まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2049回 境界線上のホライゾン Ⅹ(上)・後編

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅹ(上)」
  Horizon on the Middle of Nowhere Episode X-Part 1


 後半です。ネタバレが含まれています。

 ・伊賀越え
 猛ダッシュの重力加速で《安土》を躱した《武蔵・改》だが、その挙動は読まれていた。
 高速三回転半側転ドリフトで追随する戦艦《安土》。
 「三河」まで逃げ切れば「伊賀越え」は成立。
 だが「三河」到達前に一発でも攻撃が当たれば「伊賀越え」は失敗となる。

 《安土》にスリップ・ストリームに入られた《武蔵・改》から投棄されるゴミ、同人草紙、等身大御神体の山を迎え撃つ《SPEER-08》糟屋・武則と異族部隊。そして戦艦副砲を単騎で抱えて撃ち出す島・左近。
 最初に《武蔵・改》に迫ったのは遠隔魔術師(マギノガンナー)、《SPEER-04》加藤・嘉明と《SPEER-05》脇坂・安治。《武蔵・改》の前方に配置された擬似戦艦《白鷺城》の池田・輝政との挟撃を狙う。
 さらに上空から空対地部隊吶喊中隊《叫食(シャウエッセン)》の加速突撃降下。
 下方から地対空機動殻騎士団《蛮族改(アルトバイエルン)》の突撃の四陣が待ち構えていた。(出番があって良かった(笑))

 ・山崎の合戦
 崩壊を続ける三河湾上空を周回する二隻の巨艦、《武蔵・改》と《安土》。
 「伊賀越え」の成否を不明にしたまま、「大返し」の続きから「山崎の合戦」へと強引にもつれ込ませた竹中・半兵衛。
 「大返し」は羽柴・藤吉郎が居なければ成立しないはずだが、その自動人形のボディは前田・利家に回収され、本来の使用者である《情報生命体》石田・三成が二重襲名していた。
 全長8kmを越す八艦連結都市艦《武蔵・改》が強引な超信地旋回をしながら主砲《小兼定》発射体勢入るや否や、衝角(ラム)戦の準備をしていた六艦連結戦艦《安土》もハンドスプリング式側転で宙に跳ぶ。

 なぜ「羽柴」勢はここまで「武蔵」勢を止めたがるのか?
 三梃一組の神格武装《八咫烏》を持つ特務級スナイパー鈴木・孫一vsアリアダスト《第二特務》キヨナリ・ウルキアガ。
 機動殻《鬼武丸》を纏う島・左近と《病原(ウィルス)情報生命体》大谷・吉継に対峙するアリアダスト《第一特務補佐》立花夫妻。
 そして《第一特務》点蔵・クロスユナイトと《傷有り》メアリが《SPEER-02》加藤・清正と。
 《銀狼》ネイト・ミトツダイラが《SPEER-08》糟屋・武則と。
 《武蔵神道代表》浅間・智が《SPEER-06》平野・長泰と。
 《副長》本多・二代が《SPEER-01》福島・正則と向き合う中、ついに《十本槍》の出自が明かされた。

 読むの3日かかった。
 ホラ10上
 「創世計画」が阻止された未来の“未来の運命を抽出して作られた武蔵の者達の子供 ”。
 それが《二境紋》に狙われ続けた彼らの正体であった。

 伏線回収にかかってますねえ。
 《SPEER-04》加藤・嘉明と《SPEER-05》脇坂・安治はナルゼとマルゴットの血縁のようですが、とうやって子孫を残したのでしょうか。(笑)
 そうすると《SPEER-07》蜂須賀・小六は《第六特務》直政の娘でしょうが、《SPEER-10》片桐・且元は渉外役ということから《副会長》本田・正純の息子でしょうか。


 X巻は上中下の3巻となるようで楽しみであります。

スポンサーサイト

第2046回 境界線上のホライゾン Ⅹ(上)・前編

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅹ(上)」
  Horizon on the Middle of Nowhere Episode X-Part 1


 相変わらず分厚い。

 織田・信長/羽柴・藤吉郎を乗せて月軌道へ向かう“本能寺”を見送り、「本能寺の変」は終了した。
 だが明智・光秀を襲名したトーリたち「武蔵」勢には、これから「山崎の合戦」が待っている。
 ここが事実上の《SPEER-09》竹中・半兵衛と《SPEER-03》石田・三成が指揮する「羽柴」との最終決戦だ。
 先行された「賤ヶ岳の戦い」で疲弊しながらも実力を上げた《十本槍》たちを乗せた戦艦《安土》が大返しで急行する。
 体当たり上等の同型艦に《武蔵・改》は「三方ヶ原の戦い」の再戦を望む。
 数の上では八艦対六艦。同数刺し違えても二艦残れば《武蔵・改》の勝ちだ。

