まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1176回 インフィニティー・ブルー

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

平井和正「∞BLUE(インフィニティー・ブルー)」INFINITY BLUE

 今年の1月に急性心不全で亡くなられた作家・平井和正。(享年76歳)
 知ったのが最近ので、ちょっと冷却期間を置きました。
 第35回日本SF大賞にて功績賞を贈られたということで、多くの作家、漫画家に影響を与えた功労は大きい。
 
 ほぼ最後の作品となる「∞BLUE」だが、平井和正の作品らしい良い部分と悪い部分は健在である。

 全米一のマフィアのドン、オールドマンの孫ジョナサン(17歳)は、二卵性双生児の弟マルコとの跡目争いを余儀なくされていた。
 マシナリー技術により複数の肉体を使い分けるマルコに命を狙われるジョナサン。
 だが、殺し屋を返り討ちにしたジョナサンは、自分がマフィアの一員だったと改めて自覚する。

 《夢の女》サチコとは、あの「8マン」の・・・?

 読むんじゃなかった。読んで良かった。
 両方の気持ちが入り混じる読後の寂寥感が残るのは平井和正作品の特徴ですね。

 ヒライストのヒッターは「ウルフガイ」と「幻魔大戦」が完結していて良かった。
 あと「悪霊の女王」の続きが読めなかったのが残念だったと思いつつ、黙祷を捧げたいと思います。

          インフィニティー・ブルー〈上〉 インフィニティー・ブルー〈下〉

スポンサーサイト

第1091回 ウルフガイ 狼の紋章 コンビニ版

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

平井和正 「ウルフガイ 狼の紋章」コンビニ版
  平井 和正 (原作), 田畑 由秋 (脚本), 余湖 裕輝 (作監), 泉谷 あゆみ (作画)

  ウルフガイ コンビニ版
 4ヶ月にわたって買い集めていたコンビニ版が全4冊揃ったので一気読みをする。
 やはりこれは名作だな~~! ちょっと分厚くて読むのに一苦労だかったが(笑)

 1.中学崩壊編
 2.新月惨劇編
 3.拉致絶望編
 4.永遠不滅編


 久々に原作を読み返したいが、かなり古い地層に埋まっている。
 そのうち「狼の怨歌」も描いてくれないかな。
 西城恵の登場を期待したい。

 ウルフガイ狼の紋章 中学崩壊編 ウルフガイ狼の紋章 新月惨劇編
 ウルフガイ狼の紋章 拉致絶望編 ウルフガイ狼の紋章 永遠不滅編

第864回 アダルト・ウルフガイ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

平井和正 「アダルト・ウルフガイシリーズ」Adult Wolf Guy

 下書きしたままUPするのをすっかり忘れていた。なぜかというと、一篇だけ内容を思い出せない話があったので調べていて判らず、そのままだったのだ。

 少年・犬神明と違い、性格的には神明に似ている大人の犬神明。
 この”SFハードボイルド小説”アダルト・ウルフガイシリーズは、ウルフガイシリーズと別の意味で各界に多大な影響を与えた。
 コミックで言えば、寺沢武一さんの「コブラ」が最も影響を受けた作品と言えるだろう。

 1.狼男だよ
 狼男だよ アダルト・ウルフガイシリーズ(1)
 おれの名は犬神明、一匹狼のトップ屋(ルポ・ライター)だ。一匹狼はたとえじゃない。本当の狼、すなわち人狼なのだ!
 トラブルメーカーの宿命で、トラブルは向こうからやてくるので商売繁盛だ。
 常人にはない特異な能力を持つおれは、月齢十五日、つまり満月が近づくにつれ、驚異の生命力と体力を発揮するのだ。

 夜と月と狼
 狼は死なず
 狼狩り
 犬神明初登場の3篇を収録。

 2.狼よ、故郷を見よ
 狼よ、故郷を見よ アダルト・ウルフガイシリーズ(2)
 地底の狼男(ウルフ・ガイ)
 狼(ウルフ)よ、故郷を見よ

 中編2篇を収録。故郷へ戻った犬神明を待ち受けていたものとは?

