まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2052回 美少年椅子

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 美少年シリーズ7「美少年椅子」

 「学校の勉強は社会に出てから、なんの役に立ちますか?」
 深遠なテーマですね。(笑)

 なぜか指輪学園の新生徒会長び立候補し、見事当選して知った『美観の眉美』さん。
 2期連続の副会長・長縄さんの言う新生徒会長の使命は、3期連続当選をした前生徒会長が果たせなかった謎の組織『美少年探偵団』に壊滅だった。
 非公式非公開非営利の自治組織で、口内のトラブル全般を解決するというが、その実、トラブルの元凶ではないかと噂されている。
 眉美は熱意に燃える長縄さん対策を考えねばならなかった。

 そんな折りにライバル校・髪飾中学校の生徒会長・札槻嘘から連絡が入る。
 生徒会選挙で暗躍あいた刺客・沃野は、髪飾中学校でも選挙戦で札槻嘘と争ったというのだ。
 いったいどこの組織が刺客を送り込んでいるのか。
 髪飾中学校で密談をしたいという札槻嘘の要請を受けた眉美だが、現在、髪飾中学校の女子の制服はバニーガールだった。

 短編「放課後の道化師」も収録。
                  美少年椅子
 2018年1月は「掟上今日子の色見本」。2月は「非球伝」、3月は「非終伝」ですか。
 美少年シリーズ第8弾「緑衣の美少年」は2018年春刊行予定とあるから、モンスターシーズンは6月ころかな?
 よく執筆モチベーションが持ちますね。
 過労で死なないでくださいね。(笑)

スポンサーサイト

第1963回 忍物語

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新「忍物語 第一話しのぶマスタード」

 通算23冊目。100%趣味で書かれた大学編!
 「続・終物語」から「結物語」までの空白の4年間とは?
 というわけで新シリーズのモンスターシーズンです。

 暦くん、ガハラさんに白衣着せてシャーペンで注射器ごっこをしていたんですか! (笑)
 暦たちが卒業した私立直江津高校でおきた連続少女木乃伊化事件。
 吸血鬼に襲われたらしい少女たちは全身の血を吸い取られながらも生きていた。すなわち成り損ないである。
 臥煙伊豆湖の依頼で調査を進める暦だが、学年も違う少女たちの共通点は、女子バスケットボール部所属だということ。
 暦は木乃伊と相性の悪い後輩、神原駿河に会わざるを得なかった。

 被害者の残したダイイング・メッセージならぬ、リビング・メッセージの暗号。
 「D/V/S」は誰のイニシャルなのか。

 日傘ちゃんのフルネームが判りましたね。日傘星雨(ひがさせいう)。なかなか良い名前(?)です。
 ひさびさにミステリ仕立ての本編。暗号解読(わからねえよ!)キャラ・食飼命日子ちゃんはこれからサブレギュラーですか?
 不死身の怪異の専門家も復活ですね。
                忍物語
 以下予告
 24.宵物語
 第二話まよいスネイル、第三話まよいスネイク
 25.余物語
 第四話よつぎボディ、第五話よつぎシャドウ
 26.扇物語
 第六話おうぎライト、第七話おうぎフライト
 27.死物語(上)
 第八話ですとぴあデスティイニー、第九話ですとぴあデスティネーション
 28.死物語(下)
 最終話ですとぴあデスエデュケーション

 これだけ続くというのは嬉しいことです。
 「りすか」の最終巻は17年後ですか?

第1908回 掟上今日子の裏表紙

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 忘却探偵シリーズ9「掟上今日子の裏表紙」

 今回は長編ですね。
 表の表は表というフレーズは初めて聞きました。(笑)
 血のついた凶器を持っていたので強盗殺人の現行犯で逮捕された今日子さん。
 目覚めたばかりで状況のわからない今日子さんを取り調べたのは、かつて隠館厄介くんを冤罪で送検寸前まで追い詰めた警部だった。
 最速の探偵に容疑をはらされたことで、今日子さんには一目置いている警部だが、今回のケースでは今日子さんから証言が取れないことも解っている。
 かくして「最速の探偵」に詳しい専門家。隠館厄介くんが呼ばれたのだが?
              掟上今日子の裏表紙 表

 序章 掟上今日子の逮捕劇
 第一話 掟上今日子の取り調べ室
 第二話 隠館厄介の今日子さん講義
 第三話 掟上今日子の留置場
 第四話 隠館厄介のジャーナリズム
 第五話 掟上今日子の電気椅子
 第六話 隠館厄介の面会室 & 第七話 掟上今日子の秘密の暴露
 第八話 掟上今日子の公務執行妨害 & 第九話 隠館厄介の不法侵入罪
 第十話 掟上今日子の相棒 & 第十一話 隠館厄介の相棒
 第十二話 隠館厄介の出頭 & 第十三話 掟上今日子の可視化
 終章 掟上今日子の釈放

