まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1968回 ケルン市警オド 2巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

青池保子「ケルン市警オド」2巻

 いつの間にか出ていた2巻。
 これは14世紀の話なんですよね。平民はともかく貴族階級は罪をお金で減刑できるのですか!
 ひとりの少年の不審死から始まった古参貴族派閥と、成りあがり貴族の派閥争い。
 その間でオドアケル・ショルツ警吏は毒殺事件の核心に迫る。
                   ケルン市警オド 2
 土に毒が含まれているかどうかなんて、どうやって確認するのかと思っていたら、意外に簡単でしたね。
 まだまだ俗世で活躍しているオドはどうして出家することになったのか?
 もう2~3の事件を片付けてからその話になるんでしょうか。
 たまには「エロイカ」も読みたいです。

スポンサーサイト

第1626回 ケルン市警オド 1巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

青池保子「ケルン市警オド」1巻

 「修道士ファルコ」シリーズからのスピンオフ。
 オドアケル・ショルツ修道士が、まだ俗世の治安役人だった頃のお話ですね。
 あまりにも有能すぎ、ケルン市の議員や豪商でさえ容赦なく逮捕するオドを煙たがっても、その能力ゆえに市警を解雇するのが躊躇われる市長と警視たち。
 モグリの娼家事件、鉄鋼商の使用人失踪事件、謎の修道院と殺人事件に挑む赤マントの男・オド市警。
 領収書を貰うのは忘れません!
            ケルン市警オド 1

 彼が俗世を捨て、修道士になるまでを描いてくれるのでしょうか。
 次巻をお待ちしてます。

第1198回 修道士ファルコ 5巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

青池保子「修道士ファルコ」5巻

 シリーズ最長編となった「湖上の城大量殺人事件編」完結。
 シビアな中世時代の青池流ユーモアあふるる物語でした。
 この時代は日本では南北朝時代。ドイツではハンザ同盟が成立し、イベリア半島では残酷王ドン・ペドロが君臨し、東アジアでは元が滅び、1千年続いた中世も第3コーナーを回った頃合ですな。
 世界中どこを見ても領土問題については民族を問わず争ってばかりです。
                 修道士ファルコ 5

 この次は「エロイカより愛をこめて」に戻るのかな?
 「アルカサル-王城-」外伝もやってほしいな。

第974回 修道士ファルコ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

青池保子「修道士ファルコ」既刊4冊

 ひさびさに本屋さんで少女漫画の棚を閲覧していると記憶にある題名が。
 「修道士ファルコ」4巻だと?
 むかし大判の1巻(1992年)と2巻(2001年)を買って、それで終わったと思っていたのに、いつの間に!
 完結した「アルカサル-王城-」のスピンオフだった作品だが、再開して秋田書店から新装版と続編が出たのか。
 とりあえずお揃いの4冊を購入。

 1巻を読み直して、 ああ!ドン・ペドロ王、懐かしいな~。
 時代は14世紀後半。《ファルケハイム・フォン・ナバーラ(ナバーラの鷹)》と異名を取った騎士だったが、故あって修道僧となったドイツ系スペイン人のファルコ。
 イベリア半島のカスティリア王国の修道院に居たが、ドン・ペドロとの縁でドイツのリリエンタール修道院に身を寄せることになる。
 彼にはいくつかの秘密があった。修道僧ならかならず頭頂部の髪の毛を剃る「トンスラ」を行わなければならないのだが、彼の頭頂部には背徳的な形のアザがあったのだ。
 周りの修道僧を惑わすやもしれないアザを隠すため、彼はトンスラを許されない修道僧となった。
 このリリエンタール修道院の面々が面白い人物ばかりだ。
 様々な事件をファルコたちは解決していく。

 新装版1巻にはChapter1~5-Ⅰまで収録と講談社の猫マンガ・アンソロジーに掲載された「笑い猫の肖像」が収録されていてお買い得である。

            修道士ファルコ

第169回 エロイカより愛をこめて

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

青池保子「エロイカより愛をこめて」39巻
 いや~、エロイカ35周年ですか~。早いもんだ。
 「アルカサルー王城ー」が24年目で完結したのだから、息の長い漫画家さんです。
エロイカより愛をこめて 39

 第39巻の内容は
「聖ヨハネの帰還」完結編
 NATOのエーベルバッハ少佐とロシア諜報部「仔熊のミーシャ」の共同捜査とは、世界情勢も大きく変化したものです。
 キプロスなんて世界地図のどこにあるか知りませんでした(笑)

 番外編「お茶会攻防戦」
 情報部の部下を侮ってはいけませんよ、情報部長。
 「聖ヨハネの帰還」の後始末も終了。サプライズ・パーティー編でした。

 番外編「コッツウォルズの手稿本」
 グローリア伯爵のご先祖に関わるお話。
 初代は「七つの海七つの空 」の主役をお勤めになった海賊さんですね。敵役に人気を奪われていましたが(笑)
 「エル・アルコン-鷹ー」はおもしろかったな。