO:ME1 攻略者たち The Progressers
絵

 クラインがチンピラっぽくて、エギルが強面のやーさんみたいな感じです(笑)
 最前線56層のフィールドボス攻略で、キリトとアスナの主張がぶつかってデュエルで決着をという話。この話は小説の中で読んだ気がするな。村に引き込んでNPCを犠牲にしている間に攻略というやつ。
 この層で「二刀流」解放してもいいのか?
 ラストでキリトくんはNPCの幼女に不適切な行為をしたと警告(System Alart)されます(笑)

 SAO:ME2 アーリーキャラクターズ Early Characters
 キャラクター紹介編 イラストは川原先生。
 キリト LV96 年齢16歳 主武装「エリュシデータ」「ダークリパルサー」、あとスキルデータが高数値ですね。
 アスナ LV94 年齢17歳 主武装「ランペントライト」 スキル値は調理1000が光っています。
 クライン LV88 年齢24歳 主武装「カラクレナイ」 裁縫スキルがアスナより高い(笑)
 エギル LV80 年齢29歳 主武装「グラウンドゴージ」 鑑定スキルが高いですね。
 リズベット LV79 年齢17歳 主武装「ゾリンゲンハンマー」 ヒースクリフを倒した剣を鍛えた鍛冶屋として有名になったって・・・。「ALO」でか?
 シリカ LV62 年齢14歳 SAOって15歳以上推奨ソフトだぞ! 12歳でログインしてたのか。
 クラディール LV81 年齢26歳、年齢差9歳なら許容範囲? ほぼ須郷と同年齢か。
 ヒースクリフ 年齢28歳 スキル、HP、LV 全部チートすぎる!!

 SAO:ME3 セラミックハート ceramic Heart
「ALO」である少年と知り合ったトップダウン型AI”ユイ”ちゃんのお話。

 SAO:ME4 コールドハンド・ウォームハート Cold Hand, Warm Herat
 小説です。50層の主街区「アルゲート」にいたキリトは最近、体調が悪かった。
 現実世界の身体が風邪を引いていたのである。(マジですか!)
 献身的に介抱したアスナに風邪が移ってしまいますが? (どんなシステム設計してるんだ、茅場!!)

 SAO:ME5 サルビア Salvia
 これは外伝3.1の「サルビア」です。

 SAO:ME6 アルゲードの決斗 外伝5「圏内事件」の後日談。
アルゲートそば

 ヒースクリフをして「これは絶対、ラーメンではない」「なぜ、こんな店があるのか」と言わせた”アルゲートそば”を出す食堂「アルゲート軒」。
 アスナはあの店主がNPCではなく、プレイヤーなのではないかと疑う。
 調査に赴いた二人は”アルゲートそば”を食べ続けるが・・・・
 (アスナが絶対に醤油を開発すると誓った原因です)

 SAO:外伝X2 たったひとつの究極的なやりかた(alicization 後日談)
 アンダーワールドで目覚めたキリト。ふと両手に柔かいものが・・・。右を見るとアスナが寝ていた。
 左を見るとアリスが寝ている。なぜかその向こうにはシノンの姿が。
 まさかと思い、アスナの向こう側を見ると、そこには(義理の)妹のリーファの姿が!
 なにかが足に触れたので見てみるとリズベットとシリカの寝姿が。もぞもぞと布団の間から出てくるのは8歳くらいの幼女、ユイだった。
 (何畳敷きのベッドですか?)

 これは夏休みが終わる前に大人の階段を数ステージ上げようとしたKKA(キリトに片思いアライアンス)の企みであった。今日のログアウトが終わるまであとリアル5時間。加速比は10万倍に設定した。
 アンダーワールドにはリアルの法は及ばない。(妹もOK)
 キリトの夢の(悪夢の?)結婚生活(アスナ公認の一夫多妻)が始まる。(50万時間ですか?...)
 (ロニエちゃんは入れてあげないのか?若いからといって体力、持つのだろうか。)

 (SAO:外伝X1は#16.5です)

 「ソードアート・オンライン リズベット・エディション」は非R元服の同人誌でした。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

第239回 境界線上のホライゾンⅢ(10)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(下)」 Horizon on the Middle of Nowhere :
 Episode Ⅲ-Part 3 適当ダイジェスト①

 表紙は「六護式仏蘭西」エコール・ド・パリ教導院・総長連合《副長》テュレンヌ公、《人狼女王(レーネ・デ・ガルウ)》。
境界線上のホライゾン3〈下〉

 総ページ数897。これ書くの楽しくなってきた、ネタバレであるのをお忘れなく。
 物語はマクデブルク機密会議へ。

 「第六十章 休息場の戦士達」「第六十一章 囲まれ場所の指揮者達」「第六十二章 円陣の担い手」
023.jpg

 マクデブルク、マウリトス大聖堂の前。ネシンバラから「K.P.A.Italia」との通神が途絶えたと聞く本多・正純。
 ネシンバラの顔横に表示枠(サインフレーム)が開く。またシェイクスピアの盗聴らしい。正純が「いちゃつき過ぎだろう」と言うと、「どいつもこいつも女の味方だな!」と怒る。
 正純の「独逸(ドイツ)だからな」の言葉に広場の誰もかもが動きを止め沈黙した。大聖堂の尖塔の上で通神関係の仕事をしていた浅間・智が塔から落ちそうになる。
 「落ちそうになりましたよ。」と文句をつけると、正純は「ああ、オチがなかったな。」
 ついに浅間・智が落ちた。 
 ネシンバラと正純は、そのまま状況分析に戻る。本来ならば戦況は安芸の「厳島」を護りきれば「K.P.A.Italia」が有利だ。占領するにしても陸上部隊を送り込まなければならない。
 数日耐えて、外交的に解決を図ろうとあの《教皇総長》ならするだろう。同じく、{M.H.R.R」も外交的救援を阻止にかかるはず。
 各国に大使が派遣されているだろうし、ここにも来る意味合いは大きい。「マクデブルクの略奪」を交渉材料に、改派領邦を牽制できるからだ。

 「厳島」浮遊島では暴風が荒れ狂っていた。東南部沿岸は海へ崩れ落ちたが、《教皇総長》インノケンティウスと《第二特務》ガリレオのいる東部は辛うじて無事だった。
 この後、{M.H.R.R」の第二陣、姫路城《白鷺》が来るはずだ。二人は7割ほど生き残った加速砲で迎撃の準備に入る。
 しかし、上空に現れたのは《白鷺》ではなかった。謎の艦の謎の攻撃の前に「厳島」は陥落する。

 瀬戸内海方面での《竜脈炉》の爆発を「武蔵」の自動人形たちは検知していた。その情報は浅間神社経由の暗号でネシンバラと正純に送られる。
 このタイミングを計ったかのように、{M.H.R.R」から大使が到着する。平蜘蛛型航空戦艦《シギサン》に乗った松永・弾正・久秀であった。

 マクデブルクの中央、マウリトス大聖堂の前に集まったのは、「武蔵」アリアダスト教導院《副会長》本多・正純、通伸担当の浅間・智。
「六護式仏蘭西(エグザゴン・フランセーズ)」エコール・ド・パリ教導院《会計》マザラン、《パレ・カルディナル》に乗ったアンヌ・ドートリッシュ。
「M.H.R.R(神聖ローマ帝国)」改派(プロテスタント)代表、マクデブルグ《暫定市長》・ザクセン教導院《会計》ゲーリケとA.H.R.R.S.教導院《書記》、巴・御前。
対してやってきた客は、「P.A.Oda」《シギサン》の城主、領内南部統括・ムラサイ諸派連合《総長》松永・弾正・久秀ともうひとり。
 むかし、酒井・忠次《学長》が世話になったという、一向宗を率いる現・《一向宗首長》、本願寺・顕如こと、元・オスマントルコ《大総長》スレイマンである。
 3-10-3.jpg

 「武蔵」は「阿蘭陀(オランダ)」国境近くの都市で避難民を下ろしている最中。アリアダスト教導院3年竹組では三要先生の独逸史の授業中。
 (三要先生の授業がないと各国の成り立ちと現状がわからないな)

 マウリトス大聖堂内の「M.H.R.R」改派が「英国」の《花園(アヴァロン)》を再現した空間。そこが会議場所である。
 正純たちが見たのは、ストーンヘンジに見える白い流体光の壁が作る巨岩建築型制御器。浅間・智が左目の義眼《木の葉》で見ると高密度の流体で出来ているようだ。
 この白い壁こそ対「末世」の障壁《半球》である。その奥にある《マクデブルクの半球》発生器を見せられ、「武蔵」が戻ってきたら、これを譲渡すると言う。 
 《半球》は共同開発の予定だったはずだが、巴・御前は「マクデブルクの略奪」がどういう形で進むか判らない以上、「武蔵」に退避させるのが望ましいと告げる。
 「M.H.R.R」旧派の手には渡したくないのだ。連絡を散りあいながらマクデブルク側では、別の試作を行うことにする。
 皆は《半球》のストーンヘンジの作る壁の中へ入り、会議を始める。

 まず正純は「武蔵」がこの会議に参加した理由を説明しようとする。「武蔵」は味方が欲しいのだ、と。
 「武蔵」は「三河」で馬鹿騒ぎをして、「英国」で歴史再現にスポット参加した。このまま戦い続けて強くなり、各国と対等に並ぶ存在となりたい。
 そのために味方を得たい。この場に集まった各国、各勢力は対「P.A.Oda」、対旧派(カトリック)で「武蔵」になにを望むのか? 
 これに対し、巴・御前が発言する。では、対「P.A.Oda」、対旧派として「武蔵」は我々の敵なのか味方なのか? と。
 正純がこれを迂闊に答えれば利害関係や言質が付きまとう。通神(チャット)で仲間たちと打ち合わせをする。
 とりあえず、会議の出席者の望みと動向、抱えている問題点を正純が上げていく。
 1.アンヌ・ドートリッシュ(「六護式仏蘭西」)
  「六護式仏蘭西」とルイ・エクシヴの覇道の安定を望む。
  毛利側の羽柴への服従と、関ヶ原の決戦における敗北が問題。
 2.ルター・巴・御前(「M.H.R.R」改派)
  「M.H.R.R」旧派への対抗を望む?
 3.スレイマン・本願寺・顕如(ムラサイ勢力)
  「P.A.Oda」への復讐?
 4.松永・弾正・久秀(「P.A.Oda」)
  目的不明。

 つづいてネシンバラが補足を上げる。
 1.アンヌ・ドートリッシュ(「六護式仏蘭西」)
  「六護式仏蘭西」の今後は、瀬戸内海での「K.P.A.Itaria」と「M.H.R.R」の戦闘結果次第で大きく変わる。
 2.ルター・巴・御前(「M.H.R.R」改派)
  旧派を排しても羽柴側が残るので「P.A.Oda」の支配から逃れられない。
 3.スレイマン・本願寺・顕如(ムラサイ勢力)
 ムラサイ(回教)多数派と仏道のコネがあるので、影響力が大きい。
 4.松永・弾正・久秀(「P.A.Oda」)
 トリックスターなので、上手くこちらに興味を持つよう誘導したい。

 この4人の共通点は「P.A.Oda」を敵だと思っていることである。ならば。
 正純はまず牽制と様子見の発言をする。
 ”今朝、「武蔵」は「P.A.Oda」、「M.H.R.R」旧派陣営の威力偵察を受け、「M.H.R.R」改派の協力を受け撃退した。”
 ”「武蔵」は現在、「P.A.Oda」、「M.H.R.R」旧派と敵対状態にある。”

 スレイマンは正純の発言を分析する。
 一大勢力である「P.A.Oda」と「M.H.R.R」国内の一勢力でしかない「M.H.R.R」旧派を同じ舞台に上げたのは、「M.H.R.R」旧派が「大罪武装」を一つ所持しているからだ。
 だから視野から外すわけにはいかない。さらに二勢力を相手にするのは「六護式仏蘭西」や「M.H.R.R」改派に大きな意味を持つ。
 そして、保身も忘れてはいない。
 「武蔵」が敵対関係にあると言ったのは威力偵察を受けたからで、本来、敵対の意志はもっていないと言っているのに等しい。
 この会議で自分たちが無理難題を押し付けてきたら、あちらと和解する可能性を匂わせている。
 正純の実力を計るために、簡単なテストをしてみようと考え、スレイマンは発言する。
 ”「武蔵」は自分たちから望んで敵対したわけではない、というならば和解もありうるということだ。ならば私達は「武蔵」を警戒しなければならない。”

 巴・御前はスレイマンの発言を分析する。
 スレイマンは「M.H.R.R」改派に恩を売りたいようだ。
 「武蔵」に対し「P.A.Oda」、「M.H.R.R」旧派との和解を牽制したのは、両者と敵対している「M.H.R.R」改派への貸しになる。
 正純が和解しないと言えば、それを言質としてここにいる各勢力は「武蔵」に無理難題を言い出すだろう。和解すると言えば皆に警戒され、この会議に出席した目的を失う。
 「武蔵」の《副会長》は保身の可能性を得ようとして足元を掬われた。

 正純が思ったのは”初手からこれか!”である、根回し無しのガチンコ会議だ。何か答えれば言質となり、後々まで付きまとう。
 落ち着こうと思ったら、浅間・智が”落ち着きましょう、正純。いや、変なオチを狙えと言ってるんじゃないですからね。”と通神してくる。
 正純はスレイマンに問う。”「武蔵」の「P.A.Oda」に対する態度を確認したいということか。”
 スレイマンは答える。”「末世」解決を掲げ、「英国」と繋がりを持った「武蔵」は「聖譜連盟」側に付こうとしているように見える。”
 ”もともと「三河」が「聖連」と「P.A.Oda」の仲介地であったように、松平と織田は同盟関係にあった。”
 ならば、今朝の威力偵察の目的は、「聖連」側に近くなった同盟国「武蔵」への「P.A.Oda」側の警告だったとも見える。
 さて、正純はどう答えればいいのだろう?
 正純はまわりを見回して気付く。この場、この会議ならでの会議の進め方を。
 正純は「六護式仏蘭西」代表アンヌ・ドートリッシュに問う。
 ”「武蔵」が「P.A.Oda」、「M.H.R.R」旧派に対し敵対関係を保つなら、どういう援助をもらえるだろうか?”

 スレイマンは口元の笑みを手で隠しながら俯き、巴・御前は片頬だけに笑みを作る。松永・久秀は2人に、振られたなぁ、お前たちと声を掛ける。
 この二択はスレイマンのテストである。会議はスレイマンと正純だけで話し合うものではない。
 根回しなしの本番では、何か問われたら利害関係国とも話し合う必要がある。
 スレイマンの二択に対するベストな回答は”どうしたらいいか、皆から私に教えてほしい。”である。
 そうすれば各国は「武蔵」に対し要求ではなく、提案しか出来なくなる。各国同士で利害関係から牽制し合うからだ。
 今、正純はスレイマンの言葉を借りて「六護式仏蘭西」側に質問しているだけで、スレイマンは文句を付けられない。
 他国の意見を聞いてから答えると返されるからだ、だが、最初に「六護式仏蘭西」を選んだのが興味深い。アンヌはなかなか攻撃的なのだ。

 正純はアンヌ・ドートリッシュを最大の難敵と考えていた。
 アンヌは正純に答える。”どんな援助をするかだと? 放っておいてもアリアダストが羽柴と敵対するのは既定路線。
 「六護式仏蘭西」が「武蔵」を援助するはずがない。なぜなら、この会議の参加者の中で、唯一「六護式仏蘭西」だけが「武蔵」と敵対する歴史を持つからだ。“
 「関ヶ原の決戦」で東軍西軍の大将となる松平と毛利が手を結ぶ必要はない、と言う。

 完全な拒否である。正純は接し方を間違えたかなと考える。そうか、提案の仕方が間違っているのだ。
 正純は訂正を申込み、あらためて問う。
 ”「武蔵」がルイ・エクシヴと毛利・輝元と友好状態を保つとしたら、貴女はルイ・エクシヴと毛利・輝元にどのような提言をして頂けるだろうか。”

 マクデブルク市マウリトス大聖堂の前に、5つの人影があった。
 浅間・智から中継される表示枠を持つ葵・喜美、マルガ、二代、アデーレ、そして里見教導院《生徒会長》里見・義康。
 義康はなぜ正純が国家としてではなく個人に助力を求めたのか?と考えていた。「武蔵」と行動を共にして1日足らずだが、人外級の連中ばかりである。
 これは外交の勉強になるなぁと思っていると、「武蔵」《総長兼生徒会長》の姉は言った。アンヌ・ドートリッシュは覚悟を決めているのだ。
 自分はもういなくなる。しかし後はルイ・エクシヴと毛利・輝元に全部まかせた。だから「六護式仏蘭西」の自分の立場としては、何も約束しない。

 正純は重ねて言う。”現在、「武蔵」と「六護式仏蘭西」は休戦中だ。これを正式に終戦としたい。そうしないと友好関係も作れない。”
 確かにそうだとアンヌは短く答えるが、”だけど”と付け加えて笑みを浮かべる。このまま思い通りにはいかないぞ、と。
 正純の各個撃破交渉はスレイマンとの交渉を留保して、アンヌと利害関係を確認しようとした。しかし「武蔵」と「六護式仏蘭西」が友好関係になって困るのはどこか?
 他の利害関係国から横やりが入るのは当然である。

 「少し、私達とも話をしてもらおうか。「武蔵」《副会長》、アンヌ・ドートリッシュ。」
 腕を組んで「M.H.R.R」改派代表、巴・御前が言葉を告げた。
 スレイマン・顕如、アンヌに続いて第3ラウンド開始である。
武蔵通神2

 次回、マクデブルク機密会議、後編。
 ネシンバラに付きまとうストーカーの影!
 「六護式仏蘭西」で起こった「公主隠し」とは?


 Episode Ⅲ-Part 3 適当ダイジェスト②につづく。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第238回 螺鈿迷宮

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

海堂尊「螺鈿迷宮(上)(下)」
螺鈿迷宮

 桜宮サーガ「イノセント・ゲリラの祝祭」の中で語られた半年前の事件。
 こちらを先に読むべきだったか。

 医療法人碧翆院桜宮病院。「バチスタ・スキャンダル」は東城大学医学部だけではなく、兄弟病院でもある桜宮病院にも大きな影響を与えた。

 「氷姫」姫宮香織は「ジェネラルルージュの凱旋」の後、ここに潜入していたのか。あいかわらずターミネーター・モード全開です。
 さらに「火喰い鳥」白鳥が現れて上司と部下で、ダブル・破壊神が桜宮市の医療の闇に挑みますが?

 ラスト、生き残ったのはあの人だったか。詰めが甘いな。
 白鳥は将来、桜宮の血筋に叩き潰されると予言されちゃいます(泣)
 桜宮病院パートの続編であり完結編でもある「輝天炎上」を読むのが待ち遠しい。天馬大吉と別宮葉子コンビがまた登場するそうです。

 このシリーズを読めば読むほど、日本の医療行政が如何にいい加減なものであるか考えさせられます。
 ヒッターは終末医療にかかるほど長生きしたくはないですね。
 もともとこの話は、「チーム・バチスタの崩壊」、「碧翠院桜宮病院の崩壊」、「桜宮A.I.センターの崩壊」という「崩壊三部作」となる予定だった作品で、重要な位置を占めています。
 
 では次は「北の事件」を読もう。舞台は北海道に。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 

関連記事

第237回 BLOOD-C The Last Dark

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「BLOOD-C The Last Dark」

 BLOODシリーズは、「BLOOD THE LAST VAMPIRE」「BLOOD+」「BLOOD-C」と観ていましたが、この劇場版はTV版と別物としてみたほうが良いでしょう。
 ちょっと調べたら第1作の「BLOOD THE LAST VAMPIRE」から12年も経っていたのか。←ALL英語です(^^;
 ヒロインの名は一貫して小夜(さや)です。




 「BLOOD+」のOP曲「青空のナミダ」が好きでした。FFXIバージョンです。


ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

関連記事

第236回 境界線上のホライゾンⅢ(9)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(中)」 Horizon on the Middle of Nowhere :
Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト⑤


 「第五十三章 食卓の隣人」「第五十四章 不慣れ会議の参加者」
020.jpg

 《人狼女王》は懐かしい匂いで目が醒める。トーリは庭にあった夏ミカンの樹から果実をとってジャムをつくっていた。
 そのジャムで作ったソースで厚切りベーコンを焼く。それは《人狼女王》の夫がむかし、作ってくれた料理。
 ネイトの注文でトーリがむかし、作らされたらしい。最初はソースの素材が判らず、試行錯誤の後、柑橘類のジャムを使ったソースに行きつく。《人狼族》の苦手なものも砂糖で煮れば良いらしい。トーリは家の表の煉瓦である氷砂糖を剥したと言う。
 《人狼女王》は笑い出してトーリの捕食を諦める。「御菓子の家」が許可したのなら「武蔵」の《総長兼生徒会長》は子供なのだ。

 トーリは《人狼女王》に尋ねる。「王」とはいったいどんなものなのだろう。自分はみんなの夢を叶える王になりたいのだ、という。
 それはトーリ自身の「夢」である。「夢」を叶えたいなら「夢」を捨てないこと。「夢」が叶わなかったとき、無駄な「夢」を見たと放り出さないこと。
 もっと多くの人に相談して話を聞きなさいと言うと、トーリの周りの連中は、「忙しいから、五文字で言ってくれる?」「金は?」「まず、なにをしたのか話しなさい。」という外道ばかりだと答える。(笑)
 そこへ点蔵達が到着する。

 里見教導院《生徒会長》里見・義康は昨日、トーリの「ファラオの目覚め」で起こされたため、魔除けや槍を用意して防護処置をしていたが、全てをぶち砕いてアデーレの《機動殻》が降ってきた。
 「武蔵」はマクデブルクの避難民を収容中。今日中に疎開させて明日の「マクデブルクの略奪」までに戻ってくる予定だ。
 残るのは動死体(リビング・デッド)たちと、被凌辱要員として集まった屈強な男たち、女装のホモ戦士軍団である。略奪者たちは《聖譜記述》により、彼らをリョジョークとかレイープしなければならないらしい。
 義康とアデーレは、どちらがどちらを襲うのかわからない戦士団を横目に、朝食の屋台へ向かう。

 「御菓子の家」で《人狼女王》と点蔵達は、朝食を兼ねて共同作戦の会議を始める。目標はマクデブルク郊外の塔に幽閉されている、「M.H.R.R」《総長》ルドルフ二世からカール一世のメモを手に入れること。
 メモは「六護式仏蘭西」に引き渡し、トーリたちはマクデブルクで戦闘中の「武蔵」に合流しなければならない。

 ネイトは会議にうまく入り込めないでいた。この「御菓子の家」に来るのは初めてである。子供の頃、せがんだが連れてきてもらえなかったので、実在を疑っていたのだ。
 そこにネイトの為に、トーリが超ぶ厚いハムステーキをサーブする。ボウルにもバターを浮かせたクリーム野菜シチュー風鱈の身入りが山盛りである。
 さすが「青雷亭本舗」バイト店長である。点蔵には食べる?いらない?藁でも食べるか?と言うのにメアリが立ち上がる。なにか悟ったのか録音を始めるマルゴット。
 キッチンを借りる許可を《人狼女王》にもらうと、ベーコンとキャベツのスープを作りだす。《人狼女王》は忍者と恋仲なのか?同棲でもしているのか?と尋ねると、メアリは寝るときは自分が下で、点蔵が上だと答える。
 これはしっかり録音され、マルガたちに流されるそうな・・・。

 「第五十五章 合間の俯瞰者」「第五十六章 御禊場の浸り人」
021.jpg

 「武蔵」は二万五千人の避難民を乗せ、出港準備にかかる。里見教導院《総長》里見・義頼は《副王》ホライゾンが仲間たちのことを忌憚なく話すのを見て羨ましがるが、ホライゾンは義頼は義康とうまくいっていないのかと尋ねる。
 義頼は義康に隠していることがある。それを誰にも相談できなくて悩んでいた時、「武蔵」《総長》に少なからず救われたのだと告げる。
 ホライゾンはトーリが性別構わずフラグ立てたので、後で処罰するらしい。

 そのころ、武神《パレ・カルディナル》であるリュイヌ婦人兼マザランとアンヌ・ドートリッシュの接続が完了した。
 外界を感知できるようになったアンヌの前に居たのは、ゲーリケ、巴・御前、本多・正純であった。
 昨日、マザランから教えられた機密会議に加わるのは、アンヌ以外に2人。その重要人物の一人は巴・御前。もう一人はまだ秘密のようだ。 
 会議まで時間があるので、正純と巴・御前の「M.H.R.R」における《公主隠し》の話になる。
 巴・御前が話すのは「六護式仏蘭西」で起こった《公主隠し》。この場に居る「六護式仏蘭西」《会計》マザランが前《会計》のリシュリューから引き継ぎを行っている最中に起こったものだった。

