まるでダメな男の日記

このブログでは趣味のゲームや読書感想など非生産的な駄文を書き連ねていく予定です。

第1988回 大宇宙を継ぐ者(58)

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ペリー・ローダン

 Nr.1097~1100
 549巻「石の使者」
 Begegnung in der Unendlichkeit/Der steinerne Bote
 550巻「ポルレイターとの決別」
 Das Kollektiv der Porleyter/Der Frostrubin
 石の使者 ポルレイターとの決別 

 《ゼト=アポフィス》の基地の一つでイホ・トロトは究極生物《アウエルスポール》を倒す手段を考える。
 《自転する虚無(Rotierendes Nichts)》に放り込んでも帰還を果たす敵に対抗するには、台座の上にあった《二つの楕円体(zwei ovale Gegenstände)》が使えるのではないだろうか。
 このとてつもないエネルギーを秘めたオブジェクトはなんなのだろうか。
 《フロストルービン》が存在するという宙域に進出し、《コスモクラートのリング》を発見した《バジス》はイホ・トロトと合流する。
 NR1097.jpg

 トロトの報告から《バジス》の艦載ポジトロニクス《ハミラー=チューブ》は、《自転する虚無(Rotierendes Nichts)》の領域には2種類の物質が存在すると推論した。
 ひとつは自転エネルギーから生じた制動物質(Bremsmaterie)。もうひとつはこれまで知られていなかった物質である。矮小銀河(Zwerggalaxie)を利用した二重縮退物質と推測される。、
 制動物質は一種の「錨(der Anker)」であり、《ゼト=アポフィス》は補助種族に命じて制動物質を製造させ、自転を止めようとしているらしい。
 220万年前、数十億の恒星を巻き込んだアンドロメダ座S星やケンタウルス座Z星の超新星爆発。《フロストルービン》はいくつものカタストロフィを起こし、ポルレイターによって封印された。
 そしていま、《ゼト=アポフィス》の「力の球形体」M-82銀河から来たと思われる《石の使者(Der steinerne Bote)》が《バジス》に運び込まれる。
NR1098.jpg

 ルナの巨大計算脳《ネーサン》を占拠していた2千9名のポルレイターの《カルデクの盾》は合体し、巨大な《カルデク・オーラ》となって地球へ向かう。
 アトrンはポルレイターたちが目的を失い、自殺しようとしているのかと思った。
 ヴェガ星系でポルレイターの兵器である《黒い手袋》が攻撃してきて仲間を失ったとき、ポルレイターたちは自分たちの間違いに気がついた。しかし、その過ちを償おうとする一派と、名誉を挽回しようとする一派に分裂してしまう。
 NR1099.jpg

 急遽、地球に引き返したローダンは、《コスモクラートのリング》と《石の使者》を持ち帰った。
 ローダン、アトラン、サリクの3人の《深淵の騎士》の《コスモクラートのリング》のオーラにより、ポルレイター禍は収束したが、まだ多くの謎が残された。
 消えたキウープの所在。「スラケンドゥールン」に消えた《バジス》の乗員。まだ解析の進まない《石の使者》。そして謎の《黒い炎の女》ゲシール。
  第1100話から第17サイクル『無限艦隊(アルマダ)Die Endlose Armada』に突入です。

関連記事
スポンサーサイト

第1987回 満願

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

米澤 穂信 「満願」

 6篇の短編を収録。
 ・夜警
 ・死人宿
 ・柘榴
 ・万灯
 ・関守
 ・満願

 どれも人間の「闇」の部分に焦点を当てた作品。
 今までのものだと「儚い羊たちの祝宴」、「追想五断章」系列の作品ですね。
 どれも非常によくまとめられ、最後に胸にストンと落ちる伏線が仕込まれています。
 特に怖かったのは「関守」ですねえ。話が何処へ進んでいくのだろうと思っていたら、あの結末です。
 普段、普通に暮らしているように見える人間が、何を考え、何をしてきたのか。
 それは家族にも、隣人にも解らない。
                   満願

 「王とサーカス」が早く文庫化されないかなあ。
 

関連記事

第1986回 ORIGIN 3

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

BOICHI「ORIGIN(オリジン)」3巻

 軍事用ロボットと対峙するORIGIN。
 多少の人工筋肉セルの増強はしたが、到底、勝てる相手ではない。
 こうなったら死んだふりをするしかない。(笑)

 いやいや、この軍事用兵器の造形はすごいですねえ。
 普通なら絶対に相手はしたくありません。
 はたして、人命を損なわないためにORIGINのとった攻撃方法は!
 
