まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1802回 キマイラ・吼(10.5)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

夢枕 獏 キマイラ吼・シリーズ 18 鬼骨変

 朝日ノベルズ判は買ってあるのだが、角川文庫版で揃えるために購入。
 コレクターは辛い。

 まあ、再度読む時間がないので、購入したということだけ日記に載せておこう。
              キマイラ18

 「神々の山嶺(上)(下)」が買い置きの山にあるのだが、なかなか読み始められない。
 (´;ω;`) 

スポンサーサイト

第1773回 キマイラ・吼(12)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

夢枕 獏 キマイラ吼・シリーズ 12 曼荼羅変

 本巻はシリーズ通算20巻目となる。

 九鬼麗一が中学三年の頃、円空山で九十九三蔵と出会った。
 翌年、彼らと阿久津元、亜室由魅は西城学園に入学する。
 思春期になり、身体に異常が生じ始めた九鬼。
 共に真壁雲斎の指導を受けた二人が、後に命を賭けた死闘を行うことになるとは、どちらも思っていなかった。いや、少なくとも九十九三蔵は。

 ふたりが箱根の九鬼玄造の別荘で見つけた二枚の写真。
 そこには二歳くらいの九鬼麗一と、赤ん坊を胸に抱いた九鬼の母・智恵子。そして傍らには、九鬼によく似た顔の男が寄り添っていた。

 当時、西城学園を支配していたのは空手部の隠れ蓑を被った「もののかい」というグループ。
 「もののかい」の人間狩りに関わってしまった九十九三蔵、九鬼麗一、亜室由魅。
 《トランシルヴァニア症候群》とは何なのか。
 九鬼麗一が西城学園を支配すことになる以前の物語。
                  キマイラ曼荼羅変

 すいません、真壁雲斎が亜室健之と《ルシフェル教団》の話をしていたはずなのに、なんでこっちへ脱線しちゃったんですか。(笑)
 まあ、面白かったからいいけど。

 あと3~4巻で終わらすってホントかな?
 次巻「堕天使変」は来年の春ころか。

第1568回 陰陽師 蒼猴ノ巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

夢枕獏 「陰陽師 蒼猴ノ巻」

 なんかひさびさに「陰陽師」を読んだ気がする。

 収録
 ・鬼市
 ・役君の橋
 ・蛇の同行
 ・月の道
 ・蝦蟇念仏
 ・仙桃奇譚
 ・安達原
 ・首をかたむける女
 ・舟

 好きなのは蘆屋道満の独壇場になった「仙桃奇譚」ですね。
 なにやら晴明と源博雅に因縁ができてしまった青猿はこれからも出てきそうだな。
 猿の恋路を邪魔しちゃいかんのか(笑)

 清明としてもやるせない結末だったのが「蛇の同行」ですな。
 博雅さんの慰めで精神をリカバリーしたようです。
                  陰陽師 蒼猴ノ巻

 なんかむかしの「印度怪鬼譚」のようなのが読みたいな。

第1519回 新・餓狼伝 巻ノ参

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

夢枕 獏 新・餓狼伝 巻ノ参 武神伝説編

 面白い!

 そう書くしかないなこれは。
 松尾象山と磯村露風のコンビが絶妙である。
 このふたりの会話をずっと読んでいたい気がする。(笑)

 丹波文七の前に新たなる強敵、京野京介が現れる。
 ボクシングの試合でボクシングの技を使わずに勝つ男。
 打撃系とも関節技とも違う格闘の技術。
 相手の力を最大限に利用して倒す技。

 磯村の古式柔術ヤマト流と、姫川勉の父・源三の須玖根流とはどんな因縁があるのか。
              新・餓狼伝 3

 こんなクリフハンガーでいつも終わってしまうので困っちゃう。
 はやく続きを書いてください、獏さん。

第1453回 キマイラ・吼(11)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

夢枕 獏 キマイラ吼・シリーズ 11 明王変

 本巻はシリーズ通算19巻目となる。
             キマイラ明王変

 前年に天山山脈内で発見された遺跡。
 そこには数体の奇妙な木乃伊が隠されていた。
 明らかに人とは思えない異形の姿に中国当局は本格的に調査に乗り出し、アメリカも動き出したという。

 真壁雲斎と大鳳吼に語られた雪蓮の一族に伝わる「第十のチャクラ」の秘密。
 不老不死の仙人を目指したという赤須子。
 妻子を奪われ異形の者と化した赤須子を止めようとした李耳(老子)。
 ゴータマ・シッタールダが目撃した《狂仏(ニョンバ)》の先へと通ずる秘儀。

 それを聞いた雲斎は、これ以上関わるなと九十九三蔵を諭す。
 だが、三蔵も後に引くことはできなかった。
 織部深雪を拉致したフリードリッヒ・ボックの属する《ルシフェル教団》も、その秘密の一端を握っているのか。


 うーむ、寄り道が長いな。話がほとんど進んでいない。
 前々から登場していた赤須子の話と、とりあえず10番目のチャクラが判明したところで次巻「曼荼羅変」へということですな。
 菊地VSグリフィンをもっと読んでみたい。

 初文庫化の「玄象変」もコレクションとして購入。
                 キマイラ玄象変