 十木本未末とはまた左右対称な名前を付けたものです。
 「登場人物が3人以上いないとミステリは成立しない」というのは得てして妙ですね。
 ジャーナリストの囲井都市子嬢、置手紙探偵事務所警備主任の親切守さん、久々の登場でした。
 今日子さんの中では、隠館厄介は忘却探偵の助手として認められたのでしょうか。

 今日子さんのプロフィールが開示されましたが、完璧に素性を消し去られているということは、やはりあの人なんでしょうか。

 次回第10作は「掟上今日子の色見本」ですね。
 掟上今日子の裏表紙 裏

第1874回 人類最強のときめき

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 最強シリーズ 3「人類最強のときめき」

 ・人類最強のときめき
 由比ケ浜ぷに子って誰だったっけ?
 海底火山が噴火して出来た新島に送り込まれた哀川潤。
 いくつもの組織が所有権を求める島に、アンタッチャブルな紅い請負人を置くことで猶予期間をとる《四神一鏡》。
 だが、開かないパラシュートで火山島に800mダイブした《人類最強》を待ち受けていたのは、とんでもない強敵だった。

 とうとう海底火山まで爆発させたと噂される哀川さんですが、ここまでピンチに追い込まれるのも珍しいのではないか。(笑)
 第2ラウンドのゴングは鳴るのでしょうか。

 ・人類最強のよろめき
 「書痴」という言葉はなんとなく使ってみたいですねえ。 
 今回も“最速の探偵”に言及しましたね。お知り合いですか?
 コンピュータによって各個人の好みに合わせて書かれ、読み始めると面白すぎて寝食を忘れて読みふけり、やがて死に至る「小説」。
 すでに数百人の犠牲者を出した人類を滅ぼしかねない『面白すぎる小説』に使用されたのは、あの由比ケ浜ぷに子のOSの一部だった。

 『読めば死ぬ本』は嫌ですが、『これを読めたらもう死んでも構わない本』ならヒッターも読みたいものです。

 ・哀川潤の失敗 Mission 3. 死ぬほど幸せ
 佐々沙咲さん、お久しぶりです。
 衆人環視の中で行われた飛び降り自殺事件について相談を受けた哀川潤。
 自殺の理由は解明できるのか。哀川潤の出した自殺の動機とは?
 
 ・哀川潤の失敗 Mission 4. デジタル探偵との知恵比べ
 佐々沙咲が持ち込んだ捜査用に開発された「探偵ソフト」の実証試験。
 哀川潤が犯人として事件を起こし、「探偵ソフト」が推理するという実験の結果は?
 
 ・哀川潤の失敗 Mission 5. 失敗の請負人
 ギャンブルの“流れ”を読むことができる男『コントローラー』。
 将来、日本に公営ギャンブル施設が出来た時、彼は脅威になるのだろうか。
 佐々沙咲を通じて検証を依頼された哀川潤は『コントローラー』に賭け勝負を挑む。
                  人類最強のときめき

 相変わらず想定外のトラブルが彼女の後を追い掛け回しています。
 よくこれだけ考えられるなと、西尾維新先生の頭の構造はどうなっているんでしょうか。(笑)

 次巻「人類最強のsweetheart」をお待ち致します。

第1847回 D坂の美少年

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

西尾維新 美少年シリーズ6「D坂の美少年」

 指輪学園中等部3年A組。1年生の時から3期連続で当選したという現生徒会長・咲口長広。
 「美少年探偵団」のサブリーダー《美声のナガヒロ》である彼も、中等部卒業を目の前にして自分の席を預ける後継者を擁立していた。
 2年A組の現生徒会副会長・長縄和菜。通称《雪女》と呼ばれるクールビューティーだが、生徒会選挙を目前に交通事故で立候補を取り下げざるを得なくなる。
 指輪学園に通ずる四つの登校路の中で、最も人気のない「D坂」でおこった轢き逃げ事件。
 これは咲口政権の後継者を引きずり起こすために起こったのか?

 新たに咲口先輩の後押しで立候補すれば、ふたたび、轢き逃げに遭う怖れのある危険に身を晒す《美観のマユミ》。
 他の立候補者で最有力なのは、2年B組の同級生の沃野禁止郎だった。
 なんの変哲もない普通の目立たない中学生の彼が、なぜ有力候補第1位に上がっているのか。
 秘密結社「美少年探偵団」は事故の謎解きとともに、眉美を当選させるべく動き出す。 
 さらなる後押しを得るため、長広と眉美はかつて中等部の「伝説の生徒会長」と呼ばれ、「美少年探偵団」を創設した《美談のオドル》こと、現団長の兄である指輪学園高等部2年・双頭院踊に会いにいったのだが・・・。
                    D坂の美少年

 さてさて、意外な真相が暴かれました。
 物語の登場人物、特に主役クラスが巻が進むにつれて徐々に人間的に成長していく、というのは王道パターンですが、主役が周囲の人間も作者さえも認めるクズ人間になっていくという逆パターンはあまり見かけません。(笑)
 パタリロのように最初からクズ人間キャラを通していくのも大変ですがね。

 次巻「美少年椅子」は今秋発売とのこと。