まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2214回 蔵書管理2018年 3月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2018.03

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。3月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2018年 3月31日で23,063冊(先月増+27冊)となった。 
 先月よりも減ってる。(笑)
 原因は「ランス10」だな。クリアするまで低迷しそうだ。

 現在の内訳は
 小説  7,419冊
 コミックス 15,194冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2018年 4月の予定
 まずい、今月はローダンを読んでないぞ。溜まってきたな。

 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第56回

 半村良 「伝説シリーズ」

 西尾維新さんの「伝説シリーズ」が完結したが、その昔、半村良さんにも「伝説シリーズ」があった。
 
 ・黄金伝説  ・英雄伝説  ・平家伝説  ・獣人伝説
 ・聖母伝説  ・戸隠伝説  ・魔女伝説  ・女神伝説
 ・死神伝説  ・楽園伝説  ・巨根伝説  ・長者伝説
 ・魔神伝説
                 黄金伝説
 まあ、「**伝説」というタイトルが付いただけの伝奇小説である。
 伝奇小説の草分け的存在で、ヒッターが学生時代に愛読した作家です。
 「戦国自衛隊」など、後の架空戦記ブームへの火付け役でもあったなあ。

 「太陽の世界」はちゃんと終わらせてもらいたかった。

スポンサーサイト

第2183回 蔵書管理2018年 2月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2018.02

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。2月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2018年 2月28日で23,036冊(先月増+30冊)となった。 
 先月より減ったが、2月は日数が少ないので良しとしよう。

 現在の内訳は
 小説  7,412冊
 コミックス 15,174冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2018年 3月の予定
 海外長編ものとローダン本国版を整理したい。

 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第55回

 デイヴィッド・ウェーバー 「セーフホールド戦史(Safehold )」シリーズ

 シリーズといっても第1作「オペレーション・アーク(Off Armageddon Reef)」しか翻訳されていない。

 24世紀。銀河系に植民惑星を広げていた人類は強大な敵に遭遇し、人類文明は滅ぼされた。
 しかし、最後に囮になった艦隊は密かに脱出艇を用意し、自人類の種子を残す計画「オペレーション・アーク」を実行する。

 遠く離れた地球型惑星セーフホールドに人類は再び繁栄し始めた。
 地球を滅ぼした異星人は、科学技術が一定水準以上の達した星系を破壊しているらしい。
 よって、新植民地の科学技術は中世初期に留められるように管理されている。
 だが800年の冷凍睡眠から目覚めた地球連邦宇宙軍の女性士官ニミュエ・アルバンは、異星人への復讐のため、失われた地球文明を復活させようとするが、それはとてつもなく困難な道であった。
 オペレーション・アーク 1 オペレーション・アーク 2
 オペレーション・アーク 3
 この世界にソロバンという文明の利器を作って教え始めるところは面白かったな。
 ガレー船ぐらいしかない時代にスクーナー型帆船を作って戦争を始めちゃったりします。
 なんで続編が翻訳されないのだろうか。
 売れなかったのかなあ。

1. Off Armageddon Reef(2007)) 『オペレーション・アーク』全3巻
2. (未訳) (By Schism Rent Asunder(2008))
3. (未訳) (By Heresies Distressed(2009))
4. (未訳) (A Mighty Fortress(2010))
5. (未訳) (How Firm a Foundation(2011))
6. (未訳) (Midst Toil and Tribulation(2012))
7. (未訳) (Like a Mighty Army(2014))
8. (未訳) (Hell's Foundations Quiver(2015))

第2155回 蔵書管理2018年 1月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2018.01

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。1月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2018年 1月31日で23,006冊(先月増+32冊)となった。 
 大幅にダウンである
 ちょっとゲームのやりすぎらしい。月半ばでこれはまずいなと思っていたが、ブレーキがかからなかった。
 来月はちょっと取り戻そう。

 現在の内訳は
 小説  7,400冊
 コミックス 15,156冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2018年 2月の予定
 どんどんローダンが溜まっていく。
 アンソロジーものを消化。
 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第54回

