まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1737回 風雲児たち 幕末編 第28巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

みなもと太郎「風雲児たち 幕末編」(28)

 幕末編と言いながら本当の幕末に入ったのが26巻からということで、「倒幕」に機運が高まりながらも慎重派と強硬派が牽制しあうのを日和見派が機を逃すまいと見定めています。
 文久二年。幕府も井伊大老が「桜田門外の変」で倒れたあと、新たに二人の老中が任命された。
 「寛政の改革」を行った松平定信の孫、板倉勝清。
 「天保の改革」を行った水野忠邦の息子、水野忠精。
 この二人によって長州藩が提案した公武合体の肝、「航海遠略策」は潰され、長州藩も反幕府側へ寝返ることになる。

              風雲児たち幕末編 28

 ああ、「関ヶ原の戦い」での“島津の退き口”で、九州の南端の薩摩藩を恐れた徳川家が、その上の肥後(熊本)に譜代の細川家を置き、抑えとしたのは聞いたことがあるな。
 熊本から江戸を攻めるには、熊本城、姫路城(兵庫)、大阪城、名古屋城を抜かないと攻めて来れないわけですね。
 やっと土佐藩脱藩者・坂本竜馬が活躍しそうですな。

スポンサーサイト

第1515回 風雲児たち 幕末編 第27巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

みなもと太郎「風雲児たち 幕末編」(27)

 文久2年1月15日、「坂下門外の変」。
 水戸浪士6名による老中・安藤対馬守信正襲撃。
 煽りを食って長州藩士・桂小五郎の拘留。
 14代将軍・徳川家茂への和宮降嫁による「公武合体策」。
 薩摩では大島三右衛門(西郷吉之助盛)の帰参と島津久光との確執が始まる。
 時代は清川八郎の遊説により倒幕への準備が進み始める。
                    風雲児たち 幕末編27

 なるほど、「桜田門外の変」は旗本の部屋住みたちに仕事を与えてくれたんですね。(笑)
 一英斎芳艶「鎌倉殿中慶賀の図」か家紋まで全部描いてあるんですなあ。
 この年(1862年)にはロンドンで第2回万国博覧会があるんですねえ。こちらは次巻で紹介するのかな?

第1271回 風雲児たち 幕末編 第26巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 みなもと太郎「風雲児たち 幕末編」(26)

 1ページ目。
 アヘン戦争で中国(清)がイギリスに惨敗の報が届き、孝明天皇は220年ぶりに幕府に「海防を厳重にせよ」と勅書を送った。
 老中・阿部正弘はそれを受け、「夷狄撃退」「皇室優位」の気運が高まる幕末の序章が上がる。

 え~~! ここから幕末の序章なんですかっ!!
 いままでの45冊は前振りだったんですね。(笑)

 堀川紀子さんは2巻ぶり。和宮降嫁に関わる岩倉具視暗躍編ですね。
 米国では南北戦争が始まり、欧州ではスエズ運河の工事が開始された時代。
 坂本竜馬の登場はまだなのか?

                      風雲児たち 幕末編 26

 

第1064回 風雲児たち 幕末編 第25巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 みなもと太郎「風雲児たち 幕末編」(25)

 対馬に居座り続ける露西亜のポサドニック号事件。
 水戸藩士によるイギリス公使の宿泊所であった東禅寺襲撃事件。
 シーボルトの再来日。
 イギリスvsロシアの艦娘対決。

 この頃の幕府の外国勢への対処がグダグダだったことが解る。
 今も昔も変わらないということか。

 脱藩した武士がよく自害するのは、連座制で頼った人たちに迷惑をかけないためであったか。
 これは前から不思議だったんだよな。
 逃げる時にちょっと色街に寄るのは男のサガなのね。

 今巻も安定したギャグをありがとうっ!
 公式ガイドブックは買うべきだろうか? 悩む。
                風雲児たち 幕末編25

第880回 風雲児たち 幕末編 第24巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 みなもと太郎「風雲児たち 幕末編」(24)

 風雲児たち 幕末編 24

 表紙は「風雲児たち コスプレ美女コンテスト」第1位のシーボルト・イネさん。
 2位 千葉さな子:北辰一刀流桶町千葉道場主・千葉定吉の二女。北辰一刀流小太刀免許皆伝、長刀師範。学習院女子部舎監。
 3位 愛加那:西郷隆盛の島女房。一男一女をもうけ、ふたりとも西郷本家に引き取られる。
 4位は高須久子:吉田松陰が投獄された牢には一人の囚人女性がいた。松陰が最初で最後の恋をしたという女性。
 5位は堀川紀子:岩倉具視の実妹。孝明天皇暗殺に関与した疑いが。

 幕末編は本巻で折り返しのようだ。
 え~!、作者、死ぬまでに描きあげられるのか?(笑)

 ついに水戸斉昭公がお亡くなりになり、幕府も目の上のこぶが無くなったと喜ぶのは早かった。
 斉昭公が睨みを利かせていた水戸浪士の抑えが外れてしまったのである。

 この時代の小笠原諸島の実態も予想外であった。
 朝鮮半島との間にある対馬も、ものすごい微妙な地勢なのね。
 勉強になります。