まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第2025回 ローダンNEO (3)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ローダンNEO3「テレポーター」 Der Teleporter

 ローダンが世界中に呼びかけに反応した人々はゴビ砂漠で中国軍に阻止されていた。
 防御シールドを直径1kmまで拡大した中で、アルコン製ロボットが都市を建設していく。
 中国軍の監視を抜けて脱出したクラーク・G・フリッパーは囮となって恋人の眠るヒマラヤへと向かう。
 白血病と地球の最近に感染したクレストの治療のため、エリック・マノリとクレストはインドへ、そしてエチオピアへと逃避行を続ける。

 テレパシー能力が強くなっていくジョン。マーシャル、生体強化(ヒーラー)能力を示し始めたスー・ミラフィオーレ、テレポート能力を伸ばしていくシド・“スパーク”・ゴンザレスは敵と遭遇しようとしていた。
 シドが恐れる超能力を持った男・クリフォード。
 だがホーマー・G・アダムスとアラン・D・マーカントによって間一髪で救出される。

 アメリカとロシアは中国が《スターダスト》に掛かりっきりなのを見越して、月面へと探索の手を伸ばした。
 その結果は?
              ローダンNEO3
 あらためてアルコン製戦闘スーツって優秀だったのね。(笑) 
 防御シールドとカムフラージュ機能を持ち、陽電子(ポジトロン)コンピュータ制御で着用者の動きを事前に読み取り、反重力駆動装置とパルセーター駆動でマッハ2の飛行速度を出す。
 漢字を解析して英語に翻訳したり、インターネットに接続までするとは思いませんでした。

 歴史学者クレストは美化されたアルコンの歴史書の真実を求めて深く掘り進んでいくうちに、あるシュプールを発見する。
 それは地球のある星域から始まっていた。
 まあ、“あれ”ですね。
 これはシーズン2の話ですな。
 Neo003.jpg

 4巻「ミュータント」へ続く。

関連記事
スポンサーサイト

第2024回 TOUGH 龍を継ぐ男(6)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

猿渡哲也 「TOUGH 龍を継ぐ男」6巻

 過去編に突入しました。
 宮沢熹一の10年間に何があったのか?
 因縁の男、アイアン木場の息子・木場活一郎。
 あの父親の血を色濃く引く男は何を狙っているのか。
                  龍を継ぐ男 6
 いや~、久しぶりですねえ。灘神影流と対をなす灘心陽流宗家・黒田光秀さん。
 そして、やはり鬼龍の強さはバケモノですな。ぜひ、範馬勇次郎と闘って欲しいものです。
 7巻は12月発売ということで待ち遠しい。

関連記事

第2023回 銀河英雄伝説  Die Neue These

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」

 PV第1弾が公開された。
 これは期待できる映像だな。
 さすがに声優さんは入れ替えだが仕方あるまい。ヤン提督の飄々とした感じを上手く出してくれればいいが。



 来年の4月が待ち遠しい!!
 分割4クールだろうか?

関連記事

第2022回 風ヶ丘五十円祭りの謎

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

青崎有吾 「風ヶ丘五十円祭りの謎」 The Adventure of the Summer Festival

 裏染天馬シリーズ。5つの短編と1篇のおまけを収録。

 ・もう一色選べる丼 The Adventure of the Missing Chopstics
 学食の食器持出し未返却犯を見つけたら、食券20枚もらえるという条件で推理に挑む。
 犯人はソースカツ丼と親子丼の大盛り二色丼を注文し、カツだけ残して去っていった。
 残されたトレイと切られたソースの袋と丼。見当たらない箸。
 それだけで犯人の背格好から性別、学年まで突き止めた天馬は、食券をゲットできるのか?

 ・風ヶ丘五十円祭りの謎 The Adventure of the Summer Festival
 袴田・兄に誘われて風ヶ丘の夏祭りに来た柚乃は、偶然に裏染天馬と出会う。
 しかし、露天で買った柚乃のたこ焼き三百円も、天馬のラムネ味かき氷二百円も、五百円玉で支払うとお釣りは全部五十円玉で返ってきた。
 さらに袴田・兄が差し入れに訪れた社務所では、買った焼き鳥五百円分のお釣りが、五十円玉で10枚返ってきたという。
 焼き鳥五本と引き換えに裏染天馬が謎に挑む。