 「御菓子の家」の近くにある泉で沐浴をする女性陣。ネイトは昨夜のMouri-01との戦いで、最後に投げた石が、なぜあんなスピードと威力を持ったのか判らずにいた。
 コツがわからないので、おいおい検証していくしかない。
 マルゴットはマルガ達はどうしているだろうと言うと、メアリは2人はいつも仲が良いが、同郷なのかと問う。
3-9-4.jpg

 むかし、マルゴット・ナイトとマルガ・ナルゼは仲が悪かった。中等部の時、寮でくじ引きで同じ部屋になっても、口もきかず家庭内別居状態だった。
 二人とも羽が抜けるほどストレス状態になった。夕食も別々の外食で、交互にトーリのバイトしている「青雷亭」に通っていた。
 ある日、マルゴットが夕食を食べて帰ろうとすると、トーリが「苺のタルト」1ホールを渡す。とても一人で食べきれないので、ここはひとつ大人になろうとテーブルに皿を用意してマルガの帰りを待った。
 帰ってきたマルガは最初、抗議しようとしたが、マルゴットが「食べよう」と言うとマルガが泣きだす。今日はマルガの誕生日だった。
 むかし家族が作ってくれた「苺タルト」。毎年、マルガはひとりで「青雷亭」へ行き、食べていたのだが、今日はマルゴットが行く日だったので我慢していたのだ。
 そして、マルゴットは泣いているマルガにムラムラっときて、ベッドに押し倒して(以下、R元服)

 当然ながら覗きにくるトーリと点蔵の反対側の岸に現れたのは、4頭の森の精霊《ユニコーン》だった。しかし、それは馬の形をしていなかった。長さ2m、体高1.5mのダイコンに針金のような手足を付け、頭部には角がある。お盆の時に供えるキュウリの馬のようだ。重奏統合の時にデータ量を減らして生き延びた様だ。
 穢れなき女性しか乗せない《ユニコーン》にどう乗るかが問題になる。マルゴット、メアリ、ネイトは問題なかったが、馬鹿が金髪ウィッグに「M.H.R.R」の女子制服を着て女装して乗ろうとする。(←第五部下巻の表紙です。ブログ第216回参照)
 とりあえずネイトがトーリを蔦でぐるぐる巻きにして膝上に乗せる。《人狼女王》に乗られた《ユニコーン》は穢れてしまった、幼女専だったのにと泣き出す。
 協議の結果、上着を背に敷いて境界とする妥協案がとられる。点蔵はメアリの背後に2本の《Ex.コールブランド》を足場にして立つことでクリアだったが、メアリはお姫様抱っこを要求する。

 その頃、瀬戸内海では「M.H.R.R」側の鉄甲船が、「K.P.A.Itaria」の《村上水軍》を追いつめつつあった。《レパント海戦》と《第二次木津川口の戦い》の歴史再現である
 午後3時17分。「K.P.A.Itaria」の阻止臨界点で激闘が始まる。

 「第五十七章 内海の烏匠」「第五十八章 雷空の武士」「第五十九章 決死海の勝者」
022.jpg

 《第二次木津川口の戦い(レパント海戦)》。この戦闘は半日で終了したと《聖譜記述》にあるため、終了時刻は午後4時である。
 備前から瀬戸内回廊に侵入した「P.A.Oda」《九鬼水軍》の鉄甲船6隻は、安芸までの工程210kmの内、150kmを侵攻していた。
 前方中央艦の舳先に立つのは、女性型魔神族の《守護委員会特戦係》鈴木・孫一。3丁の長銃《ヤタガラス》で「K.P.A.Itaria」《村上水軍》の小艦群を攻撃する。
 《村上水軍》を率いる「K.P.A.Itaria」《第一特務》村上・元吉は防御に長け、小艦群の網型防御壁は六枚構成になっている。こちらは反・羽柴として一向一揆反乱に参加していた傭兵部隊・雑賀衆も参戦している。
 羽柴側に付いた鈴木・孫一は因縁の相手である。
 《村上水軍》の防御陣を破るべく、孫一は《ヤタガラス》を分解変形させ、広域範囲攻撃を撃つ。
 六枚の防御陣の内、五枚までが撃ち抜かれるが、破ることが出来ない。

 開いた防御陣に食い込もうとする鉄甲船に対し、《村上水軍》は防御体制のまま後退する。陣形を変えるつもりだと読んだ《九鬼水軍》鉄甲船団指揮官、九鬼・嘉隆は中央の前後2艦を後退させる。
 はたして陣形を変えた《村上水軍》は猛攻をかけてくる。
 タイムリミット午後4時まで1時間を切るが、もう「K.P.A.Itaria」の本拠《厳島(いつくしま)》浮遊島は見えている。
 前に出ようとする《九鬼水軍》は前方左右の2艦を小艦群に突進させる。砲火を浴びた2艦は大量の小艦を道連れに爆散。既に朝からの戦闘で《村上水軍》は4割を失っており、破損艦もあるはずだ。
 その時、孫一の乗る前方中央艦がいきなり爆砕した。そこに現れたのは雷(いかづち)を纏う大刀を持つ四脚の武神。「K.P.A.Itaria」K.P.A.S教導院《副長》立花・”雷切”・道雪。本家《西国無双》である。
 3-9.jpg

 この時点で《人狼女王》一行は「六護式仏蘭西」と「M.H.R.R」の国境に近づいていた。
 同時刻、「武蔵」は「M.H.R.R」北部、「阿蘭陀(オランダ)」国境沿いの改派の都市で避難民を下ろしていた。
 同時刻、「清武田」領の大草原を西に移動していた源・義経も瀬戸内海の戦闘の結果如何では、戦況が変わると思案していた。
 
 「武蔵」は避難民を下ろした後、補修作業に入る。艦上で立花夫妻は「三征西班牙」の江良・房栄から通神文(メール)を受けていた。
 立花・嫁の実父、道雪が戦艦を落としてはしゃいでいるらしいが、誾に言わせると、あの父はいい年をして他国で生徒をやっているキ〇ガイだそうである。

 道雪は続けて左後艦も落としていた。「M.H.R.R」の鉄甲船は残り2隻。九鬼・嘉隆の乗る中央後艦とその右の艦だけだ。共に速度を上げている。
 道雪は九鬼・嘉隆の艦に跳躍するが、その艦首には鈴木・孫一が待っていた。対都市破壊用《ヤタガラス》の黒い砲撃が四脚武神に炸裂する。
 しかし、四脚武神を包んだ3本の黒の光柱が、内側から稲妻と共に割裂かれる。だが”雷切”のチャージもこれで底をついた。《ヤタガラス》も全流体を使用してオーバーホールが必要である。
 道雪は指揮艦の艦橋のみ破壊し、操舵不能にする。指揮官の九鬼・嘉隆は最後の1艦へ跳躍していた。《村上水軍》までの距離は800mを切っている。

 最後の1艦で《厳島》へ特攻するため、《村上水軍》小艦群の下方を抜けようとする九鬼・嘉隆。上空から雪崩のように降下体当たりする小艦群。
 ここで九鬼の艦は垂直に立つ姿勢を取った、「アルマダ海戦」で「武蔵」が行ったトンボ返りである。艦首砲塔を真上に向け小艦群を迎撃する。
 小艦群を抜けた位置に1隻だけ残っていた艦があった。村上・元吉の指揮艦である。九鬼艦の砲撃で1/3をもぎ取られるが、この位置からの突撃なら九鬼艦もろとも沈められる。
 そう思った時、予想していなかった方向から砲撃う受け、元吉の艦は破壊される。《九鬼水軍》指揮艦。道雪が艦橋を破壊し操舵不能になった艦の砲が生きていたのだ。
 距離を離されていた道雪は、この元吉の足止めで追いついた。九鬼艦に飛び乗った四足武神はリチャージした最後の”雷切”を放つ。
 対して魚類系魔神族の九鬼・嘉隆は破損した主砲を、その膂力で担ぎ上げ、”雷切”を迎え撃つ。主砲を真っ二つにし、嘉隆の右腕を指先から肩まで割り、甲板に食い込む道雪の大刀。
 しかし、大刀はそこで止まってしまう。九鬼・嘉隆は”雷切”から艦を防ぎ切った。
 向かい合う立花・道雪と九鬼・嘉隆。道雪は貴公に勝利はないと告げる。
 その瞬間、800m級鉄甲船の艦首から艦尾まで何かが貫通し、爆砕した。

 「K.P.A.Itaria」の本拠、安芸の浮遊島《厳島》の周囲を光の紋章が取り巻いている。
 全周29kmを50cm間隔に並ぶ加速術式。超大型艦用加速砲を撃ったのは《教皇総長》インノケンティウス。傍に立つのは《第二特務》ガリレオ。
 これで勝ったと思った二人は、上空から響く《鼓動》を聞く。
 鈴木・孫一が”雷切”を消耗させ、九鬼・嘉隆が指揮艦を捨て、最後の艦に移ったのは指揮艦から立花・道雪を引き離すためだった。
 指揮艦に搭載されていた”禁忌”の兵器。かつて「三河」を消滅させた《地脈炉》の暴走を爆弾化した兵器を《竜脈炉》と織田軍は名付けた。

 瀬戸内海沿岸を中心に、半径5kmの空間が崩壊し、浮遊島《厳島》の1/3を飲み込んだ。

 「境界線上のホライゾン Ⅲ(中)」終了。
3中

 次回、マクデブルク機密会談 前半。会議に集まったメンバーは?
 正純は「武蔵」の有用性を認めさせることができるのか?
 Episode Ⅲ-Part 3 適当ダイジェスト①につづく


【加速術式砲】
 厳島外周を利用した対超大型艦用武装。高さ3mの鳥居組十字紋章の加速術式を、厳島の全周約29kmに50cm間隔でドミノのように配置。
 加速砲の弾丸はインノケンティウスの両手の防護術式を圧縮して1つにし、加速に耐えるように加工する。
 圧縮枚数は枢要徳の七徳に準じ、七の七乗である八十二万三千五百四十三枚。数の加護によって一枚一枚が七徳を受けて対加速衝撃性をさらに上昇。
 固められた拳大の弾は加速路の入り口である大鳥居に投じられ、厳島外周をまわって加速。
 厳島の各地に仕掛けられた直径10m超の9個の巨大天球儀がガリレオの制御術式で各惑星の公転・自転・軌道の正確性を弾丸に伝達し精密性を上げる。
 いわば、天球の運行と速度、七徳の加護を受けた弾丸を放つ。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第235回 イノセント・ゲリラの祝祭

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

海堂尊「イノセント・ゲリラの祝祭(上)(下)」
イノセント・ゲリラの祝祭00

 桜宮サーガ「田口・白鳥シリーズ」の第4作。第6作の完結編が出版されちゃったので、買い置きの山から掘り出して読む。

 シリーズ構成は
 1.チーム・バチスタの栄光 
 2.ナイチンゲールの沈黙 
 3.ジェネラル・ルージュの凱旋
 4.イノセント・ゲリラの祝祭
 5.アリアドネの弾丸
 6.ケルベロスの肖像(文庫になるのを待っている)

 1と3は映画化されタのを観ましたが原作をを先に読んでいたので、原作をレイプした映画でした。3はラストの20分は評価します。ここは原作を超えていました。

 1,3,5のTVドラマは観ていませんが、どうせ面白くない作りでしょう。1なんか真犯人を変えちゃうという無謀な作りだったそうです。
 論理的思考を多用する作品をヴィジュアル化するドラマはTVでも映画でも概ね失敗するのです。
 何故そうなるのかという理屈を理解する間に物語が進行するので、視聴者が付いて行けないのですね。というか説明しないし。
 ヒッターの造語「百見は一読に如かず」を思いつきました。100回見たって、原作にの内容を伝えるのは無理です。
 人類の脳構造はそうできていません。
 
 2は1の”バチスタ・スキャンダル”と同じ時期に、同じ場所で起こったもう一つの事件”ナイチンゲール・クライシス”。もともと二つで一つの話です。
 田口&白鳥は二つの事件に同時に関わっています。
 ”電子猟犬(デジタル・ハウンドドッグ)”加納達也 警察庁刑事局刑事企画課電子網監視室室長、警察庁警視正も登場。(なんで役職名ってこんなに長いのだろう)
 これを読んで気がついたんですが、警視庁って警察の下部組織だって知ってる人は少ないんですね。警察庁は全国担当ですが、警視庁は東京都内だけの捜査権限しかないので格が違うのですよ。

 第3作まで読んで、他の本に手を付けてしまいました。
 シリーズ物を買って途中で他の物に手を出すので、読み終わらない癖を何とかせねばならん。

 桜宮市にある東城大学医学部付属病院の不定愁訴外来の講師・田口公平、厚生労働省大臣官房秘書課付技官、医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長・白鳥圭輔。
 このふたりが事件を解決していくのですが、その手法が面白い。

 さて、今回の話は導入部から面白い。警察、宗教教団嫌いのヒッターの好きな展開です。これは買い置きの山の「螺鈿迷宮」も読まねば。
 警察官がベンツで250km/h出しちゃだめですよ。白鳥さん、死体を勝手に移動させちゃまずいのでは?
 霞ヶ関の権謀術数ってすごいね。バカばっかりだね。
 ”無声狂犬(サイレント・マッドドッグ)”警察庁刑事局新領捜査作創生室室長、斑鳩芳正登場。 
 狭い会議室でおっさんたちが延々と議論を続けている。
 これは小説としてかなり面白いのだが、TVドラマ化しても視聴率は取れそうも無い作品と言えば、どれだけ面白いかが解るでしょう。
 こんな小説が大好きです。

 続けて「アリアドネの弾丸」を読むつもりだったが、その前に2作品ほど読まなければならなくなった。
 物語の中で語られる半年前の事件と「北」の事件、「南」の事件が「アリアドネの弾丸」らしい。
 
ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第234回 デストロ246

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

高橋慶太郎「デストロ246(ツー・フォー・シックス)」①

 表紙は”茶犬”遠野藍ちゃん。ヒョヒョヒョ。相棒は”黒犬”遠野翆ちゃんです。
デストロ246 1


 「ヨルムンガンド」の高橋慶太郎さんの新作ですね。
 帯の文句”警告!この漫画はクソ凶暴女子がメインで、男キャラザコしか出てきません!!!”
 そのとおりでした(笑)

 作者曰く「女の子ばかり描いていたいとお願いしたところ、願いが叶った漫画」だそうです。

 復讐のために金で買われた殺し屋女子高生。文科省所属の殺し屋女子高生。麻薬密売組織の殺し屋女子高生、と三つ巴になっております。
 半端ねぇ強さです。
 まだ連載中ですが、これはアニメ化はヤバいだろう。
 次巻が楽しみです(^^

 「Ordinary±(オーディナリープラスマイナス)」を注文中です。

desuroto1.jpg


ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第233回 境界線上のホライゾンⅢ(8)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(中)」 Horizon on the Middle of Nowhere :
Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト④


 「第四十七章 月下の陽気者」「第四十八章 戦場の主催者」
018.jpg

 旗艦《狩猟館(パンション・ヴェルサイユ)》上のルイ・エクシヴと毛利・輝元はMouri-01たちの失敗の報告を受けていた。
 とりあえず、精霊の森の中でも戦闘行為が出来ると他国に示したので、良しとする。
 現在の状況は明後日に「M.H.R.R」の「マクデブルクの略奪」、そして「P.A.Oda」と{K.P.A.Itaria」が戦闘行為に入るらしい。
 ルイ・エクシヴは妹のアンヌ・ドートリッシュの死期が近いことを憂いていた。そして、輝元も親族の1人を探していたことを思い出す。

 輝元が探しているのはMouri-01が襲名した「毛利・元清」を本来、襲名するはずだった家系的には実の叔父。
 輝元の補佐になる元清と、さらにルイ・エクシヴの異母兄になるユスターシュ・ドジェの二重襲名をさせようとして、襲名の重圧に負けて小等部に入る前に出奔したらしい。ユスターシュ・ドジェはルイ・エクシヴの王位を揺るがす人物である。
 年齢は一つしか違わなかったので、当時は兄のように慕っていたその人物は、今は18歳のはずである。

 「武蔵」ではマザランと正純も、その話題に触れていた。各国を回る「武蔵」がそれらしい人物を見かけたら教えてほしいとのこと。
 正純が特徴を聞くと、”子供にしては背が高いガタイのいいマッチョ系で、逃亡中なので仮面か何かを被って顔を隠しているだろう”(笑)
 「武蔵」勢、全員の動きが無表情になって止ります(笑) うちのクラス、実は権力者と馬鹿しかいないんじゃないか? (半分以上、詰んでる)
 「武蔵」の戦闘状況は何度も各国に流れているはずである。過去の生徒会にもこの話は通じているはず。正純が、もし該当者がいたらどうすると聞くと、“やっぱり隠してやがったなっ”と交渉材料にするかも、と無表情な笑い方でマザランが答える。
そこに通用門の前で開きかけた移動隔壁の向こう側にペルソナ君たちの姿が・・・。マザランは正純の方を向いていて気がつかない。加速術を使って急いで隔壁を閉めるナルゼ。轟音を上げて閉じる隔壁。
正純は別の通路へマザランを連れて行こうとするが、反動で再び開き始める隔壁の扉。
 地摺朱雀が飛んできて、再び隔壁を強引に閉じる。
 しかし、元・襲名者には背中に竜の文様があったらしい。なにかの加護だったようだ。との情報に、ペルソナ君の背中になにもないことを確認し、皆、ほっとする。(ホントかな?)

 マザランから送られてきた表示枠(シーニャカドル)を見た輝元は残念がるが、生きていればどこかで会える、見つからなくても、生きているだけでもいいと答える。
「マクデブルクの略奪」前日。《狩猟館》ののルイ・エクシヴと毛利・輝元に伝令が入る。「P.A.Oda」と{K.P.A.Itaria」が、早くも備前西で戦闘を開始したのだ。

 「P.A.Oda」航空艦隊は備前から瀬戸内回廊を通り進行していく。安芸までの回廊幅35km、延長200km間で行われた「第二次木津川口の戦い」。
 マティアスの表示枠(レルネンフィグーア)に現れたのは、6隻の鉄甲艦を率いる「P.A.Oda」守護委員会水戦係代表、魚類系魔神族の九鬼・嘉隆。守護委員会特戦係、人型魔神族の鈴木・孫一。鉄甲艦は「IZUMO」のブランド「BIZEN」製の賢黒鉱(クロヒカネ)装甲で延焼戦術は効かない。
 「K.P.A.Itaria」側は瑞西(スイス)傭兵団(クリープス・ゲルゲルン)と「三征西班牙」の援助を受けた村上家戦士団の航空艦隊である。
 この戦いは歴史的にも「羽柴」も「P.A.Oda」も瀬戸内海に侵入する最後のチャンスである。
聖譜によると戦闘は半日で終了する。午後4時までに{K.P.A.Itaria」の厳島を落とさなければならない。

 マクデブルクに到着した「武蔵」も襲撃を受けていた。白い高速ガレー船から「武蔵野」艦首に飛び降りたのは2名。ひとりは「P.A.Oda」《六天魔軍》の4番、佐々・成政。
 もう一人は《六天魔軍》の1番。「M.H.R.R.」《副長》、旧派正規騎士団団長・《将軍》ティリー伯ヨハン・セルクラエスを二重襲名した戦闘系鬼型長寿族、柴田・勝家。通称、”鬼柴田”である。
3-8-1.jpg

 「第四十九章 船上の主災者」「第五十章 日陰の迎え人」「第五十一章 空の交錯翼待ち」「第五十二章 風昇る位置の追撃徒」
019-2.jpg

 中央前艦「武蔵野」に飛び移ったのは、「P,A,Oda」《五大頂》1番、《副長》柴田・勝家、4番、佐々・成政。上空の白い高速ガレー船で指揮するのは女忍者、《航空艦隊指揮官》滝川・一益(たきがわ・いちます)。
 柴田・勝家は朝飯がまだだったので、御市様手作りの弁当を食べながら侵攻する。
 「武蔵」の《第二特務》キヨナリ・ウルキアガが両者の間に特攻してくる。武器は両手に持つ異端審問セットその637、捕縛鎖第十一《旋回聖母(クラトロ・マリア)》(先端にドリルキックをかます聖母の偶像がついた両分銅)である。
 成政は術式《百合花》の手刀で分銅を弾き飛ばすが、勝家の方は弁当を食べていたので死角からの攻撃になったらしい。顔面横に直撃する。
 さらに《第四特務》マルガ・ナイゼは《白嬢(ヴァイス・フローレン)》で硬貨誘導弾狙撃を行う。成政は跳躍回避するが、勝家の横っ面に2発ヒット。
 制服は千切れているが勝家は無傷だった。ウルキアガは《副長》クラスと《特務》の差を理解していた。どこでも《副長》クラスは日常が戦闘主体で生きているキチ○イなのだ、自分たちは姉エロゲをやったり、攻略サイトを旧派倫理に引っ掛からず登録したり書き込んだりを研究する常人である、と。

 鬼型長寿族戦闘系部族である勝家の戦闘力は半端ではない。迎撃第二陣、成政に対峙したのは真田十勇士、猿飛・佐助と霧隠・才蔵。まだ弁当を食っている勝家に不意打ちを掛けるのは「武蔵」《副長》本多・二代。
《蜻蛉切》の割断で不意を突いたはずなのに発動しない。真田勢の攻撃も無効化されているようだ。
 それは勝家の持つ銀色のタワー・シールド型「聖譜顕装(テスタメンタ・アルマ)」《意欲の慈愛(アニムス・カリタス)・新代(ノウム)》。その能力は”攻撃と防御という敵対行動を一瞬だけ止める”というもの。有効範囲は50mで《蜻蛉切》の30mよりも広い。周囲の《重力障壁》まで止まってしまう。
 さらに腰から大刀を抜く。《蜻蛉切》と同時代に作られた神格武装《瓶割》。その力は割砕。割り砕きである。
 二代に向かって発動した力は、一瞬で甲板を長さ30m、深さ5mまで破砕する。
 
 勝家と成政を下ろしたガレー船が、再び「武蔵」に向かってくる。急襲組を拾い上げるつもりなのだろう。向井・鈴の軌道予測は中央前艦「武蔵野」の橋状艦橋内側。
 二本の脚を片側でも破壊されたら、全速での《重力航行》が出来なくなる。今回の目的はこれらしい。
 「武蔵」まであと8km。正面から軸線回転しながら突っ込んでくるガレー船に、左右一番艦「浅草」と「品川」が阻止機動に入る。
 迎え撃つは《白嬢》に乗った《堕天》の白魔女マルガ・ナイゼ。「武蔵」まであと5km地点で交差。続けて「武蔵」へ向かうガレー船と撃ちあいながら牽制する。
3-8-2.jpg

 勝家と成政は橋上艦橋へ向かう。《意欲の慈愛・新代》で《重力障壁》を止め。ガレー船が通過する際に内側から砲撃を浴びせる計画なので、先に着いていなければならない。
 ネシンバラの狙いは勝家を止めること。まずアデーレ・パルフェットが修理された《機動殻》「奔獣」で発射され、勝家に向かって飛んでいく。結界内の敵対行為を止める効果は、結果外で生じた敵対行為を止められない理屈。
 狙撃効果は薄いと判っているので、重量級をぶつけてきたわけだが、成政の飛び蹴りで「奔獣」は吹っ飛んでいく。
 さらに「多摩」から発射された4mほどの鋼材が200本、勝家に降り注ぐが《瓶割》の一撃で打ち砕かれる。
 その隙に勝家に近づいたのは、元・「三征西班牙」《第一特務》《西国無双》立花・夫であった。

 鋼材を割砕した《瓶割》を振り抜くより早く跳躍した宗重は、空中にある鋼材の軌道を本来の位置に修正する。
 これは敵対行動と判断されずに勝家に向かっていく。空中で反動を付けながら移動し、71本を発射するが勝家は全て受け止めた。
 受け止めた鋼材を一まとめにし、宗重に蹴り返す。回避を行うが、まだ復調していない宗重は避けきれない。
 その宗茂に対し、勝家は《瓶割》の割砕を発動する。その時、《意欲の慈愛・新代》範囲外から狙撃があった。
 「奥多摩」前部甲板展望台で《十字砲火(アルカプス・クルス》を構えるのは立花・嫁。勝家は連続6発の砲撃を撃ち込まれる。
 陽動をした宗重は割砕を受ける直前、《半竜》ウルキアガにレスキューされた。
 しかし、勝家も成政を盾にして防御していた。成政の術式《百合花》で砲弾を砕いたのだ。
《砲撃人妻》の連射を防いだ成政は、こいつ、俺が心配で戻ってきたのはホモだからじゃないのか? と勝家に思われる。(ノД`)シクシク 

