まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2241回 幼女戦記食堂

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

京一 (著), カルロ・ゼン (原著), 篠月しのぶ (デザイン), 野田 浩資 (監修)
「幼女戦記食堂」1巻
 Willkommen im Restaurant Die Kriegsgeschichte eines Kleinen Mädchen


 食堂ものが流行りですが、どうしてこうなった!?

 Kapitel 01 ポテトパンケーキ
 Kapitel 02 低国産高級ワイン
 Kapitel 03 帝国の1日の食事
 Kapitel 04 シュトルーデル
 Kapitel 05 根セロリのスープ
 Kapitel 06 チョコレート
 Kapitel 07 K-Brot
              幼女戦記食堂 1
 巻末に「アップルシュトルーデル ヴァニラソースかけ」のレシピ付き。
 帝国の食糧事情が解るシリーズでうsね。
 ドイツの白ワインが飲みたいヒッターです。
 2巻も楽しみ!
 もう1冊
東條 チカ (著), 篠月しのぶ (企画・原案), カルロ・ゼン (原著)
コミック版「幼女戦記」9巻


 承前 「第肆章 ノルデン沖の悪魔」後半。

 序盤はこの世界における魔術の概念が、如何にして技術化されていったかという歴史のおさらい。
 休暇中だった第二0三航空魔導大隊にかかる非常召集。
 レドガニア協商連合残存艦隊の索敵・殲滅(サーチ&デストロイ)命令を受け、当該海域へ向かう。

 暴風雨の中、対艦戦闘を仕掛ける第二0三航空魔導大隊の迎撃に上がってきた海兵魔導師の中に、あのアンソン・スー大佐がいた。
 娘との約束を守れなかった父親の無念。
 夫の死を予感し、娘の幸せを祈る母親。
 父のように強い魔導師になりたいという娘の願い。
 今、祝福と奇跡と幸運を授かった少女が誕生する。
 彼女を打ち破れるのは、同等の奇跡を持つ者のみである。
              幼女戦記 C09
 ということでメアリ・スー、覚醒ですね。
 次巻は軍事法廷からかな。

スポンサーサイト

第2235回 ヤキトリ 2

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

カルロ・ゼン「ヤキトリ 2 Bloken Toy Soldier」

 火星の惑星原住知性種管轄局選定訓練施設(キッチン)をとんでもない成績でクリアして出荷された《ヤキトリ》K321ユニットは、汎星系通商連合航路保守保全委員会(商連)本国艦隊第142バルカ方面特設派遣艦隊根拠地の軍事衛星に運ばれた。
 最初の任務となるのは、商連からの独立を求めた惑星バルカへの外務氏族特使の護衛兼儀仗兵である。
 商連の力と有用性を見せ付けるべ集められたく、多種多様な属州惑星出身の《ヤキトリ》=《インスタント》たち。
 本来なら軍事氏族の商連軍海兵隊が護衛に付くところだが、そんな危険性は皆無と判断されたようだ。吝嗇な商連は安価なインスタント》を使用することにしたらしい。
 しかし《ヤキトリ》には儀仗兵装備などない。どうせ商連の軍事力を見せつける「砲艦外交」なのだから完全武装での護衛が適当だろう。
 
 クマだのワニだのタコみたいな異星人《インスタント》数百名の中、特殊宇宙保安産業管轄汎人類担当認可資格保持者(調理師)ヴァーシャ・パプキンは、財務氏族から調達した商連軍海兵隊の支援管制AIを追加モジュールとして配備。
 《ヤキトリ》K321ユニットのみ、対装甲浸蝕液体炸薬ランチャー、多目的誘導弾など火力支援分隊並みの重火器装備で参加することになった。
 だがK321ユニットは知らなかった。惑星バルカガは独立戦争への一触即発の火薬庫であることを。
                   ヤキトリ2
 さてネコ型外交氏族の特使を守るのは、現地駐在の商連軍海兵隊一個中隊と有象無象の《インスタント》たち。
 バルカ独立勢力にまで武器を売ったのは商連自身である。
 商連軍地上保安用多用途多脚支援戦闘車TUF-MAGAKや自動化砲兵に囲まれ、全周防御しかとれない駐屯地からK321ユニットは生きて帰れるのか。

 《インスタント》は《インスタント》でしかないことが良く解りました。(笑)
 まさしく「烏合の衆」です。
 しかし、特殊な訓練課程を経た《ヤキトリ》K321ユニットの5人は、口と能力が反比例する屑ばかりだが無能はいない。
 K321ユニットの活躍は物語をカタストロフに追い込んでいく。