 ・針宮理恵子のサードインパクト The Adventure of the Rieko Harimiya

 ファースト:ちょっと不良っぽい女子高生・針宮理恵子は、昨年、ある弱みを握られた。しかし、それは今年6月の事件で解決に至った。
 セカンド:今年の6月、針宮理恵子は下級生の男子と恋仲になる。だが、気の弱そうな彼氏は吹奏楽部でいじめに遭っているらしい。
 ニア・サード:度重なる彼氏へのいじめに針宮理恵子はブチ切れたが、自分が暴れたら余計に彼に迷惑が掛かる。とうとう、釘宮理恵子はある人物に対処を依頼する。
 サード:針宮理恵子は生涯で3度目の衝撃を受ける。

 最初に読んでたのは「寄生獣」ですな。天馬くんの報酬は果たされるのか?

 ・天使たちの残暑見舞い The Adventure of the Twin Angels
 五年前に卒業した演劇部脚本担当が残したネタ帳。その中にひとつ、気になる「日記」があった。
 その日、脚本家が偶然に見てしまったのは、三階の教室で二人の女子高生が抱き合う姿。
 思わずその場を立ち去ろうとしたが、思い直してもう一度、教室を覗いた時に二人の姿は消えていた。
 一度も教室の出入り口から目を離していなかったのに、彼女たちはどこへ消えたのか?
 そして裏染天馬はなぜ無償でこの謎を解いたのか?
 
 ・その花瓶にご注意を The Adventure of the Silent Vase
 神奈川県トップクラスの偏差値の中高一貫の名門校中等部三年。変人ダメ人間・裏染天馬の妹・裏染鏡華は、兄とは別方向に偏向した変人だった。はっきり言えば変態である。
 鏡華とその友人・仙堂姫鞠が放課後に遭遇した「割れた花瓶の謎」。
 鏡華は犯人を見つけ出せるのか。 

 ・おまけ 世界一居心地の悪いサウナ
 裏染天馬、サウナで世界で二番目に嫌いな相手と遭遇する。

                   風ヶ丘五十円玉祭りの謎
 各篇ごとに趣向が変わって面白かったですが、省エネ主義のダメ人間・裏染天馬を引っ張り出すには、それなりの報酬が必要です。
 どこぞの悪徳高校生探偵よりはリーズナブルなとこはマシですねえ。
 最後の「その花瓶にご注意を」は、長編第3作「図書館の殺人」と同じ時系列のようです。
 文庫化を待つ。

関連記事

第2021回 人形の国

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

弐瓶 勉「人形の国 1」APOSIZM

 月刊少年シリウスって読んだことなかったな。
 新作の1巻目。

 直径十二万キロメートルの人工天体アポシズム。
 その体積の大半は超構造体の核で覆われた地底空間である。
 五十世紀前、地底との戦争に敗れた人々は、正当な居住権を失い、極寒の地表に取り残された。

 地下の遺跡層で食料採取をしたエスローたちは、帰路、リベドア帝国に追われる少女型折りたたみ式自動機械タイターニアを助ける。
 帝国兵を殺した報復でエスローたちの仲間の城は破壊され、エスローはすべての仲間を失った。
 エスロー自身の死の寸前、タイターニアは脳の処理速度を加速して、ある選択を迫る。
 タイターニアが追われる理由である転換コード。
 それは少ない確率ながら、人間を鎧化戦闘可能な正規人形に転換させるものだった。
                   人形の国 1
 これは面白い。
 リベドア帝国皇帝は中央制御層のある超構造体で護られた“人形の国”への扉を探している。
 タイターニアはそれを阻止するため、7発の対超構造体弾(AMB)と、それを射出する能力EBTGを持つ正規人形コードと共に地上に送り出された。
 ヘイグス粒子をエネルギー源とし、エナを変換して鎧化する正規人形の力で帝国への復讐を誓うエスロー。
 正規人形はそれぞれ特殊能力を持ち、エスローの特殊能力名「EBTG(女の子以外なんでも Everything But The Girl)」。正式名「自在型弾体加速装置」がカッコイイっすね~。
 周囲にあるエナ、空気、水、その場で手に入る物はなんでも加速射出可能。
Every Bullet Thrust Generator というスレを見たがはっきりしていない。
 今回、対超構造体弾(アンチ・メガストラクチャー・バレット)を1発使っちゃいましたが、連載最後まで持つのか?

関連記事