 「武蔵」に接近していくガレー船を攻撃していたマルガも被弾していた。右腕に受けた負傷で血を失い、ガレー船の副砲四連射を浴びて落ちていく。
 「武蔵野」の橋状艦橋下に達した勝家は《意欲の慈愛・新代》で《重力障壁》を無効化。そこへ滝川・一益は3発の芯弾入り高速追尾砲弾を発射。そのまま橋脚艦橋を抜けるように突っ込んでいく。
 しかし高速追尾砲弾は3発とも狙撃破壊された。マルゴットの置いて行った賢鉱石(オレイ・メタロ)を全部注ぎ込んだ超高速追尾弾。4発の内、1発を自分の《白嬢》に撃ちこんで副砲の砲撃を回避したマルガ・ナイゼだった。
 そして勝家の攻撃・防御・無効化結界も《蜻蛉切》に割断される。一益はガレー船を橋脚の間に侵入経路を取りながら一斉砲撃を行うが、結界が切れたことにより、《重力障壁》が再起動する。
 橋脚を守るように張られた《重力障壁》の隙間、底の部分をガレー船がすり抜けていく。襲撃は失敗したのだ。勝家は先に成政に撤退指示を出す。

 勝家はせめて《瓶割》の割砕で橋脚を破壊して行くつもりだったが、後ろから槍を持った人影が迫った。その人影にシールド・アタックを掛ける勝家だが、《意欲の慈愛・新代》の上に飛び乗ったのは《要らずの一番》猿飛・佐助。
 上着を広げて勝家の視界を遮り、意識を向けさせて、逆方向から迫るのは《要らずの二番》、《風精》の霧隠・才蔵に抱えられて飛んでくる本多・二代。
 《瓶割》の割砕を辛うじて躱したが、髪は乱れ、右腕は力なく垂れ下がっている。しかし、左手の《蜻蛉切》は既に勝家に向いている。
 勝家は瞬時の判断を行う。《瓶割》は既にチャージされている。防御より攻撃を選び、効果範囲ぎりぎりの右橋脚に割砕力を放つ。
 同時に二代の《蜻蛉切》が割断力を放つ。
 勝家が防御より攻撃を選んだのに対し、二代は攻撃より防御を選んだ。《瓶割》が放った割砕力を割断したのだ。
 二つに割れた割砕力は一方は《重力障壁》にぶつかり相殺されたが、もう一方は勝家の足元で爆発し、二代を巻き込んだ。
 勝家は右半身の服がボロボロに千切れ、脇に裂傷を負っている。二代も二度目の割断を食らい左腕も大きく裂けているが、ぎりぎりで《蜻蛉切》による防御を行ったらしい。
 《瓶割》と《蜻蛉切》は兄弟武器で、特徴が似ていて弱点も同じである。
 左右の腕を砕かれ、《蜻蛉切》を持つのが精一杯の二代に勝家が迫る。

 上空から逆落としで「武蔵野」と「多摩」の間に、滝川・一益のガレー船は突っ込んでくる。
 すれ違う瞬間に飛び乗るしか、脱出方法はない。後方を振り返った佐々・成政は見た。本多・二代が勝家の必殺の一撃を受けて吹っ飛びながら、防御の構えをしていることを。
 マルガ・ナルゼは右腕の止血処置をしていたが、傷口はなく、痛みも消えていた。
負傷箇所が消えていたのだ。
 
 ガレー船に移乗した成政と勝家は「武蔵野」後方の甲板に立つ、鬼の角を持つ「M.H.R.R」の女子用制服を着た人影を見る。
 左腕に銀色の大盾を持つ鬼型長寿族の霊体。「M.H.R.R」《書記》。《生徒会》唯一の改派(プロテスタント)であり、百年前、改派の始祖マルティン・ルターを襲名した女。
 かつて、源平合戦の時代、源氏でありながら義経と敵対し、大陸に渡った義経を追った坂東武者。
 彼女こそ巴・御前である。勝家の「聖譜顕装」と“対”になる《意欲の慈愛・旧代(ウエストス)》の機能は”1日1回、負傷した者を完全回復させる”。
 彼女は言った。「マクデブルクへようこそ。三十年戦争における最悪の敗戦を生む戦場へ、な?」

 次回、新たな指令によりルドルフ二世の幽閉場所に向かうトーリたち。
 その前に水浴する女性陣と、覗きに行くトーリと点蔵。
 マルゴット・ナイトとマルガ・ナルゼの過去とは?
 第五部下巻の表紙。生子さん、初登場!
 そして「K.P.A.Itaria」と「P.A.Oda」の「第二次木津川口の戦い」が始まる。
 お楽しみに(^

 Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト⑤につづく。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第232回 ソードアート・オンライン(8)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

Web版SAO外伝7 「月の揺りかご」 cradle of the moon
月のゆりかご7

 現在、公開されていて読むことが出来る外伝(未完)ですね。かなりのネタバレです。
 これも小説版が刊行されれば非公開になるでしょう。
 エピローグの前か、プロローグの前に入る話です。
 一応、内容は「アリシゼーション編」が終わってから読むのがベストです。
 タイトルだけ見て、読むのは我慢しましょう(笑)

 キリトとユージオが延々とギガスシダーに斧を叩きつけて、ルーリッドの村で結婚したり、子供を育てたりして一生を終える物語を全10巻くらいで出してくれんかな~。(売れないだろうが!)
 「ALO」のキャリバー失敗編を読みたかった。《初期化者(フォーマッタ)》カーディナルが大暴れするんだろうか?



 ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第231回 銀の匙 5巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」⑤
銀の匙 Silver Spoon 5

 エゾノーに実りの秋が来ました。
 八軒くんに拾われた子犬「副部長」は扉絵のようになっちゃうのだろうか(笑)
 ニワトリの解剖って調理実習ですか(笑) 
 御影ちゃんは世紀末覇者だったんですか(笑)

 家畜ってちょっと怪我しただけで殺処分なんですね。
 怪我治すより食材にした方が経費が掛からないんでしょうが、可哀そうと思うのは悪いことでしょうか?
 1羽の鶏がインフルエンザになっただけで、数万羽が処分されてしまうブロイラーなんかのニュースを見たりすると、人間の驕りというものを考えたりします。
 ヒッターはハムスターを飼っていますが、ペットは怪我をしたり病気になったりすると大騒ぎで病院に連れて行くのに、家畜と言うと唐揚げや牛丼になってしまうのは理不尽な気がします。
 いえ、別に動物愛護主義者ではないですが・・・。(フライドチキン好きだし)

 本編ラスト2Pで大笑いしました。(^^ 6巻は来年1月か。楽しみにしてます。
-------------------------------------
 今朝のニュースを見ていたら、北九州市で行われていた第7回B-1グランプリで、「八戸せんべい汁」が優勝したようです。
 おめでとうございます(^^
 8月2日のブログで取り上げた先見の明がありましたね。(偶然)

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第230回 境界線上のホライゾンⅢ(7)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(中)」 Horizon on the Middle of Nowhere :
Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト③


 3-7-1.jpg

 「第四十章 堅き場所の見舞い人」「第四十一章 暗き森の攻撃手」「第四十二章 暗き森の迎撃手」「第四十三章 暗き森の支配者」
016-2.jpg

 会議場所はさっきまで洋間だったので、気分転換に和室に移行する。
 《茶道部部長》浅間・智が御茶を点てるが、ホライゾンは苦いのは嫌だと言い、マザランは走徒(マウス)だからと断り、ゲーリケが犠牲者となる。
 次は洋風の方が良いというのでコーヒーを点てるが、珈琲豆を挽いたものを使用したため。溶けないでコーヒーペーストが出来上がる。嫌そうに飲むゲーリケ。
 さらにマザランの3杯目は仏蘭西風でというリクエストに、チーズ・フォンデデュが点てられるが、すでに飲み物ではない。(笑、全部ゲーリケに)

 マザランの語る「マクデブルクの略奪」の発生理由とは、人質としてマクデブルクに居るアンヌ・ドートリッシュの死期が近いから。
 人質の価値がなくなれば「六護式仏蘭西」を牽制できなくなる。生きている内に、皇帝側の旧派領邦は改派領邦を抑えにかかるつもりだ。
 そしてここで「マクデブルクの略奪」を「M.H.R.R.」が起こす理由は、彼らは「三十年戦争」を勝つつもりなのだ。
 すでに「武蔵」と「六護式仏蘭西」が打ち出した方針は「M.H.R.R.」でも考えていた。
 マクデブルクは旧派から《マクデブルクの半球》の譲渡を迫られ、「六護式仏蘭西」とも協議していたが輸送方法がない。
 だが、「六護式仏蘭西」の《会計》マザラン自身がマクデブルクに赴くのは、他にも理由があるはずだ。
 マクデブルクで機密会議が行われるとマザランは告げる。そこには、このあと2人の人物がマクデブルクで合流する。それは「M.H.R.R.」改派代表と対「P.A.Oda」連盟の代表である。
 その場に「武蔵」からも出席してほしい。これは松永・久秀からの依頼であると正純に告げる。

 だが、その機密会議に出席するための条件が二つある。
 ひとつはマクデブルク近郊にアンヌ・ドートリッシュに応対する形で「M.H.R.R.」から出された人質がいる。
 「M.H.R.R.」現《総長》”狂人(ヴァージンニンガー)“ルドルフ二世が幽閉されているのだ。
 彼は《大総長》カルロス一世の残した「公主隠し」の調査のメモを持っている。それを入手すること。
 もう一つは、「武蔵」が一度失敗したこと。「六護式仏蘭西」戦力と戦い、力を証明すること。それはトーリ救出部隊と「六護式仏蘭西」特殊追撃部隊の戦闘結果で計られる。

 その頃、3つのルートに進路を偽装した点蔵達は、追跡部隊に追いつかれていた。ネイトはまだ回復していないので3人で応戦するしかない。

 トーリは《人狼女王》との夕食を終え、椅子に座ったまま寝ていた。やはり疲労が蓄積していたようだ。
 《人狼女王》は森のざわめきで、テリトリーの外での戦闘開始を知る。

 夜間山林用の侍女服を着た自動人形たちは、自然に優しい弱酸性の弾丸を装備。森の精霊を怒らせてはならない。
 衰弱して気を失なっているネイトを隠し、点蔵達は迎撃にかかる。
 Mouri-01の中央隊、左右に別れたMouri-02隊に左右から《第一特務》点蔵・クロスユナイトと《第一特務補佐》メアリ・スチュアートが《精霊術》によろ熱源探知、音源探知を妨害して急襲する。
 しかし倒したはずの自動人形たちは頭部を外して自爆攻撃に出てきた。自動人形は”魂”の核と記憶素子さえあれば新しい体で復活できるのだ。
 ゆえにMouri部隊はミッション達成率、生還率ともに10割を誇る。
3-7-2.jpg

 次は中央の敵将Mouri-01を狙うはずだという、自動人形の最適計算の裏をかき《王賜剣一型(Ex.コールブランド)》の次に飛んできたのは、《第三特務》墜天の魔女マルゴット・ナイトの十円硬貨砲撃だった。
 点蔵が来るはずと予測したMouri-01は自分の周りに、重力制御で剣山型防壁を上部に展開していたので避けられない。
 だがMouri-02が首を外した侍女たちを重力制御で上空に投げつける。
 その隙を縫い、点蔵がMouri-01にクナイを投げるが、追いついてきたMouri-03に防御される。 

 Mouri-03の能力は主人設定した者を重力制御でロックすること。
 西から来たMouri-03に、熱放射減衰を掛け身を隠したマルゴットは見破られ、抑え込まれる。
 そして自動人形の射撃の列がマルゴットを狙う。

 重力制御に抵抗できるのは、神格武装である《王賜剣一型》のみ。しかし、Mouriー01を狙った点蔵の《王賜剣》は剣山防御に引っ掛かったままだ。
 メアリの投じたもう一本の《王賜剣》はMouri-02によって弾かれるが、Mouri-02も負荷によって右腕を破裂させる。
 
 ネイトは覚醒する。しかし、身体が動かない。仲間たちが戦っているのが判る。自分は行かなければならない。その時、こんなところにあるはずのない匂いに気付いた。ナイトの残していったおにぎりである。
3-7-3.jpg

 点蔵はまだ諦めない。Mouri-01を攻撃するため、Mouri-02の頭上を飛び越すが、その瞬間、Mouri-02は自分の首を外して自爆する。 
 メアリも自動人形たちの自爆突撃に巻き込まれる。
 が、Mouri-01は周りを見回す。爆発に巻き込まれたはずの二人がいない。
 Mouri-01に重量物が飛来し、32層の剣山防御を一瞬で打ち砕く。それは蔦で結んだ石だった。それが戻っていく先に居るのは《第五特務》ネイト・ミトツダイラ。
 
 メアリが編んで術式を掛けた蔦でネイトは隠されていた。この蔦にはネイトの術式《意志伝播》が通り、《銀鎖》のように扱える。
 点蔵とメアリはネイトの蔦で引き戻されていた。
 ネイトは近くの30m級の大木を3本引き抜いて、Mouri-01の剣山防御に叩きつけていく。捕らわれていた点蔵の《王賜剣》ももどり、メアリと共に左右の自動人形に向かっていく。
 
 マルゴットは重力制御で防御の出来ない直接接触の零距離射撃でMouri-03を倒すが、それは自分の右手と引き換えだった。
 Mouri-01の重力形成した槍砲弾をネイトの蔦石が空中で激突し、破砕する。
 2本目の槍砲弾にMouri-01は自分の左腕を埋め込み、硬度強化した。重力加速して放たれた槍砲弾をネイトは迎撃しようとするが、突如《痛覚減衰》がぶり返し、石を投げる力が抜けた。
 そのすっぽ抜けた石は、ネイトが今まで出したことのない速度で、槍砲弾を打ち砕き、そのままMouri-01に向かっていく。

 この時、戦場の動きが止った。Mouri-01の眼前に空から降ってきた大木が突き刺さり、ネイトの投げた石を食い止める。
 戦闘が止ったのは、圧倒的な圧力が場を支配したからだ。「六護式仏蘭西」《副長》テュレンヌ公、《人狼女王(レーネ・デ・ガルウ)》の登場である。
 そしてネイトの背後に、武神サイズの赤の大剣が突き刺さり、《三銃士》のアンリが姿を現す。

 アンリは「武蔵」《特務》班と「六護式仏蘭西」追跡部隊、そして《人狼女王》に対し戦闘中止を告げる。アンヌ・ドートリッシュの意向により、「武蔵」と「六護式仏蘭西」は停戦協定を結んだのだ。

 「第四十四章 行き場所の待ち人」「第四十五章 闇底の同窓」「第四十六章 同窓処の語り人」
017.jpg

 正純は《人狼女王》が停戦命令を無視してトーリを返さないと告げるマザランに対し、《総長連合》《生徒会》の意向を《副長》が聞かないのは、対外的にまずいんじゃないかと文句をつける。
 マザランはそれこそ気分屋の《人狼女王》が対外的に恣意行為として「六護式仏蘭西」に属している意味であると言うが、現状はやはりまずいと答える。
 「正譜記述」において、まだルイ・エクシヴに全権が集中していない。親政として毛利と協働で動くことは出来るが、まだアンヌ・ドートリッシュの時代であり、ルイ・エクシヴが《総長》権限を無制限に使えないのだ。
 まだトーリが《人狼女王》に食われていないと良いがと皆、思うが、ここでまだセ○クスの意味を誤解したままの本多・二代が元気づける。
 「暗い思考はいかんで御座る。武蔵の全裸は《人狼女王》と夜通し使ってセッ○スする度量があるから、大丈夫で御座る。」(笑)
 (ちゃんと教えてやれよ!)
 とりあえずマザランはアンヌ・ドートリッシュ経由で、《人狼女王》に食欲制限を要請してもらうと言う。 

 点蔵達は休憩をとっていた。マルゴットはメアリに右手の手当てを受けていた。素手の零距離射撃で骨折したらしい。
 すでにアンリと追跡部隊たちは撤退していたが、《人狼女王》が停戦命令を無視して、他国の《総長》を監禁していても内部事情で《副長》と衝突できないらしい。
 しかし、アンリは正純とマザランからの新任務を持ってきていた。
 ”《人狼女王》と「武蔵」《総長兼生徒会長》とともに、マクデブルク郊外に幽閉されている「M.H.R.R.」《総長》ルドルフ二世の持つ、《大総長》カルロス一世の「公主隠し」に関するメモを手に入れること”、

 トーリは目覚めたが、いつの間にか全裸であった。《人狼女王》の捕食が始まろうとしている。
 《人狼女王》の食事とは人肉を食べることではない。相手を屈服させて自らを差し出させ、喰われるれることが誇りであり、一体になりたいと思わせ血肉とするのだ。
 トーリは《人狼女王》の誘惑に負ける一歩手前であった。だが、トーリは普通の被捕食者と異なる反応を見せた。鼻からビーム鼻血を吹き出しぶっ倒れたのだ。

 ネイト・ミトツダイラ。それは水戸・光圀の襲名である。水戸・光圀は主君と侍女との間の望まれない子だったので隠し育てられた。
 そして《人狼女王》が子を孕み、一大戦力が《人界》に降りたことも「六護式仏蘭西」に隠蔽された。これがネイトの立場であった。
 
 トーリを介抱する《人狼女王》にトーリは言う。「恥をかかせてすまない。」と。
 《人狼女王》が勝ちを譲られた? ネイトの母は娘が”王”と呼んだトーリを見つめる。そして、トーリにかつて嗅いだ臭いを感じる。

 《人狼女王》は先代が亡くなった後、一人でこの「御菓子の家」に住んでいた。「六護式仏蘭西」はこの森を弱小貴族の領地にして《人狼族》が絶えるままにしていたのだが、若い領主が跡を継いだ時、ある事件が起きた。
 その若い領主と《人狼女王》が恋に落ちたのである。しかし、人間の貴族と《人狼族》の恋など許されるはずがなかった。若い領主は幼馴染みの病弱な女の子に相談をする。
 ここからは「R元服」です(笑)。<中略>、3日3晩を数セット終えて、許されない恋を実らせ、身篭った《人狼女王》は、いつか罰が下されることを覚悟していた。
 そして、2人に巴里のエコール・ド・パリ教導院に行っていた、領主の幼馴染みから招集がかかった。裁かれるものと思っていた2人は条件付きで許される。
 それはルイ・エクシヴの時代に《副長》として《人狼女王》が参戦すること。裁いた人こそ、若き領主の幼馴染みであったアンヌ・ドートリッシュであった。
 《人狼女王》はその時が来るまで身分を隠し、別の土地でネイトを産む。

 次回、マクデブルクに到着した「武蔵」を急襲する「P.A.Oda」の柴田・勝家、滝川・一益、佐々・成政との激闘!
 そしてついに巴・御前の登場です。お楽しみに(^^

 Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト④につづく。

関連記事

第229回 ソードアート・オンライン(7)

Posted by ヒッター7777 on   3 comments   0 trackback

Web版SAO
 川原礫さんがWebで発表していた「SAO」。
 アリシゼーションWeb版、読みました。
 当然ながら元版ですから、文庫版は加筆修正されています。
 Web版は「SAO4 alicization」で終わりです。

 ・SAO1
 アインクラッド編です。ざっと流し読み。
 年代は2012年11月に設定されてます。10年前倒しですね。
 この「SAO」に参加した人数は5万人でした。
 ゲーム開始、1ケ月で5千人死亡。ゲームクリア時には38,861人が生存。
 文庫版と違うのはクラディールをキリトではなく、アスナが殺すとこですね。
 容赦なかったです。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
 ・SAO2 フェアリィ・ダンス
 時代は2015年春~夏。「SAO」から復帰していないのは2千人。後は文庫版とほぼ一緒。
 ・SAO3 死銃
 時代は2015年冬。これは文庫版とちょっと違いましたね。
 どこが?と聞かれるとネタバレになるので書きませんが(笑)

 ・SAO4 alicization注意! ネタバレ含んでます)
 さて今日のネタのメインの話。先に感想を言っておくと、一番面白かったです。(^^
総量は「SAO1~3、外伝」を足した分を上回ります。現在出ている2冊分で全体の5分の1くらいですね。インデックスを付けられるように、テキストファイルをMS-Wordにペーストしてみたところ、総ページ数は989ページでした。文庫版はWeb版に補完章を入れて、分量が増えています。
 とすると、アリシゼーション編だけで全10冊前後かな?
 どうりで今回、読むのが大変だった。ここだけで10冊分読んでいたのか。(-_-)ウーム

 比較してみよう。文庫タイトル、章立て→ Web版の対応する章立て( )内のページ数はWordに貼ったP数です。
 <第1幕>「アリシゼーション・ビギニング」プロローグⅠ、プロローグⅡ、転章Ⅰ、第1章
 Web版第一章(P1-P29)、第二章(P30-P50)、転章Ⅰ(p51-P56)、第三章(P57-P127) 

 <第2幕>「アリシゼーション・ランニング」第2章、(第3章、第4章 文庫オリジナル)
 Web版第四章(P128-P169)、第五章(この章から文庫と違ってくる) 
 989/127=7.78、第五章の一部が文庫第4章に一部被っています。

 以下、予想です。文庫1幕当たりWeb版130Pくらいで見ていきしょう。
ネタバレ嫌いな人は、今すぐパソコンの電源コンセントを抜いてお帰り下さい。

<第3幕>「アリシゼーション・ターニング」、12月10日に発売予定の第11巻。
 第五章(P170-P212)
 文庫<第2幕>の第3章をすっ飛ばして、キリトとユージオは上級修剣士になっています。
 黒の剣はもう完成済み。ということは第4章もほとんどすっ飛ばしています。
 怒りのあまり、ついに「禁忌条項(タブー)」を犯すユージオ。(アリス化成功?)
121110-65.jpg
 くそう、あの子たちにあんなレ**するとは許せん!ヒッターでも怒ってこれ以上のことはするだろう。
"SYSTEM ALERT“鳴りっぱなしです。

 第六章(P213-P238)
 「RATH(ラース)」の計画を嗅ぎつけたCIAは、技術情報を手にいれるべく、ミラー中尉の部隊を送り込む。

 第七章(P239-P540)
 この章は長いです。分量的に<第3幕>に1部入りそうですので、大雑把に分けてみましょう。

 第七章「カーディナル編」(P239-P313)(勝手に名付けました。)
 脱出したキリトとユージオはひとりの少女に助けられる。(使い魔ちゃんの御主人ですね)
 カーディナル・システムの具現化した少女の語る、アンダーワールドの黒歴史とは?
 アンダーワールドのバランス調整を行うカーディナルは、外部干渉であるリアルワールドからの「負荷試験」が始まれば、この世界を消去すると言う。
 食い止めるためにセントラル・カセドラル最上階にいる、相反する同一存在、《絶対者》アドミニストレータを説得しなければならない。

<第4幕>「アリシゼーション・***ニング」(全部 ~ニングを付ける気だろうか。モーニングとかダイニングとかドーピングとか付くかもしれん)
(2013.02.06 記入 第4幕12巻は「アリシゼーション ライジングに決定)
 第七章「セントラル・カセドラル突破編」(P314-P424)(勝手に名付けました。)
最上階100階を目指し、十二宮・・じゃなくてセントラル・カセドラルを護る黄金聖闘士・・・じゃなくて整合騎士たちとの連戦。
そして、80階には9年前に連れ去られ、記憶を封印されたアリスがいた。
ギガスシダーより古い最古の金木犀から作られた剣のプライオリティで、戦闘力はキリトを上回る第三位の整合騎士、アリス・シンセシス・フィフティをどう攻略する?
 (でもねぇ、キリトくん。きみの計画は「RATH(ラース)」の計画と相反するものなのだよ。)

(2013.06.06 記入 第5幕13巻は「アリシゼーション ディバイディングに決定)

 再び禁忌を破ろうとしたアリスが痛みに右目を抑える。覗き込んだキリトが見たものは、瞳孔の真上を横切るように浮かぶ、赤い"TЯヨ」A MヨT2Y2"の文字だった。
 85階ではユージオも整合騎士長、ルーリッドの村の伝説の英雄、"時穿剣"のベルクーリ・シンセシス・ワンと相対していた。