 当然ながら自社の開発兵器を屠られたAEEのロボット研究所は調査に乗り出す。
 AEE人工知能システムは「軌道落下型運動エネルギー弾」を撃ちだしたのが、人間型(ヒューマノイド)ロボットの可能性はあるか?と推論する。
                    ORIGIN 3
 うーん、なかなか良い戦いでした。SF的科学考証をこういう風に使ってくれると面白い。
 ORIGINに生きる目的はお金を稼ぐことになるのか!?
 給料はいくら貰っているんだろう。
 広瀬マイちゃんjは料理を勉強してください。
 4巻を待つ。

関連記事

第1985回 終物語 2夜連続放送

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

ニメ「終物語」

 アニメ「終物語」の締め括りとして2夜連続2時間スペシャルが放映された、
 1夜目は
  0話「終ワリニ向カウ物語」総集編
 13話「まよいヘル 其ノ壹」
 14話「まよいヘル 其ノ貳」
 15話「ひたぎランデブー 其ノ壹」
 16話「ひたぎランデブー 其ノ貳」

 2夜目は
 阿良々木暦ノ物語 総集編
 17話「おうぎダーク 其ノ壹」
 18話「おうぎダーク 其ノ貳」
 19話「おうぎダーク 其ノ參」
 であった。

 まあ、初見の人には総集編を入れておかないと解らないよね。(笑)

 まよいヘル
 まよいヘル
 やはり八九寺はカワイイ!
 まよいヘル01
 キスショットさま、完全復活!
 まよいヘル015
 まよいヘル02
 現世に舞い戻った(迷い戻った)八九寺真宵ちゃんはどうなるのか!?
 まよいヘル025

 ひたぎランデブー
 OPは円盤には入るそうだ。
 ひたぎランデブー
 暦とひたぎ、最後のデート
 ひたぎランデブー 01
 ひたぎランデブー 02
 自分から要求して恥ずかしかったなんて言うな。(笑)

 おうぎダーク
 おうぎダーク
 さあ、今回のハイライトですね。
 おうぎダーク01
 キスショットさま、背がお高いんですね。
 おうぎダーク015
 やはり、この方が登場しないと締まらないですね。
 おうぎダーク02
 もうちっとだけ続くんじゃ
 おうぎダーク03

 なかなか良いエンディングでした。
 原作既読派でも満足の出来です。アニメ的にはここで終わったほうがいいのか、もっとやってほしいのかは微妙ですね。
 やってくれても良いんじゃよ、シャフトさん。

関連記事

第1984回 宇宙軍士官学校 2

Posted by ヒッター7777 on   0 comments   0 trackback

鷹見一幸「宇宙軍士官学校 -前哨(スカウト)- 2」

 人類の遺伝子にあらかじめ植えつけられていた先天的ファームウェア。
 それは15年前、“至高者(オーバーロード)”の到来によって起動した。
 マインドセットと呼ばれる全人類の脳に届いた言葉は、人類に国境という言葉の無意味さを実感させた。
 高度な科学技術の産物の無償供与、宇宙船の貸与など、15年の間に人類は“至高者”を善良で友好的な異星人という認識に慣れてしまった。
 今回の「宇宙軍士官学校」設立に際し、15~6歳の少年少女を選抜して軍事教育をさせるというニュースに、世論は肯定的な意見が多く、貧困な生活を送る地域では、率先して子供にエリート教育を受けさせようという機運さえある。
 だが人類はこの先になにが待ち受けているのか、気づいていなかった。

 人類と交配も可能だという雌雄同体の天使のような外見を持つ“至高者”。
 彼らは約980年前に母星アロイスと4つの植民星を失い、55万人の脱出者を乗せてスペースコロニー〈アルケミス〉で避難した者たちだった。
 銀河文明評議会の管理下に置かれたアロイスの難民たちは〈教導者(インストラクター)〉として2つの使命を得る。
 未開の文明レベルα種族をβランクに引き上げる「リフトアップ・プロジェクト」。
 そして、最初に敵に接触して状況を報告。先兵として後続の部隊集団に道を開く斥候を育成する「スカウト・プロジェクト」。
 いったい、銀河文明評議会は何と戦っているのか?

 最初に選抜され45名の士官候補生は、不適格者を除いて40名が最終ステージに残っていた。
 最終ステージは有坂恵一を艦長とする練習戦艦〈アルケミス〉を使った実戦規模の研修。
 乗員は死亡判定が下れば記憶が消去される。
 アロイスも人類も、最初から脳のバックドアに情報端末を持つ“至高者”の眷属であった。
 人類が立ち向かわなくてはならない〈敵〉の正体。それは銀河文明評議会の行う〈リフトアップ〉を、摂理に背く行為として憎む敵対機関〈粛清者〉だった。
                   宇宙軍士官学校 前哨2

 凄まじい実戦訓練ですねえ。最初から“死”が想定されている訓練であり、全滅した場合は、自分たちの死の瞬間まで追体験させて何が悪かったのか学習させる。
 軽症から重症まで全て治療槽で完治され、あらかじめ採取された細胞から予備臓器まで作られている。
 訓練途中で死んだ者はその記憶がリセットされ、12時間後に復活する。
 上位指揮者が死亡した場合は、その穴を残った者が埋めて作戦継続するパターンまで訓練内容に含まれる。
 ともかく死なないこと。なんとしてでも生き延びる方法を考えることを要求される。

 今巻では〈敵〉の正体が解ってきましたが、まだまだアロイスには隠し事はあるようです。
 3巻まで買ってあるが、残りも注文しちゃおうかな。

関連記事