まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2075回 アクセル・ワールド(14)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原礫「アクセル・ワールド22 ―絶焔の太陽神―」

 ネタバレが含まれています。
 
 四回目の「七王会議」に挑む《ネガ・ネヴュラス》。
 だが、その5分前にヒロユキに届いた《四聖》ビーイング・メタトロンの呼び出し。
 メタトロンさんは第二形態のまま野良神獣化してしまいましたw

 ハイエスト・レベルでメタトロンの盟友《四聖》ビーイング・アマテラスは、自分にとってメタトロンとハルユキと同じ関係にある《白ぼレギオン(オシラトリ・ユニヴァース)》の幹部集団《七連矮星(セブン・ドワーフス)》第三位《怒りんぼ(グランビー)》ローズ・ミレディ。
 彼女とオーキッド・オラクルは共に《咲耶姫》サフラン・ブロッサムの《子》だった。
 《白の王》ホワイト・コスモスの言葉を信じて《親》の復活を信じていた彼女は、シルバー・クロウの言葉に《白の王》の欺瞞の確信を持つ。

 防露された《黄の王》イエロー・レディオの趣味と、《白ぼレギオン》のイボリー・タワーの正体。
 最初から狙っていたのか、システムに干渉するアビリティ〈パラダイム・ブレイクダウン〉により、無制限中立フィールドで六人の《王》を罠に捕らえようとする。
 《六王》の一斉攻撃と互角の防御力を発揮する《ウルフラム・ディザスター》。
 第三段階の《拒絶》の心意技に封じられた彼らに、天空から落ちてくる神獣級エネミー・太陽神インディ。
 はたして《六王》たちは無制限中立フィールドから脱出できるのか!
             アクセルワールド22

 序盤で劇場版に繋げてきましたね。
 これはあの日の出来事ですか。
 
 今回の初登場は《七連矮星(セブン・ドワーフス)》序列第一位の《はにかみ屋(バッシュフル)》プラチナム・キャバリアーさん。
 メタルチャートの左端だそうですが、どんな心の傷を持っているのでしょうか。 
 《白のレギオン》編は次巻で終わりそうですが、まだ夏休みに入ったばかりなんですよね。
 あとがきにもありますが、日常編はまだ先になりそうですw 
 今回は《紫の王》パープル・ソーンさんがツンデレだということで株を上げましたね。
 《黄のレギオン》のレモン・ピエレットちゃんが面白いキャラでした。
 次巻は早めにお願いします。
 

スポンサーサイト

第1740回 アクセル・ワールド(13)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

 川原礫「アクセル・ワールド21 ―雪の妖精―」
 ネタバレです。

 白のレギオン《オシトラリ・ユニヴァース》の支配する港区第三エリアに侵攻した第三次黒のレギオン《ネガ・ネヴュラス》。
 第一次からのメンバー《四元素(エレメンツ)》のスカイ・レイカー、アーダー・メイデン、アクア・カレント。
 第二次からのメンバー シルバー・クロウ、シアン・パイル、ライム・ベル。
 元・赤のレギオンの《三獣士(トリプレックス)》ブラッド・レパード、カシス・ムース、シスル・ポーキュパイン。
 元・《プチ・パケ》のショコラ・パペッター、ミント・ミトン、プラム・フリッパー。
 緑のレギオン《グレート・ウォール》からの増援 アッシュ・ローラー、ブッシュ・ウータン、オリーブ・グラブ。
 新規参加のマゼンダ・シザーと「隠し玉」のトリリード・テトラオキサイドの計17名。
 そして急遽、防衛側から侵攻側に加わった員数外の《黒の王》ブラック・ロータスと《赤の王》スカーレット・レイン。