<第5幕>「アリシゼーション・?_?ニング」

 第七章「アドミニストレータ編」(P425-P540)(勝手に名付けました。)
14.02.06記述 第6幕第14巻は「アリシゼーション・ユナイティング」に決まった。
 前半のクライマックスです。
 カーディナル・システムは2つのコアで作動していた。自己訂正サブプロセスのため、《初期化者(フォーマッタ)》カーディナルは《管理者》アドミニストレータと敵対したのだが・・・

 R元服的洗脳をされかかるユージオ。自力で右目の封印を破り眼球を破裂させるアリス。凄んげぇ、ムカツク元老院。アドミニストレータの言う「あの者」「コード871」とは?
 ついにSAO時代の漆黒の皮コートを纏い、心意(インカーネーション)技を発動するキリト。
 全裸の銀髪美少女「アドミニストレータ」に相対するキリト、アリス、ユージオの運命は?
 最上階で待っていたアリスの“心”とは? (使い魔シャーロットちゃんが気にいったので、文庫版にはもっと出て欲しいです。ここでお別れですが)
 キリトの目前でアインクラッド75層でのアスナの死を再現したアリス。
 なぜ、「アドミニストレータ」はSAOの全剣技スキルの最高技を全て使いこなせるのか?
 蘇る11歳の時のキリトとユージオの記憶。
 ユージオの血で作られた《紅薔薇の剣》と、黒きギガスシダーの剣の二刀を持ったキリトは・・
 
 菊岡の「アリスを連れて"ワールド・エンド・オールター(世界の果ての祭壇)"を目指を目指せ」の意味とは。
 キリトは最後に明日奈の声を聞くが、その懐かしい声が誰だったのか判らなかった。

 (-_-)ウーム、前半だけでも面白かった。続けて後半を。

 2014.06.10記載 ここからは15巻「アリシゼーション・インベーティング」のなるようだ。第6章全部飛ばしてるしな
 転章Ⅱ(P541-P558)
 半年後。ルーリッドの村。アリスは壁に掛かった3本の剣を見ていた。
 1本は自分の《金木犀の剣》、1本はやっと銘を付けられたキリトの《夜空の剣》。
 そして、今はもういない少年の・・・半分に折れた《青薔薇の剣》。
 アリスは記憶の戻らぬままルーリッドの村に戻り、妹のシルカと共に右腕を肩から失い、“魂”の欠損したキリトを車椅子に乗せ面倒を見ていた。

 <第6幕>「アリシゼーション・(+o+)ニング」
 第八章:ここも長い(P559-P933)。大雑把に分けてみよう。

 第八章「RATH襲撃編」(P559-P572)(勝手に名付けました。)
 ミラー中尉の襲撃を受けた「RATH」はロウワーシャフトを占拠され、菊岡や明日奈たちはサブコントロールルームに籠城していた。
 メインコンソールはロックしたため、襲撃者は情報を手に入れられない。しかし、桐ケ谷和人の“魂”はミラー中尉の襲撃の際、急激な電源切断のためダメージを受けていた。
 「RATH」の「Project alicization」初期から潜入していた情報提供者(ラビット)は、現在のアンダーワールドの混乱を生み出した元凶なのか?
 JSDF(自衛隊)にも裏取引があるらしく、24時間はミラー中尉の部隊に邪魔は入らない。
 ボトムアップ型AI「アリス」を探すミラー中尉たちは、アンダーワールドのダークテリトリー側に侵入を図る。2機あるSTLで侵入するのはミラー中尉とその副官。
 一方、明日奈もサブコントロールルームにある、残り1機のSTLでアンダ―ワールドに乗り込む決意をする。しかし、数時間後にはスケジュールされていたアンダーワールドの「最終負荷試験」が始まろうとしていた。
 第八章「ダークテリトリー編」(P573-P585)(勝手に名付けました。)
 内乱の続いたダークテリトリ-は《十侯会議》の元に、一応の均衡を保っていた。
 部下の暗黒騎士から、不死と思われた神聖教会最高司祭アドミニストレータの死の知らせが届くが、十候の1人、暗黒騎士長、別名暗黒将軍はこれを機に“人界”との和平を結ぼうとしていた。
 ミラー中尉は高位のアカウントで、最初からアンダーワールドの皇帝ベクタとしてログインした。《 5万の戦闘ユニットを手に入れたミラーは“人界”への進攻を命ずる。

 第八章「アリス編」(P586-P595)(勝手に名付けました。)
 ある夜、キリトは異常な反応を見せ、剣を取ろうとする。その様子でアリスはルーリッドの村にダークテリトリーの先兵が襲撃を掛けているのを知る。アリスは村人に自らの身分を明かし、先兵たちを撃退した。
 アリスは再び整合騎士として戦おうと、キリトを連れて最前線に向かう。

 第八章「開戦前」(P596-P637)(勝手に名付けました。)
 「東の大門」崩壊まであと5日。 侵攻軍は5万、人界守備軍は約3千。
 侵攻を防ぐべく、暗黒騎士団長ビクスルの死を賭けた《心意技》も皇帝ベクタには通じなかった。
 キリトと共に「東の大門」前の野営地に到着したアリス。学生の身ながら志願兵として従軍していたティーゼとロニエは生気のないキリトと、ユージオの死を知る。
 茫然として半分に折れた《青薔薇の剣》にティーゼが触れた瞬間、ティーゼにはユージオの”泣かないで”という声が聞こえた。(ノД`)シクシク

 2015.06.15記載 16巻のタイトルは「アリシゼーション・エクスプローディング」
 第八章「開戦」(P638-P712)(勝手に名付けました。)
 「東の大門」が崩壊し「負荷試験」が始まる。
 ダークテリトリー軍の進攻を食い止めるには、門から続く峡谷で叩くしかない。
 平野に出れば数の差で包囲される。最前線にいる一騎当千の整合騎士は20人しかいない。
 侵攻軍第1陣ゴブリン・オーク・ジャイアント軍に対するは遠距離攻撃型の整合騎士、"星霜鞭"のエルドリエ、"天穿剣"のファナティオ、"熾焔弓"のデュソルバート。
 戦いの最中、アリスは敵が“光の巫女“アリスを探していることを知る。
 目覚めるブーメラン使い、双投刃"比翼"のレンリ、何でも切っちゃう"無音"のシェータさん、あなた《死線》が見えるんですか?
 ・・・激戦が続きます。ここは、だいたい<第6幕>の半分を占めるパートなので全部書けません。 

 そして、ロニエの首にナイフを突きつけた****の前に、オーロラの光と共に降臨してくる少女。
 あの顔、あの髪、あの気配、マジかよ・・・、****は呟く、ありゃあ“閃光”じゃねえか!
 (お知り合いですか?)

<第7幕>「アリシゼーション・( ^)o(^ )ニング」

 第八章「乱戦」(P713-P834)(勝手に名付けました。)
 《結城明日奈/アスナ/スーパーアカウント01“創世神ステイシア”》。管理者権限、“無制限地形操作”で地割れを起こしたりします。(無茶するなよ、ゲームバランス壊れるだろうが!)
 キリトを巡り、剣を取って戦うアスナとアリス。(正妻と現地妻の戦いでした(笑)、ロニエちゃんは愛人?)
 “右目の封印”は「アリシゼーション計画」に対するサボタージュ工作だ。“コード871”とはなにか? 「RATH」技術者の中にスパイがいるとアスナは考える。
 なるほど、アンダーワールドは現実世界比1200倍でしたか。
 「RATH」六本木支部の2機のSTLから入ったのは《朝田詩乃/シノン/スーパーアカウント02“太陽神ソルン”》、能力は、"無制限殲滅"。《桐ケ谷直葉/リーファ/スーパーアカウント03“大地神テラリア”》、能力は、"無制限自動回復"。
 
 ついに判明する「ラフィンコフィン」のボス“PoH”の正体。《Prince of Hell》
“(このパート、英語版とか中国語版で出したら国際問題物だな)
 キリトの出番なし。(おいおい、まるまる2冊分は動いてないぞ)

<終幕>はやはり「アリシゼーション・エンディング」でしょうか。「リスターティング」でもいいな。
  20016.06.29記述「アリシゼーション・ラスティング」だそうです。
 第八章「 」(P835-P933)
 ここは多くを書きません。
 ベルクーリ・シンセシス・ワンと皇帝ベクタの死闘。シノンとサトライザーの激闘。リーファの命を賭けた戦いはダークテリトー軍の信頼を勝ち取っていく。

 いや~加速比500万倍はまずいっしょ・・・
 茅場晶彦がおいしいとこを持っていきます。(こんなとこにいたのか!)
 彼が目指したのは、既存のシステムから脱却しようとする若者たちの意思を、その目に見えぬ力を“具現化する世界(アン・インカーネイト・ラディウス)”で実現すること。(an incarnate radius → アインクラッド)
「SAO」から始まり「ザ・シード・パッケージ」が生み出された目的、それは“アリス”の誕生。
《人工高適応型知的自立存在》”Artificial Labile Intelligence Cyberneted Existence”《A.L.I.C.E.》

 連結された無数の世界で、多くのプレイヤーの“魂”の輝きがフィードバックされる。
 だからこそ、アンダーワールドに真の“新人類”が生まれたのだ。

 エピローグ(P934-P979)  
 台東区御徒町の裏通りの喫茶店兼バー、「ダイシー・カフェ」店内は、立錐の余地もないほどの人数に埋め尽くされている。
 マスターのエギルはもちろん、カウンターに並んで座るクライン、シノン、リーファ。リズベット、シリカ。四つあるテーブルも、サクヤやアリシャ、ユージーンら「ALO」組、シーエンやジュンたちスリーピング・ナイツ、さらにシノンの友人である「GGO」プレイヤーや、シンカー、ユリエール、サーシャといった元「SAO」プレイヤーたち。
 しかし、あの限界加速フェイズのアンダーワールドに、20分近く留まった和人と明日奈はここにはいない。(以下略)
 プロローグ(P980-P989)
 300年後。(^^; 書きません。ラストで目から汗が出ました。

 「Alicization」だけで、読むのに4日かかりました(^^、面白かったです。何度も涙しました。
 とりあえず全八幕ほどに纏めましたが<第二幕>のようにアンダーワールドでの補完の章が入れば1~2冊増えるかも。第七章は長いのにリアルワールドの方の話は出てこないので、これもどこかで補完の章が入ると思う。
 文庫<第二幕>第4章で登場した先輩たちの出番がWeb版では無いので、後半に活躍させてほしいな。

 次は外伝。
 ・SAO外伝1 黒の剣士
 アニメ第4話「黒の剣士」の元ネタ」、文庫の2巻に収録の元ネタ。
 ・SAO外伝2 four days
 キリトとアスナの新婚生活、ユイとの遭遇。アニメ第11話「朝露の少女」、第12話「ユイの心」のパートです。文庫の2巻に収録の元ネタ。
 ・SAO外伝3 ココロの温度
 アニメ第7話「心の温度」の元ネタ。文庫の2巻に収録の元ネタ。
 ラストに「SAOがクリアされました」のアナウンスで空を見上げるシーンがありました。
 ・SAO外伝3.1 サルビア
 初読です。桐ケ谷和人が直葉に誕生日のプレゼントをする話。
 なぜ3.1なんだろう?
 ・SAO外伝4 絶剣
 文庫第7巻「マザーズ・ロザリオ」の元ネタ。
 ・SAO外伝5 圏内事件
 アニメ第5話「圏内事件」、第6話「幻の復讐者」の元ネタ。
 文庫第8巻「アーリー・アンド・レイド」に収録の元ネタ。
 どんぶりを汁まで飲み干してから、これは絶対、ラーメンではないと言うヒースクリフ。
 店の前で「何故こんな店が存在するのだ」というセリフが笑えます。(アニメでもやって欲しかった)
 ・SAO外伝6 赤鼻のトナカイ
 アニメ第3話「赤鼻のトナカイ」の元ネタ。
 文庫の2巻に収録の元ネタ。

 ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第228回 信長のシェフ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 梶川卓郎「信長のシェフ」第5巻(以下続巻)
信長のシェフ 5

 戦国時代にタイムスリップするというのは、半村良さんの「戦国自衛隊」以来の定番ですが、そこで何をするかというのが面白さのミソですね。
 なまじ歴史を知っていると、歴史改変して先々が読めなくなっていくのは、カオス理論のネタ(第133回)を読んでください。

 名古屋生まれのヒッターは、問答無用で戦国大名と言えば織田信長が筆頭に上がります。
 本宮ひろ志さんの「夢幻の如く(ゆめまぼろしのごとく)」(全12巻)なんか好きでしたね。
 重野なおきさんの「信長の忍び」なんかも買っております。

 さて「信長のシェフ」ですが、主人公のケンはタイムスリップしてきた記憶喪失の料理人です。
 その料理の腕を買われ、信長に仕えることになりますが、この時代、醤油、塩、砂糖、香辛料など現在、手に入るようなものはありません。
 まあ素材の味を生かす料理に必然的になっていきますよね。美味しそうに描いてるので食べたいです。(^^
 今回の第5巻では同じように歴史を知り、料理に長けたライバルらしき女性の存在を匂わせております。
 次巻にも期待。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第227回 境界線上のホライゾンⅢ(6)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(中)」 Horizon on the Middle of Nowhere :
Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト②
3-6-a.jpg

 「第三十五章 道行の姦し娘」「第三十六章 席上の合致者」
3-014.jpg

 トーリは「御菓子の家」に居た。家具を除いてすべて御菓子で作られたその家は《人狼女王》のセーフハウス。先代・《人狼女王》が魔女に頼んで作ってもらった自己修復型の家である。
 トーリはむかし「六護式仏蘭西」に来たとき、なんか似たような家を見たことがあると言うが、《人狼女王》は、この家は道に迷った子供だけが部品を外せるのだと言う。
 そして《人狼》は子供だけは襲わないのだと、道に迷った子供を里まで送る狼の話をする。

 「武蔵」ではシロジロ所有の外交応接室にマクデブルク《暫定市長》、ザクセン教導院《会計》のゲーリケを迎えていた。その腕には鋼鉄の半球と操作レバーがついた腕部装甲が装備されている。
 マクデブルクは改派(プロテスタント)の街で印刷業務を広く扱っている。ネシンバラやマルガはお得意様らしい。 
 会談に出席するのはアリアダスト教導院《副会長》本多・正純、臨時《総長兼生徒会長》ホライゾン・アリアダスト、《会計》シロジロ・ベルト-ニ、《会計補佐》ハイディ・オーゲザヴァラー、《通神担当》浅間・智、警護は《第四特務》マルガ・ナルゼ。
 ゲーリケの申し出は「武蔵」を潰してほしい、代わりに「P.A.Oda」と戦う方法を教えよう、だった。 

 ゲーリケは正純に、自分のことを知っているだろうか、と尋ねる。正純は急な来訪だったため、公的な身分しか知らなかったが、「M.H.R.R」出身のマルガは知っていると実況通神(チャット)で伝える。
 オットー・フォン・ゲーリケ。この人物は「二つの球を合わせてチューチューして何度も引っ張って街中を大騒ぎにした」人物だった。
 これでは解らないと正純が返神すると、ハイディも「二つの球を合わせてチューチューして何度も引っ張って街中を大騒ぎにした」人物と答える。
 浅間・智もマルガの説を検証した結果、「二つの球を合わせてチューチューして何度も引っ張って街中を大騒ぎにした」人でしたと言う。
 正純が自分で調べると言い、艦内通神帯(ネット)で調べると、
 <検索結果:オットー・フォン・ゲーリケ 1602~1686。二つの球を合わせてチューチューして何度も引っ張って街中を大騒ぎにしたことがある。(この文章はネシンバラ・トゥーサンにより2秒前に編集されました)>
 ふう、危ないとこだったと言うネシンバラに、おまえら、全力で邪魔をするなとキレる正純。
 仕方なく、“あなたは二つの球を合わせてチューチューして何度も引っ張って街中を大騒ぎにした人ですね。”とゲーリケに言うと、沈黙が生まれた。ゲーリケの表情は消えていて、正純以外の全員が“本当に言うとは!”と引いていく。

 気を取り直したゲーリケは腕についている鋼鉄の半球を見せる。
 歴史上の「真空実験」のことだが、ここで言う、《マクデブルクの半球》とは、対「末世」のため、英、蘭、独、その他の灰色の頭脳が作り出した術式の《マクデブルクの半球》。
 ゲーリケは改派つながりで「英国」から「花園(アヴァロン)」の情報を送られた一人だったのだ。
 「P.A.Oda」の《創世計画》に対抗するため、この資料、試作発生器を「武蔵」に渡すかわりに「武蔵」の三分の一を「マクデブルクの略奪」の犠牲に使いたいと言う申し出。

 「マクデブルクの略奪」とは旧派のティーリ将軍に率いられた3万人の軍勢に、市民3万人の内2万5千人が殺され、残った5千人の女子供もレイープとかリョジョークされた事件である。
 この報復で、改派領邦は旧派領邦と対決姿勢になり「M.H.R.R.(神聖ローマ帝国)」は衰退する。
 正純、シロジロ達はこの申し出の検討に入る。「武蔵」の人口は10万人だから三分の一のスペースを空けて他の改派領邦に住民を疎開させる。
 マクデブルクには動死体、動白骨、霊型異族を1千体残し、戦闘した実績を残す。これは「聖譜連盟」も了承済み。
 ここまでは「武蔵」に可能な話だが、まだ裏があるに違いない。

 ゲーリケの住むザクセン州はグーテンベルクの活版印刷技術により、印刷事業が発達した土地である。そしてマルガ・ナルゼも「M.H.R.R.」出身であった。
 彼女の同人誌の印刷はよくマクデブルクに発注され、請け負った印刷所は事前に内容確認できるため、請負の取り合いが激化してギルド内抗争まで起きたらしい。(笑)
 人気シリーズは「浅間様が射てる」である。ギルド内抗争を抑えるため、「武蔵王」の執筆する超不人気純文学シリーズ「麻呂の坂道」が抱き合わせ受注にされて、不評を買っているらしい。
 目前にその主役の浅間・智、次回、描くかもと予告された正純、廊下に執筆者がいると言う状況に、ゲーリケは興奮していた。あと向井・鈴の姿も見られれば目的の8割は消化できるって、あんた何しに来たんだ(笑)

 話は《マクデブルクの半球》の性能に移る。
 《花園(アヴァロン)》にあった《人工末世》を流体出力の大きさに比例して強化できる防護術式。
 《重力障壁》は一方向からの衝撃を反発力で弾き返す分、エネルギー効率が悪いが、こちらは苦手属性もなく、供給される流体量を超える攻撃を受けなければ無敵である。
 ただし、研究途中で大型化が出来ない。現在、展開できるのは5m四方である。
 そして流体そのものを消滅させる《末世》は術式では防げない。全ての防御手段が無効化される全域消失が《末世》だとゲーリケは言う。
 このゲーリケたちの研究結果を正純たちに打ち明けて、ゲーリケは肩の荷が降りた様だ。ずっと悩んでいたのだろう。
 
「商売だな・・・」
 しかし、この情報を利用しようとする鬼畜商人がいた。
 マクデブルク暫定市長との交渉は、人外の理論による戦いとなっていく。

 「第三十七章 御前の裏切者」「第三十八章 新時代の貼り付き者」「第三十九章 振り向き場所の簒奪者」
3901.jpg

 アリアダスト教導院《会計》シロジロ・ベルトーニの野望。
 1.《末世》の情報で全人類を絶望のどん底に落とす。
 2.《人工末世》の防護障壁を売る。「これはひょっとして《末世》を防げるかも?」としてオークション参加権を売る。
 3.本番のオークションと一般公募の参加費で莫大な金が入る。
 4.《末世》の真実をばらす。「御免、やっぱ助からないわ」。そして二度目のオークションを倍値で開く。藁にもすがりたい奴らは飛びついてくる。
 5.世界が終わるとき、世界最大の金持ちになって、滅びに逃げ惑う人々を笑いながら輸送艦から滅びる世界に金をばら撒くのだ。
 だから私の私利私欲のため、「武蔵」を譲渡し、永久にマクデブルクで商売しよう。

 すでに金に目が眩んでいるシロジロとハイディ。「武蔵」がマクデブルクに留まれば、マルガ達作家陣の作品が一番に確認できる、印刷特権階級都市になると同意するゲーリケ。
 立ち上がり、拳を合わせる二人の《会計》に、《副王》権限でホラ子が介入した。
シロジロの一時、クビである。
 「武蔵」の方針は全てを失わせないこと。よって《末世》に対抗できない《マクデブルクの半球》は無意味である。
 だから「武蔵」は譲渡しないし、《マクデブルクの半球》はもらっていく。これがホライゾンにとって、「武蔵」にとって、「極東」にとってベストチョイスだと宣言する。 
 ゲーリケは「武蔵」の曳航を止めるぞと言う。「M.H.R.R.」領空の飛行禁止を告げられている「武蔵」は自力航行すれば攻撃される。
 ホライゾンはいきなり「大罪武装」《悲嘆の怠惰》を出す。都市破壊級武装を構えたままシロジロに“ご意見は?”と尋ねる。
 シロジロはゲーリケを見て“こいつがわれわれ「武蔵」の敵か!”と叫ぶ。クビを解除されたシロジロに対し、ゲーリケは相対を挑む。
 ゲーリケも「マクデブルクの略奪」を回避するため陳情を通すしかないのだ。
 2人の《会計》が勝負するのは早土下座。先に相手に土下座した方が勝ちである。

 2人の《会計》の間にはテーブルがあり、背後には椅子等もある。土下座は相手の見ている正面でしなければならない。
 ゲーリケは両腕の半球内を真空にし、吸引加速を行う《真空土下座》の使い手だった。
 中腰でテーブルの下を通り抜けようとするゲーリケの前に、シロジロが動かしたテーブルの脚が迫る。そして上空にはシロジロが踵で蹴り上げた椅子が飛んできていた。
 ゲーリケは回避よりも突進を選び、零距離土下座に挑む。しかし、シロジロはテーブル上に倒立し視界から外れる。
 手前のテーブルの脚を折り、傾かせて奥の壁側に抜けたゲーリケに、テーブル上から着地土下座状態でシロジロが滑ってくる。
 ゲーリケは後方ジャンプして壁を蹴りシロジロの右側へ跳躍するが、シロジロも追尾型土下座ドリフトで追ってくる。
 ゲーリケは両腕の半球を天井に向け真空を作り出す。そう、真上は土下座の死角なのだ。そして対「極東」式土下座として欧州の各教導院で研究開発されたカウンター技がある。
 天井に貼りついたゲーリケは天板を剥し90度立ち上げて、下方に向かって土下座をしていく。相手が見上げた時、カウンターが決まる。
 だが下方の床にも異変が起こっていた。テーブルや椅子を落としながら床が中央を中心に回っていく。「極東」仕様の忍者屋敷の回転床だ。
 その垂直になった床には、ゲーリケよりも早く土下座姿勢になったシロジロが貼りついていた。人類初の垂直土下座である。
 真空装置ではなく体術のみで貼りついているシロジロに、ゲーリケは敗北を認める。

 敗北し意気消沈したゲーリケにホライゾンが交渉を再開する。
 1.「武蔵」の譲渡は行わない。
 2.《マクデブルクの半球》の研究は継続して行うこと。情報は「武蔵」も共有し、開発は共同で行われるようにする。
 3.「マクデブルクの略奪」の対処に「武蔵」は協力する。見返りとして「M.H.R.R.」の改派領邦を通れるよう手配してもらいたい。
 この条件でゲーリケは同意するが、住民の疎開は到着後、すぐ始めて欲しいと言う。
 なぜならば、マクデブルクは既に包囲され、明後日には「マクデブルクの略奪」が始まるのだ。

 この間に通神封鎖されていた「英国」方面回線が回復する。
 ネシンバラへ通神文(メール)が半日分来ているとハナミが報告する。皆が冷やかすがシェイクスピアからのメールは半日で3481通であった。(ストーカーかっ)

 なぜ急に「マクデブルクの略奪」が始まることになったのか? そこへ訪問者が訪れる。
 亡命してきた《パレ・カルデュナル》内のリュイヌ婦人の本体O.S.外部展開である走徒(マウス)自動人形、二重襲名は「六護式仏蘭西」エコール・ド・パリ教導院《会計》マザランでる。
 彼女は「マクデブルクの略奪」発生の理由を説明し始める。
 
 「武蔵」左舷三番艦「青梅」の一角。三科・大は里見の武神・”義”のデータ抽出を行っていた。”義”に搭乗する里見・義康は前《総長》であった姉と現《総長》里見・義頼のことを語り始める。
 里見・義頼を名乗っていた姉が、謀反を起こす家臣の正木・憲時を打ち取る歴史再現があった。それは事故によって姉の死と正木・憲時の里見・義頼襲名となってしまった。 
 ”忠”の武神に乗っていたあの男と姉の間に何があったのか? 八徳を待たねば乗れない”八房”が彼を選んだのはなぜなのか?
 