 最大加速で衝角(ラム)戦を挑む《安土》に対し、分厚い集中砲撃を浴びせる《武蔵・改》の副砲群と魔女(テクノヘクセン)航空機動団。
 だが《SPEER-01》福島・正則が突破口を開いた先には《武蔵・改》の姿は無かった。
 全速力で東方に逃げたのである。
 後の松平三大危機のひとつ、《伊賀越え》の歴史再現発動である。
                境界線上のホライゾン X(上)            

 「M.H.R.R.(神聖ローマ帝国)」の地対空機動殻騎士団《蛮族改(アルトバイエルン)》。
 前に登場した空対地攻撃部隊《叫食(シャウエッセン)》と対を成す部隊の活躍の機会はあるのか?
 さあ、松平の《伊賀越え》は途中で犠牲者が続々と出ますが、犠牲者を出さないという理念の「武蔵」勢は、この歴史再現をどうクリアするのか。
 上巻の後半に進みます。

第1562回 境界線上のホライゾン Ⅸ(下)・後編

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅸ(下)」
  Horizon on the Middle of Nowhere Episode Ⅸ-Part 2

 やっと読み終わった。(笑)
 厚すぎるだろう。読み応えはあったが。
         ホラ9
 終盤の大ネタバレです。

  「本能寺の変」
 ついに「本能寺」中心部前の扉に到達した「武蔵」勢。
 ここでネシンバラからの通神が入る。「三征西班牙(トレス・エスパニア)」のフアナの手を借りて解読された《カルロス一世のメモ》の暗号。
  「(元信公の)メサイアは壊れた。信秀公のゴルゴダが正しい。
  スキタイの武器(大罪武装)を巌に収め、夏終わり小玉に頭蓋を収めよ。
  二人の少女はいずこ。」


 そしてと明智・光秀の残した言葉。
 「信秀公のゴルゴダは理論だけが先行した。元信公のメサイアはどうにか出来た。」

 だが、これではまた意味がわからなくなった。
 もうラスボスに直接聞くしかない。(笑)

 一行が大扉を開けて入ったのは中央部の吹き抜けの大舞台。
 そこで待ち受けていたのはホライゾンを中学生にしたような自動人形。《五大頂》の6番:羽柴・藤吉郎だった。
 ホライゾンと同じ「大罪武装(ロイズモイ・オプロ)」を操る羽柴・藤吉郎は、やはり松平・元信公の制作らしい。
 なぜ「大罪武装(ロイズモイ・オプロ)」が二つあるのか?
 これを制御するには感情を一度捨てなければならない。それは誰のものなのか。
 《創世計画》の秘密を明かさない羽柴・藤吉郎に、ホライゾンは物理的話し合いを申し込む。

 いやいや「大罪武装」同士の戦いを、卑怯な手で(文字通り)制したホライゾン。(笑)
 だが、動かなくなった羽柴・藤吉郎の周囲に大量の表示枠(サインフレーム)が沸く。

 警報とともに羽柴・藤吉郎から織田・信長へのOS権限移行と《創世計画》開始の表示枠。
 位相空間へ格納されていく「大罪武装」の後に表示された「断罪武装改良確認」の文字。
 そして大舞台の中央に、一人の人物が現れる。


 八年前に襲名した織田・信長。
 それは十年前に大怪我で死んだはずのホライゾン・アリアダストの肉体を修復し、制御OS《P-01m》を搭載したもの。
 トーリの肩の傷のような跡が全身に八十一箇所もあり、内蔵も一部人工臓器で置き換え、一日二時間くらいしか起きていられないようだ。
 白髪の自動人形ホライゾン・アリアダストは制御OS《P-01s》にホライゾンの“魂”を封じたものだが記憶は失っていた。
 黒髪の織田・信長/ホライゾンは事故の時までの記憶を持ち、OS名のmはマスターを意味するらしい。
 羽柴・藤吉郎は彼女の半自律型外部干渉パーツ《P-02m》である。
 藤吉郎の目を通して見た「武蔵」の梅組メンバーの姿を懐かしく思い、会いたいと思いながら果たせなかった信長。
 感情を取り戻したために、それは懐かしくもあり辛くもある日々が続いた。
 だから今、信長はかつてしていたようにトーリの服装や仕草を真似ている。子供の頃、「真似っ子」をして遊んでいたように。
 今、懐かしい面々との再会に《創世計画》の概要を交えて雑談を欲する。

 黎明の時代、この世界に戻った人々は過酷な環境に立ち向かうため、環境神群を通して《運命》に人格を与えた。
 遺跡に刻まれた「顔のない子供」。子供として設計された《運命》は人類のために力を尽くしたが、その存在は《内裏》に秘匿され、人々は《聖譜記述》に則り、望まれない死を強制されていく。
 《運命》は疲れていき、数千年をかけて悟った。自分がいなければ人間は死なずに済む、と。
 約百六十年前、《運命》は地脈を自分から徐々に切り離し、緩慢な死を選んだ。それが「末世」の始まりである。
 地脈の不可逆開放により「重奏統合騒乱」が起こる。
 そして今年、「末世」は終わり、世界は消えゆく。