 だが突然現れた謎のバーストリンカーの広範囲心意技《パラダイム・ブレイクダウン》により、30分制限の領土戦が突然、無制限フィールドに切り替わる。
 そして待ち受けていた《白》の幹部集団《七連矮星(セブン・ドワーフス)》。
 第二位 《眠り屋(スリーピー)》スノー・フェアリーの即死性心意技《白の終局(ブライニクル)》。
 第四位 《王》の全権代理人 アイボリー・タワーの心意技キャンセラー《虚数時間(イマジナリー・タイム)》。
 第七位 《くしゃみ屋(スニージー)》グレイシャー・ビヒモスの心意氷壁《最終氷期(ラスト・グレイシャル・ピリオド)》。
 三つの心意技の重ね掛けに、《黒》の侵攻組はほぼ殲滅され、死亡マーカーから復活する事に、抹殺を繰り返してバーストポイントを全損させるつもりだ。

 周到な罠をからくも脱出したシルバー・クロウとライム・ベル。
 だが《白》の勢力が知らないイレギュラーが今回は参加していた。
 「隠し玉」のトリリード・テトラオキサイドと《四聖》大天使メタトロン。
 そして半径2kmの心意技効果範囲の中には最高難易度ダンジョン「芝公園地下迷宮(コントラリー・カセドラル)」があり、その最深部には《四聖》大天使メタトロン第一形態の本体である、《神獣級エネミー》ビーイング・メタトロンが存在していた。

                  アクセルワールド21

 《白》の二重三重の罠に苦戦する《黒》。
 ついに登場した《七星外装(セブン・アークス)》「《天権》 -ザ・ルミナリー」。
 《七連矮星》第三位 《怒りんぼ(グランビー)》ローズ・ミレディが護る謎のデュエルアバターの正体。
 そしてブラック・バイスの正体も判明しました。
 これで「白のレギオン編」は終わりですね。

 次巻予告は「ソードアート・オンライン 19」だが、これは未完の外伝7「月の揺りかご」のようだ。第5章開始ではないのね。
 まあ、空白の2百年の話は完結させて欲しいのでOKです。
 アクセル・ワールド21 -雪の妖精-

第1559回 アクセル・ワールド(12)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原礫「アクセル・ワールド20 ―白と黒の相克―」

               アクセルワールド20

 たった二人から始めた新生《ネガ・ネヴュラス》復活から9ヶ月。
 《プチ・パケ》の3人、赤のレギオン・《プロミネンス》との合併、アッシュ・ローラたちの入団を持って50人規模、支配エリア10の大レギオンへと膨れ上がった。

 《黒の王》ブラック・ロータス/黒雪姫
 シルバー・クロウ/有田 春雪、 シアン・パイル/黛 拓武、 ライム・ベル/倉嶋 千百合
 《四元素(エレメンツ)》 風:スカイ・レイカー/倉崎 楓子、火:アーダー・メイデン/四埜宮 謡、水:アクア・カレント/氷見 あきら
 《四聖》大天使メタトロン
 《プチ・パケ》ショコラ・パペッター/奈胡 志帆子、ミント・ミトン/三登 聖実、プラム・フリッパー/由留木 結芽
 マゼンタ・シザー/小田切累
 トリリード・テトラオキサイド/アズール・エアー

 《赤の王》スカーレット・レイン/上月 由仁子
 (獣組)《三獣士(トリプレックス)》ブラッド・レパード/掛居 美早、カシス・ムース、シスル・ポーキュパイン
 (大砲組)《三重士》バーミリオン・バルカン、カーマイン・カノン、マルーン・モーター
 (アイドル組)《ヘリオスフェア》ブレイズ・ハート、フリーズ・トーン、クリーム・ドリーム 
 (子豚組)ブリック・ブロック、ストロー・バリア、ファーズ・スティック
 (鉄組)アイオダイン・ステライザー、ガンタル・タンク、エリンバー・ガバナー
 (石組)オーカー・プリズン、マラカイト・ヘックス、アンバー・キャプター
 (花組)アコナイト・アーチャー、セントジョーンズワート・チアラー、ラベンダーダウナー
 (野菜組)パプリカ・カプリス、キャロット・タロット、ビート・ビート
 (果物組)ピーチ・パラソル、パーシモン・モンク
 (エビ組)ネイビー・ロブスター、カーネリアン・アルフェウス、シナモン・バラエモン
 (虫組)マスタード・サルティシド、スプルース・ブレビス、モス・モス

