まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2303回 フォース・スクワッド・ジャム 上

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

時雨沢恵一「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅦ
 フォース・スクワッド・ジャム(上)」
 Sword Art Online Altanative Gun Gale Online
 4th Squad Jam


 ネタバレが含まれています。

 《テストプレイ20260816》が終了して4日後の2026年8月20日。
 いやいや父親に付き合わされたパーティで、小比類巻香蓮はある男と出会う。
 背が高いことをコンプレックスとしていた自分と同じように、背が低いことを気に病んでいたが、それをバネにしてのし上がった30代の実業家・西山田炎(にしやまだ ふぁいあ)。
 しばらく話をしているうちに、彼は香蓮を見初めたらしい。
 だが、父親に交際許可のメールを送るなど、外堀から埋めてくるやり方に香蓮は戸惑いを隠せない。

 第4回スクワッドジャム(SJ4)は8月26日(水)の正午から開催と決まった。
 平日の昼間から開催は初めてのことである。
 参加チームは全部で30チーム。SJ3での上位4チームはシード枠で、あとは予選で26チームが決定する。
 SJ3以来、フレンド登録するほどの中になったシャーリーとクラレンスは悩みを抱えていた。
 行動があまりにもイカレ過ぎて、所属スコードロンからハブられていたふたりだけでは予選突破も難しい。
 そこに声をかけたのがピトフーイであった。
 因縁のあるピトフーイの申し出だが、本戦では別行動および裏切りも可能という条件でチームに参加をする。

 チームが6名揃ったことを喜ぶレンだが、彼女にGGO内で本名で話しかけてくろ長身イケメンアバターがいた。
 ファイアを名乗る男は「SAO事件」を起こしたVR-RPGを否定し、レンを嫁にしたらVRゲームそのものを止めさせるとピトフーイたちの前で公言した。
 かくして売り言葉に買い言葉。
 SJ4でファイアのチームがレンのチームが負かせれば、デート成立という取引が(表向きは)成立する。
              ガンゲイル・オンラインⅦ
 6名になったのでチーム《LPFMSC》にしようとしたら5文字制限に引っかかったので、チーム名は《LPFM》のままです。(笑)
 シャーリーとクラレンスがどう動くかが、展開を左右しそうですね。
 火力ではGGO屈指のチーム・全日本マシンガンラバーズ《ZEMAL》にも、戦術家たる6人目の“マシンガンの女神”が降臨しました。

 さて、回を追うごとに条件が厳しくなるスクワッド・ジャム。
 今回も特別ルールが施行されました。
 前回の裏切り者ルールは不評だったので、頭のおかしい主催者の作家は別のルールを採用しました。
 参加者は拳銃携帯を推奨。あるエリアでは拳銃以外の火器は使用不能になること。
 弾薬は30分ごとにフルチャージされること。
 そして参加者に知らされなかった、もうひとつの特別ルールが。

 いや~、これは上・中・下の3冊構成にしないと収まらない気がするんですが。(笑)

スポンサーサイト

第2295回 ワン・サマー・デイ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

時雨沢恵一「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅥ
 ワン・サマー・デイ」
 Sword Art Online Altanative Gun Gale Online
 One Summer Day


 ネタバレが含まれています。

 第3回スクワッド・ジャム(SJ3)が終わってひと月。
 夏休みで故郷の北海道に帰省した香蓮に、SJ1、SJ2を主催した某作家からメールが届く。
 各大会で上位に入ったチーム、プレイヤー全員に送られたメールの内容は、8月16日に特設フィールドで新型AI搭載のNPCの戦闘力チェックを行うというもの。
 ぜひチームプレイで攻略をして欲しいというものだった。
 チーム対チームのバトルロワイヤルには制限をかけないということなので、当然ながらチーム《SHINC》からはお誘いがかかる。

 《20260816テストプレイ》はタイムリミット2時間。
 敵NPCの守る拠点攻略の勝利条件は、全NPC殲滅もしくは目標アイテムの確保というもの。
 参加プレイヤーはライフを3つ持ち、2回の死に戻りが許される。
 参加したのは《LPFM》、《SHINC》、《MMTM》など強豪チームばかりだが、強固な守りに阻まれて各個撃破される。
 これでは時間内攻略は不可能に等しい。
 ここで誰からも信頼のなさそうなピトフーイが考えた攻略方法に、各チームは賛同するのか?
                ガンゲイル・オンラインⅵ
 CさんとSさんはチームとなったようです。意外と仲が良さそう。
 途中からこのNPCってあれかな?と思っていたら、やっぱりそうでしたね。だが、メディキュボイドが出てくるとは思いませんでした。
 GGOなんて殺戮ゲームでも医療行為に使われるんですね。
 なお、この8月16日は本編の「アリシゼーション」のラストの前日ということで、時系列が追いついてしまいました。

 北米でも配信が始まっている「SAOAGGO」であるが、書籍は発売されているかと持ったら今月末に第1巻が出るようだ、
 Sword Art Online Alternative Gun Gale Online, Vol. 1 : Squad Jam
               SAOAGGOSJ.jpg
 英語の勉強に読んでみたい気もするが。(笑)

第2290回 サード・スクワッド・ジャム 下

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

時雨沢恵一「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインV
サード・スクワット・ジャム ビトレイヤーズ・チョイス(下) 」
Sword Art Online Altanative Gun Gale Online
3rd Squad Jam Betrayers' Choice


