まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2076回 信長協奏曲 16巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

石井あゆみ「信長協奏曲(コンチェルト)」16巻

 天正7年(1579年)。竹中半兵衛、逝く。
 だが、その死には疑問があった。
 羽柴秀吉は毛利と通じているのか?
 信長は秀吉という名前に、自分の死んだ後の歴史の流れを感じる。
 だが、信長の態度に危険を感じた秀吉は、さらなる忠誠を見せるために毛利攻めの圧力を増した。

 畿内、丹波、丹後を平定した織田軍。
 三郎は京での滞在が多くなることを考え、宿泊施設として本能寺を選んだ。
 明智光秀はそれを止めようとする。
 いま、「本能寺の変」の事を知っているのは三郎と光秀だけだ。
 問い詰められた三郎は、光秀に歴史を変えるつもりはないと答える。
 それが宿命なのだから、と。
 光秀はそれでも生きて欲しいと望む。

 天正8年(1580年)。羽柴軍に2年間包囲されていた三木城が降伏。
 同年、石山本願寺との和睦が成り、11年に渡る包囲戦が終わった。
 関東では有力大名。北条氏との同盟を結ぶ。
                  信長協奏曲 16
 さあ、残すところあと1年半ほどで「本能寺の変」が始まりますが、三郎信長はさすがにいつ起こるのかまでは覚えていません。
 そして誰が起こすのかも覚えていません。
 信長という人物がそこで死ぬことと、徳川幕府が後に出来る事。秀吉という人物が天下を取るということだけです。
 どういう結末が待っているのか、なんとなく予想していますが、もう三郎が現代に戻ることはないでしょうね。

 雪だるまっていつの時代からあったんだろう?

スポンサーサイト

第1865回 信長協奏曲 15巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

石井あゆみ「信長協奏曲(コンチェルト)」15巻

 天正6年(1578年)11月。第二次木津川の戦いにおいて、六隻の鉄甲船を繰り出した織田水軍は毛利水軍を撃破した。
 明けて天正7年(1579年)。毛利の交渉役である安国寺恵瓊のもとへ訪れた曲者がひとり。
 秀吉の弟、羽柴秀長である、
 世の中を詰まらないか詰まるかで判断する男は一案を提示する。

 この巻で竹中半兵衛さんは御退場です。
 しかし、彼の残した策は今後、どう影響していくのか。
                    信長協奏曲 15
 安土城見学ツアーは参加したいですね。(笑)
 羽柴兄弟の恐ろしさが際立つ15巻でした。これ、「本能寺の変」はどうなるのかが非常に楽しみですねえ。
 黒田官兵衛は出てくるのかな。
 

第1662回 信長協奏曲 14巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

石井あゆみ「信長協奏曲(コンチェルト)」14巻

 上杉謙信の突然の死により、信長包囲網はまたしても崩れた。
 しかし調略、寝返りは戦国の世の習い。中国方面の攻略に秀吉は苦慮していた。
 その中で将軍・足利義昭の懐柔の書面が秀吉の元へも届く。

 時代は天正6年(1578年)後半に入っていきます。
          信長協奏曲14

 どの漫画でも足利義昭はヘタレ将軍として描かれますねえ。(笑)
 竹中半兵衛さんもそろそろ出番はおわりに近づいてきましたね。

 約半分が角力大会の14巻でした。
 三郎くんももう四十半ばなんですなあ。

第1408回 信長協奏曲 13巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

石井あゆみ「信長協奏曲(コンチェルト)」13巻

 前回取り上げたのはアニメ化の時だったな。
 ドラマの方はさっぱり見ていないのだが、実写映画も公開ということで、どんな最後になるんだろうか。

 原作の方は松永弾正久秀が御退場。好きなキャラだったんだがなあ~
 なんでみんな三郎くんに拳銃を残していくんだろうね。(笑)
 弥助って史実ではどうなったんだっけ?

 さて、いよいよあちこちに三郎くんとミッチーの顔がそっくりだということがバレ始めてきました。
 そしてあの戦国武将の訃報も舞い込んできます。
 作中では天正6年3月(1578年)だから、「本能寺の変」まで、あと4年と3ヶ月あるのだな。
 まだまだ終わりませんね。楽しみです。

                 信長協奏曲13

第809回 信長協奏曲 10巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

石井あゆみ「信長協奏曲(コンチェルト)」10巻
    信長協奏曲10

 これを前に取り上げたのはブログ開始第2回であった。
 http://hitter7777.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

 もうこんなに回数が経ったのだな。
 アニメ化はまあ良いとして、TVドラマ化、映画化はどうなるのか不安である。
 「テルマエ・ロマエ」は実写化の成功例であろうが、どうも小説や漫画の実写化というのは観てがっかりというのが多過ぎる。
 原作がとても好きで毎月「ゲッサン」を立ち読みしているのだが(買えよ!)

 さて明智光秀の素顔を見てしまった森蘭丸くんは、今後のストーリーにどう影響を与えてくるのか。
 コミック本巻の次回では、もうひとりが三郎信長の正体に気がつくのですが、上杉謙信もなんか怪しい人物なんだよね~。
 三郎信長、斎藤道三、松永弾正、弥助に続く5人目なのかな?

 TVアニメは7月、連続ドラマは10月から。

 TVアニメ「信長協奏曲」キャスト
 サブロー:宮野真守
 織田信長:梶裕貴
 帰蝶:水樹奈々
 木下藤吉郎:中村悠一
 お市:悠木碧

 池田恒興:興津和幸
 柴田勝家:小山力也
 前田利家:浅沼晋太郎
 佐々成政:三宅健太
 丹羽長秀:高橋伸也
 沢彦:緒方賢一
 徳川家康:福山潤
 竹中半兵衛:櫻井孝宏
 浅井長政:木村良平
 森可成:杉崎亮
 森長可:吉野裕行
 森蘭丸:村瀬歩
 足利義昭:杉田智和
 松永久秀:黒田崇矢
 織田信行:内山昂輝
 平手政秀:清川元夢
 斉藤道三:秋元羊介

 ナレーション:小栗旬