 (《グレート・ウォール》移籍組)アッシュ・ローラー/日下部 綸、ブッシュ・ウータン、オリーブ・グラブ
 
 まさかアズール・エアーまで参加するとは思いませんでしたね~
 《二剣(デュアリス)》 コバルト・ブレード/高野内 琴と マンガン・ブレード/高野内 雪の「心の傷」も明かされました。 
 ハルユキたちと友達になれればいいですね。

 今巻で驚いたのは黒雪姫の秘密の一つ、師匠のグラファイト・エッジから譲り受けたという《SSSオーダー》ですね。
 なんですか、あの無敵の〈管理者権限〉を持つ「白と黒の剣と二種類の花の紋様」を持つキットは!!
 まさか本当にグラフさんはキリトじゃないのか!?

 さてラストに登場した、必殺技「パラダイム・レボリューション」を使う《白のレギオン》所属のアバターの正体は???
 アクセル・ワールド20 ―白と黒の相剋―

 《四聖》の1柱が代々木公園地下大迷宮の守護者・女神ニュクスというのも判明しましたね。

第1315回 アクセルワールド(11)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原礫「アクセル・ワールド19 ―暗黒星雲の引力―」

                   アクセルワールド19

 「アクセル・ワールド」新作アニメが決定したようで、内容は「災禍の鎧編」ではなく文庫17巻から始まった「白のレギオン編」のちょっと先とのこと。(いつの間に「白のレギオン編」なんてつけたのだろう?)

 表紙のバックに写っているのは誰かなと思ったら《三獣士(トリプレックス)》のヤマアラシ型のシスル・ポーキュパイン(ポッキー)さん(F型)と、ヘラジカ型のカシス・ムース(カッシー)さん(M型)だそうです。

 さて前巻で《帝城》(エリア00)侵入を果たしたシルバー・クロウ、スカイ・レイカー、メタトロンと合流したトリリート・テトラオキサイド、グラファイト・エッジ師弟。
 《帝城》を守る《九重(きゅうちょう)の門》(東西南北の門、本殿正面扉、中にある四大扉)は、最強の近接型と言われる《剣聖(バンキッシュ)》青の王の心意技でも破れない。
 ではグラファイト・エッジはどうやってゲンブ門を破ったのか。
 《心意(インカーネイト)》は第二段階までは「事象の上書き(オーバーライド)」を行う。その先の第三段階は「高次元(ハイエスト・レベル)からの事象操作」、つまり《管理者権限》に及ぶ。
 グラファイト・エッジの第三段階心意技(解明剣(エルシデイター)》で本殿を進む一行。
 ここに在った二つの「神器(セブン・アークス)」。鏡のように光属性攻撃を反射し、物理攻撃無効の開陽(かいよう)の全身鎧《ザ・ディスティニー THE DESTINY》と、無限の名を冠する玉衝(ぎょくしょう)の直刀《ジ・インフィニティ THE INFINITY》。
 これが《八咫鏡(やたのかがみ)》と《草薙剣(くさなぎのつるぎ)》に対応するのならば、残る「揺光(ようこう)の神器」《ザ・フラクチュエーティング・ライト THE FLUCTUATING LIGHT》は、《八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)》に対応することになる。

 おお!本題が出ましたね~。
 「《ブレイン・バースト2039》はゲームであって、ゲームではない」。
 彼の語る「加速世界」成立の秘密。《B.B2039》には二人の開発者が関わっている。
 かつてひとりの開発者によって《帝城》の奥深くに封印された《TFL》。
 それを解除させるために、もうひとりの開発者に作られた3つの試作品(トライアル)《A.A》B.B》《C.C》。
 しかし、すでに《アクセル・アサルト(A.A)》と《コスモス・コラプト(C.C)》は失敗した。
 そして《TFL》が解放されたとき、現実世界(リアルワールド)にも大きな変革が訪れる。

