まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1407回 海街diary 7

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

吉田秋生「海街diary 7 あの日の青空」

 またいつの間にか1年半も経っていたな。待望の新刊です。

 同じ月を見ている
 パンと女子と海日和
 あの日の青空
 遠い雷鳴

 珠玉の4篇です。

 4姉妹の上の2人には新しい恋が。
 すずは遂に自分の進路をを決断する。
 だが、すずが見つけてしまったゴミ袋に捨てられていた物は!?


 あのコロッケパンはどれだけ売れてるんだ(笑)
 肉食のシカがいたら、うっかり奈良に行けませんな。
 「月の道」って検索すると、けっこう写真が出てきます。直に観たいですねえ。
             海街dairy 7

スポンサーサイト

第867回 海街diary 6

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

吉田秋生「海街diary 6 四月になれば彼女は」
        海街iary 6
 前回のネタから1年3ヶ月。やっと6巻が発売された。

 いちがいもんの花
 逃げ水
 地図にない場所
 肩越しの雨音
 四月になれば彼女は


 すずの祖母の遺産相続の揉め事から、高校へのスポーツ特待生推薦の話。
 新登場のすずの従兄、方向音痴の直人の話。
 自分の仕事が役に立っているのかと悩む幸。
 新しき恋に燃える佳乃。
 今回も珠玉の5篇でしたね~。登場人物たちが成長していく物語が好きです。
 
 映画化が発表されている。
 個人的にはこういう名作が実写化されるのは好きじゃないですが、話題になれば原作を読んでくれる人も増えると思うので宣伝だと思えばいいか。

     キャスト

第418回 海街diary

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

吉田秋生「海街diary」 既刊5巻

 1巻を読んでる間に、3回ほど目から液体が流れ出ました・・・ ゚(゚´Д`゚)゚

 鎌倉に住む香田 幸、佳乃、千佳の三姉妹の両親は十五年前に離婚し、婿養子だった父は家を出ていった。
 母も再婚すると言って、娘たちを置いて出ていき、三姉妹は祖母の家で暮らしていた。
 その祖母も亡くなったころ、出て行った父の訃報が来る。
 再婚した父は、相手と一女を設けたがその母親は病気で死亡。
 再々婚の相手は、男子二子を連れていた。

 葬儀の席で異母妹の存在を知った三姉妹は、その、末の妹、浅野すずを引き取ることにする。
 (第1話「蝉時雨のやむこ頃」)

 四姉妹を軸に物語は進んでいきます。
 涙腺が緩いヒッターには拷問のような5冊でした・・・(Mだからいいか)

 あれ? なんか懐かしい名前が・・・、
 藤井朋章って前にも出てこなかったか? 他にも見知ったキャラがいる!
 「ラヴァーズ・キス」と同じ世界設定なのか。読み返したくなったが、どこのダンボールに入ったのか、わからんな。

 「ビブリア古書堂の事件手帳」も鎌倉が舞台だが、本当に坂の多い街なのね~

 なんか久しぶりに、吉田秋生(あきみ)さんのコミックを買ったような気がする。
 だが、巻末の作品集を見ると
 「きつねのよめいり」
 「夢見る頃をすぎても」
 「河よりも長くゆるやかに」
 「吉祥天女」
 「カルフォルニア物語」
 「BANANA FISH」
 「ラヴァーズ・キス」
 「YAKSA -夜叉-」
 「イヴの眠り」

 うーん、全部持ってるじゃないか。
 十年くらい、新作を買っていないような気がしたのだが・・・

 マンガ大賞2013受賞作品です。
 表紙が良いですね~

 海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
  「蝉時雨のやむ頃」「佐助の狐」「二階堂の鬼」
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

 海街diary 2 真昼の月
  「花底蛇」「二人静」「桜の花の満開の下」「真昼の月」
海街diary 2 真昼の月

 海街diary 3 陽のあたる坂道
  「思い出蛍」「誰かと見上げる花火」「陽のあたる坂道」「止まった時計」
海街diary 3 陽のあたる坂道

 海街diary 4 帰れない ふたり
  「帰れない ふたり」「ヒマラヤの鶴」「聖夜に星降る」「おいしい ごはん」
海街diary 4 帰れない ふたり

 海街diary 5 群青
  「彼岸会の客」「秘密」「群青」「好きだから」
海街diary5 群青


 これが安っぽいTVドラマ化なんてされて、穢されないことを祈ります。