 当の里見・義頼は酒井《学長》に、なにやら依頼していた。
 正純たちの会議は床が引っ繰り返ったため、別室で続けられる。

 次回、「マクデブルクの略奪」は何故、始まるのか?
 トーリ救出隊と「六護式仏蘭西」レンジャー部隊の激闘が始まる。
 トーリはネイトママンに食われる寸前に!!
 お楽しみに(^^

3-6-b.jpg

 Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト③につづく。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第226回 宇宙戦艦ヤマト2199(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「宇宙戦艦ヤマト 2199」第二章 太陽圏の死闘(後編)

 第5話「死角なき罠」(旧・第7話)
 南部戦術士官、うぜぇ。よく学校出たての秀才にこんな野郎がいますが、世間は甘くありません。
 ヤマト建造に関わった会社の御曹司だそうですが、現場で下積みから50年ほど荒波の揉まれて出直しなさい。
 コスモ・ゼロ、コスモ・ファルコンの発艦シーンがかっこいい。

 第6話「冥王の落日」(旧・第8話)
 デスラー総統は昔から好きですが、今回は立派な最期をおとげになって蘇ってこないように。
 なるほど、第三艦橋はこういう使い方なのか、って、よく不時着時にもげなかったな。座席とか逆さま配置なのか?
 アナライザーにも出番がありました。

 もう公開されてますね。
 宇宙戦艦ヤマト2199 第三章 果てしなき航海

 なつかしいーーーーーっ(^^; 「真っ赤なスカーフ」好きでした。

 ファン必見! 山本玲(やまもと あきら)のヌードシーンが! ハダカを出せば見に行くと思っているのか!

 第 7話「太陽圏に別れを告げて」残り343日(旧第10話に相当)  
 第 8話「星に願いを」残り339日(旧第9話、第11話、第12話に相当)
 第 9話「時計仕掛けの虜囚」残り325日(オリジナルストーリー)
 第10話「大宇宙の墓場」残り323日(旧第13話、第15話に相当)

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

関連記事

第225回 新約 とある魔法の禁書目録⑤ 

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

鎌地和馬「新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)」⑤

 第5巻。久々に読んだ気がしますが、まだ半年くらいだったのか。
 ブログネタを辿ると、インデックスにまる2巻会ってなかったというのが解りました。
 ちらっとしか出てきませんが、懐かしい訳だ(笑)。

 表紙で上条当麻くんの隣りにいるのは、科学&魔術融合結社「グレムリン」の戦争代理人、《雷神》トールくんでした。
503.jpg

 さて、ハワイ諸島、バゲージ・シティと転戦した上条くんは、右手を破壊されたはずなのに、なぜか学園都市でボーっとしている自分に気がつきます。
 「学園都市」は文化祭「一端覧祭」の準備で大忙し。欠席多数の上条くんは留年の危機です。(^^;
501-2.jpg

 ますます複雑な事情になってきました。「第三次世界大戦」で勝利したのは《科学サイド》でしたが、それは「学園都市」の独り勝ち。
 しかし《魔術サイド》で負けたのは、十字教のローマ・ロシア勢力が負けただけで、自分たちは負けちゃいねえ!と言うのが《魔神》オティヌス(オーディン)の主張のようです。
 そのために作った「グレムリン」ですが、《科学サイド》が1枚岩でないように、《魔術サイド》も複雑ですねぇ。
 
 「グレムリン」。バゲージ・シティで出会った《魔神になり損ねた男》オッレルスの勢力。
 この二つの勢力が「学園都市」のあるものを狙って潜入したと、上条くんは「グレムリン」の裏切者、トールに知らされ共闘を持ちかけられます。
 あるものとは、核攻撃も通用しない”窓のないビル”に閉じ込められている《死なない女》フロイライン・クロイトゥーネ。
 かつて第一位のレベル5、《一方通行(アクセラレーター)》でさえ破壊できなかったビルを、どう攻略するのか?
502-2.jpg

 「新約」の第3巻、第4巻を読んだ方は判るでしょうが、敵の敵は味方なのか? 味方の敵は敵なのか? 助けようとしていたのは自分を上回る怪物じゃないのか?
 以下次号って感じで終わります。あっ、すでに上条くんは、カエル先生の病院に救急車で運び込まれました(笑)
 《打ち止め(ラストオーダー)》はMMORPGやってますが、パーティメンバーが全部、ミサカミサカミサカって一人でやってる様なもんじゃないか?(笑) 妹達(シスターズ)は無事だったようです。
 料理をしたら人体再生してしまった第四位のレベル5《原子崩し(メルトダウナー)。再生し、動き始める第二位のレベル5《未元物質(ダークマター)》。
 胸を触られて赤くなる第三位のレベル5《超電磁砲(レールガン)》。歯医者に怯える元・「新入生」代表《窒素爆槍(ボンバーランス)》。
 マンガ肉に食らいつく《打ち止め》とフレメア・セイヴェルン。死んだはずだよ?お姉さん。
肉

 《魔神になり損ねた男》の推測した、《幻想殺し(イマジン・ブレイカー)》の正体とは?
 第6巻は来年の春頃かな?

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第224回 境界線上のホライゾンⅢ(5)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(中)」 Horizon on the Middle of Nowhere :
Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト①


 表紙は「六護式仏蘭西」前・暫定《総長兼生徒会長》アンヌ・ドートリッシュ
境界線上のホライゾン3〈中〉

 総ページ数833。だんだんノってきて文章が長くなってきた。

「IZUMO」脱出戦終盤から

 「第二十七章 霧中の母娘」「第二十八章 敵対配置の母娘」「第二十九章 立ち去り場所の母娘」
012-001.jpg

 出港準備で広範囲に霧を発生させた「武蔵」。 
 その中で《人狼女王(レーネ・デ・ガルウ)》とネイト・ミトツダイラは下半身すっぽんぽんのトーリを挟んで向かい合っていた。南側の森で異族部隊を率いていたのは《副長》テュレンヌ公だった。

 「英国」の監視船上の露天指揮所で「女王の盾符」“5-1”フランシス・ドレイクが“本場の化け物”が出やがったとぼやいている。祖父から《人狼女王》は狩られたから《人狼(ルウ・ガルウ)》族は大変だろうと聞いていたからだ。
「女王の盾符」“5-3”キャベンディッシュは「六護式仏蘭西」の公式発表は、国内の《人狼》族を保護下に置いたことになっていると報告する。
 「女王の盾符」“5-2”ホーキンスはドレイクに、《人狼》と《半狼(ハード・ウルフ)》の違いを問う。《半狼》は狼が人型になったもの、もしくは狼と人の融合型だが、《人狼》は狼憑きだ。
 つまりは霊的な現象で、人の姿を取った精霊みたいなものだと説明する。そして、人の乗り移りながら人を食い、霊的な実態を持つのが騎士クラス。さらに喰い続けて貴族クラス。その上に王族がいて頂点が月を司る《人狼女王》である。能力はあらゆる攻撃を弾く“流体防御”と神に等しい“怪力”だ。

 ネイトは母親が《人狼女王》であったことを知らなかったらしい。せいぜい貴族クラスだと思っていたのだ。
 《銀鎖》という特殊なアイテムを譲られたのが普通の《人狼家系》のはずがないだろう、と母は言う。
 なにせ先代の《人狼女王》は英仏の「百年戦争」時に「聖なる小娘(ジャンヌ・デ・アーク)」の左翼を仕切っていたのだから。(右翼は食人鬼(オーガ)の「青髭(ジル・ド・レ)」)
 もっともテュレンヌ公の身分は死ぬときにネイトに教えて、びっくりさせる予定だったらしい。
 なぜならば自分も母が死ぬときに教えられて、びっくりしたからだ。
 《特務》の行動時は音声通神が仲間に送られている。「武蔵」の仲間たちから、似た者一家だという反応が返ってくる。
 なぜ、今、「六護式仏蘭西」に首輪を付けられるようなことをするのか、というネイトの問いに、それは準備が出来たからだと答える。それは前《総長兼生徒会長》アンヌ・ドーットリッシュとの約束だからだと。
 だが《人狼女王》は首輪を付けられた、という表現にむっとしていた。肩の上のトーリに、何故、娘の首に首輪(チョーカー)を付けさせたのかと聞く。
 トーリは、解ってやれよ、そういうプレイもあるんだからと言うと、《人狼女王》は信じられない物を見たような目つきで娘を見た。
 やはり《銀鎖》を与えたのが悪かったのだろうか。拘束フェチになるなんて。あとでどういう経緯でそんなフェチ子になったのか説明しなさい。そのあと、正座ですというネイトママン。

 《人狼女王》はトーリをもらっていくと告げる。食ってしまうつもりだ、と。

 葵・喜美はそれを半目で見ていた。喜美はネイトママンを初見らしい。だが当時の仲間たちはネイトがこの「IZUMO」の地で8年前に母親に仕置きをされたことを知っていた。その時、喜美とトーリは家出して、曾祖母の見舞いに行っていたのだ。そして帰りに迷子になり帰ってきたのは、しばらくしてからだった。
 正純も初見だが、ネイトは母親をひどく恐れているようだ。喜美も、確かにスケールが違う。ネイトも将来、胸が大きくなったらボインダイラになるのかしらね、と答える。
 まるで巨人系の妖怪みたいだと、浅間・智が言うと、ホライゾンは、一語の中にボインとタイラの矛盾が仕込まれているとは、なかなか出来ることではない、と評価する。

 立ち去ろうとする母を止めようとするネイトに、逆らうなら本気で掛かってきなさい、“極東”風に言うと胸を貸すからと言う《人狼女王》。本気で親子だ! と「武蔵」のみんながツッコミを入れる。
ここは第1部でのネイトのセリフと同じですね。しかも、二度言うとはさすがは母娘(笑)
 そこへ背後からの銃撃を囮として横から本多・二代が襲い掛かる。
 いきなり《蜻蛉切》で割断を掛けるが、不意打ちを読んでいた《人狼女王》の銀の板群で出来た神格武装《銀十字(アルジョント・クロウ)》に砕かれる。神格武装には神格武装。その効果はぶつかり合う。
 しかも《銀十字》は打撃系武器、十字ハンマーだ。割断効果にぶつけるだけでいい。
 気を失った馬鹿を担ぎながら、さらに銃撃と割断と《銀鎖》の攻撃を高速回避で躱す《人狼女王》に、ネイトはなぜ自分がその動きを出来ないのか母に問う。
 《人狼女王》はこんなことは《人狼(ルウ・ガルウ)》なら誰でもできると答える。
 そして《銀十字》が変形展開してその力を見せる。流体による空間打撃「戦乙女の神鉄槌(ワルキューレ・マルトー)」。前方120度をカバーする打撃で吹き飛ばされる二代。
 半径5mの地面を沈ませた直撃を食らったネイトは、地面に埋め込まれるほどの打撃だった。

 かつて天使の血を引いた「聖なる小娘」の力を抑え込んだ《銀十字》と《銀鎖》。先代《人狼女王》がそれを回収し、改造した「神格武器」である。
 この辺は第2部で半狼(ハードウルフ)のフランシス・ドレイクが祖父から聞いた話。英国の《異族部隊》がジャンヌ救出に向かった時、すでに処刑は終わっていた。
 同じように救出に向かっていた仏蘭西側の《異族部隊》はどうしたんだろう、という話と繋がってますね。

 マルゴットは箒に結んである1本の《銀鎖》で引き戻そうとするが、まだ《銀鎖》を使うのは早いようだと、給鎖装置のオベリスクごと《人狼女王》の《銀十字》の下段打ちでヒットされ、オベリスクは「武蔵」に突き刺さる。それに引っ張られたマルゴットも、箒ごと「武蔵」に激突した。
《人狼女王》はネイトの足を掴んで持ち上げ、何度も地面に叩きつける。
 8年前、母に逆らった時と同じだ。謝って、二度と「六護式仏蘭西」の地は踏まないと誓わせられた時と同じように。

 「武蔵」の最強武力を持つ二代とネイトが手も足も出ない。正純たちは他の方法でトーリを取り戻そうと考える。それは「身代金交渉」である。
しかし「六護式仏蘭西」に申し込んでも、《人狼女王》がどこまで人間側の要求に応えるか判らない。

 ネイトは8年前のように母に誓わせられようとしていた。誓いを守り、今まで降りなかったこの地に、トーリを助けるために降りた。トーリの命を助けたいならば、「武蔵」を降りて「六護式仏蘭西」へ転校しろと言う母。全てが終わるまで。
 泣きながら承諾しかけた時、馬鹿が目覚めた。 
 「お前は俺を生かすんじゃない。俺を守るんだ。俺、弱いんだから。」
 精神的に少し立ち直ったネイトを離し、トーリは自分のものにすると宣言する《人狼女王》。
 そこへ霧の中で迷子になっていた佐々・成政が現れる。

 トーリは自分の獲物だと言い、《人狼女王》と相対する成政。術式《百合花》で貫き手を《人狼女王》に打ち込むが、《人狼女王》がカウンターで一歩踏み込んだとき「IZUMO」の地殻フレームが割れた。
 15分間の激闘で度重なるダメージを受けた地殻フレームが、《人狼女王》の踏み込みで歪みの許容値を超えたのだ。
 「IZUMO」は被害拡大を恐れ、「武蔵」周辺のフレームをパージしていく。
 成政の一撃は《人狼女王》の袖を千切っただけだったが、《人狼女王》のカウンターは成政の右側頭部のサングラスの弦を切り、流血させていた、
 そして《人狼女王》は高度1kmの「IZUMO」からトーリを担いだまま飛び降りていく。

「第三十章 穴倉の王子様」「第三十一章 分岐点の道行者」
3-12-2.jpg

 午後3時15分。「武蔵」は出港した。松永・久秀からの連絡はまだない。
 トーリ救出班は点蔵・クロスユナイト、メアリ・スチュアート、マルゴット・ナイト、そしてネイト・ミトツダイラの4人。点蔵の下方の森の観測によると《人狼女王》は時速80kmくらいで悠然と歩いているらしい。
 正純は引き続き「六護式仏蘭西」と交渉を続けるが、《人狼女王》は「六護式仏蘭西」の意向とは別にセーフハウスに向かっているようだ。
 「六護式仏蘭西」のレンジャー部隊も出て来るだろうが、向こうも《人狼女王》の邪魔をするのを恐れ、こちらがセーフハウスに入る前に邪魔しに来るはずだ。

 《武蔵艦長代理》向井・鈴は「武蔵」と連動することで周囲30kmの現象を知覚する。今、「武蔵」にむかって二つの動きがあった。

 「M.H.R.R.(神聖ローマ帝国)」の改派(プロテスタント)領邦、ザクセン州マクデブルクの船団が「武蔵」に近づいてくる。この状態で同じ「M.H.R.R.」の艦船は迂闊に攻撃が出来ない。
 そして、右舷三番艦「高尾」に「六護式仏蘭西」の旗機《パレ・カルデュナル》が乗っていた。

 正座して槍にシーツを巻きつけ「白旗」にした銀の武神は、「武蔵」に亡命したいのだと言う。
 《パレ・カルデュナル》は前・暫定《総長兼生徒会長》であったアンヌ・ドートリッシュの搭乗機であったが、現在は自動人形である《副会長》リュイヌが操作している。
 アンヌ・ドートリッシュは現《総長兼生徒会長》ルイ・エクシヴの妹であり、神族の血を引くが不治の病に冒された彼女は、病床から教導院運営をしていた。
 しかし、アンヌの病が重くなり、兄のルイ・エクシブが襲名をする条件として、欧州各国は人質として「M.H.R.R.」へ身柄を預けるように画策した。
 その場所はザクセン州マクデブルクである。そしてアンヌはもう死期を迎えようとしている。武神との合一機構内で精神だけの存在となり、肉体はもう失われているのだ。
 リュイヌと通神のやり取りは出来るが、《パレ・カルデュナル》と合一させて、最後に外の世界を見せてやりたい、とリュイヌは話す。

 正純は一応、この亡命は計画的なものかと尋ねる。罠の可能性もあるのだ。
 するとリュイヌは、偶然「武蔵」と戦闘することになり、偶然前線に出ることになり、偶然戦況を見ていたら、偶然皆が突撃し、偶然霧が出て、偶然地殻が割れ、偶然皆が後退し、偶然退避して偶然飛翔したら偶然「武蔵」に乗ってしまったのでこれは神が亡命しろと偶然言ったのだ、と答える。(笑)
 正純はマクデブルク船団とリュイヌの亡命が松永・久秀のシナリオだと判断する。
 これは「武蔵」にマクデブルクへ行けと言っているのだ。
「武蔵」を包囲しているのは「M.H.R.R.」羽柴派の艦船であり旧派(カトリック)の領邦である。改派(プロテスタント)領邦のマクデブルク船団を攻撃すると「マクデブルクの略奪」の歴史再現と取られかねないので攻撃できない。
 
 午後4時2分。「武蔵」はマクデブルク船団に荷船として曳航されながら包囲網を抜け、マクデブルクへ向かうことになる。
 舞台はマクデブルク暫定市長との会談へ移る。その目的とは?

 「第三十二章 待合い場所の出会い人達」「第三十二章 修羅場の説得者」「第三十四章 森の追い人」
013-0001.jpg

 「M.H.R.R.」ボヘミア教導院《生徒会長・副総長》マティアス、「P.A.O.M.」(「P.A.Oda 」と「M.H.R.R.」の連携を取る部署)所属のA.H.R.R.S教導院《会計》前田・利家、
 利家と同じ《五大頂》の4番、佐々・成政らが乗る艦隊は、マクデブルク船団の後方を追尾中。
3-5-2.jpg

 そのころ正純は「武蔵」の戦力について悩んでいた。オリオトライに「武蔵」はまだ弱く、「六護式仏蘭西」の国力の大きさ、武力の厚さに負けるところだったと話す。 
 オリオトライは負けた時のことを考えるのも政治家の仕事だと言い、勝つことは他の者に任せろと言う。
 そこへホライゾンがトーリを探しに行こうとしていると連絡が入る。
 
 「大罪武装」《悲嘆の怠惰(リピ・カタスリプシ)》と《拒絶の強欲(アスピザ・フィラルジア)》を持ったホライゾンが家の戸締りをしてトーリを救いに行くのを浅間・智と喜美に止められていた。
 自分も行けば、最近役に立たない格下ムードの《悲嘆の怠惰》でも少しは助けになるだろう、というセリフを聞いていた立花・夫ががっくりと膝をつく。
 どうやら「大罪武装」の流体燃料の蓄積をしていたらしいのだが、《拒絶の強欲》の能力とは”その所有者の受けた痛みを流体燃料に変換する”である。
 ホライゾンはネットで自分に対する批判意見を見ていたのだ。そういう使用法は間違っていると浅間は諭す。
 正純がやってきて、トーリが不在の時は、同位の《副王》であるホライゾンが、その役目を負わなくてはならないと説得する。
 臨時の《総長兼生徒会長》としてマクデブルク《暫定市長》との会談に出席を促す。

 「六護式仏蘭西」の森の中でネイトは目覚めた。減衰を司る黒魔女・マルゴットの黒魔術《痛覚減衰》の手当てで体がふら付くが、まだダメージが抜けていない。
 行軍しながらネイトに食事をさせ、体力回復に努める。上空を「六護式仏蘭西」の小型艦が通り過ぎ、こちらを捜索しているらしい。
 鹿にダミーを頼んで迂回したが、特殊部隊が追ってきているようだ。
 山岳戦仕様自動人形128体を率いるのは3体の自動人形、Mouri三姉妹。
《第四特務》Mouri-01:巨乳担当(毛利・元清)、《第五特務》Mouri-02:スレンダー担当(毛利・元春)、《第六特務》Mouri-03:幼女担当(毛利・隆景)。
3-6-1.jpg

 次回、マクデブルク《暫定市長》・ザクセン教導院、生徒会《会計》ゲーリケ、「二つの球を合わせてチューチューして何度も引っ張って街中を大騒ぎにした」人物の申し出とは?
《マクデブルクの半球》とはなにか?
人間業を超えた《会計》同士の戦いが始まる。次回もお楽しみに(^^


 Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト②につづく。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第223回 検索キーワード

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

検索キーワード

 最近,、健全なヒッターのブログに”絶品!らーめん娘””シーラ姫おしゃぶり治療””カイ・ハーン 大解毒””森雪 ヌード””透けていく””アルテイシア 悩ましい””セイラ アムロ””物語シリーズ 妹のおっぱい 鬼畜”等の検索キーワードで見に来る人が多いことに気がつきました。
 同じようなキーワードで探しやすいように、ヒッターの蔵書リストからいくつか紹介しましょう。(アクセスアップのトラップじゃないよ。たぶん)
 これはヒッターが買って、書庫(の見つけにくいところ)に置いてあるものです。
 
 爲永ゆう「ヌードファイター柚木」全5巻(小学館)
ヌードファイター柚希 5
 
 心技(裸)体を鍛え上げ、脱げば脱ぐほど強くなる「裸拳(極)」の使い手、阿綜 柚希(あそう ゆずき)。
 しかし、「裸拳」には様々な分派があった。「裸拳使い」総帥の覇権を賭けて柚木を刺客が襲う。

 ・森尾正弘「天然格闘少女 ちひろちゃん」既刊2巻(以下続巻 ヤングアニマル増刊あいらんど 白泉社)
天然格闘少女ちひろちゃん 2

 青空高校女子プロレス部に所属する南ちひろは、道場獲得のために日々戦う。

 ・原田重光「ユリア100式」全12巻(白泉社)
ユリア100式 12

 主人公・久保瞬介は理性の強さは作品随一で、プロレス等の格闘技に長け(反則技も含め)数々のプロレスの技を使用する。
 ひょんなことで、ユリア100式というアンドロイドと同棲することに。
 あとはWikiで調べてね。

 ・稲光伸二「性食鬼」既刊2巻(以下続巻 ヤングチャンピオン烈 秋田書店)
性食鬼 2

 ヒロイン・野川いずみはクラス委員長を務めていて、・・(中略)、地球を侵略する宇宙人と闘うことになってしまう。

速野悠二「おキツネさまでChu」全4巻(秋田書店)
おキツネさまでchu 4

主人公・門司七五三太(もじ しめた)は、(中略) 次々と悪霊に憑かれる周囲の女の子たちを助けるべく、神通力美女「倉稲御魂神(うがのみたまのかみ)が使役・よーこ」となり、悪霊退治に精を出すこととなるのであった。

 ・海瀬壮祐「爆熱戦湯姫」全2巻
爆熱戦湯姫2

 たしか、温泉で女の子が戦う話だったな。

 タイトルや説明からわかるように、どれも格闘バトル漫画ですね。18禁ではありません。
 エロ漫画でもありません。たぶん、きっと、Maybe・・・、だといいなー
 あれ?3つ目はどこかの条例に引っかかったかな?