 表紙はヤン・ズーハン、過酷な生き方をしてきたようです。
 うじゃうじゃと群がるネズミ星人との戦いは悪夢のようです。デグレチャフ少佐殿でも、こんな訓練はしないでしょう、(たぶん)
 調理師の打った保険は思いがけない結果で商連に激震を起こしました。
 軍事氏族の犬星人はいい奴らばかりですね。犬は古くから人間の友です。
 同時に商連内部にも敵も作ってしまいました。
 はたしてK321ユニットの運命は?というところで「ヤキトリ3」に続きます。
 次は「幼女戦記10」ですね。

第2181回 コミック版 幼女戦記 8巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

東條 チカ (著), 篠月しのぶ (企画・原案), カルロ・ゼン (原著)
コミック版「幼女戦記」


 原作2巻の「第参章 ノルデンⅡ」から「第肆章 ノルデン沖の悪魔」の前半まで。

 帝国軍北部方面軍と対峙するレガドニア協商連合軍の頭を飛び越して、後方のオースフィヨルド沿岸要塞へ空挺作戦を行った第二0三航空魔導大隊。
 いち早く迎撃に出たアンソン・スー大佐率いる協商連合軍魔導大隊に、単騎で挑むターニャ・フォン・デグレチャフ少佐。
 エレニウム九十五式の精神汚染を回避しようとするため、苦戦に陥る。
 だが、大規模魔導反応を感知した帝国軍北洋艦隊海兵魔導師連隊の増援が間に合った。
 ここにオース市は陥落し、レガドニア協商連合は継戦能力を失った。

 政府首脳部は一時的にアルビオン連合王国への亡命政権を模索するが、これが表立てば帝国への完全な敵対行為である。
 王国政府は極秘裡に協商連合の要人を亡命させねばならなかった。
                   コミック版「幼女戦記」8巻
 ここからはアニメではカットされた「ノルデン沖の悪魔」ですね。
 本格的な戦闘は9巻に持ち越されますが、ターニャが再びライン戦線へ左遷される原因になった話です。
 娘からプレゼントされたアンソン・スー大佐の短機関銃を、ターニャが奪い取るのが待ち遠しいですね。
 本巻ではこの短機関銃についてオリジナル・エピソードが追加されていました。
 たしかにあの短機関銃の出自には不可思議な点があったので補完ですね。

 では、9巻をお待ちしています。

第2142回 幼女戦記(15)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

カルロ・ゼン「幼女戦記 9 Omnes una manet nox 」 後編

 ネタバレが含まれています。

 第肆章 海底から愛をこめて       Love from Underwater
 統一歴一九二七年七月、ダカール沖。
 列強随一の連合王国艦隊が、一瞬でここまでの打撃を受けるとは誰も想像していなかった。
 帝国海軍の得意とする潜水艦の郡狼作戦にも、対潜水艦装備の駆逐艦艦隊が護衛に付いていたのにだ。

 ドクトル謹製の12本の『V-2』に乗り込んだ第二0三航空魔導大隊特選中隊。
 連合王国海軍最大最強の巡洋戦艦マイティ・フッド轟沈、空母アーク・ロイヤル被弾を皮切りに対潜攻撃に切り替えた艦隊は、海中から突如現れた航空魔導師に艦上の爆雷や魚雷を誘爆させられ、次々と沈められていく。
 海兵魔導師も組織だった対応ができず、炎に飲まれていく。
 ここで連合王国航空魔導師一個旅団が救援に駆けつけなければ、一個艦隊が殲滅させられてただろう。

 画竜点睛を欠く戦果に気落ちしながら会合座標で《U-091》と合流したターニャに、新しい命令が届く。

 第伍章 観光旅行      Sightseeing
 帝国の同盟国でありながら表面的には中立を装うイルドア王国。
 帝国参謀本部は《U-091》を帝国旗を掲揚しながら海上航行でイルドアに入港させた。
 名目は親善訪問である。
 腫れ物に触るような歓待だが、ターニャたちを案内したのは東部戦線に観戦武官として訪れたカランドロ大佐であった。
 互いの腹の中を探り合う二人だが、ターニャは戦時体制にないイルドアの豊かさに、帝国との差をしみじみと感じる。

 その頃、「レルゲン戦闘団」の留守番部隊は、旧・共和国軍と連合王国海軍による軍港襲撃を受けていた。
 平和ボケした駐留軍は対応が遅れ、前線帰りの「レルゲン戦闘団」は命令無視で反撃を始める。

 第陸章 黄昏の場合     At Dusk
 大戦果を上げた第二0三航空魔導大隊と、軍規無視でも軍港防衛の任を果たした留守番部隊の評価は高い。
 だが、帝国の戦力はジリ貧に近く、さらに最高統帥会議はイルドア侵攻を参謀本部に打診する。
 どこを捻ればそんな戦力が出てくるのか、ルーデンドルフ中将のこめかみに血管が浮き出る。

 南方から帰還したロメール将軍は、自分は凱旋将軍として帰還させられたとターニャに愚痴をこぼす。
 英雄にはなりたかったが、作られた英雄になるのは自分の小さなプライドを傷つけられたのだ、と。
 そして打ち明ける参謀本部の『予備計画』。ロメールはルーデンドルフ中将の外見に惑わされるなと、ターニャに忠告する。
 帝国軍の一部は間違いなく“やる気”なのだと。
                幼女戦記 劇場版
 うん、9巻も面白かった。
 どうも帝国内がきな臭くなってきました。
 やはり軍部クーデターですか?
 