 横溝美晶 アーバン・ユニコーンシリーズ 全7巻


 今月、ハヤカワ文庫版ウルフガイシリーズが復活したので思い出した。
 設定的にはアダルト・ウルフガイシリーズのようなもの。

 1.聖獣紀
 2.聖獣紀 蛇身の美女
 3.聖獣紀 一角獣復活
 4.一角獣秘宝伝(上)
 5.一角獣秘宝伝(中)
 6.一角獣秘宝伝(下)
 7.獣神伝
              アーバン・ユニコーン 1

 鬼の血を引く不死身の男・葛城乱の活躍を描いた伝奇シリーズであった。
 不死身化すると額に1本角が生えてくるんですね。
 さすがに内容を詳しく覚えていないし、家の中のどこかのダンボールに入っているはずだが探せない。
 ネットで検索しても詳しい情報がないな。
 いつか書庫を作って蔵書を全部、書架に並べたいものだ。
 

第2124回 蔵書管理2017年12月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2017.12

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。12月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2017年12月31日で22,974冊(先月増+44冊)となった。 
 まあまあかな。月50冊台に持っていきたいな。

 2017年のトータルは474冊であった。

 現在の内訳は
 小説  7,390冊
 コミックス 15,134冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2018年 1月の予定
 またローダンが溜まってきたな。
 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第53回

 片岡 義男

 蔵書リストを眺めていたら、高校時代にはまっていた片岡 義男作品のタイトルが目に入った。
 ああ懐かしいなあと思いつつ、今、読んでも面白く思うのだろうか。
 調べてみると、さすがに近年は執筆量が落ちているな。
 エッセイが多いのかな。

 ヒッターの持っているのは
 ・アップルサイダーと彼女
 ・スローなブギにしてくれ
 ・トウキョウ・ベイ・ブルース
 ・ときには星の下に眠る
 ・ハロー・グッドバイ
 ・ボビーをつかまえろ
 ・マーマレードの朝
 ・ラジオが泣いた夜
 ・愛してるなんて とても言えない
 ・人生は野菜スープ
 ・彼のオートバイ 彼女の島
 ・僕はプレスリーが大好き
 ・味噌汁は朝のブルース
                    スローなブギにしてくれ
 なんかこの辺で飽きたらしい。(笑)

第2093回 蔵書管理2017年11月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2017.11

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。11月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2017年11月30日で22,930冊(先月増+42冊)となった。 
 少しペースが落ちた。ゲームやってたせいだな。

 内訳は
 小説  7,370冊
 コミックス 15,110冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2017年12月の予定
 先月と同じくアンソロジーもの、長編ものを片付けたい。
 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第52回

 平井和正「時空暴走気まぐれバス」

 来年は「日本SF傑作選4 平井和正」や「狼の紋章【新版】」「狼の怨歌【新版】」が予定されている。
 そのうち「ABDUCTION-拉致-」を掘り出して紹介しようと思っているが、その先駆けとなったのが「時空暴走気まぐれバス」であった。

 高校生・野々村武志が乗り合わせたバス。
 そこにはなんと高校生時代の自分の母親が乗っていた。
 なぜか灼熱の砂漠に到着したバス。
 異様な行動を取る乗客たち。
 女学生・相田照美が未来の自分の母親だと知っても、とても気になる武志くん。
                    時空暴走気まぐれバス
 自分の母親を好きになるなんていけませんねえ。

 この作品は「ABDUCTION-拉致-」シリーズの第1作になる時点で内容が改変されました。

 1.WAYWARD BUS -気まぐれバス-(大改訂版)〈全2巻〉
 2.STRAY SHEEP -迷い子-〈全4巻〉
 3.ABDUCTION -拉致-〈全5巻〉
 4.SILENCE -沈黙-〈全4巻〉
 5.SHADE -翳-〈全3巻〉
 6.CAPRICIOUS -移り気-〈全2巻〉
 
 さすがに20冊分読むのはきつかったですねえ。(笑)
 果たしてどこら辺に埋まっているだろうか?