 グラファイト・エッジがときどき使う旧いゲーム用語。
 いくらオリジネーターでも知識が深すぎるぞ、グラフさん。ひょっとして貴方は桐○○○○人さん関係者なの?
 《四聖》メタトロン様が警戒してますよ。

 赤のレギオン《プロミネンス》との合併を前に、次々と黒のレギオン《ネガ・ネビュラス》に集ってくる新メンバーたち。
 (なんでみんな女の子なんだ?)
 ついにあのアバターの中の人・小田切累も登場。

 ということで次巻に。
 12月はプログレッシブ004のようです。
 20巻は2016年4月かな?
                  AW019.jpg

第1193回 アクセルワールド(10)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

川原礫「アクセル・ワールド18 ―黒の双剣士―」

                 CGuer0rU8AAQ5vB.jpg

 8ヶ月ぶりの18巻。

 青のレギオン《レオニーズ》の〈二剣(デュアリス)〉、ポニーテールのマンガン・ブレードさんと、ツインテールのコバルト・ブレードさんですね。
 巨乳過ぎませんか? HIMAさん(笑)

 とうとう登場した《矛盾存在(アノマリー)》の二つ名を持つ、グラファイト・エッジですが、得意技は高さ230mからの前方15回宙返りジャンピング土下座ですか。どこぞの《会計》にも難しい技ですな。
 どうみてもキリトの息子ではないかとしか思えないキャラですね~
 緑のレギオン《グレート・ウォール》vs黒のレギオン《ネガ・ネビュラス》のバトルロイヤルは面白かったです。
 〈バーチカル・スクエア〉なんて使ってもいいのか?グラフさん。強いのか弱いのかわからん人物ですな(笑)
 右の長剣の名は《ルークス(光)》、左の長剣は《アンブラ(影)》なのね。

 情報的に追加されたのは、元《プチ・パケ》のメンバー
 ショコラ・パペッター:奈胡 志帆子
 ミント・ミトン:三登 聖実(回文になっている)
 プラム・フリッパー:由留木 結芽

 青のレギオン《レオニーズ》所属
 マンガン・ブレード:高野内 雪
 コバルト・ブレード:高野内 琴

 赤のレギオン《プロミネンス》の〈三獣士(トリプレックス)〉
 ブラッド・レパード:掛居 美早(パド)
 カシス・ムース:本名不明(カッシー)
 シスル・ポーキュバイン:本名不明(ポッキー)

 白のレギオン《オシトラリ・ユニバース》の重鎮
 〈七矮星(セブン・ドワーフズ)〉:メンバー詳細不明
 
 
 黒雪姫は来年3月には卒業し、海外へ留学させられるかもしれない。中学3年生には自活して好きなことができるわけがないのだ。
 白のレギオンとの戦いの前に、ハルユキはひとつだけ確かめたいことがあった。
 レベル10を目指すには、あと4人のレベル9を倒す方法と、《大天使メタトロン》が示唆した3つのプロジェクトの秘密、《帝城》にある最後の《七の神器(セブン・アークス)》『揺光(ようこう)』の神器《ザ・フラクチュエーティング・ライト THE FLUCTUATING LIGHT》に秘密があるのか?
  
 終盤、《TFL》の謎を求めて2度目の《帝城》(エリア00)への侵入を果たしたシルバー・クロウとスカイ・レイカー、メタトロンの前に現れた意外な人物は?
 トリリート・テトラオキサイドの心意技は〈天叢雲(ヘブンリィ・ストレイクス)〉というのね。

 ~つづく。

 DVD特典だった「紅炎の軌跡」収録。
 8月は「ソードアート・オンライン」16巻だが、「アクセル・ワールド」19巻が今冬ということは「プログレッシブ」の4巻が挟まるのか?
                  アクセルワールド18