まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2210回 紅殻のパンドラ 12巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

原案:士郎正宗 漫画:六道紳士 「紅殻のパンドラ」12巻 pandora in the crimson shell

 表紙は11巻と対になってますね。
              紅殻のパンドラ 12巻
 同居することになったCLARION 00 Type-02:フォボスの目的は?
 不合理な行動を繰り返すネネと、それをサポートするクラリオンがよく理解できない。
 なぜサハルは自分ではなくクラリオンを選んだのか?

 姉妹機対決を微笑ましく)?)見つめるナナ。
 だが、ポセイドンの死神ケリュケイオンが再び現れる。

 
 地下ロボットバトルでクラリオンが使ったのはマッスル・インフェルノですね。(笑)
 ネネもマッスル・バスターを決めてくれました。

 うわあ、すごいシーンで終わってしまいました。
 ロバートさん大丈夫でしょうか?
 やはり「帰ってきたら恋人を紹介する」フラグを立てたのがまずかったですねえ。

 巻末の設定相談メモが相変わらず細かい。
 13巻をお待ちします。

スポンサーサイト

第2072回 紅殻のパンドラ 11巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

原案:士郎正宗 漫画:六道紳士 「紅殻のパンドラ」11巻 pandora in the crimson shell

 クラリオンの3体の予備義体であるCLARION 00 Type-02:個体識別名「恐怖(フォボス)」の登場。
 20体いたクラリオンの同型機が4体まで減った理由は?
 クラリオンの耳を斬ったのは彼女のようです。
 サハルとタクミの名前の由来が判明。
 ロバートさんも対ケリュケイオンとの戦いのヒントを掴んだようです。
               紅殻のパンドラ 11巻

 巻末のフォボスの武器設定は、クラリオンの二振りの武器NCST-004「夜龍(よりゅう)」と、NC2-028「灰虎(はいこ)」 に対抗する大剣。
 ・雷鳳(らいほう)
 ・石猿(いしさる)
 ・煤朱雀(すすすざく)
 ・鬼達磨(おにだるま)
 ・炭氷熊(すみひぐま) 
 ・宵燕(よいつばめ)
 これはカラーで見たいですね。

 同時期発売だった「スーパー・カルテジアン・シアター」 2巻も購入。
 お家に帰るまでが誘拐です!
 御櫛田春月に平和な日々は戻ってくるのか?
               スーパーカルテジアンシアター 2巻

第1962回 紅殻のパンドラ 10巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

原案:士郎正宗 漫画:六道紳士 「紅殻のパンドラ」10巻 pandora in the crimson shell

 前回から半年経ったので、そろそろ新刊が出るかなと調べたら3月に出ていたですと!?
 急いで注文しました。
 ほほう、なにやら「攻殻機動隊」で予想されていた、さらに先の霊的世界への接触が本巻で登場しましたねえ。
 これこそ「GHOSTの囁き」です。

 ここまでが第二幕ということですか。
 第三幕ではあの方が舞台に上がるということで、展開が楽しみです。
               紅殻のパンドラ 10巻

 同時期発売だった「スーパー・カルテジアン・シアター」 1巻も購入。
               スーパーカルテジアンシアター 1巻

第1731回 紅殻のパンドラ 9巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

原案:士郎正宗 漫画:六道紳士 「紅殻のパンドラ」09巻 pandora in the crimson shell

 前巻の中盤から始まった新章。
 いよいよ「秘密結社ポセイドン」が本格的に乗り出してきました。
 亜細亜のとある島国に基盤を持つ多国籍企業。軍事複合体「大日本技研/ポセイドン・インダストリアル」の《アポルシード計画》とは?
 「人類救済」を目指すという彼らの「ブエル奪還計画」を阻止してしまったネネとクラリオンに迫る謎の白い猫耳メイド。
 そして能力をまたも開花させていくネネ。
                紅殻のパンドラ9

 数々の士郎正宗作品に登場する「ポセイドン」ですが、まだこの頃は表立って動いていない「秘密結社」だったんですね。
 ウザルは「ポセイドン」を裏切ったのでしょうか?
 巻末の設定メモがすごい!!
 「攻殻機動隊」(2029年)から「アップルシード」(2127年)までいろいろありそうですな。

第1520回 デスレス

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

六道神士 「デスレス」 DEATHLESS

 11巻、12巻同時発売で完結です。
 一気にこの結末まで読めて良かった~。

 「デスレス」とは“死なない”ではなく“生きていく”ということなのですね。

 最初(はじまり)に覚えておるのは
 黎明の空にかかる 果てなき群青
 ひとりある者
 孤独でいて不安はなく
 両手には決意と確信を

 ああ- 永き旅路が始まるのだ


 デスレス 11 デスレス 12

 宿業を背負ってしまったスザクさんが可哀そうでしたが、収まるところへ収まりました。
 次回作を期待しています。