 3.人狼地獄
 人狼地獄 アダルト・ウルフガイシリーズ 3

 ブラジル、リオで失踪した親友の石崎郷子の行方を追って、ゴキブリと同じくらい嫌いな飛行機に乗った犬神明。
 だが、明るくやさしい笑顔で迎えてくれた通訳の女性エリカを拷問され殺された。
 立ちふさがるライオン・ヘッドなる呪術者。
 狼男、最大の復讐行が始まる!

 4.人狼戦線
 人狼戦線 アダルト・ウルフガイシリーズ 4
 犬神明の部屋を訪れた美少女が「脅迫されている、助けてください」と訴えた。
 しかし、それは狼人間を利用しようとするJCIAの遠大な罠だった。
 日本に携帯核兵器を持ち込もうとするテロリストに立ち向かう犬神明。 
 
 5.人狼、暁に死す 
 人狼、暁に死す
 人狼、暁に死す
 虎よ! 虎よ!

 中編2篇を収録。事故に遭い、居合わせた犬神明の血を輸血された少年。
 だが、人狼の強力無比な活力が輸血で与えられるとは知らなかった。生来の残忍さに加え、狼男の凶暴な力をも得た少年はやがて、大企業を相手に略奪の限りを尽くし始める。
 しかし、悲劇はまだ始まったばかりだった。

 6.ウルフガイ 不死の血脈
 ウルフガイ不死の血脈 アダルト・ウルフガイシリーズ 6
 犬神明が好意を持った巨漢・大滝雷太。が好きだった。
 しかし、雷太との出会いは破滅的な運命へと転がり出したていく。
 ふたりは不死身の血統を背負った狼人間同士だったのだ。

 7.ウルフガイ 凶霊の罠
 ウルフガイ 凶霊の罠 アダルト・ウルフガイシリーズ 7
 死んだ大滝雷太には妹がいた。雷太と妹の志乃の間には破滅的な血の縺れがあり、雷太が故郷を出奔したのはそのせいだった。
 雷太が妹を恐れていたのは、彼女が魔女だったせいだ。志乃の怨恨は雷太を殺した犬神明に注がれた。
 だが、不死身の狼人間には呪いが通じないかわりに周辺の人間たちに不幸は襲いかかった。
 親友の石崎郷子が発癌、次におれの隣人の可愛い幼女、美美が不治の業病に冒された。
 しかし、それは手始めに過ぎなかったのだ。

 8.ウルフガイイン・ソドム
 人狼天使(ウルフ・エンジェル) 第1部 憑霊都市

 ウルフガイ イン・ソドム アダルト・ウルフガイシリーズ 8
 神の怒りを買った背徳の魔都ソドムに迷い込んだ犬神明。
 これは前世の記憶なのか。
 なぜ犬神明の周りには凶事が起こるのか? 太古より続く魔族の裏切り者の運命なのか。
 喧嘩屋商売のカルデアのウルとなった犬神明は、自らの出自を知る。

 9.ウルフガイ 魔天楼 人狼天使 第2部
 ウルフガイ 魔天楼 アダルト・ウルフガイシリーズ9
 不死の秘密を探る"メトセラ・プロジェクト"に巻き込まれた犬神明。
 神の使徒にされてしまい、ニューヨークという特大の魔都で"サタンの城"を攻略せよという指令が出た。
 邪悪なのはもともと好きではないが、神の権威をかさに着て、悪魔のみなさんを袋叩きにするのもちょっとなんだなあ、という気がする。
 狼男はどう見ても神の使徒というより悪魔の使いというイメージではないか?
 悪の波動に満ちた街で調査に乗り出した犬神明を、邪悪な思想が襲う!
 憑霊された現代のソドム・ニューヨークに単身乗り込んだ不死身の狼男(ウルフガイ)の壮絶な戦いを描く。