 その対処に作られたのが《P-01s》ホライゾン・アリアダストと「大罪武装」:メサイアだった。
 《運命》の人格から悩み、憤りなどの感情を消し去ること。
 しかし使用者が“罪”を嫌悪することで発動するが、《運命》に対して“罪”の意識を叩きつけても無駄なことがわかった。
 元信公は新たに統御システム"焦がれの全域(オロス・フトーノス)"を改造し、信長を設計した。
 そして完成したのが真の説教武装「断罪武装」:ゴルゴダである。
 
《創世計画》とは《運命》そのものを処断し、地脈の開放を止めるもの。だが、《運命》を失えばこの世界は残るがすべての“縁”も切れる。
 《運命》のいる天上の第二の月も影響を受けるので、大洪水が起こるだろう。
 人類は一からやり直さなければならなくなる。だが消え去るよりはマシだ。
 この計画を秘匿していたのは、干渉を嫌う《運命》が「二境紋」によって関係者を連れ去るからだ。
 代わりの案があるならば聞こうと信長は言う。

 ホライゾンは言う。《運命》を殺して事態を解決することは望まない、と。
 おそらく信長は《運命》の依代だ。《運命》と自分をリンクさせて自害する。
 それが《創世計画》の実行手段だ。

 信長は最後に目を細めた笑いでトーリに向けて言う。「私はホライゾン・アリアダストでしょうか。」
 

 ・・・さて、かなりの謎の答えが開示された終盤でした。
 「本能寺の変」が起こったのが9月2日で、この日の《創世計画》発動は「武蔵」勢の卑怯な手で(文字通り)防がれましたが、年内にまだ満月が数回あります。
 信長の生命活動停止によって「本能寺の変」は成立しましたが、「賤ヶ岳の戦い」から戦艦「安土」が大返ししてきます。
 10巻は「山崎の戦い」に移行するのでしょうね。
 「末世」まで残り3ヶ月。「ヴェストファーレン会議」まであと1ヶ月半ですか。まだまだ続きそうですね。

 つぎは「ガールズ・トーク」の3巻ですか?

第1561回 境界線上のホライゾン Ⅸ(下)・中編

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅸ(下)」
  Horizon on the Middle of Nowhere Episode Ⅸ-Part 2

                  GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンIX〈下〉

 厚い。最後まで読みきれなかった。(笑)
 中盤のネタバレです。
 
 「本能寺の変」
 いやいや皆さん、なんで突入前にみんな発情し始めるんですか。(笑)
 「本能寺」を守る防衛艦隊を躱し、主砲《大兼定(ACC-GC0021L)》を撃ち込む"武蔵"だが、莫大な地脈流通経路を分散障壁として無効化される。
 だがこの処理を管理していた制御情報術式プログラム《SPEER-03》石田・三成も少なからぬダメージを負う。
 この隙に降下した「武蔵」主力勢と戦闘団は「本能寺」正面へと走る。
 「賤ヶ岳」を離脱した前田・利家の送り込む《加賀百万G(ミリオネン・ガイスト)》と戦うウルキアガと伊達・成美。
 暗黒大陸出身の“影渡り”の半竜部隊と立花・夫妻の戦い。
 そして門を守るのは一戦闘員として参加した佐々・成政。
 "癒使(イスラフィル"によって大地からの癒しの力を《百合花》として身体能力を大幅に強化した彼を迎え撃つのは、《銀狼(アルジョント・ルウ》ネイト・ミトツダイラと、《機動殻》“奔獣”を纏うアデーレ・バルフェットだった。

 すいません《五大頂》四番はふたりともカレーに弱いんですか。(笑)
 意外に強いペルソナ君。《五大頂》の一角とまともにやりあっています。
 戦いの中で“奔獣”の真の使い方に目覚めるバルフェット。幼くして父を亡くした彼女は、本当の使い方を覚えるには身長が足りなかったのだ。今、アジャストされた“奔獣”が奔る。
 そして大地の力を使うのなら"癒使(イスラフィル"の上位となる《王賜剣一型(EX.コールブランド)》を持つ、木霊系妖精王女メアリの参戦で状況は一変する。

 正門突入前にすでに6人が足止めを食った。
 「本能寺」の内部で待ち受けていたのは《古式自動人形》森・蘭丸と《地上戦特化型半竜》弥助。
 二体のコンビネーションと三重分身“影渡り”対処に苦しむ面々だが、意外なことにこれに対応したのはエロとダンスの神を奉ずる踊り子だった。