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第222回 ソードアート・オンライン(6)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原礫「ソードアート・オンライン プログレッシブ 1」SwordArt Online Progressive 001
 略称は「SAOP」になったようです。一文字入れ替えたら石鹸ですね。風俗小説と間違えられそうです。(そんな馬鹿な)
 いや、あっちはマッサージ・パーラーだったか?
ソードアート・オンライン プログレッシブ1

 「ソードアート・オンライン」本編ではなく、キリトたちアインクラッド最前線の攻略組の戦いを第1層から、もっと詳しく書こうという趣旨のようです。
 MMORPGプレイヤーではない読者のための、レクチャーを兼ねているんでしょう。
 当然ながら、今までの「SAO」とは矛盾が出てくるでしょうが、別の世界の別ルートを辿った「SAO」と思えばいいかと。

 物語は第8巻の短編、「始まりの日」の後から始まります。

 第1層攻略「星なき夜のアリア」。アニメ第二話「ビーター」の元ネタですね。、
 アインクラッド歴2022年11月。ボス名は《イルファング・ザ・コボルトロード》
 《はじまりの街》のある直径10kmのフィールド。迷宮区に近い《トールバーナ》がもっとも栄えている。

 ゲーム開始後、約1ヶ月。既に死者は2千人に達していた。
 第1層のダンジョンはまだ攻略されず、ソロプレイヤーを続けているキリトはダンジョンの奥で、たった1人で、数日籠っていると言う女性プレイヤーと出会う。
 疲労のため失神した彼女を連れてダンジョンを出たキリトは、《第一層フロアボス攻略会議》に行ってみないか誘う。

 自分の部屋の風呂にアスナを入れるとは、やるな!キリトっ。
 この時点ですっぽんぽんのアスナを見ていたとは!
SAOP010.jpg

 大まかな流れはアニメ第二話と同じですが、原作の方が10倍面白かったというのが感想です。
 現実社会が丸ごとゲーム世界に移動したようなもんですから、プレイヤー同士の駆け引きや人間関係の卑しさなんて、アニメ版では10%くらいしか表現しきれてませんね。

 この巻で作者はレイド・システムを書きたかったと言っておられます。
 ヒッターもMMORPGをやっていますので解りますが、一般にパーティを組むと、人数は最大6人までが1パーティになります。
 強い敵と戦うときは、パーティごとに防御、支援、回復、遠隔攻撃等の役割を与えて、複数パーティの連合を組みます。
 「SAO」ではレイドと言うようですね。ヒッターのやっている「FFXI」ではアライアンス(3パーティまで)と呼んでいて、最大、4アライアンスまで組めます。
 レイドで組めるのは6人X8パーティで48人(最大人数)。
 なぜそうするかというと、相互補助、パーティごとに攻守の入れ替え、経験値分配、ドロップアイテム分配に利点があるから、。
 「SAO」ではLA(ラストアタック)ボーナスが個人に付くようで、醜い争いが起きちゃいますね~。
 参加人数44名、死者1。第一層は28日で攻略された。

 幕間「ヒゲの理由」
 第1層フロアボス攻略から40分後。キリトが第二層の転移門を有効化(アクティベート)して、第一層からプレイヤーが殺到してくる。
 舞台は第二層のサバンナ・フィールドにポツンとある、テーブルマウンテン型の岩山の街《ウルバス》。

 なるほど、1FボスにLA決めたキリトのボーナスは、ユニーク・アイテム《コート・オブ・ミッドナイト》でしたか。あの黒コートですね。
 第二層で追われている知り合いの女情報屋、《鼠のアルゴ》(両頬に3本ずつヒゲのペイント有り)を助けたキリトは、この第二層に隠されたエクストラ・スキル《体術》の情報をもらう。
 そうですか、クエストNPCは亀仙人ですか。修行、頑張ってください。

 第2層攻略「儚き剣のロンド」。
 アインクラッド歴2022年12月。ボス名は「バラン・ザ・ジェネラルトーラス」「アステリオス・ザ・トーラスキング」

 MMORPGには「職人」という職種を選ぶ人が結構います。「木工」「鍛冶」「錬金術」「調理」「釣り」などのスキルを上げて、商売するんですね。
 良いものを作るには良い素材を得なければならず、そのため、レベルを上げて凶悪なモンスターから素材を調達するのですね。
 自分で作って売ってるのは自己責任で良いんですが、腕がいいと知られると、素材持ち込みでオーダーメイドを頼まれることがあります。
 それが自分のスキルより難度の高いものであったり、低くてもリスクが何%か設定してあるので失敗もあるわけです。
 その場合、素材の一部、または全部が失われるので、失敗しても泣かない、という確約を取らないとトラブルになります。
 これを逆手に取った事件がっ! 黒ポンチョの男はラフィンコフィンのPoHなのか?
 
 アスナの部屋に飛び込んで下着を漁るとは、やるな!キリトっ。
 速攻、殺されなかったのは圏内だったからか。
 なるほど、この時点で「二刀流」スキルを取得する切っ掛けが出来るのか。
SAOP020.jpg

 二層のフロアボスも強かったね。つーか、これ反則じゃないか? 
 一層目も二層目も、ボスの行動がβテスト時と違っていた。変更が加えられているようだ。
 参加人数48名、死者0。第二層は10日で攻略された。
 キリトくんはおいしいところを全部持っていきました。さすが悪のビーターです。

 アニメでは1回しか出てこなかった気がする女情報屋《鼠のアルゴ》が、第1層攻略時から表だって登場します。
 第一層でも第二層でもいちゃいちゃしていたキリトくんとアスナちゃんでした。みんな、石を投げましょう。
 でも、この時点ではキリトは14歳、アスナは15歳なんだなあ

 今回、第2層攻略まで進みました。「SAOP]は、年に1冊ペースだそうですが・・・
 75層までやると作者はツィートしてますが?
comment0.jpg

 本編第11巻。「アリシゼーション」編、第3幕は12月予定だそうで、「アクセル・ワールド」13巻は来年2月になりそうです。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第221回 境界線上のホライゾンⅢ(4)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(上)」 Horizon on the Middle of Nowhere :
Episode Ⅲ-Part 1 適当ダイジェスト④

3-4-1.jpg

「IZUMO」脱出篇、後半。
「第二十三章 外側の存在屋」
0008.jpg ← 神格級武神”八房”

 英・仏の異族部隊の間に現れたのは、《真田十勇士》“要らずの五番”穴山・小助、“要らずの七番”海野・六郎、“要らずの四番”三好・伊佐、“要らずの十番”筧・十蔵。
3-4-6.jpg

 彼らが現れた目的は「宣伝」。
将来、「松平」の敵側につく彼らの実力を世界中に(特に「毛利」側に)見せようということ。
 「六護式仏蘭西」と戦う言い訳は、「里見」と同じく「真田」の貨物に被害がでるから、である。(源・義経の指示もあったらしい。現在「真田」は「武田」に仕えている。)
 穴山・小助がゆっくりと「六護式仏蘭西」異族部隊に向かって歩いて行く。その距離が10mほどになった時、いきなり、前列の十数名が倒れた。皆、首筋に大きな傷口を開けている。
 異族の回復力でも数分は復帰できないくらいのダメージである。大気を圧縮して作るカマイタチだ。
 鉄扇剣を持つ海野・六郎が舞い、斬撃で異族たちを倒していく。
“火縄”の異名を持つ筧・十蔵がポケットに手を入れたまま近づいていくと、獣人も魔族も霊体すらも身体に風穴を開けていく。二層空間経由で銀の弾丸が撃ち込まれたのだ。
 いきなり30人ほど数を減らされた異族たちは、ひとり離れていた三好・伊佐に向かう。
 ロリ系少女のような見かけの伊佐は、これでも十勇士の中で上から2番目の年長者である。
 襲い掛かった獣人系異族たちの姿が、突然、全て消え去った。
 残っているのは伊佐と、その両腕に沿うように浮かんでいる、5mほどの長さの黒い重武神の腕。
 その鉄の大腕は伊佐の背中にある《術式糸車》で自分の腕の動きをトレースしていく。その上空から伊佐が弾き上げた異族たちの体が落ちてきた。数十の打撃音が聞こえ、異族たちを吹き飛ばす。 

 北側から迫るアルマン隊200人の前に立ち塞がったのは鬼女型長寿族自動人形、北条・氏直。
 肩に二本、腰に二本の刀を持つ自動人形に、200丁の銃から発射された弾丸が降り注ぐ。
 自動人形の感覚は、人間の数百倍まで高速化されている。四刀が飛んでくる弾丸を叩き落していく。
 大刀を抜いて迫るアルマン隊の自動人形8体を、一度、鞘に収めた四刀を加速射出し、重力制御で回し切るが、8体の自動人形は2体ずつ、その身を使って四刀を抑え込む。
 武器を失った氏直に津波のように襲い掛かるアルマン隊。さらにアルマンが「IZUMO」の地殻を引き剥し、氏直に叩き込もうとする。
3-4-7.jpg

 氏直の両肩の上の空間が破裂し、そこから現れたものは巨大な二つの木箱(コンテナ)。
“日金(ひがね)”“鞍掛(くらかけ)”、前に聳(そび)え、と言うとともに、神術火薬による自動抜刀式大刀三百本を射出する術式《天下険山》。三百の刃が自動人形の津波を割る。
だが、まだアルマンの投げつけた地殻の塊が落ちてくる。
 氏直は退かなかった。
“明星”谷を閉ざせ。言った瞬間、氏直の右肩上15mの位置に長砲のような白い鞘が出現する。
内殻を外殻が包み込んでいき留め金が二重の殻を固定していく。鳥居型紋章が砲身に見える鞘をいくつも取り囲み加速回転を始める。
氏直は“明星”を抜刀した。鞘が後ろに走り反動を消す。高速射出された長刀が重力制御で旋回し、地殻の塊を両断して鞘に戻る。氏直の前方にあったものはすべて破壊されていた。後追いで生じた衝撃波が、自動人形たちの破片を散らばしていく。
アルマンだけが残っていた。地殻の陰で防御したのだろう。《三銃士》のアンリは氏直と同じような技を使う。アルマンは氏直に問いかける。自動人形の本場、相模の者から見て自分たちはどうだったろうか? なにしろ、小田原の《総長》を《特務》クラスが足止めしたのだから、と。

 5機の武神と相対していた本多・二代と里見・義康の方に現れたのは里見教導院《総長》里見・義頼の白い重武神”八房”。高出力の駆動機「八玉駆動機」を持つ、世界でもトップクラスの武神が、霧を纏い鞘走る《剣砲・村雨丸》で一気に3体の武神を沈める。
さらに2機を撃破するが、この2機は陽動だった。虚を突いたイザックの砲撃が襲う。
 しかし、里見の《総長》はこれを読んだ。戦場に獣の咆声が響き渡る。村雨丸の刃が震え、さらに霧を生み出していく。
 イザックに向けられた砲声は空間に線の陽炎を生み、一直線上の空間が二つに割れた。
 距離約1キロ半に及ぶ切断軌道が霧の雨を散らし、“八房”が村雨丸を鞘に納めると同時に、線上の全てが破裂した。 
 だが、この無理な機動は、右腕部に無理をさせて痛めてしまう。そこへ「六護式仏蘭西」の旗機、銀の武神《パレ・カルディナル》が突っ込んでくる。
 2機の高位の武神の高速剣撃は右腕を痛めた“八房”に分が悪い。徐々に北側に押し込まれていく。
 
 午後3時8分。
アデーレの前進隊は「武蔵」方面に戻りたいが、アンリ隊に側面攻撃を受けて動けない。
 乱戦状態だが、二代も最終防衛ラインから動けない。こちらは他国の手を借りて総力戦だが、「六護式仏蘭西」はまだ余力がある。
 
 「武蔵」から300mの距離でアデーレ隊400人と点蔵達300人が合流。アンリ隊、アルマン隊、異族部隊、武神《パレ・カルディナル》がいったん下がる。
 「六護式仏蘭西」は新たに32機の重武神と近衛隊2千人を出して、300m離れて向かい合う。

 オクスフォード教導院。エリザベス《妖精女王》と「女王の盾符」たちは、偵察に行っているキャベンディッシュ(種族:人魚)からの神象を観ていた。エリザベスは今回の「六護式仏蘭西」の布陣の意味を、水棲用ベッド兼操艦装置にいるキャベンディッシュに問う。時代の覇者となる「六護式仏蘭西」の意志を見せようということだろうと答えるが、エリザベスは長いから10文字に纏めろと言う。
 キャベンディッシュの答えは「絶対ぇ文句言わせねえ」に纏まる。
 さらに分析は続く。「六護式仏蘭西」は「武蔵」の戦力を表に出させ、各国に計らせた。《副長》クラスを武神団で一定時間止められることも判った。
 さらに武神団が倒された“被害”で「聖譜連盟」へ“戦った”という証明が出来た。
 先に中級武神を出したのは、これから出す重装武神の調整データを実戦で取るためだろう。
 現段階で「武蔵」の戦力はまる裸にされたわけである。
 「里見」「北条」「真田」の乱入は「六護式仏蘭西」の想定外だったはずだが、この布陣から見ると、初撃が通らなかったら、あらかじめ退かせるような配置だ。
 それは異族や自動人形による勝利を望んでいないということ。欧州の覇者となる「六護式仏蘭西」の意志を見せるには、王者として勝たなければならないのだ。

 そして「六護式仏蘭西」の旗艦《狩猟館(パンション・ヴェルサイユ)》から最終兵器が発射された。
それは、ルイ・十四世である。
 《太陽王(ロワ・ソレイユ)》ルイ・XIV(エクシヴ)は全裸であった。

「第二十四章 天上の住み人」
0009.jpg

 膝をついて王を敬う「六護式仏蘭西」勢を横目に、「武蔵」勢は困っていた。「キャラがかぶった・・・」
 いつの間にか服を着ているトーリ。
服を着た全裸と服を着ていない全裸、東西全裸系馬鹿の応酬が始まる。
 ルイ・エクシヴ「朕は生まれた時から全裸だった。」
 トーリ「馬鹿だな、知らないようだから教えてやる。実は俺も生まれた時、全裸だったんだ。」
 ルイ・エクシヴ「ふっ、馬鹿だな。君は」
 
 トーリの天照系光学式隠蔽術式《ゴッドモザイク》に対し、ルイ・エクシヴのは、より解像度の高い《ゴッドフレスコ》だと自慢する。(解像度高くていいのか? 犯罪じゃないのか?)

 そこへ現れてルイ・エクシヴを張り倒したのはヤンキー系嫁の毛利・輝元であった。
 「関ヶ原の戦い」で西軍の大将となる人物である。現状ではホライゾンにとってラスボスにあたる。
3-4-4.jpg

 この時点でネイト・ミトツダイラは南部の森のほうで肉を焼く臭いを感じていた。

 ここで歴史状況を鑑みる。「三十年戦争」で「六護式仏蘭西」は勝ち組になり欧州の覇権を握る。だが「毛利」は「羽柴」側についたため没落していく。
 ルイ・エクシヴはここで宣言する。「毛利」を「羽柴」から守ると同時に「松平」に対しても勝利者とする、と。
 全てを叩き潰し、新たに自分たちが「松平」を襲名すれば《正譜記述》は狂わない。
 「だれが一番強いか、やってみようじゃないか。」
 「さあ、武蔵《総長》、ここで降参しないか? 全てを朕たちに譲ると。」と広げた手を差し出す。

 その瞬間、トーリは「チョキ」を出した・・・・。ガッツポーズをとるトーリ。
 これで「六護式仏蘭西」は俺のものだと騒ぐトーリに、銃士隊のアンリは、今のは遅出しだと抗議する。輝元はアンリに同意を求めれるが、これ、真面目に相手する必要あるのか?と疑問顔。
 ルイ・エクシヴは今のは相対戦の申し出がなかったから、もう一回だと言い、《太陽王》がジャンケンで負けるはずはないと豪語する。
 輝元は何を出す気だと聞くと、太陽だから広がりのあるパーに決まっていると答えるので止められる。
今のはルール無視だから無しだと言う輝元に、汚ねえぞと文句を言うトーリは後ろからも「鏡見ろよ」と突っ込まれる。

口を尖らせたトーリはルイ・エクシヴと輝元に向かって言った。
「三河」のアレ、なかったことにしねえ?

「英国」オクスフォード教導院の広間では、皆が動きを止めていた。
コロネの中身を吸っていた《副会長》ウイリアム・セシルは、中身の無くなったコロネの穴から皆を見わたし、「きょーみぶかいのー」と言う。

「K.P.A.Itaria」では過去の経験から復帰が早かった、インノケンティウス《教皇総長》が椅子の周りを唸りながら回り始める。
それを見たガリレオは、憤っているなら、なんか叫んでも良いぞと声を掛ける。

「武蔵」艦上でも誰も身動きしなかった。ネシンバラが各地にいる皆に連絡を取り、息を合わせて、さん、はいっの掛け声とともに「ええ―――――――っ!!?」と声を上げる。

ルイ・エクシヴが「三河」でトーリが言ったことを引き合いに、いろいろ持ち出して、自分のことを世界征服宣言をした悪人のように言うので反省したらしい。
いや、悪人なんだから、いまさら反省しても遅いからと正純が出てきて「武蔵」と「六護式仏蘭西」は互いの道を行くということでまとめる。

 ルイ・エクシヴが再び攻撃の合図を出そうとした瞬間、第三勢力が登場する。
 「P.A.Oda」P.A.M.教導院の校章を付けた男。「六天魔軍」《五大頂》二人いる4番の一方、佐々・成政(さっさ・なりまさ)である。
 「英国」で同じ4番の前田・利家が世話になったなと文句を言いに来たのだ。
3-4-5.jpg

 タイミングを計っていたネシンバラは、ここで全員帰艦命令を出す。
 追撃する「六護式仏蘭西」勢。そして《太陽王》の「聖譜顕装(テスタメンタ・アルマ)」《聖骸の賢明(コルプス・プルデンティア)・旧代(ウエストス)》の小太陽が「武蔵」勢に追いつこうとしたとき、
 「武蔵」艦上のホライゾンが撃つ「大罪武装(ロイズモイ・オプロ)」《悲嘆の怠惰(リピ・カタスリプシ)》の暗黒の爪が迎撃する。
 しかし、その掻き毟る爪は霧散した。「傲慢の八大竜王」ルイ・エクシブはさらに「大罪武装」《傲慢の光臨(フォス・ハイペリファニア)》まで装備していたのだ。
 ”誇りを持ち続けるかぎり、敵対する力を無効化する”「大罪武装」である。

 ・「第二十五章 帰り道の選択者」「第二十六章 霧中の探し人」
0110.jpg

 ルイ・エクシヴの《必殺・全裸太陽落とし》から「武蔵」勢を救ったのはトーリの「流体供給」であった。加速術式を使用可能にして一気に駆け抜けたのだ。
 ホライゾンが左手に「大罪武装」《拒絶の強欲(アスピザ・フィラルジア)》を装備して、《悲嘆の怠惰》の流体チャージ、二撃目を放つ。 
 ルイ・エクシヴを追ってきた毛利・輝元の目前でまたもや黒い爪は砕け散る。彼女の持つのは「大罪武装」《虚栄の降臨(フォス・ケノドクシア)》。
 ”虚栄を張り続ける限り、守る力は無敵となる”「大罪武装」である。
 ホライゾンの《悲嘆の怠惰》は役に立たん宣言に、立花・夫ががっくりと膝をつく。
 そして「虚栄の八大竜王」輝元も「聖譜顕装」を持っていた。左右六枚の光翼《聖骸の賢明・新代(ノウム)》。
己の行動を宣言しなければ実行できなくなるのだ。
 
 午後3時11分。全員、「武蔵」まで戻れれば勝ちだ。しかし重装武神まで追いかけてきている。「聖譜顕装」の力で速く走ることが出来ない。(《会計》のダッシュ土下座より遅いようだ)
 ネシンバラの機転で自分ではなく他者に加速術式を掛けることで、なんとか持ち直す。
 最後列はアデーレの《機動殻》と「流体供給」を続ける服を着た全裸である。
 二代も最終防衛ラインから出て、トーリたちを救助に向かうが、北側から「六護式仏蘭西」勢を吹っ飛ばしながら「P.A.Oda」の佐々・成政が現れる。
 手足の関節部、身体の各所にある「百合の紋章」で加速、震脚と剛拳の攻撃に二代は《蜻蛉切》を突き込むが、刃と基礎部を残して金属の柄が破砕される。
 そしてトーリを守るように前に立ったアデーレの「奔獣」の胸部と頭部の装甲まで一撃で破壊される。
 100mほどすっ飛んだアデーレは《半竜》のウルキアガに受け止められたが、トーリはまだ架橋の途中までしか進んでいない。

 「武蔵」は浮上し発進スタンバイ。あとは服を着た全裸の到着を待つだけだが、トーリの走っていた架橋が崩され「IZUMO」側に落ちていく。
 二代は《蜻蛉切》本体だけで佐々・成政と戦っていて救助に向かえない。まだ残っている真田勢に声を掛けるが、南側の森の方では真田勢は怪物と対峙していた。
 《異族部隊》を蹴散らした彼らの術がまったく歯が立たない。

 いつのまにか「六護式仏蘭西」は後退していた。
「武蔵」の出港準備で湧き出た霧の中のトーリを、マルゴット・ナイトとネイト・ミトツダイラが捜索に向かう。
 だがトーリは怪物に確保されていた。
 食人の習慣を持つ人狼系異族の頂点。「六護式仏蘭西」エコール・ド・パリ教導院、総長連合《副長》テュレンヌ公、《人狼女王(レーネ・デ・ガルウ)》。
ネイト・ミトツダイラの母親である。
3-4-8.jpg

 「境界線上のホライゾン Ⅲ(上)」おわりです。
3上

 次回、ネイトママンに捕まったトーリは喰われてしまうのか?
 「IZUMO」を脱出した「武蔵」は何処に向かうのか?
「境界線上のホライゾン Ⅲ(中)」に入ります。お楽しみに(^^


 Episode Ⅲ-Part 2 適当ダイジェスト①につづく。
-----------------------------------------

 「境界線上のホライゾンⅤ(下)」を読み終わりました。ちょっと情報を(^^
 下巻の表紙は生子さんです。この第3部でも登場します。
境界線上のホライゾンV下

 第4部終盤でマルゴット・ナイトとマルガ・ナルゼの「双嬢(ツヴァイ・フローレン)」を抜き去った「見下ろし魔山(エーデルブロッケン)」社製の《機殻(シャーシ)》は共に試作機である「双嬢」の競合機、「双鉄(ツヴァイ・アイゼン)」。
 テスターは「十本槍」の4番槍(Speer04)・金の六枚翼を持つ加藤・嘉昭の「白姫(ヴァイス・フュルステイン)」、5番槍(Speer05)・黒の六枚翼を持つ脇坂・安治の「黒姫(シュヴァルツ・フュルステイン)」の合体機である。
 
 早くこの辺まで書きたいな。だいたい1回分投下するのに3日かかってます。(ノД`)シクシク
HV050.jpg
 Speer→「M.H.R.R」弁:槍 シュペーア。英語弁だとspear スピアー

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第220回 ヨルムンガンド パーフェクト・オーダー

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「ヨルムンガンド パーフェクト・オーダー」 Jörmungandr Perfect Order

 五つの陸を食らい尽くし
 三つの海を飲み干しても
 空だけはどうすることもできない。
 翼も手も足もないこの身では
 我は世界蛇。
 我が名はヨルムンガンド。

j2

 第103回で紹介した「ヨルムンガンド」
 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-entry-104.html

 第1期は原作の魅力を損なわず、きっちり+αのよいアニメでした。
 後半、第2期も期待して見ましたが、第13話「天を仰ぐ蛇」。すべり出しは順調ですね。

 126機目。最後の衛星が打ち上げられ、「ヨルムンガンド」計画の発動準備はほぼ整った。
 あとは制御用量子コンピューターの完成を待つばかりだ。
 後半も面白いよ!
 第2期、最初のパート「Dance with Undershaft」は潜入者アール編ですね。このパート、ラストのココの復讐の仕方が半端ないです。


でも、これ完成しても、田中芳樹さんの「七都市物語」みたいになっちゃうんじゃ?