 10.ウルフガイ 魔界天使 人狼天使 第3部
 ウルフガイ 魔界天使 アダルト・ウルフガイシリーズ 10
 ブリザードが吹き荒れる厳寒のニューヨーク。
 悪魔どもの手中に落ちてしまった大天使ミカエルのうつし身マイク・ブローニングを助け出したのも束の間。
 現代のソドムと化した背徳の都市・ニューヨークに、さらなる災厄が降りかかろうとしていた。
 人類を破滅へ追いやらんとする魔手が蠢く中、ひとり孤独な戦いを続ける犬神明に勝利の日は訪れるのか?。 

 番外 若き狼の肖像
 ウルフガイ 若き狼の肖像 アダルト・ウルフガイシリーズ 11
 学生トップ屋(ルポライター)犬神明。
 そんなおれに三星財閥令嬢・石崎郷子に近づくなという脅迫がきた。その直後、石崎家の執事から、失踪した郷子の行方を追ってほしいという依頼が舞い込む。
 おれは淫乱な金持ち娘なんかに興味はないんだが、狼人間を脅そうなんて了見はやめたほうがいいんだがなあ、というわけで、へそまがりのおれは俄然元気になる。
 おれはいつの間にか大変な事態に巻き込まれていることに気づいた。つまり国際的犯罪事件に首を突っ込んでいたのである。

 若き日の狼男・犬神明と蛇姫・石崎郷子との出会いの物語。

 
 残念ながら 魔界天使以降は書かれておらず、未完です。

第738回 ボヘミアンガラス・ストリート

Posted by ヒッター7777 on   4 comments   0 trackback

平井和正 「ボヘミアンガラス・ストリート」 Bohemian Glass Street

 1994年から発表され、電子書籍の先駆けとなった作品。
 ストーリーは少年ジャンプで連載され、アニメ化されたまつもと泉「きまぐれオレンジ☆ロード」にインスパイアされたという異色作品で、Kindle版はイラストをまつもと泉が担当している。
 ウルフガイを書いていた頃からライフワークは「ルシファー伝」だと言っていたが、期せずしてアットホーム版「幻魔大戦」と言われるこの作品で「ルシファー伝」が完成してしまったようだ。

 第1部 発熱少年
 第2部 やさしい嘘つき
 第3部 リハーサル
 第4部 ランデヴー
 第5部 廃墟の花
 第6部 ラヴレター
 第7部 闇の中の蛍
 第8部 ウィンドウズ
 第9部 さよならが言えない


 大上円(おおがみ えん)は、29日周期で42度の高熱を発する虚弱で特異体質の持ち主。
 新都心・東京ウィング・シティに引っ越してきた途端、暴走族に襲われている少女・百合川蛍(ゆりかわ ほたる)を救う。
 大上円と百合川蛍との出会いが“世界の変化”の始まりだった。
 
 何者かに追われ、転居を繰り返す大上円の家族は、皆、特異能力の持ち主だった。
 その能力ゆえに逃亡を続ける大上円と貿易業をしているらしい父親、妹のくるす、すばる、ななこ。

 螢は妹分の白山小雪が大上円に思いを寄せていることを知る。
 円が蛍を好きなことを気取られ、小雪を傷つけないように蛍は身を引くことを決意する。
 しかし円君は、詩人・立原道造を愛する少女、伊福部晶子からのアプローチを受け始めた。
 円、蛍、小雪のトライアングルに、伊福部晶子まで加わってしまった。
 その伊福部まで“発熱少女”のメンバー入りする。大上円に想いを寄せる少女だけに“伝染”する異常な発熱現象は、いったい何を意味するのだろうか。
 ますますほつれる網のような関係にからめとられてしまった円は、蛍への想いもハングアップしたまま、ついには蛍の抱える秘密まで知ってしまう。

