まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1706回 森山塔選集2

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山本直樹 「森山塔選集2」 

 買おう買おうと思いながら1年以上経ってしまったが、ようやく購入した。
 これで復刻版は揃ったな。

 収録作品
 ・私はピアノ semiconcert version(「姦のメロディ」改題)
 ・私はピアノ upright version(「私はピアノ」改題)
 ・さまよえる魂
 ・明日なき暴走
 ・転校生
 ・体育館物語
 ・大密林のおかず/デマコーヴァ(第一章~第三章)
 ・夏の思ひ出
 ・恐怖の便所キノコ
 ・みんな夢の中(「夢がたり」改題)
 ・海辺の情景
 ・薬じかけのオレンジ
 ・はのないうさぎのくち
 ・僕の地下室へおいで
 ・インタビュー&作品解説

                 森山塔全集2

 1984~1985年発表の作品群ですが、絵の粗さはともかく現在の作品にもこのころの画風が残っていますね。
 次は「RED」に挑戦してみようか。

スポンサーサイト

第1431回 分校の人たち

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山本直樹 「分校の人たち」1巻、2巻


 関節が痛い、目が痛い、喉が痛い、灯油が切れた、寒い、、、
 寝すぎて眠れないので買い置きの山から読みやすそうなやつを選ぶ。
 分校の人たち 1 分校の人たち 2

 えーと、これは一般コミックですよね。 いいの?(笑)
 なんか東京都青少年保護育成条例に触れそうな内容ですが、青森県には関係ないですよね。
 そういえば「堀田」第3巻は無事、新品で購入することができた。

 第2巻では第28話まで収録。
 調べると最新話は第40話なので今年末には第3巻が出るであろう。
 それまでに「レッド」に手を出そうかな。

第1372回 世界最後の日々

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山本直樹 「ベスト・ワークス 世界最後の日々」
                  世界最後の日々

 ベストワークス第三集、完結編。

 この町にはあまり行くところがない(初出:1997年ビッグスピリッツ)
 うーん、こんな彼女はいらないわ(笑)
 山本さんはテトラポットがすきだなあ。

 きさくなあのこ(初出:2000年マンガエフ)
 これは山本先生の夢ですか?
 アシスタントなしで仕事をしてると寂しくなるらしい。

 世界最後の日々(初出:1996年ビッグスピリッツ)
 突然、神様が現れて今月中に世界が滅亡すると言ったら、あなたはどうしますか?
 そうですね、やりたいことをやっちゃいますよね。どうせ、みんな死んじゃうんだから。

 すごいものを見ました! 4ページにわたる全ベタ塗り(笑)
 よく雑誌に掲載できたな。

 なやまない(初出:1996年マンガ・エロティクス)
 なるほど、名山内と書くと北海道っぽいですな。
 こういう不条理ものも好きです。

 アイスクリーム(初出:2001年マンガ・エロティクス)
 こんな休日の過ごし方をしたら、社会生活に戻れないぞ!
 えっ、実話?

 霧(初出:1999年スピリッツ増刊Manpuku)
 幻想譚ですね。

 イマジナリ(初出:12002年漫画時代vol.1)
 これvol.1で潰れた雑誌ですか(笑)
 ここで拾うしかないですね。

 青空(初出:12005年ビッグスピリッツ)
 なんか読んだことあるなと思ったら「夜の領域」にも収録されたたな。
 やはり覚せい剤はアカン。

 ひどいやつらは皆殺し(初出:2000年マンガ・エロティクス)
 これは体内に侵入して人間を支配する寄生体ですか?
 1匹ください。

 ひどいやつらは皆殺し2(初出:2000年マンガ・エロティクス)
 まえのとは関係ないのね。
 タイトル考えたくなかったのね。

 ひどいやつらは皆殺し2001(初出:2000年マンガ・エロティクス)
 なるほど「宇宙の旅」ですね。

 夜組(初出:1998年スピリッツ増刊Manpuku)
 はて、此処に使われている映画の題材は何だろう。


 巻末に「山本直樹・父娘インタビュー「娘から父へ、今いちばん聞きたいこと」を掲載。
 小学生の時に屋根裏部屋に隠されていた森山塔の漫画をみて衝撃を受けたそうですが、お父さんが描いていたとは気が付かなかったそうです(笑)
 さて、次は何を買おうか。

第1323回 夕方のおともだち

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山本直樹 「ベスト・ワークス 夕方のおともだち」

 ベストワークス第二集。
 前巻収録の「肉彦くんとせんせい」のオリジナル扉絵と、「フラグメントⅢ」オリジナル表紙イラストが気に入った。

 収録
 渚のアルバム(初出:2002年スピリッツ増刊)
 作者曰く「ただのエロマンガ」だそうですが、あの少年は幻覚だったのだろうか?