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

関連記事

第219回 冷たい校舎の時は止まる

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

辻村深月「冷たい校舎の時は止まる」
冷たい校舎の時は止まる

 本年度、「鍵のない夢を見る」で第147回直木三十五賞受賞した辻村深月さん。
 ヒッターが最初に読んだ作品は、デビュー作であり第31回メフィスト賞受賞作品であった「冷たい校舎の時は止まる」でした。
 数千冊の小説を読んだヒッターが、今までで一番怖かったのがこの小説です。
 現在、講談社文庫で上下巻で出ていますが、当時は講談社ノベルスで上中下の三分冊でした。
 ヒッターは3冊まとめて買ってきて、上巻を読み終えた時点で布団をかぶって部屋の電気をつけっぱなしで寝てしまいました。
 いや、上巻を早く読み終えたいと思うほど怖かったのです。(特に上巻のラストが)

 簡単に内容を説明すると、高校三年生の同じクラスの8人が、ある雪の日に登校します。
 でもその8人以外、誰も登校してきません。校内には教職員も、他のクラスの誰もいません。入ってきた入口も窓も開きません。電話も通じません。
 8人の男女はあることに気がつきます。確かこのクラスには二ケ月前の文化祭で自殺したクラスメイトが居たはず。
 でも、誰も名前を思い出せません。でも、その自殺したクラスメイトは、この8人の中に居るような気がします。
 なぜ、この8人だけがこの日、登校してきたのか。なぜ時計が午後5時53分で止まっているのか。
 そして、8人の中から、ひとりひとり姿が消えていきます。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 普段、ヒッターは小説でもコミックでもアニメでも、作品世界に没頭し共感する自分と、それを後ろから見ている自分と、視点を分けて接するようにしてるんですが、この時は後ろから見ている、もう一人の自分の視線すら怖かったような気がします。

 本作品はメフィスト賞受賞作品ということでミステリなんですが、最後まで怖くて推理できませんでした。ヒッターもまだ若いですね。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第218回 境界線上のホライゾンⅢ(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(上)」 Horizon on the Middle of Nowhere
Episode Ⅲ-Part 1 適当ダイジェスト③

3-3-1.jpg

 物語は関東会議の終了とIZUMO脱出戦 前半部へ。
 「第十六章 行く道の求め者」「第十七章 荒れ地の要求者」
0005.jpg

 「武蔵」の露店食堂では点蔵達による包囲の切り抜け方が検討されていた。
 1.「英国」へいったん退避する。
  「英国」まで「六護式仏蘭西」が追撃してくる恐れがある。
  その場合、メアリが乗っていても、「聖譜連盟」の手前、エリザベスは「武蔵」を迎撃するだろう。
 2.「上越露西亜」の北側を通り、北の国境線から関東に入る。
  無補給で飛んだ場合、北の国境線で燃料切れになる。
 3.「六護式仏蘭西」と「M.H.R.R.」国境線沿いに南下し、瀬戸内海(地中海)から紀伊アラビア半島を横断し、「三河」へ行く。
  最短距離で関東へ抜けられるが、「六護式仏蘭西」を振り切っても、「P.A.Oda」の領地を通ることになる。
 4.3のルートを選ぶ場合、「武蔵」に乗っている元・東宮、東(あずま)くんの御威光を利用して京、大阪を抜けられないか?
  これは無視されれば、それでおしまい。
移動経路1
 ↑ ヒッター作。国境がはっきりしないので間違ってるかも?

 「英国」系軽食屋ではトーリが半刀削麺を全員分つくっていた。
 話は領邦国家である「M.H.R.R.(神聖ローマ帝国)」の旧派(カトリック)領邦と改派(プロテスタント)領邦の決別が起こる「マクデブルクの略奪」に移る。
 改派のザクセン州の州都マクデブルクは旧派のティリー将軍のよって陥落され、3万人の住民の内2万5千人が殺された。
 残った5千人は女子供ばかりで、包囲軍3万にレイープとかリンカーンとかリョジョークされた事件である。
 これを境に改派領邦は旧派領邦に敵対し、30年戦争は「M.H.R.R.」の敗戦に傾いていく。

 「武蔵」が大和地方を抜け、「清・武田」領までくれば「三方ケ原の戦い」の再現をしつつ「北条・印度連合」領まで送り、そこからは「北条」の手で江戸まで入れることに話が決まる。
 が、そこに最後の乱入者が現れた。
 「P.A.Oda」《紀伊半島管轄》《ムラサイ(回教)諸派連合・総長》松永・弾正・久秀である。

 この男こそ天下の反逆者、《将軍殺し》と呼ばれ、下剋上の幕開けとなった男。エロゲサークル「談冗」でトーリの知り合いである男である。
 義経とも見知りであり、酒井・忠次《学長》がむかし、インノケンティウス《教皇総長》とやり合うときに世話になった人物でもある。
 「武蔵」の設計にも関わり、領民には善政を敷く時代の破壊者。世紀のトリックスターの登場である。

 東宮を利用しても殺すぞと言う久秀に、トーリは「最近、あいつセッ○スを覚えて大変なんだ。」と言うと、それを実況通神で読んでいたミリアム・ポークウが車椅子ごと、東(あずま)くんから退避を始める。(笑)

 松永・久秀との会話で正純は心を決める。松永・久秀の領地を抜ければ「三河」に辿り着ける。
 松永・久秀を当面のラスボスに設定するのだ。これで方針は決まった。

 去り際に松永・久秀は出港を午後三時ではなく、三時十五分にしろと言い残す。
面白くしてやるから、と。
 これにて「関東首脳会談」は終わりを告げる。
 
 「第十八章 日向の日陰好き達」「第十九章 空の渡り人」
0006.jpg

 翌朝、前夜酔っていた里見教導院《生徒会長》里見・義康の寝所をトーリのモーニングサービス「ファラオの目覚め」が襲う。
 「3年梅組」の早朝散歩組覗き部隊が見つけたのは、鬼女型生体自動人形、北条・氏直と梅組メンバー、ノリキの密会であった。続々と集まる覗きメンバー。(お前ら、朝っぱらから何してるんだっ)
 点蔵の《口読みの術》で判明したのは、氏直はノリキに「北条」に戻って欲しいとの会話。
 親同士の約定より性別は互いに入れ替わってしまったが、氏直と婚姻を結ぶはずだったのは、船に乗って去って行った「乗去(のりこ)」転じて「乗姫(のりき)」。この件は「3年梅組」の秘密とされる。

 そこへ木刀を持った里見・義康が、とんでもない起こし方をしたトーリを探しに来るが、すでにトーリは簀巻きにされた後であった。
 さらにそこに現れたのは里見教導院《総長》里見・義頼。ネシンバラは名刀・《村雨丸》の見分をねだる。オタクである。(いや~、NHKの「新・里見八犬伝」が懐かしい)
 義康は姉である前・《総長》を殺した義頼に心ならず距離を取っていた。姉と三人で過ごしたことあったのに。
 かつて”忠”の八犬武神に乗っていた彼は、何故、姉を殺したのか。そして、「仁義礼智忠信孝悌」の八徳を持たねば乗れない”八房”が彼に懐くのは何故か?

 源・義経は一足先に国元に返って準備をすると言うので、別れの挨拶に自分の船から飛び乗ってくる。
 謎スキル「八艘飛び」を口伝でもいいから教えてくれと頭を下げる本多・二代と立花・夫、だが、本人にもなぜできるのか判らないらしい。
 正純は「公主隠し」の情報はないかと尋ねると、よくホライゾンが歌っている「通し道歌」の話をされる。歌によって人を連れ去る。そう、”ハーメルンの笛吹き”である。
 引き連れたのは1人、ついて行ったのは130人、置いて行かれたのは2人。と、言って帰っていく。

 
「IZUMO」脱出篇 「武蔵」防衛隊VS「六護式仏蘭西」陸戦部隊の激闘開始です。

 「第二十章 準備位置の整え役」「第二十一章 荒野の疾走者達」「第二十二章 忙し場所の活躍者達」
0007.jpg

 午前11時30分。「IZUMO」から包囲軍に、中立だから「武蔵」にも「聖連」にも敵対はしないと牽制球が投げられる。
 「武蔵」は午後3時15分に出港予定。「IZUMO」と「武蔵」への航空からの攻撃をしたら「聖譜連盟」に訴えるとの声明を出す。
 これは「六護式仏蘭西」の攻撃開始時間、午後3時から15分間は地上攻撃なら仕方なく認めるということ。妥協案である。
 しかし、「武蔵」は出港してからが本格的攻撃をさらに受けることになるが、そこは「重力航行」でとんずらしようということに。

 午後2時30分。「武蔵」の西側に「六護式仏蘭西」旗艦《狩猟館(パンション・ヴェルサイユ)》 の地上部隊が展開を始める。
 午後2時57分。「武蔵」から4km地点に「六護式仏蘭西」陸戦隊約2千人、「武蔵」右舷二番艦「多摩」搭乗口より300mの位置にアデーレ・パルフェット率いる防衛隊700人が展開した。
3-3-A.jpg

 午後3時。戦闘開始は架橋パーツを引き摺った8機の中級武神(ルール・デ・マリオネッタ)の突進から始まる。背後から牽制の援護射撃。
 対して「武蔵」からは「アルマダ海戦」のため搭載した艦砲を発射。これは敵が近すぎると下方砲撃できなくなるので今しか撃てない。
 その下方死角内に武神が踏み込んだ途端、「武蔵」腹部の輸送ハッチが開き、魔女(テクノヘクセン)隊の白木の大杭弾がカウンターで発射される。
 これを読んでいたのか、8機の武神は「武蔵」の《第一特務》点蔵がメアリ救出時に倫敦塔警備隊に使った方法で回避する。このため「武蔵」内では、あの時、点蔵が撃たれていれば今回、外されなかったのにと論議が起きる(笑)←アニメではカットされた。ネタ第196回参照。
 
 突進してくる8機の武神に対し、アデーレたちは100人ずつ縦列になり各機の間に割り込んだ。
左右からの攻撃を受けるのに気を取られた武神に「武蔵」艦上のアンカーパイルから72本の鉄杭が降り注ぐ。
 強力なバリケードとなった鉄杭に衝突して武神2機がリタイヤ、もう2機が軽損傷。

 午後3時4分。武神4機がバリケードを砕いて前進。しかし、いきなり中央右の1機が《副長》本多・二代の《蜻蛉切》で割断される。
 そのまま二代は3機の武神と対峙。アデーレ隊は「多摩」から700mの位置にいたが、二代の方へ足の速い400人を援護に送る。
 その時、「六護式仏蘭西」女性型自動人形《三銃士》アンリの武神用極厚刀4本がアデーレの《機動殻》「奔獣」に真上から叩き込まれた。
 自動人形であるアンリは「奔獣」の硬さよりも、アデーレと「武蔵」との実況通神表示枠(サインフレーム)を裏側から見て内容を読み、自分の中に生まれた判断を”戦慄”と名付けた。
 (いや~、こいつら外道だ)
 今の斬撃で第2層まで被害が出たそうだが、何層まで装甲があるのかという問いに、27層と答えるアデーレ。(笑)
 自分はあと何回攻撃すればいいのだろうと考えながら、アンリは相性が悪いと男性型自動人形《三銃士》アルマンと交代。アルマンは重力制御で「IZUMO」の地殻フレームを剥し、アデーレに叩きつける。
 半径200mを破壊した一撃を「奔獣」の緊急ジャンプで逃れるアデーレ。
 アンリ隊とアルマン隊はバリケードの南北を回り込んでくる。その後方から移動砲台型自動人形《三銃士》イザックの高速砲撃が開始される。
 艦載砲塔よりも巨大な長銃の砲撃を、ミトツダイラが《銀鎖》で掴んだ5m四方の外郭装甲鉄板で弾き返す。
3-3-6.jpg

 「三征西班牙」の刀削麺の屋台、神象筐体(テレビ)でこれを見ていた《副長》弘中・隆包はバントのコツがどうのと文句をつけている。フェリペ・セグンドと《副会長兼会計》フアナもこの映像を見て、分析を始める。
 「武蔵」の戦力は「三河」「英国」「アルマダ海戦」で示したように他国に劣るものではない。
 だが「六護式仏蘭西」はその辺を精査してきたようだ。
 「武蔵」の巨大さを考えれば、“沈黙”させるのは不可能に近い。ならば、最初からそれは考えなくてもいい。
「大罪武装」は射程外にいればいい。大規模破壊兵器を乱戦中の戦場には撃ち込まないだろう。
「武蔵」の役職者の能力が高いなら、どうする?とフアナは《第二特務》江良・房栄に尋ねる。

 この間に二代はさらに一機、武神を沈めるが、最初に倒れた4機が復帰してくる。

 房栄は答える。「六護式仏蘭西」はまず武神団を出して、相対戦に持ち込ませなかった。「武蔵」《副長》は時間を掛けて武神を倒したが、《副長》クラスが武神に手間取っているのでは、逆に武神数機で《副長》を足止めできるということだ。「六護式仏蘭西」は《副長》クラスをまだ出していない。
要は「武蔵」は戦力的余裕がないのだと。だが、その「武蔵」に自分たちは負けたのだ。だから、「六護式仏蘭西」も、ちょっと痛い目を見たほうがいい。 
3-3-11.jpg

 アデーレの戦士団の傍に里見・義康の青い八犬武神”義”が割り込み、武神1機を撃破。参戦理由は「武蔵」上に「里見」の貿易船がいるので、被害を受けないようにするため、とのこと。

 午後3時7分。アンリ隊とアルマン隊が「多摩」架橋部に南北から接近する。
 「武蔵」防衛隊第二陣を指揮するのは《第一特務》点蔵と未来嫁、メアリ・スチュアート。《王賜剣一型(EX.コールブランド)》を携えた彼女の号令でイングランド出身の生徒たちが突進していく。
 
 「武蔵」では巫女装束の浅間・智たちが“符”を弓の弦に貼って、艦内の空間整調を行っている。砲撃の着弾の衝撃を各所に分散するのだ。弓を鳴らし、楽器を弾いて回る面々は神道関係、音楽関係者である。
 女装巫女集団“山と猛る”、正統派同人巫女楽団“白拍子”、イデア派音楽部“イデオン”とカオスな奴らと艦内を回っていた《ズドン巫女》に緊急連絡が入る。
 イザックの高速射出弾を装甲鉄板ラケットで弾いていたミトツダイラも完璧ではない、間に合わない1弾を浅間・智が弓矢で迎撃する。(どうやれば矢で高速弾を迎撃できるのか、みな不思議に思う)
3-3-9.jpg

 さらに南部方向の森に潜んでいた「六護式仏蘭西」正規陸戦部隊、獣人系の通称《異族部隊》200人が点蔵達第二陣の背後に現れる。
 だがこれは《参謀》ネシンバラが読んでいた。第二陣に配置された分隊は、イングランド系の異族たち100人であった。
 魔物と精霊の国「英国」と、異族の老舗「六護式仏蘭西」の異族達の抗争は、かつて100年戦っても決着がつかなかった。「聖なる小娘(ジャンヌ・デ・アーク)」の死を持ってやっと収まったのだ。
 そして、対峙する両者の間に現れたのは《六分銭》の校章を付けた4人。
「清・武田」に仕える《真田十勇士》の登場である。

 次回、IZUMO脱出篇 後半。ついに現れる《太陽王》ルイXIV。
そして謎に包まれていた「六護式仏蘭西」総長連合《副長》テュレンヌ公、登場!!
 まだまだ激戦が続きます。お楽しみに(^^


Episode Ⅲ-Part 1 適当ダイジェスト④につづく。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第217回 月刊OUT

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

雑誌「月刊OUT」

 第208回で話した、ゆうきまさみさんのデビューした雑誌。
 探してみてねと書きましたが、その後、ちと知人とのMMORPG中の雑談で話題に出たのでお話しましょう。

 みのり書房という出版社から1977年3月に創刊号が出版されました。ヒットする契機となったのは創刊第2号の「宇宙戦艦ヤマト」特集です。
out0.jpg

 時代にマッチしたんでしょう。なにしろ、日本初のアニメ情報雑誌となったのです。「アニメージュ」や「ニュータイプ」なんてこの時代にはありません。この年の第5号は劇場版「宇宙戦艦ヤマト」の公開に合わせ、特集が大ヒットし増刷までしたそうです。
 この特集号にはTV版でヤマトがワープする時、森雪の服が透けていくシーンがありますが、それをヌードにしたイラストが載せられていたのです。(なにせビデオデッキのない時代です)
 ページの隅っこにはアナライザーが森雪のスカートをめくるパラパラマンガも。
 
 この時代から十数年、アニメ雑誌が乱立しましたが、マニアックと言う意味で「月刊OUT」は特殊な立ち位置に君臨します。それは、単に情報を発信するのではなく、読者からの投稿を多く受け入れたこと。
 そして特徴としてはアニメを元にしたパロディ。アニパロというジャンルの確立です。
out.jpg
out00.jpg

 1977年12月には聖悠紀さんの「超人ロック」特集。(このころから目を付けていたのか)
 1980年3月号では「機動戦士ガンダム」のセイラ・マスのヌード・ピンナップ「悩ましのアルテイシア」を掲載して、空前の大ヒット売り上げを得ます。
 この時の編集長は企画段階で、日本サンライズから抗議が来るかもしれないと言う意見に、自らのクビを賭けると言い放ったそうです。
悩ましのアルテイシア
 富野由悠季:著「機動戦士ガンダム」の原作小説にはセイラ・マスのベッドシーンがありましたね。
 アムロ・レイと肉体関係を結び、兄の暗殺を依頼するという悪女であります。
 後日、OUT誌面には富野由悠季さんの「ねえ!どうせ出すならもっときれいに描いてくれないの!おじさんきれいじゃないとボッキーしないのよね!」というコメントが掲載されました。
 
 1980年7月。アニパロ特集。これで「月刊OUT」のアニメ雑誌の地位が固まります。
 雑誌の投稿者、愛読者は「アウシタン」(女性は「アウシターナ」)と呼ばれました。(ヒッターもその一人である)
 また、公に熱烈な読者とみられたくないアニパロファンは「隠れアウシタン」と呼ばれました。

 ゆうきまさみさんのデビュー作は1980年4月号掲載でした。4ページ持ち込みで2ページ掲載って、どんなマンガだったのか、読んだはずなのに記憶がありません(笑)
 「ヤマトタケルの冒険」はなんとなく覚えてます。(^^

 「月刊OUT」の編集者であり、「宇宙戦艦ヤマト」特集を担当した「イニシャルビスケットのK」は後に、コミックからSFまでを謳い文句にした「月刊ファンロード」の編集長となります。
 この雑誌は「シュミ特(シュミの特集)」で成功した雑誌です。毎号、一つの話題について読者投稿をメインに展開した雑誌でした。(ヒッターも投稿者でした)
 FANROAD

 この2雑誌はその読者主体という特殊性が続いた結果、内輪ネタ、新規参入者への壁というにぶち当たり、休刊していきます。

 今、こんな雑誌を作ったら面白いだろうなと考えますが、どこかで出してくれないかな。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第216回 ソードアート・オンライン

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「ソードアート・オンライン」第14話「世界の終焉」
14-1.jpg

 良い最終回でした・・・ってまだ終わりません(笑)

 2クールということで折り返しですね。原作1,2巻+2エピソード分でした。
 第2話「ビーター」の分は今月10日発売の「ソードアート・オンライン プログレッシブ 1」に入っているようです。(第1層攻略のやつね)

 「BOOK」データベースより
 「このゲームはクリア不可能なのよ。どこでどんなふうに死のうと、早いか・・・遅いかだけの、違い・・・」
 茅場晶彦によるデスゲームが開始されて一ヶ月。この超難度のVRMMO内で犠牲になったプレイヤーは二千人にも及んだ。
 “第一層フロアボス攻略会議”当日。自身の強化のみを行うと決め“ソロ”として戦うキリトは、会議場に向かう中途で、最前線では珍しい女性プレイヤーと出会う。
 強力なモンスター相手にレイピア一本で戦い続ける彼女は、あたかも夜空を切り裂く“流星”のようで―。
 キリトが“黒の剣士”と呼ばれる契機となったエピソード『星なき夜のアリア』、さらに“第二層フロアボス”攻略戦にまつわる、とある少年鍛冶職人の悲哀を描く『儚き剣のロンド』他全三編を収録。
ソードアート・オンライン プログレッシブ1

 第1部「アインクラッド」が終わって、いよいよ後半は第2部「フェアリイ・ダンス」に入っていきますが、ALO(アルヴヘイム・オンライン)でも萱場晶彦の影は消えていません。
 いやゲーム世界でのスキルをリアル・ワールドで使うとはすごい。キリトくんはさすが死線をくぐって来ただけのことはあるな。

 このまま人気が続けば第2期で、第3部「ファントム・バレット」の《死銃》事件もできそうですが、1クール分しかないですね。
 
「アクセル・ワールド」第2期を先にやれば第4部終わってるかな?

 
 今月は「新約 とある魔術の禁書目録(5) 」も出ますね。上条くんの隣りは誰だ?
新約 とある魔術の禁書目録5

 「境界線上のホライゾンⅤ(下)」も楽しみだ。表紙は誰かと思ったら、生子さんでした。
境界線上のホライゾンV下

 ブログネタが増えて良し。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

関連記事

第215回 境界線上のホライゾンⅢ(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(上)」 Horizon on the Middle of Nowhere :
Episode Ⅲ-Part 1 適当ダイジェスト②

 写真掲載。第3部は(上)(中)(下)の3冊である。
 たすけてちょんまげ~
ホライゾンⅢ

3-2-0.jpg

・「第九章 会食場の仕掛け人」「第十章 夜空下の御機嫌者達」「第十一章 店先の心得知らず」
「第十二章 巨き場所の持ち主」

0003.jpg

 同時刻、「武蔵」上の展望型食事処で、トーリ、ホライゾン、マルゴット・ナイト、ネイト・ミトツダイラが焼肉大会を始める。
 ホライゾンがどこからか取り出した、一斗入りピッチャーって18リットルかいっ。未成年がそんなにワイン飲んじゃいけませんっ。
 またミトツダイラさんを餌付けですか。ホラ子さん、ラム肉は野菜じゃありませんよ。
 そこに葵・喜美、浅間・智、アデーレ、点蔵、メアリ、鈴、立花夫妻が合流。

 一方、正純たちの「偶然出会ってしまった会合」は酒で出来上がってしまっていた。源・義経の無礼講宣言で、飲める派の北条・氏直の隣に座った里見・義康(1つ下の高等部2年生)は挑発されて、すでに酔いつぶれた。
 真田勢は源・義経の警護についている。会合の様子は正純の走狗(マウス)「ツキノワ」の実況通神でトーリたちに流される。
 ウォルシンガムが湯呑みで蕎麦掻きをサーブする。

「武蔵」内、本多家で正純・父たち暫定議会メンバーは、また怪しげな会合を開いていた。すごい権謀術数の争いだ。正純が作って置いて行ったオードブルが欲しければ、土下座か権益の供与が必要らしい。どんだけ娘可愛がりなんだ親父さん。
 暫定議会って録画した特撮やアニメビデオを鑑賞するオタクのおっさんたちの集まりである。(自宅ではさすがに観れないらしく、会合と称して集まる)

 正純たちの会合に新たな参加者登場。里見教導院《総長》里見・義頼(さとみ・よしより)。神格武装級武神“八房”の乗り手である。
 そして「清・武田」覚羅教導院《副会長》佐藤兄弟も現れる。(双子なのだが、どちらも自分が兄だと言い張る。)。「武蔵」重鎮の襲撃は佐藤兄弟の画策だったようだ。
3-2-1.jpg

 マルゴットさん、鳥串食ってますが共食いのような。最初の内はネイトのおごりにされていたのだが、さらに人数が増えていく。
 直政、転入生(高等部2年)の三科・大(みしな・ひろ)ら機関部の人間たち、ネシンバラと本多・二代と部下の警備隊の面々がやって来たのでネイトの財布では払いきれなくなり、割り勘となる。

 正純側では「武蔵」「清・武田」「北条・印度諸国連合」「里見・朝鮮」の四頭による、本格的に関東勢会議が始まろうとしていた。

 生音声、映像抜きの「ツキノワ」からの実況通神は浅間神社経由で《生徒会》《総長連合》、酒井・忠次《学長》、オリオトライたちに流される(サポート体制と情報の共有のため)。
正純は偶然出会った面々に、なぜこの時期にこの場所に来たのか問う。
 ネシンバラの見解は、状況打開、引導を渡す(縁を切る)、「武蔵」の対応をうかがう、のどれかと判断して会談を進めるしかないと言うが、間違っていたら、それも問題だ。
 ここでメアリ、立花夫妻が実況通神(チャット)に入場してくる。チャットでも熱々の立花夫妻も一瞬で冷える正純のギャグ、炸裂。
“立花だけに立ち話だけでこの威力か“
なぜすべったのか、眉をひそめながら正純は考える。関東勢は「武蔵」が関東に来ることを望んでいる。しかし、航路を塞がれた現在、どういうルートで関東に進路を取るのか?
 正純は、まず「IZUMO」が囲まれて補修・補給が出来なくなったので、江戸の「関東IZUMO」の浮きドックを目指す、と言う。
 「六護式仏蘭西」「M.H.R.R.」の暫定国境から瀬戸地中海にでて、紀伊アラビア半島を西から東に抜けて「三河」に出るのが一番早いが、瀬戸に出るまで攻撃を受け続けるだろう。
 このルートの問題は「清・武田」と「武蔵」の関係。”松平三大危機”の最初の一つ、「三方ケ原の戦い」である。
 「三河」から「清・武田」の支配域を抜けて「関東IZUMO」に向かうには「三方ケ原」を通らなければならない。ここで「松平」は「武田」に大敗するのだが、《聖符記述》によれば《Round 1・一元坂の戦い》、《Round 2・二俣城の戦い》、《Round 3・三方ケ原の戦い》の3段階をこなさなければならない。しかも、全部負けなければならないのだ。
 おまけに逸話として“松平・元信は逃げ帰る途中で恐怖のあまりウンーコを漏らした”、“逃げ帰った元信は憤りの表情を「顰像」として残した”というものである。(←ここはEp.Ⅲのラストに関わってきます)
そして「松平・元信」の身代わりになった武将、「成瀬・正義」の死が必要である。
 ここで判明したのは「武蔵」の実務を担当する《第四特務》マルガ・ナルゼは「成瀬・正義」の弟、松平・鉄砲隊隊長「成瀬・正成」があやかり元。一番近い、襲名者ナルゼに視線が集まる。
 同じく実務を担当する《第三特務》マルゴット・ナイトは、「内藤」家の鉄砲隊を預かっていた長、「内藤・清成」をあやかり元にしようとしたが、松平・鉄砲隊を構えていた土地「内藤新宿」にあやかった。
 司法を担当する《第二特務》キヨナリ・ウルキアガが《関東奉行》「内藤・清成」をあやかり元にしたためである。ちなみに《第一特務》は情報を担当する。これは各教導院共通らしい。
3-2-2 源氏と平家1

