まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2024回 TOUGH 龍を継ぐ男(6)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

猿渡哲也 「TOUGH 龍を継ぐ男」6巻

 過去編に突入しました。
 宮沢熹一の10年間に何があったのか?
 因縁の男、アイアン木場の息子・木場活一郎。
 あの父親の血を色濃く引く男は何を狙っているのか。
                  龍を継ぐ男 6
 いや~、久しぶりですねえ。灘神影流と対をなす灘心陽流宗家・黒田光秀さん。
 そして、やはり鬼龍の強さはバケモノですな。ぜひ、範馬勇次郎と闘って欲しいものです。
 7巻は12月発売ということで待ち遠しい。

スポンサーサイト

第2021回 人形の国

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

弐瓶 勉「人形の国 1」APOSIZM

 月刊少年シリウスって読んだことなかったな。
 新作の1巻目。

 直径十二万キロメートルの人工天体アポシズム。
 その体積の大半は超構造体の核で覆われた地底空間である。
 五十世紀前、地底との戦争に敗れた人々は、正当な居住権を失い、極寒の地表に取り残された。

 地下の遺跡層で食料採取をしたエスローたちは、帰路、リベドア帝国に追われる少女型折りたたみ式自動機械タイターニアを助ける。
 帝国兵を殺した報復でエスローたちの仲間の城は破壊され、エスローはすべての仲間を失った。
 エスロー自身の死の寸前、タイターニアは脳の処理速度を加速して、ある選択を迫る。
 タイターニアが追われる理由である転換コード。
 それは少ない確率ながら、人間を鎧化戦闘可能な正規人形に転換させるものだった。
                   人形の国 1
 これは面白い。
 リベドア帝国皇帝は中央制御層のある超構造体で護られた“人形の国”への扉を探している。
 タイターニアはそれを阻止するため、7発の対超構造体弾(AMB)と、それを射出する能力EBTGを持つ正規人形コードと共に地上に送り出された。
 ヘイグス粒子をエネルギー源とし、エナを変換して鎧化する正規人形の力で帝国への復讐を誓うエスロー。
 正規人形はそれぞれ特殊能力を持ち、エスローの特殊能力名「EBTG(女の子以外なんでも Everything But The Girl)」。正式名「自在型弾体加速装置」がカッコイイっすね~。
 周囲にあるエナ、空気、水、その場で手に入る物はなんでも加速射出可能。
Every Bullet Thrust Generator というスレを見たがはっきりしていない。
 今回、対超構造体弾(アンチ・メガストラクチャー・バレット)を1発使っちゃいましたが、連載最後まで持つのか?

第2013回 冥王計画ゼオライマー 完結

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

原作:ちみもりお(高屋良樹)、作画:ワタリユウ「冥王計画ゼオライマーΩ 完結」

 第1131回でピックアップした「冥王計画ゼオライマーΩ(オメガ)」がいつの間にか完結していた。
 1983年10月号から1984年11月号まで連載された作品が第1作なので、33年かかって完結ですね。
 できれば少年誌でない方が良かった。(笑)
                ゼオライマー完結
 同じ頃に始まった「強殖装甲ガイバー 」は、いつ完結するのであろうか?

第2008回 妖怪マッサージ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

忌木一郎 押切蓮介「妖怪マッサージ」1巻

 いろいろ揉めていた押切蓮介さんの新作。
 ヒッターもあっちゃんに足裏マッサージをお願いしたいですねー
 最近、酒の飲み過ぎで肝臓や腎臓が・・・
 肩こりもひどいんですよう。
                  妖怪マッサージ
 太歳ってどうやってマッサージするんですか?

第2005回 カルラ舞う! 湖国幻影城

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

長久保貫一 「変幻退魔夜行 カルラ舞う! 湖国幻影城 1」

 いつの間にか新刊が出ていたので買う。
 発売ペースが掴めない。(笑)

 第598回でも書いたが再掲しておこう。
 
 既刊
 第1部 カルラ舞う! -変幻退魔夜行- 全18巻
 1~3巻   奈良怨霊絵巻
 4~5巻   仙台小芥子怨歌
 6~11巻  飛騨怨霊絵巻
 12巻    冬樹裂風録
 13~16巻 瀬戸内怨霊経
 17巻    辰王鬼礫行
 18巻    伏見狐勧請戸籍譚

第2部 新・変幻退魔夜行 カルラ舞う! 全18巻
 1~2巻   諏訪恐霊祭  
 3巻     安倍清明の末裔 
 4~6巻   奈良の太陽神
 7巻     伊豆の事代主 
 8~10巻  吉備の護法神
 11~12巻 吉備死闘編 スサノオ
 13~14巻 カルラ外伝 安倍清明  
 15~16巻 出雲の暗黒神 
 17~18巻 カルラ外伝 安倍清明(青春編)

 第3部 真・カルラ舞う! 全8巻
 第4部 超・カルラ舞う! 熊野の破壊神 全5巻
 第5部 変幻退魔夜行カルラ舞う!  聖徳太子の呪術 全3巻
 第6部 変幻退魔夜行カルラ舞う! 少年陰陽師 全3巻
 第7部 変幻退魔夜行カルラ舞う! 葛城の古代神 全3巻 

 そして第8部が湖国幻影城編となる。
                カルラ舞う! 湖国幻影城1
 扇姉妹にもそれぞれ良い人ができて別々の時間を過ごすようになるが、全巻のラストで病気の治療で渡米した翔子の恋人・白妙に異変が、というところで終わってましたね。
 白夜という二重人格を持つ白妙の人格統合は終わったはずなのに、とうとう、第三の(本当の)人格・白(ハク)が出てきてしまった。
 もともと病気への恐怖が白妙と白夜よいう人格を作り出していたらしい。
 人格分裂した12歳の頃に戻ってしまった白を連れに来たのは、白の兄と姉だという姉弟。
 はたして白の出生の秘密は?
 迦楼羅神道、、阿修羅神道、自然心理教団「土蜘蛛」、闇の死繰人(しぐると)、様々な勢力が白の父親・息長真人を狙う。
 今作も面白くなりそうです。