 だが、この世界でも大上ファミリーに追っ手が迫っていた。
 世界の歪みは予想以上に進行し、浅間山、富士山が不穏な動きを見せる。追っ手はこの世界ごと”ファミリー”を消去しようとしているのか?
 そして家出して押しかけてきた不良少女・小杉杏子の面倒を見るうちに、円は彼女の健気さにうたれ、強い憐憫を覚えていく。
 けれど憐憫とは愛情と勘違いしやすいもの。さらに大人の女性・るり子サンの部屋を訪れた円は、あまりに官能的な事態に出会ってしまう。
 モテまくる円に「あたし、挫けないよ。10回でも20回でもやり直すから」。その蛍の台詞は強力なフォースを発揮し、ボヘミアン・円の放浪は”世界を変更”して続く。

 謎の黒衣の貴婦人・ステラさんのフォースの助けを借りて、大上円は遂にこの世界の謎を次々に解き明かしていく。
 妹だと思っていたくるす、すばる、ななこは何者だったのか。
 円の父親に課せられた使命とは。
 円の目から見た世界の構造はいかなるものか。
 “ウィンドウズ”に秘められた世界の真実とは?
 崩壊していく世界の中で、次元の彼方へと失ってしまった蛍を探すため、大上円は世界を修復するフォースを発動させる!
 壊れていく世界の中に、“ファミリー”を離れてただ一人残った大上円は、愛する女性たちと共に新しい“ファミリー”を作り上げる。
 ボヘミアンガラス・ストリート〈第9部〉さよならが言えない

 巻末には「何よりも私はこの最終巻を真っ先に書きたかった!」(平井和正)とあります。

 この作品が発表されたのはパソコンのプラットフォームが「Windows 95」のころなんだよね。すごいね。
 ステラさんは他の作品にもチラチラと登場していますが、その正体は?
 書籍版が1巻ずつ発行されるたびに買って読んでいたが、次巻が出るのが待ちきれなかったな~
 平井和正作品として比較的早く完結したのは、上記のように作者が早く最終巻を書きたかったからなのね。

 「Wiki」より
 「ボヘミアンガラス・ストリート」は、少年時代から「いつか最高のラブストーリーを書きたい」という願望のあった平井が、病床でテレビアニメ「きまぐれオレンジ☆ロード」の再放送を見たことがきっかけで誕生した。
 平井は自身で単行本一冊分の「きまぐれオレンジ☆ロード」のストーリーをイメージしてしまったが著作権上発表することができないため、設定を置き換え自分の作品として作り直したことを単行本のあとがきで語っている。

第658回 超革命的中学生集団

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

平井和正 「超革命的中学生集団」

 まずタイトルがすごい。どうやってこんなタイトルを思いついたのか?
 超革命的中学生集団

 これは現代のライトノベルの先駆的作品。元祖ラノベのひとつと言える小説でした。
 なんと登場するキャラクターは作者の知り合い、実在の人物をモデルにしております。

 アニメーション「8マン」、石ノ森章太郎「幻魔大戦」の原作、ウルフガイシリーズでSFファンの心を掴んでいた作者が書いたハチャメチャ小説ということで当時、話題になりました。
 この頃は筒井康隆「時をかける少女」、眉村卓「なぞの転校生」などのジュブナイル小説がぞくぞくと出ていましたが、真面目にSFとして書いていたほかの小説とは一線を画するものでした。
 「超革中」はイラストレーターに長らくコンビを組むことになる生頼範義さんを起用し、そのリアルでコミカルなイラストも異色でした。
 この後、朝日ソノラマ文庫で「クラッシャージョウ」、「キマイラ吼」などジュブナイルからラノベへと過渡期に入っていきます。
 超革中2

 現在はe文庫のPDF版かkindle版でしか読めませんね。興味のある方はどうぞ。