 「清・武田」は「武蔵」に対し、これを談合で済ませようと持ちかける。見返り無しでいいという態度に、正純は違和感を感じた。
 正純がちょっと考えたいので、と言い”考えタ―イ―ム-”宣言。
 直後、世界が沈黙します。ウォルシンガムが|Oh-」と言うのをジョンソンが「シッ」と諌める。
 右横で北条・氏直が小さく咳払いし、正面の里見・義頼は何が起きたのか理解出来す、その横の佐藤兄弟は無理に笑おうとして出来ないでいる。
 この後の三年梅組の実況通信(チャット)は面白いのだが外道発言ですよ、浅間さん。
三年梅組の面々は協議に入る。
 ネシンバラは“八房”の望遠写真撮りに夢中でダメダメになっているので役に立たない。
 なぜ、こんな好条件を持ちかけてくるのか?「武田」に何か得があるのか?恩に着せたいだけなのか?
 アデーレは浅間・智の胸を見て気付く。そうか、持てるものは持たざる者に対し寛容なのだ。「胸国の余裕」なのだ。(アデーレさん、字が間違ってますよ)

 この隙に、焼き肉の皿の置き場所になっていたトーリが抜けだす。

 要するに「清・武田」は大国なので、見返りなんかなくても「武蔵」を助けてやるよ、という余裕の態度なのでは、と推測が出る。
 ここでウォルシンガムの湯呑み入り抹茶フラッペが届く。
 さらに佐藤兄弟は「大罪武装」の取集も手伝おうと言ってくる。
 これは、将来、松平を吸収して属国として併合するつもりなのだ。
 正純は今回の話は無かったものにしようと告げる。大国の傀儡になるつもりはない、と。
 佐藤兄弟は、それなら《三方ケ原の戦い》はガチンコでやって、成瀬・正義の首ももらうと宣言する。
 正純はこれを、「松平」の殉死者を他国に強制される謂れはない、と突っぱねる。
 ナルゼの腐った脳髄は「清・武田」相手に正純ががんばる同人ネタ「清・交・show」のネーム切りに没頭していた。

 しかし、正純は困った。これでは「清・武田」と敵対してしまう。ふと、正面を見ると、里見・義頼は笑いを噛み殺し、北条・氏直はため息をついて佐藤兄弟に、振られたなと揶揄する。
 そして「里見」「北条」から交渉ではなく、要求が出される。
 「武蔵」にはもっと強くなってほしい、と。
 「アルマダ海戦」では強いところを見せたが、中破して現在、修理中というのでは駄目だ。
 強国を相手にして、休まず戦い続けられるようでなければ、「国」として交渉できない。

 なぜ、今、急に「武蔵」に力を付けろというのか?と正純は問う。
 その理由は「三方ケ原の戦い」にあった。
 この戦いで「松平」が滅びなかったのは、途中で武田・信玄が病死するからだ。そして《長篠の戦い》で「織田」軍に「武田」は滅ぼされる。
 「武田」としては《三方ケ原の戦い》を談合で済ませ、戦力を温存したいのだ。そして「極東」の主権を持つ《姫》の居る「武蔵」を確保しておきたいというのが狙いだ。
 「武田」が滅びた後、「北条」も「里見」も関東に「織田」が入ってくるのを望まない。
 「里見・朝鮮」は羽柴による《朝鮮侵攻》を二回受ける「聖譜記述」があり、「北条」は《小田原攻め》で滅ぼされるが領土は「松平」のものになるので領民の安泰を願う。
 「極東」の盟主としての力を示すこと。これが三者それぞれの目的であった。

 ここで横やりが入る。「清・武田」の《総長兼生徒会長》源・義経。
武田・信玄の襲名者が話に割り込んだのだ。
 
 「第十三章 居場所の巨き王」「第十四章 反省場所の謝罪者」「第十五章 天下の誘い者」
0004.jpg


 源・義経の意見は《副会長》佐藤兄弟とまったく違うものだった。
 数千年の寿命を持つ純系長寿族の彼女は、既に数百年生きており、数多の国の興亡を見てきた。彼女にとって国が亡ぶのは当たり前であり、国の存続など興味はなかったのだ。
 かつて「源平の乱」の後、源氏の内乱があり、兄に追われ奥州に行き、関東大陸でフビライを襲名し「元」を興した。そして、その国も滅び、実の兄も殺したがまだ自分は生きている。そして、そこにまた国が生まれた。
 義経は襲名した武田・信玄の死で「武田」が滅びて国力が落ちようと、ヌルハチを襲名した「清」が残っている。
 「三方ケ原の戦い」を考慮して欲しいなら、自分を楽しませるか、怒らせるかしてみせよ、と正純に迫る。

 正純は本気で困ってしまう。実況通神で仲間と相談するが、試しに話した面白い話に仲間からはギャグ禁止令が出される。
 数百年も生きてきて、ほぼ、あらゆるギャグパターン、挑発等による怒りのパターンを知っている精神的不感症にどうすればいいのか。
 焼き肉パエリアを作っていた立花・嫁は、大皿を立花・夫に渡しながら、それは初見の技しかないと言う。
 そこに全裸の馬鹿が現れた。

 裏口から入って来たので、正純の正面にいた義経は気がついていない。
全裸馬鹿がやったのは、空の竹ボトルをゴッドモザイクの前に付け、義経の頭に乗っけて「ちょんまげ~」・・・。
午後八時三十七分、「IZUMO」の軽食屋周辺と「武蔵」の露店食堂で時間が止った。

 そして、ちょっと腰を引き、「ポ二ーテ~~ル」・・・・。鈍い汗をかいている正純の正面で、トーリの首を掴んでぐらぐらさせる義経に、怒ったのか?と尋ねるトーリ。
 心が広いから怒っていないと言う義経の鼻の下を左右に伸ばして、謝るから座ってくれと言う。
 後ろに回って「許してちょんまげ~」。
 トーリに向かって子供パンチをする義経を見て、初見の技とはフツーでないことかと納得する正純。
 義経の頭を押さえて子供パンチが届かないようにしながら、お前が笑ったり怒ったりできないのなら、うちのガッコウへ来いと言うトーリ。
 そしてホライゾンと一緒に悩んでやってくれ、と。
 「おまえが世界の主で長生きなら、ちょっと俺らに世界を貸してくれ。俺たちや子孫たちが飽きたり滅びたりしたら返すから。そして、ついでに世界征服に手を貸してくれ。面白いぞ。」

 外で会議をしていた面々は軽食屋の中に入り、全裸の馬鹿は厨房に移動する。トーリは軽食も出す自宅「青雷亭本舗」のバイト店長であり、料理が上手いのだ。
 ちなみに「青雷亭2号店(ブルーサンダー)」はホライゾンがバイトしている方である。
 刀削麺のトッピング用のワカメがつまみで出されるが、正純がワカメ事件を持ち出すとトーリはきれて、食器棚から教科書を出して床に叩きつける。(いつ仕込んだんだ? ワカメ事件の顛末はアニメではほとんどカットだった)
 確かにやったから、食う前に取り上げるつもりだったと言うトーリを、ジョンソンとウォルシンガムが両脇を抱えて外に連れて行く。

 正純は義経と交渉を再開する。数百年生きた人物でも初見のものには慣れていないはず。(さきほどのトーリのように)
 そこで「末世」の解決に興味はないか?と尋ねる。「三河」で松平・元信は”危機”って面白いよね!と生徒たちに告げた。教材は全て用意した、とも。
 果たして義経はすでに興味を持ち、調べていた。「P.A.Oda」の「創世計画」も調査しているらしい。
 それでは義経は「織田」と「松平」を比較しようとしているのか?
そのためにここまでやって来たのか?
 正純は言う。「こちらについた方が面白いぞ。」と。
 「武蔵」はホライゾン・アリアダストの感情を取り戻すため「大罪武装」を回収し、それを以って「末世」の解決に挑もうとしている。
 あなたは無感情な国と、感情のある国とどちらを求めるのか?
 義経は食べかけの小豆パフェを急いで食べると「交渉終了」を告げる。
3-2-4 源氏と平家2

 関東は「武蔵」を受け入れる。だが、「武蔵」がもっと力を付けてからだ。「三方ケ原の戦い」については「清・武田」領に入ってから話し合う。
 これが大方針である。
 そして、まず「武蔵」はこの包囲網をどうやって抜けるかが問題だ。
 「六護式仏蘭西」が明日、午後3時に攻撃を開始すると通達が来たのだ。
3-2-3.jpg

 次回、関東会議に更なる重要人物が乱入。そして「武蔵」のIZUMO脱出編 前半、「武蔵」防衛隊と「六護式仏蘭西」陸戦隊の激闘が始まります。お楽しみに(^^

Episode Ⅲ-Part 1 適当ダイジェスト③につづく。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第214回 となりの怪物くん

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「となりの怪物くん」第1話
 第186回 10月の新作アニメで書いた秋アニメのひとつ。
とな怪

 「人類は衰退しました」のあと、主人公(ヒロイン)がメイン語りで進むアニメに飢えてましたが、これは面白い(^^
 原作コミックは、ろびこさんのコミックスが10巻まで出ていますが読んでません。
 平成22年度の第34回講談社漫画賞少女部門にノミネートされましたが、受賞は出来なかったようです。

 どこまでアニメ化するかわかりませんが、このまま観ていこうと思います。

 ヒロイン、成績にしか興味のなかった冷血女子、水谷 雫(みずたに しずく)(♀)と、問題児の同級生、性欲丸出しの吉田 春(よしだ はる)(♂)との物語らしいです。
 学年第1位の学力を誇る雫は、入学式の新入生代表の座を吉田 春に奪われていた。
 だが、彼は入学式当日に流血事件を起こし、停学になっている。
 その日から雫の隣りの席は空席のままだ。

 いやくわしくは語りません、アニメは良い出来だと思います。
 第1話エンディング・シーンは素晴らしかった。


ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

関連記事

第213回 コードギアス 亡国のアキト

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「コードギアス 亡国のアキト」CODE GEASS :Akito the Exited
第1章「翼竜は舞い降りた」THE WYVERN ARRIVES
コードギアス 亡国のアキト 第1章01

 コードギアス 亡国のアキト - 予告

 ひさびさに作画、半端ねーというアニメを観ました。いや~、動く動く。目を離せませんでした。
 サンライズの作画は安心して観れます。

 前作「反逆のルルーシュ」も面白かったですが、結局「ギアス」ってなんだったの?と思ってました。
 ちょっとは謎が解けるといいですね。

 この世界とは異なる歴史を辿った世界。世界の3分の1を支配する超大国「神聖ブリタニア帝国」に対し、二人の少年が異なる方法で対抗していく物語。
 舞台は、「神聖ブリタニア帝国」の植民地とされ、呼称が「日本」から「エリア11」に、「日本人」から「イレヴン」と変わった近未来の日本。
 だが、皇帝の座に就いたルルーシュは「ゼロ」の仮面を被った幼馴染みの枢木スザクに倒される。
 それが「ギアス」の呪いだったのか。
 「亡国のアキト」は、仮面の男「ゼロ」失踪後のユーロピア戦線の物語。

 全4章ということで、第2章の予告を見ると枢木スザク(くるるぎ スザク)やC.C.(シー・ツー)も登場するようなので楽しみであります。

 『コードギアス 亡国のアキト』最新先行PV+特報


 最終回を見て泣いたのは内緒です。ぜひ、第1話から鑑賞をお勧めします。
 Code Geass: Lelouch of the Rebellion
 R2 Episodio 25 Final


ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

関連記事

第212回 球界線上のホライゾンⅢ(1)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅲ(上)」 Horizon on the Middle of Nowhere
Episode Ⅲ-Part 1 適当ダイジェスト①
  

 さて第3部を始めよう。上巻は総ページ数737。
 表紙は「武蔵アリアダスト教導院 総長連合《第五特務》」「極東 第二王位継承者 水戸松平・領主」ネイト・ミトツダイラ《銀狼(アルジョント・ルウ)》
境界線上のホライゾン3〈上〉

 第1部では「三征西班牙(トレス・エスパニア)」「K.P.A.Italia(ケーピーエーイタリア)」との対戦。
 第2部では「三征西班牙」「英国(イングランド)」と相対した「武蔵」。「英国」とは同盟できなかったが、とりあえず友好関係は結べた。
「武蔵」は「六護式仏蘭西(エグザゴンフランセーズ)」領の「IZUMO」に向かう。
 「アルマダ海戦」で中破した「武蔵」はこの後、どの進路を取るのか?

 この第3部からは欧州列強、関東諸国の軍勢が参戦してきます。
 まずは「IZUMO」での「関東勢首脳会議」まで、ダイジェストで。

「序章 橋上の余所者」「第一章 閉じ部屋の話し相手」「第二章 居場所の開拓者」
「第三章 知らず処の働き者」「第四章 軒下の会議者

3-001.jpg

 「武蔵」は「六護式仏蘭西」領上空に浮かぶ中立都市「IZUMO」で修理・補給中。
 ネイト・ミトツダイラに8年前、起こったこととは?

 三要先生の3年竹組の授業で「六護式仏蘭西」の歴史と現状が説明される。
 オリオトライ先生の3年梅組にはメアリ・スチュアートと、立花夫妻が転入してきている。
 「六護式仏蘭西」は毛利家と結んでいるが、毛利・元就の三本の矢の逸話は少し改変されているようだ。(いや、これは三男がハブられて可哀そうだ(笑))
 就任したばかりのエコール・ド・パリ教導院・総長連合《副長》テュレンヌ公は情報がなく、正体不明。

 本多・正純とネイト・ミトツダイラは物置と化している生徒会室を片付けようとするが、そこは葵・トーリのエロゲで埋まっていた。
3-1-00.jpg

 巫女物は浅間神社の縁の下に隠してあるようだ。即時、焼却指令が出される。
 なぜいちいちカバンから教科書を出して床に叩きつける?トーリ(笑)
 特撮「宇宙奉行エチゼン」って・・・コンバット具足装着、18万ミリ秒ですか。番組終わっちゃうじゃないか。
 ホライゾンと葵・喜美は{IZUMO」に住んでいる祖母宅へ向かう。

 浅間神社ではメアリ・スチュアートが巫女のバイト中。立花・夫は点蔵たちとリハビリ「壁走り」を特訓する。
 ここで点蔵はかなり優秀な忍者だとわかる。さすが《第一特務》。忍者は脚力を鍛えるため、成長の速い麻を毎日、飛び越える練習をするのだが、点蔵の父親の植えた麻は種類の違うものだったらしい。大量に植えた大〇を当局に見つけられ、お仕置きされたそうだ。

 ホライゾン、喜美、護衛の本多・二代は葵姉弟の祖母のミツ宅へ到着。
目的はホライゾンの母の話を聞くこと。
 ミツの家の菜園からジャガイモや枝豆、ネギを掘り出す喜美と二代。そろそろ、お金を置いてってもらおうかというミツ。
 この時代、「英国」ではジャガイモの葉のサラダでエリザベス女王が食中毒になったため、栽培禁止である。
ジャガイモ伝来

 数年前、ミツの母親の臨終が近くなったとき、喜美とトーリが家出して見舞いに来たことがあった。
 姉弟の曾祖母はそれを嬉しく思い、自分の人生は無駄ではなかったんだと言い残し、この世を去った。
 姉弟はすでに帰路についていたが、徒歩で帰ったため、何処かで迷子になったらしいが何とか家についたそうだ。
 死んでしまった者はもう要らない者であり、残った者はその人のことを忘れてしまっても良いのか? とミツはホライゾンに問う。
 ホライゾンの返答に満足したミツは、ホライゾンの母親のことを話し始める。
 
 ミツはかつて、「IZUMO」の教導院中等部の教師で、流体の研究をしていた。そこへ地脈の研究をしているという女子生徒が転校してくる。
 葵姉弟の母である善鬼(よしき)と同年で意気投合していた彼女は、高等部になる頃、行方不明となる。その後、どこの教導院にいたのか記録がない。
 そして十数年の後(19年前)、不意に現れた時はすでに松平・元信の子を身篭っていた。
 「武蔵」に住み始める前に、善鬼を護衛にして極東の要所を強行軍で見回ったらしい。
 そして彼女の研究テーマは「地脈を通して行う、大罪の運命の解決」だった。

 そこへオリオトライ・真喜子が訪ねてくる。彼女もミツの教え子で、この家で寝泊まりして飲み食いしていたらしい。

「第五章 暗室の管理人」「第六章 湯呑み処の交渉人」「第七章 中立地帯の風捲き人」
「第八章 囲いの飛び込み者」

3-002.jpg


 ネイトは帰宅後、落ち込んでいた。12年前、「六護式仏蘭西」から派遣騎士として「武蔵」へ来て騎士連盟の第1位に任命され、水戸松平の当主に任命された。
 そして、8年前・・・。(なにをやったの?)
 ふと窓の外を見ると、馬鹿がエロゲを抱えてこそこそしていた。(笑)

 《副会長》本多・正純は《書記》ネシンバラからの連絡で、《第四特務》マルガ・ナルゼを護衛にして「IZUMO」市街の軽食屋に向かっていた。
 そこでとある「会合」が行われるのだ。

 「英国(イングランド)」系軽食屋で待っていたのはオクスフォード教導院「女王の盾符(トランプ)」”9”《書記》ベン・ジョンソンと”2”《風紀委員》F・ウォルシンガムであった。
 湯呑みに入った赤ワインが出される。ウォルシンガムは「千本薔薇十字」でマグロを解体している。
 ジョンソンからの情報は「M.H.R.R.(神聖ローマ帝国)」が「武蔵」の「M.H.R.R.」領域の航行を禁止するというものだった。
 湯呑みに入ったプディングとカラメルが出される。湯呑みに入ったカラメルを麦茶と思った正純は飲んで吹き出す。
 ジョンソンが「トランプ」と実況通神(チャット)で連絡を取り合っているが、「トランプ」も「3年梅組」くらい馬鹿ばかりのようだ。
 ウォルシンガムが大きめの湯呑みに酢飯を詰め始め、鉄火丼パフェを作り始める。
(どんぶりないのか?)
  
 話題は「M.H.R.R.」(独)の現状と羽柴軍の動向、「六護式仏蘭西」(仏)と毛利家の立場、「M.H.R.R」領内の聖譜独奏旧派(カトリック)と聖譜独奏改派(プロテスタント)の抗争の話に入っていく。

 突然、通神が途切れ、正純たちは異常に気付く。
そして正純はジョンソンに問う。どこから「M.H.R.R.」の情報を得たのか?
 軽食店の表では《副長》本多・二代が戦闘態勢に入っていた。

 二代が対峙したのは2人組の忍者。”要らずの一番”と”要らずの二番”と名乗る。
 そして会合場所に向かっていたネシンバラも二人組の忍者、”要らずの三番”と”要らずの七番”の襲撃を受けていた。

 苦戦するネシンバラを救うように現れたのは、四刀を使う鬼女と、犬の頭を模した青い武神だった。
 そこに{IZUMO」周辺を、複数の国家の艦隊が包囲したという連絡が届く。

 包囲しているのは南側を「六護式仏蘭西」、北から東を「M.H.R.R.」。総数は数百隻を超える。
 包囲の理由は「M.H.R.R.」は歴史再現に影響を与えないため、「武蔵」の領土内航行を認めないというもの。要はこっちに入ってくるなというもの。
 そして「六護式仏蘭西」は「聖譜連盟」の大国として他国への義理を果たすというものだった。
 要は「三征西班牙」「英国」も「武蔵」とやったんだから、うちもやらんと面子がたたん、ということ。
 さらに「M.H.R.R.」が出ばって来たので西征の防止を兼ねているらしい。
 「M.H.R.R.」は連邦制であり、旧派(カトリック)系と改派(プロテスタント)に分かれている。
 「英国」の情報源は改派領邦から得た情報だろう。「英国」の国教、英国聖譜協奏派(アングリカン・チャーチ)は組織論では旧派、信仰基準は改派というハイブリッド宗教である。
 「英国」と親しい国は「北条・印度諸国連邦」「清・武田」「李氏朝鮮・里見」という反織田軍、反羽柴軍の諸国。

 二代と二人の忍者を止めたのは「清・武田」覚羅教導院の制服を着た純系長寿族。《総長兼生徒会長》、武田・信玄とヌルハチの二重襲名者である源・九郎・義経。
 二人の忍者の名は真田家所属、《要らずの一番》猿飛・佐助、《要らずの二番》切隠・才蔵(風精)。
301.jpg

 ネシンバラを救ったのは「北条・印度諸国連合」小田原教導院《総長兼生徒会長》、鬼女系生体自動人形、北条・氏直(ほうじょう・うじなお)と、江戸湾を挟んで敵対しているはずの里見教導院《生徒会長》里見・義康(さとみ・よしやす)であった。(なんでみんな女の子なんだ)
 こちらを襲っていたのは真田家所属、《要らずの三番》三好・清海(鬼系長寿族)、《要らずの七番》海野・六郎。
3A.jpg

 北条・氏直は源・義経に、なぜ「武蔵」の重鎮を襲ったのか理由を問う。だが、本人はその理由を忘れてしまったらしく、説明できない。(そんな馬鹿なw) 猿飛・佐助に説明させようとするが、とっくに姿を消していた。
 代わりにネシンバラが答えたのは、それぞれ、関ヶ原以降は「松平」の世話になるので実力を見ておこうという理由だろう、と説明する。
 (ここで源・義経にサインをねだるネシンバラ)
 シルクロード貿易を隠れ蓑にやって来たらしい彼女らと、「英国」系軽食屋の中で、初めての「関東会議」が始まる。
3-1-2.jpg

 次回。「武蔵」と会談をしにやって来た関東勢は敵となるのか?味方になるのか?
 参加者も増え、会議は盛り上がり、正純のギャグが炸裂します。お楽しみに(^


Episode Ⅲ-Part 1 適当ダイジェスト②につづく。

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

第211回 蔵書管理 9月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2012.09 
 月1の個人ネタ。9月読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2012年9月30日で 20,671冊(先月増+59冊)となった。

 内訳は
 小説  6,457 冊
 コミックス 13,777 冊
 エッセイ、NF他 437 冊 である。そろそろ、置き場所に不安がある。

 9月前半は暑くて読書量が減っていたが、後半は気温も下がり読書しやすい環境になって盛り返した。
 さすが「読書の秋」

・10月の予定
 小野不由美さんの「十二国記」を読もうと思う。
 
 全然読み出せない夢枕獏さんの「大帝の剣」全5巻もそろそろ。

 「FATE/ZERO」全6巻のうち残り4巻。

 ペリーローダンが10月は435巻まで出ちゃうので、未読の423巻以降を追いつかねばならない。
 バルディオク・サイクル(434巻まで)が終わってしまう。

 これも早く手を付けたい。北方謙三さんの「史記 -武帝紀ー」全7巻。

 松岡圭佑さんの「万能鑑定士Q」シリーズは12巻まで買ってあるはずなのに、7巻が見つからず、続きを読み出せない。

-------------------------------------------------------
 「食欲の秋」。青森の味噌カレー牛乳ラーメン
   味噌カレー牛乳
  
 ヒッターは十数年前、青森市に行った時、ふと入ったラーメン屋さんでメニューにあったので食べました。
 あの時は味噌バター牛乳カレーラーメンだったような気がします。
 お味は? というと、味噌とバターと牛乳とカレーの味がしました。
 最近、スーパーでこれのカップめんを発見しました。
 ご興味のある方は青森まで食べに行ってね(^^ (自作は止めたほうが良い)
カップめん


ランキング参加用リンク
ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事