まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1755回 衛府の七忍(3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山口貴由「衛府の七忍」 第3巻

 前半は2巻から続く「霞鬼(げき)」篇
 現人鬼・波裸羅さんが強い!
 生身のままで怨身忍者「零鬼」を一蹴し、孝霊天皇皇子、大吉備津彦命(通称・桃太郎)の配下、栗彦、蜂彦、泥彦、臼彦、針彦も瞬殺です。
 しかし、その波裸羅を石化させた伊織の力はなんなのか。
 彼女の瞳にも「渦巻く龍」が現れます。

 後半は「霹鬼(ひゃっき)」篇に突入。
 伐斬羅の血は琉球にも伝わっていたのですね。
 これで五忍目です。
 「シグルイ」から藤木源之助キャラが登場です。スターシステムに加わった模様。
            衛府の七忍3

 4巻早く出してください!

スポンサーサイト

第1556回 衛府の七忍(2)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山口貴由「衛府の七忍」 第2巻

 「覚悟のススメ」、続編の「エクゾスカル零」に登場するキャラのスター・システムを採用したようですな。
 
 「零鬼(れいき)」葉隠谷のカクゴ
 「震鬼(しんき)」動地一家の憐
 「雪鬼(せっき)」まつろわぬ民の末裔、六花
 「霞鬼(げき)」現人鬼・波裸羅

 この後予想されるのは「霹鬼」「霧鬼」「雷鬼」というところか。
 敵方もなかなか味のあるキャラが登場しているので、この先が楽しみだ。
               衛府の七忍2

 駿府城の恐怖の六つの仕掛けのあと四つはなんなのだろう?、

第1324回 衛府の七忍

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山口貴由「衛府の七忍」 第1巻

 覇府の威によって戦国乱世を支配した治国平天下大君・家康。その意に従わぬ民は軍神・吉備津彦命に誅戮される運命だ。
 だが見よ! 惨酷なる人界を跋扈する七つの影。人か獣か風か花片か、いや、衛府の刃・怨身忍者だ!

 ということで第1巻が出ました。
 第1章「零鬼編」:落人の里・葉隠谷のカクゴ。真田幸村の家臣の娘を助けるべく鬼となる。
 第2章「震鬼編」:動地一家の忘八・憐、妻を娶る、←の途中まで収録。

 いやいや奥さん、その秘技は旦那に使っちゃダメですぜ!
 これは下手に「シグルイ」のように長引かせないで欲しいな。かといって「エクゾスカル零」のように煮え切らず終わるのもこまる。
  山口貴由作品はそれぞれ年代記のように関連しているから(原作付きは除く)見逃せないんだよね~
 連載5話分だったから、次巻は半年後か。春まで待とう。 

                      衛府の七忍

第1085回 エグゾスカル零 完結

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山口貴由 「エグゾスカル零」全8巻

 連載されていた「地獄篇」「煉獄篇」と書き下ろしの「天国篇」を持って完結した。
 文明の崩壊した未来の地球。変貌していく人類。
 これは初期作「覚悟のススメ」の破滅した世界から始まり、「開花のススメ」で復興を遂げたが「蛮勇引力」で二度目の破滅を迎えた未来となっている。

 7人のエグゾスカル戦士たちは希望の火を再び灯せるのか。

 「憤怒」の罪を持つもの 現人鬼 散 with 装甲軍鬼・霞
 「暴食」の罪を持つもの 九十九 猛 with 装甲電獅子・霹
 「姦淫」の罪を持つもの 初夜 六花 with 潜陸砕氷外殻・雪
 「怠惰」の罪を持つもの 黒須 京馬 with 靭機猟兵・雷電
 「強欲」の罪を持つもの 動地 憐  with 神造歩兵・震電
 「嫉妬」の罪を持つもの 御菩薩木 紡 with 武葬憲兵・霧
 「傲慢」の罪を持つもの 葉隠 覚悟 with 強化外骨格・零

 次作は「衛府の七忍」という戦国時代もののようだ。
               エグゾスカル零 8

第25回 エグゾスカル零(ゼロ)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山口貴由「エグゾスカル零(ゼロ)」①、②
 むかし「覚悟のススメ」というコミックがありましたが、今風のリメイクですね。
 今回は6体の強化外骨格(エグゾスカル)が出てくるっぽい。

 零式防衛術、体に埋め込まれた零式鉄球など懐かしいキーワードが出てきます。
 「覚悟完了!」「当方に迎撃の用意ありっ!」とか、よく遊んでました^^
 「はっちゃけ あやよさん」の宇宙大王を思い出しましたね。(押し入れの奥にあるはず)

 山口貴由さんの作品では「悟空道」とか好きでしたね。三蔵法師さまがエロっぽかったです^^
 「シグルイ」はあまりにも原作の「駿河城御前試合」をカリチュアしてて、もったいなかったです。1/3くらいの長さで収めてくれれば良かったのにな。
 因縁の11試合の内、第1試合だけであそこまで引っ張るとは・・・

 とりあえず葉隠覚悟くんの活躍を期待!

エグゾスカル零

ブログランキングに参加中です(^^
今日のブログの内容がオモシロかったら
ポチッと押してください"ρ('-'* ) ピッ
     ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村