まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2063回 蔵書管理2017年10月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2017.10

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。10月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2017年10月31日で22,888冊(先月増+48冊)となった。 
 今月も頑張ったな・

 内訳は
 小説  7,353冊
 コミックス 15,085冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

2017年11月の予定
 アンソロジーものが片付かない。長編ものも溜まってるな。
 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第51回

 豊田有恒 
 60~80年代のSF作家の傑作選が出ているが、豊田有恒氏の作品もよく読んでいたなあ。
 蔵書リストを見ると「ダイノサウルス作戦」と「カンガルー作戦」という並行世界ものを覚えている。
 前者は恐竜類がそのまま進化していたら。後者は有袋類が地球の生物界の頂点に立った世界。
 こういうスタンスのSFは読んだことがなかったので、とても興味深かった。
 ダイノサウルス作戦 カンガルー作戦

 「サイボーグ王女」というのが頭に引っかかっているのだが、連作短編集だったかな?
 なんか無性に読み返したくなってきたが、どんな話だったか。
 サイボーグ王女

スポンサーサイト

第2032回 蔵書管理2017年 9月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2017.09

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。9月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2017年9月30日で22,840冊(先月増+45冊)となった。 
 読書の秋ですね。。

 内訳は
 小説  7,337冊
 コミックス 15,053冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2017年10月の予定

 アンソロジーものの消化。「航空宇宙軍史」を片付けたい。

 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第50回

 ポール・アンダースン「百万年の船」 THE BOAT OF A MILLION YEARS (全3巻)

 何百万人、何千万人にひとりの割合で産まれる不死者たち。
 紀元前310年。フェニキア人のハンノは成人してから歳をとらなかった。
 軽い怪我などはすぐに癒え、病気にもかからない。
 そのような不死人がシリアにも、中国にも、日本にもいた。
 不死者といえど、剣で切られて欠損した部位は戻らないい、心臓を刺されれば死ぬ。
 そして子供には不死性は伝わらないので、結婚しても妻や子供は先に死んでしまう。

 そんな、彼らの物語が短編形式で綴られていく。
 長い年月の間に不死者同士は顔見知りになっていく。
 同時に現代社会の中では身分証明の点で、非常に生きにくくなってきた。
 そして、ついに不死者の存在が明らかにされた、
 百万年の船1 百万年の船2
 百万年の船3
 不死者を扱ったSFにはロバート・A・ハインラインの「メトセラの子」「愛に時間を」があるが、これもヒッターの記憶に残った名作です、
 作中で死んでいく不死者や片腕を無くす不死者もいましたが、最後にほぼ全員が集合するところが印象に残っています。
 先日、アニメ「異世界食堂」の最終回で、長命のハーフエルフ・アレクサンデルが、自分の息子の墓参りに行き、そこで自分の会いした女性・アーデルハイドと同じ名前を持つひ孫に会う場面で、この小説を思い出しました。
 

第2002回 蔵書管理2017年 8月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2017.08

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。8月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2017年8月31日で22,795冊(先月増+39冊)となった。 
 暑さに負けた。

 内訳は
 小説  7,310冊
 コミックス 15,035冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2017年9月の予定

 「航空宇宙軍史」、アンソロジーものが溜まってるな。

 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第49回

 筒井康隆 七瀬三部作

 「日本SF傑作選」で筒井康隆先生の短編を楽しませてもらったが、長編も面白いものが多かったなあ。
 「俗物図鑑」「旅のラゴス」「大いなる助走」はまた暇があれば読みたいものだ。
 それでも三部作となったこの作品は名作である。

 1.家族八景
 2.七瀬ふたたび
 3.エディプスの恋人
 家族八景 七瀬ふたたび
 エディプスの恋人

 超能力者が自分の能力を知られないように、一般人に紛れて暮らしていくというパターンを作り出したのは、この作品からではなかろうか?
 NHKの「少年ドラマシリーズ」では、よく当時のジュブナイルSFをドラマ化していたが、その中にも「七瀬ふたたび」があったのを覚えている。
 多岐川裕美さんが七瀬役だったんだよな~。

第1971回 蔵書管理2017年 7月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2017.07

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。7月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2017年7月31日で22,756冊(先月増+42冊)となった。 
 まあまあかな。

 内訳は
 小説  7,294冊
 コミックス 15,012冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2017年8月の予定
 もう暑くて何も考えれない! (´;ω;`)

 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第48回

 三原順「はみだしっ子」

 先日亡くなった母の遺品整理をしていたら、懐かしいものが出てきた。
 LETTER PAD LETTER Rack青 LETTER Rack赤
 記憶ではレターラックは緑のものもあった気がするのだが、見当たらない。

 いや~、懐かしいからKindle版買おうかなと悩んでます。(笑)
 単行本
 ・われらはみだしっ子 三原順傑作集
 ・はみだしっ子2 夢をごらん 三原順傑作集2
 ・はみだしっ子3 そして門の鍵ほか
 ・はみだしっ子4 山の上に吹く風は
 ・はみだしっ子5 奴らが消えた夜
 ・はみだしっ子6 裏切者
 ・はみだしっ子7 窓のとおく
 ・はみだしっ子8 カッコーの鳴く森
 ・はみだしっ子9 ブルーカラー
 ・はみだしっ子10 つれて行ってその1
 ・はみだしっ子11 つれて行ってその2
 ・はみだしっ子12 つれて行ってその3
 ・はみだしっ子13 つれて行ってその4
 ・ロング アゴー  
 われらはみだしっ子 はみだしっ子2 はみだしっ子3 はみだしっ子4 はみだしっ子5 はみだしっ子6 はみだしっ子7
 はみだしっ子8 はみだしっ子9 はみだしっ子10 はみだしっ子11 はみだしっ子12 はみだしっ子13 ロングアゴー 三原順

 前にも三原順さんのことは書いたが、早世が悔やまれます。

第1942回 蔵書管理2017年 6月

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蔵書管理 2017.06

 月イチの個人ネタ。単なるメモである。6月に読んだ本をチェックする。
 ACCCESSデータベースに登録した蔵書は2017年6月30日で22,716冊(先月増+44冊)となった。 
 今月はコミックをまとめ買いしたからな。

 内訳は
 小説  7,284冊
 コミックス 14,982冊
 エッセイ、NF他 450冊 である。

・2017年7月の予定

 なんとしてもローダンを片付ける。

 ------------------------------------------------------------
 昔読んだ本ネタ 第47回

 吾妻ひでお 

 最近、やたらと吾妻ひでおが読みたい。
 読みたいのだが埋まっている地層が深すぎて、取り出せない。

 やはり、この「吾妻ひでお作品集」「Hideo Collection」がベストだった時代なんだよなあ。

 吾妻ひでお作品集
 1.メチル・メタフィジーク
 2.贋作ひでお八犬伝
 3.格闘ファミリー
 4.ざ・色っぷる
 メチル・メタフィジーク 贋作ひでお八犬伝
 格闘ファミリー  ざ・色っぷる

 Hideo Collectionは表紙が素晴らしい。裏表で1枚の絵になっているのだ。
 1.ひでお童話集
 ひでお童話集

 2.十月の空
 十月の空

 3.すみれ光年
 すみれ光年

 4.天界の宴
 天界の宴

 5.大冒険児)
 大冒険児

 6.陽はまた昇る
 陽はまた昇る

 7.ときめきアリス
 ときめきアリス

 中古を探してみようかしら?