 ネタバレが含まれています。

 SJ3開始前から仕組まれていた強豪チーム潰しの罠。
 前回のSJ2で行われたチーム同士のチーミングを事前に根回ししていたのだ、
 SJ2の上位4チームがマップの4隅に配置されると読んで、強豪チームの近くのチームが渡されていた4色の信号弾を打ち上げる。
 それを見たら少なくとも4~5チームが集まって、数での優位を利用して攻める。
 だが、SJ2ではたった1チームに7チーム掛りで仕掛けて倒されていることを忘れてはいけない。
 最初の信号弾が上がった時点で作戦を読みきったのは3チーム。
 正面から罠を食い破ったチーム《LPFM》。
 罠を逆手にとったチーム《SHINC》とチーム《MMTM》。

 SJ3開始後50分が経過した時点で、残っていたチームは6つだけになった。
 この6チームからひとりずつ選ばれた《裏切り者(ビトレイヤー)》が新たなチーム《BTRY》としてマップ中央の「UNKNOWN」エリアに運ばれる。
 この「UNKNOWN」エリアに隠されていたのは全長500m、幅90m、喫水線上の高さ90mの巨大豪華客船だった。
 迫り来る海に追われて「UNKNOWN」エリアへ集まってくる6チーム。
 まずはこの船に乗り込まなければならないが、乗り込まれる前に潰そうとするチーム《BTRY》との攻防戦が始まる。
               ガンゲイル・オンラインⅤ
 激闘が続きますねえ。
 もちろんバトルロイヤルですからチーム《BTRY》以外のチームも敵です。
 そしてチーム《BTRY》の中にも、チームを裏切ろうとする《裏切り者(ビトレイヤー)》がいます。
 はたしてレンはボスとの勝負を付けられるのか。
 そして真の《裏切り者(ビトレイヤー)》は誰だったのか?
 LP.jpg

 最終的に2対2となったラストバトル。
 だが終盤で組み合わせが入れ替わるとは思っていませんでした。(笑)
 女の闘いに割り込むなと仲間はずれにされたエムさんのご冥福をお祈りします。
 BTRY.jpg

第2287回 サード・スクワッド・ジャム 上

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

時雨沢恵一「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインⅣ
サード・スクワット・ジャム ビトレイヤーズ・チョイス(上) 」
Sword Art Online Altanative Gun Gale Online
3rd Squad Jam Betrayers' Choice


 ネタバレが含まれています。

 セカンド・スクワッド・ジャムが終わって2ヶ月。
 小比類巻香蓮はGGOでやるべきことはやり尽くしたと、ほとんどVR-MMOゲームに入っていなかった。
 友人のフカ次郎などSJ2終了時に装備をロッカーに預けて、ALOに帰還していったままだ。
 ピトフーイやアマゾネス軍団〈SHINC》もリアルが忙しくなって、GGOはやっていないらしい。
 だが、GGOの運営から第三回スクワッド・ジャム(SJ3)開催のメールが入る。

 レンにはひとつだけ、約束したまま履行していないことがあった。
 アマゾネス軍団〈SHINC》との再戦は女と女の約束だ。
 当然のように訓練を始めた〈SHINC》からも出場要請が来る。
 あまり乗り気でもなかったレンにピトフーイが背中を(強引に)ひと押しした。

 チーム《LPFM》はレン、ピトフーイ、フカ次郎、エムという、ピーキーな方向に特化したチームとなったが、SJ1、SJ2で見せた実力はみんなが知っている。
 今回のステージも1辺10kmの正方形のマップに30チームがばらまかれた。
 SAOAGGO$ MAP1

 前回4位までに入ったチームがマップの4隅に配置されたのはSJ2と同じだが、中央部に謎の「UNKNOWN」エリアがある。
 そして四方を海に囲まれた島という設定に、もう一つギミックがあった。
 時間とともに島が沈んでいくのである。
 GGOでは水中にいるプレイヤーにはダメージ判定がでる。だから、どのチームも徐々に中央部へ追いやられるという悪辣な仕掛けだ。
 さらにSJ2で敗退したチームがゲーム開始前に強豪チーム潰しの罠を仕掛けていた。
                    ガンゲイル・オンラインⅳ 
 サード・スクワッド・ジャムの上巻は、ほぼチーム《LPFM》の激闘ですが、SJ2で登場していたふたりの女性プレイヤーが、頭のおかしいピトさん並みの凶悪さを発揮します。(笑)
 クレランス シャーリー
 SJ3開始後50分が経過した時点で、残っていたチームは6つだけ。
 ここであらかじめアナウンスされていた「特別ルール」が発表されました。
 それは残った各チームからひとりずつ《裏切り者(ビトレイヤー)》を運営側が指名するというもの。
 指名された6人は新たなチーム結成し、元の所属チームを含めて全滅させることが優勝条件となる。
 さて、チーム《LPFM》で指名された《裏切り者(ビトレイヤー)》は?

 いや~、レンちゃん大疾走でしたね。
 この「特別ルール」は当然不評を買いますが、ひとりだけ喜んだプレイヤーがいました。
 もう、お解りですね。
 下巻に続く。

第2271回 SAOAGGO

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

時雨沢恵一「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」

 「ソ^ドアート・オンライン」のスピンオフ作品で、「キノの旅」の作者さんの作品です。
 作品自体は知っていたのだがあまり手に取る気がせず未読だったが、4月から始まったアニメを視聴してハマってしまった。

 「キノの旅」でも作者の銃器への愛情っぷりが伺えたが、本作は趣味丸出しで書かれてますね。(笑)
 アニメはちょうど第1巻の分が終わったところです。
 アニメでは本編での第3回BoBに関する部分がカットされてますな。

 
                    SAOAGGO2.jpg
 とりあえず今期は第3巻までのアニメ化のようです。
 もっと早く読むべきだった。
 でも積み置きの本の山が・・・