 劇場版決定、おめでとうございます。
 やはり『南方戦役 The Southern Campaign』ですかね。
 ロメール将軍初登場です。楽しみですね。
 

第2139回 幼女戦記(14)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

カルロ・ゼン「幼女戦記 9 Omnes una manet nox 」 前編

 ネタバレが含まれています。

 第壱章 侵食       Erosion
 統一歴一九二七年六月末。「レルゲン戦闘団」は療養と戦力の再編のため、首都ベルンに帰還した。
 参謀本部からの優遇措置に喜ぶターニャたちだったが、レルゲン大佐からはターニャにだけ知らされた極秘任務があった。
 最高統帥会議と参謀本部の軋轢。
 ひたすら「目的」もなく「勝利」だけを求める最高統帥会議に参謀本部のドン、ルーデンドルフ中将も業を煮やしていた。
 同盟国であるイルドア王国を介した和睦協議を、水面下で行っていたレルゲン大佐の頭越しに最高統帥会議は交渉を打ち切ったのである。
 帝国は壮健に見えるが、その内部は死病に冒されている。
 外科的治療を行わなければならないが、クランケ(患者)はそれに耐えられるだろうか。

 第弐章 本土  Home Front
 朋友ウーガ中佐とのランチで知らされた帝都ベルンの実情。
 食料は底をつきかけ、葬儀で柩を担ぐのは傷病兵や十代前半の子供たちである。
 それでも前線よりはマシだと言うターニャに、ウーガ中佐は人の心が無いと苦言を呈する。

 東部戦線ではゼートゥーア中将が戦線の縮小後退を決定した。だが、すんなりと連邦軍が引かせてくれる理由もない。
 なにかしら、罠を仕掛けなければならないだろう。
 一方で連邦に派遣された多国籍義勇軍にも連邦軍から極秘作戦の命令が下った。
 帝国軍が得意とする斬首作戦。散々に第二0三航空魔導大隊に苦しめられたドレイク中佐が狙う獲物は、なかなか所在が掴めないゼートゥーア中将の東部方面軍司令部である。

 旧共和国との境界部を防衛するライン・コントロールは、毎日のように飛来する連合王国の爆撃機部隊を迎撃する日々を送っていた。
 西部工業地帯を帝国は失うわけにはいかない。
 だが、西部方面にには優秀な参謀も将軍も割けない。東部戦線で手一杯なほど帝国にはマンパワーが払底している。
 もはや南方大陸派遣軍のロメール将軍とその軍団を呼び戻すしかない。

 第参章 必要は発明の母  Necessity is the mother of invention 
 統一歴一九二七年七月。同盟国であるはずのイルドア王国の中立宣言により、南方戦線からの撤退が難しくなった。
 陸路からの撤退が無理なら海路しかないが、海は連合王国海軍の独壇場である。
 「レルゲン戦闘団」は再編中であるが、遊撃部隊としての第二0三航空魔導大隊は単独で動ける。
 だが、第二0三航空魔導大隊にとっての弱点は海だ。
 ノルデン沖で対艦戦闘訓練は行ったが、敵海兵魔道士部隊が出てくれば損耗は免れない。もはや新規の航空魔導師の補充は無いのだ。
 しかし、ここでエレニウム工廠のシューゲル主任技師から、新兵器のお披露目が行われる。
 
 秘匿呼称『V-2』。正式名称『海中汎用加速装置』。
 航空魔導師を乗せて索敵術式と酸素発生術式を併用させ、敵艦へと特攻する「人間魚雷」。
 航空魔導師は直前で離脱する仕様だが、上手くいくかどうかは実戦で試すしかない。
 これが連合王国海軍を恐怖のどん底へ叩きこむことになるとは、ターニャにも予想できなかった。
             幼女戦記 9
 出てきましたか、「人間魚雷」!
 この発案自体が前の世界の知識を持つターニャが出したもので、まさか自分がそれに詰め込まれることになるとは、「どうしてこうなった!!!」と叫びたいでしょう。(笑)

 そろそろターニャちゃんも転職の伝手を探し始めようとしていますね。
 Web版だと終戦間際に合衆国へと亡命しますが、書籍版だとどうなるのか、 9巻後半に進みます。