まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1765回 書楼弔堂 破暁

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

京極夏彦「文庫版 書楼弔堂 破暁 」

 時代は文明開化から25年ほど経った明治。
 病み上がりの元氏族の出の男・高遠が本屋の丁稚に聞いた不思議な古書店。
 どんな分野の本でも和書、洋書、珍本奇本稀覯本の類まで注文を受けると取り寄せるという。
 帝都と言ってもまだ畑が広がる片田舎の道沿いに、その三階建ての書舗はあった。
 「弔」と一文字書かれた半紙を入口の簾に貼った書舗「書楼弔堂(しょろう とむらいどう)。
 撓(しほる)という美童の丁稚と、白装束の亭主は本は「墓」であり、呪物であると言う。
 誰も読まない本は、誰も参らぬ墓と同じであり、移ろい行過去を封じ込めた呪文を封じ込めたものだ、と。

 なんの気無しに書舗を訪れた高遠だったが、おなじく書舗を訪れた、医者も匙を投げたろいう「気の病」を抱えた男に亭主が売った1冊の本の由来を聞く。
 (探書壱 臨終)
            書楼弔堂 破暁

 語り手・高遠彬が語る六つの物語。
 探書壱 臨終
 探書弐 発心
 探書参 方便
 探書肆 贖罪
 探書伍 闕如
 探書陸 未完  

 これは書物を薦めることで供養を行う「憑物落し」ですね。
 この時代における東西の書物の知識はかなりのものです。書物を求めに来るのはそれなりに知られた人物、もしくは過去作品と縁のある(?)人物たちです。
 高遠彬は最後に「憑物落し」されちゃったけど、第2巻「書楼弔堂 炎昼」には出てくるの?
 「虚実妖怪百物語 序」「虚実妖怪百物語 破」「虚実妖怪百物語 急」も早く文庫化してくれい!

スポンサーサイト

第1075回 定本 百鬼夜行 陽

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

京極夏彦 「定本 百鬼夜行 陽」

 百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズ)の連作短編もの第5弾。
 この巻から講談社ではなく文藝春秋社にシリーズが移行した。
 文庫化は「定本 百鬼夜行 陰」に続いて2冊目となる。
                  百鬼夜行 陽

 まあ、読み始めると面白いのだが、この「定本 百鬼夜行」は本編のサイドストーリーなのである。
 よって本編を読んでいないといまいち面白くないのだが、その本編の記憶が薄れてきている(笑)

 ・青行燈 (あおあんどう):「陰摩羅鬼の瑕」のSS
 ・大首 (おおくび):「陰摩羅鬼の瑕」、「邪魅の雫」のSS
 ・屏風闚 (びょうぶのぞき):「絡新婦の理」のSS
 ・鬼童(きどう):「邪魅の雫」のSS
 ・青鷺火 (あおさぎのひ):「狂骨の夢」のSS
 ・墓の火 (はかのひ):「鵺の碑」のSS、これは読んでおかなきゃならんな。
 ・青女房 (あおにょうぼう):「魍魎の匣」のSS
 ・雨女 (あめおんな):「邪魅の雫」のSS
 ・蛇帯 (じゃたい):「鵼の碑」のSS、これはも覚えておかねば。
 ・目競 (めくらべ):「姑獲鳥の夏」以下全作のSS
 巻末に百鬼図有り。

 いや~、本編読み直さないと誰だったのか思い出せん(笑)。
 妖怪探偵・榎木津礼二郎ファンとしては「百器徒然袋」の新作を出して欲しいものだ。
 「鵼の碑(ぬえのいしぶみ)」も待ち遠しいが、噂が立ってからしばらく経っているぞ。


 百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズ)
 1.姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)
 2.魍魎の匣(もうりょうのはこ)
 3.狂骨の夢(きょうこつのゆめ)
 4.鉄鼠の檻(てっそのおり)
 5.絡新婦の理(じょろうぐものことわり)
 6.塗仏の宴 宴の支度(ぬりぼとけのうたげ うたげのしたく)
 7.塗仏の宴 宴の始末(ぬりぼとけのうたげ うたげのしまつ)
 8.陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)
 9.邪魅の雫(じゃみのしずく)

 連作小説集
  ・百鬼夜行――陰 :シリーズの登場人物のサイドストーリー集
  ・百器徒然袋――雨:妖怪探偵小説集
  ・今昔続百鬼――雲:多々良先生行状記
  ・百器徒然袋――風:妖怪探偵小説集
  ・百鬼夜行――陽 :シリーズの登場人物のサイドストーリー集

第100回 ルー・ガルー2

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

京極夏彦 「ルー・ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔(上)(下)」
Loupd=Garous 2: Incubus X Succubus

 前作での不明確だった部分が明かされる第2弾!というか、章番号が32章から始まってるので一連の物語と考えてもいいでしょう。
 前作の4名に更に2名加えて今回も少女たちが大暴れします。
 この2作は通しで読むべきでしょう(^^
ルー=ガルー2

 終盤、この少女たちの敵対物破壊能力の高さに目をつけた当局に拘束されるが?

 第3部が出るのはまた10年後か?
 百鬼夜行シリーズも出してください、京極先生(ノД`)シクシク

 

第76回 ルー・ガルー 忌避すべき狼

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   1 trackback

京極夏彦 「ルー・ガルー 忌避すべき狼(上)(下)」 Loupd=Garous
 猟奇的でなかなかに面白い小説。元気な少女たちが大暴れしてます^^
 でも京極先生の「百鬼夜行シリーズ」の新作が「邪魅の雫」以降、数年待ってるのになかなか出ないので寂しい限りです。

 知らなかったんですがこの小説はアニメ化されてたのね^^; どうせ原作通りには作られていないだろうが・・・
と思って観てみたらラストが違う。これじゃあ次に続かないじゃないかー
 京極先生がアニメの監督に「続きがあるんだよ。」と言ったのは、アニメが完成してからだったということです。(笑)
ルーガルー