 便利なドライブ(初出:2000年スーパージャンプ)
 これは幽霊もの?
 まあ、どんな田舎でもコンビニはあるよね。

 田園(初出:2001年スピリッツ増刊)
 山菜は知ってる人が採らないとアカンよ(笑)
 野生大麻は昔住んでた家の近所にも生えていたな。

 日々の泡(初出:1998年ビッグスピリッツ)
 アシスタントを使うって大変ですな。
 やはりひとりでパソコン使って描いてる方が気楽ですよね。

 ファンシー(初出:1998年漫画アクション増刊)
 やはりペンギンと人間じゃ幸せになれないでしょ。
 つーか、どうやってポエマーになったんだよう。
 元ネタの「日本文壇史」の横瀬夜雨ってどんなの書いてたんだろう。

 奥さん、いいじゃないですか(初出:1998年ビッグスピリッツ)
 最初とラストの場面でヒッターの昔住んでいた家の周りが畑ばっかりで、何もなかったことを思い出した。
 電柱もないから凧上げしても電線に引っかからないし」、冬は一面雪景色でブーメラン投げができたのである。
 (ちゃんと戻ってくる)
 今はこんな場所に住めないな。

 夕方のおともだち 前・中・後編(初出:1995年ビッグスピリッツ増刊)
 全日本とかオリンピック級のMって、どんなプレイで競うのだろうか。
 これはひょっとして名作なのではないだろうか?

 学校 前・後編(初出:1997年コミックビンゴ)
 雨が降っていた。いや前編のあらすじはいらないです。
 なるほど、マッキントッシュで描くと、やっぱり背景とか楽なんですね(笑)
 6年前の作品を描き直すというのも、あまり考えなくてもいいですね。
 「彼」とは夜の校舎の窓ガラス壊してまわった人ですか?

 巻末に「山本直樹1万2千字インタビュー 水と夢と家族」7ページ掲載。
                 夕方のおともだち

第1295回 明日また連絡するよ

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

山本直樹 「ベスト・ワークス 明日また連絡するよ」 

 収録
 みはり塔(初出:1997年ビッグスピリッツ)
 うん、この話は好きだな。なぜか、ゆうきまさみ「でぃすXこみ」の冒頭が脳裏に浮かんだ。

 ぽつん(初出:1998年ビッグスピリッツ)
 ほほう、扉絵の公園のトイレの落書きは実物があったのですか。
 コンブ取りの季節には生徒がいなくなるっていうのは、ヒッターの田舎ではナマコ漁解禁の時と同じですね(笑)

 泳ぐ(初出:1998年週刊漫画アクション)
 海岸の小屋は山本直樹定番のアイテムですな。丸型消波ブロックは見たことがない。

 コールド(初出:2000年週刊ヤングジャンプ)
 一方が左子だからもう一方は右子かと思ったら、双子じゃないのね。
 成形した医者が同じだからって(笑)

 渚にて(初出:1998年週刊ヤングジャンプ)
 三菱のトッポBJ。これって2013年まで販売してたんだな。
 高速道路を走るのはきつい。
 これをアシさん使わないで一人で描いたのですか=

 アナログ温泉(初出:1996年ビッグスピリッツ)
 麻雀知らないなら、麻雀シーンを描くなよ(笑)
 3Dソフトを使いたかっただけか。当時のレベルでもこんなのも描けるんだね。

 テレビばかり見てると馬鹿になる(初出:2000年週刊漫画アクション)
 ものすごく手抜き感があるのに面白いのはなぜだ!
 これを映画化したというのが凄いな。

 肉彦くんとせんせい(初出:1996年ビッグスピリッツ)
 ああ、なんか記憶にあると思ったら「フラグメンツ」の一編か。
 男の先生がキモイ。

 Cl2(初出:2002年スピリッツ増刊)

 イソジンってイソラのオマージュ?パロディ?
 なんかそんな気はしていたんだ。

 呼ぶ声(初出:2001年リイドコミック爆)
 真夏の夜の夢? 15年も引きこもってちゃあ、社会復帰できないだろう。
 暑くても窓の鍵は閉めましょう。

 明日また連絡するよ(初出:2000年スピリッツ増刊Manpuku)
 泉谷しげるのウタは聞いたことがないんですが、ファンは多いようですね。
 遠距離恋愛をしていた男女の微妙な距離を描いた作品で好きです。

 むう、ベスト・ワークスはあと2冊あるのか。一度に買えないな。       
 巻末に『山本直樹の歴代ハマリモノ集成」5ページ掲載
                 明日また電話するよ