まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2018回 ゴブリンスレイヤー 6

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蝸牛くも「ゴブリンスレイヤー 6」

 雪山の冒険から半年。実家に戻った令嬢剣士からの寄贈により、頓挫していた新米冒険者訓練所の建設が始まる。
 女神官が最初のパーティと冒険に行き、ゴブリンスレイヤーと出会ってから1年。
 その間に妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶ととも戦ううちに彼女も些かなりとも経験を積んだ。
 だが第九位である黒曜等k級から第八位の鋼鉄等級への昇級試験に落ちてしまう。
 同行したパーティメンバーが全員、在野でトップクラスの第三位の銀等級ばかりだというのが査定の結果だ。

 新たに冒険者を目指してギルドにやってくる若者たちの先輩として頑張ろうとする女神官。
 その新米たちの中にある若い魔術師がいた。
 ゴブリンに毒の短剣で刺されて姉を失った少年。
 彼こそ女神官が最初に組んだパーティで命を失った女魔術師の弟だった。
                   ゴブリンスレイヤー6
 長編5作目ということで、ゴブリンスレイヤーも他者との接し方が熟れてきたようです。
 やはり仲間が出来ていくというのは、選択肢が増えるということですよね。
 そして女神官と組むようになってから、後輩にも目を向けるようになってきました
 槍使いや重戦士という飲み仲間も増えました。
 今巻は女神官の成長と、新米魔術師の冒険者への第1歩の巻でしたね。


蝸牛くも×黒瀬浩介 コミック「ゴブリンスレイヤー」3巻
                   コミック ゴブリンスレイヤー 3巻
 こちらは原作小説1巻の最後の部分ですね。
 ゴブリンスレイヤーの素顔ははたして?

スポンサーサイト

第1899回 ゴブリンスレイヤー 5

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蝸牛くも「ゴブリンスレイヤー 5」

 長編第4作。
 至高神に愛されし大司教(アークビショップ)《剣の乙女》から依頼されたのは、家出をして冒険者となった令嬢剣士の行方の捜索。
 初心者冒険者の令嬢剣士は北の山へゴブリン退治に向かったらしい。
 小鬼殺し(ゴブリンスレイヤー)はいつもの如く女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶とともに雪山に向かう。
 そこで彼らが見たものは、いやに統率の採れた小鬼(ゴブリン)どもだった。

 この世の英知を司る知識神の一柱である《覚知神》は、求めるものに無差別に知恵を授ける。
 それがたとえ小鬼(ゴブリン)であろうとも。
 小鬼聖騎士(ゴブリン・パラディン)の誕生である。
                   ゴブリンスレイヤー 5
 令嬢剣士は新メンバーになるのでしょうか?
 なんかパーティは6人でないと人数的にしっくりこないですものねえ。
 ちょうど前衛が不足でしたし~

 次回もゴブリンを殺すお話でしょうか。

第1833回 コミック版 ゴブリンスレイヤー

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蝸牛くも×黒瀬浩介「ゴブリンスレイヤー」1,2巻

 1巻が出たとき、買うかどうか迷って保留していたのだが、2巻が出たので購入することにした。
 ちょうど原作小説1巻分ですね。

 おお、原作の内容に忠実ですねえ。
 あんな場面やこんな場面はシフトにしているかと思いきや、陵辱シーンはそのまんまです。
 これはアニメ化時に厳しいですね。(笑)
 妖精弓手さんにゴブリンのハラワタをこすりつける時の女神官さんの目が怖いです。(笑)
 GS01.jpg GS02.jpg

 1巻には掌編小説「間章 雨の日のお話」。2巻にも「間章 野営の時のお話」を収録。

第1780回 ゴブリンスレイヤー 4

Posted by ヒッター7777 on   2 comments   0 trackback

蝸牛くも「ゴブリンスレイヤー 4」

 今回は短編集ですね。表紙は受付嬢さんです。
                ゴブリンスレイヤー4

 第1章 新米戦士と見習聖女のお話
 第2章 ある男の子のお話
 第3章 酒場の女給のお話
 第4章 ありふれたゴブリンの巣のお話
 第5章 彼がいない日のお話
 第6章 悪魔に魅せられし魔宮の滅亡するお話
 第7章 死人占い師が手番二番くらいでずんばらりされた後のお話
 第8章 妖精弓手のぐだぐだした休日のお話
 第9章 三人の数ヶ月くらい前のお話
 第10章 往って帰って来たお話

 全10話ですが、いろいろな登場人物にスポットが当たったお話集でした。
 次は長編の冬の雪山篇ですね。
 あとがきにある、「1巻は丘を越え、2巻は地下の都市、3巻で七本の怪物、4巻休みで5巻は山の砦」って、何の話だろうか。
 気になる。

 栞がデカイ。
 栞GS

第1676回 ゴブリンスレイヤー 3

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

蝸牛くも「ゴブリンスレイヤー 3」

 人気作第3弾。
 あいも変わらずゴブリンを殺し続ける男・ゴブリンスレイヤー。
 しかし、最近のゴブリンは何かおかしい。装備が整いすぎていたり、鉱山に娘たちをさらってきたまま、陵辱も拷問もせず捕らえておいたままだったり、普段ののゴブリンの習性とは違う。
 背後になにか上位の魔物がいるのだろうか。ギルドへのゴブリン退治の依頼数が激減している。

 さて、秋の収穫祭にゴブリンスレイヤーを誘おうとする受付嬢と牛飼娘の恋の駆け引き。
 だが、ゴブリンのいるところにゴブリンスレイヤーは行くが、ゴブリンスレイヤーのいるところにもゴブリンは来るのだ。
                   ゴブリンスレイヤー3

 ふむ、女騎士さんは結婚相手募集中ですか。
 胸部と下腹部しか覆わないヨロイって、確実に死にますよね。(笑)
 下着鎧(ビキニアーマー)を着用するにはダーティペア並みの科学技術の裏打ちがないとダメです。

 次巻はゴブリンスレイヤーがゴブリンを殺している間に、ほかの冒険者は何をしていたのか短編集になるようです。
 金木犀(キンモクセイ)の花言葉は、ゴブリンスレイヤーに似合うのだろうか。