まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2036回 信長の忍び 12巻 ほか

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

重野なおき『信長の忍び』 12巻 ほか

 アニメの方は終わってしまった。3期放映を希望します。
 書籍の方は一気に3冊発売されて嬉しい。

 『信長の忍び』12巻はいよいよ「長篠の戦い」に向けて情勢が動き出すところですな。
 武田の女忍び・千代女との決着は次巻に。
            信長の忍び12

 『信長の忍び外伝 尾張統一記』3巻
 これで完結です。
 この3冊は織田弾正忠家を継いだ信長が、如何に下克上を繰り返して尾張国を乗っ取っていったかがよく解る話でした。
 ラストで上手く『信長の忍び』に繋がっていきましたね。
            尾張統一記 3

 『政宗さまと景綱くん』2巻
 諸家が何らかの姻戚関係を持つ奥羽の武家の中で、その生温い関係をぶち壊した異端児・伊達政宗。
 政宗好きのヒッターは、この先も多くの苦難が待ち構えている事を知っています。
 伊達成実の出奔はまだまだ先だったか。
            政宗さまと景綱くん 2


 『真田魂』の2巻はまだかな?
 
 

スポンサーサイト

第1828回 信長の忍び 11巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

重野なおき 「信長の忍び」11巻

 アニメ2期決定、おめでとうございます!

 本編の方は10巻で朝倉・浅井が滅びましたが、まだまだ難敵の本願寺勢と武田勝頼が残ってます。
 朝倉義景の娘・三位(さんみ)殿が腹黒すぎますねえ。(笑)
 千鳥の宿敵、武田くノ一の千代女も健在です。
 11巻のメインは長島一向一揆です。
 ここから「長篠の戦い」に時代は向かっていきます。
                 信長の忍び11

 アニメ1期は2巻の京への上洛までがキリがいいので、制作はそこまでで考えていたのだろうが、2期となるとどこまでやるかが問題だな。
 3巻は松永弾正久秀の登場。伊勢国平定。
 4巻は朝倉攻め、金ケ崎の戦い。(ここで終わると敗戦エンドだな)
 5巻は姉川の戦い、本願寺との敵対、と連戦なので、最終回を何処に持ってくるかですね。
 

第1679回 軍師 黒田官兵衛伝 3巻

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

重野なおき 「軍師 黒田官兵衛伝」3巻

 春に3巻が出ていたのね。知らなかった。

 天正十年三月。秀吉勢は毛利攻略に出陣。備前国岡山城から備中国毛利領「境目七城」を攻める。
 黒田家嫡男・黒田長政初陣。冠山城、宮路山城を落し、備中高松城を包囲した。
 水攻めによる備中高松城攻略のさなかに届いた「本能寺の変」の知らせ。
 毛利の増援五万と対峙する中、黒田官兵衛はこれを好機ととらえた。
 織田信長、信忠が死んだ以上、織田家はまとまりを失う。
 ここで主である秀吉に天下を取らせれば、閉ざされていた「日本一の軍師」の道が再び開かれる。

 備中高松城城主・清水宗治の自害により毛利との和睦は成立した。
 しかし、退却前に官兵衛にはまだやることが残っていた。
              軍師 黒田官兵衛伝 3

 本巻は「中国大返し」までで、「山崎の合戦」「賤ヶ岳の戦い」は次巻ですね。
 「小牧・長久手の戦い」はまだ先か。
 四国の長宗我部、九州の島津との戦いもあるな。
 黒田官兵衛っていつまで生きてたんだっけ?
 え? 「関ヶ原の戦い」以降まで?
 

第1675回 アニメ「信長の忍び」

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「信長の忍び」

 期待して待っていた甲斐があった。
 第0話「信長と見習い忍び」
 第1話「信長様に会いに行こう」
 を視聴した。

 もとの4コマ漫画のテンポを活かし、ぽんぽんとギャグが進んでいく。
 これ1クールで終わらないで欲しいよな。
 3分アニメじゃ、どこまで進むのかわからないぞ。(笑)
 これで原作の売れ行きが伸びるんだろうなぁ。
 NS000.jpg
 NS001.jpg
 NS002.jpg
 NS003.jpg
 NS004.jpg
 NS005.jpg
 NS006.jpg
 
 音楽が大河ドラマ並だ。(笑)

第1524回 真田魂

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

重野なおき 「真田魂」①

 武田家に仕えた信濃国小県郡真田郷領主・真田幸隆。
 その三人の息子、真田信綱、真田昌輝、そして真田昌幸。
 昌幸の子、真田信幸、信繁(幸村)の三代にわたる物語である。

 意外と真田幸隆のことを知らなかったので、これは勉強になった。
 この人にスポットを当てた小説は読んだことはなかったな。
 意外と名将なのだな。
               真田魂 1

 1巻ではまだ武田氏滅亡直前なので、これからが本番というところか。