まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2086回 瑠璃と料理の王様と 6巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

きくち正太「瑠璃と料理の王様と」6巻

 今回の最初のお題は「ポン酢」。
 各地方、各県で「ポン酢」の素材が違うんですねえ。
 和歌山は橙(だいだい)、徳島は酢橘(すだち)、高知は柚子(ゆず)、大分は臭橙(かぼす)ですか。
 ちなみにヒッターの住む青森県では、やはり、おろし林檎+柚子のポン酢でした。(笑)

 続いてのお題は「穴子」。
 長ものが苦手の川端おネエさん先生が絶賛した穴子丼とは?

 ラストは次巻への引きとなる「奇跡の山の鍋」。
 北大路大観も知らぬ伝説の「神楽坂花乃茶屋」の料理。
 これを作れるのは瑠璃の祖父・花畑多吉郎だけであった。
                   瑠璃と料理の王様と6
 キノコ好きのヒッターにとって、非常に楽しみな鍋であります。
 やはり暖かい部屋で冷えたビールを飲みながらつつく鍋はイイもんですね。

 7巻をお待ちしています。

スポンサーサイト

第2084回 UQ HOLDER!

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

赤松健 「UQ HOLDER!」

 前作「魔法先生 ネギま!」(全38巻)は面白かったので新刊が出るたびに購入していたが、アニメ版はぐだぐだだったな。
 とても残念な結果であった。
 今期のアニメを見てたらフェイトが出てきて面白そうなので、15巻発売を期して既刊15冊を大人買いする。
 
 おお、やっぱり原作を購入して良かった。
 やはりアニメは話を改変しているのね。

 前作「魔法先生 ネギま」でネギは誰とくっついたのかという疑問が解けました。
 まさかネギが卒業式の日に告白し、その数年後に結婚した相手とは!
              UQ HOLDER! 15

 この並行世界のハッピーエンドルートには、近衛刀太は存在しない。
 刀太のいるこの世界はネギが父である英雄ナギ・スプリングフィールドを救えなかった世界なのだ。

 この作品も「ネギま」のように大作になりそうですね。
 アニメの方は視聴を切っちゃおうか?

第2082回 屋形越え編5

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

迫 稔雄 「嘘喰い」第48巻

 7回戦裏。切間創一の0秒でのチェック成功により追い込まれる嘘喰い。

 8回戦表。嘘喰いが1分ちょうどでのチェック成功。

 8回戦裏、切間創一のチェック**。

 9回戦表。嘘喰いのチェック**。

 9回戦裏。お屋形様のチェック**。

 命を賭けた「ハンカチ落とし」に決着が着きました。
 『屋形越え』終了です。
                 嘘喰い48
 いよいよ次巻が最終巻なの?
 まだ続くの?
 巻末の作者のコメントが感慨深いです。
 49巻が出るまで、絶対、ヤンジャンは読まないぞ。

第2079回 ORIGIN 4

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

BOICHI「ORIGIN(オリジン)」4巻

 京都にあるAEEの人工知能研究所に到着したORIGIN達。
 だがこの研究所の閉鎖環境に封じられているはずの世界最高の人工知能「Y」は、ORIGINがロボットであると見抜いていた。
 「山岡・ベール自己増殖理論」に基づいて作った情報生命体の種を、フォンボット2億個のネットワーク環境に7年間投入した「Y」は、インプットもアウトプットもできない環境の中で、どんな思索を行っているのか。
 だが実際には「Y」は人間を出し抜いていた。
 山岡尋博士というという、ORIGINと共通の母親の理論で生まれた「Y」は敵となるのか、味方となるのか。
 「Y」は外の世界の“神”に会うため、ORIGINに取引を持ちかける。

 一方で敵となった兄弟ロボット「艮(GON)」は自己改造をして人工知能研究所を強襲する。
                ORIGIN 4
 ORIGINの新型戦闘服「エクソ・マッスル」がカッコイイですね。
 「エクソスカル(強化外骨格)」ではなく、外部強化筋肉というところでしょうか。
 京都に行く前に、だいぶ借金してましたからねえ。(笑)
 返すあてはあるのでしょうか。

 5巻をお待ちしています。

第2077回 アオイホノオ18巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

島本和彦 「アオイホノオ」 18巻

 新連載の原作第1話を渡された炎尾燃は、雁屋哲の緻密な設定とストーリーに打ち拉がれる。
 どうすればこの膨大な設定を32ページにまとめればいいのか。
 しかもメカデザインの出渕裕の設定画など、到底描けるものではない。

 追い打ちをかけるように大学の先輩・矢野健太郎が週刊ヤングジャンプで「ネコじゃないモン!」の連載を開始。
 そこには自分と同じ新人漫画家・井上紀良の「男は天兵」も掲載されていた。
 原作者は自分と同じ雁屋哲。だが作画技術が凄すぎる。

 プレッシャーの連続に炎尾燃が見出した一筋の光明とは?
                アオイホノオ18
 ああ、井上紀良さんもこの頃デビューだったのか。でもアシスタント経験があすんだよね。
 炎尾燃と出渕裕の初対面の結果は、この先30年経ってもくり返し言われる大失敗となった!

 「炎の転校生」ドラマ化記念の小冊子(前編)付き。
 内容が面白すぎる。(笑)
 炎の転校生 前編