 「賤ヶ岳の戦い」
 30分の休戦を挟んで再開される戦いに出場するのは、《「M.H.R.R.」側総長連合:副長》柴田・勝家と御市様。
 柴田の武装は 《聖譜顕装》"意欲の慈愛・新代(アニムス・カリタス・ノウム)"。その権能は「敵対行動を一瞬停止させる」。
 武装が使用者に対する敵対行動とこの認識すれば、攻撃も防御も、その行動を全て一瞬停止させるという卑怯なものである。
 そして《神格武装》“瓶割”を《個人武装》“擬神(ミカール)”で増幅している。戦艦を叩き割ったことがあるという、とても対人武器ではない。

 この二人に対抗できる人間が「羽柴」にはいるのか。
 すでに疲弊している加藤・清正や可児では無理だ。
 対艦砲を持つ《遠隔魔術師(マギノガンナー)》加藤・嘉明、脇坂・安治は実際は支援要員だ。
 島・左近はまだ経験不足だし、使えるのは瞬間的な戦闘能力では清正を超える糟屋・武則ぐらいか。
 だが、、そこにようやく鹿に乗った槍を持った戦士が到着した。
 
 《SPEER-01》福島・正則。
 柴田・勝家と御市様を相手に最初は互角に戦っているように見えた。
 だがスランプから脱出しきれていない。しかし攻防一体となったその動きは、“意欲の慈愛・新代”が敵対行動と判定できないレベルのものだった。
 面白くなってきた大先輩として後輩を指導しようとする利家だが、徐々に力を上げていく正則に一撃を浴びる。
 それが気に障った勝家は、ちょっと本気でヤッってしまった。
 大ダメージを負う福島・正則。そして御市様の致命の攻撃を遮ったのは!?

 いや~二人の誤解が解けて良かったですね~
 互いに相手のことを思いやってついた嘘が、この場のチューで解消されました。
 「賤ヶ岳の戦い」が終わり、近くにいても離れていても二人で一組がこのあと「本能寺」に向かって出発します。

 やはり勝家と御市様はこうなる運命だったのですね。偶然にも433年前の今日、柴田勝家と御市様が自害した日です。
 あとは終盤だが、眠くなったので今日はここまで。

第1560回 境界線上のホライゾン Ⅸ(下)・前編

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川上稔「境界線上のホライゾン Ⅸ(下)」
  Horizon on the Middle of Nowhere Episode Ⅸ-Part 2

 
            境界線上のホライゾン Ⅸ 下
              
 表紙は織田・信長さん。あれ、初登場にしては誰かに似てますねえ。
 前半部のネタバレです。
 
 「賤ヶ岳の戦い」

 「北の庄」北門を守る前田・利家と癒使(イスラフィル)”・まつが制御する八百メートル級霊魂展開術《前田・KG(ケーニッヒ・ガイスト)》。強いですね~、戦艦とガチバトルできるんですねえ。
 戦艦「安土」の主砲射撃をカウンターで打ち返します。カブイてますねえ。
 この障壁に挑む《SPEER-08》糟屋・武則の謎の力。彼女の秘密はまだ明かされない。
 だが、《SPEER-04》加藤・嘉明、《SPEER-05》脇坂・安治の援護と、異族部隊、七千人の戦闘団はついに北門を抜く。

 「北の庄」南門は“炎使(ウーリエル)”によって土竜、雷獣、焔雀を身にまとう丹羽・長秀(滝川・一益代理)が守る。
 神に挑む《SPEER-02》加藤・清正。
 そして増援に駆けつける島・左近with《鬼武丸》と病原(ウィルス)式情報体:大谷・吉継。
 激闘は清正から左近に受け継がれ、大谷のハッキングした南門から清正と戦士団は「北の庄」へ乗り込む。
 神の加護を持つ再生能力者と、死なない再生能力者。不死者同士の戦いが始まる。

 「北の庄」内部では脱走した《十本槍》副官:可児・才蔵と、《北陸方面担当会計》不破・光治の戦闘が行われていた。
 機殻槍《笹群》を操る可児を抑えるには大隊規模の戦士団が必要だが、それを一人で相手をする不破も襲名者であり、役職者のひとりである。
 謎の術式で可児を翻弄する不破に一度は敗れるものの、二度目の相対で可児は負傷した身体でその術式を見抜いた。
 
 
 9巻(下)前半は御市様と加藤・清正の戦いをラストに「賤ヶ岳の戦い」は停戦に入ります。
 《聖譜顕装》“天渡りの信仰・旧代(カプトファイデス・ウェトゥス)”。その能力は“信心ある限り、その者は負傷や病にて死ぬことがない”。
 清正さんは不死者との連戦で大変でしたねえ。
 9巻(下)後半はいよいよ、「本能寺の変」に突入です。